DAP(デジタルオーディオプレーヤー)のなかでも、ラインナップが増えている「ハイレゾ対応プレーヤー」。CDを超える高音質のハイレゾ音源を再生できるのが特徴で、臨場感のあるサウンドを楽しめます。

ひと口にハイレゾ対応プレーヤーといっても、その機能や音質はモデルによってさまざま。今回は、ハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ハイレゾプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

ハイレゾプレーヤーとは、ハイレゾ音源を再生できる機器のことです。従来の一般的なMP3プレーヤーではハイレゾ音源は再生できないため、ほかのDAPと区別されます。なお、ハイレゾプレーヤーはMP3やCD相当の音源も再生可能なので、より汎用性が高いのも魅力のひとつです。

ジャンルとして確立した当初は数万円以上する製品が中心でしたが、最近では1万円前後の製品も販売されており、幅広いラインナップのなかから選べます。

そもそも、ハイレゾって何?

By: amazon.co.jp

ハイレゾの正式名称は「ハイレゾリューション(High Resolution)」で「高解像度」という意味です。従来のCD規格(PCM 16bit/44.1kHz)を上回る品質の音源のことで、CDよりも情報量が多く、自然なサウンドを楽しめるのがポイント。具体的には空間表現や定位感、音の細かさ、質感のリアルさが魅力です。

また、ハイレゾ音源には、CD規格を延長した「PCM系」と、オーディオデータをCD以上の高音質で記録するSACDにも使われている「DSD系」の2種類があります。なお、最近は音楽配信サービスが普及しており、より手軽にハイレゾ音源を楽しむことが可能です。

ハイレゾプレーヤーの選び方

再生可能なハイレゾ音源で選ぶ

By: rakuten.co.jp

一般的なハイレゾプレーヤーはFLACやWAVを筆頭に、ALAC・AIFF・MP3・AACなどのファイル形式に対応しています。対応スペックは24bit/192kHz以上が一般的です。

なかには、DSD系のファイル形式に対応したモデルもありますが、数千円程度の低価格帯にはまだ少ないため、DSD再生にこだわる方は要注意。コスパを重視する方は、5.6MHzまでに対応したモデルを選びましょう。

対応容量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハイレゾ音源はMP3やCDに比べてデータ量が多いのが特徴。700MBのCD1枚当たりの収録時間でも、FLAC 24bit/192kHzや、DSD 2.8MHzのファイルだと2GB以上になります。現在のハイレゾプレーヤーの多くはmicroSDカード増設による外部ストレージに対応。なお、製品によっては外部ストレージに頼り、本体内蔵メモリが用意されていない機種もあります。

そこで重要なのが、microSDカードスロットの数と容量。カードを2枚挿せるモノか、256GBのような大容量に対応できるハイレゾプレーヤーであれば、多くの音楽データを入れて楽しめます。

DACやヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハイレゾプレーヤーはイヤホンやヘッドホンで聴くのに特化しているため、音質を左右するDACやヘッドホンアンプ部のクオリティが重要です。

DACはデジタル信号を音楽信号に変換する部分で、DACチップとアナログ回路によって成り立っています。DACチップのメーカーと型番、それに伴う性能、アナログ回路部の部品などが比較ポイントです。

また、ヘッドホンアンプ部は、イヤホン重視かヘッドホン重視かで注目すべきポイントが変わります。高級開放型ヘッドホンはインピーダンスが高め。そのため、150Ωを超えるインピーダンスに対応しないプレーヤーはヘッドホンに不向きです。

一方、高級イヤホンの場合はインピーダンスが低い傾向にあります。インピーダンスが低いと音量が大きくなるため、ボリューム調節機能が充実したハイレゾプレーヤーを選んでみてください。

バランス接続対応で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ヘッドホン端子が「バランス接続」に対応するかもポイント。 イヤホンやヘッドホンのバランス接続は、通常の「アンバランス方式」に比べて、左右の音が混ざり合う現象を低下させることにより高音質化を図れます。

なお、現在は端子規格が統一されておらず、2.5mm径と4.4mm径の2種類が存在します。音質的メリットが大きく、対応機器も増えているため、音質にこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

使い勝手と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

使い勝手のよさも重要なポイント。操作がタッチパネル対応なのか、物理ボタンメインなのかなど、自分にとって使いやすいモノを選んでみてください。また、本体ディスプレイの大きさも、操作をする際の見やすさを左右するので重要です。

