DAP(デジタルオーディオプレーヤー)のなかでも、ラインナップが増えている「ハイレゾ対応プレーヤー」。その名の通り、CDを超える高音質のハイレゾ音源を再生できるのが特徴で、臨場感のあるサウンドをシーンを問わず楽しむことができます。

とはいえ、ひと口にハイレゾ対応プレーヤーと言っても、その機能や音質はそれぞれ異なり、価格もさまざま。最近は聞きなれない海外メーカーも参入しており、初心者には選ぶのが難しい面もあります。そこで今回はハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ハイレゾプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

ハイレゾプレーヤーとはDAPのなかでも、CDを超えるスペックを備えるハイレゾ音源を再生可能な機種のことです。

従来の一般的なMP3プレーヤーではハイレゾ音源は再生できないので、他のDAPと区別されます。なお、ハイレゾプレーヤーはMP3やCD相当の音源の再生も可能なので、より汎用性が高いのも注目すべき点です。

ジャンルとして確立した当初は数万円以上する製品が中心でしたが、最近では1万円以下の製品もリリースされており、幅広いラインナップのなかから選ぶことができます。

そもそも、ハイレゾって何?

By: amazon.co.jp

ハイレゾの正式名称は「ハイレゾリューション(High Resolution)」で「高解像度」という意味。従来のCD規格(PCM 16bit/44.1kHz)を上回る品質の音源のことで、CDよりも情報量が多く、自然なサウンドが楽しめるのが利点です。

具体的には空間表現、定位感(楽器やボーカルがどの位置にあるのかなど)や音の細かさ、質感のリアルさに違いが感じられます。

ハイレゾ音源は大別するとCD規格を延長した「PCM系」(FLAC、WAV、ALACなど)と、SACDにも使われている「DSD系」の2種類。なお、最近は音楽配信サービスが普及しており、より手軽にハイレゾ音源を楽しむことができます。

ハイレゾプレーヤーの選び方

再生可能なハイレゾ音源で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なハイレゾプレーヤーはFLAC、WAVを筆頭に、ALAC/AIFF/MP3/AACに対応しています。対応スペックは24bit/192kHz以上が一般的です。

さらに、DSDへの対応もポイントです。DSD対応機は数千円程度の低価格帯にはまだ少なく、DSD再生にこだわる方は要注意。5.6MHzまでに対応していれば一般的には十分です。

対応容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源はMP3やCDに比べてデータ量が大変多いのが特徴。CD1枚当たり700MBと同じ時間でも、FLAC 24bit/192kHz、DSD 2.8MHzで2GB以上も使います。

現在のハイレゾプレーヤーの多くはmicroSDカード増設による外部ストレージに対応。なお、製品によっては外部ストレージに頼り、本体内蔵メモリが用意されていない機種もあります。

注目はmicroSDカードスロットの数と容量。カードを2枚挿せる、あるいは256GBのような大容量まで対応できるハイレゾプレーヤーであれば、思う存分高音質を楽しめます。

DACやヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾプレーヤーはイヤホンやヘッドホンで聴くのに特化しています。そのため、音質を左右するDACやヘッドホンアンプ部のレベルが重要です。

DACはデジタル信号を音楽信号に変換する部分で、DACチップとアナログ回路によって成り立っています。DACチップのメーカーと銘柄、それに伴う性能、アナログ回路部の部品などが比較ポイントです。

ヘッドホンアンプ部はイヤホン重視かヘッドホン重視かで注目すべきポイントが変わるもの。高級開放型ヘッドホンはインピーダンスが高く、逆に高級イヤホンは低い傾向があります。

よって、150Ωを超えるインピーダンスに対応しないプレーヤーはヘッドホンに不向き。一方、ボリューム調整段階が少ないモノはイヤホンに向かないといった傾向があります。

バランス接続対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホン端子が「バランス接続」に対応するかもポイント。 イヤホンやヘッドホンのバランス接続は、通常の「アンバランス方式」に比べて、左右の音が混ざり合う現象を低下させることにより高音質を図れます。

