ワームを使ったルアーフィッシングにおいて比較的新しいジャンルといえる「フリーリグ」。もともとは韓国発祥で、一部の国内バスアングラーに伝わり、そこから普及したという経緯があります。釣果が話題となり、専用に開発されたワームも登場。メディアでは特集が組まれるほど注目されています。

そこで今回はフリーリグで使うおすすめのワームをご紹介。タイプ別にそれぞれ複数ピックアップしているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

フリーリグ用のワームとは?

By: jackall.co.jp

フリーリグとは、ラインにダウンショットシンカーを通し、ストッパーなしでそのままフック・ワームを付けたリグのこと。ウエイトを固定することなく可動式にすることで、シンカーから落ち、追随する形でワームがフォールしていくのが特徴です。

ボトムでの姿勢はリーダーを用いないリーダーレスダウンショットリグに近く、シンカー分底から浮かせられるのもポイント。シンカーとワームとの距離が離れればノーシンカーのような状態で、意味合いとしてはキャロライナリグに近くなります。

狙うスポットは杭や立木、橋脚、護岸沿いなど縦スト、ブレイクのエッジなど。ボトムベッタリではないので、中層にサスペンドしている魚に効果を発揮します。

シンカーはナス型・ティアドロップ型・スティックタイプ型などを使用。ワームは甲殻類を模したクロー系・シュリンプ系・ホッグ系か、横広で水の抵抗を受けやすいギル系がおすすめです。

フリーリグ用のワームの選び方

By: jackall.co.jp

フリーリグ用のワームを選ぶうえでポイントとなるのが「フォール時に抵抗がしっかりとかかる」こと。シンカーが着底し、ワームがフォール姿勢から水平姿勢に切り替わる瞬間がバイトチャンスとなるので、静と動を意識するのが重要です。

また、その姿勢が切り替わるタイミングのワームはノーシンカー状態なので、違和感なく喰わせにもっていけるのも魅力。パーツの大きさや数、ボディの幅の広さによって水中での抵抗を受けやすいワームがフリーリグに適しており、クロー系(シュリンプ系)・ホッグ系、ギル系などが候補になります。

クロー系

By: amazon.co.jp

「クロー系」とは基本的にはザリガニを模したワームのこと。形の定義はありませんが、ツメを2本有しているのが特徴です。なお、細身であったり、長いヒゲを備えていたりする甲殻類は「シュリンプ系」とも呼ばれます。

ホッグ系

By: amazon.co.jp

「ホッグ系」は基本的にアームや足、パドル、カーリーテールなどのパーツがそれぞれ対になっているワームのこと。なお、ビーバーと呼ばれる扁平ボディのワームもこの系統に含まれます。

ギル系

By: amazon.co.jp

「ギル系」は、体高のあるブルーギルを模したワームのこと。基本的にフラットな面を上にして使います。テールの違いによって水中での抵抗感も変わってくるので、使い分ける際は意識しておきましょう。

その他

By: amazon.co.jp

カーリーテールやグラブ、シャッド系も候補。カーリーテールやグラブはパーツが少なめですが、テールで水の抵抗を受け、なまめかしくフォールします。

また、なるべくキャスト時の飛距離を稼ぎたい場合はシャッド系のワームも選択肢。シャッド系のワームはパーツが少なく水中での抜け感がありますが、その分キャスト時の空気抵抗もあまりかからず、軽いシンカーでも飛距離が出ます。特にオカッパリから攻める場合は意識しておきましょう。

フリーリグにおすすめのワーム

ジャッカル(JACKALL) ハニーナゲット

クロー系とギル系をミックスしたようなワーム。フリーリグで使うことを前提に開発されており、ボート・オカッパリを問わず、さまざまなシチュエーションで使えるのが特徴です。

使う際のポイントはシンカーが着底するまでの間。ワームがフォール姿勢から水平姿勢になろうとした際に起こるクイッとした動きが特徴的で、この動きがバイトを誘います。目に付くストラクシャーはもちろん、目に見えない水中の地形変化も意識して使うと効果的です。

ジャッカル(JACKALL) DBユーマフリー

微振動で魚を誘うおすすめのシャッド系ワーム。ネーミングの「フリー」はフリーリグが由来となっており、テンションが抜けるシンカー着底直後にバイトチャンスを作れるのが特徴です。

