調理中の具材や油が排気口にこびり付くのを防ぐ「排気口カバー」。コンロ周りの掃除が楽になる便利なアイテムです。製品によっては、調理器具などを置くラックとして使えるモノもあります。

そこで今回は、おすすめの排気口カバーをご紹介。排気口カバーのメリットや選び方についても解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

排気口カバーのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

排気口カバーは、具材や油などがコンロの排気口に入り込むのを防げるのがメリットです。排気口は網状のモノが多く、油などが飛び散ると入りやすい形状。汚れが入り込んでしまうと取れにくいため、排気口カバーがあると便利です。隙間に入ったゴミを取り除く手間が省け、掃除が楽になります。

工事不要で簡単に設置できるのもポイント。また、排気口カバーはスタイリッシュなデザインのモノが多く、キッチンのインテリアに馴染みます。なかにはキッチンラックとして使える機能的なモノもあり、限られたスペースを有効活用可能です。

デメリット

By: amazon.co.jp

排気口カバーを使う際のデメリットは、グリルを使うときに外す必要がある点です。ただし、なかにはスライドしたり、奥に倒したりするだけでグリルが使えるようになる排気口カバーもあるので、グリルをよく使う方は検討してみてください。

また、コンロの形状によっては調理しにくくなるのもデメリット。とくに3口コンロの場合は、排気口カバーにフライパンや鍋が当たる可能性があるので注意しましょう。

排気口カバーの選び方

排気口の幅・高さ・奥行きに合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

排気口カバーはさまざまなサイズがラインナップされているので、コンロをあらかじめ測っておくとスムーズに選べます。コンロの標準サイズは幅60cmですが、モノによって異なるので必ず確認しましょう。

高さも要チェック。排気口に高さがある場合は、排気口カバーも合わせたサイズのモノを選んでみてください。

また、奥行きの長さも製品によって違います。排気口のサイズに合わせるのはもちろん、排気口カバーの上に調理器具や調味料などを置きたい場合は、奥行きのある広めのモノを選ぶのがおすすめです。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

排気口カバーの素材は、大きく分けてステンレス・スチール・アルミニウムの3種類があります。ステンレス製の排気口カバーは比較的安いので、手軽に使えるのが魅力です。さまざまなキッチンと馴染みやすいシンプルな見た目もポイント。また、耐熱温度が高いため長く使える傾向にあります。

おしゃれな製品を探している方は、スチール製の排気口カバーがおすすめ。ブラックやホワイトなどモノトーンカラーを採用したモノが展開されており、キッチンインテリアとしても映えます。

アルミニウム製の排気口カバーは、使い捨てができるのが特徴。汚れが気になってきたら取り替えるだけでよいため、お手入れが面倒な方にぴったりです。

機能性をチェック

特殊サイズのコンロには「伸縮タイプ」がおすすめ

コンロの幅が特殊なサイズの場合など、設置できるかどうか心配な方は伸縮タイプの排気口カバーがおすすめです。

伸縮タイプの排気口カバーなら、コンロの幅に合わせてサイズを調節できるため安心。3口タイプのコンロなど、幅が長いコンロに設置したい方にも適しています。

狭いキッチンには収納も兼ねた「ラックタイプ」を

By: amazon.co.jp

キッチンを広く使いたい方には、ラックタイプの排気口カバーがおすすめ。調味料はもちろん、製品によってはフライパンやお皿なども置くことが可能です。

なかには2段タイプの排気口カバーもあり、上段と下段で置くものを仕分けられます。キッチン周りの収納場所に困っている方は、ぜひ検討してみてください。

なお、排気口カバーをラックとして使う場合は、耐荷重を要チェック。ケトルや鍋など重みがある調理器具を乗せる場合は、耐荷重が高いモノを選ぶと安心です。

液垂れしにくい「くの字型」の折り返しがついたモノも

By: amazon.co.jp

油はねや調味料の飛び散りが気になる方には「くの字型」タイプの排気口カバーがおすすめです。「くの字型」の折り返しが付いているモノなら、排気口カバーからの液垂れをガードできるため、コンロを清潔に保てます。

排気口の油汚れを抑えられるので、揚げ物をする機会が多い方におすすめ。シンクとコンロが近い場合も、洗い物をするときなどの水はねをガードできて便利です。

また、「くの字型」タイプの排気口カバーはシンプルな構造で作られているため、伸縮タイプと比べて比較的安いのもポイント。コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

デザインも重要

排気口カバーは設置した後、基本的には置いたまま長く使います。そのため、キッチンに馴染むデザインのアイテムを選んでみてください。コンロやキッチンの壁などに合わせて選ぶと統一感が出ます。