楽しむには対応するイヤホンないし、ヘッドホンも必要。なお、現在は端子規格が統一されておらず、2.5mm径と4.4mm径の2種類があります。やや面倒な部分もありますが、音質的メリットは大きく、対応機器も増えているので、音質にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

使い勝手と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

自由に音質を調整できる機能があれば、好みのサウンドを楽しめます。また、本体ディスプレイの大きさや解像度はアルバムアートも楽しみながら聴きたい方には重要です。

操作がタッチパネル対応か物理ボタンメインなのかもポイント。音質重視プレーヤーの中には操作感や反応速度が今ひとつのモノもある点にも留意してください。

その他にも、ワイヤレスリスニングを可能にするBluetooth送信対応、PCやスマホとの接続でUSB-DACとしても使える機能、逆に外部USB-DACにデジタル信号を送る機能などを備えた製品もラインナップされています。購入する際はハイレゾプレーヤーの使い勝手とユーザーの求める用途がマッチしているかどうかもしっかり確認しておきましょう。

サイズ・重量・再生時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

ポータブルプレーヤーと言えば、より小さくて軽く、ロングバッテリー仕様のアイテムほど高性能というイメージが、ハイレゾプレーヤーに関しては必ずしもそうは言い切れません。音質を重視すれば、総じて本体は大きく重く、電池寿命は短くなる傾向にあります。

とは言え、本体サイズが小さく、バッテリーのスタミナも充実していれば、よりストレスなくハイレゾ音源を楽しむことができます。音質を優先するか、ポータビリティーに配慮するか、はたまた両者のバランスを取るかは人それぞれ。メーカーもさまざまなタイプの製品をリリースしているので、スペックは細かくチェックしておきましょう。

高音質なハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55

ソニーのハイレゾ対応ウォークマンの中核シリーズ「NW-A50」に属するモデル。従来機「NW-A40」までに蓄積されたノウハウと多機能性を基にさらに改良。新たにアルミ削り出し筐体を採用し、高密度・低抵抗値・高剛性を追求。クリアで力強い低音域を再生することができます。

Bluetoothレシーバー機能も搭載。スマホからの音楽を本機で聴けるようになりました。高音質と省電力を両立するフルデジタルアンプ「S-Master HX」は引き継がれ、圧縮音源もハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」機能は新たにAI学習機能を追加。大幅な音質向上を果たしています。

大きさ55.7×97.3×10.8mm、重量99gのコンパクトボディ、内蔵バッテリーで最大45時間再生のスタミナもウォークマンならではのおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 4.4mmバランス接続/ハイレゾ対応 NW-ZX300

バランス接続対応ウォークマンとしてはリーズナブルなおすすめモデル。最上位「NW-WM1」シリーズ用に開発された技術を惜しげもなく投入したハイコスパ機です。

フルデジタルアンプ「S-Master HX(CXD-3778GF)」を採用しているのもポイント。DSD信号をそのまま再生できる「ネイティブ再生」(バランス出力時のみ)と高アンプ出力により、ナチュラルで力強いサウンドを楽しめます。

「Bluetoothレシーバー機能」により、スマホ内の音楽もバランス接続の高音質で聴けるのも便利です。800×480ドット解像度の3.1型タッチパネル液晶で視認性と操作性も良好。バランス接続対応プレーヤーとしては30時間の再生に対応しているのもおすすめポイントです。

フィーオ(FiiO) Bluetooth/Wi-Fi/バランス出力対応 ハイレゾ対応プレーヤー M9

中国の「フィーオ(FiiO)」は急速に世界的な人気を集めているメーカー。ハイコスパで高音質・高機能なハイレゾ対応プレーヤーをリリースしています。

本モデルはハイスペックで多機能なのが魅力。AndroidベースのOS採用によりアプリの追加に対応することでWi-Fi/AirPlay、さらに各音楽ストリーミングサービス、Bluetooth送受信に対応しています。

DACに「旭化成エレクトロニクス」の高性能チップ「AK4490EN」を2基、左右独立構成で搭載し、最大32bit/768kHzのPCM系、5.6MHz DSD再生に対応。バランス接続にも2.5mm径端子で対応します。

