ソニーの「ウォークマン」などに代表される「DAP(デジタルオーディオプレーヤー)」。最近はハイレゾ音源に対応したモデルも続々と展開されているほか、海外メーカーも市場に参入しており、どの製品を購入しようか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DAPのおすすめモデルをご紹介。MP3プレーヤーとの違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

DAPとは?

By: amazon.co.jp

DAPとは、デジタルオーディオプレーヤー(digital audio player)の略称。内蔵ストレージまたはSDカードなどの外部ストレージに音楽ファイルを入れ、ヘッドホンやイヤホンなどを使って音楽を聴く機器のことを指します。

DAPは、手で収まるサイズ感で持ち運びに便利なのが魅力。また、本格オーディオ機器を販売するメーカーの「DACチップ」を搭載しているモデルが多いため、どこでも高音質な音楽を楽しめます。

MP3プレーヤーとの違い

By: amazon.co.jp

MP3プレーヤーとは、MP3形式で記録されているファイルを再生できる機器のこと。最近では、DAPのほとんどがMP3を含むあらゆるファイル形式に対応しています。

ほかにも、音質を決めるパーツとして重要なDACチップの有無や、「Bluetooth」や「Wi-Fi」などのワイヤレス対応、ストリーミングサービスやUSB-DACが利用できるかなども異なる点です。

基本的には、機能面が充実しているか、音質にこだわりを持っているかどうかがMP3プレーヤーとDAPの違い。ただし、最近ではMP3プレーヤーであってもDAPとして販売されていることもあるので注意しておきましょう。

DAPの選び方

対応ファイル形式や量子化ビット数などを確認

By: amazon.co.jp

所有している音楽ファイルに、DAPが対応しているかをチェックしておきましょう。多くのDAPは「FLAC」「WAV」をはじめ、「ALAC」「AIFF」「MP3」「AAC」などに対応していることがほとんどです。

なお、FLACやWAVなど一部のファイル形式にはCDを超える情報量のハイレゾ音源があり、ハイレゾ対応DAPのみ再生可能。ハイレゾ対応を謳うDAPの場合、対応量子化ビット数/サンプリング周波数は24bit/96kHz以上が一般的なのでチェックしておきましょう。

さらに、サンプリング周波数のみで表されるハイレゾ規格「DSD」に対応しているかどうかもポイント。DSDによるハイレゾ再生にこだわりたい方は、DAPのサンプリング周波数が5.6MHzまでカバーしているかを確認しておきましょう。

ヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

DAPはヘッドホンやイヤホンを使用することが前提なので、ヘッドホンアンプ部の品質も重要です。電気抵抗値を表す「インピーダンス」も、選ぶ際にはチェックしておきましょう。基本的に抵抗値が高いDAPほどノイズが入りにくく、ヘッドホンの能力を引き出しやすいのが特徴です。

一部の高級ヘッドホンには300Ω程度のハイインピーダンス機もありますが、DAPには150Ω程度まで対応しないモデルも存在しています。また、ポータブル向けのヘッドホンやイヤホンの多くは、100Ω以下のモノが多いので留意しておきましょう。

バランス接続対応の有無

By: amazon.co.jp

アンプ部の端子も選ぶ際に気をつけるべきポイント。通常のDAPの端子は、3.5mmのステレオミニジャックと呼ばれるタイプが主流です。

一方、「バランス接続」は、通常の方式に比べて左右の音が混ざり合う現象を低下させることで、高音質を図っている方法。端子規格は統一されているわけではなく、2.5mm径と4.4mm径の2種類が併存しています。バランス接続に対応している製品も増えているので、サウンドクオリティにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

重さ・バッテリー・容量

By: amazon.co.jp

DAPはポータブル性が要求されるので、音質を優先するのか、コンパクトさを追求するのか、バッテリーのスタミナを重視するのかは製品によって異なります。そのため、DAPを選ぶときはどの性能にこだわりたいのか、はっきりさせておくことも重要です。

ちなみに、本体記録容量に関しては多くのDAPがmicroSDカードに対応しています。DAPがどの容量のmicroSDカードに対応しているかも、あわせてチェックしておきましょう。

価格をチェック

DAPは、機種によって価格が大きく異なります。安いモデルは1〜2万円程度。高機能なモデルが欲しい場合は、5〜10万円程度を目安として予算を組むのがおすすめです。なお、なかには数十万円する高価なモノもラインナップされています。

また、DAPはヘッドホンやアクセサリなどの影響を大きく受けるのもポイント。高音質で音楽を聴くためには、周辺機器もあわせて揃えるのがおすすめです。DAP本体のほか、必要な方はアクセサリの価格なども考慮に入れて選んでみてください。

DAPのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ メモリータイプ NW-A107

「かんたん転送」機能を搭載したDAPです。アプリから直接楽曲をダウンロードできるのが特徴。パソコンを立ち上げて転送する手間が省けます。64GBの内蔵メモリを備えているうえ、microSDカードによる増設にも対応しており、多くの楽曲を持ち歩き可能です。

LDACコーデックに対応しているため、Bluetoothでも高音質で再生できます。また、ハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングできる「DSEE HX」も搭載。ストリーミングサービスや動画などを高音質で再生したい方にもおすすめです。

最大26時間の連続再生が可能と、バッテリー性能も良好。さらに、自動電源オフ機能もあり、DAPの消し忘れを防げます。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ メモリータイプ NW-ZX507

ハイエンドモデルのDAPです。最大11.2MHzのDSDネイティブ再生に対応しているほか、「DSEE HX」を搭載しているのもポイント。Spotifyなどのストリーミング楽曲も、ハイレゾ相当の高音質へアップスケーリングできます。

また、アプリから楽曲を直接ダウンロード可能。パソコンからの転送をする手間を省いて、より手軽に好みの曲が聴けます。「音質設定アプリ」を搭載しており、音楽ジャンルや好みに合わせたカスタマイズが可能です。

LDACコーデックに対応しており、Bluetooth接続でもハイレゾが楽しめます。さらに、4.4mmバランス接続にも対応。ノイズを低減し、高精細な音を楽しめるおすすめアイテムです。

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ メモリータイプ NW-WM1Z

伸びのあるクリアなサウンドが楽しめるDAPです。線材には4芯ケーブルを採用。オーケストラやクラシック楽曲も、澄んだサウンドを再現します。

ハイレゾ対応の高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。最大11.2MHzのDSDネイティブ再生や、最大32bit/384kHzのPCM再生が可能です。4.4mmバランス接続にも対応しており、高出力で再生できます。

また、「DSEE HX」にも対応。32bit/192kHzまたは32bit/48kHzに変換することで、CD音源以上の高音質へアップスケーリングできます。内蔵メモリは256GBと大容量で、microSDカードによる増設にも対応。最大約20000曲までの楽曲を持ち運びできるおすすめアイテムです。

フィーオ(FiiO) M15 FIO-M15

旭化成エレクトロニクスのフラッグシップDACチップ「AK4499EQ」を2基搭載した、左右独立構成のDAPです。最大32bit/768kHzのPCMデータと22.4MHzのDSDデータの再生に対応。ノイズを低減し、高精細な音を再生できます。

アンプ出力は32Ωで800mW、300Ωで275mW。また、2.5・4.4mmのバランス接続に対応しており、繊細な音までクリアに再生できます。さらに、高音質コーデックLDACを採用しているので、ワイヤレスでも高音質な音を楽しめるおすすめアイテムです。

オンキヨー(Onkyo) rubato DP-S1A 16GB

大手オーディオメーカー、オンキヨーの高音質モデルです。ESSのDAC「ES9018C2M」とアンプ「SABRE 9601K」を2基ずつ搭載。5.6MHzまでのDSD、32bit/192kHzまでのPCM再生に対応しています。

2.5mmバランス接続に対応。また、高音質コーデックaptX HDに対応しており、有線でもBluetooth接続でも高音質再生が可能です。

DAP本体にはmicroSDカードを2スロット搭載。名刺ケースほどの大きさですが最大528GBまでの拡張に対応しており、数多くの楽曲を手軽に持ち運べます。

HiBy R3Pro

手軽にハイレゾを楽しめるDAPです。DACチップをデュアルで採用しており、FLACやWAVなどのハイレゾ音源も再生可能。2.5mmバランス接続にも対応しており、高音質で再生できます。

最大512GBをサポートするmicroSDカードスロットを搭載。また、ダウンロードやストリーミングも簡単にできるMQAフォーマットにも対応しており、さまざまな楽曲を持ち運べます。

最大20時間の連続再生ができ、長時間快適に使えるのもポイント。さらに、ポケットサイズなので持ち運びやすく、コストパフォーマンスも良好です。DAPのエントリーモデルとしても、ぜひチェックしてみてください。

アイバッソオーディオ(iBasso Audio) DX160 ver.2020 32GB

5インチの大きめのディスプレイを搭載したDAPです。DAP本体にはのDACチップ「CS43198QFN」を2基搭載。4.4mmのバランス接続でも2基のDACチップが同時に駆動し、より繊細な楽器表現も楽しめます。

また、LDACやaptXに対応しており、高音質再生が可能。さらに、最大12時間まで再生でき、通勤や通学でも便利に使えます。

MQA形式の高圧縮率にも対応しており、Spotifyなどのストリーミングサービスを使っている方にもおすすめ。内蔵メモリ32GBに加えてmicroSDカードによる増設にも対応しており、さまざまな楽曲をダウンロードして楽しめます。