機能面では、ワイヤレスリスニングを可能にするBluetooth送信に対応したモノや、PC・スマホと接続してUSB-DACとしても使える仕様の製品もラインナップされています。購入する際はどのような機能が欲しいかを事前に確認しておきましょう。

サイズ・重量・再生時間で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ポータブルプレーヤーといえば、軽量かつコンパクトで、バッテリー持ちのよいアイテムほど高性能というイメージがありますが、ハイレゾプレーヤーに関しては必ずしもそうとは言い切れません。音質を重視すれば、総じて本体は大きく重く、再生時間は短くなる傾向にあります。

とはいえ、本体サイズが小さく、バッテリー容量も充実していれば、よりストレスなくハイレゾ音源を楽しめるのでおすすめ。持ち運びやすさを重視するなら、小さめで重量も軽めのモノを選んでみてください。また、再生時間が長ければ、充電の手間が省けて便利です。

高音質なハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ メモリータイプ NW-WM1AM2


ソニーが長年培ってきた技術を結集し、開発したハイレゾ対応プレーヤーです。高音質を実現するために、アルミ切削筐体や固体高分子コンデンサー、高音質はんだなど、細部までこだわってパーツを選定。音の細部や空気までしっかりと感じられます。

デジタルアンプには、ハイレゾ音源の再生に対応した「S-Master HX」を搭載。最大11.2MHzのDSDネイティブ再生と、最大384kHz/32bitのPCM再生が可能です。さらに、PCM音源をDSD信号に変換できる「DSDリマスタリングエンジン」や、AIによってリアルタイムで音源をアップスケーリングする「DSEE Ultimate」機能などにも対応しています。

本体には、5.0インチのタッチパネディスプレイを搭載。OSにはAndroid 11を採用しているので、スマホと同様にGoogle Playストアからさまざまなアプリをダウンロードしたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ メモリータイプ NW-ZX507


ストリーミングサービスを高音質で聴ける

ストリーミングサービスも高音質で再生できるハイレゾ対応プレーヤーです。OSにAndroid 9.0を搭載しており、Google Playにも対応。SpotifyやApple Musicなどが簡単に利用できるほか、ハイレゾ音質の楽曲を提供するストリーミングサービスも使えます。

フルデジタルアンプ「S-Master HX」でリアルな空気感を表現できるのが魅力です。また、CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップグレードする「DSEE HX」機能もおすすめ。Bluetoothコーデックが、高音質なLDACに対応しているのもポイントです。

また、本製品には音質設定アプリが搭載されているので、好みにあわせてサウンドのカスタマイズも可能。さらに、ノイズや歪みを低減できる4.4mmバランス接続に対応しているのもおすすめポイントです。

フィーオ(FiiO) デジタルオーディオプレーヤー M11S

高速充電にも対応しているおすすめモデル

コスパの高いプレーヤーやポータブルアンプで人気のフィーオが発売する、ハイレゾ対応プレーヤーです。DACチップ「ES9038Q2M」を左右独立構成で2基搭載。ノイズや歪みを抑えつつ、高出力を実現しています。

PCMデータは384kHz/32bitのPCMデータと、DSD256の再生に対応。3.5mmステレオミニプラグでの接続のほか、2.5mmと4.4mm、2種類のバランス接続に対応しているのもポイントです。また、Bluetoothを利用した送受信も可能で、ワイヤレスでも高音質サウンドが楽しめます。

本製品にはAndroid 10.0が搭載されており、Google Playからインストールしたストリーミングサービスアプリも使用可能。約15時間の連続再生ができるので、高速充電にも対応しているおすすめのモデルです。

アステル&ケルン(Astell&Kern) A&norma SR25 MKII IRV-AK-SR25-MKII-DS


コンパクトでありながらも、高音質と長時間再生を実現したおすすめのハイレゾ対応プレーヤーです。Cirrus Logic社の「CS43198」をデュアルで搭載しており、最大384kHz/32bitのPCM再生とDSD256のネイティブ再生が可能。原音に忠実な高音質サウンドを再生できます。

出力端子には、3.5mmシングルエンド出力・2.5mmバランス出力・4.4mmバランス出力の3系統を搭載。インピーダンスは、3.5mm出力が1.2Ω・2.5mm出力が1.8Ω・4.4mm出力が1.7Ωです。

