ダウンショットシンカーは、ダウンショットリグを構成するのに必要なアイテム。ダウンショットシンカーにより、ボトムを取り、水中の奥底に潜んでいるバスなどにアプローチが可能です。

そこでこの記事では、ダウンショットシンカーの選び方とおすすめ品について解説します。製品を選ぶのに迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ダウンショットシンカーとは

By: amazon.co.jp

ダウンショットシンカーとは、ダウンショットリグで使われるオモリのこと。ダウンショットリグは、フックにワームを取り付け、フックから20cmほど余分に伸ばしたラインの位置にダウンショットシンカーをセットした仕掛けを意味します。

ダウンショットリグは、主にボトムに潜んでいるバスや根魚を狙う際に有効。オモリとワームが離れていることで、ワームに自然な動きが演出できるため、ターゲットへ効果的にアプローチできます。

ダウンショットシンカーの選び方

種類で選ぶ

ラウンドタイプ

By: daiwa.com

ラウンドタイプは、丸型の形状をしたダウンショットシンカーです。水の抵抗を受けやすいため、フォールに時間をかけたい場合におすすめ。また、ボトムとの接触面積も大きく、感度に優れています。

ただし、根掛かりがしやすいので障害物が多い場所での使用は注意が必要ですが、着底したときにラインが引っ張られにくく、自然なアクションを演出できる点もメリットです。

ティアドロップタイプ

By: daiwa.com

ティアドロップタイプは、円錐や棒状の形に丸みを持たせたダウンショットシンカーです。ラウンドタイプとスティックタイプの中間的な性能を持ち合わせています。

ラウンドタイプよりも、根掛かりはしにくく、スティックタイプよりも、着底時の安定感に優れているのが特徴。重さのバリエーションも豊富です。

スティックタイプ

By: jackall.co.jp

スティックタイプは、棒状の形をしたダウンショットシンカー。根掛かりがしにくく、ほかのタイプでは攻めにくいような、立木などの障害物のある場所に効果的です。

着底した際にシンカーが倒れこみ、ラインが引っ張られてしまうこともありますが、ラウンドタイプよりも水の抵抗を受けにくいため、フォールスピードを速めたい場合に適しています。

素材はタングステンがおすすめ

By: zappu.jp

ダウンショットシンカーは、タングステンを選ぶのがおすすめ。理由は、根掛かりがしにくく、ボトムをズル引きしたときの感度に優れているためです。

タングステンは、鉛よりも比重が大きいため、その分サイズもコンパクト。障害物の隙間をすり抜けやすく、根掛かりしにくくなります。硬度も高く、岩や砂地に触れているときの感触が伝わりやすいのも特徴です。

タングステンのデメリットは、値段が高いこと。根掛かりがしにくいとはいえ、ロストしてしまう場合もあるほか、種類を揃えると費用がかさんでしまいます。

予算に余裕がない場合は、鉛を選びましょう。タングステンよりも使用感は劣りますが、比較的費用を抑えられます。

重さをチェック

By: jackall.co.jp

ダウンショットシンカーは、重さの種類も豊富にあります。スピニングタックルでは1.3g、ベイトタックルでは5g程度の重さを基準に選びましょう。

基本的に、ボトム近くのターゲットを狙う際は、基準よりも重いモノがおすすめ。浅い場所を狙う際は軽いダウンショットシンカーを使用します。重たいモノは、飛距離を出したいときや、よりボトムを感知したい場合におすすめ。軽いモノは、ボトムが取れなくなる分、根掛かりがしにくくなる特徴があります。

5gを超えるような、重たいダウンショットシンカーを使ったリグは、ヘビダン(ヘビーダウンショットリグ)と呼ばれており、深い場所を攻めるのにおすすめです。

ヘビダンは、ベイトタックルと太いラインを組み合わせた使い方が主流で、大きなワームを使えたり、風が強くてもキャストできたりといったメリットもあります。

ダウンショットシンカーの付け方

By: engine-fishing.jp

ダウンショットシンカーは、フックに結んだラインの余りを利用して取り付けます。余りのラインは、30~40cmほど長めに取っておくのがおすすめ。余分にラインを確保しておけば、長すぎても後で切って調節できます。

