ポータブル音楽プレーヤーの代名詞的存在の「ウォークマン」。iPodやスマホでの音楽鑑賞が広まった現在でも、高い人気を維持しています。その理由はなんといっても高い音質。ほかのメーカーと比較しても高いクオリティです。

また、iPodやスマホにはない便利な機能や、小型・軽量サイズであることも魅力。そんなウォークマンには用途や予算に応じたモデルが多くラインナップされているため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、最新ウォークマンの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

ウォークマンとは?

By: amazon.co.jp

ウォークマンとは、 日本の大手電機メーカー「ソニー」が手がける携帯音楽プレーヤーのこと。ウォークマンはCD以上の情報量を有する「ハイレゾ音源」に対応したモノもあり、高音質なサウンドを表現できるのが特徴です。

ほとんどのモデルがBluetooth接続機能に対応しているため、同規格に対応したワイヤレスイヤホンなどと簡単にペアリングが可能。また、同社が提供するアプリ「Music Center for PC」を使用することで、パソコンで音楽を一括管理できるのも魅力です。プレイリストが簡単に編集できるほか、CDから楽曲を取り込んで簡単にウォークマンへ転送できます。

本体をポケットに入れたままスタイリッシュに音楽を楽しんだり、ワイヤレススピーカーとペアリングして快適な音楽環境を構築できたりと、さまざまな楽しみ方ができるおすすめのアイテムです。

ウォークマンの人気シリーズ

安価で購入できる「Sシリーズ」

By: amazon.co.jp

コンパクトなSシリーズであれば、通勤中や通学中など、いつでもどこでも好きな音楽が楽しめます。周りの音を遮断し、クリアなサウンドが再生できる「デジタルノイズキャンセリング機能」が搭載されているのも魅力です。

また、Sシリーズはほかのモデルと比較して安価で購入できるのがポイント。SDカードに対応していないので容量の増設ができない点に留意が必要ですが、スタミナも十分にあり、長時間の外出でも電池切れを心配する必要がありません。

コストパフォーマンスに優れた「Aシリーズ」

By: amazon.co.jp

CDにはない音も楽しめるハイレゾに対応しているのが「Aシリーズ」です。音の奥行やアーティストの息づかい、ライブのような臨場感も味わえます。CDだけでなく、SpotifyやYouTubeなどのストリーミングサービスの楽曲も高音質で聴けるのが魅力です。

また、iPhoneやiTunes Storeでダウンロードした曲を、Wi-Fiを通してウォークマン本体にダウンロードできるのもポイント。Bluetooth対応で、ワイヤレスでも楽しめます。コストパフォーマンスに優れたシリーズです。

ワンランク上のモデルに切り替えるなら「ZXシリーズ」

By: amazon.co.jp

ハイレゾの音楽を既に聴いていて、さらにワンランク上のモデルに買い替えたい方には「ZXシリーズ」がおすすめ。高性能のデジタルアンプ「S-Master HX」を採用しているので、迫力ある低音が楽しめます。

Bluetoothでの音楽再生もハイレゾで楽しめる「LDAC」に対応しているので、ワイヤレスでも繊細できれいな音が味わえます。また、AIが楽曲を分析して、その曲に合った力強さを表現するのも魅力です。

最上級のハイエンドモデル「WMシリーズ」

By: amazon.co.jp

SONYが新しく開発した「バイナルプロセッサー」を搭載していることが特徴の「WMシリーズ」。アナログレコードが持つ共振やノイズを再現しています。ウォークマンで、古きよき時代の音楽を体感できるのが大きな魅力です。

また、10バンドイコライザーに対応しているのもポイント。音声信号の周波数を自分好みに調節して保存できます。ワンタッチで曲に合わせた音質に変更できる「DSEE HX」も搭載しているので、イコライザーが分からない方でも高音質で音楽が楽しめます。ハイエンドモデルを探している方におすすめです。

イヤホンと一体化した「Wシリーズ」

By: amazon.co.jp

「Wシリーズ」は、スポーツシーンで活躍するウォークマンです。IPX5/8相当の防水性能やIP6X相当の防塵性能を持っているので、トレイルランニングやトレッキングなどのアウトドアシーンにおすすめです。

