和食の調味料として日本で古くから親しまれてきた「本みりん」。もち米・米こうじ・焼酎のみのシンプルな原材料を丹念に醸造しており、特有の旨味ややさしい甘さが特徴です。

そこで今回は、本みりんのおすすめ商品をご紹介します。本みりんの魅力が分かる特徴や選び方も解説。和食だけでなく、洋食やスイーツにも合う本みりんは商品ごとに味わいが異なります。ぜひとっておきの本みりんを見つけてみてください。

みりんとは?

みりんの原料

本みりんの原料は、主にもち米・米こうじ・焼酎の3種類。焼酎の代わりに醸造アルコールを使うこともあります。みりんは原料の割合によって、個性を持っているのが特徴。焼酎を使うか、醸造アルコールを使うかによって、甘みやコクが変化します。

ただし、本みりんの主な原料に副原料としてトウモロコシ・ブドウ糖・水あめなどを使っても白米の2倍までなら、本みりんとして定義されるのがポイント。一般的な本みりんはアルコール分を12~14%含んでおり、酒税法では酒類に分類されます。

製造方法は、もち米と米こうじに焼酎や醸造アルコールを仕込んで、熟成してもろみを造成する糖化熟成の製法を使用。30~40日の熟成期間で糖やアミノ酸が生成されます。糖やアミノ酸がみりん特有のおいしさを引き出します。

みりんの役割

By: fukumitsuya.com

みりんには、照りやツヤを出す、味を浸透させてコクのある旨味を生み出す、きれいな焼き色に仕上げる、煮崩れを防ぐ、生臭さを消す、素材の香りを引き出すなどの役割があります。味を浸透させる、煮崩れを防ぐ、生臭さを消すのはみりんにアルコールが含まれているためです。

料理のはじめにみりんを入れると、アルコールの働きが生かされるため、早めにみりんを入れるのがおすすめ。照りやツヤを出すために、仕上げにもう一度みりんを加えてみてください。甘みの多いみりんは、自然な深みのある甘さを加える役割も担います。

みりんはしょうゆとの相性がよいのも特徴のひとつ。みりんとしょうゆを1対1の分量で混ぜ合わせたモノをベースに、だし・砂糖・酒などを加えると、さまざまな料理に使える調味料に変化します。より素早く仕上げるには、料理を始める前に調味料を合わせておくのがおすすめです。

本みりんとみりん風調味料の違い

By: fukumitsuya.com

本みりんとみりん風調味料の主な違いは、原料とアルコール分。本みりんはもち米・米こうじ・焼酎または醸造アルコールを原料に使います。一方、みりん風調味料は水あめ・発酵調味液・醸造酢・酸味料などを使用。含まれるアルコール分は1%未満です。本みりんは酒類に、みりん風調味料は食品に分類されます。

こうじ菌の働きをアルコールで抑えながら分解速度を調節する本みりんは、甘みと旨味を兼ね備えているのがポイント。対して、みりん風調味料は水あめやブドウ糖などを混ぜ合わせることで、みりんの風味に似せています。

役割に大きな違いはありません。しかし、マリネ・ドレッシング・和え物などに本みりんを使う場合は、煮切りでアルコールを飛ばす必要があります。

本みりんと料理酒の違い

By: houmeishu.raku-uru.jp

本みりんと料理酒は、原料・製法・味わいが大きく異なります。純米料理酒と呼ばれる料理酒の原料は、米・米こうじ・食塩で、アルコールを含む醸造調味料。料理酒には純米料理酒の原料に加えて、ワインを用いているのが特徴です。

料理酒の役割は素材の臭みを消したり、やわらかい食感に変えたり、料理にコクを加えたり、本みりんと似ています。また、料理酒には塩が加えられているため、料理に使うことで塩味を与えられるのも特徴です。

本みりんは甘みがあるため、料理以外にデザートやお菓子の調味料としても活用できます。共通する役割はありますが、甘みと塩味で大きな差があるので上手に使い分けるのが大切です。

