DAP(デジタルオーディオプレーヤー)のなかでも、ラインナップが増えている「ハイレゾ対応プレーヤー」。CDを超える高音質のハイレゾ音源を再生できるのが特徴で、臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

とはいえ、ひと口にハイレゾ対応プレーヤーと言っても、その機能や音質はモデルによってさまざま。そこで今回は、ハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ハイレゾプレーヤーとは?

By: amazon.co.jp

ハイレゾプレーヤーとは、ハイレゾ音源を再生できる機器のことです。従来の一般的なMP3プレーヤーではハイレゾ音源は再生できないので、ほかのDAPと区別されます。なお、ハイレゾプレーヤーはMP3やCD相当の音源も再生可能なので、より汎用性が高いのも魅力のひとつです。

ジャンルとして確立した当初は数万円以上する製品が中心でしたが、最近では1万円以下の製品もリリースされており、幅広いラインナップのなかから選ぶことができます。

そもそも、ハイレゾって何?

By: amazon.co.jp

ハイレゾの正式名称は「ハイレゾリューション(High Resolution)」で「高解像度」という意味。従来のCD規格(PCM 16bit/44.1kHz)を上回る品質の音源のことで、CDよりも情報量が多く、自然なサウンドが楽しめるのが利点です。

具体的には空間表現、定位感(楽器やボーカルがどの位置にあるのかなど)や音の細かさ、質感のリアルさに違いが感じられます。

ハイレゾ音源は大別するとCD規格を延長した「PCM系」(FLAC、WAV、ALACなど)と、オーディオデータをCD以上の高音質で記録するSACDにも使われている「DSD系」の2種類。なお、最近は音楽配信サービスが普及しており、より手軽にハイレゾ音源を楽しむことができます。

ハイレゾプレーヤーの選び方

再生可能なハイレゾ音源で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なハイレゾプレーヤーはFLAC、WAVを筆頭に、ALAC/AIFF/MP3/AACに対応しています。対応スペックは24bit/192kHz以上が一般的です。

さらに、DSDへの対応もポイントです。DSD対応機は数千円程度の低価格帯にはまだ少なく、DSD再生にこだわる方は要注意。5.6MHzまでに対応していれば一般的には十分です。

対応容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾ音源はMP3やCDに比べてデータ量が多いのが特徴。CD1枚当たり700MBと同じ時間でも、FLAC 24bit/192kHz、DSD 2.8MHzで2GB以上も使います。現在のハイレゾプレーヤーの多くはmicroSDカード増設による外部ストレージに対応。なお、製品によっては外部ストレージに頼り、本体内蔵メモリが用意されていない機種もあります。

そこで重要なのが、microSDカードスロットの数と容量。カードを2枚挿せる、あるいは256GBのような大容量に対応できるハイレゾプレーヤーであれば、たくさんの音楽データを入れて楽しめます。

DACやヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハイレゾプレーヤーはイヤホンやヘッドホンで聴くのに特化しています。そのため、音質を左右するDACやヘッドホンアンプ部のレベルが重要です。

DACはデジタル信号を音楽信号に変換する部分で、DACチップとアナログ回路によって成り立っています。DACチップのメーカーと銘柄、それに伴う性能、アナログ回路部の部品などが比較ポイントです。

ヘッドホンアンプ部は、イヤホン重視かヘッドホン重視かで注目すべきポイントが変わるもの。高級開放型ヘッドホンはインピーダンスが高く、逆に高級イヤホンは低い傾向があります。

そのため、150Ωを超えるインピーダンスに対応しないプレーヤーはヘッドホンに不向き。一方、ボリューム調整段階が少ないモノはイヤホンに向かないといった傾向があります。

バランス接続対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘッドホン端子が「バランス接続」に対応するかもポイント。 イヤホンやヘッドホンのバランス接続は、通常の「アンバランス方式」に比べて、左右の音が混ざり合う現象を低下させることにより高音質化を図れます。

楽しむには対応するイヤホンないし、ヘッドホンも必要。なお、現在は端子規格が統一されておらず、2.5mm径と4.4mm径の2種類があります。やや面倒な部分もありますが、音質的メリットは大きく、対応機器も増えているので、音質にこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