Hidizs AP80 Pro ポータブルロスレスミュージックプレーヤー

安いながらもハイレゾに対応したDAPです。2基のDACチップを搭載し、DSDにも対応。2.5mmバランス接続も可能で、さまざまな楽曲を高音質で楽しめます。

Bluetooth 4.2を搭載しているのもポイント。また、aptX・LDAC・UATコーデックに対応しており、ワイヤレスでも高音質で再生できます。さらに、専用アプリでスマホからの操作も可能。最大11時間、バランス接続でも最大9時間の連続使用が可能とバッテリー性能も良好です。

軽量小型でカラーラインナップも豊富。コストパフォーマンスがよく、エントリーモデルとしてもおすすめのDAPです。

パイオニア(Pioneer) private XDP-20 16GB

デザイン性に優れたDAPです。ESSのDAC「ES9018C2M」を2基搭載しており、広がりのある音場で空気感まで楽しめます。2.5mmバランス接続もでき、よりクリアな音を聴きたい方におすすめです。

また、アップサンプリング機能を搭載しているのもポイント。Spotifyなどのストリーミング再生時も、ハイレゾ相当の高音質で再生可能です。aptX HDコーデックに対応しており、ワイヤレスでも高音質で楽しめます。

DAP本体には、16GBの内蔵メモリに加えて、microSDカードスロットを2つ搭載。最大528GBまで拡張でき、数多くの楽曲を収録できます。連続して15時間再生でき、通勤や通学時にも便利です。

アステル アンド ケルン(Astell&Kern) A&futura SE200

「マルチDAC」を搭載している高級DAP。それぞれのDACチップに合わせた専用のアンプ回路を設計しており、干渉を抑えたナチュラルな音を楽しめます。

また、DACフィルターの選択機能を搭載。1台で異なる音色が楽しめるため、楽曲や好みのサウンドがある方にもおすすめです。USB-DAC機能もあり、パソコンに保存した楽曲もより高音質で楽しめます。

内蔵メモリは256GBあり、最大1TBのmicroSDカードによる増設にも対応。多数の楽曲を持ち歩けます。音楽ストリーミングサービスにも対応しており、Spotifyなどを使う方にもおすすめです。

アステル アンド ケルン(Astell&Kern) A&ultima SP2000

最大1024GBまでストレージを拡張できる、大容量タイプのDAPです。512GBの内蔵メモリを搭載。さらに、最大512GBまでのmicroSDカードによる増設にも対応しています。

DAP本体にはフラッグシップDAC、「AK4499EQ」を2基搭載。最大32bit/768kHzのPCMやDSDに対応しており、高精細な音を楽しめます。

また、オーディオチャンネルを、バランス出力とアンバランス出力で完全に分離させているのもポイント。ノイズを低減しながらパワフルに再生でき、広い音場と臨場感のあるサウンドを楽しめるおすすめアイテムです。

The BIT audio-opus Opus#1S HA-520-32G 32GB

コストパフォーマンスに優れたDAPです。数多くの高級オーディオにも採用されているシーラスロジックのDAC、「CS43198」を2基搭載。また、DSDや24bit/192kHzのPCMに対応しており、高音質で再生できます。

DAP本体に2.5mm4極端子を搭載しており、バランス接続に対応。左右独立のセパレーション設計で、クリアなサウンドが楽しめます。

さらに、2つのmicroSDカードスロットを搭載。内蔵メモリと合わせて最大544GBの大容量で、数多くの楽曲を持ち運びできます。なお、Bluetoothなどのワイヤレスには非対応なので留意しておきましょう。

シャンリン(Shanling) SHANLING M6 PRO 32GB

大容量のメモリとバッテリーを搭載したDAPです。32GBの内蔵メモリを搭載しているのに加えて、microSDカードによる増設にも対応。最大2TBまで拡張できます。

また、デュアルDACを搭載しているため、ノイズを低減しながらパワフルに再生可能。DSDや32bit/768kHzのPCMに対応しており、高音質な音源を数多く持ち歩きたい方におすすめです。

DAP本体には2.5mmと4.4mmのバランス端子も搭載。さらに、LDACやaptX HD、aptXなどの高音質コーデックに対応しているのも魅力です。

最大13時間の連続再生ができ、バッテリー性能も良好。マットな質感の上品なデザインで、見た目にもこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

シャンリン(Shanling) SHANLING M0

持ち運びに便利な世界最小クラスのDAPです。1.5インチのタッチスクリーンを搭載しており、指先で簡単にコントロールできます。比較的安いので、DAPのエントリーモデルとしてもおすすめです。

高音質コーデックaptXやLDACに対応しており、ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質再生が可能。また、最大15時間再生できるため、通勤や通学時にもおすすめです。

さらに、最大512GBまでのmicroSDカードによる増設に対応。コンパクトながらも大容量で、さまざまな楽曲を持ち歩けるおすすめアイテムです。

DAPのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

DAPのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。