ポータブル音楽プレーヤーの代名詞的存在の「ウォークマン」。iPodやスマホでの音楽鑑賞が広まった現在でも、高い人気を維持しています。その理由はなんといっても高い音質。ほかのメーカーと比較しても高いクオリティです。

また、iPodやスマホにはない便利な機能を備えている点や、小型軽量サイズであることも魅力。ただし、用途や予算に応じたモデルが多くラインナップされているため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、最新ウォークマンの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

ウォークマンとは?

By: amazon.co.jp

ウォークマンとは、 日本の大手電機メーカー「ソニー」が手がける携帯音楽プレーヤーのこと。ウォークマンはCD以上の情報量を有する「ハイレゾ音源」に対応したモノもあり、高音質なサウンドを表現できるのが特徴です。

ほとんどのモデルがBluetooth接続機能に対応しているため、同規格に対応したワイヤレスイヤホンなどと簡単にペアリングが可能。また、同社が提供するアプリ「Music Center for PC」を使用することで、パソコンで音楽を一括管理できるのも魅力です。プレイリストが簡単に編集できるほか、CDから楽曲を取り込んで簡単にウォークマンへ転送できます。

本体をポケットに入れたままスタイリッシュに音楽を楽しんだり、ワイヤレススピーカーとペアリングして快適な音楽環境を構築できたりと、さまざまな楽しみ方ができるおすすめのアイテムです。

ウォークマンの選び方

種類をチェック

安価で購入できる「Sシリーズ」

By: amazon.co.jp

コンパクトなSシリーズは、通勤中や通学中など、いつでもどこでも好きな音楽が楽しめます。「デジタルノイズキャンセリング機能」が搭載されているので、対応するイヤホンと併用することで、周りの音を遮断し、クリアなサウンドが再生できます。

また、Sシリーズはほかのモデルと比較して安価で購入できるのがポイント。SDカードに対応していないので、容量の増設ができない点に留意が必要ですが、スタミナも十分にあり、長時間の外出でも電池切れしにくいのも魅力です。

コストパフォーマンスに優れた「Aシリーズ」

By: amazon.co.jp

CDよりも高解像度の音が楽しめるハイレゾに対応しているのが「Aシリーズ」です。音の奥行きやアーティストの息づかい、ライブのような臨場感も味わえます。CDだけでなく、SpotifyやYouTubeなどのストリーミングサービスの楽曲も高音質で聴けるのが魅力です。

また、iPhoneやiTunes Storeでダウンロードした曲を、Wi-Fiを通してウォークマン本体にダウンロードできるのもポイント。Bluetooth対応なので、ワイヤレスでも楽しめます。コストパフォーマンスに優れたシリーズです。

ワンランク上のモデルに切り替えるなら「ZXシリーズ」

By: amazon.co.jp

ハイレゾの音楽を既に聴いていて、さらにワンランク上のモデルに買い替えたい方には「ZXシリーズ」がおすすめ。高性能のデジタルアンプ「S-Master HX」を採用しているので、迫力ある低音が楽しめます。

Bluetoothでもハイレゾ相当の音楽が楽しめる「LDAC」に対応しているのもポイント。ワイヤレスでも繊細できれいな音が味わえます。また、AIが楽曲を分析して、曲に合った力強さを表現するのも魅力です。

最上級のハイエンドモデル「WMシリーズ」

By: rakuten.co.jp

「バイナルプロセッサー」を搭載していることが特徴の「WMシリーズ」。アナログレコードが持つ共振やノイズを再現しています。ウォークマンで、古きよき時代の音楽を体感できるのが大きな魅力です。

また、10バンドイコライザーに対応しているのもポイント。音声信号の周波数を自分好みに調節しての保存が可能です。ワンタッチで曲に合わせた音質に変更できる「DSEE HX」も搭載しているので、イコライザーが分からない方でも高音質で音楽が楽しめます。ハイエンドモデルを探している方におすすめです。

イヤホンと一体化した「Wシリーズ」

By: amazon.co.jp

「Wシリーズ」は、スポーツシーンで活躍するウォークマンです。IPX5/8相当の防水性能やIP6X相当の防塵性能を持っているので、トレイルランニングやトレッキングなどのアウトドアシーンにおすすめです。

