ポータブル音楽プレーヤーの代名詞的存在のウォークマン。iPodやスマホでの音楽鑑賞が広まった現在も高い人気を維持しています。その理由は何と言っても高い音質。他メーカーと比較しても負けないほどのクオリティーです。

また、iPodやスマホにはない便利な機能や、小型・軽量サイズであることも魅力。そんなウォークマンには用途や予算に応じたモデルが多くラインナップされているため、選ぶのに困ってしまうことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、最新ウォークマンの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

ウォークマンの選び方

容量をチェック

たくさんの音楽を持ち歩いて聴きたいのなら本体内蔵ストレージの容量が大きいほど便利です。低価格モデル以外のウォークマンはmicroSDカードに対応しており容量の追加もできるため、使い続けるうちに容量が不足してきた場合でも問題ありません。

なお、必要なストレージ容量は聴く音源の圧縮方式にも大きく左右されます。MP3なら数GBの容量でも1000曲単位で入れられる一方、ハイレゾ音源、特にDSD音源となるとわずか数十曲で数GBの容量を要するため注意が必要です。

再生可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

ウォークマンの再生可能時間は、現在もポータブル音楽プレーヤー業界トップクラスのスタミナを誇ります。そのなかでもより再生可能時間を重視するなら、省電力と音質のバランスを重視した「Aシリーズ」や「ZXシリーズ」がおすすめです。ハイレゾ音源でも数十時間の再生が可能なハイスペックを実現しています。

なお、再生可能時間は音源の種類によって大きく変わり、音源のデータ量が多くなるにつれ短くなっていくので注意が必要です。加えて、Bluetooth送受信機能を使用すると内蔵音源再生時よりも短くなります。再生可能時間を長くしたいなら軽い再生ファイルを使用したり、再生の際に有線イヤホンを使用したりするのもポイントです。

機能の有無をチェック

ハイレゾ音源再生対応

By: sony.jp

CDを大きく上回る高精細で広帯域な高音質音源である「ハイレゾ」。CDの音質を上回っているPCM系音源とDSD音源が該当します。

ウォークマンでは「Aシリーズ」「ZXシリーズ」「WM1シリーズ」が対応。どこまでのスペックのハイレゾに対応するかはシリーズごとに異なります。価格もかなりの幅があるので、ハイレゾ音源の初心者には「Aシリーズ」がおすすめです。

バランス接続

By: sony.jp

左右信号を完全に分離し、音の純度や立体感を大幅に向上させたのがイヤホンのバランス接続。それに対応して、従来の接続をアンバランス接続と呼ぶこともあります。ウォークマンでは、4.4mm径端子を採用し、「ZXシリーズ」「WM1シリーズ」に搭載されています。

なお、バランス接続で音楽を聴くためには、イヤホン・ヘッドホンも4.4mm径端子に対応している必要があります。対応するイヤホンやヘッドホンが少ないので、注意が必要です。

外音取り込み機能

By: amazon.co.jp

外音取り込み機能は、音楽を聴いている最中でも周囲の音を確認できる機能のことです。外を歩いている時でも周囲の音を拾えるので安全性が確保できるほか、電車でのアナウンスの聴き逃しも防げます。

ウォークマンではプレーヤー型モデルの一部製品で対応している機能です。付属のイヤホンあるいは別売りのソニー製外音取り込み対応イヤホン・ヘッドホン使用時に限って使用できます。イヤホンを交換したい場合は注意しましょう。

ヘッドホン一体型の「Wシリーズ」のみ本体にこの機能が内蔵されています。外音取り込み機能に注目するならおすすめです。

USB-DAC機能

PCとUSB接続して、PC内の音楽ファイルを再生できるのがUSB-DAC機能です。PC内蔵のDACに比べて高音質での再生が期待でき、ハイレゾ音源の再生に対応するウォークマンの一部で搭載しています。PCで高音質再生したいけれど、別途USB-DACを買うのを迷っている方は機能が搭載されたウォークマンを購入することをおすすめします。

付属品をチェック

By: sony.jp

ポータブルプレーヤーはイヤホンが付属しているものがほとんどですが、ウォークマンの場合は自分で好みの音質のイヤホンやヘッドホンを選んで欲しいという理由から、イヤホンが付属しないモデルも多数ラインナップされています。イヤホン付属タイプの場合は、ノイズキャンセリング機能に対応しているかどうかが選ぶ際の基準のひとつです。

