スポーツやトレーニングのタイム計測に欠かせない「ストップウォッチ」。気軽に使える低価格なモデルから、プロのトレーニングにも使用できる本格的なモデルまで、さまざまなタイプが販売されています。

そこで今回は、おすすめのストップウォッチをご紹介。計測方法の違いやチェックするべき機能などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ストップウォッチの選び方

計測できる秒数単位をチェック

By: amazon.co.jp

ストップウォッチを選ぶポイントのひとつが、計測できる秒数単位。多くのストップウォッチは1/100秒までの計測に対応しているものの、一部のモデルは1/1000秒のようなより細かい数値での計測が可能です。

当然ながら、1/100秒より1/1000秒に対応したモデルのほうがより精密に計測できます。細かいタイムまで競い合うような競技に使用する場合は、1/1000秒に対応したモデルがおすすめです。

計測方法で選ぶ

スタンダードな「通常計測」

By: dretec.co.jp

最も一般的な計測方法が、通常計測。途中の休憩や周回の数、任意地点でのタイムなどにかかわらず、シンプルにスタートからゴールまでのタイムを計測します。ほぼ全てのストップウォッチに搭載されている、スタンダードな機能です。

短距離走やマラソンなどの陸上競技のほか、水泳や車のレースなどでも使用可能。ただし、1回の計測ごとにタイムをリセットするため、複数人のタイムを同時に計測するような用途にはあまり向いていません。

インターバルなどを省ける「積算計測」

By: amazon.co.jp

タイムの測定中に一時停止できる計測方法が積算計測。一時停止後に計測を再開する場合、前のタイムの続きから計測を行えます。トレーニングの途中で休憩を挟む場合におすすめの機能です。

また、サッカーやF1のような、競技の途中にインターバルが設けられているスポーツなどでも便利に活用可能。積算計測は、多くのストップウォッチに搭載されている機能です。

1周ごとのタイムが計測できる「ラップタイム計測」

By: amazon.co.jp

一定区間ごとのタイムを記録できるのがラップタイム計測。トラックを周回する競技の場合、各周回でのタイムを記録したり、1周ごとのタイムからペース配分をチェックしたりするなど、さまざまな用途に活用可能です。

ストップウォッチによっては、ラップタイム計測のデータを何件も記録できるモデルもあります。長距離走を行う方におすすめの機能です。

中間地点までのタイムが測れる「スプリットタイム計測」

By: amazon.co.jp

スプリットタイム計測は、計測を続けながら任意のタイミングでボタンを押してタイムを記録できる機能。ラップタイム計測のように周回ごとのタイムの記録はできないものの、スタートからの総タイムを計測可能です。

マラソンのような長距離の競技でスプリットタイムを計測できると、ペース配分の確認に役立ちます。また、複数人のタイム計測をしたい場合にも応用可能です。

勉強時間の管理にも使える「カウントダウン計測」

ストップウォッチのなかには、カウントダウン計測に対応したモデルもあります。カウントダウン計測は通常の計測とは異なり、設定した時間からタイムが減少していく計測方法。トレーニングごとにあらかじめ時間を決めておきたい場合に活用できます。

また、スポーツやトレーニング以外に応用しやすい点も魅力。例えば試験勉強の時間を管理したり、読書の時間を決めたりなど、用途に合わせて柔軟な使い方ができます。

屋外や水泳で使うなら防水・防塵性能をチェック

防水・防塵性能も、ストップウォッチを選ぶうえでチェックしておきたいポイント。防水・防塵に対応したストップウォッチだと、雨に当たったり砂ぼこりを被ったりしても故障するリスクが少なく、屋外でも安心して使用可能です。

防水・防塵性能は、「IPX4」や「5気圧防水」のような表記で示されている場合がほとんど。数字が大きければ大きいほど、より高い防水・防塵性能を備えています。なお、水に沈めたときの耐性をあらわす防水と、水しぶきへの耐性をあらわす防滴は性能が異なるため、注意が必要です。

計測タイムを記録できるかチェック

ストップウォッチを選ぶ際は、計測タイムの記録機能にも注目しておきましょう。ストップウォッチには、ラップタイムやスプリットタイムなどの結果を保存できる、メモリー機能を搭載したモデルも多くラインナップされています。