Bluetoothを介してスマートフォンと連動し、音楽を再生できるほか、本体に内蔵されたストレージに直接音楽を保存して再生できるのがポイント。イヤホンと一体化しており、さまざまな使い方ができるのが魅力です。

Bluetooth・Wi-Fiなどの無線通信に対応しているか

By: amazon.co.jp

より快適に音楽を楽しみたい方は、BluetoothやWi-Fiなど無線通信に対応しているかも重要なポイントです。Bluetoothに対応しているモデルの場合、ワイヤレスイヤホンなどでリスニングできるほか、ワイヤレススピーカーに接続して複数人で聴くことも可能。Wi-Fiに対応しているモデルであれば、パソコンと接続しなくてもネット上から直接音楽をダウンロードできます。

Bluetoothでコードレス化することにより、ケーブルが絡まったり、引っかかって外れてしまったりなどのデメリットが少なくなるため、通勤通学など持ち運んで利用する方にピッタリ。また、パソコンを持っておらずストリーミングサービスなどで音楽を楽しみたい方は、Wi-Fiに対応しているモデルがおすすめです。

イヤホン・スピーカーの有無

By: amazon.co.jp

ウォークマンのなかには、専用のイヤホンやスピーカーが付属したモデルと付属していないモデルの2種類が存在します。自分の気に入っているイヤホンやスピーカーを持っている方は付属していないモデルの方がコストを抑えられるのでおすすめ。一方、まだ気に入ったイヤホンやスピーカーを持っていないのであれば、付属したモデルを選ぶと便利です。

専用のイヤホンやスピーカーはデザインや性能共にウォークマンに最適化されており、使いやすいのがポイント。付属していないモデルに比べてやや値段は張りますが、セットになっている分バラで購入するより安価に購入できます。予算と相談したうえで、自分にあったモデルを選んでみてください。

ストリーミング対応モデルに注目

By: amazon.co.jp

ストリーミングとは、「Apple Music」や「Spotify」などネットに接続して音楽や動画を楽しめる再生方式のこと。パソコンなどから音楽を転送する必要もなく、ネットに接続するだけで手軽に音楽を再生できます。

また、サービスによってはダウンロードしてオフライン再生に対応しているモノも存在。通信量を気にせず、好きなときに好きな音楽を聴き放題で楽しめます。

現在発売されているウォークマンでストリーミングに対応しているモデルは「ZXシリーズ」と「A100シリーズ」のみ。どちらもハイスペックモデルなため、やや値段は張ってしまいますが、ストリーミングサービスの音楽をハイレゾ相当の高音質で楽しみたい方におすすめです。

容量をチェック

たくさんの音楽を持ち歩いて聴きたいのなら、本体内蔵ストレージの容量が大きいほど便利です。低価格モデル以外のウォークマンは、microSDカードで容量の追加もできるため、使い続けるうちに容量が不足してきた場合でも対応ができます。

なお、必要なストレージ容量は聴く音源の圧縮方式にも大きく左右されるので要チェック。MP3なら数GBの容量でも1000曲単位で入れられる一方、ハイレゾ音源、特にDSD音源となるとわずか数十曲で数GBの容量を要するので注意が必要です。

再生可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

ウォークマンの再生可能時間は、現在もポータブル音楽プレーヤーのなかでもトップクラスのスタミナを誇ります。より再生可能時間を重視するなら、省電力と音質のバランスを重視した「Aシリーズ」や「ZXシリーズ」がおすすめです。ハイレゾ音源でも数十時間の再生が可能なハイスペックを実現しています。

なお、再生可能時間は音源の種類によって大きく変わり、音源のデータ量が多くなるにつれて短くなるので注意が必要です。加えて、Bluetooth送受信機能を使用すると内蔵音源再生時よりも短くなります。再生可能時間を長くしたいなら、軽い再生ファイルを使用したり、再生の際に有線イヤホンを使用したりしましょう。