また、ウォークマンのなかにはスピーカーが付属しているモデルもあります。外部のスピーカーと接続せずとも自宅や屋内でも音楽を手軽に楽しめるので便利です。ただし、あくまでイヤホン・ヘッドホンでのリスニングがメインの機器なので、おまけ程度のスピーカーと考えましょう。

ウォークマンのおすすめ|安価で多機能なコスパモデル

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ 4GB NW-S313

ウォークマンとしては最もリーズナブルな「Sシリーズ」のベーシックモデル。 約53gのコンパクトなボディに約52時間の連続再生ができます。音源に適した音質を選べる「イコライザーモード」や、好みの音質に細かく設定できる「カスタムイコライザー」を搭載しているので、好みの音質の追求が可能です。

周囲の騒音をカットできるデジタルノイズキャンセリング機能に対応した有線イヤホンが付属。Bluetooth接続も可能なので、対応イヤホンを別途用意すればワイヤレスリスニングもできます。ハイレゾ再生には非対応ですが、イコライザーやノイズキャンセリング機能が充実したポータブル音楽プレーヤー初心者におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ 16GB NW-S315K

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ 16GB NW-S315K

スピーカー付きのウォークマン。充電台も兼用したアンプ内蔵モノラルスピーカーが付属しています。スピーカーから音楽を再生しながらウォークマンの充電も可能です。

スピーカーはAC給電に加え、ウォークマン内蔵充電池での再生も可能。屋外でもスピーカーから音楽を楽しめます。Bluetooth接続機能を利用して、対応するスピーカーから音楽を鳴らすことも可能です。

デジタルノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンも付属。活躍場所を選ばない小型オーディオ機器としてもおすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55

ソニーのハイレゾ対応ウォークマンのエントリーライン「Aシリーズ」のベーシックモデルです。内蔵ストレージを16GBに抑え、イヤホンも別売りにすることで低価格を実現しています。

ストレージを後からmicroSDカードで増設すればよいと考える方や、手持ちのイヤホンやヘッドホンを使うという方にとってはお得なモデルです。機能、音質面では「Aシリーズ」のほかのモデルと変わらないにも関わらず安価なので、初めてのハイレゾ対応ウォークマンとしておすすめできます。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55HN

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55HN

ハイレゾ対応専用イヤホン「IER-NW500N」が付属したウォークマン。付属のイヤホンには外音取り込みやノイズキャンセリングといった機能が搭載されているため、別途ウォークマンの機能を活かせるイヤホンを買わなくて済むのでコスパも良好です。

Bluetooth受信機能を搭載しており、スマホに入っている音楽をノイズキャンセリングしながら聴くことができます。また、USB-DAC機能を使えばPC内のハイレゾ音源を高音質で再生可能。ウォークマンへ音源を追加せずに使える点でもおすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45HN

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45HN

外音取り込み・ノイズキャンセリング機能搭載のハイレゾ対応専用イヤホン「IER-NW500N」が付属したハイコスパな多機能モデル。同じイヤホンが付属した2018年モデル「NW-A55HN」に比べて安いのが魅力です。

ノイズキャンセリング機能使用時のバッテリー持続時間も最大37時間と、高音質で外のノイズを気にすることなく音楽を聴けます。最新モデルにこだわらず、安価にハイレゾ対応モデルが欲しいという方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ 4GB NW-WS413

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ 4GB NW-WS413

音楽プレーヤー部が耳掛け型ヘッドホンと一体化した「Wシリーズ」のウォークマン。「Wシリーズ」はウォークマンのなかでもトップクラスの軽量とコンパクトさが魅力です。液晶画面はなく、操作系もシンプルです。ハイレゾ再生は非対応で、内蔵バッテリーにより最大12時間再生できます。なお、microSDカードなどによる容量の増設はできないので注意が必要です。

本モデルは内蔵ストレージを4GBに抑えることで約1万円という安さを実現。深さ1.5mの水没にも耐えられるIP65相当の高度な防水・防塵性能を有しています。さらに海水対応や-5℃から45℃の温度範囲で使用できるといったタフさが大きな特徴。外音取り込み機能も備えているので、スポーツ時や屋外の使用に適したおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ 4GB NW-WS623

ソニー(SONY) ヘッドホン一体型ウォークマン Wシリーズ 4GB NW-WS623

ヘッドホン一体型ウォークマン「Wシリーズ」の上位モデル。内蔵ストレージ4GBを有しているほか、Bluetooth受信に対応するので本体の容量に関係なくにスマホやタブレット内の曲をワイヤレスで快適に楽しめます。ハンズフリー通話にも対応しているのでヘッドセットとしても使用可能なのもポイント。

