醤油は、日本の食文化を支えている調味料のひとつで、全国で醸造されています。なかでも、九州醤油は独特の甘味や香りが特徴。かどの立たないまろやかな口当たりで、素材の味をより引き立てる芳醇な味わいが魅力です。

使い方もさまざまで、かけたりつけたりはもちろん、煮物や炒め物などの料理で味の決め手としても使えます。そこで今回は、おすすめの九州醤油をご紹介。特徴や選び方も説明するので、参考にしてみてください。

九州醤油の特徴

By: amazon.co.jp

九州醤油の大きな特徴は、通常の濃口醤油よりも濃厚な甘味があることです。甘味の強さはメーカーや産地によって違いますが、砂糖や、甘草やステビアなどの甘味料を加えて甘味を足しています。

また、うまみにもこだわった醤油も多く、かつおエキスなどをプラスしただし入り醤油も存在。九州醤油は甘味が強い分、一般的な濃口醤油よりも塩分濃度が低いモノが多く、1本で味が決まる使い勝手のよさも魅力です。

九州醤油の選び方

種類をチェック

By: amazon.co.jp

九州醤油を選ぶときには、醤油を合わせる料理によって種類を変えるのがおすすめです。料理を限定せずに使う万能調味料として使いたいなら、スタンダードな甘口醤油が向いています。魚介の刺身に合わせたいなら、とろみあってよく絡む刺身醤油がぴったり。

より贅沢な香りや味わいを楽しみたい場合は、手間暇かけて作られた濃厚な甘露醤油を選んでみてください。

産地をチェック

By: amazon.co.jp

九州醤油を選ぶときは、醤油の醸造元がどの県にあるか確認することも重要です。福岡県などの北九州ではほどよい甘さの醤油づくりが盛んで、熊本県や鹿児島県などの南九州ではより甘味の強い醤油が好まれる傾向にあります。九州のなかでも、南に行くほど甘くなるのが特徴です。

甘口醤油に慣れていない方には、北九州にあるメーカーの九州醤油が向いています。しっかりとした甘さととろみのある九州醤油が欲しい方は、南九州にあるメーカーを探してみてください。また、地元九州産の原材料にこだわった商品もおすすめです。

九州醤油のおすすめ

フンドーキン醤油 ゴールデン紫あまくち


大分県で醸造された、際立った甘味とまろやかなコクが特徴の九州醤油です。メーカーの代表的シリーズであるゴールデン紫のひとつで、スタンダードな甘口醤油をさらに甘く仕上げています。色や味、香りのバランスが取れていて、自社通販でも人気の商品です。

砂糖やみりんの量を少なくしても味が決まり、かどのたたない深いコクのある料理に仕上げられるのがポイント。刺身や卵かけご飯など淡白な味の素材にもよく合います。かけたりつけたりだけでなく、煮物や炒め物などさまざまな料理に使いやすい九州醤油です。

フンドーキン醤油 生詰食品添加物無添加丸大豆生しょうゆ


国産丸大豆・小麦・天日塩で作られた九州醤油です。製造工程で加熱処理をしていないので、もろみが持つ芳醇な香りと味わいが楽しめます。空気が入りにくい密封ボトルを採用し、醤油の酸化を防いで最後までおいしく味わえるのも魅力。使いたい量だけ1滴から使えて便利です。

賞味期限は18か月で、開栓後は冷蔵庫保存がおすすめ。刺身などの和食はもちろん、ステーキなど洋食にも使いやすい商品です。

・1本

・4本セット

富士甚醤油 おさしみ 霧島 あまくち


一口食べただけで感じられるほど、しっかりとした甘さが特徴の九州醤油です。大分県で醸造されている刺身醤油で、九州醤油らしい濃厚な甘さがある醤油が欲しい方におすすめ。ほどよいとろみがあって刺身などの素材によく絡み、コクのある味わいが楽しめます。

80mlのミニサイズから1.8Lの大容量サイズまで取り揃えているので、卓上用から台所での調理用まで、用途に応じて選びやすいのもポイントです。賞味期限は製造日から1.5年で、開栓後は冷蔵庫保存が推奨されています。

キンコー醤油 本醸造薩摩甘口醤油

もろみから絞った生揚げを使って仕上げる、本醸造方式の九州醤油。鹿児島県で醸造されており、もろみの仕込みから醸造まで一貫して行うメーカーの商品です。鹿児島の気候や風土に合わせて1年かけて熟成させたもろみを使い、天然甘味料や上白糖を組み合わせて甘味を出しています。

麹を仕込むときに、食塩水ではなく醤油を加えた再仕込醤油をブレンドしているため、色や味、香りが濃厚なのが特徴。程よいとろみがあり、魚介の刺身や鶏刺しとの相性も良好な九州醤油です。

かねよ みそ しょうゆ 黒糖醤油甘口さしみ

By: amazon.co.jp

黒糖をふんだんに使った、独特のコクの強い甘味ととろみが特徴の九州醤油です。鹿児島県で醸造され、メーカーが手掛ける醤油のなかでも甘くて濃厚な商品。塩分濃度が14%と低く、そのままで焼き肉のタレとして使えるほどの甘味があります。