音にこだわりたい方におすすめの機能をチェック

ハイレゾ対応

By: amazon.co.jp

ハイレゾとは、CDよりも音の情報をたくさん持ち、より高音質で楽しめる音源のこと。音の太さはもちろん、低音から高音まで幅広い音域を表現できるため、音の奥行きや立体感などを感じられるのが特徴です。

「LDAC」に対応したモデルであれば、Bluetoothで音楽を転送したとしてもハイレゾ相当の高音質でリスニング可能。さらに、CD音源やMP3などをハイレゾ相当の音質にアップスケーリングできる「DSEE HX」に対応したモデルや、ハイレゾ音源の魅力である高音質を十分引き出せるソニー独自のオーディオテクノロジー「S-Master HX」に対応したモデルが存在しています。

イコライザー

イコライザーとは、楽曲の低音や高音を強調したり、減少させたりできる機能のこと。自分好みに周波数などを細かくカスタマイズできるので、曲ごとにしっくりくる音質に変えられるのが特徴です。低音と高音を強調した「ヘビー」、中域を強調したボーカルに適した「ポップス」などプリセットされたモノもあり、細かい設定が苦手な方でも簡単に扱えます。

イコライザー機能を活用することで、また違った観点から音楽を楽しめるので、マンネリを解消する効果も期待できます。自分で音質をいじってみたい方、音の変化を楽しみたい方におすすめの機能です。

バランス接続

By: rakuten.co.jp

バランス接続とは、左右の音を完全に分離することでノイズの少ないサウンドを実現できる出力方法のこと。ステレオ感に悪影響を与えるクロストークと呼ばれるノイズ信号を低減するため、繊細な音の表現ができます。

ただ、バランス接続で音楽を楽しむためには、対応したウォークマンのほかに接続安定性の高い「Φ4.4mmバランス標準プラグ」を採用したヘッドホンが必要です。ある程度コストが必要になるため、より音質にこだわりたい方や上級者の方におすすめの機能です。

ウォークマンのおすすめモデル|Sシリーズ

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S313

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S313

4GBのストレージを内蔵したリーズナブルなSシリーズのウォークマン。軽量設計で最大約52時間の連続再生が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのが特徴です。また、周囲の音をカットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。対応するイヤホンを併用することで、電車やバスなど人混みでもクリアなサウンドが楽しめます。

また、CDプレーヤーなどのオーディオ機器と本体を別売の録音用ケーブルで接続すれば、手軽に曲を取り込み可能。カラーバリエーションも豊富なので、男女問わずファッションに合わせやすいのもうれしいポイントです。

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S315

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S315

リーズナブルながら、最大52時間連続再生に対応しているSシリーズのウォークマンです。外出の際気になる周囲の騒音をカットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載しているのが特徴。周囲の音を気にせず音楽に集中できるので、通勤・通学で使用する予定の方にもおすすめです。

本体重量が約53gと軽量設計なのも魅力のひとつ。持ち運ぶ際も負担にならないので、ランニングなどスポーツシーンでも使用できます。

また、語学学習にサポートしているのもうれしいポイント。「A-Bリピート」を使えば、語学コンテンツや曲内の任意の地点を指定してリピート可能なので、集中して覚えたいときに便利です。さらに、「クイックプレイ」を合わせて使うことにより、約3秒再生位置を戻せます。安価で購入できて、勉学にも活用できるため、学生の方にもおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S315K

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S315K

複数人で音楽を楽しめるスピーカーを同梱したSシリーズのウォークマン。コンパクトながら最大52時間の連続再生に対応しており、電池切れを気にせず使えるのが特徴です。また、周囲の騒音をカットできる「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載しているのも魅力のひとつ。通勤・通学など周囲の音を気にせずクリアな音楽再生ができます。

優れた音の再現力を実現する、直径13.5mmの大口径ドライバーユニットを搭載したイヤホンが付属しているのもポイント。気密性を高めた音響機能により、音漏れを低減しています。

Bluetooth接続にも対応しているのも魅力のひとつ。自動接続機能を搭載しているので、一旦設定をしておけば、ウォークマンと登録機器の電源を入れるだけで自動的にペアリングします。スピーカーとイヤホンを付属していながら低価格で購入できるため、コスパを重視する方にもおすすめです。