ダウンショットシンカーが通常のアイタイプのモノなら、一般的なユニノットの結び方で問題ありません。ラインの強度が心配な場合は、ダブルクリンチノットなどの強度が高い結び方を採用してみてください。

製品によっては、自動ハリス止めと同じ形状のタイプもあります。先端に結び目を付け、ハリス止めの狭い溝にラインを押し込むだけで取り付けが可能。取り外しが簡単なため、ダウンショットシンカーを切り替える際に便利です。

ダウンショットシンカーの使い方

By: depsweb.co.jp

ダウンショットシンカーを使った釣りは、バスが姿を隠せるような、岩場や木などの障害物がある場所で使うと効果的です。ダウンショットリグは、フォール中やシェイキングのアピールで食い付くことが多いので、バスが潜んでいそうな場所をピンポイントで狙いましょう。

逆に広範囲をアピールするような効果は期待できません。狙ったポイントでアタリが来ないのであれば、場所を変えて攻めてみることをおすすめします。

ダウンショットシンカーのおすすめ

ダイワ(Daiwa) バザーズワームシンカーTG ペアーハリス止め 238922

ハリス止めタイプで、簡単に交換が可能なダウンショットシンカー。ラインを結ぶ手間を省きたい方や、頻繁にシンカーを交換する方に適したモデルです。形状はティアドロップタイプで、汎用性高く使えます。

材質は、高比重のタングステン製を採用。コンパクトなサイズで、自然なワームのアクションを演出できます。また、キャスト時の空気抵抗も軽減し、飛距離が伸ばせることも特徴です。カラーはモスグリーンカラーを採用し、ステルス効果を付与。シンカーが目立ちにくくなり、ワーム単体で泳いでいるかのようにアピールできます。

デコイ(DECOY) ダウンシンカー コツコツ君 DS-1

ヘビーダウンショットにも対応した幅広いラインナップと、高いコストパフォーマンスが魅力のダウンショットシンカー。0.9~9gまで、合計8種類のサイズが展開されています。ラウンドタイプのため、着底時の安定感は良好。また、値段も安いので、気軽に買い足せるのもポイントです。

材質にはハードマテリアルを採用し、ボトムでの感度がよいことも特徴。比重は軽く、フォールスピードは遅めで、フォール中の食い付きを逃しません。ハリス止めも搭載し、ワンタッチで取り付けも可能です。

スタジオ100 タングステン ドロップショットシンカー B008CL0A9K

高精度ローリングスイベルを搭載したダウンショットシンカーです。カンと本体が水平方向に回転できるため、ラインのヨレを予防します。また、カンはハリス止めタイプの形状で、シンカーの着脱も簡単です。

シンカーの形状はティアドロップタイプを採用し、着底時のすわりのよさを実現。ワームのアクションを崩しにくく、ターゲットにアピールできます。

材質はタングステン製を採用。コンパクトなほか、根掛かりしにくい点が魅力です。エコタックル認定製品で、安心してトーナメントシーンで使えるのもメリット。重量のラインナップも、全9種と豊富に揃っています。

ジャッカル(JACKALL) タングステンカスタムシンカーダウンショット B00XO6W2L2

スピニングロッドを使用した、繊細な釣りを楽しみたい方におすすめのダウンショットシンカーです。軽量なモデルを幅広くラインナップしています。

ラウンドタイプの形状により、着底時の安定性も良好。ワームの自然な動きを演出できます。素材はタングステン製のため、コンパクトなサイズに収まっているのも特徴です。

カンはハリス止めタイプを採用し、簡単に仕掛けを作れます。取り外しが簡単なので、シンカーを変える際にも便利です。

ダイワ(Daiwa) バザーズワームシンカーTG スリム 830461

すり抜け性能に特化したダウンショットシンカー。立木や桟橋などの障害物がある場所での使用に適したモデルです。根掛かりを低減した形状で、ラウンドタイプでは攻めにくい場所でも使えます。

