高音質なハイレゾ音源に対応しているモデルやワイヤレスイヤホンでスマートに視聴できるアイテムが揃っている「MP3プレーヤー」。最近はスマホで音楽を聴くことが主流となっていますが、データ容量が気になる方は使い分けるのもアリです。

そこで今回はMP3プレーヤーのおすすめモデルをご紹介。ハイエンドクラスからリーズナブルなアイテムまでピックアップしたので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

MP3プレーヤーとは?

By: sony.jp

MP3プレーヤーとは、MP3形式で記録されたオーディオデータを再生する携帯音楽プレーヤーのことです。たくさんの音楽を保存でき、自分の好きな曲だけのリストを作成したりランダムで再生も可能です。また、コンパクトな仕様なので外に持ち運んで気軽に音楽を楽しめる他、Bluetoothによる無線接続で自宅にあるスピーカーと連携できるモデルもあります。

MP3プレーヤーのメリット

By: sony.jp

最近ではスマホでもそれなりに良い音質で音楽を聴けますが、MP3プレーヤーのメリットがあります。MP3プレーヤーは音楽再生のみに目的を絞っているため音質を阻害する余計な機能や回路がない分より高音質な音楽を楽しめます。モデルによってはMP3などの圧縮音源をCD以上の情報量を有する高音質なハイレゾ音源相当にできる機能を搭載しているのも魅力です。

内蔵メモリが大きいモデルを選ぶことでスマホよりもたくさんの音楽を保存しておくことができるのもメリットとして挙げられます。256GBの大容量モデルであれば約20000曲を保存できるモノも存在します。

また、スマホで音楽を聴く際はバッテリー切れの心配がありますが、別途MP3プレーヤーを持っておくことで解消できます。MP3プレーヤーには約70時間再生できるロングバッテリーモデルもあるので1日中使いたいという方はチェックしてみてください。

MP3プレーヤーの選び方

内蔵メモリ容量、外部メモリ対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

大抵のMP3プレーヤーは、本体にメモリを内蔵しています。8GBか16GBが一般的で、リーズナブルなモデルでは4GB程度。高額機では64GB、中には256GBを有する大容量モデルもあります。なお、中には内蔵メモリが無いモデルも存在し、別途microSDカードなどを購入する必要があるので注意が必要です。

内蔵メモリだけでは容量が足りないという方は、microSDカードを利用してデータを拡張できるモデルもあるのでチェックしておきましょう。

搭載している機能をチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothによる無線接続機能があれば、対応のイヤホン、ヘッドホン、スピーカーと連携してワイヤレスリスニングが楽しめます。

Androidスマホを持っている方であれば、パソコンを介さずにスマホから直接MP3プレーヤーに音楽ファイルをダウンロードできる「OTG機能」が付いているモデルを選ぶのがおすすめです。

音質で選ぶ

By: pioneer-headphones.com

高音質なMP3プレーヤーを選ぶ際には、CD以上のより原音に近い音を楽しめる「ハイレゾ音源」に対応しているモデルを選ぶのがベスト。中にはMP3などの圧縮音源をハイレゾ相当に変換して再生してくれる「DSEE HX」機能を備えたモデルもあります。

また、電車の音など周囲の雑音を低減してくれる「ノイズキャンセリング機能」を搭載しているモデルであればハイレゾ音源をより楽しむことが可能。メーカーに関しては「ソニー」「パイオニア」「オンキヨー」などの有名なオーディオメーカーから選ぶのが無難です。

高音質MP3プレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45

「NW-A45」は、ハイレゾに対応したウォークマンのエントリーモデルです。高音域を再生する際に高いノイズ除去性能を有するフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載しており、ハイレゾ音源の質を最大限に引き出してくれるのが特長。MP3などの圧縮音源もハイレゾ相当の高音質に変換できる「DSEE HX」も搭載しています。

Bluetoothによる無線接続も可能。対応のスピーカーまたはワイヤレスヘッドホンでも音楽を聴けます。ワイヤレス環境下でハイレゾ音源などの高音質音源を再生したい場合でも、音の質を極力落とさないで再生できる「LDAC」を搭載しているのもうれしいポイントです。