本みりんの選び方

製法で選ぶ

本格的な「伝統的製法」

By: rakuten.co.jp

本みりんは製法によって風味が大きく異なります。伝統的製法の本みりんとは、江戸時代から伝わる製法で造られたモノのこと。原料は、もち米・米こうじ・本格焼酎です。本格焼酎にもち米と米こうじを蒸したモノを仕込み、時間をかけて熟成し造ります。乙類焼酎という原料の風味を生かした焼酎を使うのもポイントです。

手間暇をかける製法が伝統的製法特有のおいしさを生み出します。アルコール分は14%程度。しつこさを感じさせない、さわやかな甘みと程よい旨味が特徴です。そのまま飲むみりんとしても適しており、リキュール感覚で楽しめます。

コスパのよい「工業的製法」

By: rakuten.co.jp

工業的製法の本みりんは、伝統的製法と同じ量のもち米で、3倍多く造れる製法のこと。戦後の米不足が発生していた時期に開発されました。原料はもち米・米こうじ・醸造アルコール・水あめです。焼酎の種類も異なり、乙類焼酎ではなくクセの少ない甲類焼酎を使います。

蒸したもち米と米こうじにアルコールと水あめを加え、香料を調節して仕上げるのが特徴。また、工程に加圧蒸煮や高温液化などの処理を加えています。短期間で完成できるのもポイント。アルコール分は14%で伝統的製法とあまり違いはありませんが、甘みを強く感じられる風味が特徴です。

容量で選ぶ

使用する量が多いなら大容量の「一升瓶タイプ」

By: kawaishihonke.com

みりんを存分に使いたい方は、一升瓶タイプがおすすめです。一升瓶の容量は約1.8L。みりんを砂糖大さじ1杯の代わりに使う場合は、本みりん約大さじ1.5杯が必要です。

使用量を気にせず使いやすさにこだわりたい方は、1.8Lのペットボトルタイプもおすすめ。少し大きめのボトルに移し替えて使うのもひとつの手です。

一人暮らしでも使い切れる「小容量タイプ」

By: rakuten.co.jp

開封後に使い切りやすいみりんを選ぶなら、小容量タイプがおすすめです。プラスチックボトルと瓶、2種類の素材から選べます。小容量タイプは、プラスチック製の開け閉めしやすいキャップが付いている本みりんも選択可能です。

一升瓶タイプと小容量タイプ、両方のサイズから選べる本みりんは同じラベルを使っていることも多いので、本みりんの高級感も味わえます。容器の中に入っているみりんが透けて見える透明タイプの商品なら、みりん特有のきれいな色味を楽しめるのが特徴です。

料理やレシピに合わせた甘さを選ぶ

By: amazon.co.jp

みりんは甘みがあるため、煮切りをしてスイーツ用のシロップにしたり、和菓子や洋菓子にリキュールとして加えたりするなどさまざまな使い方ができます。エキス分は甘さの度合いをはかる指標のひとつ。エキス分とは、みりんを蒸発させることで残った不揮発性成分の含有量のことを指します。

主に糖類やアミノ酸のことで、エキス分が高いみりんは甘みが強く濃厚な味わいです。本みりんの場合は40%以上がエキス分。甘みを生かしたい料理の場合は少量でも甘みが強く感じられるみりんを、素材やほかの調味料を引き立てたい場合は甘み控えめのみりんを選んでみてください。

生産地ごとの特徴をチェック

千葉県流山市

By: nagareyama-3pin.com

千葉県流山市は白みりんの発祥地として有名です。白みりんは本みりんの原型といわれている商品。流山市は流山キッコーマンの工場所在地でもあります。流山キッコーマンでは、白みりんの製造を明治時代から行っているのが特徴です。

現在はマンジョウ本みりんとして製造され続けています。流山市はもち米と米こうじの原料であるうるち米の産地が近くにあり、水質にも恵まれていたのが特徴。江戸川の水運を使うことで、江戸に輸送しやすかったのも名産地として発展した一因です。