使い勝手と機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

自由に音質を調整できる機能があれば、好みのサウンドを楽しめます。また、本体ディスプレイの大きさは、操作をする際に見やすさを左右するので重要です。

操作がタッチパネル対応か物理ボタンメインなのかもポイント。音質重視プレーヤーの中には操作感や反応速度が今ひとつのモノもある点にも留意してください。

そのほかにも、ワイヤレスリスニングを可能にするBluetooth送信対応、PCやスマホとの接続でUSB-DACとしても使える機能、逆に外部USB-DACにデジタル信号を送る機能などを備えた製品もラインナップされています。購入する際はどのような機能が欲しいかを事前に確認しておきましょう。

サイズ・重量・再生時間で選ぶ

By: sony.jp

ポータブルプレーヤーと言えば、軽量かつコンパクトで、バッテリーもちのよいアイテムほど高性能というイメージがありますが、ハイレゾプレーヤーに関しては必ずしもそうとは言い切れません。音質を重視すれば、総じて本体は大きく重く、電池寿命は短くなる傾向にあります。

とはいえ、本体サイズが小さく、バッテリー容量も充実していれば、よりストレスなくハイレゾ音源を楽しむことができます。メーカーもさまざまなタイプの製品をリリースしているので、スペックは細かくチェックしておきましょう。

高音質なハイレゾ対応プレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ 16GB NW-A55

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ 16GB NW-A55

多彩な機能を搭載したハイスペックなハイレゾ対応プレーヤーです。ハイレゾ音源の音質を引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載しており、最大11.2MHzのDSD再生にも対応しています。

LDAC機能により、Bluetooth送信でもハイレゾ相当の高音質で再生できるのもポイント。ハイレゾ音源はFLACやWAVをはじめとする多くの形式に対応しており、WAVでは最大32bit/384kHzを再生できます。

サイズは幅55×奥行11×高さ97mmで、スタイリッシュな削り出しアルミキャビネットを採用。重量は約99gと軽く、最長で約45時間再生できるため、持ち運びやすいのもメリットです。

ディスプレイがタッチパネル式でありながら、音量や再生・停止などの各操作ボタンが独立しているので、操作性にも優れています。エントリー機としてもおすすめの人気製品です。

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ 64GB NW-ZX300

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ 64GB NW-ZX300

高音質を楽しむための機能が充実しているおすすめハイレゾ対応プレーヤーです。約幅57×奥行15×高さ120mmのコンパクトなサイズでありながら、ハイレゾ音源の繊細で躍動感あふれる音質を存分に味わえます。

フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載しており、FALC・WAV・AIFF・MP3・AAC・DSDなどの多様な音源に対応。WAVは最大32bit/384kHz、DSDは最大11.2MHzの再生が可能です。

4.4mm径のバランス接続を利用できるのもポイント。また、USB-DAC機能に対応しているため、PCに保存したMP3などの音源を本機でハイレゾ相当にアップスケーリングし高音質で再生できます。

Bluetoothに対応しているため、ワイヤレスでも使用可能。操作は3.1インチのタッチパネルと独立した各サイドボタンの両方でスムーズに行えます。ハイレゾ以外にも優れた機能を豊富に搭載したおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1A

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1A

ソニーによる最上級シリーズの人気モデルです。長年に渡るDAP製造のノウハウを結集した音作りが魅力。アルミ切削筐体ボディと無酸素銅プレートを組み合わせることで、クリアかつ力強い低音再生を可能としたハイスペックな製品です。

FLAC・WAV・AIFF・MP3・AACなどの幅広いハイレゾ音源を再生でき、最大11.2MHzまでのDSD再生にも対応。フルデジタルアンプの「S-Master HX」を搭載しており、温度や湿度といった音楽の空気感までを追求した高音質を楽しめます。

左右の音を完全に分離できる4.4mm径のバランス出力に対応しているのもポイント。日本ディックス製の高性能なヘッドホンジャック「Pentaconn」を採用しているため、音の広がりや奥行きをしっかりと再現できます。

PCと接続できるUSB-DAC機能や、外部USB-DACとデジタル接続を行える機能も搭載。ハイエンドなハイレゾ対応プレーヤーを探している方はぜひチェックしてみてください。

