本格的なカレー作りや料理などに幅広く使える「カレー粉」。カレー粉は、ターメリックやクミンなどのスパイスの配分によって味が変わるため、商品によってさまざまな味が楽しめるのがポイントです。家庭に1つ持っておくだけで、スパイシーな料理が作れるので料理の幅が広がります。

今回は、カレー粉の選び方からおすすめの商品をご紹介。スパイスの効いた料理を作りたい方はぜひ参考にしてみてください。

カレー粉の選び方

スパイスの種類をチェック

By: amazon.co.jp

ターメリック・クミン・コリアンダー・カルダモン・チリペッパーなどが主に入っているカレー粉。それぞれのスパイスによる香りや色が合わさってカレー粉が作られています。メーカーによってスパイスの配合量が異なるため、好みに合ったモノを選ぶことが可能です。好きなスパイスがある方は、そのスパイスが入っているかチェックしてから購入するようにしましょう。

辛さをチェック

By: amazon.co.jp

カレー粉には辛さがありますが、辛さのレベルはメーカーによって異なります。子供がいる家庭や辛さが苦手な方は、「甘口」と書かれたモノやチリペッパーが不使用のモノ、辛さが控えめなメーカーを選択するのがベスト。辛さ控えめなメーカーとして有名なのがバーモントカレーでおなじみの「ハウス食品」です。さらに、ココナッツミルクなどを入れてマイルドにすることもできます。

辛さやスパイシーさがほしい方は、「辛口」と書かれたモノやチリペッパーが多めのモノを選ぶのがおすすめ。原材料名は前に書かれているモノほど含有量が多いので、手前の方にチリペッパーと書かれているカレー粉は辛さが強めです。

激辛が好きな方は、チリペッパーやカイエンペッパーといった辛さのスパイスを加えることで、好みの辛さに仕上げることもできます。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

カレー粉の購入を検討する場合、半年程度で使い切れる量を購入するのがベストです。一度開封すると劣化したり香りが飛びやすくなったりするので、密閉した容器に入れ、冷暗所や野菜室で保存することが大切です。

一人暮らしの方や使う頻度が少ない方は、小瓶や少量タイプのカレー粉が適しています。また、初めて使う商品は、量の多いタイプを避けることも大切。容量をしっかりとチェックしたうえでカレー粉を選んでみてください。

容器の密閉性が高いモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

カレー粉はスパイス独自の香りがあります。しかし、開封後はなるべく空気に触れないようにする必要があるので、容器は気密性の高いモノを選びましょう。一度で使い切れない量の袋タイプのカレー粉を購入した場合は、しっかり密閉できるジップロックなどの容器に入れ換えることがおすすめです。

また、缶や瓶タイプであれば半年ほどは香りがもつといわれているので、入れ換えが面倒な方は、缶や瓶タイプのカレー粉を選んでみてください。

カレー粉のおすすめ

ギャバン(GABAN) 純カレー

マイルドな味わいで幅広い料理に使える

老舗スパイスメーカー「ギャバン」から販売されている、プロにも使われているカレー粉です。レストランなどにも採用されているのが特徴。世界中から厳選したスパイスを使用し、粉砕・焙煎にまでこだわった商品は、芳醇な香りとコクがあります。

ほかメーカーから販売されているカレー粉と比較するとマイルドな味わいで、子供や辛いモノが苦手な方も安心して使用可能。缶入りタイプのカレー粉で保存がしやすく香りが飛びにくいため、詰め替えが面倒な方にもぴったりです。

カレーだけでなく、肉や魚料理、パスタなど、アレンジ次第でさまざまなレシピに活かせます。辛いモノが苦手な方や幅広い料理に使いたい方におすすめのカレー粉です。

アナン カレーパウダー

塩分と小麦粉不使用で本格的なスパイスとして

本格スパイスブランド「アナン」から販売されているカレー粉。塩分・油・小麦粉などを使用していません。塩分を気にしている方などにおすすめです。

カレールーとしてだけでなく、炒め物との相性もよいのでさまざまなレシピに使用可能。塩分を制限する必要のない方は、3~4人前に対して小さじ1程度の塩を加えると、ほどよい味わいになります。

小麦粉なしのカレー粉を探している方や健康志向の方、本格スパイスを使ったカレー粉を楽しみたい方に適した商品です。

ナイル商会 インデラカレー スタンダード

本場の香りを再現しつつ日本人に合う味わい

銀座のナイルレストランで使用している「ナイル商会」のインデラカレー。インデラカレー特有のまろやかな香りと、やや黄色がかった色合いが特徴です。本場インドの香りや辛さを再現しつつ、日本人に合う味わいに仕上げています。独自のブレンド技術を使った本格派のカレー粉です。

キーマカレーやチキンカレー、カレーポテトサラダなど、さまざまなレシピを楽しめます。缶入りで保存がしやすいのもポイント。自宅でレストランの味を楽しみたい方や本格派の方におすすめのカレー粉です。

タマチャンショップ なないろカレー甘口タイプ

本商品は、鈴木亜美氏とタマチャンショップが共同開発したカレー粉。カレールーやカレーのアレンジレシピにも使用できます。有機オーガニックスパイスと九州の野菜、和風だしで仕上げたカレー粉です。

甘口ブレンドは辛いモノが苦手な方や子供がいる家庭にぴったり。「おいしい」と「カラダにうれしい」を叶えた商品なので、老若男女を問わず楽しめます。健康志向の方や、辛さが苦手な方にぴったりの商品です。