とろみのついた醤油が素材にしっかり絡むので、かんぱちやぶりなど脂がのった青魚との相性がよいのも特徴です。また、鶏刺しや馬刺しのタレとしても人気。わさびやしょうが、にんにくなどの薬味と一緒に使用して、素材の風味をさらに引き立てるのもおすすめです。

かねよ みそ しょうゆ 母ゆずり 濃口

和食の基本調味料として幅広く使える九州醤油です。独特のコクと強い甘味が特徴で、程よいとろみもある甘口醤油。肉や魚、納豆などさまざまな食材との相性がよく、煮付けやすき焼きなどの甘辛い料理を作るときにも重宝します。

本商品は、100年以上前に初代当主が漁師経験をもとに作り出した伝統の味。鹿児島独特のコクと甘さが、ラーメン店のチャーシューの漬けダレに合うと評判です。

・1本

・2本セット

ホシサン あまくち

くせの少ない味わいで使いやすい九州醤油。熊本県のメーカーが醸造する商品で、甘口醤油ならではのコクと芳醇な香りも楽しめます。

親しみやすいスタンダードな味わいが魅力で、卵かけごはんのようなシンプルなメニューにぴったり。麺料理のつゆとしても簡単に使えます。万能醤油としてさまざまな料理に使いやすく、自社通販サイトの醤油部門でも人気の商品です。

・1本

・3本セット

ホシサン 再仕込み醤油 甘露

2度の醸造を経て作られる、再仕込み醤油をふんだんに使った刺身醤油。とろみがついた濃厚な口当たりで、上品な甘さと、かどが立たないまろやかな味わいが特徴です。通常の濃口醤油よりも手間と時間がかかる分、香りや旨味が凝縮されています。より芳醇な香りとコクを楽しみたい方にぴったりの九州醤油です。

煮物の仕上げに少し足すだけでコクと照りがワンランクアップできるなど、高級醤油ならではの活用法も魅力。容量は使いやすい360ml入りからたっぷり使える1.8L入りまであり、用途に応じてサイズを選びやすいのもポイントです。

・1本

・3本セット

豊前屋本店 阿蘇マルキチ醤油 馬刺醤油 超甘露

地元の名物である馬刺しをおいしく食べるために作られた、こだわりの九州醤油。かつおと昆布のエキスを含み、魚介の旨味も感じられる甘露醤油です。明治3年に創業した老舗メーカーが醸造しています。

日本名水百選に数えられる白川水源の銘水と、良質な大豆に恵まれた南阿蘇で醸造。馬刺しだけでなく魚介の刺身ともよく合います。甘辛料理にも使いやすく、肉じゃがの隠し味や焼き餅の味付けにもおすすめです。

・1本

・2本セット

長友味噌醤油醸造元 カネナ こいくちしょうゆ さしみ 甘口

色や香りが濃厚で、深い旨味が感じられる九州醤油。南九州ならではの強いとろみと濃い甘味が、刺身の味をより引き立てる刺身醤油です。刺身とよく絡んで魚の生臭さを和らげるため、より食べやすくなります。宮崎県で140年続く老舗メーカーが、創業以来守られてきた酵母菌や麹と熟練職人の技で作り出す九州醤油です。

刺身以外の料理とも相性がよく、卵焼きや冷奴、大根おろしなどに使ってもおいしくいただけます。容量が100mlから1.8Lまであるので、使う頻度に合わせて選びやすいのもポイントです。

フンドーダイ 特醸甘口醤油 平成

甘味料未使用の優しい味わいが特徴の九州醤油です。九州産の小麦と丸大豆を使った本醸造醤油を基本として、熊本に古くから伝わる赤酒と香川県産の和三盆を使用。コクがありながらすっきりとした口当たりに仕上げています。レトロで高級感のあるパッケージで、内祝いなどのギフトにもおすすめです。

こだわって選んだ厳選素材の味をダイレクトに味わうなら、かけ醤油として使ってみてください。卵かけごはんやうどんに直接かけてもおいしくいただけます。ほかに、ホットケーキやアイスクリームなどスイーツと合わせるなどの意外な使い方も。砂糖や生クリームと合わせて和風キャラメルソースも作ったり、焼きりんごのようなシンプルなスイーツのアクセントにも使えます。

・1本

・2本セット

ごとう醤油 丸大豆しょうゆ 茜

九州の厳選された素材にこだわった九州醤油です。福岡県北九州市で醸造されています。原材料は福岡県産の丸大豆・小麦・氷糖蜜と、長崎県産の食塩のみ。シンプルな組み合わせでじっくり醸しており、素材本来の旨味が強く感じられるのが魅力です。

一般的な濃口醤油に比べて色は薄いものの、素材の旨味が凝縮されているためしっかりとした味わいが楽しめます。かけ醤油や煮物料理のほか、焼きとうもろこしなどに使って焦がし醤油にするのもおすすめです。賞味期限は未開封で1年間、開封後は冷蔵庫保存で1か月とやや短めなので、早めに使いきるようにしてみてください。