スマホとパソコンの中間的な存在の「タブレット」。普段使いからビジネス用途まで幅広いシーンで使用できます。国内外のさまざまなメーカーから発売されており、ラインナップは豊富。コスパに優れたリーズナブルな製品も数多く発売されています。

そこで、今回は3万円以下のおすすめのタブレットをご紹介。紹介するにあたり、選び方についても解説しているので購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

3万円以下タブレットの選び方

OSで選ぶ

OSとは、オペレーティングシステムの略称でタブレットやパソコンを動かすために必ず必要となるソフトウェアのことです。タブレットには主に、Microsoftの「Windows」・Googleの「Android」・Appleの「iOS」が採用されています。

「Windows」搭載のタブレットはキーボードとマウスを接続すれば、普通のパソコンと同様に使用可能。キーボードが付属している製品が多いのも特徴です。タブレットならではのコンパクトさと、パソコンのような機能性を求めている方におすすめです。

「Android」搭載のタブレットはスマホのような感覚で使用できるのが特徴。また、動画視聴・Webブラウジング・SNSへの投稿など普段スマホでしていることだけでなく、画面が小さいスマホでは不向きな作業をしたいという方におすすめです。

画面サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

タブレットは主に7~11インチ程度のサイズが多くラインナップされています。参考までにスマホのサイズに関しては、5~6インチ程度のものが一般的。7~8インチのサイズは比較的コンパクトなので携帯性に優れているのが特徴です。片手でも操作しやすく、漫画や小説などの電子書籍を読むのに向いています。

9~11インチサイズはリーズナブルな製品から高性能なモデルまで、幅広い価格帯の製品がラインナップされているのが特徴です。パソコンほどではありませんが、画面が大きいのでキーボードを接続しての文章作成も快適。大画面で映像を楽しみたい方やビジネスシーンでの使用を考えている方におすすめです。

機能で選ぶ

タブレットは、製品によって搭載されている機能が異なります。そのなかから自分の用途や目的にあったものを選択するのも重要なポイントです。動画や音楽などデータをたくさん保存したい方はストレージの容量を、外出先やアウトドアでの使用が多い方は防水性能を重視してタブレットを選びましょう。

LTEに対応したタブレットを購入すれば、Wi-Fiが使えない環境でも安心して使用可能。外出先ですぐにメールやSNSを確認できるので便利です。そのほかにも、処理性能を表すメモリの容量やディスプレイの鮮明度を表す解像度なども考慮に入れておきましょう。

3万円以下タブレットのおすすめモデル

日本電気(NEC) LaVie Tab E TE410/JAW PC-TE410JAW

日本電気(NEC) LaVie Tab E TE410/JAW PC-TE410JAW

NECの10.1インチタブレット。OSにはAndroid8.1を採用しているので、マルチウィンドウや夜間モードにも対応しています。Microsoft Office Mobileが搭載されているため、WordやExcelファイルの作成・閲覧が可能。ビジネス用途にも適したモデルです。

メモリ容量は2GBでストレージは16GB。バッテリー容量は4850mAhと大容量で、約11時間のビデオ再生が可能です。解像度は1920×1200ドットに対応し、ディスプレイには角度をつけても見やすい広視野角なIPS液晶を採用。また、液晶画面には指紋や汚れが付きにくいコーティングが施されているのも嬉しいポイントです。

低価格ながらもUSB Type-Cでの充電が可能。前面に4つのステレオスピーカーを搭載し、サラウンドシステム「Dolby Atmos」にも対応しているので迫力のあるサウンドを楽しめます。本製品で映画や音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

アマゾン(Amazon) Fire HD 8

アマゾンのコスパに優れた8インチタブレットです。本製品にはAndroidをベースにアマゾンが開発した独自のOS「Fire OS」を搭載。アマゾンが提供するサービスを快適に使用できるようにカスタマイズされています。

解像度は1280×800ドット。IPS液晶と偏光フィルターの採用により、反射が少なく鮮やかで見やすいディスプレイを実現しています。内部ストレージが16GBの本製品に加え、32GBのモデルもラインナップ。さらに、400GBまでのmicroSDカードに対応しているので、容量に困ることなく多くのデータを保存できます。

バッテリーは最大10時間使用可能なので、外出先でも安心。「For You」機能を活用すれば、本・映画・アプリ・ニュースなどのさまざまなコンテンツを好みに合わせておすすめしてくれるので便利です。また、商品の購入やWebの閲覧などを制限する機能もあるので、子どもも安心して使用できます。

ファーウェイ(Huawei) MediaPad M5 lite 8 LTEモデル JDN2-W09

ファーウェイ(Huawei) MediaPad M5 lite 8 LTEモデル JDN2-W09

ファーウェイの3万円以下という低価格ながらも高い性能を誇る8インチタブレットです。本製品はLTEモデルなのでSIMカードを挿入すれば、外出先でも場所を選ぶことなくデータ通信が可能。プロセッサには自社開発の「Kirin 710」を搭載しています。

