キャンプ用品のなかでも多様な種類があるテント。特にドームテントは近年もっともポピュラーな製品で、ソロキャンプからファミリー向けタイプなど、豊富なラインナップが揃っているのが特徴です。

ただし、リリースされているアイテムが多く、品質や使い勝手を判断するのはなかなか難しいもの。そこで今回はドームテントのおすすめモデルをピックアップし、テント選びの基本を解説するほか、テントの張り方などもご紹介します。購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

ドームテントとは?

By: amazon.co.jp

ドームテントとは円形状の屋根、丸みを帯びたシルエットが特徴のテントです。テントのなかでも最も定番といえる形状であり、キャンプ初心者からベテランまで多くのキャンパーに愛用されています。

ドームテントのメリットは設営が簡単なこと。2本のメインポールをインナーテントに差し込んで立ち上げ、ペグを打てば設営完了です。また、多くのアウトドアメーカーから発売されており、そのラインナップも豊富。さまざまなアウトドアシーンに適したモノを選びやすいため、人気のあるテントです。

ドームテントの選び方

使用人数プラス1名を想定したサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

テントには定員が表記されています。定員数はあくまで最大収容できる人数を指している場合がほとんどです。また、泊まる人数に比例して荷物の数も増えてくるため、ドームテントを選ぶ際は宿泊する人数プラス1名のモノを選びましょう。

例えば、4人でキャンプをする場合、5〜6人用のテントを選ぶことで荷物を置くゆとりが生まれるほか、就寝時に狭くて寝苦しくなってしまうリスクを回避することができます。

耐圧性を確認する

By: amazon.co.jp

耐水圧とは、テント内部に雨水が染み込むのを抑える力のことです。具体的には、1cm四方のテント素材に水を積み上げ、何mmの高さまで内部に水が染み込まないかを指します。

耐水圧は高いほどよいわけではなく、高すぎると通気性を損なう要因となるので留意しましょう。スペックとしては耐水圧1500~2000mm程度のモノがおすすめです。

前室の広さを確認する

By: amazon.co.jp

テントの種類によっては、前室の扉を持ち上げてポールで固定することにより、前室をリビングスペースとして使用できるものもあります。大きな荷物を置くスペースとして活用するのはもちろん、テントをより快適に過ごすためには前室が広いタイプを選ぶのもおすすめの選び方です。

ドームテントのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX 2〜3人用

コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX  2〜3人用

人気アウトドアメーカー「コールマン」の2~3人用ドームテントです。1人でも設営が簡単な「ポールポケット式」を採用しているので、ソロ用テントとしてもおすすめ。また、前室の間口は幅210×高さ110cmと広いため、開放感も抜群でゆったりと快適に過ごせます。

さらに、機能性にも優れているのもポイント。フライシートとフロア生地には耐水圧約1500mmの「75Dポリエステルタフタ」を採用しており、結露や地面から水分が染み込むのを防げます。

コールマン(Coleman) テント タフワイドドーム4 300 4〜6人用 2000017860

コールマン(Coleman) テント タフワイドドーム4 300 4〜6人用 2000017860

高い快適性を備えた5〜6人用ドームテントです。インナーテント下部にメッシュを採用し、外気を取り入れるとともにテント内の温かい空気を排出することが可能。特に蒸し暑い季節のキャンプで威力を発揮します。さらに、テント上部を大きく押し上げるフレーム構造を採用することで、高くて開放感がある広いスペースを生み出しています。

メインポールには高強度で軽量な「アルミ合金」を採用。さらに、補強ロープを張ることで風からテントを守る「ストームガード」を搭載しているため、高さがあるテントにありがちな強風のトラブルを防ぎます。

耐水圧性能も抜群で、フライシート、フロアの耐水圧は2000mmと高い防水性を実現。雨や湿気の多い時期のキャンプでも安心して過ごせます。高さ185×幅300×奥行300cmのフロアは大人が立っても十分な余裕があり、親子4人のファミリーキャンプに最適な広さのおすすめテントです。

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム 3人用

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム 3人用

スノーピークの定番テント「アメニティドーム」です。背丈を極力低く設定し、丸みを帯びた部分を多くすることで風がテントの上を通るように設計。強風によるフレームの破損や、底が引きずられてフロア部が破けてしまうなどの被害を防ぎます。

背が低くコンパクトなドームテントでありながら優れた快適性もポイント。出入りがしやすい大きなサイドパネルを配備し、フロントパネルを閉じたままサイドからの出入りが可能です。さらに、別売りの「アメニティドームアップライトポールセット」を使用すれば、前室をリビングルームとして活用できます。