デザインで迷ったときは、ステンレス製の排気口カバーがおすすめ。ステンレス製のアイテムは高級感があり、さまざまなキッチンとの相性が良好です。おしゃれなキッチンを演出したい場合は、スチールを採用したモノトーンデザインの排気口カバーもぴったりです。

排気口カバーのおすすめ

山崎実業 排気口カバー タワー 2455

幅43cmから82cmまでスライドできる伸縮タイプの排気口カバーです。グリルを使うときは、本体を移動させず後ろに倒すだけで使用できます。

スチール素材を使ったモノトーンデザインで、さまざまなキッチンにマッチ。汚れが目立ってきたら、排気口カバーを丸洗いできるため、お手入れしやすい製品を探している方もぜひチェックしてみてください。

山崎実業 棚付き伸縮排気口カバー タワー 3446

スパイスや調味料などが置ける排気口カバーです。コンロ周りに調味料が置けると、味付けのときに素早く手が伸ばせて便利。ガードが付いているため、ラックに乗せた調味料が落ちるのを防げます。

また、幅44〜82cmまでスライドできる伸縮タイプなので、使っているコンロの幅に合わせて設置可能。モノトーンカラーで、キッチンに馴染みやすいのもおすすめポイントです。

山崎実業 コンロ奥ラック 排気口カバー付 タワー 60cmコンロ用 5269

耐荷重が10kgと頑丈な排気口カバーです。2段タイプを採用しており、上段・下段ともにラックとして使用可能。上段にケトルや鍋などの大きな調理器具を置けるほか、下段には調味料などを収納できます。

また、下段はスライドできるため、グリルを使いたいときは簡単にズラすことが可能。取り外しもできるので、汚れが気になったときの手入れも簡単です。

川口工器 洗いやすい排気口カバー SK-799

液だれをガードするのに便利な「くの字」形状の排気口カバーです。脚にクッションが付いており、キッチンカウンターに傷がつくのを防げます。

本体は約500gの軽量なスチール製。つなぎ目がないフラットなデザインなので、スムーズに丸洗いできます。幅65cmと幅78cmの2サイズをラインナップしているので、コンロのサイズに合わせて選んでみてください。

川口工器 ステンレス 排気口カバー付き コンロ奥ラック SK-680

耐荷重20kgの頑丈な排気口カバーです。太めのステンレスを上段に採用しており、重さがある鍋やフライパンなどを置いても安定感があります。耐熱性があるので、フタの置き場所としても便利です。

また、上段ラックは鍋のラインに合った丸みに凹んでいるため、3口コンロの場合でも奥のコンロをスムーズに使えます。

下段はスライドタイプを採用しており、グリルを使う際は奥へスライドするだけでよいため楽。汚れが気になったときは取り外して丸洗いできます。オールステンレス製なのでサビや汚れに強く、長期間清潔に使用可能です。

東洋アルミエコープロダクツ(Toyo Aluminium Ekco Products) IH対応排気口カバー

By: toyoalumi-ekco.jp

軽量で使い勝手のよいアルミ製の排気口カバー。リーズナブルなので手軽に購入できます。磁石で簡単に取り付けられるのも魅力です。また、使い捨てタイプなので、お手入れの手間をかけたくない方にも適しています。

IHクッキングヒーターやビルトインガスコンロにも対応。幅43.5〜74.5cmの伸縮タイプなので、さまざまなサイズのコンロに使用可能です。

アーネスト(Arnest) コンロ奥カバー&ラック A-76409

ラックとしても使える排気口カバーです。耐荷重が8kgあり、料理が入った鍋など重いものを置きやすいのが特徴。奥行きも14cmと広いため、大きめの調理器具を置きたいときにも便利です。

清潔感のあるホワイトで、キッチンに馴染みやすいのがポイント。脚部分には同系色のシリコンゴムが付いており、滑りやすいキッチン台の上でも安定した状態で使えます。

アーネスト(Arnest) コンロ奥カバー&ラック2段 ALLステンレス A-76670

コンロ周りのスペースを有効活用できる、2段タイプの排気口カバーです。収納スペースが少ないキッチンにおすすめ。耐荷重は上段が6kg、下段が8kgで重い調理器具を置きたい方にも適しています。