連続再生時間は約20時間。Bluetooth機能も搭載しており、SBCやAACに加え、apxX HDやLDACなどの高音質コーデックにも対応しています。そのほか、Bluetoothレシーバーとして使用できる「BT Sink」や、同じネットワーク上にあるデバイスとワイヤレスでデータの転送ができる「AK File Drop」などの便利機能も利用可能です。

アステル&ケルン(Astell&Kern) ポータブルオーディオプレーヤー A&ultima SP2000


クリアなサウンドを実現するバランス接続に対応

アステル&ケルンが展開しているハイレゾ対応プレーヤーのフラッグシップモデルです。旭化成エレクトロニクスのDACチップ「AK4490EQ」を採用。PCMデータは768kHz/32bit、DSDデータは22.4MHzに対応しています。

内蔵メモリは512GBの大容量を備えているので、多数の高音質音源データを安心して保存可能。歪みやノイズを低減したクリアなサウンドを実現するバランス接続に対応しているのもポイントです。

本製品は2.4GHzと5GHzのWi-Fi接続が可能で、ストリーミングサービスを楽しみたい方にもおすすめ。ビデオストリーミングサービス機能「V-Link」にも対応しているので、動画鑑賞も楽しめます。また、高級感のあるレザーケースが付属しており、携帯時に傷や衝撃から本体を保護できる点もおすすめです。

シャンリン(SHANLING) SHANLING M6 PRO Ver.21


Android OSを搭載したハイレゾ対応プレーヤーです。SoCには「Snapdragon 430」を採用し、4GBのメモリと64GBの内蔵ストレージを搭載。最大2TBまでのmicroSDカードにも対応しています。

DACチップには「ESS Sabre ES9068AS」をデュアルで搭載しており、最大768kHz/32bitまでのPCM再生と、最大11.2MHzまでのDSDネイティブ再生が可能です。また、MQAファイルをネイティブでサポートしているのもポイントのひとつ。

出力端子には、3.5mmシングルエンド出力に加え、2.5mmと4.4mmのバランス出力端子を搭載しています。また、Bluetoothによるワイヤレス接続が可能なのもおすすめの点です。

アイバッソオーディオ(iBasso Audio) デジタルオーディオプレイヤー iBasso Audio DX320

ベゼルレスの6.5インチディスプレイを搭載したハイレゾ対応プレーヤー。大画面で快適にコントロールができます。

「AMP11 MK2s」アンプカードが標準で付属しているのが魅力。また、アンプカード交換設計を採用しているので、異なる特徴のサウンドを楽しみたいときに、プレイヤーを本体ごと変えなくてもよいのがおすすめポイントです。

連続再生可能時間は約10時間。長時間でも安心して音楽を聴けます。

カイン(Cayin) デジタルオーディオプレイヤー N6ii DAP/A01

DACやアナログアンプ回路で構成されているマザーボードの交換が可能なハイレゾ対応プレーヤーです。別のオーディオマザーボードに取り替えれば、サウンドを根本的に変更できます。

「Snapdragon CPU」や4GBのメモリが搭載されており、処理速度が優れている点もおすすめです。ストレージは64GB内蔵。microSDカードを利用すれば、最大512GBまで増設できます。

ハイビー(HiBy) ハイレゾポータブルプレーヤー R8AL


高品質なパーツを駆使し、これまで培ってきた技術を注ぎ込んだフラグシップモデルのハイレゾ対応プレーヤーです。DACに「AK4497」を採用。独自開発のオーディオ回路と独立した電源回路構成により、DSD512とPCM 32bit/768kHzの再生を実現しています。

OSはAndroid 9.0ベースの「HiBy OS」で、SoCには処理速度の速さと高い安定性を備えた「Snapdragon660」を搭載。メモリは4GBで、内蔵ストレージは64GBです。

3.5mmと4.4mmのライン出力およびヘッドホン出力をそれぞれ独立して搭載し、LDACやaptX HDなどの高音質コーデックに対応。有線とワイヤレスのどちらでも高音質なハイレゾサウンドが楽しめるおすすめのモデルです。

コスパの高いハイレゾ対応プレーヤーおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ メモリータイプ NW-A105


「DSEE Ultimate」機能により、ストリーミングサービスの音源もハイレゾ相当の高音質で再生できる、おすすめのデジタルオーディオプレーヤー。いつも聴いている音楽をより高音質で楽しみたい方におすすめです。