アンプ部に高品位パーツを採用することで16〜300Ωの広範囲なインピーダンスに対応。開放型ヘッドホンと相性がよいのも注目すべき点です。

オンキヨー(Onkyo) ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー rubato DP-S1A(B)

国内老舗オーディオブランド「ONKYO」のハイレゾ対応プレーヤー。長年培った技術と音質チューニング技術を注入したコンパクトモデルです。

ハイレゾ音源はDSDは5.6MHzまでのネイティブ再生、FLAC/WAVで32bit/192kHzまでの再生に対応。オーディオ用パーツや内部部品を周到に選定・設計することで、ノイズ排除や電源クリーン化を実現。小型機ながらニュアンス感に富んだ深みのあるサウンドを楽しめます。

オーディオに精通しているメーカー「ESSテクノロジー」の高性能DACチップ「ES9018C2M」とアンプを2基ずつ搭載し、左右の音の分離度に優れたフルバランス回路設計を採用。2.5mm端子接続での立体的なサウンドも魅力です。

フィーオ(FiiO) X7 MarkⅡ FIO-X7MK2

交換式のヘッドホンアンプ部が特徴のハイレゾプレーヤー。別売モジュールに交換することで別の機能を追加や、出力の強化、バランス端子の変更などの拡張性を備えます。microSDカードスロットを2基搭載するので、容量の拡大が容易なのもポイントです。

標準モジュールは2.5mm径バランスイヤホン端子に対応。音質の要となるオペアンプ部に、専用設計で特注仕様の「OPA926」を採用することにより、情報量の多いワイドレンジなサウンドを聴かせます。

DACにはESSの高性能チップ「ES9028 PRO」を採用。PCM系は32bit/384kHzまで、DSDで11.2MHzまで対応します。USB-DAC機能はじめ、アナログ/光/同軸デジタルの豊富な出力も搭載。Android端末として使えるのもおすすめポイントです。

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A

ソニーのウォークマン最上級「NW-WM1」シリーズのひとつ。上位モデル「NW-WM1Z」とは機能、スペック面ではほとんど変わらず、筐体素材と内部線材が異なる程度なのでお得です。

フルデジタルアンプ「CXD3778GF」を搭載し、DSDで11.2MHzまでのネイティブ再生(バランス接続時)や、PCM系では最大32bit/384kHzの再生に対応するハイスペック。高出力な4.4mm径バランスイヤホン端子の装備により、高級イヤホンやヘッドホンと組み合わせると、さらなる高音質を体感できます。

レコードのような温かみのある滑らかな音が楽しめる「バイナルプロセッサー」機能も魅力。本機を据え置き機としても使える「USB-DAC」機能も便利です。ハイエンドクラスのデジタルオーディオプレーヤーを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

アイリバー Astell&Kern A&norma SR15 AK-SR15-DG

韓国の「アイリバー」は、他社に先駆けて10万円を超える高級プレーヤーを発売したメーカー。本モデルは30万円以上もする最上位モデル「A&ultima SP1000」の技術を投入しているのが特徴です。DACの左右独立使用をはじめ、低ノイズ化、ダイナミックレンジの拡大と低歪み化によって、クリアで立体的なサウンドを聴かせます。

3.3型のタッチパネル画面が傾いた独特なデザインも個性的でおしゃれ。64GBの内蔵メモリに加え、最大400GBまでのmicroSDカード増設に対応し、多くの曲を楽しめます。洗練された操作系と素早いレスポンスもおすすめポイントです。

アイリバー Astell&Kern A&ultima SP1000M AK-SP1000M-LB

ブランド最上位「A&ultima SP1000」をベースに小型、軽量化を図ったハイパフォーマンスモデル。「旭化成エレクトロニクス」の高性能DACチップ「AK4497EQ」の2基搭載を軸にしたバランス回路構成で、超高性能クロックやオクタコアCPUといった主要パーツを継承しています。