保存できるデータの数もポイント。100メモリー対応モデルや200メモリー対応モデルなど、大量のデータを保存できるモデルもあります。また、タイムの計測中にデータを呼び出せるモデルもあるので、チェックしてみてください。

電池交換が面倒なら「ソーラー充電」に対応したモノを

By: amazon.co.jp

ストップウォッチのなかには、ソーラー充電に対応したモデルもあります。多くのストップウォッチは電源にボタン電池を採用しており、一定期間使用して電池がなくなると交換が必要です。

一方、太陽光や蛍光灯などの明かりを利用して動作するソーラー充電対応のストップウォッチであれば、電源交換の手間を大幅に減らせます。

引き出しのような暗い場所に収納しても1年以上電池を保てるモデルもあるため、電池交換の手間を軽減したい方はぜひチェックしてみてください。

夜間での使用には表示の見やすさにも注目

By: dretec.co.jp

画面の見やすさも、ストップウォッチを選ぶうえで重要なポイント。画面や表示される数値が大きいと、一目で計測結果を確認できます。また、画面にLEDのようなバックライトが搭載されたモデルも、暗い環境で数値を確認しやすいためおすすめです。

特に、夕方や夜中にランニングをしたりトレーニングをしたりする場合は、バックライトを搭載している製品が非常に便利。ストップウォッチを使用する環境や時間帯に合わせて、チェックしてみてください。

ストップウォッチのおすすめメーカー

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

セイコーは、東京都に本社を構える日本の大手時計メーカー。さまざまな計測方法に対応している高性能なストップウォッチを展開しています。ソーラー充電に対応しているモノもラインナップしているため、電池交換の手間をかけたくない方にもぴったり。

スポーツシーンで活用できる防水性能を備えた製品も販売しています。本格的なストップウォッチが欲しい方におすすめです。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

腕時計の一貫生産体制を確立するシチズン。防滴に対応したストップウォッチを展開しており、プールサイドでも使いやすいのが特徴です。モデルによってはソーラー電源にも対応しています。

画面にバックライトを搭載した製品も販売されており、暗い場所で使う際や夜間に使用したい場合でも便利に活用できるのが魅力です。

カシオ(CASIO)

By: casio.com

カシオは、東京に本社を構える大手電機メーカー。主に時計や電卓、電子楽器や電子辞書などを展開しています。同メーカーは、時計としての機能を搭載したストップウォッチも展開。スプリットタイムやラップタイムのメモリー機能を搭載しているうえ、防水に対応した本格的なモデルも販売されています。

気軽に使えるモデルもラインナップされているので、用途に合わせて選択可能です。

ストップウォッチのおすすめ|安いシンプル機能モデル

セイコー(SEIKO) アルバピコ ストップウォッチ スタンダード ADMD008

シンプルな構造で手軽に使えるストップウォッチ。通常計測やスプリットタイム計測といった、必要最低限の機能に絞られています。難しい操作をする必要がなく、単純なタイム計測を行うのに便利なモデルです。

1/100秒単位の計測が可能な100時間計。スポーツシーン以外での利便性を高めるフルオートカレンダーやアラーム機能も搭載されています。操作音のON・OFF切り替えができるのもポイント。取り扱いのしやすさで選びたい方におすすめのストップウォッチです。

シチズン(CITIZEN) Q&Q ストップウォッチ HS44-001

シンプルなデザインと機能で使いやすいストップウォッチです。サイズは幅56×厚さ28×高さ71mmとコンパクト。重さは60gと軽量なため、持ち運びにも便利です。本体側面には、手から滑り落ちにくいように凹凸が設けられています。

通常計測をはじめ、スプリットタイム計測や着順計測機能を搭載。スポーツやトレーニングシーンで汎用的に使えます。カウントダウン機能も備わっているため、勉強や読書などの時間管理にも応用可能です。

計測での秒数単位は1/100秒。カウントダウン機能は最大23時間59分59秒まで設定できます。また、5気圧防水なので、ウォータースポーツの計測にもおすすめです。

カシオ(CASIO) ストップウォッチ HS-3C-8AJH

操作音が鳴らないストップウォッチ。静かな環境や集中力を保ちたい場面におすすめです。サイズは縦62×横64×厚さ17mmとコンパクトで握りやすいのがメリット。重さも45gと軽量なので手軽に扱えます。