フィーオ(FiiO) M9 FIO-M9

フィーオ(FiiO) M9 FIO-M9

バランス接続も行えるおすすめのハイレゾ対応プレーヤーです。通常の出力端子に加え、2.5mm径のバランス出力端子を搭載。DACには旭化成エレクトロニクス製のAK4490ENを2基採用しています。

このDACは高級オーディオ機器にも採用されるハイエンドなDACチップを小型化しポータブル機器用に最適化したモノ。低ノイズで臨場感あふれるサウンドを楽しめるのが魅力です。

ハイレゾ音源はWAV・FLAC・ALACなどの多様なPCMデータに対応しており、24bit/192kHzまで再生できます。5.6MHzのDSD再生に対応しているのもメリット。ハイレゾ級ワイヤレス規格もサポートしているので、Bluetooth接続でも高音質で再生できます。

外部USB-DACへのオーディオ出力が可能な上、本機をUSB-DACとして使用できるのもポイント。容量は2GBで、microSDカードを利用し最大2TBまで増設できます。高性能なモデルを探している方におすすめです。

オンキヨー(Onkyo) rubato DP-S1A

オンキヨー(Onkyo) rubato DP-S1A

音響機器メーカーで有名なオンキヨーによるおすすめのハイレゾ対応プレーヤーです。DACにはESS社製の「ES9018C2M」を、アンプには「SABRE 9601K」を2基ずつ搭載。オーディオ機器製造のノウハウを活かした設計で、優れたサウンドを楽しめます。

2.5mm径バランス接続に対応しており、一般的な「BTL駆動」と独自の「ACG駆動」の2種類を選択できるのもポイント。ACG駆動はよりクリアで低域の輪郭が明確な再生を行えます。多様な音楽形式を利用でき、FLACとWAVは32bit/192kHzまで再生可能です。

5.6MHzまでのDSD再生や、Bluetooth送信による高音質なワイヤレスリスニングにも対応。最大192kHzまでのアップサンプリング機能を搭載しており、さまざまな音源をハイレゾに近い高音質で聴けるのも魅力です。

容量は16GBで、microSDカードを2枚まで挿入できるため最大528GBまで増設できます。音質にこだわる方におすすめの製品です。

The BIT audio-opus Opus#1S HA-520-32G-LB

The BIT audio-opus Opus#1S HA-520-32G-LB

繊細かつパワフルなサウンドが魅力のハイレゾ対応プレーヤーです。シーラスロジック社の次世代最新DAC「CS43198」をデュアル構成で搭載。2.5mm径のバランス出力端子も備えており、セパレーション設計で高精細かつクリアな音質を楽しめます。

DSDをはじめとするWAV・FLAC・ALAC・AIFFなどの多彩なハイレゾ音源に対応しているのもメリット。最大24bit/192kHzの再生を行えます。PCと接続してUSB-DACとして利用することも可能です。

高精細のIPSパネルを採用した4インチの大型タッチパネルを搭載しているので、アルバムアートを楽しみたい方にもおすすめ。容量は32GBですが、市販のmicroSDカードを2枚まで挿入し増設できます。

連続再生時間が約11時間と長いのもポイント。音質に優れたハイスペックなおすすめモデルです。

アイリバー Astell&Kern AK70 MKII AK70MKII-NB

アイリバー Astell&Kern AK70 MKII AK70MKII-NB

シーラスロジック製のDAC「CS4398」をデュアル構成で搭載したおすすめのハイレゾ対応プレーヤーです。通常のヘッドホン端子に加え、2.5mm径のバランス出力端子も搭載しています。

デュアルDACの性能を存分に引き出せるので、高出力でしっかりとセパレーションされたサウンドを楽しめるのが魅力。さまざまなPCM系の音源形式に対応しており、最大32bit/384kHzまで再生できます。

5.6MHzまでのDSD再生に対応しているのもポイント。Bluetooth送信やUSB-DAC機能も利用できます。容量は内蔵ストレージが64GBで、microSDカードを使用し最大464GBまで増設可能です。

