DAP(デジタルオーディオプレーヤー)のなかでも、ラインナップが増えている「ハイレゾ対応プレーヤー」。CDを超える高音質のハイレゾ音源を再生できるのが特徴で、臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

とはいえ、ひと口にハイレゾ対応プレーヤーといっても、その機能や音質はモデルによってさまざま。そこで今回は、ハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ハイレゾプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

ハイレゾプレーヤーとは、ハイレゾ音源を再生できる機器のことです。従来の一般的なMP3プレーヤーではハイレゾ音源は再生できないので、ほかのDAPと区別されます。なお、ハイレゾプレーヤーはMP3やCD相当の音源も再生可能なので、より汎用性が高いのも魅力のひとつです。

ジャンルとして確立した当初は数万円以上する製品が中心でしたが、最近では1万円以下の製品も発売されており、幅広いラインナップのなかから選ぶことができます。

そもそも、ハイレゾって何?

By: amazon.co.jp

ハイレゾの正式名称は「ハイレゾリューション(High Resolution)」で「高解像度」という意味です。従来のCD規格(PCM 16bit/44.1kHz)を上回る品質の音源のことで、CDよりも情報量が多く、自然なサウンドを楽しめるのがポイント。具体的には空間表現、定位感(楽器やボーカルがどの位置にあるのかなど)や音の細かさ、質感のリアルさが魅力です。

また、ハイレゾ音源には、CD規格を延長した「PCM系」(FLAC、WAV、ALACなど)と、オーディオデータをCD以上の高音質で記録するSACDにも使われている「DSD系」の2種類があります。なお、最近は音楽配信サービスが普及しており、より手軽にハイレゾ音源を楽しむことが可能です。

ハイレゾプレーヤーの選び方

再生可能なハイレゾ音源で選ぶ

By: rakuten.co.jp

一般的なハイレゾプレーヤーはFLAC、WAVを筆頭に、ALAC/AIFF/MP3/AACなどのファイル形式に対応しています。対応スペックは24bit/192kHz以上が一般的です。

なかには、DSD系のファイル形式に対応したモデルもありますが、数千円程度の低価格帯にはまだ少ないため、DSD再生にこだわる方は要注意。コスパを重視する方は、5.6MHzまでに対応したモデルを選びましょう。

対応容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハイレゾ音源はMP3やCDに比べてデータ量が多いのが特徴。700MBのCD1枚当たりの収録時間でも、FLAC 24bit/192kHzや、DSD 2.8MHzのファイルだと2GB以上になります。現在のハイレゾプレーヤーの多くはmicroSDカード増設による外部ストレージに対応。なお、製品によっては外部ストレージに頼り、本体内蔵メモリが用意されていない機種もあります。

そこで重要なのが、microSDカードスロットの数と容量。カードを2枚挿せる、あるいは256GBのような大容量に対応できるハイレゾプレーヤーであれば、たくさんの音楽データを入れて楽しめます。

DACやヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾプレーヤーはイヤホンやヘッドホンで聴くのに特化しているため、音質を左右するDACやヘッドホンアンプ部のクオリティが重要です。

DACはデジタル信号を音楽信号に変換する部分で、DACチップとアナログ回路によって成り立っています。DACチップのメーカーと型番、それに伴う性能、アナログ回路部の部品などが比較ポイントです。

また、ヘッドホンアンプ部は、イヤホン重視かヘッドホン重視かで注目すべきポイントが変わるもの。高級開放型ヘッドホンはインピーダンスが高く、逆に高級イヤホンは低い傾向があります。そのため、150Ωを超えるインピーダンスに対応しないプレーヤーはヘッドホンに不向き。一方、ボリューム調節段階が少ないモノはイヤホンに向かないといった傾向があります。

バランス接続対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホン端子が「バランス接続」に対応するかもポイント。 イヤホンやヘッドホンのバランス接続は、通常の「アンバランス方式」に比べて、左右の音が混ざり合う現象を低下させることにより高音質化を図れます。

楽しむには対応するイヤホンないし、ヘッドホンも必要。なお、現在は端子規格が統一されておらず、2.5mm径と4.4mm径の2種類があります。やや面倒な部分もありますが、音質的メリットは大きく、対応機器も増えているので、音質にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

