スポーツやトレーニングのタイム計測に欠かせない「ストップウォッチ」。気軽に使える低価格なモデルから、プロのトレーニングにも使用できる本格的なモデルまで、さまざまなタイプが販売されています。

そこで今回は、おすすめのストップウォッチをご紹介。計測方法の違いやチェックするべき機能などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ストップウォッチの選び方

計測できる秒数単位をチェック

By: amazon.co.jp

ストップウォッチを選ぶポイントのひとつが、計測できる秒数単位。多くのストップウォッチは1/100秒までの計測に対応しているものの、一部のモデルは1/1000秒のようなより細かい数値での計測が可能です。

当然ながら、1/100秒より1/1000秒に対応したモデルのほうがより精密に計測できます。細かいタイムまで競い合うような競技に使用する場合は、1/1000秒に対応したモデルがおすすめです。

計測方法で選ぶ

スタンダードな「通常計測」

By: amazon.co.jp

最も一般的な計測方法が、通常計測。途中の休憩や周回の数、任意の地点でのタイムなどにかかわらず、シンプルにスタートからゴールまでのタイムを計測します。ほぼ全てのストップウォッチに搭載されている、スタンダードな機能です。

短距離走やマラソンなどの陸上競技のほか、水泳や車のレースなどでも使用可能。1回の計測ごとにタイムをリセットするため、複数人のタイムを同時に計測するような用途にはあまり向いていません。

インターバルなどを省ける「積算計測」

By: amazon.co.jp

タイムの測定中に一時停止ができる計測方法が積算計測。一時停止後に計測を再開する場合、前のタイムの続きから計測を行えます。トレーニングの途中で休憩を挟む場合におすすめの機能です。

また、サッカーやF1のような、競技の途中にインターバルが設けられているスポーツなどでも便利に活用可能。積算計測は、多くのストップウォッチに搭載されている機能です。

1周ごとのタイムが計測できる「ラップタイム計測」

By: amazon.co.jp

一定の区間ごとのタイムを記録できるのがラップタイム計測。トラックを周回する競技の場合、各周回でのタイムを記録したり、1周ごとのタイムからペース配分をチェックしたりするなど、さまざまな用途に活用可能です。

ストップウォッチによっては、ラップタイム計測のデータを何件も記録できるモデルもあります。長距離走を行う方におすすめの機能です。

中間地点までのタイムが測れる「スプリットタイム計測」

By: amazon.co.jp

スプリットタイム計測は、任意のタイミングでボタンを押してタイムを記録しながら全体のタイムも計測できる機能。ラップタイム計測のように周回ごとのタイムの記録はできないものの、スタートからの総タイムを計測可能です。

マラソンのような長距離の競技でスリップタイムを計測できると、ペース配分の確認に役立ちます。また、複数人のタイム計測をしたい場合にも応用可能です。

勉強時間の管理にも使える「カウントダウン計測」

ストップウォッチのなかには、カウントダウン計測に対応したモデルもあります。カウントダウン計測は通常の計測とは異なり、設定した時間からタイムが減少していく計測方法。トレーニングごとにあらかじめ時間を決めておきたい場合に活用できます。

また、スポーツやトレーニング以外に応用しやすい点も魅力。例えば試験勉強の時間を管理したり、読書の時間を決めたりなど、用途に合わせて柔軟な使い方ができます。

屋外や水泳で使うなら防水・防塵性能をチェック

防水・防塵性能も、ストップウォッチを選ぶうえでチェックしておきたいポイント。防水・防塵に対応したストップウォッチだと、砂ぼこりを被ったり雨に当たったりしても故障するリスクが少なく、屋外でも安心して使用可能です。

防水・防塵性能は、「IPX4」や「5気圧防水」のような表記で示されている場合がほとんど。数字が大きければ大きいほど、より高性能な防水・防塵に対応しています。また、水に沈めたときの耐性をあらわす防水と、水しぶきへの耐性をあらわす防滴は異なるため、注意が必要です。