秒数単位は1/100秒。通常計測のほかに積算計測・ラップタイム計測・スプリットタイム計測機能も備わっています。また、1着・2着の同時計測も可能。周回や中間タイムの計測から、インターバルを挟んでのスポーツシーンまで対応できます。

クレファー(CREPHA) TELVA ストップウォッチ TEV-4013

ラップタイム計測機能が備わったストップウォッチ。トラック1周ごとなど、一定区間での計測が可能です。スプリットタイム計測・ギャップタイム計測・デュアルタイム計測機能も搭載。複数のタイムを計測したり表示したりするのに便利です。特にギャップタイム計測は、1着・2着のタイム差計測に活躍します。

さらに、最大で9時間59分59秒まで設定できるカウントダウン機能も採用。設定した時間でトレーニングや勉強を行いたい場合にも使えます。多機能なうえ価格も比較的安いため、コスパの高さにこだわって選びたい方におすすめのストップウォッチです。

ドリテック(dretec) ストップウォッチ アクティブランナー SW-119

大画面で数値が確認しやすいストップウォッチ。縦長の楕円形でシンプルな構造のため握りやすく、片手でもスムーズにボタン操作できるのが特徴です。

1/100秒に対応する通常計測のほか、スプリットタイムやラップタイムを計測する機能も搭載。加えて、スプリットタイム計測とラップタイム計測での結果が100個まで記録できるメモリー機能も備わっています。

さらに、カウントアップとカウントダウンが可能なタイマー機能や、数取器として使えるカウント機能も採用。また、操作音はONとOFFに切り替えられるので、勉強などで周囲への配慮が必要なシーンにもおすすめのストップウォッチです。

ドリテック(dretec) ストップウォッチ スピール L SW-123

IPX7に相当する高い防水性能を備えたストップウォッチ。雨天時や汗をかいた際でも水が侵入しにくく、故障や不具合を防ぎやすいのが魅力です。また、バックライト機能により、夜間など暗い環境での視認性も高めます。

ストップウォッチ機能は、1/100秒の計測に対応。ラップタイム計測とスプリットタイム計測機能も搭載しており、トラック1周ごとや中間タイムの計測に活用できます。さらに、メモリー機能も付いているため、ラップタイムやスプリットタイムを100本まで保存可能です。

カウントダウン計測ができるタイマー機能や任意の時刻に音を鳴らすアラーム機能も備わっているので、時間管理にも便利。環境やシチュエーションを選ばずに使えるおすすめのストップウォッチです。

ラーニングリソーシズ(Learning Resources) 簡単ストップウォッチ LER0808

スタート・ストップ・リセット機能のみが備わったストップウォッチ。複雑な操作が苦手な方におすすめのモデルです。ボタンがグリーン・イエロー・レッドに色分けされているのが特徴。数値が大きくて見やすく、計測結果を一目で確認しやすいのもポイントです。

本体側面に突起を設けているので手から滑り落ちにくく、スムーズな操作が可能。ポップかつおしゃれなカラーリングを採用しているのも魅力です。見た目のよさにこだわりたい方にも適しています。

ストップウォッチのおすすめ|高機能モデル

セイコー(SEIKO) ストップウォッチ スタンダード SVAJ001

ソーラー充電式で、電池交換の手間を省きたい方におすすめのストップウォッチ。フル充電した場合、通常使用で約6か月間、パワーセーブモードでは約2年間の駆動が可能です。価格はやや高めですが、長期的に見るとランニングコストを抑えられます。

1/100秒までの計測に対応できるストップウォッチ機能を搭載。トラック1周ごとにタイムが計れるラップタイム計測と、中間地点や複数人のタイムを計るのに便利なスプリットタイム計測機能も備わっています。また、コントラスト調整機能により、状況に応じて画面を見やすい明るさに調節できるのもポイントです。

セイコー(SEIKO) ストップウォッチ スイミングマスター SVAS009

10気圧の高い防水性能を備えたストップウォッチ。水泳やボート競技といった、ウォータースポーツシーンでの使用におすすめのモデルです。1/100秒までの計測に対応する10時間計。ラップタイム計測とスプリットタイム計測機能も搭載されています。