愛知県碧南市

By: amazon.co.jp

愛知県碧南市も醸造のまちとして、多数のみりんを生産している地域です。なかでも、三河みりんが有名。三河みりんは本みりん特有の際立ったコクと旨味が特徴です。芳醇で奥深い風味も魅力のひとつ。飲むみりんとしても楽しめます。

愛知県碧南市でみりん造りが発展したのは、温暖な気候と矢作川の水、高品質なお米など、生産に関する条件がそろっていたためです。水運にも恵まれており、江戸に流通しやすかったのもポイント。品質の高さから、江戸当時に人気だったうなぎ屋さんやそば屋さんから、調味料として重宝されていました。

飲むみりんは熟成年数にも注目

By: amazon.co.jp

みりんは主に調味料として用いられますが、もち米由来の自然な甘さがあるため、そのまま飲んでもおいしく味わえるのが特徴。飲むみりんは旨味が強く、風味豊かなモノを選ぶのがおすすめです。甘さの度合いは好みに合わせて選び分けてみてください。

素材を熟成させることで、もち米のデンプンが糖分に変化し、タンパク質がアミノ酸に変化します。熟成によって糖とアミノ酸が複雑に変化することで、まろやかな風味に変わっていくのがポイント。時間をかけて熟成した本みりんは、特有の琥珀色が特徴です。

より長く熟成させたみりんを選びたい方は、純米本みりんを選んでみてください。純米本みりんは原料のアルコールに本格焼酎を使っていることに加え、製造日数がもろみに90日、熟成に300日以上かけているのが特徴。通常の本みりんの製造日数と比べて、長くなっています。

本みりんのおすすめ

白扇酒造 福来純 伝統製法 熟成本みりん

伝統的な製法で造られた本みりんです。仕込みに90日間、熟成に3年間かけて醸造。職人が丁寧に手作業で仕上げているのがポイントです。原料は国産のもち米・米こうじ・米焼酎のみ。国産米を100%使っています。化学調味料と食品添加物を一切使用していないのも魅力のひとつです。

アルコール度数は13.5%。複雑な旨味が濃く、深みのある甘さが感じられる味わいです。しつこさを感じさせない上品な甘さは、素材の風味を生かします。麺つゆ・煮物・酢の物などの和食だけでなく、どら焼き・ホットケーキ・カステラなど、お菓子にも活用できます。

炊飯時に少し加えることで、ご飯にツヤが出て、甘みも増すとうたわれている商品。きれいな琥珀色の見た目もポイントです。テレビ番組でも取り上げられたこともあります。伝統的な製法の本みりんを選びたい方におすすめです。

川石本家酒類 純米本みりん 手柄山延寿

しつこさを感じさせない、さわやかな甘みが特徴の本みりんです。少ない量でも存分に甘みを感じられます。原料には自社栽培の国産米を使用。会社の隣に田んぼを所有し、丹精込めてお米を育てています。昔ながらの製法を用い、時間をかけて製造しているのも魅力です。

原料は国産もち米・米こうじ・醸造アルコール。初夏に田植えをしたお米は秋に稲刈りを終え、1月下旬から仕込みを始めます。米こうじが完成したらもち米・醸造アルコールを混ぜ、タンクで約90日間寝かせて糖化。麻袋に入れて搾った後、ひと夏熟成させます。自然な甘さなので、飲用の本みりんとしてもおすすめです。

髙嶋酒類食品 はくびし三年熟成本みりん

熟成期間にこだわった本みりんです。保管タンクで3年間熟成。数種類の糖分が発生して、豊かな香りの本みりんが完成します。原料は有機もち米・有機こうじ米・福岡産乙類米焼酎です。醸造用糖類や醸造用アルコールを加えていないのもポイント。深みのある味わいです。

有機原料米認定機関として、農林水産大臣やNPO法人からの認定も取得しました。賞味期間は18カ月。素材のおいしさを引き出すおすすめの本みりんです。

八海醸造 本みりん 三年熟成品 麹の蜜

吟味した素材を使った本みりんです。原料のもち米・米こうじ・本格米焼酎は全て南魚沼産のモノを使用。酒造で製造した酒造こうじに、八海醸造で蒸留した焼酎を使っているのが特徴です。3カ月以上かけて糖化させ、3年熟成した本みりん。コク深いまろやかな風味に、米と米こうじが備える上品な甘さのある味わいです。