Bluetoothを介してスマートフォンと連動し、音楽を再生できるほか、本体に内蔵されたメモリに直接音楽を保存して再生できるのがポイント。イヤホンと一体化しており、さまざまな使い方ができるのが魅力です。

ウォークマンの選び方

容量をチェック

たくさんの音楽を持ち歩いて聴きたいのなら、本体内蔵ストレージの容量が大きいほど便利です。低価格モデル以外のウォークマンは、microSDカードに対応しており容量の追加もできるため、使い続けるうちに容量が不足してきた場合でも問題ありません。

なお、必要なストレージ容量は聴く音源の圧縮方式にも大きく左右されます。MP3なら数GBの容量でも1000曲単位で入れられる一方、ハイレゾ音源、特にDSD音源となるとわずか数十曲で数GBの容量を要するので注意が必要です。

再生可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

ウォークマンの再生可能時間は、現在もポータブル音楽プレーヤー業界トップクラスのスタミナを誇ります。より再生可能時間を重視するなら、省電力と音質のバランスを重視した「Aシリーズ」や「ZXシリーズ」がおすすめです。ハイレゾ音源でも数十時間の再生が可能なハイスペックを実現しています。

なお、再生可能時間は音源の種類によって大きく変わり、音源のデータ量が多くなるにつれて短くなるので注意が必要です。加えて、Bluetooth送受信機能を使用すると内蔵音源再生時よりも短くなります。再生可能時間を長くしたいなら、軽い再生ファイルを使用したり、再生の際に有線イヤホンを使用したりしましょう。

バランス接続対応かチェック

By: amazon.co.jp

「バランス接続」とは、イヤホンに送られるプラスマイナスの信号が左右で独立している規格のこと。互いの信号が干渉し合うことがないので、ノイズの少ないクリアな音楽を楽しめるのが魅力です。

また、ハイレゾ音源だけでなく、ラジオの音声にも対応。かつてはハイエンドモデルにのみ搭載されていた機能でしたが、今では身近な値段のモデルでもバランス接続を備えた製品が発売されています。

Bluetoothのバージョンをチェック

By: amazon.co.jp

Bluetoothは、送る側と受け取る側のバージョンが一致していないと機能を最大限に発揮できません。例として、Ver.4.2のウォークマンにVer.5.0のイヤホンを接続すると、発揮できる機能はVer.4.2の機能までです。そのため、ウォークマンを選ぶ際にはBluetoothのバージョンをチェックしておきましょう。

また、バージョン以外にもクラスを確認しておくのがおすすめ。クラスとは電波の到達距離を表しています。バージョンと同様に異なるクラス同士を接続すると低い方に統一されるので注意が必要です。

対応コーデックをチェック

By: amazon.co.jp

コーデックとは、音声データを圧縮するアルゴリズムのこと。音声データは圧縮しないと膨大なデータサイズになってしまうため、ウォークマンには圧縮された音声データを再生する仕組みが組み込まれています。

コーデックには「mp3」や「AAC」のように種類があり、種類によって圧縮率や音質が異なります。多くのコーデックに対応している機種を選べば、幅広い音楽が楽しめますし、同一ビットレートで比較した際に音質のよい「FLAC」に対応しているモデルを選べば、よい音で音楽が楽しめます。

ウォークマンのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S313

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S313

本体重量約53gのスッキリとしたボディながらも、約52時間の音楽再生時間を誇るウォークマン。家にいても外出先でも好きな音楽が楽しめます。容量は4GBで、4分間の曲が約830曲収録可能です。

対応フォーマットはMP3やAACのほかにFLACにも対応しているので、高音質で聴けるのが魅力。Bluetooth Ver.4.1に対応しているので、ワイヤレスでも楽しめます。また、音楽だけでなく、ラジオも受信できます。