また、生地には防水・撥水加工が施され耐水圧は1800mmミニマムを有しており、雨や湿気がテントに入り込むのを防ぎ快適に過ごせます。

ロゴス(LOGOS) neos PANELドゥーブル 4~5人用

ロゴス(LOGOS) neos PANELドゥーブル 4~5人用

リビングと寝室が一体となった「2ルームドームテント」です。屋根がついたリビングスペースによってタープは不要。フルクルーズすればプライベート空間を作り出せるほか、設営時のサイズは幅270×奥行270cmと広々しているので4~5人のファミリーにおすすめです。

また、キャノピーに2本のフレームをプラスしたロゴス独自のパネル構造により、強度が格段に向上。パネル化されたキャノピーは開閉しやすく、湾曲させているため開放感も抜群です。

オガワ(ogawa) ドーム型 ホズ 2人用 2604

オガワ(ogawa) ドーム型 ホズ  2人用  2604

2017年に発売された人気老舗テントメーカー「オガワ」の2人用ドームテント。対角線上に配置された出入り口は、出入りや道具の出し入れの際に便利です。設営時サイズは幅255×奥行226×高さ120cmとコンパクトながらも、変形させたインナーと余裕のある前後室によってゆったりと過ごせるスペースを確保しています。

テント内各所には換気に役立つベンチレーションシステムを搭載。さらに、天井に設けられた透明パネルによって天気のよい夜には満天の星々を眺めながら過ごせます。また、重さはポールと幕体併せて3kgほどと軽量で持ち運びも簡単。キャンプやフェスで活躍するおすすめモデルです。

オガワ(ogawa)テント ロッジドーム ティエラ5-EX 5人用 2766

オガワ(ogawa)テント ロッジドーム ティエラ5-EX  5人用 2766

大人2人と子供2人程度のファミリーにおすすめの5人用ドームテントです。最大の特徴は徹底的にこだわった換気性能。「前面出入り口の大型メッシュパネルとフラップ」「フラップ下部の空気取り入れ機能」「両側面出入り口のアウトサイドメッシュパネル」を採用しており、虫の侵入を防ぎつつ快適に過ごせます。

また、生地には耐候性・遮光性・耐久性に優れた厚手のポリエステル210Dを採用。さらに、グランドシートには耐水圧10000mm以上を誇る防水PVCを使用するなど、ハイスペックなモデルです。

オガワ(ogawa) ドーム型 アイレ 6人用 2658

オガワ(ogawa) ドーム型 アイレ 6人用  2658

2017年に発売された6人用のドームテントです。本体サイズが幅300×奥行300cmと広いのが特徴。高さは184cmと、大人の男性がかがまずにテント内を歩けます。シンプルなクロスフレーム構造によって設営も簡単。初心者キャンパーにも安心して使用できるおすすめモデルです。

さらに、7万ほどと購入しやすい価格ながら機能性も良好。テント内上部には2つのベンチレーターを配備しており、フライシートに設けられたベンチレーションと前後面に搭載された大型メッシュパネルを併用すれば、抜群の換気性能が発揮できます。

また、グランドシートのバスタブ形状によって、インナーとフロアの間に雨や雪が吹き込まないのも見逃せないおすすめポイントです。

モンベル(mont-bell) ジュピタードーム 4型 3~4人用 1122238

モンベル(mont-bell) ジュピタードーム 4型 3~4人用 1122238

モンベルの耐風性・保温性・難燃性に優れた3~4人用ドームテント。本製品は極寒地でも設営が簡単な積雪期用テントです。独自開発した「ツイストグリップフック」によってワンタッチ操作で本体とポールを接続できます。

フロアの4隅には、技術的に難しいとされている「シームシーリング処理」を施しているのがポイント。さらに、グランドシートには耐水圧2000mmウレタンコーティングを施した70Dナイロンタフタを採用しており、雪用テントならではの高い防水性を誇っています。

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント5型 4~5人用 #1122289

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント5型  4~5人用 #1122289

モンベルのテントラインナップにおいて最も定番モデルというべき歴史あるドームテント。大人2人、子供2人のファミリーでの使用におすすめです。フレームを本体に吊り下げるだけで素早く自立するスタンディング方式を採用しており、名前のとおり月明かりの中でも素早く設置できます。

雨が多い日本ならではの気候を考慮して、通気性、防水性を重視して設計されており、4ヶ所のメッシュ窓により空気の入れ替えが容易。さらに耐水圧1500mmウレタンコーティングを施したフライシート、耐水圧2000mmウレタンコーティングのグランドシートによって優れた防水性を発揮します。

