CDを上回る高音質な音源として知られる「ハイレゾ」。音楽配信サービスが普及したことはもちろん、スマホによる視聴スタイルが確立したことにより、ハイレゾ対応イヤホンも続々とリリースされています。

そこで今回はハイレゾ対応のイヤホンのおすすめモデルをご紹介。お手頃価格の製品からハイエンドクラスのアイテムまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ハイレゾとは?

By: amazon.co.jp

「ハイレゾ」とはハイレゾリューション(高解像度)の略。従来のCD規格であるPCM方式の量子化16bit/サンプリング周波数44.1kHzを超える品位のデジタル音源を指し、日本オーディオ協会・JASの定義ではPCM規格の24bit/96kHz以上、およびPCMとは異なるDSD方式の音源としています。従来のCDよりも自然でリアルな高音質を聴ける音源がハイレゾです。

ハイレゾ対応イヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

ハイレゾ対応に関しては日本オーディオ協会(JAS)も明文化しており、イヤホンに関してはスピーカー部本体の再生可能周波数に関わる「高域再生性能40kHz以上が可能であること」と「ハイレゾに相応しい聴感評価を満たすこと」と定められています。

ハイレゾ対応要件を満たしたオーディオ機器には日本オーディオ協会から「ハイレゾロゴ」の使用が認められているので、ユーザーはこのロゴの有無でその製品がハイレゾ対応かどうかを判断しましょう。

スマホで聴く方法は?

iPhoneで聴く方法

iPhoneでハイレゾ音源を聴くためには、ハイレゾ再生に対応している再生アプリを使用すれば可能です。ただし、音を聴くことはできても、iPhone本体だけではCDレベルに変換されてしまい、ハイレゾ音源本来の品位では再生できません。

iPhoneでハイレゾ音源本来の音質で聴きたい場合は、ハイレゾ対応のDACが搭載されている、USBあるいはLightning接続対応のヘッドホンアンプを併用すれば可能。USB接続型ではiPhoneに対応するかのチェックも必要です。ハイレゾ対応DAC内蔵Lightning接続イヤホンもあります。

Androidスマホで聴く方法

Androidスマホの場合、内蔵DACとアプリ双方がハイレゾ音源に対応していて単体で再生できるモデルがあります。ハイレゾ対応イヤホンを繋げるだけで簡単にハイレゾ音源が楽しめるため便利です。

非対応Androidスマホでハイレゾ音源を聴きたい場合は、iPhoneと同じように外付けのUSB接続型DAC内蔵ヘッドホンアンプで対応します。USB Type-Cポートを持つスマホの場合、USB Type-C接続型DAC内蔵ハイレゾ対応イヤホンを使って聴くことも可能です。

ハイレゾ対応イヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾ対応イヤホンでもっともスタンダードなのは、3.5mm径ステレオミニプラグによる有線接続です。ほとんどのオーディオ機器と接続できる汎用性を備えます。

一方、スマホからイヤホンジャックが廃止される流れを受けて普及しているのがBluetooth接続によるワイヤレス接続。ただ、Bluetoothでハイレゾ相当の音質をカバーするのはやや難しいため、Bluetooth対応のハイレゾ対応イヤホンの現状ラインナップは少なめです。なお、有線接続とBluetoothの両方にケーブル付け替えで対応したり、ハイレゾ相当伝送が可能なLDACコーデックに対応したりすることで準拠する高音質イヤホンもあります。

もうひとつはバランス接続。左右の信号の混ざり合いを防ぐことで音の立体感とクリアさを高められる方式です。ただ、オンキヨーを中心とした2.5mm径とソニーを中心とした4.4mm径端子の2陣営に分かれているので、バランス接続を使う場合は所有する機器に合ったモデルを選びましょう。

ドライバーユニットの駆動方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドライバーユニットの駆動方式は大きく分けて、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型に分かれています。

ダイナミック型は低価格帯でも比較的ワイドレンジに対応でき、低音再生能力が高いのがメリット。一方で細やかな表現はやや苦手な面もあります。

一方、バランスド・アーマチュア(BA)型はダイナミック型では再現が難しい繊細なサウンドもカバーできるのが特徴。ただし、コストがかかるため、低価格帯の製品が少ないのが懸念要素です。また、再生周波数範囲が狭く、低音の満足度も及第点。弱点をカバーするため、何台ものBA型ユニットを使う高級品もありますが、その分本体サイズが大きくなり、価格もハイエンドクラスになります。