シラウオパターンで注目を浴びた同社の「DBユーマ カスミ」と形状が似ていますが、本製品は高比重なマテリアルを採用。シンカーに追随する形でワームがフォールしていき、縦の動きでも横の動きでもなまめかしい動くのが魅力です。

サイズは3.8インチと4.5インチの2種類をラインナップ。野池からビッグレイクにまで使えるので、ぜひチェックしておきましょう。

バークレイ(Berkley) フリーリグベイト

琵琶湖ガイドの藤波和成氏が監修したフリーリグ用のホッグ系ワーム。ボディにしっかりとリブをつけることで水中での抵抗を受けやすくし、よりスローに落とせるのが特徴です。

各種パーツが連動し、バイトを誘えるのがポイント。ややスリムな形状で食べやすいサイズながらビッグバスにも効果を発揮します。フリーリグを覚えたい方はぜひチェックしておきましょう。

バークレー(Berkley) チガークロー

2本のツメがパタパタと動くおすすめのクロー系ワーム。水中でしっかりと波動を出すのが特徴で、アピール力が高いのが魅力です。

ハリ持ちがよいので、身切れを気にすることなく使えるのもポイント。テキサスリグで臆することなくカバーを撃ったり、ラバージグにセットしてタイトにストラクチャーを攻めたりするのはもちろん、フリーリグのリフト&フォールで誘うのもおすすめです。

ケイテック(KEITECH) クレイジーフラッパー

各種パーツがしっかりと水を掴み、躍動的に動くクロー系ワーム。ボディにはやや硬めのプラスチック素材をしており、積極的に攻められるのが特徴です。

ボディの比重を左右する塩は腹部のみに入れており、低重心を図っているのもポイント。淡水のバス釣りで使うのはもちろん、クロダイ狙いで湾奥の護岸際を撃っていく際にもおすすめです。

ケイテック(KEITECH) リトルスパイダー

フラスカート付きのツインテールグラブ。喰わせ系のワームとして知られており、タフコンディションでも効果を発揮するのが特徴です。

ボディ、テール、フラスカートともにノンソルト仕様なのもポイント。ボトム狙いであればジグヘッドリグ、ボトムベッタリを嫌うのであればリーダーレスダウンショットやフリーリグがおすすめです。淡水のバスで使うのはもちろん、チヌ(クロダイ)をルアーで釣るチニングでも好評なので、気になる方はぜひ試してみてください。

ボトムアップ(BOTTOMUP) ハリーシュリンプ

細長いボディを採用したシュリンプ系のワーム。テキサスリグやリーダーレスダウンショットリグのほか、フリーリグなどで、エビをイミテートできるのが特徴です。

腕やツメはもちろん、ヒゲの太さをレングスによって変えたり、足の長さをパーツによって変えたりしているのがポイント。細部にこだわりが感じられるおすすめのアイテムです。

ボトムアップ(BOTTOMUP) ブルスホッグ

スリムな形状と存在感のあるツメが特徴のホッグ系ワーム。小ぶりながら大きく強く水を押し、しっかりとアピールできるのが特徴です。

ボディには短くも張りのある足が順手で4×2本、さらに逆手で2本付いており、それぞれがピリピリと動くのもポイント。フリーリグで使う場合はリフト&フォールなどの縦の動きを意識するようにしましょう。

オーエスピー(O.S.P) ドライブビーバー

肉厚なパドルを備えたホッグ系ワーム。やや扁平のボディを採用しているビーバータイプで、カバーに強く、テキサスリグやリーダーレスダウンショット、フリーリグで使うのがおすすめです。

すり抜けのよさとアピール力の高さを兼ね備えているのもポイント。なお、サイズによってヒゲがストレートかカーリーテールかのいずれかに分かれているので、購入する際は確認しておきましょう。

ハイドアップ(HIDE UP) スタッガーワイドツインテール

幅広のボディを採用したおすすめのギル系ワーム。バジングフロッグやグラビングバズのように表層引きで使うのはもちろん、ボトムで、フリーリグとも相性良好のアイテムです。