計測タイムを記録できるかチェック

By: amazon.co.jp

ストップウォッチを選ぶ際は、計測タイムの記録機能の有無にも注目しておきましょう。ストップウォッチには、ラップタイムやスプリットタイムなどの結果を保存できる、メモリー機能を搭載したモデルも多くラインナップされています。

保存できるデータの数もポイント。100メモリー対応モデルや200メモリー対応モデルなど、大量のデータを保存できるモデルもあります。また、タイムの計測中にデータを呼び出せるモデルもあるので、チェックしてみてください。

電池交換が面倒なら「ソーラー充電」に対応したモノを

By: amazon.co.jp

ストップウォッチのなかには、ソーラー充電に対応したモデルもあります。多くのストップウォッチは電源にボタン電池を採用しており、一定期間使用して電池がなくなると交換が必要です。

一方、太陽光や蛍光灯などの明かりを利用して動作するソーラー充電対応のストップウォッチであれば、電源交換の手間を大幅に減らせます。

引き出しのような暗い場所に収納しても1年以上電池を保てるモデルもあるため、電池交換の手間を軽減したい方はぜひチェックしてみてください。

夜間での使用には表示の見やすさにも注目

画面の見やすさも、ストップウォッチを選ぶうえで重要なポイント。画面や表示される数値が大きいと一目で計測結果を確認できます。また、画面にLEDのようなバックライトが搭載されたモデルも、暗い環境で数値を確認しやすいためおすすめです。

特に、夕方や夜中にランニングをしたりトレーニングをしたりする場合は、バックライトを搭載している製品が非常に便利。ストップウォッチを使用する環境や時間帯に合わせて、チェックしてみてください。

ストップウォッチのおすすめメーカー

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

セイコーは、東京都に本社を構える日本の大手時計メーカー。さまざまな計測方法に対応している高性能なストップウォッチを展開しています。

ソーラー充電に対応しているモノもラインナップしているため、電池交換の手間をかけたくない方にもぴったり。スポーツシーンでも活用できる防水性能を備えた製品も販売しています。本格的なストップウォッチが欲しい方におすすめです。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

シチズンは、東京都に本社を置く日本の大手時計メーカー。防滴に対応したストップウォッチを展開しており、プールサイドでも使いやすいのが特徴です。モデルによってはソーラー電源にも対応しています。画面にバックライトを搭載した製品も販売されており、暗い場所で使う際や夜間に使用したい場合でも便利に活用できるのが魅力です。

カシオ(CASIO)

カシオは、東京に本社を構える大手電機メーカー。主に時計や電卓、電子楽器や電子辞書などを展開しています。

同メーカーは、時計としての機能を搭載したストップウォッチも展開。スプリットタイムやラップタイムのメモリー機能を搭載しているうえ、防水に対応した本格的なモデルも販売されています。気軽に使えるモデルもラインナップされているので、用途に合わせて選択可能です。

ストップウォッチのおすすめモデル

セイコー(SEIKO) ストップウオッチ SVAJ999

電池残量を気にせずに使いやすい、おすすめのストップウォッチ。画面が非常に大きく設計されており、計測タイムを一目で把握しやすいのが魅力です。画面にはソーラーパネルが内蔵されているので、定期的に光を当てるだけで使用できます。

スプリットタイム計測に対応しているのも特徴のひとつ。スタート地点から途中の任意の地点までのタイムを個別に計測できるため、マラソンや水泳、自転車などさまざまな競技で活用できます。また、マラソンなどで複数人の到着順のタイムを計測したい場合にも使用可能です。

さらに、ラップタイム計測にも対応。長距離走のようなトラックを周回する競技において、1周ごとのタイムを計測可能です。また、2つのカウントダウンタイマーを交互に作動できる「ダブルリピートタイマー機能」も搭載しています。

本体は、5気圧防水に対応。プールサイドでも使いやすいので、水泳用としてもおすすめです。

セイコー(SEIKO) ストップウオッチ SVAJ001

電池交換不要で使用できる、おすすめのストップウォッチです。厚さが21mmとコンパクトで、重量も約61gと軽量。長めのストラップが搭載されているので、首に掛けて使用できます。