一方、筐体素材をステンレス/純銅からアルミニウムへ変更することで386gから203gと約半分にまで軽量化。720×1280と高解像度な4.1型タッチパネルを採用しているのも魅力です。

内蔵メモリ容量と光デジタル出力の省略、細かいスペックなどは上位機とは異なりますが、再生可能ファイルや機能性などハイレゾプレーヤーとしての基本は同様。軽快に持ち運べる高性能モデルとしておすすめです。

ハイビー(HiBy) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー HiBy R6

「ハイビー(HiBy) 」は中国の新興メーカーながら、ポータブルプレーヤーとスマホとの連携性に優れたアプリの開発により、急速に人気を高めています。本機もスマホからプレーヤーを操作できる「HiByLink」に対応。他社もこのアプリに対応するほどの完成度で、便利に使えます。

音楽アプリ「HiByMusicPlayer」にも対応。DropboxやDLNAなどクラウド/ネットワーク上からのPCM/DSDファイルのネイティブ再生に対応します。他社でここまでの機能を実装しているアプリはないので、気になる方は事前にチェックしておきましょう。

Android搭載プレーヤーで起こりがちな、余分な回路の通過による音質劣化も「ビットパーフェクト再生」によって回避。2.5mm径バランス端子に対応している高音質モデルです。

コウォン(COWON) ハイレゾプレーヤー PLENUE V PV-64G-RD

長時間再生、多彩な音質調整機能が特徴のプレーヤーです。内蔵バッテリーは最大41時間再生とスタミナは十分。音域バランスだけでなく、信号補完、残響の追加、音の鮮明さなど豊富な項目で好みのサウンドを作れるのも魅力です。

直線と平面で構成されたユニークな「ステルスデザイン」もおしゃれ。64GBのメモリを内蔵し、最大128GBまでのmicroSDカード増設が可能です。

DSDネイティブ再生に対応するプレーヤーとしては安いのもポイント。なお、上位モデルの「PLENUE R」は音質調整済みの音をBluetooth送信できるのが特徴。気になる方はそちらもチェックしておきましょう。

カイン(Cayin) Nutube真空管搭載ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー N8

ヘッドホンアンプ部に真空管を採用したハイレゾ対応プレーヤー。真空管は現在主流のトランジスタに比べて滑らかで温かみのあるサウンドが魅力です。一方、扱いが難しく、回路の小型化も困難で振動にも弱いため、ポータブル機での使用は異例。スピーカー用の真空管アンプに実績のあるメーカーだからこそ、製品化できたと言っても過言ではありません。

真空管は電子楽器を製造している国内メーカーの「コルグ(KORG)」が開発した「Ntube」を搭載。DACには「旭化成エレクトロニクス」の「AK4497EQ」を2基搭載し、オペアンプも「MUSES02」を2基使用と、真空管以外も高品位です。ステレオミニに加え、4.4mm径バランス接続にも対応します。

内蔵128GBに加え、最大512GBまでmicroSDカードで増設可能。Bluetooth入力にも対応するので、スマホ内の音源も真空管サウンドで楽しめます。高音質モデルとして予算がある方におすすめです。

ソニー(SONY) デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1

持ち運び可能なハイレゾプレーヤーではハイエンドクラスのモデルです。電源の質が音質に直結するという高級オーディオの手法を導入。5つのバッテリーセルを使用し、各部に安定した電源を供給する独立電源システムを採用しています。据え置き機よりも音質阻害要素の少ないバッテリー駆動を極めることで、これまでにないほど透明感の高いサウンドが魅力です。

高音質アナログロータリーボリュームをコスト度外視で搭載。ヘッドホン使用に用途を絞り、各種音声出力は搭載しない思い切った構成を採っています。

ヘッドホンアンプ部自体も他のウォークマンと異なり、あえてアナログ回路で構築。省エネや省スペースを捨てて、すべてを高音質のために注力しています。重量約2.5kgはやや気になる部分ではありますが、持ち運べるプレーヤーとして最高峰のサウンドを体感できる逸品です。