奥行きが16cmあるので、幅がある調理器具を置く場合にも便利。脚にシリコンゴムが付いているため、滑りにくく安定感があります。

また、キッチンツールをかけられる3連フックが側面に付いているのもポイント。おたまやフライ返しなど、コンロ周りの小物の収納に便利です。

棚部分はフラットなステンレス製でできており、汚れた場合も簡単に拭き取り可能。サビに強く頑丈なので、長期間の使用にもおすすめです。

セシール(cecile) 燕三条 コンロ奥ラック 排気口カバー WF-3086

ステンレス製のスタイリッシュな排気口カバーです。ラックタイプなので、調味料などの収納スペースとしても便利。耐荷重が10kgあり、重い鍋やケトルなどの調理器具も置けます。

また、ラックタイプながら奥行きが4.5cmとスリムなのも魅力。狭いキッチンでも省スペースに設置できます。幅が60〜76cmまで伸縮するため、さまざまなコンロのサイズに合わせて設置可能です。

ぼん家具 排気口カバー

スチール製の排気口カバーです。汚れが付きにくい粉体塗装を施しているほか、耐久性も良好なので気軽に使用できます。

耐熱温度が約200℃あるので、コンロの近くに置いても安心。底面にはクッションが付いており、滑りにくく安定感があります。

幅45〜82cmまで伸縮するタイプのため、コンロのサイズに合わせて設置可能。グリルを使いたいときは本体を後ろに倒すだけなので、焼き魚の調理などでグリルを使う機会が多い方にもおすすめです。

ベルメゾンデイズ(BELLEMAISONDAYS) コンパクトな排気口カバー

奥行き約7.3cmのスリムな排気口カバーです。キッチンスペースを広く使いたい方におすすめ。幅約60cmのコンロ用と、幅約75cmのコンロ用の2種類をラインナップしています。

ステンレス製のスタイリッシュなデザインが魅力。さまざまなインテリアと馴染みやすいのが魅力です。汚れが目立ってきたときは丸洗いが可能。グリルを使うときは、置いたままカバーを奥に向けて倒すだけで使用できます。

ホクリク総業 ステンレス製排気口カバー

耐荷重20kgの排気口カバーです。奥行きは15cmあり、鍋やケトルなどの調理器具を置きやすいのが魅力です。

伸縮タイプで、幅51.5〜80cmまでスライド可能。コンロのサイズに合わせて設置できます。脚にはシリコングリップが付いており傷を防げるほか、滑りにくいのもメリットです。

ステンレス製のためサビに強く、汚れが気になったときは洗剤などを使って丸洗い可能。お手入れしやすい排気口カバーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

伸晃 ベルカ ベラスコート排気口カバー60cmコンロ用 KHC-60

水拭きだけで油汚れが落とせるベラスコート加工を施した排気口カバー。お手入れのしやすさを重視する方におすすめです。

本体はスチール素材を採用。スタンドはステンレス素材でできているためサビや汚れに強く、湿気の多いコンロ周りでも安心して使えます。脚部分には滑り止めが付いているため、安定感も良好です。

ヨシカワ 排気口カバー 1621086

奥行き6.8cmとスリムで使いやすい、ステンレス製の排気口カバー。汚れても丸洗いができるので、楽にお手入れ可能です。

キッチンに馴染むスタイリッシュなデザインもポイント。60cmコンロ用なので、標準サイズのコンロを使用している方は、ぜひチェックしてみてください。

金子製作所 排気口カバー

ものづくりの街として有名な新潟・燕三条で製造された排気口カバーです。68cmと83cmの2サイズをラインナップ。フラットな形状なので、汚れを楽に拭き取れます。丸洗いも可能です。

約415gと軽量なので片手で持ち上げやすく、グリルを使うために移動させるときも楽。脚にはクッションゴムが付いているため、軽量ながら安定感があります。

ビーワーススタイル(be worth style) コンロ奥カバー 170002

ヘアライン加工を施したステンレスを採用しており、見た目のギラギラ感が抑えられている排気口カバー。さまざまなキッチンと馴染みやすいデザインに仕上がっています。幅60cmのコンロに使用可能です。

脚にはシリコンゴムが付いており、滑りやすいキッチン台の上でも安定した状態で使えます。日本製の製品なので、品質を重視したい方もぜひチェックしてみてください。

Bridgehappy 排気口カバー

きれいな状態で長く使える排気口カバーです。18-8ステンレスの表面に細かな凹凸を施した「新銀河」素材を採用しているのが特徴。傷が付きにくく、きれいな状態をキープできます。

脚には滑り止めが付いており、安定した状態で使えるのが魅力。耐荷重が16kgなので、鍋などを置くこともできます。1枚のステンレス板から作られた美しい見た目もポイントです。