ハウス食品 味付カレーパウダー バーモントカレー味

ハウス食品のバーモントカレーの旨味を詰め込んだカレー粉。カレー粉はスパイスの香りや辛みがあるモノがほとんどです。しかし本商品は、砂糖やはちみつパウダー、リンゴ果汁が入っている甘口タイプなので、子供にも適しています。

カレールーのようなトロミがつかない顆粒タイプで「ベチャッ」としにくいため、さまざまな料理に使用可能。子供のいる家庭やバーモントカレーが好きな方におすすめのカレー粉です。

インデアン食品 インデアン純カレー

老舗の「インデアン食品」が製造している純カレー粉。世界中から厳選した15種類のスパイスを用いて、独自の配合で焙煎された商品です。本格的なスパイスを使用しているため、強めの香りを楽しめます。

カイエンペッパー(チリペッパー)は入っていますが辛さは控えめなので、「スパイス感を楽しみたいけれど辛いモノは苦手」という方にもおすすめ。本格的なカレー作りから手軽な炒めモノまでさまざまな料理に使えます。

ワンランク上のカレー粉を楽しみたい方や、スパイスの味を楽しみたい方におすすめの商品です。

神戸スパイス 神戸スパイスオリジナルカレーパウダー

本格的なカレー味を楽しめるカレー粉。クミン・コリアンダー・ターメリックなどのスパイスの芳醇な香りが特徴です。チリペッパー不使用なので辛さも抑えられています。無着色で油や小麦粉も使用されていないため、健康志向の方にもおすすめの商品です。

1kgと大容量タイプなので、カレー粉をよく使う方や大家族の方におすすめ。袋タイプのパッケージのため、瓶に詰め替えても使えます。

かけるだけ、混ぜるだけの時短調理を叶えたい方や、天然スパイスのみで作られたカレー粉を楽しみたい方にぴったりの商品です。

エヌ・ハーベスト 有機カレースパイス 辛口

世界各国から厳選した有機スパイスや有機ハーブを11種類使用した「エヌ・ハーベスト」のカレー粉。豊かな風味と香りが特徴で、スパイスからカレーを作るこだわり派の方におすすめです。また、唐揚げや肉料理などとの相性もよいので、幅広く使えます。

辛口タイプは、辛みのスパイスをふんだんに使った大人向けの商品。有機素材にこだわりたい方や辛いモノが好きな方におすすめのカレー粉です。

ほぼ日 カレーの恩返し 缶タイプ

ほぼ日刊イトイ新聞の糸井重里氏が考えたスパイスミックスのカレー粉。スパイスごとに挽き方が違うため、ザクザクとしたスパイスの存在感を味わえます。カレーの恩返しは、おうちで作ったカレーに入れることで、いつもよりおいしいカレーに仕上げられる商品です。

カレーの恩返し自体はスパイシーな味わいですが、辛さはほとんどないので辛いモノが苦手な方にも安心して使えます。ちょっと変わったカレー粉を使いたい方や、いつものカレーをよりおいしいモノにしたい方におすすめの商品です。

新宿中村屋 純カリー粉

「新宿中村屋」のカレー粉。中村屋オリジナルブレンドで本場のインドカレーの味を再現しつつ、家庭でも食べやすいようにアレンジされています。熟成された香りと厚みのある風味、清涼感がクセになる贅沢な味です。

ひと振りで本格的なカレー料理になるだけでなく、名店の味を家庭でも簡単に再現できるのもうれしいポイント。名店の味を手軽に再現したい方や、贅沢な味わいを楽しみたい方にぴったりのカレー粉です。

エスビー食品(S&B) 特製エスビーカレー 赤缶カレー粉

昔ながらの赤い缶が特徴のエスビー食品のカレー粉。香りをしっかりと閉じ込めるために、発売以来こだわりの容器を使い続けています。少し辛めで、ハーブとスパイスが効いた本格的な味わいが楽しめるのがポイントです。

食材の臭みを抑えたり、旨味やコクを引き出したり、幅広い使い方ができます。定番のカレー粉を使いたい方や、幅広い使い方を楽しみたい方におすすめの商品です。

カレー粉のAmazonランキングをチェック

カレー粉のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

カレー粉を使ったおすすめレシピ

キーマカレー

By: amazon.co.jp

カレー粉を使うことで、本格的な味わいのキーマカレーを作れます。まずは鍋に油を敷き、中火でにんにく、しょうがを炒めましょう。その後、強火で玉ねぎを入れ、きつね色になるまでしっかりと水分を飛ばします。

次に、トマトとヨーグルトを加えトマトの形がなくなるまで炒めてみてください。その後カレー粉を入れ、20~30秒ほどサッと炒めます。塩が入っていないカレー粉の場合は、塩も少し加えましょう。

そして、ひき肉とグリンピースを加え、肉の表面の色が変わったらバターとマンゴチャツネ、水を加え強火にします。ひと煮立ちしたら蓋をし、弱火で10分ほど煮込んでみてください。最後にマサラを加え、塩で味を調えたら完成です。

チャーハン

By: amazon.co.jp

チャーハンにカレー粉を入れることにより、本格カレーチャーハンを簡単に作れます。中華チャーハンを食べ飽きた方におすすめです。

まず、卵を溶き、塩コショウを加えて混ぜます。次にフライパンを油で熱してから先ほどの卵を流し入れ、ご飯を加え、素早く炒めましょう。

小口切りにした万能ねぎを加えてひと混ぜしてから鶏がらスープの素とカレー粉を加え、全体が混ざるように炒めて完成です。