料理に使うことで、素材の味を引き立てます。飲むみりんとしても、楽しめるのが魅力。ロック割り、ソーダ割りにするのもおすすめです。アルコール度数は14.0%。淡い琥珀色の見た目がきれいな本みりんです。

岡本亀太郎本店 ミツボシ本みりん

独自の製法によってお米の旨味を引き出した本みりんです。材料を粗末にしないために、伝統の醸造方法を大切にしながら新しい技術にも挑戦しています。18種類のアミノ酸を豊富に含むとうたわれており、濃厚な味わいが特徴。岡本亀太郎本店では、保命酒のベースとして使われています。

めんつゆ・煮物・シチュー・ハンバーグなど、和風・洋風料理を問わず使用可能。原料は米・米こうじ・糖類・醸造アルコールです。アルコール分は13.5%以上14.5%未満。黒をベースにした高級感のあるラベルが目印です。深みのある濃い琥珀色の本みりん。お米の風味を生かしたみりんを選びたい方におすすめです。

福光屋 三年熟成 純米本味醂 福みりん

素材と製法にこだわって造った本みりんです。原料には福光屋がある石川県産のもち米を100%使用。もち米を蒸し、契約栽培の酒造に適した兵庫県産の「フクノハナ」から造った米こうじと、自家製焼酎を加えて時間をかけて仕込んでいます。

3年を超える長い熟成期間が特徴。純米蔵仕込みが持つ奥深い味わいです。汁物・煮物・焼き物など、さまざまな料理に活用できます。アルコール度数は13.5〜14.5%。そのまま飲むのはもちろん、お酒の割り物としてもおすすめです。

なかでも江戸時代から涼をとるために親しまれていたという、焼酎と本みりんのカクテル「柳陰」に適している本みりん。過去には「調味料選手権 2018 」のみりん部門で最優秀賞を受賞したこともあります。本格的な高級本みりんを試してみたい方にぴったりです。

甘強酒造 昔仕込本味醂

香り高さが魅力の本みりんです。糖類を加えていないため、旨味成分が豊富。原料は、もち米・米こうじ・焼酎乙類で、国内醸造しています。焼酎乙類を使うことで、香りや上品さ漂うコク深い旨味を引き出しているのが特徴。粕取焼酎特有のさわやかな風味も魅力です。クセの強い食材の臭み消しにも適しています。

口あたりまろやかな味わいなので、そのまま飲んで楽しむのもおすすめ。原料はもちろん、仕込みも昔ながらの手法を再現しています。2年以上の時間をかけて貯蔵熟成しているのがポイント。アルコール度数は14.0%です。赤みがかったみりんの色味も特徴。コクを存分に味わえる本みりんを選びたい方にぴったりです。

角谷文治郎商店 三州三河みりん

もち米の風味を生かした本みりんです。特別な原料や製法を使わずに、日本に伝わる醸造技術でもち米のおいしさを引き出しているのが特徴。上品なキレのある甘さに、お米のコクや旨味が強く感じられる味わいです。料理に使うことで、素材が持つ本来の味を引き立てます。照りやツヤも存分に出す本みりんです。

昔ながらの蔵で製造する伝統的な製法を守ることはもちろん、原料にもこだわって自然な方法で栽培されたモノのみを使用。製造場所はみりん造りの本場として200年以上前から有名な、愛知県東部の三河地方です。同地方は水質と温暖な気候に恵まれている地域。お米の風味を楽しみたい方におすすめの本みりんです。

相生ユニビオ 相生桜本みりん

創業から130年以上の歴史を持つ企業が手がけた本みりんです。三河に伝わる旧式製法を用いて、3年間熟成させた商品。原料にはもち米・米こうじ・焼酎乙類を使っています。アルコール度数は13.5%以上14.5%未満です。