コスパの高いハイレゾ対応プレーヤーおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45

ハイレゾウォークマンのエントリークラス。現行の「NW-A50」のひと世代前のモデルとなりますが、基本的なスペックや機能はそれほど違わないわりに、安価なのがポイントです。

再生可能な音源ファイルのスペックはPCM系で最大32bit/192kHz、DSDは11.2MHzまで(PCM変換)と十分なレベル。ウォークマンの高音質技術の柱となるデジタルアンプ「S-Master HX」と非ハイレゾ音源のハイレゾ変換技術「DSEE HX」も備えます。

サイズ55.9×97.5×10.9mm、重量98g。内蔵バッテリーで最大45時間再生のスタミナも同様です。なお、「Bluetoothレシーバー機能」はありませんので、プレーヤー本体で聴く方におすすめです。

AGPtEK デジタルオーディオプレーヤー ROCKER

DSD再生とBluetooth送信機能に両方対応するハイレゾ対応プレーヤー。1万円以下で購入できるリーズナブルな価格が魅力です。

DSD 2.8MHzまで、PCM系は32bit/192kHzまでカバー。DACにシーラスロジック社の高性能チップ「CS42L51」を採用し、価格を感じさせない高音質を聴かせます。本体メモリは非搭載で、256GBまでのmicroSDカードで対応。なお、DSD再生時にはBluetooth送信に対応しないので、その点は注意しておきましょう。

dodocool ハイレゾプレーヤー FSDFRR

多機能で使いやすいコスパ高なハイレゾ対応プレーヤー。DSD 11.2MHzまで、PCM系で24bit/192kHzまで対応は、アンダー1万円の価格を考慮するとお得です。最大30時間再生のスタミナも魅力。FMラジオ、音声録音、ライン出力を装備しているので、ポータブルプレーヤー以外の用途も充実しています。

内蔵メモリは8GBで、最大256GBまでのmicroSDカード増設に対応。スクロールホイールによる操作も簡単で便利です。

フィーオ(FiiO) ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー M6

「フィーオ(FiiO)」 のハイコスパモデルとして知られる「 M6」。上位モデル「M9」譲りの多機能を備えているのが魅力です。機能面での違いはバランス接続が非対応であること。2.4GHz帯のWi-Fiを搭載し、AirPlayとDLNA対応のほか、各種音楽ストリーミングサービスの受信・再生が可能です。

AndroidベースのOSにより、多数のアプリに対応するのも便利な点。専用アプリ使用でスマホからの操作にも対応します。

Bluetooth送受信も対応コーデックが豊富。特に高音質なLDACコーデック送受信に対応するのは特筆ものです。USB-DAC機能にUSB/同軸デジタル出力機能も備え、据え置き利用や他機器との連携にも向いています。外部機器からの音源再生を重視する方におすすめです。

シャンリン(SHANLING) ハイレゾ音源対応ポータブルミュージックプレーヤー M0

タッチスクリーンを搭載したコンパクトなポータブルプレーヤー。サイズは40×45×13.5mm、重量は約38gで、1.54型画面による視認性のよさと快適な操作性を備えます。

Bluetoothの送受信機能も装備。LDACコーデック送受信できるのもおすすめポイントです。メモリは外付けで最大512GBまでのmicroSDカード対応。ハイレゾ音源はDSD 5.6MHzにも対応します。

精密加工されたアルミ削り出しボディと曲面加工された強度7Hのガラスディスプレイも高品位。USB Type-C接続でUSB-DAC/USBオーディオ出力機としても使えます。スマホから据え置き機まで幅広い機器と連携できるおすすめモデルです。

AGPtEK Bluetooth搭載デジタルオーディオプレーヤー H3

バランスに優れたハイレゾ対応プレーヤー。高性能DACチップ「PCM5102」を採用し、PCM系で最大32bit/192kHz、DSD 5.6MHzまでの再生に対応します。安価なプレーヤーでは対応しないこともある「ギャップレス再生」に対応。気になる曲間での音切れにも配慮しています。

最大256GBまでのmicroSDカード増設に対応しているのもポイント。USB-OTG機能により、ポータブルHDDやUSBメモリ内の音源も再生できるのも特徴で、多数の曲を聴きたいユーザーにぴったりです。