ハイレゾには非対応ですが、音楽の臨場感を高める「クリアフェーズ」機能も搭載し、音質も良好です。専用リングタイプリモコンが付属しているので、ウェアラブルプレーヤーであるにも関わらず、音量調節や再生が手元で行なえるのも便利。再生可能時間は最大約12時間で、「Wシリーズ」に共通の高度な防水・防塵・耐寒熱性能を備えるので、屋外でのラフな使用にもおすすめのモデルです。

ウォークマンのおすすめ|高音質なモデル

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 64GB NW-A57

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 64GB NW-A57

「Aシリーズ」のなかでは内蔵ストレージが64GBと最大のモデル。本体のみでたっぷり音楽を聴けます。サイズが55.7×97.3×10.8mm、重量99gのコンパクトボディに、最大45時間再生のスタミナはウォークマンならではの魅力です。

新たにアルミ削り出し筐体を採用し、高密度・低抵抗値・高剛性を追求。「金入り高音質無鉛はんだ」も相まって、従来モデルよりもクリアで力強いサウンドを鳴らします。

高音質と省電力を両立するフルデジタルアンプ「S-Master HX」や圧縮音源もハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」機能、Bluetooth送受信、USB-DAC機能など、上位シリーズ同様の基本内容を持ち、総合的なコスパの高さが光ります。

上位モデルとの大きな差はバランス接続に非対応な点。一方、バッテリー持ちや音質調整機能の豊富さは上位を凌ぎます。魅力的なハイレゾ対応ウォークマンとして幅広くおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55WI

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55WI

ネックバンド型のBluetoothイヤホン「WI-H700」が付属したウォークマン。首回りにフィットするスリムな形状で長時間使用でも疲れにくい設計です。イヤホンはBluetooth接続時にはバッテリーで8時間駆動可能。バッテリーが切れても有線イヤホンとしても使えるので便利です。

イヤホンにもウォークマン本体同様に、LDACに対応したBluetooth受信機能や、高音質化回路「DSEE HX」などを備えるので、ウォークマン以外の機器と組み合わせても高音質で音楽を楽しめます。

ネックバンドのボタンで各種操作が可能なうえ、ハンズフリー通話も可能で、音質調整可能なスマホアプリも使えるのでスマホとウォークマンを併用して使いたい方にもおすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 64GB NW-ZX300

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 64GB NW-ZX300

ハイレゾ対応ウォークマンのハイクラスモデルが「ZXシリーズ」。「Aシリーズ」以上の高音質が楽しめるコスパに優れたモデルです。

豊富な機能と高音質を実現したうえで、ウォークマンらしい小型・軽量・ロングバッテリーを実現しているのも大きな魅力。本モデルはイヤホンのバランス接続に対応するウォークマンとしては最もリーズナブルなのもポイントです。対応イヤホンとの組み合わせることで、立体感に優れた高音質をより手軽に楽しめます。

本体は最大30時間の再生に対応し、内蔵ストレージ64GBに加えてmicroSDカード増設にも対応しています。3.1型タッチパネルによる直感的な操作感も快適なおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 128GB NW-ZX300G

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 128GB NW-ZX300G

「NW-ZX300」の内蔵ストレージを128GBに増強したモデル。それ以外の点は全て同一内容なので、ストレージの増設に頼らず本体のみで多くの楽曲を聴きたい方に向いています。

「NW-ZX300」はPCの音源も聴けるUSB-DAC機能や、Bluetooth送受信にも対応するので、外部機器との併用により多くの音源を本機の高音質回路を通して聴けるのも魅力です。

「高品位電源」「無酸素銅プレート」といった音質に大きく関わる部品を上位の「WM1シリーズ」譲りで採用しているため、サウンドがハイクオリティーなのもポイント。そのほか、機能面でも上位モデルと引けを取らないのでお買い得感の高いウォークマンとしておすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 128GB NW-ZX100

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 128GB NW-ZX100

アンバランス接続専用のウォークマンです。やや発売から時間が経っていますが、フルデジタルアンプをハイレゾ音源に最適化した「S-Master HX」や圧縮音源をハイレゾ相当に変換する「DSEE HX」、高音質なBluetoothコーデック「LDAC」への対応など、最新のウォークマン上位機と共通の基本内容を備えるので古さは感じられません。