サーマレスト(THERMAREST) トランクイリティー6 6人用

サーマレスト(THERMAREST)  トランクイリティー6  6人用

定員6人の大型ドームテントです。高さは193cmと、身長の高い男性でも圧迫感なく過ごせます。最大の特徴は収納のしやすさで、付属のリュック式専用バックパックにペグとポールを本体と分けて収納可能。登山や駐車場からテントサイトまで距離があるなど、移動距離が長い場合に重宝します。

組み立ても簡単で、ポールと差し込み部分は2色に分けて設置の際に悩まないように工夫されています。また、別売りの「フットプリント」を使用すればサンシェードスタイルに変化。キャンプのみならず、日帰りのピクニックや海水浴など、さまざまなアウトドアシーン活躍するおすすめモデルです。

ホールアース(Whole Earth) ARTH DOME 270-3 4~5人用 WE27DA07

ホールアース(Whole Earth) ARTH DOME 270-3  4~5人用 WE27DA07

エントリーモデルながら高い機能性を持つコストパフォーマンスに優れた4〜5人用ドームテントです。フライシートには日射しによるテント内の温度上昇を防ぐ「シルバーコーティング」を施工。フレームの素材には軽くてしなやかながらも鉄鋼材並の強度を誇る「超々ジュラルミンA7001」を採用しています。

また、設営が容易なのもおすすめポイント。ポール・スリープ・ポールジョイントの各部分は同色に色分けされており、組み立ての際に便利です。

エムエスアール(MSR) エリクサー2 2人用

エムエスアール(MSR) エリクサー2  2人用

白と赤を配色したデザインが印象的な2人用のドームテントです。重さ2660gと、軽量で持ち運びが簡単なので数日間にわたるトレッキングや登山、ソロキャンプにおすすめ。また、シェルター内に就寝用テントを配置する「カンガルースタイル」での使用にも最適です。

また、3シーズン通して使用できる点もおすすめのポイント。付属のフットプリントとレインフライを使用すればシェルターとして使用可能です。さらに、メッシュと生地をバランスよく配置することで、温かさを保ちながら抜群の通気性も発揮しています。

エムエスアール(MSR) ハバハバNX ドームテント 2人用 37750

エムエスアール(MSR) ハバハバNX ドームテント  2人用 37750

2人用のドームテントでありながら、余裕のあるスペースを確保しています。幾何学的に配置されたフレーム構造によってコンパクトながらも広いスペースを確保。十分な居住空間を実現しながら、2つの大きな前室にたくさんの荷物を置けます。

また、高い機能性も有しているのもポイント。防水性に優れた20Dリップストップナイロンとポリウレタンとシリコンをコーティングした「耐水圧1200mmデュアルシールド」を備えているため、高い撥水機能を実現しています。春から秋にかけての3シーズン、あらゆる天候下でも快適に過ごせるおすすめモデルです。

ダンロップテント(DUNLOP) コンパクト登山ドームテント 5人用

ダンロップテント(DUNLOP) コンパクト登山ドームテント 5人用

オールシーズン対応の5人用ドームテントです。ヒラヤマ登頂のために作られたテント「Vシリーズ」の耐久性を踏襲しつつ、一般向けに軽量コンパクト化しています。初心者で5分程度、慣れれば3分で組み立てられるため、設営撤収の時間を短縮可能です。

もっとも注目すべきポイントは、Vシリーズゆずりの優れた耐久性。フック部にストレスが集中する吊り下げ式テントの弱点を克服すべく、フックとフックの間に吊り橋状のメッシュパネルを配置しています。フック部に過度な荷重がかからないよう工夫されており、強風下でも安心して使用できるドームテントです。

また、フライシートには30Dポリエステル、グランドシートには75Dポリエステルを採用。さらに、ポリウレタン加工を施すことで抜群の防水性を発揮しています。

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション キャノピーテント 4~5人用 CPR-5UV

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション キャノピーテント 4~5人用 CPR-5UV

広い居住空間が自慢の4~5人用ドームテントです。壁面をほぼ垂直に設計することでテント内のスペースを最大限に有効活用できます。さらに、高さも165cm確保されているので、多くの一般的なドームテントと比べて圧迫感がなく快適です。また、キャノピータイプなのでタープは不要。日差しの強い日でも涼しく過ごせます。

また、生地には紫外線を90%以上カットするUVコーティングと気密性の高い耐水コートを施しています。生地自体も強度や耐久性が高く、低価格ながらも機能性に優れたおすすめモデルです。