また、最大で300本のタイムが記録できるメモリー機能が備わっており、データを大量に保存できるのも魅力。さらに、日付と曜日が表示できるカレンダー機能も付いているので、保存したデータの管理にも便利です。

セイコー(SEIKO) ストップウォッチ プリンター一体型ストップウォッチ SVAS013

プリンターが一体化されたストップウォッチ。計測したタイムを感熱紙でプリントアウトできる仕様です。通常のストップウォッチ機能に加え、スプリットタイム計測やラップタイム計測機能なども備わっています。

スプリットタイムとラップタイムを300本まで記録できるメモリーも搭載。また、スタート・ストップ・リセットの一連データを1ブロックとして、最大で100ブロックまで保存できるブロックメモリー機能も備わっています。駅伝などの団体競技で、多くの記録をより正確に管理できるストップウォッチを探している方におすすめです。

セイコー(SEIKO) ストップウォッチ インターバルタイマー SVAJ101

2段表示でタイムが計測できるストップウォッチ。ラップタイムとスプリットタイムに加え、トータルタイムとランニングラップタイムも表示できます。最大で300本まで保存できるメモリー機能も内蔵。保存データは計測中でも呼び出せます。

2つのカウントダウン計測を交互に繰り返し作動できるダブルリピートタイマー機能を搭載。インターバルトレーニングなどに活躍します。通常使用で約6ヶ月、パワーセーブモードで約2年駆動できるソーラー充電式。電池交換の手間を省きたい方にもおすすめのストップウォッチです。

シチズン(CITIZEN) ストップウォッチ 8RDA69-008

IPX4相当の防摘仕様でプールサイドなどの水まわりで使えるストップウォッチです。スプリットタイムとラップタイムが計れるのに加え、カウントダウン計測機能も搭載。積算計測もできるので、インターバルを省いたタイムも計れます。そのうえ、温度・湿度・体感温度の表示もでき、コンディションを管理するのにも便利です。

なお、ボタン操作によりバックライトの点灯も可能。暗い環境や夜間の使用にもおすすめのモデルです。

カシオ(CASIO) ストップウォッチ HS-80TW-1JH

1/1000秒までの計測に対応できるストップウォッチ。細かいタイムを競うシーンでの使用に適しています。通常計測に加え、周回や複数人の記録が計れるラップタイム計測とスプリットタイム計測機能を搭載。インターバルが省ける積算計測も備えています。また、1~100位までの同時計測も可能です。

ラップタイムとスプリットタイムは、最大100本を2セット記録できるのもポイント。なお、5気圧防水性能により、雨の日やプールなどでの使用にも対応できます。

また、12時間・24時間の表示切替ができる時計機能や、毎月末の日付修正が必要ないフルオートカレンダーも付いており、日常生活での利便性も高めます。高性能で多機能にもかかわらず、価格が比較的安いのも魅力。コスパの高さを重視して選びたい方におすすめのストップウォッチです。

マラソン(MARATHON) ADANAC プロフェッショナルストップウォッチタイマー ST083021

各国の軍や政府などに高性能な計器類を提供しているメーカー「MARATHON」が展開するストップウォッチ。無骨でワイルドなデザインがおしゃれなモデルです。通常計測に加え、スプリットタイム計測機能も搭載。秒数単位は1/100秒に対応します。表示される数値が大きく、計測タイムが一目で確認しやすいのもポイントです。

時間のほか、日付や曜日、アラーム時計を表示可能。夜間などの暗い環境で便利に使えるバックライト機能も備わっています。さらに、防水・防塵・耐衝撃性にも優れているのもメリット。ウォータースポーツやハードなシチュエーションでの使用に適したおすすめのストップウォッチです。

スポーツカウント(SportCount) ストップウォッチ 90030

人差し指にベルトで装着する超小型タイプのストップウォッチ。幅広い競技やトレーニング向けの便利なアイテムを展開する「スポーツカウント」の人気シリーズです。親指で簡単にボタン操作ができるので無駄な動きを省きやすく、パフォーマンスの向上にも貢献できます。

また、アジャスターベルトを採用しているため、指の太さに関係なく快適に装着できるのもポイントです。ストップウォッチ機能の秒数単位は1/100秒。また、耐水深度は50mで、水泳や雨天時などでの使用にもおすすめです。

ストップウォッチのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ストップウォッチのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。