内蔵ストレージは128GBと十分で、microSDカードもサポートするので、容量不足の心配も不要です。ハイレゾ音源再生時に45時間再生可能なロングバッテリーもメリット。3型液晶画面は視認性に優れていますが、最新モデルと異なりタッチパネル操作には非対応なので注意しましょう。再生可能ファイルのスペックはPCM系で最大24bit/192kHz、DSD 5.6Hzまでと、多くのハイレゾ音源をカバーできる範囲なので、実用性十分のおすすめハイレゾモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 128GB NW-ZX2

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ 128GB NW-ZX2

ZXシリーズのロングセラーモデル。発売時期がやや古いこともあり、イヤホンのバランス接続には対応していません。その分、コストをアンバランス接続回路のみに振り向けられるので、バランス接続を使わないならコスパ良好のモデルです。アンバランス接続専用の高級ヘッドホンを高音質で鳴らす実力を備えます。

再生可能ファイルのスペックも最新機よりもやや劣りますが、実用的には十分な能力。最大71時間再生とかなりのスタミナを有しています。Bluetooth送信は現在最高スペックのLDACに対応するのでワイヤレスリスニング重視の方にもおすすめです。

銅板とアルミニウムの総削り出しフレームから構成される「ハイブリッドシャーシ」を採用。外見と手触りのよいプレミアム感を演出しています。エントリークラスとは異なる高音質とモノとしての質感をよりお手頃に入手できるウォークマンとしておすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ 128GB NW-WM1A

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ 128GB NW-WM1A

「WM1シリーズ」はコストの制約や小型化・軽量化よりも高音質を追求したウォークマンの最上位モデルです。独自開発のフルデジタルアンプ「CXD3778GF」を搭載し、DSD 11.2MHzまでのネイティブ再生や最大384kHz/32bitのPCM音源の再生に対応しています。ハイエンドコーデックであるMQAというフォーマットにも対応します。

バランス接続時に250mW+250mW(16Ω)のハイパワーを実現しているのもポイント。ポータブルプレーヤーでは魅力を活かしづらい国内外の高級ヘッドホンも十分な音量で鳴らせます。

内蔵ストレージは128GB。microSDカードでの増設にも対応します。海外の高級プレーヤーとは異なり省電力なアンプを採用しているため、高音質プレーヤーとしては異例の30時間ロングバッテリーを搭載しているのも魅力のおすすめモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ 256GB NW-WM1Z

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ 256GB NW-WM1Z

ウォークマンの最上級モデル。機能面では内蔵ストレージが256GBであるという点以外、「NW-WM1A」とほぼ同一です。最大の違いは素材。筐体や内部配線を上質にすることにより、高音質化を図る手法を投入したモデルです。

本機では金メッキを施した高純度な無酸素銅を外形に採用することで電気特性を改善しています。伸びやかな高音やクリアでパワフルな低音を実現。また、アンプからヘッドホンジャックの線材に、通電性に優れたBraid構造の4芯ケーブルを採用し、表現力豊かで深みのあるサウンドを聴かせてくれます。

USB-DAC機能も搭載しているので、高音質な据え置き機のように使うこともおすすめです。サイズは72.9×124.2×19.9mm、重量は455gとウォークマンのなかでは大型なので注意しましょう。最上級のポータブルサウンドが欲しい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) デジタルミュージックプレーヤーDMP-Z1

ソニー(SONY) デジタルミュージックプレーヤーDMP-Z1

およそ90万円と世界最高クラスの高価格なモデル。コスト・重量を度外視でポータブルプレーヤー最高の音質を目指した意欲作です。

オーディオ機器の電源にはバッテリー駆動が有利という点に着目。入念かつ大規模なバッテリー電源システムを構築することで、高級据え置き機にも匹敵する透明感の高いサウンドを聴かせます。音質最優先のため、再生可能時間は10時間と短めです。

ヘッドホン出力のみに絞り機能も抑える潔い内容で、シンプルに高音質を楽しむ用途に振り切っています。ヘッドホンアンプ部も高級据え置きプレーヤー同様にアナログ回路で構築。圧倒的な力感と、静寂から立ち上がる楽音のリアリティーを堪能できます。

サイズは138×68.1×278.7mm、重量は約2490gとかなり大きめのサイズなので、価格と大きさに納得した上で挑戦したい高級モデルです。