なお、上記2つを合わせたものもあり、それをハイブリッド型と呼びます。ワイドレンジと繊細さを両立できるのが特徴である一方、構造が複雑なため高価になりがち。いずれにしても価格とサウンドクオリティに影響してくる部分なので、購入予算との兼ね合いを考慮して判断するようにしましょう。

ノイズキャンセリング機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

「ノイズキャンセリング機能」とはイヤホンの内外に配置したマイクにより騒音を打ち消す音波を発生させるもの。騒々しい場所でも音楽に集中することができるので、細かな音の再現性が重要なハイレゾ音源の高音質をしっかり楽しむためには頼もしい機能です。なお、ノイズキャンセリングの効果はバッテリーが切れると使えなくなってしまうことが多いので、その点は留意しておきましょう。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホに接続して使うなら、通話や音楽操作が可能なマイク付きリモコンの有無もポイントです。MMCX規格でのケーブル着脱に対応するモデルなら、Bluetoothレシーバーやバランス接続ケーブルなどに付け替えて、機能や音質を高められます。

Bluetooth接続対応イヤホンでは、専用アプリでの音質調整機能に対応していると、好みの音質を追求可能です。音質を変えられる「フィルター」の付け替えに対応するモデルもあります。

ハイレゾ対応イヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

世界的に知名度が高い「ソニー」。音響機器でも定評のあるブランドで、かつて「ウォークマン」の発売により携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させるなど、常に先進的な技術をオーディオ分野に注ぎ込んでいるのが特徴です。

ハイレゾ音源に対応しているモデルやBluetoothで伝送する際の高音質コーデックに対応している機種などもラインナップしており、これまで培ってきた技術とノウハウを製品に注ぎ込んでいます。音質はもちろん、ノイズキャンセリング機能や防水性能なども優秀です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

「JVCケンウッド」は国内の老舗オーディオメーカー。別会社であった「JVC」と「ケンウッド」が合併して2008年に誕生し、現在もそれぞれのブランド名で製品を販売しています。

音質にこだわったメーカー独自の技術を採用しているほか、卓越したチューニングにも定評があるのが特徴。リーズナブルでコスパ良好な製品から重低音再生を得意とするモデルまで、幅広いラインナップを取り揃えているのもポイントです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

1945年に創業したドイツの音響機器メーカー。精密でありながら滑らかなサウンドに定評があるのが特徴です。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性がよいのも魅力。価格は比較的高めの製品が多いので、音質にこだわりたい方におすすめです。

以前は業務用向けで実用的な機種も多かったのですが、近年はデザイン性や趣味性の高い機種も取り揃えており、サウンドクオリティと実用性を兼ね備えたアイテムをリリースしています。

高音質なハイレゾ対応イヤホンおすすめモデル

パイオニア(Pioneer) ハイレゾ対応カナル型イヤホン SE-CH9T

お得感のあるハイレゾ対応イヤホン。1万円以内の価格ながら、MMCX規格でのケーブル交換に対応。業界標準規格なので交換ケーブルが多いのがメリットです。また、本機専用に2.5mm径バランス接続に対応するケーブルも別途用意しています。

さらに、ケーブルのタッチノイズを低減できる「耳掛け装着」にも対応。スマホ通話対応のマイク付きリモコンも搭載しているので、スマホやタブレットとの相性も良好です。

筐体の通気部に独自設計のチューブを使用することによる、引き締まった低音が音質面での魅力。コスパ重視でハイレゾ対応のイヤホンを選びたい方におすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応カナル型イヤホン バランス標準プラグケーブル付属 XBA-N3BP

4.4mm径端子によるバランス接続に対応するカナル型イヤホン。信号伝送ロスを抑え、音の劣化を低減できる「銀コートOFCケーブル」を採用し、ハイレゾのポテンシャルをしっかり引き出せるのが特徴です。

MMCX規格での付属ケーブル付け替えにより、従来の3.5mm径機器との接続も可能。ハイブリッド型構成により、解像度の高い高音域再生が可能です。

音導管に真鍮を採用。音導管の強度を保ちながら内径を拡大することで、中高音は伸びやかでクリア。ユニット構成と筐体構造の両面から高音質を追求した実力派です。幅広いユーザーにおすすめのアイテムです。

JVCケンウッド(KENWOOD) カナル型イヤホン CLASS-S WOODシリーズ HA-FW01

木製の振動板「ウッドドームユニット」を搭載したハイレゾ対応イヤホン。ハイレゾ音源の繊細なニュアンスを表現するために、従来の80μmから50μmに薄型化した振動板を採用しているほか、大口径11mmドライバーを搭載することにより、パワフルでダイナミックなサウンドを体感できます。