濃厚な甘みや上品で奥深い風味が特徴。料理に使うことで、照りやツヤを引き出せます。魚介類の臭みを解消する際に、活用するのもおすすめ。桜を描いた、華やかなパッケージも魅力のひとつです。

・1本

・12本セット

九重味淋 本みりん 九重櫻

創業以来、受け継がれている製法で造られた本みりんです。昔ながらの製法で時間をかけて醸造しているのが特徴。原料は国内産の水稲もち米・米こうじ・本格米焼酎のみです。自然な甘さや濃い旨味は、もち米特有のモノ。料理をさらにおいしく仕上げます。

アルコール度数は13.5%以上14.5%未満。エキス分は45%以上です。淡い色味の見た目も魅力のひとつ。桜を描いたラベルを貼っており、みりんの色にラベルがよく映えます。普段の食事を格上げしたい方におすすめの本みりんです。

キング醸造 稲美町産純米本みりん

地元のもち米を100%使った本みりんです。原料に兵庫県稲美町で収穫された契約栽培のもち米を使っているのが特徴。昔ながらの伝統製法を用いて、丁寧に仕込んだ商品です。そのほか、原料は蒸したもち米と米こうじ、醸造アルコールのみ。副原料として糖類を使っていないのが特徴です。

お米由来の上品な甘さと、濃厚でコク深い旨味のある味わい。飲めるほどおいしいと称される本みりんです。アルコール度数は13.5%以上14.5%未満。使いやすい小容量のペットボトルタイプです。きれいな琥珀色の見た目もポイント。原料にこだわった本みりんを選びたい方におすすめです。

キッコーマン マンジョウ 濃厚熟成 本みりん

キッコーマン独自の製法で仕込んだ本みりんです。「濃厚熟成製法」を用いることで、アミノ酸と有機酸の比率がマンジョウブランドのみりんと比べて、アップしているとうたっている商品。原料は、米・もち米・米こうじ・醸造アルコール・糖類です。お米は国産米を100%使用。全て国内で醸造しているのもポイントです。

味わい深く、お米本来のコクと豊かな旨味が特徴。上品で華やかな香りも魅力です。しょうゆと相性がよく、一緒に使うとまろやかでコクのある風味に仕上がります。煮物や照り焼きなど、定番の和風料理をよく作る方におすすめです。エキス分は47.0度。素材の味わいを生かしたい方に向いている本みりんです。

宝酒造 タカラ本みりん 醇良

手軽に購入できる人気の本みりんです。ブドウ糖だけでなく、トレハロースやイソマルトースなど9種類以上の糖に、18種類のアミノ酸を含んでいるのが特徴。糖は深みのある味わいと上品な照りツヤを、アミノ酸は糖と相まってコク深さや旨味を与えるのが魅力です。

糖とアミノ酸をバランスよく含んでおり、お米本来のコクや旨味が生きた風味に仕上がります。糖やアミノ酸によって、塩カドや酢カドをとってまろやかな味わいを楽しめるのもポイント。こうじづくり・仕込み・熟成・充填など、全製造工程を国内自社工場で進めています。初めて本みりんを購入する方にもおすすめです。

宝酒造 タカラ本みりん 純米 国産米100%

お米のおいしさが生きた本みりんです。原料に国産米を100%使用。お米とアルコール以外は使っておらず、お米本来の奥深い甘みと旨味が特徴です。アルコール度数は13.5%以上14.5%未満。料理に使うとよりおいしく仕上がります。

こうじづくり・仕込み・熟成・充填など、全製造工程を国内自社工場で進めているのもポイント。お米由来のアミノ酸を豊富に含むとうたっています。手軽な本みりんを選びたい方におすすめです。

養命酒製造 家醸本みりん

素材の繊細な風味を活かした本みりんです。雑味が少なく、みりんそのものの旨味がある味わい。やさしいコクが素材の風味を引き立てます。もち米由来の分岐オリゴ糖が多く、上品な甘さも魅力のひとつ。そのまま飲む本みりんとしてもおすすめです。

