CDを上回る高音質な音源として知られる「ハイレゾ」。音楽配信サービスが普及したことはもちろん、スマホによる視聴スタイルが確立したことにより、ハイレゾ対応イヤホンも続々と発売されています。

そこで今回は、ハイレゾ対応のイヤホンのおすすめモデルをご紹介。お手頃価格の製品からハイエンドクラスのアイテムまでピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ハイレゾとは?

By: amazon.co.jp

「ハイレゾ」とは、ハイレゾリューション(高解像度)の略。従来のCD規格である、PCM方式の量子化16bit/サンプリング周波数44.1kHzを超える品位のデジタル音源を指し、日本オーディオ協会(JAS)の定義では、PCM規格の24bit/96kHz以上のモノをハイレゾとしています。情報量が大きくなるため、自然でリアルな高音質で聴けるのが特徴です。

ハイレゾ対応イヤホンの特徴

By: amazon.co.jp

ハイレゾ対応イヤホンは、高音質かつ全体の音のバランスがよく聴こえるのが特徴です。

従来の圧縮音源では伝えきれなかった、レコーディング現場の空気感やライブの臨場感、アクション映画の効果音などを感じられます。情報量が多いため、今まで聞き取れていなかった細かい音まで再現することが可能です。

スマホで聴く方法は?

iPhoneで聴く方法

iPhoneでハイレゾ音源を聴くためには、ハイレゾ再生に対応している再生アプリを使用すれば可能です。ただし、音を聴くことはできても、iPhone本体だけではCDレベルに変換されてしまい、ハイレゾ音源本来の品位では再生できません。

iPhoneでハイレゾ音源本来の音質で聴きたい場合は、ハイレゾ対応のDACが搭載されているUSB、あるいはLightning接続対応のヘッドホンアンプを併用すれば可能。USB接続型の場合、iPhoneに対応するかもチェックが必要です。ハイレゾ対応のDACを内蔵したLightning接続イヤホンもあるのでチェックしておきましょう。

Androidスマホで聴く方法

Androidスマホの場合、内蔵DACとアプリ双方がハイレゾ音源に対応しており、単体で再生できるモデルがあります。ハイレゾ対応イヤホンを繋げるだけで簡単にハイレゾ音源が楽しめるため便利です。

非対応Androidスマホでハイレゾ音源を聴きたい場合は、iPhoneと同じように外付けのUSB接続型DAC内蔵ヘッドホンアンプで対応します。USB Type-Cポートを備えたスマホの場合、USB Type-C接続型DAC内蔵ハイレゾ対応イヤホンを使って聴くことも可能です。

ハイレゾ対応イヤホンの選び方

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾ対応イヤホンでもっともスタンダードなのは、3.5mm径ステレオミニプラグによる有線接続です。ほとんどのオーディオ機器と接続できる汎用性を備えます。

一方、スマホからイヤホンジャックが廃止される流れを受けて普及しているのが、Bluetooth接続によるワイヤレス接続。ただ、Bluetoothでハイレゾ相当の音質をカバーするのはやや難しいため、Bluetooth対応のハイレゾイヤホンのラインナップは多くありません。

なお、有線接続とBluetoothの両方にケーブル付け替えで対応したり、ハイレゾ相当伝送が可能なLDACコーデックに対応したりすることで準拠する高音質イヤホンもあります。

もうひとつは、バランス接続。左右の信号の混ざり合いを防ぐことで音の立体感とクリアさを高められる方式です。ただ、オンキヨーを中心とした2.5mm径とソニーを中心とした4.4mm径端子の2陣営に分かれているので、バランス接続を使う場合は所有する機器に合ったモデルを選びましょう。

ドライバーユニットの駆動方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドライバーユニットの駆動方式は大きく分けて、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型に分かれています。

ダイナミック型は低価格帯でも比較的ワイドレンジに対応でき、低音再生能力に優れているのがメリットです。一方、バランスド・アーマチュア(BA)型は、ダイナミック型で再現が難しい繊細なサウンドもカバーできるのが特徴。

上記2つを合わせたモノもあり、ハイブリッド型と呼びます。ワイドレンジと繊細さを両立できるのが特徴ですが、構造が複雑なため高価なモデルが多いのが難点。音質にこだわりたい方は、ハイブリッド型も視野に入れてみましょう。

ノイズキャンセリング機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

「ノイズキャンセリング機能」とは、イヤホンの内外に配置したマイクにより、騒音を打ち消す音波を発生させる機能。騒々しい場所でも音楽に集中できるので、細かな音の再現性が重要なハイレゾ音源の高音質をしっかり楽しむために重要な機能です。