ウォークマンのおすすめモデル|Aシリーズ

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A55

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A55

ハイレゾの高音質を楽しめる高性能なAシリーズのウォークマン。ハイレゾ音源のクオリティを十分に引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載しているのがポイントです。また、MP3やCD音源もハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングできる「DSEE-HX」を採用。ワイヤレス接続でも音質が劣化しにくい「LDAC」にも対応しており、とにかく音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

スタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。本体もタッチパネルで直感的に操作できるので、複雑な操作が必要ないのも特徴です。カラーバリエーションも豊富で、自分の好みで選べるため、幅広い層から人気を集めています。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A106

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A106

ストリーミング再生に対応した高性能なAシリーズのウォークマン。CDやダウンロード購入した楽曲だけでなく、「Spotify」や「Apple Music」「YouTube」などのストリーミングサービスを楽しめるのが特徴です。また、AI技術が楽曲タイプを分析し、自動的に最適なアップスケーリングをおこなうことで、ハイレゾ級の高音質を味わえます。

ワイヤレスでもハイレゾ音源が楽しめる「LDAC」に対応しているのも魅力のひとつ。楽器やボーカルの生々しさ、空気感を有線・ワイヤレス問わず体感できます。

さらに、microSDカードに対応しているのもうれしいポイント。ハイレゾ音源などデータ容量の多い音楽ファイルを保存して本体容量が足りなくなっても、簡単に拡張できます。比較的リーズナブルにストリーミング再生を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A105HN

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A105HN

ストリーミングもハイレゾ級の高音質で楽しめるAシリーズのウォークマンです。CDやダウンロード購入した音源以外に、「Spotify」や「Apple Music」などのストリーミングサービスを利用できるのが特徴。ジャンル問わずさまざまな楽曲をリスニングできるので、新しい音楽と出会えるのも魅力です。

また、ハイレゾの魅力を最大限に引き出す「S-Master HX」やCDやMP3のハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」に対応しているのもポイント。ストリーミングの音源も通常より高音質で楽しめます。

さらに、使いやすいUIやタッチ機能により快適に操作できるのも魅力のひとつ。直感的に操作できるので、機械が苦手な方でも簡単に扱えます。カラーバリエーションも豊富でファッションに合わせやすいデザインを採用。本体と同色のイヤホンが付属しており、別途イヤホンを購入する必要がないのも魅力です。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A107

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A107

ハイスペックながら64GBの大容量ストレージを搭載しているAシリーズのウォークマン。

ストリーミング再生に対応しており、「Spotify」や「YouTube」などを手軽に楽しめるのが特徴です。また、ストリーミングサービスの音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載。「LDAC」にも対応しているため、ワイヤレスイヤホンでもハイレゾ相当の音質を楽しめます。

本体には使いやすいUIや快適な操作性を実現するタッチパネルを採用しているのもポイント。直感的な操作が可能なので、機械が苦手な方や初心者の方でも簡単に扱えます。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A45HN

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ NW-A45HN

外音取り込み機能を搭載した高性能イヤホンを同梱したAシリーズのウォークマン。イヤホンの外部に配置されているマイクで周囲の音を取り込めるため、周囲の音を気にしながら安心して音楽を楽しめるのが特徴です。

ハイレゾ再生にも対応しているのも魅力のひとつ。ハイレゾ音源のクオリティを十分引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」やCD音源、MP3などをアップスケーリングできる「DSEE HX」、ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質が楽しめる「LDAC」を搭載しているので、音質にこだわりたい方にもおすすめです。

本体にはタッチパネルが採用されており、直感的に操作できるのもポイント。「NFC」を搭載しているので、対応しているヘッドホンやスピーカーとのペアリングもワンタッチで簡単にできます。複雑な操作が不要なため、機械が苦手な方でも扱いやすいのが魅力です。