その他、電車のアナウンスなど周囲の音に注意しながら音楽を聴きたいシーンでは、適度に外音を取り込める機能も付いています。容量が足りなくなってしまった場合は、microSDカードを使って拡張可能。192GBまで拡張すれば、約1200曲以上のハイレゾ音源が保存できます。

そろそろスマホとは別に音楽プレーヤーが欲しいと思っている方、コスパの高いハイレゾ対応のプレーヤーを探している方はぜひ検討してみてください。

パイオニア(Pioneer) private XDP-30R

パイオニアのハイレゾ対応オーディオプレーヤーです。ボディは1枚のアルミブロックから削り出した高級感溢れる仕様となっており、軽量かつ優れた堅牢性を有しています。コンパクトなサイズ感なので片手で楽に操作できるのも魅力です。

また音の質を左右する「DAC」と呼ばれる、デジタル信号をアナログ信号に変換するための装置と、アンプは各2基ずつ搭載しているのでより原音に近い超高解像度な再生が可能。特殊な回路設計によって消費電力も抑えられ、安定感のある繊細な音を表現できます。さらにmicroSDカードスロットも2つ搭載しており、最大で416GBの拡張が可能。

無線接続にはWi-FiとBluetoothに対応しているため、スポティファイなどの音楽ストリーミングサービスも利用できます。エントリーモデルながらも十分なハイレゾ音源を楽しめるおすすめ製品です。

大容量MP3プレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンWM NW-WM1Z

ウォークマンのハイエンドモデル「NW-WM1Z」は、256GBの大容量を備えており約20000曲の音楽を保存可能です。クリアな高音と迫力のある低音を再現するため、筐体には金メッキを施した高純度な無酸素銅を採用しています。

内蔵しているアンプには、ハイレゾ音源対応の優れた性能を持つ「S-Master HX」を採用した高音質設計です。また、MP3に圧縮された音源もCD以上の高音質に変換できる「DSEE HX」も搭載。女性ボーカル、男性ボーカルなど曲調に合わせて5つのモードからぴったりの音質に補正することが可能です。

高価であるのは否めませんが、それだけの価値が詰まったオーディオプレーヤーと言えるでしょう。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX100

内蔵メモリ128GBの大容量のウォークマンです。周囲の雑音を軽減できる「ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載しており、対応しているヘッドホンを使うことでハイレゾ音源の高音質を楽しむことも可能。また、ノイズキャンセリングには3つのモードがあり、その場に適したモードを自動で選んでくれるのも便利なポイントです。

独自開発のフルデジタルアンプ「S-Master HX」により高音質と省電力を両立させているのも特長のひとつ。MP3などの圧縮音源もハイレゾ並みの高音質で聴ける「DSEE HX」機能を搭載しているのも魅力です。また、MP3再生時には約70時間使用できるロングバッテリーなので外に持ち運ぶ際にも便利。

Astell&Kern ハイレゾプレーヤー AK380

ハイレゾ対応のハイエンドモデルのオーディオプレーヤーです。本体内蔵メモリが256GBを有し、最大128GBのmicroSDカードスロットを搭載しているので容量が足りない場合は拡張もできます。

「AK Connect App」というアプリをダウンロードしておけば、スマートフォンやタブレット端末からリモートコントロールすることも可能。なので、リビングなどに置いておくホームオーディオとしての活用もおすすめです。

Bluetooth対応MP3プレーヤーのおすすめモデル

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ NW-WS625

ヘッドホンと一体になったウォークマンです。操作は指輪タイプのリモコンが付属しているので、わざわざヘッドホンを外して操作する必要がありません。

音楽を聴く時には内蔵メモリに楽曲を保存して再生できる他、Bluetooth対応なのでスマホと連携してYouTubeやスポティファイなどのストリーミング配信にも対応できます。音声通話アプリを使えば、ハンズフリー通話も可能です。

さらに本製品は海水にも対応できる高い耐水性能を有しており、水深2mまでのプールであればスイミングの際にも使用できます。また、防塵性能や耐寒熱性能も備えているので、砂浜、冬季スポーツ、お風呂の中でも活用可能です。