なお、ノイズキャンセリングの効果は、バッテリーが切れると使えなくなってしまうことが多いので、その点には留意しておきましょう。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホに接続して使うなら、通話や音楽操作が可能なマイク付きリモコンの有無をチェックしておきましょう。MMCX規格でのケーブル着脱に対応するモデルなら、Bluetoothレシーバーやバランス接続ケーブルなどに付け替えて、機能や音質を高められます。

また、音質調節機能などの専用アプリと連携しているモデルの場合は、好みの音質に変えることも可能。より便利にイヤホンを使用したい方はその他機能も確認しておきましょう。

ハイレゾ対応イヤホンのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

世界的に知名度が高い「ソニー」。音響機器でも定評のあるブランドで、「ウォークマン」の発売により携帯音楽プレーヤーというジャンルを確立させるなど、常に先進的な技術をオーディオ分野に注ぎ込んでいるのが特徴です。

ハイレゾ音源に対応しているモデルや、Bluetoothで伝送する際の高音質コーデックに対応している機種などもラインナップしています。音質はもちろん、ノイズキャンセリング機能や防水性能なども良好です。

JVCケンウッド(KENWOOD)

By: amazon.co.jp

「JVCケンウッド」は、国内の老舗オーディオメーカー。別会社であった「JVC」と「ケンウッド」が合併して2008年に誕生し、現在もそれぞれのブランド名で製品を発売しています。

音質にこだわったメーカー独自の技術を採用しているほか、卓越したチューニングにも定評があるのが特徴。リーズナブルでコスパに優れた製品から重低音再生を得意とするモデルまで、幅広いラインナップを取り揃えているのもポイントです。

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

1945年に創業したドイツの音響機器メーカー。精密ながら滑らかなサウンドに定評があるのが特徴です。クラシックを中心としたアコースティックな音楽との相性がよいのも魅力。価格は比較的高めの製品が多いので、音質にこだわりたい方におすすめです。

以前は業務用向けで実用的な機種も多かったですが、最近ではデザイン性や趣味性の高い機種も取り揃えており、サウンドクオリティと実用性を兼ね備えたアイテムをリリースしています。

ハイレゾ対応イヤホンおすすめモデル

ソニー(SONY) ステレオイヤホン IER-M9

ソニー(SONY) ステレオイヤホン IER-M9

繊細なサウンドを再現するバランスド・アーマチュア型ドライバーを5基搭載した、ハイレゾ対応イヤホンです。原音に忠実な再生能力にくわえて、演奏の細かいニュアンスも表現。再生周波数帯域5~4万Hzの幅広い帯域を再生する高音質なおすすめモデルです。

新開発の「プリフォームドイヤーハンガー」により、スピーディーかつ安定した装着感を実現。通常のステレオミニプラグのほか、4.4mm径端子バランスプラグ採用のケーブルも付属しており、バランス接続機器を使用している場合にも便利です。

ソニー(SONY) USB Type-Cステレオヘッドセット STH50C

ソニー(SONY) USB Type-Cステレオヘッドセット STH50C

USB Type-Cブラグを採用したハイレゾ対応イヤホン。ステレオミニプラグに対応していないスマホや機器に使用したい方におすすめです。高感度9.7mmヘッドホンドライバーユニットの搭載で、表現力豊かな音楽再生が可能。ハウジング上に通気孔を設けた「ビートレスポンスコントロール」によって、メリハリのある低音域再生も実現しています。

2種類の硬度が異なるシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースで、耳へのフィット感も向上。リモコンで簡単に再生や音量調節できるほか、電話の着信を受けたりスマホの音声検索もできたりと、使い勝手にも優れたモデルです。

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-N3BP

ソニー(SONY) 密閉型インナーイヤーレシーバー XBA-N3BP

9mmダイナミックドライバーユニットとバランスド・アーマチュア型ドライバーを組み合わせた、ハイブリッドドライバーシステムを搭載したハイレゾ対応イヤホン。解像度の高い高音と低音域から中音域までバランスに優れた再生能力により、原音に忠実なサウンドを楽しめます。

2種類のシリコンゴムを組み合わせた「トリプルコンフォートイヤーピース」が付属。遮音性とフィット感に優れており、長時間の装着でも快適に使えます。水洗いできるので常に清潔な状態で使用できるのもおすすめポイントです。