メモリは3GBでストレージは32GB。OSにはAndroid 9 Pie+EMUI 9を搭載しています。バッテリーは8インチタブレットとしては大容量の5100mAh。低価格ながら顔認証にも対応しているので、素早くロックが解除できて便利です。また、左右が狭額縁デザインとなっているのも特徴のひとつ。

ディスプレイはIPS方式で解像度は1920×1200ドットです。さらに、オーディオ機器ブランド「Harman Kardon」によるチューニングが施されたスピーカーが搭載されており、臨場感のあるサウンドを実現。そのほかにも、カメラをかざすだけで製品を判別し、該当する通販ページにアクセスしてくれる「AIショッピング機能」を搭載しています。

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) 8インチタブレット Y80

ドラゴンタッチ(Dragon Touch) 8インチタブレット Y80

ドラゴンタッチのAndroid8.1を搭載した8インチタブレットです。ボディはメタル素材が使われており手触りがよく、重量は約320gと軽量。価格に関しても1万円前後とリーズナブルなので、コスパに優れた製品を探している方におすすめです。

メモリは2GBでストレージは16GB。外部ストレージには128GBまでのmicroSDカードに対応しています。バッテリーは4000mAhと標準的な容量です。解像度は1280×800ドットで、発色がよく広視野角なIPSディスプレイを採用。

カメラは前面・背面ともに200万画素で、インターフェイスはmicroUSB・イヤホンジャック・microSDカードスロットを搭載しています。「KIDOZ」機能では子どもに有害なコンテンツのフィルタリングが可能。また、1年間のメーカー保証も付いているので安心です。

オールドキューブ(ALLDOCUBE) M8 LTE対応モデル T806

オールドキューブ(ALLDOCUBE) M8 LTE対応モデル T806

オールドキューブの低価格ながらもLTEに対応した8インチタブレット。プロセッサには高性能なMediaTekの「Helio X27」を搭載しています。格安タブレットには搭載されていないことが多いGPS機能も搭載されているので、カーナビや地図としても使用できます。

メモリは3GBでストレージは32GB。バッテリーは5500mAhと大容量なので、充電のできない場所でも安心して使用できます。ディスプレイはIPS方式で解像度は1920×1200ドットと高精細。

また、SIMスロットは2枚のSIMカードを同時に待ち受けできるDSDS機能に対応しているので、通話も可能です。インターフェイスには、microUSB・イヤホンジャック・microSDカードスロットを搭載。コスパに優れたLTE対応のタブレットを探している方におすすめの製品です。

マウスコンピューター(MouseComputer) 8型Windowsタブレット WN803

マウスコンピューター(MouseComputer) 8型Windowsタブレット WN803

マウスコンピューターの小型で軽量なWindows 10搭載8インチタブレット。CPUにはIntel Atom x5-Z8350搭載しており、前モデルと比べて性能が向上しています。サイズは210×122×10mmで重量は約315gと片手でも持ち運べるコンパクトさも魅力のひとつです。

メモリは2GBでストレージは32GB。解像度は1280×800と標準的で、ディスプレイの左右は狭額縁となっています。また、microHDMI出力端子を搭載しているので、外部ディスプレイへの出力も可能。プレゼンを行う際や大画面で映像を楽しみたいときに便利です。

キーボードとマウスを接続すれば、Windows搭載のパソコンと同様に使用可能。3万円以下の低価格でWindows搭載機器を探している方に最適な製品です。

恵安(KEIAN) WiZ KIC102-BK

恵安(KEIAN) WiZ KIC102-BK

コスパに優れた10.1インチのWindowsタブレット。恵安は東京に本社を置くコンピューター周辺機器などを取り扱う企業です。本製品以外にもWindowsやAndroidを搭載したタブレットが複数ラインナップされています。

プロセッサにはIntel Cherry Trail-T3 Z8350を搭載。メモリは2GBでストレージは32GB、OSにはWindows 10 Home 64bitを搭載しています。着脱式の専用のキーボードが付属しているのでタブレットとしてだけではなく、ノートパソコンスタイルでの使用も可能なので便利です。

バッテリーは6000mAhと大容量。付属のACアダプタ-で充電が可能です。Microsoft Office MobileがプリインストールされておりmicroHDMI出力端子も搭載されているので、Word・Excelの編集やプレゼンなどの用途にも最適。ビジネスシーンでも活躍するおすすめの製品です。

レノボ(Lenovo) Tab E10 ZA470073JP

レノボ(Lenovo) Tab E10 ZA470073JP

レノボのリーズナブルな10.1インチタブレット。「ファミリー向けタブレット」と謳っている通り、家族でシェアして使用可能なマルチユーザー機能やさまざまな制限をかけられるキッズモードを搭載しています。家族や複数人で1台のタブレットを使用したい方におすすめです。