使用する前に充電されていないことに気がついても3分程度の充電で約1時間再生が可能になる「クイック充電」にも対応しているなど利便性の高い製品です。

AGPTEK A01T

Bluetoothに対応した格安MP3プレーヤー、安さを感じさせないスタイリッシュでおしゃれなデザインが魅力。容量は8GBとやや少なめですが、microSDカードを別途購入すれば最大128BGまで拡張が可能です。

音楽再生機能以外にもFMラジオ、歩数計、録音、電子ブックなど豊富な機能を搭載しているのも特長です。有名メーカーの製品ではないですが、BluetoothがついたMP3をできるだけ安く購入したいと考えている方にはおすすめです。

MP3プレーヤーの安いおすすめモデル

トランセンド(Transcend) MP350 TS8GMP350B

重量約22gの軽量かつコンパクトなMP3プレーヤー。耐衝撃と耐防滴性能を有しているのでスポーツやアウトドアでの活用に向いています。背面にはクリップが付いており、衣服やカバンに付けて使えるのも便利な仕組みです。

また、エクササイズの記録を残すことができる「フィットネス・トラッカー機能」も搭載。その他にも最大20時間の録音ができる「ボイスレコード機能」「FM録音機能」なども備えています。運動をする時用のMP3プレーヤーとしておすすめです。

HuaZhao MP3プレーヤー A7P-1

リーズナブル価格ながらも、Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンやスピーカーなどで音楽を楽しむことが可能。音楽を聴くだけでなく、FMラジオ、録音、電子ブックなどの機能も充実しています。容量は8GBですが、microSDカードスロットを搭載付しているので拡張も可能です。

本体重量は約75gと軽量で、バックライト付きのタッチボタンで操作もスムーズにできます。Bluetooth対応の安いMP3プレーヤーを探している方はぜひチェックしてみてください。

AGPTEK ヘッドホン一体型 防水・水泳MP3プレーヤー

ヘッドホンと一体型になった完全防水仕様のMP3プレーヤーで、音楽を聴きながらプールで泳ぐことが可能です。圧迫感のない着け心地となっているため、長時間使用する際も疲れにくいのが魅力。また、スポーツ時に激しい動きをしてもしっかりとフィットしてくれるので安心です。

内蔵メモリの容量は8GB、約2000曲の音楽を保存することが可能です。フル充電で約10時間連続再生できるので通勤、通学、プールでのトレーニングなどに使う際にぴったり。なお、再生モードはノーマル再生、シャッフル、1曲リピートの3つがあります。

低価格ながらも完全防水を実現しており、運動時や通勤時などちょっとした時間に使用する程度であれば十分な機能を備えているのでおすすめです。

AGPTEK H50

サイズが61×49×15mm、手の中にすっぽりと収まるコンパクトさが魅力音質に関しては、ノイズを最小限に抑えたより原音に近い音を再現してくれる「HiFi超高音質」を楽しめます。

また、付属のアダプタを使って、Android端末のスマホに入っている音楽をMP3プレーヤーに取り込める「OTG」という機能に対応。パソコンにいちいち接続して音楽を取り込むという手間が省けます。さらに、急速充電も可能で1時間の充電で約15時間の再生ができるのもうれしいポイントです。

なお、本製品は内蔵容量がないため別途SDカードを用意する必要があるので注意しましょう。ちなみに容量は最大で128GBまで対応できます。

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313

ウォークマンシリーズの中でも低価格なモデル。上位機種のようにより高音質な音楽を楽しめるハイレゾ音源には対応していませんが、周囲の雑音をカットできる「デジタルノイズキャンセリング」機能、Bluetoothによる無線接続、FMラジオなどの機能はしっかりと備えています。

デジタルノイズキャンセリング機能に関しては、電車やバス、航空機、室内などの環境に合ったノイズキャンセリングが可能。音漏れの心配もなく、耳への負担も抑えられます。

また、指定した部分を繰り返し再生できる「A-Bリピート再生」という語学学習をする際にも便利な機能も搭載しているので、英語を勉強中の方や学生へのプレゼントにもおすすめです。最大52時間のロングバッテリーなので、外出時にも充電切れを気にせずに音楽を堪能できるのも魅力です。リーズナブルなモデルで、音質に関してそこまでこだわりがない方は検討してみてください。

MP3プレーヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

MP3プレーヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。