JVCケンウッド CLASS-S WOODシリーズ カナル型イヤホン HA-FW03

JVCケンウッド CLASS-S WOODシリーズ カナル型イヤホン HA-FW03

イヤーピースを耳の中に入れるように装着する、カナル型のハイレゾ対応イヤホンです。ドライバーユニット背面にウッドスタビライザーを搭載し、にごりのないクリアなサウンドを実現。振動板には10mmウッドユニットを採用しており、ハイレゾの繊細なニュアンスを楽しみたい方におすすめのモデルです。

人間工学にもとづいて設計されたエルゴノミックフィットフォルムも特徴。音筒の角度や位置を耳孔に合せることで、重量バランスに優れたフィット感を実現しています。

JVCケンウッド(KENWOOD) WOODシリーズ 密閉型イヤホン HA-FW1500

JVCケンウッド(KENWOOD)  WOODシリーズ 密閉型イヤホン HA-FW1500

音響特性に優れたカバ材をウッドドームに採用した、ハイレゾ対応イヤホン。カーボンコーティングしたPET振動板を組み合せて強度を確保するとともに、美しい響きを実現しています。ユニット前面にはドットを配置した独自のアコースティックピュリファイアーを採用。透明感のある自然なサウンドを好む方におすすめです。

ケーブルが断線してしまった場合に交換しやすいMMCX端子の着脱式グルーヴケーブルを採用。好みのサウンドを求めてリケーブルしたい方にも適したモデルです。

ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE800S

ゼンハイザー(SENNHEISER) カナル型イヤホン IE800S

イヤーピースを耳の中に入れるカナル型のハイレゾ対応イヤホンです。独自開発のダイナミックドライバーによるサウンドは、繊細ながらもダイナミック感があふれているのが特徴。特許取得の「D2CAテクノロジー」により、低音のわずかなニュアンスも聴き取ることが可能です。

人間工学にもとづいた本体デザインにくわえ、イヤーパッドには低反発フォームを採用するなど快適な装着感を実現しています。3.5mmステレオミニプラグのほか、2.5mmと4.4mmのバランス接続対応のケーブルも付属。バランス接続対応のデバイスを使用している方にもおすすめです。

アーカーゲー(AKG) イヤホンカナル型 N5005BLKJP

アーカーゲー(AKG) イヤホンカナル型 N5005BLKJP

中高音域用にバランスド・アーマチュア型ドライバーユニットを4基、低音域用に9.2mm径ダイナミックドライバー1基を搭載したハイブリッド型のハイレゾ対応イヤホン。それぞれの特性を生かした周波数帯域10~4万Hzのワイドレンジ再生を実現しています。

3.5mmリモコン付ケーブル・2.5mmツイストバランスケーブル・Bluetoothケーブルの3つのケーブルが付属。使用する機器や使用シーンによって使いわけできるため便利です。さらに、MMCX着脱式ケーブルの採用でケーブルを交換可能。断線が心配な方や好みのケーブルに交換したい方におすすめです。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ハイレゾ対応カナル型イヤホン ZIRCO BASSO M-DX210-ZB

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) ハイレゾ対応カナル型イヤホン ZIRCO BASSO M-DX210-ZB

人工ダイヤモンドといわれる硬い素材「ジルコニア」をハウジングに採用した、ハイレゾ対応イヤホンです。削り出しアルミニウムにルビーレッドのアルマイト処理を施したコントラストと相まって、高級感のあるデザインを実現。高音質とともにデザイン性にもこだわりたい方におすすめです。

ジルコニアハウジングに最適なチューニングを施しており、不要な共鳴を抑えた繊細でクリアなハイレゾサウンドを再生。MMCXコネクタを使用した「M-DOCKケーブル」により、断線やリケーブルにも対応しています。

アールエイチエー(RHA) CL750 イヤホン 271440

アールエイチエー(RHA) CL750 イヤホン 271440

ハウジングにステンレス鋼を採用したハイレゾ対応イヤホンです。一般的なプラスチックタイプの8倍もの高密度設計により内部の共振を抑制。歪みの少ないサウンドと壊れにくい高耐久性を実現しています。

超広帯域CLダイナミックトランスデューサーにより、周波数帯域16~4万5000Hzのリアルなサウンドを再生。デザインとサイズの異なる12ペアのイヤーチップが付属しており、フィット感を確認しながら好みのイヤーチップを選択したい方におすすめです。