メモリは2GBでOSにはAndroid 8.1を搭載。内部ストレージは16GBと少なめですが、最大128GBまでのmicroSDカードに対応しているので安心です。バッテリー駆動時間は約7時間あり、microUSBで充電可能。

解像度は1280×800でディスプレイには斜めからの角度でも見やすいIPSパネルを採用しています。また、Dolby Atmos対応のステレオスピーカーを搭載しているので、迫力のあるサウンドを楽しめます。2万円以下で購入できるので予算を抑えたい方にもおすすめの製品です。

レノボ(Lenovo) YOGA Tab 3 10 ZA0H0027JP

レノボ(Lenovo) YOGA Tab 3 10 ZA0H0027JP

レノボの独特な形状の10.1インチタブレット。本体下部が丸みを帯びていて、持ちやすくなっているのが特徴です。さらに、スタンドを活用すればさまざまなシーンで快適に使用できます。

本製品には、一般的なボールペンや鉛筆などをスタイラスペンとして使用できる「AnyPenテクノロジー」を採用。直径1mm以上で丸みのある先端部を持つ導電性のものであれば、スタイラスペンとして使用できるので便利です。

メモリは1GBでストレージは16GB。バッテリーは8400mAhと大容量で約18時間と長時間駆動します。OSはAndroid 5.1と古めですが、ほかの製品にはない特徴を数多く備えているおすすめの製品です。

ベネブ(BENEVE) 10.1インチAndroidタブレット M1031

ベネブ(BENEVE) 10.1インチAndroidタブレット M1031

1万円前後で購入できるコスパに優れた10.1インチタブレット。ベネブは主にタブレットなどのデジタル製品を取り扱う中国の企業です。1999年に創業し、アジアだけでなく欧米やアフリカなど世界各国で販売を行っています。

メモリは2GBでストレージは32GB、OSには Android 8.1を搭載。解像度は1920×1200で、ディスプレイには目に優しい「Eye Pleasing Display」が採用されています。電子書籍やWebサイトの閲覧を長時間行っても目が疲れにくく安心です。

バッテリー容量は5000mAh、充電はmicroUSBで行います。また、付属品としてタブレットケースとタッチペンが同梱しているのも嬉しいポイント。1万円前後とリーズナブルなので、気軽に購入できるおすすめのタブレットです。

ブルードット(BLUEDOT) 8インチタブレット BNT-801W

ブルードット(BLUEDOT) 8インチタブレット BNT-801W

ブルードットのAndroid 8.1を搭載した8インチタブレットです。サイズは208.5×124.5×9.2mm、重量は320gとコンパクトで軽量なので持ち運びに便利。また、GPSにも対応しているのでカーナビや地図としても使用可能です。

メモリは2GBでストレージは16GB。バッテリーは4000mAhで、USB Type-C端子から充電できます。microHDMI端子から大画面に出力できるのも嬉しいポイント。リーズナブルで気軽に使用できる、おすすめのタブレットです。

オールドキューブ(ALLDOCUBE) Freer X9

オールドキューブ(ALLDOCUBE) Freer X9

オールドキューブの3万円以下で購入できるハイスペックな8.9インチタブレット。大手ディスプレイメーカー「ジャパンディスプレイ」の高品質な2Kディスプレイを採用しています。バッテリーは5500mAhと大容量で、USB Type-Cで充電できるのも嬉しいポイントです。

本体サイズは227×144×6mmで重量は約366g。ボディにはアルミ合金素材が採用されており、高級感があります。メモリはこの価格帯の製品では大容量な4GB。高負荷な操作も快適にこなせるのが魅力です。

Wi-Fiは802.11acに対応しているので高速な通信が可能。また、背面1300万画素、前面500万画素のカメラを搭載しており、背面カメラはオートフォーカスに対応しています。OSはAndroid 6.0と少し古めですが、全体的にはコスパのよいおすすめのタブレットです。

CHUWI 10.1インチタブレットPC CW-Hi10 Air

CHUWI 10.1インチタブレットPC CW-Hi10 Air

10.1インチの2in1タブレット。OSはWindows 10 HomeでプロセッサにはIntel Atom x5-Z8350を搭載しています。専用のキーボードは別売りですが、本体と合わせて購入しても3万円以下というリーズナブルな価格が魅力です。

メモリは4GBでストレージは64GB。インターフェイスにはUSB Type-C・microUSB・イヤホンジャック・microSDカードスロットと大画面への出力が可能なmicroHDMI端子が搭載されています。解像度は1920×1200で、IPS液晶を採用しているので広い視野角を実現。

アルミ合金を採用したボディは厚さ8.5mmの薄型デザインで、手触りがよく高級感があります。キーボードは画面を反対にして接続できるので、スタンドとしての使用も可能。価格が安い分、スペックは抑えめにつくられていますが、文章作成・動画鑑賞・Web閲覧などは問題なくできます。ノートパソコンのサブ機として使えるモデルを探している方におすすめです。