使い勝手と機能で選ぶ

By: sony.jp

自由に音質を調節できる機能があれば、好みのサウンドを楽しめます。また、本体ディスプレイの大きさは、操作をする際に見やすさを左右するので重要です。

操作がタッチパネル対応か物理ボタンメインなのかもポイント。音質重視プレーヤーのなかには操作感や反応速度が今ひとつのモノもある点にも留意してみてください。

ほかにも、ワイヤレスリスニングを可能にするBluetooth送信対応、PCやスマホとの接続でUSB-DACとしても使える機能、逆に外部USB-DACにデジタル信号を送る機能などを備えた製品もラインナップされています。購入する際はどのような機能が欲しいかを事前に確認しておきましょう。

サイズ・重量・再生時間で選ぶ

By: aiuto-jp.co.jp

ポータブルプレーヤーと言えば、軽量かつコンパクトで、バッテリーもちのよいアイテムほど高性能というイメージがありますが、ハイレゾプレーヤーに関しては必ずしもそうとは言い切れません。音質を重視すれば、総じて本体は大きく重く、電池寿命は短くなる傾向にあります。

とはいえ、本体サイズが小さく、バッテリー容量も充実していれば、よりストレスなくハイレゾ音源を楽しむことができます。メーカーもさまざまなタイプの製品をラインナップしているので、スペックは細かくチェックしておきましょう。

高音質なハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1A

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ[メモリータイプ] NW-WM1A

左右の音を分離するバランス接続が可能なハイレゾ対応プレーヤーです。左右の音声信号を完全に分離する設計により、ノイズの発生を軽減。接続には、安定性の高い4.4mmの5極ヘッドホンジャックを採用しています。

アンプには、DSD 11.2MHzとPCM 32bit/384kHz対応の「S-Master HX」を採用。圧縮音源の音質アップを可能にする「DSEE HX」は、曲のタイプにあわせて、スタンダード・女性ボーカル・男性ボーカル・パーカッション・ストリングスの5つからモードを選択できます。

また、アナログレコード特有の音響を再現する「バイナルプロセッサー」を搭載しているので、あたたかみのあるサウンドを楽しめます。

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ NW-ZX507

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ[メモリータイプ] NW-ZX500シリーズ NW-ZX507

高音質で低遅延なaptXコーデックが利用できるハイレゾ対応プレーヤーです。ソニーが開発したLDACだけでなくaptXに対応しているので、より多くのワイヤレスヘッドホンやイヤホンでハイレゾ相当の音源が楽しめます。

有線接続は、4.4mm5極ヘッドホンジャックによるバランス接続に可能。ノイズの少ない繊細なサウンドを好む方におすすめです。OSにはAndroid9.0を採用しており、Google Playストアからアプリのダウンロードが行えます。

Wi-Fi通信でインターネット接続できるので、音楽ストリミングサービスを利用できるのも魅力です。

フィーオ(FiiO) M11 Pro FIO-M11PRO-B

フィーオ(FiiO) M11 Pro FIO-M11PRO-B

2種類のバランス接続が可能なハイレゾ対応プレーヤーです。3.5mmシングルエンド端子に加えて、2.5mmと4.4mmのバランス接続端子を搭載。変換アダプターを使わなくても、幅広いヘッドホンやイヤホンに対応可能です。

DACチップ「AK4497EQ」を左右独立で2基搭載しており、ノイズを抑えた繊細なサウンドが楽しめます。PCMは最大32bit/384kHz、DSDは最大11.2MHzまでに対応。aptX・aptX HD・LDACにも対応しているので、ワイヤレスヘッドホンやイヤホンでも高音質が楽しめます。

専用アプリをインストールして「FiiO Link」機能を利用すれば、スマホからの操作も可能。「USB-DAC機能」に対応したUSB Type-C端子を搭載している点もおすすめです。

アステル&ケルン(Astell&Kern) KANN

アステル&ケルン(Astell&Kern) KANN

強力なアンプを搭載したモデル。アステル&ケルンのポータブルアンプに匹敵する高性能アンプを備えているので、高インピーダンスヘッドホンもしっかりと鳴らすパワフルな出力が可能です。