本製品は、5気圧防水に対応しているのが魅力。プールサイドのような水しぶきのかかりやすい場所でも安心して使用できます。通常計測は、1/100秒まで計測可能。ラップタイム計測やスプリットタイム計測にも対応しています。

また、大型画面を備えているのも特徴のひとつ。数字が大きくハッキリと表示されるため、計測したタイムやカレンダーなどをパッと見て認識できます。画面の内部にはソーラーパネルが搭載されており、充電や電池交換の手間がかかりません。

一定時間ボタン操作が行われない場合は、自動でパワーセーブモードに移行。パワーセーブ有効時は最大で約2年間電池が持続するのもポイントです。

シチズン(CITIZEN) ストップウォッチ LC058-A02

多機能で防滴にも対応したストップウォッチ。手にフィットしやすい形状を採用しているため、安定した状態で操作が可能です。本体上部に搭載したタイム計測に使用する3つのボタンとは離れた場所に、モード切替ボタンを配置しており、誤操作を予防できます。

本製品は、機能の豊富さが特徴です。通常計測はもちろん、積算計測やスプリットタイム計測、カウントダウン計測にも対応。ボートのトレーニングなどに活用できるストローク計測も備わっており、3回分の動作を1分あたりの回数に換算できるため、オールを漕ぐ動作などの計測に役立ちます。

また、ペースカウントモードも搭載。一定の間隔で電子音が鳴るので、ペースを一定に保つトレーニングにも活用できます。時間を指定してランニングや筋トレをしたい場合には、タイマー機能も利用可能です。

時計やカレンダーの表示にも対応。指定した時間に電子音を鳴らすアラーム機能も利用できます。

シチズン(CITIZEN) ストップウォッチ 8RDA69-008

暗い場所でも使いやすい、おすすめのストップウォッチです。本体の素材にはプラスチックを使用。サイズは2.3×6.8×9.2cmとコンパクトで、握りやすいデザインが魅力です。

温度表示に対応しているのが本製品の特徴。-39~69℃の範囲内であれば、温度を検出し表示可能です。温度だけでなく、湿度や体感温度の表示にも対応しているため、屋外でのトレーニングの際の体調管理にも活用できます。

また、補助電源としてソーラー電源を採用。メインの電源にはボタン電池を使用しており、光に当てながら使うと電池の消耗を抑えながら使用可能です。液晶画面にはバックライトも搭載されているので、暗い場所でも使用できます。

IPX4相当の防水にも対応。軽い水しぶきがかかる程度であれば、安心して使用可能です。

カシオ(CASIO) ストップウオッチ HS-3C-8AJH

シンプルで使いやすい、おすすめのストップウォッチです。本体は縦6.2×横6.4×厚さ1.7cmで、重量は45g。軽量なので、気軽に使用可能です。落下を予防するストラップも付属しています。

通常計測は1/100秒までの計測に対応。積算計測やラップタイム計測、スプリットタイム計測も利用できるため、単純なタイム計測だけではなく周回競技やリレーマラソンなどの計測にも使用可能です。

操作音が鳴らない仕様なのもポイント。ボタンを押した際の電子音が発生せず、比較的音を気にせずに使用可能です。また、電池にはボタン電池を採用。電池寿命は約3年と長く、頻繁に電池を交換する手間がかかりません。

必要な機能のみがシンプルにまとめられたストップウォッチが欲しい方は、チェックしてみてください。

カシオ(CASIO) ストップウオッチ HS-70W-1JH

正確な計測が可能な、おすすめのストップウォッチ。中央部分にくびれが設けられたデザインを採用しており、優れたフィット感を実現しています。5気圧防水にも対応しているのもポイントです。

本製品は精密な計測ができるのが特徴。計測できる秒数単位が1/1000秒と細かいので、正確なタイムを計測できます。通常計測はもちろん、ラップタイム計測やスプリットタイム計測にも対応しており、さまざまなスポーツやトレーニングに使用可能です。