美しい照りツヤも分岐オリゴ糖ならでは。原料には信州産のもち米を100%使っています。中央アルプスの花こう岩層で磨かれた伏流水を使って、品質を高めているのもポイントです。糖類やアミノ酸塩などは一切使っていません。

仕込みと熟成の期間は2カ月。養命酒が持つ、原酒造りの技術を生かして、本物の味わいにこだわって造られています。主張しすぎない風味なので、ほかの調味料を活かすのが魅力。お気に入りの調味料と合わせて使うのも向いている本みりんです。

白鶴酒造 白鶴 本みりん

伝統の醸造技術で造りあげた本みりんです。清酒の蔵元である白鶴酒造が、丹念に仕込んでいる商品。上品でまろやかさが感じられる甘みのある味わいです。奥深いコクと旨味も魅力のひとつ。1.8Lの大容量サイズですがペットボトル入りで、扱いやすいのも特徴です。

原料は、もち米・米こうじ・米・醸造アルコール・糖類。アルコール分は13.5%以上14.5%未満です。本みりん・しょうゆ・だしを1対1対4の割合で混ぜて丼ぶりつゆにしたり、だしの割合を増やして天ぷらつゆにしたり、つゆのベースとしても活用できます。おいしく仕上げる調味料として使いたい方におすすめです。

みりんの売れ筋ランキングをチェック

みりんのランキングをチェックしたい方はこちら。

みりんの保存方法は?

By: fukumitsuya.com

本みりんは開封後も常温で保存できる調味料。アルコールが含まれているため、変質しにくい性質です。しかし、直射日光が当たったり、高温の環境で保存したりすると風味が変化する場合があります。

冷蔵庫で保管する場合は、みりんに含まれる糖が白い結晶に変化することも。結晶化したみりんは、あたためることで元に戻ります。アルコールを多く含んでいるので、直射日光の当たらない冷暗所で常温保存するのがおすすめです。

みりんを使ったおすすめレシピ

リンゴのコンポート

By: kurashiru.com

甘みのある本みりんは、スイーツ作りに使うのもおすすめです。果物を砂糖水で煮るフランスの保存食コンポートも、本みりんを使って調理できます。材料は、本みりん・リンゴ・レモン。リンゴの品種は「ふじ」「紅玉」「つがる」など、小さめのモノがおすすめです。

まずは手鍋に本みりんを入れて加熱し、アルコールを飛ばします。アルコールが飛んだらレモンを搾り、皮を剥いて芯を取り除いたリンゴを投入。沸騰したら、さらにみりんを加えます。再度沸騰したら、粗熱をとって冷蔵庫に入れて冷やせば完成。粗熱を取る前にバニラエッセンスを加えると、香り高く仕上がります。

卵焼き

本みりんはやさしい甘さがあるだけでなく、照りツヤを出したり、焼き色を仕上げたり、料理をおいしく仕上げるのに長けた調味料です。普段の卵焼きに少し加えるだけで本みりんの魅力を活かして、上手に仕上げられます。

分量の目安は卵1個に対して、みりん小さじ1杯。きれいで鮮やかな色味だけでなく、焼き色もきれいに仕上がります。アルコールが卵の水分を保つので、冷めてもやわらかい食感をキープできるのが特徴。本みりんのよさを堪能できる手軽なレシピなので、ぜひ試してみてください。

サツマイモのサラダ

By: honmirin.org

本みりんは和風料理だけでなく、洋風料理にも使えるのがポイント。ドレッシングに使えば素材の風味を引き立てる、やさしい味わいに仕上がります。ドレッシングの材料は、無糖のヨーグルト・マヨネーズ・本みりん・塩コショウ。本みりんは半量になるまで煮詰め、冷ましてから加えます。

サラダの材料は、サツマイモ・レーズン・ナッツ類です。角切りにしたサツマイモを蒸し、残りの材料を加えるだけ。お好みで葉物野菜を加えるのもおすすめです。サラダの材料を変えるだけで手軽にアレンジできるレシピ。カロリーが気になる方にもおすすめです。