アールエイチエー(RHA) CL2 Planar

アールエイチエー(RHA) CL2 Planar

有線接続とワイヤレス接続の両方に対応したモデル。有線であればハイレゾ、ワイヤレスであればハイレゾ相当の音質で楽しめるのが魅力です。aptX・AACなどのコーデックに対応しており、Bluetooth接続によるワイヤレス再生でも、遅延のない高音質なサウンドを実現。さまざまな機器や使用シーンに対応できるモデルを探している方におすすめです。

MMCX端子を備えており、断線のトラブルや好みのケーブルに交換したいときに便利。着信時バイブレーション機能やNFCペアリング機能を搭載しているなど、使い勝手にも優れています。

アールエイチエー(RHA) T20 Wireless

アールエイチエー(RHA) T20 Wireless

独自開発のステンレススチール製ハウジングを採用したモデルです。インナーイヤー型で人間工学にもとづいて設計されており、耳にフィットする快適な装着感を実現しています。

3.5mm端子ケーブルでの有線接続に対応しているほか、aptXコーデックによる無線接続も可能。低音や高音をブーストするチューニングフィルターも搭載しているなど、さまざまな環境で高音質サウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

デノン(DENON) カナル型イヤホン AH-C820

デノン(DENON) カナル型イヤホン AH-C820

低音再生にこだわって開発されたハイレゾ対応イヤホン。デュアルエアーコンプレッションドライバーの搭載により、圧倒的な量感と超低音域をクリアに再生します。2つのドライバーにはそれぞれ専用ケーブルをダイレクトに接続しているのも特徴。純度の高い高音質サウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

ハウジングにはアルミダイキャストとABS樹脂のハイブリッド構造を採用。不要な振動を抑えた透明感のあるハイレゾサウンドを楽しめます。耳にジャストフィットするエルゴノミックデザインで長時間のリスニングでも快適な付け心地をキープ。遮音性に優れたイヤーピースで通学や通勤時に音もれを気にせずに音楽再生を楽しめます。

パイオニア(Pioneer) SE-CH3T イヤホン カナル型

パイオニア(Pioneer)  SE-CH3T イヤホン カナル型

コードを耳の上に掛けるオーバーイヤーフィットスタイルのハイレゾ対応イヤホン。安定した付け心地を実現するほか、コードのタッチノイズを軽減します。アルミニウム製のハウジングとベースで質量わずか3.1gと、長時間の使用でも快適に装着できるモデルを求めている方におすすめです。

ダイヤモンドより硬い特性をもつ「グラフェン」の振動板にコーティングを施しており、周波数帯域8~4万Hzまで幅広く再生するハイレゾサウンドを楽しめます。

パイオニア(Pioneer) SE-CH9T イヤホン カナル型

パイオニア(Pioneer) SE-CH9T イヤホン カナル型

ハイレゾ音源用に開発された9.7mmドライバーを搭載したカナル型イヤホンです。コンピューター解析を繰り返すことで歪みの少ない低音再生を実現。くわえて、振動板の高さや形状の調節で振動を抑えた伸びのある高音域を再生するなど、高音質なハイレゾサウンドを求めている方におすすめです。

マイク搭載のコントロールBOXを備えており、スマホでの通話も可能。タッチノイズを軽減するオーバーイヤーフィットスタイルにより、装着時の安定性も高められています。

ラディウス(radius) iPhone用イヤホン ダイナミックカナル型 HP-NHL21R

ラディウス(radius) iPhone用イヤホン ダイナミックカナル型 HP-NHL21R

Lightning接続に対応した、カナル型のハイレゾ対応イヤホンです。磁束密度を高める構造のドライバーユニットを搭載しており、平均感度が約4dB向上。高音域から低音域まで細部にわたってクリアなサウンドを再生します。

ハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」を無料でダウンロードできるのもポイント。アプリでサウンドの調節や設定がおこなえるなど、iPhoneでハイレゾ音源を楽しみたい方におすすめのモデルです。

UiiSii I8 カナル型イヤホン

UiiSii I8 カナル型イヤホン

高感度マイクを搭載しており、通話もできるハイレゾ対応イヤホンです。一般的な3.5mmイヤホンより音質劣化を抑えるLightning接続に対応した、iPhoneユーザー向けのモデル。iPadやiPodと接続して音楽を楽しみたいときにも活躍します。

高音・低音用として2基のドライバーを搭載したデュアルドライバー構造により、4万Hzの音域まで再生可能。さらに、ノイズキャンセリング機能も搭載しており、周囲の雑音を気にせずリスニングを楽しめるのもおすすめポイントです。