聴きたい箇所を繰り返し再生できる「A-Bリピート再生」や、再生位置を巻き戻しする「クイックリプレイ」など、語学学習に便利な機能も搭載。通学や通勤などのスキマ時間で勉強できます。価格もリーズナブルで、手軽に音楽を楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S315K

ソニー(SONY) ウォークマン Sシリーズ NW-S315K

スピーカーが付属しているので、イヤホンでも据え置きでも楽しめるのが魅力です。小型ながらもパワフルなサウンドが楽しめます。また、スピーカーをACアダプターに接続することで、ウォークマンを充電しながら再生可能です。

容量は16GBあり、高音質コーデックのひとつであるFLACの曲が約330曲持ち運べます。また、Bluetooth Ver.4.1に対応しているので、有線はもちろんワイヤレスでもきれいな音を聴くことが可能です。

ノイズキャンセリング搭載で、周りの雑音に邪魔されることなく好きな音楽に没入できるのも特徴。メニューのカーソルカラーを本体の色に統一できたりイコライザ-がカスタマイズできたりと、自由度の高いアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン A50シリーズ NW-A55

ソニー(SONY) ウォークマン A50シリーズ NW-A55

デジタルアンプのひとつである「S-Master HX」を搭載しており、ハイレゾ音源が楽しめるウォークマン。MP3やCDの音源もハイレゾ仕様の高音質へとアップスケーリングできます。

Bluetooth Ver.4.2に対応しているので、スマートフォンと接続できるのもポイント。SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスの音源もウォークマンで楽しめます。また、Bluetoothのワイヤレス音楽もハイレゾ相当の音質で楽しめる「LDAC」に対応しているのも魅力です。

本体のみのモデルなので、好みのヘッドホンやイヤホンと組み合わせられます。さまざまなスタイルで好きな音楽へ没入できるアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン A50シリーズ NW-A56HN

ソニー(SONY) ウォークマン A50シリーズ NW-A56HN

MP3やAAC、FLAC など全13種類のコーデックに対応しているので、幅広い音楽が楽しめるのが魅力。32GBとMP3の曲が約7300曲収録できるほどの容量を誇り、microSDで増設することも可能です。

ヘッドホンが付属しているモデルで、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。周囲の雑音を気にせず、好きな音楽の世界に入り込むことが可能です。また、周囲の音を聞き取りやすくする機能も搭載しているので、安全性にも優れます。

ボディの素材にはアルミキャビネットを採用。堅牢性に優れているので誤って落としても故障しにくいのも特徴です。サイドに備えられた操作ボタンが独立しているので、押し間違えることなく操作できます。

ソニー(SONY) ウォークマン A100シリーズ NW-A105HN

ソニー(SONY) ウォークマン A100シリーズ NW-A105HN

レッド・ブラック・アッシュグリーン・オレンジ・ブルーと5色のカラーバリエーションがあり、好みの色が選べるウォークマン。スッキリとしたコンパクトなボディで、デザイン性に優れています。

液晶には1280×720ドットのタッチパネルディスプレイを採用。感覚的な操作で簡単にイコライザーがカスタマイズできます。ボディサイドには操作ボタンが独立して搭載されているので、ポケットに入れたままでも再生や音量の調節が可能です。

ハイレゾやノイズキャンセリング機能を備えたヘッドホンも付属。改めてイヤホンやヘッドホンを購入する必要がありません。スタイリッシュで使い勝手のよいアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン A100シリーズ NW-A107

ソニー(SONY) ウォークマン A100シリーズ NW-A107

CD音源だけでなくSpotifyやYouTubeなどのスマートフォンで聴いている音楽も再生できるウォークマン。楽しみ方に幅を持たせられるモデルです。また、楽曲のタイプをAIが解析し、アップスケーリングする機能も備えているので、ストリーミングサービスの曲もハイレゾ並みの高音質で楽しめます。

通信方式にはBluetooth Ver 5.0を採用しており、対応のヘッドホンやスピーカーと接続することでワイヤレスでも再生可能。また、ワイヤレスの再生もハイレゾ音質で楽しめる「LDAC」に対応しているので、ワイヤレスでも高音質で楽しめます。