DLNAネットワーク機能の「AK Connect」を搭載しているのもメリット。Wi-Fiを経由してPCやスマホに保存している音楽を本機で再生できます。解像度の高いサウンドで音楽を楽しみたい方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) private XDP-20

パイオニア(Pioneer) private XDP-20

スタイリッシュなデザインのハイレゾ対応プレーヤーです。WAV・FLACなどの幅広いハイレゾ音源を32bit/192kHzまで再生でき、DSD再生にも対応。アップサンプリング機能を内蔵しているので、ハイレゾ音源以外のデータも高音質で楽しめます。

DACにはESS社製「ES9018C2M」、アンプには「SABRE 9601K」をそれぞれ2基ずつ搭載。クリアで広がりのあるサウンドを楽しめるのが魅力です。2.5mm径のバランス出力端子も搭載しています。

多彩な音質調整機能も内蔵しており、5段階の低音調節や10バンドイコライザで好みのサウンドを選べるのもメリット。Bluetooth送信による高音質なワイヤレスリスニングも可能です。

連続再生は最長15時間行えるため、安心して持ち歩けます。容量は2つのmicroSDカードスロットを使用し最大528GBまで拡張可能。日本製の使いやすいおすすめ製品です。

コスパの高いハイレゾ対応プレーヤーおすすめモデル

フィーオ(FiiO) M6 FIO-M6-B

フィーオ(FiiO) M6 FIO-M6-B

コスパのよさから人気が高いハイレゾ対応プレーヤーです。高性能なDACとヘッドホンアンプを1つにまとめた、ESS Technology製の「Saber 9018Q2C」チップを内蔵。低ノイズかつ高出力の優れた音質で音楽を楽しめます。

ハイレゾ音源はFLACやWAVといったPCMデータに対応しており、24bit/192kHzまで再生可能。5.6MHzのDSDにも対応しています。Bluetooth送信で高音質なワイヤレスリスニングを行えるのもメリットです。

USB Type-C端子を搭載しているのもポイント。外部USB-DACと接続して音楽データをデジタル出力したり、本機をUSB-DACとして活用したりと便利に使えます。容量は2GBで、microSDカードを利用し最大2TBまで増設できるのも魅力です。

3.2インチのIPSタッチスクリーンと物理ボタンの両方を採用しているため、操作性にも優れています。機能性の高いおすすめ製品です。

シャンリン(SHANLING) M0 Portable Player

シャンリン(SHANLING) M0 Portable Player

携行性に優れたおすすめのハイレゾ対応プレーヤーです。重量がわずか38gでサイズが40×13.5×45mmとコンパクトなため、気軽に持ち歩いてハイレゾ音源の高音質を楽しめます。

1.54インチのLG社製タッチパネルを搭載しており、主にタッチジェスチャーで操作する製品です。FLAC・WAV・ALAC・AIFF・MP3・AACなどの幅広い形式を使用でき、WAVは最大32bit/384kHzまで再生できます。

DSD再生に対応しているのもポイント。Bluetooth送信によるワイヤレスリスニングも利用できます。音楽データはmicroSDカードで保存し、最大512GBまで増設可能。USB-DACとして使えるのも魅力です。

連続再生は最長15時間行えます。カラーバリエーションが豊富なことに加え、コスパがよく持ち運びやすい人気製品です。

Hidizs Digital Audio Player AP80

Hidizs Digital Audio Player AP80

コンパクトなハイレゾ対応プレーヤーです。ESS社製の「ES9218P」DACチップを搭載しており、パワフルな再生を楽しめるのがポイント。FLAC・WAV・ALACなどほぼ全てのハイレゾ音源を利用でき、DSD再生も可能です。

PCM系音源は最大32bit/384KHzまで再生できるのもメリット。サムスン製の2.45インチタッチパネルに加え、3つの物理ボタンとホイールを搭載しているため、操作性にも優れています。

Bluetooth送信によるワイヤレスリスニングにも対応。音楽データの保存はmicroSDカードで行い、最大1TBまで増設できます。本機はUSB-DACとしても使用でき、さらに外部USB-DACへデジタル出力できるのも魅力です。

連続再生時間が最長15時間と長いので、安心して持ち歩けます。カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。コスパのよい小型モデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。