また、メモリー機能の搭載もポイント。ラップタイムやスプリットタイムのデータは最大100本を2セットまで本体に保存できます。時計機能も備えており、12時間表示と24時間表示の切り替えも可能です。

ドリテック(DRETEC) 大画面ストップウォッチ SW-111

画面が見やすいおすすめのストップウォッチ。自然な形で手にフィットしやすい、楕円形状を採用しています。表面にはラバー素材が使用されており、しっかりとしたグリップ感を実現。着脱可能なストラップも搭載されています。

丸型で大きな画面が特徴。数字も大きく表示されます。計測できる秒数単位は、1/100秒まで。途中経過時間を計測するスプリットタイム計測にも対応しており、複数の地点ごとのタイムを計るマラソンのような競技にもおすすめです。

また、時間を表示する時計機能や日付を表示するカレンダー機能を搭載。アラーム機能の搭載もポイントです。指定した時間にアラームを鳴らせるので、スポーツやトレーニングはもちろん、勉強の時間管理にも活用できます。

さらに、低価格なのも魅力のひとつ。コストパフォーマンスに優れたストップウォッチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ドリテック(DRETEC) ストップウォッチ スピール L SW-123

場所を選ばずに使用できる、おすすめのストップウォッチ。幅3.9×高さ4.1cmの大画面を採用しているのが特徴です。数値が大きく表示されるためタイムを確認しやすいのはもちろん、バックライトが内蔵されており、暗がりでも十分な視認性を確保しています。

本製品は1/100秒までの計測をサポート。トラック競技の計測に便利なラップタイム計測や、マラソンや水泳など任意の地点までの経過時間が重要な競技に活用できる、スプリットタイム計測にも対応しています。

ラップタイムやスプリットタイムの計測結果は、最大100個まで記録可能。また、人数を数える際などに便利なカウント機能も搭載されています。

操作音をオフにできるのも魅力。タイマー機能にも対応しているので、勉強時間の管理にも活用可能です。IPX7に準拠した防水にも対応しています。

ドリテック(DRETEC) ストップウォッチ ヴィッド SW-124

色使いがおしゃれでかわいいストップウォッチ。スニーカーブームから着想を得たという明るくポップなカラーが特徴です。形状も楕円形でかわいさと持ちやすさを両立しています。おしゃれなストップウォッチが欲しい方におすすめです。

1/100秒の計測に対応。ラップタイム計測やスプリットタイム計測も利用できるので、トラックの周回ごとのタイムを測ったり、マラソンや水泳の途中経過のタイムを測ったりできます。

ラップタイムとスプリットタイムのメモリー機能にも対応。計測結果を本体に100個まで記録できます。アラームとタイマー機能も搭載しているうえ、タイマー機能はカウントダウンとカウントアップの両方に対応しています。

また、カウント機能も搭載されているため、数取器としても使用可能です。操作音は自由にオン・オフを切替られます。見た目を重視する方におすすめのストップウォッチです。

クレファー(CREPHA) ストップウォッチ TEV-4026

コストパフォーマンスに優れた、おすすめのストップウォッチ。操作音のオン・オフに対応しているため、スポーツシーンではオンに、勉強のときはオフにといった使い分けが可能です。時計はもちろん、カレンダーの表示にも対応しています。

計測時間は、9時間59分59秒99まで対応。ラップタイム計測にも対応しているので、トラックを使用する陸上競技のほか、車やバイクのレースなどの周回ごとのタイムを測定できます。メモリー機能にも対応しており、ラップタイムを記録可能です。

また、9時間59分59秒まで設定できる、カウントダウンタイマーも備えています。トレーニング時間を設定したり、勉強時間を管理したりとさまざまな使い方ができ、便利です。

本体は3気圧防水に対応。ストラップとホイッスルが付属しているのもポイントです。低価格ながら多機能なストップウォッチを探している方は、チェックしてみてください。

タニタ(TANITA) ストップウオッチ TD-417

コンパクトながら多機能な、おすすめのストップウォッチ。本体サイズは幅6.4×高さ7.8×奥行2cmとコンパクトで指を掛けやすい形状を採用しているため、手が小さい方でも使いやすいのがポイントです。ボタンには滑り止め加工が施されています。

