刺身の味を引き立てて、より一層美味しくする「刺身醤油」。九州の甘口醤油や濃厚な味わいの再仕込み醤油、たまり醤油などさまざまな種類が刺身醤油として使われています。

そこで今回は、刺身醤油の特徴や選び方とともに、おすすめの刺身醤油をご紹介。刺身醤油にこだわると刺身や寿司を食べるのが楽しくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

刺身醤油とは?

By: amazon.co.jp

刺身醤油とは、一般的に刺身によく使われる再仕込み醤油やたまり醤油などを指します。とろみがあり、刺身や寿司につけてもこぼれにくいが特徴。地域ごとに製法や味わいが異なるさまざまな刺身醤油が使われており、かつおだしや砂糖などを加え、刺身や寿司に合うように風味付けされた醤油も販売されています。

刺身醤油は刺身や寿司につけるだけでなく、独特なうま味や甘味を利用してさまざまな料理のアレンジにも活用可能。とくに、魚料理との相性がよく、かけるだけで料理の風味がよくなります。

刺身醤油と普通の醤油の違い

By: amazon.co.jp

刺身醤油はとろみがあり、普通の醤油と比べて色や香り、味わいが濃厚なのが特徴。刺身によく絡んでこぼれにくく、魚の生臭さを和らげます。普通の醤油で刺身を食べるとえぐみを感じることもありますが、刺身醤油なら魚の美味しさを引き立て、刺身醤油自体のうま味も堪能できるのが魅力です。

刺身醤油の独特のコクは、炒め料理にもぴったり。普通の醤油とブレンドすれば、照りを出した煮物も作れます。

刺身醤油の選び方

地域ごとの特徴をチェック

とろみがあり濃厚な東海地方の「たまり醤油」

By: rakuten.co.jp

東海地方では、とろみがあり濃厚な味わいのたまり醤油が主流。醤油の原型ともいわれているたまり醤油は、うま味や香りが強く、色が濃いのが特徴です。

普通の醤油は大豆と小麦を半分ずつ使用してうま味と甘味のバランスを取っていますが、ほとんどのたまり醤油は小麦粉を使用せず、大豆のみを使用。砂糖も使っていないので甘味はほとんどありませんが、大豆のうま味を強く感じられます。

うま味が凝縮された中国地方の「再仕込み醤油」

再仕込み醤油は、山口県柳井が発祥といわれています。本来、醤油は大豆と小麦に塩水を加えて発酵させて作りますが、再仕込み醤油は塩水の代わりに醤油を使用。そのため、加えた醤油のうま味や甘味が加わった濃厚な味わいが楽しめます。

最近では、「二段熟成醤油」と表記してされている場合もあるため、チェックしてみてください。

甘味が特徴の九州地方の「甘口醤油」

By: amazon.co.jp

九州地方では、砂糖が入っておりしっかりとした甘味のある甘口醤油が主流です。ただ甘いだけでなく、粘度が強くて濃厚なのが特徴。昔は高級品だった砂糖ですが、九州では比較的手に入りやすかったため、甘口醤油が広まったといわれています。

臭みを消す効果が強く、サバやアジなどの青魚とぴったりです。生魚特有の匂いを緩和し、砂糖の甘味で素材のうま味をしっかりと引き出します。醤油だけでは淡白に感じるときは、甘口醤油を少し足すだけで味わいがガラリと変わるためおすすめです。

使われている素材をチェック

それぞれの刺身醤油で味わいが異なるのは、メーカーや販売されている地域によって使用している素材が違うため。大豆ひとつを取っても、脱脂加工大豆を使うとうま味が強くなり、丸大豆を使うとまろやかな味わいになります。

昆布やかつおだしを加えて風味付けをしているもののほか、砂糖を加えて甘味を付けたものも。一方で、健康に配慮して黒糖を使用しているものや、砂糖を一切加えていないものもあるのでチェックしてみてください。

容量や容器の種類をチェック

By: amazon.co.jp

刺身醤油は空気に触れると酸化して、味や風味が劣化します。開封後はできるだけ早く使い切れるよう、100~300mlくらいの小さめサイズを選ぶのがおすすめです。

刺身や寿司だけでなく料理にも刺身醤油を活用したい方には、1~1.8L程度の大きめサイズが適しています。小さめのものより、コストパフォーマンスに優れているのも魅力です。

最近では、酸化を防ぐ真空ボトルの刺身醤油も販売されています。空気に触れないように工夫されている真空ボトルは、刺身醤油の風味が損なわれにくいのが特徴。新鮮な状態を保ちやすく、醤油本来の味わいを長期間楽しめます。