Bluetooth機能も搭載しており、コーデックはSBC・AAC・aptX・aptX HD・LDACに対応しています。対応のワイヤレスイヤホンと組み合わせれば、ハイレゾ相当の高音質でワイヤレスリスニングが可能です。

OSにAndroid 9.0を採用しているので、Google Playストアからさまざまなアプリをダウンロードできるのもメリットのひとつ。そのほか、microSDカードを活用すれば、容量を増やせます。容量の大きいハイレゾ音源などを再生したい方は、併せてチェックしておきましょう。

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ メモリータイプ NW-A55


コスパ重視の方におすすめの人気モデル。高品質なフルデジタルアンプ「S-Master HX」を内蔵しており、迫力のある高音質サウンドを実現しています。「DSEE HX」機能に対応しているので、圧縮音源などもハイレゾ相当の高音質で再生可能です。

Bluetoothによるワイヤレス接続も利用でき、SBCとAACに加え、高音質なLDACコーデックにも対応しています。また、スマホ内の音源やストリーミングサービスの音源を本製品経由で再生できるBluetoothレシーバー機能も搭載しています。

そのほか、PCでの音楽リスニング時などに役立つUSB-DAC機能にも対応。本体には3.1インチのタッチパネル液晶を搭載しています。microSDカードにも対応しているので、後から容量を増やせるのもメリットのひとつです。

シャンリン(SHANLING) SHANLING M3X


手に収まるコンパクトなサイズ感のおすすめハイレゾ対応プレーヤー。縦横比3:2の4.2インチディスプレイを搭載しており、アートワークなどもきれいに表示できます。操作性に優れているのもメリットのひとつです。

DACチップには「ES9219C」をデュアル構成で搭載。音響特性に優れていながらも、低消費電力を実現しています。最大384kHz/32bitまでのPCM再生と、最大11.2MHzまでのDSDネイティブ再生が可能です。

出力端子には、3.5mmシングルエンド出力と4.4mmバランス出力を搭載しており、ゲインは2段階で調節できます。OSにはAndroidを採用しているため、Bluetoothによるワイヤレス接続も可能。さらに、Bluetoothレシーバー機能やUSB-DAC機能にも対応しています。

ハイビー(HiBy) New R3 Pro Saber

ポケットなどに入れて気軽に持ち運べるコンパクトサイズのハイレゾ対応プレーヤー。最大384kHz/32bitのPCM再生とDSD256の再生に対応しており、FLAC・WAV・MP3・AIFFなどの豊富なフォーマットを再生できます。

OSには独自の「HiByOS」を採用しており、好みに合わせてサウンドをチューニングできる「MSEB(Mage Sound 8-Ball)」などが利用可能。Bluetoothでのワイヤレス接続も可能で、SBC・AAC・aptX・LDACに加え、独自のUATコーデックにも対応しています。

バッテリー容量は1600mAh。シングルエンド出力で約20時間・バランス出力で約15時間の連続再生が可能です。

アイバッソオーディオ(iBasso Audio) DX170


OSにAndroid 11を採用したハイレゾ対応プレーヤーです。スマホと同様にアプリをインストールして使用できます。画面のサイズは5インチで、解像度は1920×1080。高精細な大画面でスムーズに操作できます。美しくおしゃれな外観も魅力のひとつです。

DACチップには「CS43131」をデュアル構成で搭載しています。最大384kHz/32bitまでのPCM再生と、5.6MHzまでのDSD再生に対応。出力端子には3.5mmステレオ出力と4.4mmバランス出力を採用しています。さらに、3.5mm同軸デジタル出力やUSBオーディオ出力にも対応可能です。

そのほか、BluetoothやWi-Fiも利用できます。連続再生時間は最大約11時間で、急速充電にも対応しています。

Hidizs AP80 Pro X


コンパクトかつおしゃれなデザインのハイレゾ対応プレーヤーです。最大約13時間の連続再生と50日間のディープスタンバイが可能なので、充電を気にすることなく快適に使用できます。

DACチップには「ESS9218P」をデュアルで内蔵しており、3.5mmシングルエンド出力と2.5mmバランス出力端子を搭載。Bluetooth機能も搭載しており、LDACやUATなどの高音質コーデックに対応しています。

microSDカードは、最大512GBまで利用可能。そのほか、USB-DAC機能やFMラジオ機能などを搭載しているのもおすすめのポイントです。

ハイレゾ対応プレーヤーのAmazonランキングをチェック

ハイレゾ対応プレーヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。