また、ヘッドホン出力には、3.5mm3極端子と2.5mm4極端子を採用。加えて、ライン出力端子を搭載しているので、スピーカーに接続して使いたい方にもおすすめです。PCMは最大384kHz/32bit、DSDは11.2MHzまで対応。microUSB端子を利用した場合でも、ハイレゾ音源の再生が可能な「USB-DAC機能」も搭載しています。

そのほか、内蔵のストレージは64GBですが、「デュアルメモリーカードスロット」を搭載しており、最大832GBまでのストレージ拡張ができるのも魅力のハイレゾ対応プレーヤーです。

シャンリン(SHANLING) M6

シャンリン(SHANLING) M6

高性能なCPUを搭載したハイレゾ対応プレーヤーです。Qualcommの「Snapdragon 430」や4GB RAMを内蔵しており、快適な操作が可能。32GBの内蔵ストレージに加えて、micorSDカードによるストレージ増設にも対応してます。

接続は、一般的な3.5mm端子による接続だけでなく、2.5mmおよび4.5mmのバランス接続に対応し、幅広いヘッドホンやイヤホンで使用可能。また、最大12時間の連続再生が可能な4000mAhの大容量バッテリーを採用しており、急速充電に対応しているのも魅力です。

コウォン(COWON) PLENUE R2

コウォン(COWON) PLENUE R2

デュアルDAC設計で高音質を実現したハイレゾ対応プレーヤーです。32bit/384kHzまでの高解像度サウンドに対応。2.5mm3極端子によるバランス接続をサポートしているので、ノイズの少ないクリーンなサウンドを楽しめます。

また、aptXコーデックに対応したBluetooth接続ができるので、ワイヤレス環境でもハイレゾ相当の音源で再生が可能。スマホと接続して使用する場合には、着信をアラームで知らせてくれます。最大で20時間の連続再生が可能な高効率バッテリーを搭載している点もおすすめです。

アイバッソ(iBasso) iBasso Audio DX220

アイバッソ(iBasso) iBasso Audio DX220

フルHD解像度を誇る、シャープの5インチ高画質ディスプレイを採用。静電容量式のタッチパネル機能を有しており、快適に操作できます。

また、本製品はアンプモジュールの交換が可能。同社のDAPである「DX200」「DX150」の間で互換性が確保されています。「Quick Charge 3.0」「Power Delivery 2.0」「MediaTek Pump Express Plus」などの急速充電に対応してる点もおすすめのハイレゾ対応プレーヤーです。

コスパの高いハイレゾ対応プレーヤーおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ NW-A105

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A100シリーズ NW-A105

AI(人工知能)技術を備えたハイレゾ対応プレーヤーです。再生中の曲をその場で解析し、ハイレゾ級の音質にレベルアップする「DSEE HX」を搭載。ワイヤレスイヤホンやヘッドホンで高音質サウンドの再生が可能なLDACにも対応しています。

24bit/192kHzまでのハイレゾ音源が再生可能。コンサートやライブ、スタジオに居るような臨場感あふれるサウンドが魅力です。フルデジタルアンプである「S-Master HX」を採用しており、高音域再生におけるノイズ除去性能が向上されているのもポイント。

Google Playに対応しているので、SptifyやApple Musicなどの音楽ストリーミングサービスアプリも簡単にダウンロードできます。また、音質設定アプリで好みのサウンドにカスタマイズできる点もおすすめです。

パイオニア(Pioneer) private XDP-20

パイオニア(Pioneer) private XDP-20

手の平に馴染むデザインが特徴的なハイレゾ対応プレーヤーです。背面が大きくラウンドした本体は、低価格ながらおしゃれで高級感ただようデザイン。「アップサンプリング機能」を搭載しているので、圧縮音源もハイレゾ相当の音質で楽しめます。

BluetoothコーデックがaptXに対応しているので、ワイヤレスヘッドホンやイヤホンを使用する場合にも最適。DSD/WAV/FLACに加えて、MQAに対応しているのもポイントです。DACにはESSの「ES9018C2M」、アンプには「SABRE 9601K」を搭載。クリアで広がりのあるサウンドが特徴です。