容量は64GBあり、mp3の曲が約13000曲入れられるほか、高音質のFLACの曲も約180曲収納できるのも魅力。microSDに対応しているので、容量を増やすこともできます。また、本体のみのモデルなので、好きなヘッドホンやイヤホンと組み合わせられるアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507

バランス出力に対応しているウォークマン。イヤホンやヘッドホンの左右に送られてくる信号が混信しないので、従来よりも繊細でクリアなサウンドを再現します。ライブスタジオで演奏されているような臨場感が味わえるのが魅力です。

ボディの素材にはアルミシャーシを採用。耐久性の向上と同時に音響効果も実現しています。筐体と基板の間に独自のブロックを設置することで交流抵抗を低減。ボイスや楽器の高音を伸びやかに、低音を力強く再現します。

Bluetoothの音楽をハイレゾ音質で再生する「LDAC」に対応しているのもポイント。容量は64GBあり、microSDカードで増設もできるので、好きな音楽を好きなだけ持ち運べます。ワンランク上のウォークマンに乗り換えたい方におすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A

「バイナルプロセッサー」を搭載し、レコードを聴いているような独特の振動やノイズが楽しめるのがポイント。独特の心地よさが体感でき、古きよき時代の音楽がいつでもどこでも楽しめます。

10バンドイコライザーを搭載しているので、音質を自分好みに調節可能。設定は複数保存でき、いつでも自分好みの音質が楽しめます。また、曲のタイプに合わせて音質を補正する「DSEE HX」も搭載しているのも特徴です。

USB-DAC機能を使ってパソコンとウォークマンを接続すれば、パソコン内にある音楽もハイレゾと同等の音質で再生できるのも魅力。あらゆる音楽が高音質で楽しめます。新型のハイエンドモデルが欲しい方におすすめのアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z

金メッキを塗装した無酸素銅切削筐体を採用しているウォークマン。99.96%以上の純度を誇っており、伸びやかかつクリアで、重厚感のあるサウンドが実現可能です。また、ケーブルには豊かで上質な音を再現する編み構造の4芯ケーブルを採用しています。

液晶には4.0型のタッチパネル液晶を搭載。上下左右にフリックすることで、音質設定やプレイリストの呼び出しなどの各操作が感覚的に行えます。また、再生や曲送りなどの操作は、本体サイドのボタンからも操作可能です。

容量は256GBあり、約20000曲を持ち運べるのもポイント。「Bluetoothレシーバー機能」を搭載しているので、ウォークマンに収録されている曲以外もハイレゾ並みの高音質で楽しめます。アコースティックな領域まで再現するアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS413

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS413

本体とヘッドホンが一体化しているウォークマン。高い装着性を誇り、快適な着け心地や安定感が味わえます。また、IPX8基準の防水性能を持っており、水深2mまでのプールの中でも使用可能です。

90分の充電で約12時間連続再生できるほどのスタミナを持っているので、フルマラソンや長時間のワークアウトも充電を気にせず行えます。また、クイック充電に対応しており、約3分の充電で約60分の再生が可能です。

周囲の音を聞き取りやすくする「外音取り込み機能」を搭載。交通量の多い場所でのランニングでも周囲に気を配れるほか、周囲の人とコミュニケーションが取れます。あらゆるスポーツシーンで活躍するアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS625

ソニー(SONY) ウォークマン Wシリーズ NW-WS625

本体とヘッドホン、メモリをボディに搭載していながらも、約32gの軽量化に成功しているウォークマン。耳にぴったりとフィットし、ランニングやウォーキングをより快適なモノにできます。

Bluetoothのヘッドホンとしても使用できるので、スマートフォンと接続してSpotifyやYouTubeなどのサービスも楽しめます。また、本体にはマイクが内蔵されているので、スマートフォンへの着信をウォークマンで受けることも可能です。

防塵や耐寒熱性能を備え、海水の中でも使えるタフさもポイント。あらゆるスポーツシーンで使用できます。電池の持続時間は約12時間あるので、電池切れの心配がないのも魅力。電池の残量を知らせるランプも備わっています。