ファイナル(final) カナル型イヤホン E3000 FI-E3DSS

ファイナル(final) カナル型イヤホン E3000 FI-E3DSS

さまざまな耳の形にフィットする「イヤーピーススウィングフィット機構」を採用した、ハイレゾ対応イヤホンです。左右に振れる独自構造により、耳道の傾斜にジャストフィット。音がダイレクトに鼓膜まで伝わるため、クリアなサウンドを楽しめます。

イヤーピースの素材には傘部分と軸部分に異なる硬度のシリコンを採用。付け心地と高い遮音性を実現しているおすすめモデルです。ステンレス製ハウジングを採用して不要な振動を抑制。6.4mmダイナミック型ドライバーユニットの搭載により、高音質なハイレゾサウンドを再生します。

1MORE デュアルドライバー イヤホン E1008

1MORE デュアルドライバー イヤホン E1008

アルミニウム合金にゴールドをあしらった高級感のあるハイレゾ対応イヤホン。精密なアルミニウム合金は優れた耐久性と耐摩擦性能を持ち合わせており、おしゃれで高品質なモデルを探している方におすすめです。

人間工学にもとづいたデザインとやわらかいPET素材の採用により、快適な付け心地も実現。長時間の使用でも耳に圧迫感を与えない装着感を維持します。リモコン部にマイクを内蔵しており、iPhoneやAndroidなど機種を問わずハンズフリー通話が可能です。

DUNU-TOPSOUND TITAN6

DUNU-TOPSOUND TITAN6

12.6mmもの大口径ダイナミックドライバーを搭載したハイレゾ対応イヤホン。専用ボイスコイルやベリリウム製ダイヤフラム振動板の採用と相まって、周波数帯域5~4万Hzのフルレンジでのハイレゾ再生を可能にしています。

ハウジングには軽量で高強度なアルミマグネシウム合金を採用しており、軽快な付け心地と耐久性を両立。最適なチューニングが施されたMMCXコネクタ搭載脱着式ケーブルを採用しているなど、リーズナブルながら機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

番外編|ハイレゾ相当ワイヤレスイヤホンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

ソニー(SONY) ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-1000XM2

最高レベルのノイズキャンセリング機能を搭載し、ハイレゾ相当のコーデックに対応したワイヤレスイヤホンです。高音質ノイズキャンセリングプロセッサー「QN1」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」により、幅広い帯域のノイズを低減。ワイヤレスでも高音質なサウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

外の音を取り込む「アンビエンスサウンドモード」によって、電車内や空港でアナウンスに注意したいときに便利。GoogleアシスタントやAmazon Alexaでニュースや天気予報を音声でチェックできるのもおすすめポイントです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ATH-ANC400BT

ワイヤレスのほか3.5mmステレオミニジャックでの有線接続にも対応した、ハイレゾ相当の音質で楽しめるイヤホン。USB Type-Cケーブルでの接続にも対応しており、遅延の少ない音楽再生を楽しみたいときに便利です。2台のBluetooth機器と同時接続できるマルチポイントにより、複数の機器を使いわけたい場合にも適しています。

1回約3時間の充電で最大20時間再生できるため、充電切れを気にせずに使用可能。最高クラスのデジタルノイズキャンセリング機能を搭載しており、電車内や騒がしい場所でリスニングに集中したい方にもおすすめのモデルです。

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) XELENTO WIRELESS JP

ベイヤーダイナミック(beyerdynamic) XELENTO WIRELESS JP

ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質を実現する「aptX HDコーデック」に対応したイヤホン。一般的なデバイスも再生できるaptX・AAC・SBCのコーデックにも対応しています。ケーブル脱着式で3.5mm4極ケーブルを使用しての有線接続も可能です。

独自開発のテクノロジーにより、ドライバーユニットの小型化に成功。コンパクトなモデルながら通常サイズのイヤホンと同レベルの高音質再生を実現しています。人間工学にもとづいたデザインによる優れた装着感もポイント。大小10種類ものイヤーチップが付属しているなど、付け心地にこだわりたい方にもおすすめです。

1MORE ワイヤレスイヤホン E1001BT

1MORE ワイヤレスイヤホン E1001BT

ハイレゾ相当の音質を実現した、カナル型ワイヤレスイヤホン。通常のBluetoothの3倍もの伝送速度を実現するLDACコーデックに対応しており、ワイヤレスでも高音質を楽しみたい方におすすめのモデルです。iOS向けのAACコーデックにも対応しており、iOSデバイスを使用している方にも適しています。

1時間の充電で7時間使用できるため、毎日の通勤や通学での往復程度なら充電切れしにくく安心。10分間の充電で3時間使用できる急速充電機能もおすすめポイントです。