不要な振動を抑制して美しい響きをもたらす「メタルハーモナイザー」を採用しているのもポイント。従来からのアコースティック音楽での再現性の高さに加え、よりオールマイティーに仕上がっています。

ソニー(SONY) ハイレゾ対応 マルチBAシステムイヤホン IER-M9

ハイエンドクラスのイヤホンです。ミュージシャンがステージ上で使うモニター用を念頭に設計しており、音色や楽器間バランス、リズム、さらに音楽的表現にまで配慮されているのが特徴です。

多様な要素をありのままに伝えられる高音質サウンドを体感できるほか、遮音性の高さもポイント。マグネシウム合金と5基ものBA型ユニットを使用した構成により、再生周波数帯域5Hz~40000Hzの広帯域をカバーしているのも魅力です。価格は10万円超えと高価ですが、満足度の高いハイレゾ対応イヤホンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

オーディオテクニカ(audio-technica) インナーイヤーイヤホン ATH-CM2000Ti

ハイレゾ対応でインナーイヤー型イヤホンとしては高額なハイエンドモデル。15.4mm径HDドライバーを搭載し、再生周波数帯域が10~45000Hzとインナーイヤー型としては異例のワイドレンジをカバーしています。

精密切削チタニウム製のハウジングを採用。不要共振を排除し、高域は伸びやかでクリアです。ドライバーには高価ながらも音質に有利な高い磁束密度を得られるパーメンジュールを用いた磁気回路と、硬度が高く軽量で反応のよいDLCコーティング振動板を採用。インナーイヤー型のイヤホンにこだわりたい方はぜひ試してみてください。

ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE 800 S

ハイエンドクラスのイヤホン。ダイナミック型ドライバーにこだわる同社の高度な技術を体感できるアイテムです。

小さな音が大きな音に隠れて聴こえにくくなる「マスキング効果」を低減する特許技術のD2CAテクノロジーを採用。これにより、ハイレゾ音源の持つ微細なニュアンスも余すところなく表現します。

ダイナミック型ならではのワイドレンジさとパワフルなサウンドも魅力です。独自の小型7mm径振動板により、イヤホンを小型化。通常の3.5mm径ステレオミニプラグケーブルに加え、2.5mm径と4.4mm径のバランス接続ケーブルも付属しているので、幅広い機器で高音質を楽しみたい方におすすめのモデルです。

コスパ最強な5000円以下のハイレゾ対応イヤホンおすすめモデル

ファイナル(final) カナル型イヤホン E2000 FI-E2DALCS

スタイリッシュなデザインが魅力のハイレゾ対応イヤホン。アルミ切削による美しくコンパクトな筐体で、男女問わずおしゃれに身に付けられるのが特徴です。

価格は5000円以下とリーズナブルながら、それに見合わぬ自然でリアルなサウンドに仕上がっているのもポイント。耳道の傾きにフィットするメーカー独自の「イヤーピーススウィングフィット機構」や、快適なかけ心地とケーブルのタッチノイズを減少させるイヤーフックも付属しており、使いやすさも良好のおすすめ製品です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応イヤホン SOLID BASS ATH-CKS550X

重低音再生を強化したハイレゾ対応イヤホンです。9.8mm径ダイナミック型「SOLID BASS HDドライバー」により、キレのある重低音を鳴らします。

高磁力回路によりドライバーの駆動力と制動力を高め、重低音再生能力をさらに向上。大口径音導管で音の伝達効率を上げ、ハイレゾ音源に対応する高域再生も果たしています。解像度の高さを備えたパワフルサウンドを求めているユーザーにおすすめです。

茶楽音人(Surround) ハイレゾ対応イヤホン Co-Donguri Balance 2.5mmプラグモデル

価格が5000円以下ながら、バランス接続に対応したイヤホン。2.5mm径モデルと4.4mm径モデルを別々に用意しており、いずれの方式にも対応できます。

ドライバーは10mm径のダイナミック型で、独自技術の「トルネード・イコライザー」により、10kHz以上の高域を伸びやかに再現。真鍮製のボディもかわいらしく、見た目もスッキリしています。

なお、ケーブルの着脱はできず、通常の3.5mm径イヤホン端子での接続はできないので、購入を検討している方は事前に確認しておきましょう。

ゼロオーディオ(ZEROAUDIO) ハイレゾ対応カナルイヤホン CARBO i ZH-DX240-CI

高い遮音性と快適な装着感を実現した高遮音性イヤホンです。耳に斜めに装着する独自の「スラントイン」により、心地よいフィッティングと透明感のあるサウンドが楽しめます。