本製品は2つのカーリーテールによって抵抗感が強いのがポイント。スイミングなどの横の動きはもちろん、リフト&フォールなどの縦のアクションでも使えるのが特徴です。

また、サイズラインナップが豊富なのも魅力。特にフィールドがタフコンディションやハイプレッシャーであればダウンサイジングして、より喰わせを意識するのがおすすめです。

エバーグリーン(EVERGREEN) キッカーバグ

存在感と奇抜さを兼ね備えたおすすめのクロー系ワーム。足やツメの先端がボール状になっているのが特徴で、アクション時はもちろん、フォール時でも水中で微振動し、しっかりとアピールしてくれるのが特徴です。

使い方としてはテキサスリグやジグトレーラーのほか、フリーリグもおすすめ。パーツが大きく、数も多いので抵抗が大きく、よりゆったりと落とせるので、興味がある方はぜひ試してみてください。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 8インチワーム

細身のボディを採用したカーリーテールワーム。同社のラインナップのなかではやや地味な存在ですが、シリーズとしては複数のサイズを揃えています。

使い方としてはさまざまなリグと組み合わせることが可能。特にウィードレイクで「マキマキ」と呼ばれるテキサスリグのスイミング、キャロライナリグによるズル引き、フリーリグのリフト&フォールなど、広範囲を探る際におすすめです。

ディスタイル(DSTYLE) トラスター

独特の形状をしたおすすめのワーム。ソフトルアーの種類としてはホッグ系、扁平ボディのビーバータイプともいえるアイテムで、ツインテールとシャッドテールを組み合わせているのが特徴です。

ツインテールの先端にそれぞれ半球のボールが左右逆向きに付いているのもポイント。フォール時やスイミング時のパタパタとした動きを意識してテキサスリグやダウンショットリグ、フリーリグなどで使うのがおすすめです。

デプス(deps) ブルフラット

蛇腹状のテールが特徴のギル系ワーム。インチサイズに対して横幅が広く、ハイカロリーなベイトを演出したい時に有効なアイテムです。

使い方としてはフラットな面を上にするのが基本。リグとしてはテキサスリグで撃っていくのはもちろん、ヘビダンやフリーリグなどで落とし込んでいくのもおすすめです。

なお、タイプとしてはソルトとノンソルトの2種類を用意。ソルトタイプは含有率にこだわっておりハリ持ちのよさとマテリアルの柔軟性のバランスに配慮、ノンソルトタイプは浮力が高いのが特徴です。

ZBC ウルトラバイブスピードクロー

テキサスリグやラバージグのトレーラーとして、評価の高いクロー系ワーム。スイミング時のアクションも秀逸で、パーツがピリピリと動くのが特徴です。

高速引きはもちろん、スローに引いてもしっかりとアピールできるのがポイント。リフト&フォールも効果的で、リーダーレスダウンショットリグやフリーリグで使うのもおすすめです。多くのアングラーから長年支持されているアイテムなので、使ったことのない方はぜひ試してみてください。

ZBC ビッグデッドリンガー

大きなカーリーテールを備えたワーム。本製品は8インチと大きめサイズで存在感があり、ビッグバスにも効果を発揮します。

使い方としてはキャロライナリグがおすすめですが、フリーリグも有効。ビッグカーリーがフォール時の抵抗となり、ゆったりとアピールするのが魅力です。

ジークラック(GEECRACK) ベローズギル

モジャモジャとした質感が特徴的なギル系ワーム。深く大きなリブによって、アクションさせるとなまめかしくウネウネと動くのが魅力です。

また、オリジナルの「S.A.Fマテリアル」により、匂いと味で魚を惹きつけられるのもポイント。フリーリグではリフト&フォールでテールを揺らしてバイトを誘発するのがおすすめです。

ダイワ(Daiwa) シルバーウルフ アーバンクローラー

チニングでのフリーリグ専用として開発されたソフトベイト。クロー系ともシュリンプ系ともいえるワームで、クロダイが甲殻類を捕食している際に有効なアイテムです。

アミノ酸特殊誘引成分「アミノX」を配合しており、深いバイトが期待できるのがポイント。尾っぽ部分に深いクビレ(スリット)を入れることで、バイト時にボディが折り曲がり、しっかりとフッキングが決まるのも魅力です。