5段階で低音調節が可能な「BassEnhancer機能」や、10バンドイコライザによって音質カスタマイズも可能。3.5mm端子のほかに2.5mmバランスヘッドホン端子を備えています。

MMC corporation opus#3 Hi-Res AUDIO

MMC corporation opus#3 Hi-Res AUDIO

Burr-Brownの高品質なDAC「PCM1792A」を搭載し、24bit/192kHzまでの高音質なサウンドを実現したモデル。11.2MhzまでのネイティブDSDに対応した「USB-DAC機能」を搭載しているので、USB端子を利用したデジタル入力でもハイレゾ音源が楽しめます。

Google Playには非対応ですが、音楽ストリーミングサービスであるSpotifyに対応。4インチのタッチパネル対応ディスプレイを採用しているので、操作性にも優れています。64GBの内蔵ストレージに加えて、micorSDカードスロットを搭載しており、最大400GBまでストレージ増設が可能です。

ボディには耐久性に優れた航空機グレードのアルミを採用。別売りですが、純正高級本革ケースも用意されています。

HiBy R3Pro

HiBy R3Pro

コンパクトなボディが魅力のハイレゾ対応プレーヤーです。手の平にすっぽりと収まるコンパクトなサイズながら、DSD 11.2Mhzや64bit/384kHzのPCMに対応。DACチップを2基搭載した高解像度ヘッドホンアンプを内蔵しています。

タッチパネル対応のディスプレイサイズは3.2インチ。本体側面に備えた6つのボタンによって操作できるのもポイントです。省電力を追求した設計により、最大20時間の連続再生が可能。バランス接続時であっても、最大16時間連続使用できます。

Bluetoothによる無線接続のほか、Wi-Fi接続にも対応。スマホのアプリから本製品を操作できる「Hiby Link」にも対応しており、操作性の自由度が高いモデルです。

オンキョー(ONKYO) rubato DP-S1

オンキョー(ONKYO) rubato DP-S1

DSD 5.6MHzまでのネイティブ再生が可能なモデルです。FLACやWAVでは32bit/192kHzに対応。高音質と利便性を両立したMQAにも対応しています。接続は、2.5mm4極端子によるバランス出力をサポート。クリアで実在感のあるサウンドを実現しています。

圧縮音源やCD音源のアップサンプリングにも対応しており、手持ちの音源をハイレゾ相当の高音質で楽しみたい場合におすすめ。SHARP・SLOW・SHORTの3種類が切り替えられる「デジタルフィルター」を備えているので、好みのサウンドが得やすい設計です。

また、音源ごとの音量差を均一化する「リプレインゲイン機能」を搭載。低価格ながら、快適な音楽鑑賞が可能なおすすめのハイレゾ対応プレーヤーです。

kopek Cayin N3

kopek Cayin N3

コンパクトで軽量なハイレゾ対応プレーヤーです。24bit/192kHzまでのPCMや11.2MHzまでのDSDに対応。BluetoothコーデックはaptXをサポートしているので、ワイヤレス接続でもハイレゾ音源が楽しめます。

同軸出力とUSBオーディオ出力をUSB Type-Cポート1つに統合。USBメモリ内に保存してある音源の再生にも対応しています。静電容量式のタッチボタンや側面に搭載されたボタンにより、操作性を向上している点もおすすめです。

アユート(aiuto) ACTIVO CT10

アユート(aiuto) ACTIVO CT10

気軽に高音質サウンドが楽しめるハイレゾ対応プレーヤーです。軽量でコンパクトなので携帯性にも優れており、ラウンドエッジデザインにより心地よく手の平にフィットします。CPUには、優れた処理性能を誇るクアッドコアを採用。レスポンスが速く快適な操作性を備えています。

グループ企業であるアイリバーに開発支援を要請し、アステル&ケルンで培われた技術を凝縮した一体型のモジュール「TERATON」を搭載。リーズナブルな価格ながら、高音質なサウンドを実現している点も魅力です。