イヤホンの音質を左右するドライバーユニットには、8〜70000Hzの再生周波数帯域をカバーする「超小型ダイナミックドライバー」を採用しているので、高音質で音楽を楽しみたい方にもおすすめ。また、これだけ高性能なイヤホンにもかかわらず、本体の重さはわずか約2.4gと非常に軽いので、軽量コンパクトな高遮音性イヤホンが欲しい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) ハイレゾ対応イヤホン セミオープン型 Grand Bass EHP-GB2000ABK

セミオープン型のハイレゾ対応イヤホン。カナル型同様に耳栓のようなイヤーピースを装着する方式ながら、インナーイヤー型のように開放的な構造を採用しています。

そのため、カナル型の長所である重低音の充実と、インナーイヤー型に近い空間再現性の高い爽快な音質を両立。3層の複合構造を持つ振動板と高品位なCCAWボイスコイルと高磁力マグネットも採用し、幅広い音域を臨場感のあるダイナミックなサウンドを聴かせます。

NITIKA Lightningイヤホン MFI認証製品 AP-205

Lightning接続対応のイヤホン。iPhoneシリーズと直接デジタル接続して、ノイズの少ない高音質を楽しめます。24bit/48kHzまでのハイレゾ音源再生に対応。Siriにも対応した、音楽再生・通話機能操作対応のマイク付きリモコンも搭載しています。

なお、iPhoneのバッテリーを消費してしまうこととiOS機以外では使えないことには注意が必要ですが、 アップルユーザーにとっては使い勝手のよいおすすめの製品です。

Bluetoothで接続できるハイレゾ対応イヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン ハイレゾ対応 WI-1000X

ネックバンド型のBluetoothワイヤレスイヤホンに高機能なノイズキャンセリング機能を搭載したモデル。Bluetooth対応では世界初のハイブリッド構成を採用しており、迫力の重低音から繊細な高音までしっかりカバーしているのが特徴です。

ハイレゾ相当のBluetooth伝送可能な「LDAC」「aptX HD」コーデック対応に加え、有線接続も可能。さらに、Bluetooth接続時に通常音源をハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」機能も搭載しています。

加えて、ノイズキャンセリング機能も搭載。接続法、音源、場所に関わらず高音質が楽しめます。また、専用アプリ「Headphones Connect」も便利。「アダプティブサウンドコントロール」に対応したノイズキャンセリング調整機能は優秀です。さらに、飛行機に搭乗している時の大気圧の変化に応じた調整機能を備えた「NCオプティマイザー」も追加。ネックバンド型のハイレゾ対応イヤホンを求めている方は要チェックのアイテムです。

ソニー(SONY) USB-typeC接続/ハイレゾ対応ワイヤレスイヤホン SBH90CJP

USB Type-Cによる有線接続とBluetoothワイヤレス接続に対応したネックバンド型イヤホン。ジョギング中はワイヤレスで音楽が楽しめるBluetooth接続、家では高音質で音楽が楽しめる有線接続というように用途やシチュエーションに合わせて最適な接続方法が選べます。

192kHz/24bitのUSBオーディオ再生に対応している「高音質D/Aコンバーター」と、広帯域再生が可能な「高感度9mmドライバーユニット」を採用しており高音質サウンドが楽しめるのも魅力。専用ヘッドホンケーブルをスマホに接続すれば、音楽を聴きながらイヤホン本体の充電もできます。

フィーオ(FiiO) RC-BT with FH1 FIO-RCBTFH1-J

着脱可能なMMCX規格ケーブルを3種類付属するカナル型イヤホン。ハンズフリー通話とリモコン操作に対応したBluetoothレシーバー内蔵ケーブル、一般的な3.5mm径ステレオミニプラグ付きケーブル、そして、2.5mm径バランス端子付きケーブルを同梱。幅広い機器で便利さと高音質を兼ね備えているのが特徴です。

イヤホン自体はBA型とダイナミック型のドライバー1基ずつによるハイブリッド型。コスパのよさと汎用性の高さでハイレゾ対応イヤホンを選び方はぜひチェックしておきましょう。

アーカーゲー(AKG) Bluetooth/ハイレゾ対応カナル型イヤホン N5005

世界で初めてハイブリッド型イヤホンを開発した同メーカーの上級モデル。BA型ドライバー4基とダイナミック型1基の構成により10Hz~40kHzの広帯域を滑らかに再生します。

フィルターの付け替えにより4種類の音質を楽しめる「メカニカル・チューニング・フィルター」構造を採用。同メーカーが得意とするアコースティック音楽だけでなく、幅広い音楽に適合できます。