減塩タイプ・無添加タイプも人気

塩分の摂り過ぎが気になる方に人気なのが、減塩タイプの刺身醤油。普通の醤油よりも塩分を約50%カットした商品も販売されています。

食品添加物が気になる場合は、保存料や着色料などを使用していない無添加タイプの刺身醤油がおすすめ。遺伝子組み換え技術を使用していないと明記されたものや、有機JAS認定された成分を含むものも展開されています。

刺身醤油のおすすめ商品

ニビシ醤油 特級うまくちさしみ

味わいがまろやかな九州の甘口醤油

本醸造醤油をベースにした、素材の味を引き立てる刺身醤油。脱脂加工大豆を使用しており、豊かなうま味が口のなかに広がります。砂糖をふんだんに使用した九州の甘口醤油で、とろみのある口当たりまろやかな味わいが特徴です。

1919年に福岡で創業したニビシ醤油は、九州地区で人気の刺身醤油メーカー。創業から100年以上が経った今でも、人々から愛される醤油を作っています。

・1本

・3本セット

フンドーキン醬油 あまくておいしいさしみ醤油

密封ボトルで最後まで新鮮な風味を楽しめる

大分県で製造されている、とろみのある刺身醤油。九州の刺身醤油ならではの甘味とうま味が、魚の臭みを和らげます。刺身や寿司はもちろん、かつおの風味が効いているため冷奴とよく合い、目玉焼きにかければご飯のおかずにもぴったりです。

空気が入りにくく、醤油の酸化を防ぐ密封ボトルを採用。容量も使い切りやすい200mlなので、最後まで新鮮な風味のまま刺身醤油を楽しめます。

・1本

寺岡有機醸造 寺岡家の有機さしみ醤油

有機JAS認定の再仕込み醤油

塩水の代わりに、熟成した生醤油を麹に加えて仕込んだ刺身醤油。色が濃く、うま味や風味の強い再仕込み醤油です。150mlとコンパクトなサイズなので、一人暮らしの方にも適しています。

原料の栽培や収穫、運搬などで非有機原料が混入しないように厳格に管理し、日本農林規格の厳しいオーガニック基準に沿って作られた有機JAS認定の刺身醤油。有機大豆や有機小麦を使用した、安心感のある刺身醤油が欲しい方におすすめです。

・1本

マルヱ醤油 九州甘口さしみしょうゆ

醤油作りで大切な麹・櫂・火入れに徹底的にこだわった刺身醤油。よい麹を作り、もろみの状態を把握しながら適切に管理し、熱を加えて味や香り、色を整えています。

九州特有の甘味の強い刺身醤油で、コクやとろみがあるのが特徴。脱脂加工大豆を使用しているため、強いうま味も感じられます。サバやアジなどの青魚、淡白な白身魚などと相性がよいので、ぜひ試してみてください。

・1本

・2本セット

キッコーマン いつでも新鮮 おさしみ生しょうゆ

火入れをせずに仕上げた生の刺身醤油です。丸大豆を100%使って二段熟成した刺身醤油で、柔らかな塩味が特徴。生醤油ならではの鮮やかな色と、さらりとしたうま味が素材の味を引き立てます。

二重構造で醤油が空気に触れない「やわらか密封ボトル」を採用。開封後から90日間は、常温で保存しても醤油の鮮度を保てると謳われています。また、押すと醤油が出て、戻すと止まる「押し出し式」のボトルで、注ぐ量の調節が簡単。片手で注ぎやすい形状もポイントです。

加熱したときの香り立ちがよいのも魅力。調理の仕上げにひと塗りすると、香ばしさが際立つ料理を作れます。

・1本

・3本セット

フンドーキン醤油 あまくちさしみ

甘口の醤油を好む方におすすめの九州生まれの刺身醤油。甘くて美味しい醤油を開発して欲しいという声をもとに作られており、刺身や寿司だけでなく、卵かけご飯や焼き餅にもぴったりです。

濃口醤油をベースに、砂糖や本みりんで甘口に仕上げているのが特徴。かつおだしで風味を出しているため、だしの風味を感じる刺身醤油を味わいたい方にぴったりです。いつもの醤油と同じように料理に使うだけで、アレンジの効いた料理を作れます。

・1本

横山味噌醤油醸造店 黒糖醤油甘口さしみ

横山味噌醤油醸造店でもとくに甘味の強い刺身醤油。醤油の原料としては珍しく黒糖をふんだんに使用しており、甘いだけでなく独特のコクも楽しめます。

低塩でしっかりとした甘さがあり、刺身や寿司だけでなく、焼肉のタレに使えるのもポイント。鶏刺しや馬刺しのタレとして人気です。魚介類なら、脂ののったブリやかんぱち、イカ刺しなどにもよく合うので、ぜひ試してみてください。