ウォークマンのおすすめモデル|ZXシリーズ・WMシリーズ

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507

バランス接続で高繊細なサウンドを再生できるZXシリーズのウォークマンです。

左右の音を完全に分離できるので、ノイズの少ないサウンドを楽しめるのが特徴。接続安定性の高い「Φ4.4mmバランス標準プラグ」に対応したヘッドホンと合わせれば、かつてないクリアなサウンドを体感できます。ストリーミングにも対応しており、「Spotify」や「YouTube」などを利用して新しい音楽とも出会えます。

本体には「総削り出しアルミシャーシ」を採用しており、音響効果と高剛性を両立。バランス出力アンプ部の電源に高分子コンデンサを4基搭載することで、ボーカルや楽器の伸び透明感を向上し、しまりのある力強い低音を実現しています。値段も高めのハイエンドモデルなので、とにかく音質にこだわりたい方におすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマン WMシリーズ NW-WM1Z

ソニー(SONY) ウォークマン WMシリーズ NW-WM1Z

フルデジタルアンプ「CXD3778GF」を搭載し、DSD11.2MHzまでのネイティブ再生に対応したWMシリーズのウォークマン。

本体は高音質を追求したこだわりの厳選パーツでつくられているのが特徴です。また、さらなる操作性を向上するために新たなUIを採用しており、扱いやすいのも魅力のひとつ。4.0型のタッチパネル液晶を搭載し、音楽再生画面を中心に上下左右にスライドすることで、各メニューに素早くアクセスできます。

さらに、ハイレゾの高音質を最大限に引き出す「S-Master HX」に対応しているのもうれしいポイントです。音楽ファイルの高音域を補完すると共に、サンプリング周波数とビットレートを本来の数値より高めることで、クリアで躍動感のある音質を実現。バランス接続にも対応しており、ノイズの少ない繊細なサウンドも楽しめます。

ウォークマンのおすすめモデル|Wシリーズ

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS623

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS623

スマホと接続せずに1台だけで音楽が楽しめるWシリーズのウォークマン。

本体にストレージを内蔵しており、インターネットラジオなどを聞きながらトレーニングしたり、楽曲を保存して1台で身軽に音楽を聴いたりできるのが特徴です。Bluetoothにも対応しているので、スマホなどと接続してワイヤレスイヤホンとしても使えます。本体重量はわずか約32gと軽量設計なのも魅力のひとつ。運動時でも負担にならず、長時間の使用にも向いています。

また、JIS防水保護等級IPX5/8相当の高い防水性能に加えて、海水対応やJIS防塵保護等級IP6Xを実現しているのもポイント。雨の中のランニングはもちろん、プールや海水浴でも音楽が楽しめます。約3分の充電で約60分の再生が可能なクイック充電に対応しているので、充電をよく忘れてしまう方にもピッタリです。

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS413

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS413

本体を頭部にしっかり固定でき、水中でも高い装着感を実現するネックバンド形状を採用したWシリーズのウォークマン。

耳にかける部分をシームレス化し、ラウンド形状にしたことで装着時のフィット感や快適性、安定性を再現しているのが特徴です。JIS防水保護等級IPX5/8相当で水深2mの防水性能を実現。水中での使用はもちろん、手軽に水洗いもできるので、清潔に保ちたい方にもおすすめです。

また、左右のヘッドホンに内蔵されたマイクで、周囲の環境音を取り込むことが可能。周りの状況に気を配りつつ音楽が楽しめるので、安全にスポーツに集中できるのも魅力です。

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS625

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS625

本体に16GBの大容量ストレージを内蔵したWシリーズのウォークマンです。

本体重量わずか約32gの軽量ボディながら、16GBのストレージに多彩な楽曲を保存して持ち歩けるのが特徴です。ランニングなどスポーツシーンで身軽に動きたいとき、本製品1台のみで音楽を楽しめるので、スマホなどを持ち運ぶ必要がありません。IPX5/8相当の防水性能も備えており、雨の中のランニングはもちろん、水中でも安心して使用できます。

さらに、ヘッド部分には外音取り込み用マイクを搭載。周囲の音を適度に取り入れることで、安全にスポーツに取り組めるほか、装着したまま周囲の人とコミュニケーションもとれます。大量の音楽を持ち運べるスポーツシーンに便利なモデルを探している方におすすめです。