材質はタングステン製で、鉛よりもコンパクト。高比重かつ、スリム形状で空気抵抗が少ないことから、飛距離が出やすいモデルです。フォール時の抵抗も少なく、ボトムに素早く着底するのも特徴。カラーはモスグリーンを採用し、ターゲットに対して、シンカーが目立ちにくくなっています。

また、ハリス止めを搭載しているため、ラインへの接続も簡単。仕掛けを用意する手間を省きたい方にもおすすめです。

スタジオ100 タングステン ドロップショットシンカー カバー B00B7DYT6U

複雑なカバーにも対応可能な、ドロップショットシンカーシリーズのスティックタイプモデル。根掛かりしにくいため、杭や立木といった、障害物に潜むターゲットを狙うのに活躍します。空気抵抗や水の抵抗も受けにくく、飛距離を出したい場合や、フォールを速めたい場合にも便利です。

材質はタングステン製。鉛と比較すると、サイズがコンパクト。エコタックル認定製品であるFECOにも対応しています。

重量が0.9~5gのラインナップは、ハリス止めタイプを採用。7g以上のモデルは、高精度のローリングスイベルを搭載しています。根掛かりが不安な場所でも果敢に攻めたい方や、使い勝手のよさを求める方におすすめの製品です。

ザップ(ZAPPU) ピンフリーショット B07TPJVXC8

素早くボトムへフォールするのに適したモデル。三角断面かつ、流線形に仕上がった形状で、水の抵抗を少なく抑えています。ボトムへの着底時も、転がりにくいように設計。ヘビーダウンショットリグ・フリーリグ・直リグで、ピンスポットをキープしたい際に活躍します。

重量のバリエーションも、3.5~28gまでと、重たいモデルも豊富です。材質は純タングステン製で、光沢を抑えたマットな仕上がり。リグの違和感を最小限に抑えられるので、釣果アップが期待できます。本体には、ウェイト表記が刻印されており、使い勝手も良好です。

ジャッカル(JACKALL) タングステンカスタムシンカースティックDS ROUND EYE B01FJ3B8TO

ヘビーダウンショットに適した、スティックタイプのダウンショットシンカーです。重量は全5種類の、3.5~14gをラインナップ。ダウンショットシンカーのなかでも重たいモノを取り揃えており、遠投したい場合や、水深の深いポイントで使用するのに役立ちます。

形状はスティックタイプを採用しているため、キャスト時の空気抵抗や、フォール時の水の抵抗を少なくするほか、根掛かりも予防。タングステン製の素材で、コンパクトかつ環境に優しいのもポイントです。

ザップ(ZAPPU) ダウンショット B00D1179FO

ポリアミド樹脂とタングステンの合成素材「スペースメタル」を採用したダウンショットシンカーです。環境優しく、鉛以上の精度を実現。コストパフォーマンスにも優れています。エコタックル認定製品で、トーナメントシーンでも使用可能です。

スペースメタルの一体成型技術により、小型のモデルでも自動ハリス止めを採用。簡単に仕掛けを用意できます。スピニングロッドを使った、繊細な釣りをする場合でも、使い勝手は良好です。

形状はラウンドタイプのため、感度や着底時の安定感にも優れています。重量のバリエーションも、0.9~9gまでと豊富。用途に合わせて、好みのモデルを選びましょう。

モーリス(MORRIS) Nogales グレネードシンカー B00YDVLO7A

手りゅう弾のデザインが特徴的なダウンショットシンカー。ティアドロップタイプのような形状のため、障害物のある場所での使用に適しています。高感度で、底取り感も良好です。

本製品は、独自の着脱システムである「クイックチェンジシステム」を搭載。カンへの取り外しをワンタッチで行えます。リーダーレスダウンショットリグに用いることで、即座にオモリの調節が可能です。重量のラインナップは、全部で5種類。5~21gと、ヘビーダウンショット向けのモデルです。

素材は鉛を採用。タングステン製よりも比較的に値段が安く、ハイコストパフォーマンスを実現しています。同シリーズにはタングステン製の製品もあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。