・1本

ヤマロク醤油 鶴醤

口のなかで芳醇な味と香りがぱっと広がる刺身醤油です。約2年間熟成させた生醤油を樽に一度戻し、再び2年間仕込むというこだわりの手法で作られています。深いコクとまろやかさを追求した醤油です。

塩の代わりに角の取れた生醤油の塩分を利用しているのが特徴。製造している蔵は100年以上前に建てられたもので、国の登録有形文化財に指定されています。

・1本

・2本セット

富士甚醤油 霧島

富士甚醤油が販売している醤油のなかでも、とくに甘口の刺身醤油。ほどよいとろみもある醤油で、魚介類をはじめとするさまざまな食材によく絡みます。甘い醤油で刺身や寿司などを味わいたい方におすすめです。

100年以上続く伝統の技術で醤油を作り続けている富士甚醤油は、醤油の製造工程で2つの特許を取得。原料がどこから来たか調べられるトレーサビリティシステムを導入するなど、安心できる原料を使用した商品作りに取り組んでいます。

・1本

・20本セット

マルマサ醤油 さしみしょうゆ

角の取れた、まろやかな甘味と奥深いコクの刺身醤油。濃厚でとろみが強く、魚介類のほかさまざまな素材の味を引き立てます。

麹を作るのに適した1~3月に選び抜いた材料を愛媛県の天然水で仕込み、1年もの長期間じっくりと寝かせて醸造しているのがポイント。100年もの長きにわたって蔵にしみ込んだ酵母が美味しさをより引き立てています。

・1本

迫醸造店 デコ―醤油濃口 さしみ

刺身や寿司だけでなく、冷奴や卵かけご飯などにかけて食べると美味しい刺身醤油です。魚の煮付けなどの料理に活用するのもおすすめ。醤油の甘味が素材にしっかりとしみ込むので、砂糖の使用量を抑えられます。

生醤油にはない口当たりの優しいまろやかな甘味とうま味のほか、芳醇な香りが特徴。1Lと大容量サイズなのもうれしいポイントです。

まるはら 原次郎左衛門 あやめ

卓上醤油やかけ醤油として親しまれている刺身醤油です。ぎりぎりまで塩分を抑えており、柔らかなうま味と優しい口当たりが特徴。上品な味わいながら、しっかりとしたコクやほんのりとした甘さが感じられます。

さまざまな魚の刺身と相性がよく、ほかにも冷奴や卵かけごはん、焼き餅などにもぴったり。濃厚なので、料理に使うときは煮物の照り出しや風味付けなど、最後の仕上げとして使ってみてください。

・1本

・2本セット

竹井醸造 刺身醤油 乙姫様

宮崎県日南市にある大堂律という海沿いの街で作られた刺身醤油。竹井醸造は4代にわたって続いている老舗で、地元のホテルや学校給食の調味料に使われているなど、地域に根差した醤油作りをしています。

最新の醸造技術を取り入れつつ、伝統の製法で大切に作りあげられているのが特徴。竹井醸造の醤油のなかでもとくに甘口の商品です。ただ甘いだけではなく、甘味のなかに感じられるうま味が素材のよさを引き出します。

・1本

松美屋醤油 殿さましょうゆ

極限まで塩分を抑えた刺身醤油です。塩分が気になるけれど、美味しい刺身醤油を探している方におすすめ。明治20年に山口県萩市で創業した松美屋醤油の看板商品で、地元だけでなく県外の方にも人気です。

濃厚でまろやかな甘味とコクを感じられるのが魅力。刺身をはじめとした魚料理だけでなく、卵かけご飯や冷奴、漬け物などにもぴったりです。煮物などの料理に使えば、素材の味をより引き立てます。

・1本

・3本セット

湯浅醤油 金山寺たまり 九曜むらさき

モンドセレクション金賞を受賞した刺身醤油。野菜の水分が樽の上に出てくるたまりを使って作られています。金山寺味噌から3%しか取れない希少なもので、味噌の材料である湯浅なす・生姜・しそ・白瓜などに含まれている野菜エキスが、醤油のうま味や甘味を引き立てます。

合成保存料・着色料は不使用。国産の原料を使用し、遺伝子組み換え原料や脱脂加工大豆も使用していません。原料にこだわる方や塩分を控えたい方におすすめです。刺身だけでなく、漬け物や肉料理などにかけても美味しくなります。

・1本

山川醸造 昔ながらのとろとろさしみたまり

東海地方でよく使用されていた、昔ながらの味わいの刺身醤油。醤油の原型ともいわれる、懐かしい味のたまり醤油を試したい方におすすめです。

粉飴を加えて作られているため、とろみがあり、刺身によく絡みます。脱脂加工大豆を使用しているので、丸大豆よりもうま味が強いのもポイントです。

・1本