耳掛け装着方式により、ケーブルのタッチノイズも軽減。MMCX規格で着脱可能なケーブルを3種類付属し、Bluetooth、3.5mm径、2.5mm径バランスの接続に対応可能です。価格は10万円前後と高価格帯ですが、充実したサウンドクオリティを求めている方におすすめのアイテムです。

JVCケンウッド(KENWOOD) ワイヤレスイヤホン K2テクノロジー搭載 HA-FW02BT

木製振動板を採用した「WOODシリーズ」に独自の高音質化技術を搭載したハイレゾ対応のBluetoothイヤホンです。

SBCやAAC、aptXといったいずれのコーデックにおいても、音源を192kHz/24bitのハイレゾ相当に変換再生する「K2テクノロジー」を搭載。ハイレゾ音源を持っていなくともハイレゾ並みの高音質が楽しめるのが魅力です。

さらに、MMCX端子を採用しているので、有線接続にも対応。音声アシスタント機能に対応したマイク付きリモコンを搭載しているので、スマホでの通話もカバーします。木製振動板ならではの高音質を幅広い機器で楽しめるおすすめアイテムです。

RHA Bluetooth/3.5mm/2.5mmバランス接続 平面駆動ハイレゾイヤホン CL2 Planar

平面駆動型ドライバーを採用したハイレゾ対応のBluetoothイヤホン。平面の振動板を前後に振動させる「平面駆動型」は、ダイナミック型に比べてより正確で歪みの少ない再生が可能な発音方式です。ただ、小型化が困難なため、イヤホンに採用しているメーカーは世界でも少数。アンプのパワーを要求する点にも注意が必要です。

本機はMMCX規格でのケーブル着脱と、Bluetooth、3.5mm径、2.5mm径バランス接続対応ケーブルが付属。アンプ出力に余裕のあるプレーヤーやヘッドホンアンプと使用することで、一般的なイヤホン以上のナチュラルなサウンドを体感できます。高価でもあり、決して汎用性高いとは言えませんが、サウンドクオリティを追求したい方にとっては候補となるハイレゾ対応イヤホンです。

防水タイプのハイレゾ対応イヤホンおすすめモデル

PLAYMM Hi-Resスポーツイヤホン UiiSii hi-710

IPX4相当の防水性を備えた有線カナル型イヤホン。運動時の汗や小雨程度の水に対応できます。耳の内部構造に基づいたデザインを採用しており、長時間の使用でもストレスを感じにくく、自然かつ快適にフィットするのが特徴です。

また、遮音性と音漏れ防止に優れているのもポイント。屋外でのスポーツ時の使用にもおすすめです。価格帯としては大変安価なので、ハイレゾ対応・防水対応・リーズナブルを購入の条件としている方はぜひチェックしておきましょう。

TYESQII IPX4防水 ハイレゾ認証済イヤホン DT-800

IPX4相当の防水性を備えた有線カナル型イヤホン。人間工学に基づいた設計により、耳の形にしっかり合わせたフィット感と遮音性を体感できるのが特徴です。耳内部の構造に基づいたシリコン素材のイヤーピースが付属。3サイズ付属するので、ユーザーに合わせた装着性を追求できます。

再生周波数帯域は10〜40000Hzの広帯域をカバーしているのもポイント。お手頃価格なので、アクティブシーンに使えるハイレゾ対応のイヤホンを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) 防水/スポーツ向けBluetoothワイヤレスイヤホン MDR-XB80BS

水洗いできるIPX5相当の防水性能を備えたBluetoothイヤホン。屋内外のスポーツシーンや雨にも対応できます。耳にフィットする「フレキシブルイヤーフック」とケーブル長を調整するアジャスターを採用することにより、ズレにくく高い装着性が持続するのが特徴です。

対応コーデックはSBC・AAC・aptX・LDAC。LDAC送信対応機器と使用すればハイレゾ相当の高音質を楽しめます。防水性とハイレゾ対応を兼ね備えたイヤホンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

TYESQII IPX5防水 ハイレゾ認証済Bluetoothイヤホン BN90

IPX5相当の防水性能を備えたBluetoothイヤホン。運動時の汗、水しぶき、急な小雨などにもしっかり対応できるのが特徴です。

6mm径のダイナミック型ユニットを8基搭載。再生音域が広く、低音・高音ともに良質なサウンドを発するのもポイントです。

スマホ対応のマイク付きリモコンを搭載したケーブルは断線しにくく、使い勝手に配慮しているのもポイント。価格帯としてもお手頃なので、トータルバランスに優れたハイレゾ対応イヤホンを求めている方におすすめです。