バッテリー再生時間は約20時間とまずまず。Bluetooth送信機能も備えています。細かな音質調整に加え、高音質化が可能なアップサンプリング機能を価格1万円前後で搭載しているのも良心的です。

ディスプレイの視認性と操作感に優れるのもポイント。コスパ重視でデジタルオーディオプレイヤーを選びたい方におすすめです。

Zishan DSD音源対応音楽プレーヤー Z3

サイズが60×50×20mm、重量84gと超コンパクトな格安ハイレゾ対応プレーヤー。DACに「旭化成エレクトロニクス」の「AK4490」を採用し、32bit/192kHzまでのPCM(WAV・FLAC・ALAC)に加え、11.2MHzまでのDSD(DSF・DFF・DSD-ISO)のネイティブ再生に対応しています。

内蔵メモリはなく、microSDカードは必須。価格のわりに素直なサウンドを鳴らすのも魅力です。内部オペアンプの交換による音の違いが楽しめるのもポイント。なお、日本語説明書が付属せず、標準状態では中国語表示(英語に変更可能)など、懸念点はあるので、購入を検討する際は留意しておきましょう。

XDuoo 8GBデジタルオーディオプレーヤー Nano D3

PCM系が24bit/192kHz、DSDは11.2MHzまで対応するハイレゾ対応プレーヤー。2.0型IPSフルスクリーン液晶による見やすい画面とCNCアルミ合金製による美しいボディが魅力なので、安価でありながらも質感にこだわりたい方におすすめです。

一般的なプレーヤーと異なり、CPUとDACを一体化したSoCを採用。省電力化に配慮しており、900mAh内蔵バッテリーで最大20時間の再生が可能です。内蔵メモリは8GBで、最大256GBまでのmicroSDカード増設に対応します。

Zishan AK4497EQ搭載ミュージックプレーヤー Zishan DSD

搭載DACチップが豪華なハイコスパプレーヤーです。DACに「旭化成エレクトロニクス」の「AK4497EQ」を搭載。同パーツは大手メーカーのポータブル機では10万円から数十万クラスの高級モデルで搭載されているハイスペックなICなので、それだけでも十分注目すべき点です。

さらに、2.5mm径バランス端子も搭載。いずれもこの価格では破格の内容です。解像度・透明感・立体感に優れた高音質を楽しめます。

素っ気ないほどシンプルな外観ですが80×58×24mmの手の平サイズなので持ち運びにも便利。内蔵メモリは16GBで最大256GBのmicroSDカード増設に対応します。なお、取り扱い説明書が付属しないので、その点は注意しておきましょう。

ハイファイウォーカー(HIFI WALKER) デジタルオーディオプレーヤー HX

サイズ52×46×23mm、重量60gとコンパクトなハイレゾ対応プレーヤー。屋外やスポーツ時の使用を意識していて、ポケットなどに引っ掛けられるクリップを装備しています。

DSD 5.6MHz、WAV 64bit/384kHzまで対応ほどハイスペック。亜鉛合金のボディとブラッシュ加工されたアルミニウムのフロントパネルも価格以上の質感に仕上がっています。

内蔵メモリは搭載しませんが、16GBのmicroSDカードが付属しているのも魅力。Bluetooth送信機能があるのもポイントです。デジタルオーディプレイヤーをアクティブなシーンで活用したい方はぜひチェックしておきましょう。

アール・ダブリュー・シー(RWC) ハイレゾ対応オーディオプレーヤー X6

高性能イヤホンが付属したハイコスパモデル。ハイレゾ対応のイヤホンが付属しているのが特徴です。PCM系は24bit/192kHzまで、DSD 5.6MHzまでの再生に対応とまずまず。PCと接続してUSB-DACとして使えるのも便利です。

内蔵メモリは非搭載で8GBの付属microSDカードで対応。最大256GBまでの増設に対応します。Bluetooth送信には対応せず、バッテリー再生時間は18時間。購入金額の条件が1万円以下であれば候補となる1台です。