計測できる秒数単位は、1/100秒まで。通常計測のほか、スプリットタイム計測や1着・2着のタイム計測にも対応しており、マラソンや水泳などの競技で任意の地点のタイムを測ったり、順位ごとのタイムを測ったりできます。

時刻やカレンダーの表示にも対応。約60秒のアラームや時報も利用できます。また、電池持ちの長さも魅力。1日30分間使用した場合でも最大で約2年間電池が持続するので、電池交換にかかる手間を最小限に抑えられます。

さらに、防滴仕様なのもポイント。濡れた手でも操作できると謳われています。シンプルで使いやすい製品です。

スポーツカウント(SportCount) ストップウォッチ 90030

小型で身に着けやすいおすすめのストップウォッチです。長さ2.8×幅2.8×高さ2.8cmと非常にコンパクトなサイズで、指に装着して使用するスタイルが特徴です。人差し指にはめると、親指で自然に操作できます。

指に装着する部分には、伸縮性のあるアジャスターベルトを採用。指のサイズにかかわらずフィットしやすいのがポイントです。コーチはもちろん、選手自身が身に着けて使用しても邪魔になりにくく重宝します。

コンパクトながら、1/100秒までの正確なタイム計測が可能。マラソンやロードバイクなどの競技中でも経過時間を簡単に確認できます。

また、強力な防水性能も特徴のひとつ。水深50mの環境でも使用できるため、雨のなかでも使いやすいのはもちろん、水泳やダイビングなどにも活用できます。

tshop アナログ式ストップウォッチ M-504

アナログタイプのおすすめのストップウォッチ。デジタルではなく針が動くアナログタイプです。アンティーク調のおしゃれなデザインが特徴。ストップウォッチを雑貨やアクセサリーとして楽しみたい方にもおすすめです。

最小の目盛りは、1/10秒。本体上部のつまみを押すと計測がストップする、簡単な使用方法も魅力です。計測をストップした状態で再度つまみを押すとリセットが可能。サイズがコンパクトなうえ、ボタンもひとつなので簡単に操作できます。

また、電池不要で使用できるのも特徴のひとつ。つまみを時計回りに巻くだけで計測を開始できるため、充電したり電池交換したりする手間をかけずに使用可能です。

付属品として、落下を予防できるストラップも同梱。また、簡易ケースも付属します。おしゃれなストップウォッチに興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

リンクシー(LINKSY) ストップウォッチ LS001S

スタンダードで使いやすいおすすめのストップウォッチです。丸い形状の上部に3つのボタンを搭載した、標準的なスタイルを採用。中央のボタンでモードを切り替え、左右のボタンで計測をスタートしたりストップしたりできます。

本製品は、デュアルタイム計測機能を搭載。また、スプリットタイム計測にも対応しているため、マラソンや水泳などさまざまな競技の練習に活用できます。1/100秒までの表示に対応しているので、十分に正確なタイムを計測可能です。

時計機能に対応しているのも魅力のひとつ。アラームやカレンダーなどの機能も利用できるため、トレーニング以外のシーンでも使用できます。さらに、防滴に対応しており、濡れた手でも使用可能と謳われているのもポイントです。

Feiyasi 多機能防水メタルストップウォッチ

光沢のある質感がおしゃれな、おすすめのストップウォッチ。表面には光沢のあるステンレスを採用しています。高級感があるのはもちろん、耐久性や耐衝撃性にも優れており、屋外でも安心して使用可能。水しぶきに耐えられると謳われています。

ストップウォッチとカウントダウン機能は、29時間59分59秒までの計測が可能。時計の表示やアラーム機能も搭載されています。

計測結果を確認しやすい、大きな画面も魅力のひとつ。画面にはバックライトも内蔵されており、薄暗い環境でも表示を確認できます。

ストップウォッチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ストップウォッチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。