ソニーの「ウォークマン」などに代表される「DAP(デジタルオーディオプレーヤー)」。最近はハイレゾ音源に対応したモデルも続々と展開されているほか、海外メーカーも市場に参入しており、どの製品を購入しようか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DAPのおすすめモデルをご紹介。MP3プレーヤーとの違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

DAPとは?

By: amazon.co.jp

DAPとは、デジタルオーディオプレーヤー(digital audio player)の略称。内蔵ストレージまたはSDカードなどの外部ストレージに音楽ファイルを入れ、ヘッドホンやイヤホンなどを使って音楽を聴く機器のことを指します。

DAPは、手で収まるサイズ感で持ち運びに便利なのが魅力。また、本格オーディオ機器を販売するメーカーの「DACチップ」を搭載しているモデルが多いため、どこでも高音質な音楽を楽しめます。

MP3プレーヤーとの違い

By: amazon.co.jp

MP3プレーヤーとは、MP3形式で記録されているファイルを再生できる機器のこと。最近では、DAPのほとんどがMP3を含むあらゆるファイル形式に対応しています。

ほかにも、音質を決めるパーツとして重要なDACチップの有無、「Bluetooth」や「Wi-Fi」などのワイヤレス対応、ストリーミングサービスやUSB-DACが利用できるかなども異なる点です。

基本的には、機能面が充実しているか、音質にこだわりを持っているかどうかがMP3プレーヤーとDAPの違い。ただし、最近ではMP3プレーヤーであってもDAPと販売されていることもあるので注意しておきましょう。

DAPの選び方

対応ファイル形式や量子化ビット数などを確認

By: amazon.co.jp

所有している音楽ファイルに、DAPが対応しているかをチェックしておきましょう。多くのDAPは「FLAC」「WAV」をはじめ、「ALAC」「AIFF」「MP3」「AAC」などに対応していることがほとんどです。

なお、FLACやWAVなど一部のファイル形式にはCDを超える情報量のハイレゾ音源があり、ハイレゾ対応DAPのみ再生可能。ハイレゾ対応を謳うDAPの場合、対応量子化ビット数/サンプリング周波数は24bit/96kHz以上が一般的なのでチェックしておきましょう。

さらに、サンプリング周波数のみで表されるハイレゾ規格「DSD」に対応しているかどうかもポイント。DSDによるハイレゾ再生にこだわりたい方は、DAPのサンプリング周波数が5.6MHzまでカバーしているかを確認しておきましょう。

ヘッドホンアンプ部で選ぶ

DAPはヘッドホンやイヤホンを使用することが前提なので、ヘッドホンアンプ部の品質も重要です。電気抵抗値を表す「インピーダンス」も、選ぶ際にはチェックしておきましょう。基本的に抵抗値が高いDAPほどノイズが入りにくく、ヘッドホンの能力を引き出しやすいのが特徴です。

一部の高級ヘッドホンには300Ω程度のハイインピーダンス機もありますが、DAPには150Ω程度まで対応しないモデルも存在しています。また、ポータブル向けのヘッドホンやイヤホンの多くは、100Ω以下のモノが多いので留意しておきましょう。

バランス接続対応の有無

By: amazon.co.jp

アンプ部の端子も選ぶ際に気をつけるべきポイント。通常のDAPの端子は、3.5mmのステレオミニジャックと呼ばれるタイプが主流です。

一方、「バランス接続」は、通常の方式に比べて左右の音が混ざり合う現象を低下させることで、高音質を図っている方法。端子規格は統一されているわけではなく、2.5mm径と4.4mm径の2種類が併存しています。バランス接続に対応している製品も増えているので、サウンドクオリティにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

重さ・バッテリー・容量

By: amazon.co.jp

DAPはポータブル性が要求されるので、音質を優先するのか、コンパクトさを追求するのか、バッテリーのスタミナを重視するのかは製品によって異なります。そのため、DAPを選ぶときはどの性能にこだわりたいのか、はっきりさせておくことも重要です。

ちなみに、本体記録容量に関しては多くのDAPがmicroSDカードに対応しています。DAPがどの容量のmicroSDカードに対応しているかも、あわせてチェックしておきましょう。

DAPのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ 16GB NW-A55

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ 16GB NW-A55

多彩な機能を搭載したハイコスパなDAPです。ハイレゾ音源の音質を引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」や、非ハイレゾ音源もハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」を搭載。幅広い音源で高音質を堪能できます。

LDACコーデックへの対応により、Bluetooth送信でもハイレゾ相当の高音質で再生できるのもポイント。ハイレゾ音源は、FLACやWAVをはじめとする多くの形式に対応しています。また、最大11.2MHzのDSD再生にも対応しているのも魅力です。

サイズは幅55×奥行11×高さ97mm。さらに、重量は約99gと軽く、最長で約45時間再生できるため持ち運びのしやすさにも優れています。本体ストレージ容量は16GBながら、128GBまでのmicroSDカードが使用可能。たくさんの音源を楽しめるおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A105

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A105

Android OSを採用したウォークマン。Google Playに対応しており、スマホやタブレットと同様にアプリを自由に追加可能なのが特徴です。専用の音楽再生アプリ「W.ミュージック」を使用すれば、ハイレゾ音源再生を簡単に楽しめます。

また、SpotifyやAmazon Musicなど、各種音楽ストリーミングサービスを利用できるのもポイント。手持ちに音源が無くても音楽を存分に楽しめます。本体サイズは98.9×55.9×11mmで、重量は103gと軽量コンパクトなのも魅力。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507

ソニー(SONY) ウォークマン ZXシリーズ NW-ZX507

イヤホンのバランス接続に対応したウォークマン。4.4mm径バランス・イヤホン端子を採用したイヤホンやヘッドホンとの組み合わせで、立体感に優れた高音質を堪能できます。内蔵ストレージは64GBで、microSDカードによる増設に対応。手持ちのハイレゾ音源をたくさん持ち運べます。

Android OSを採用し、3.6インチで1280×720ドットの高精細ディスプレイを搭載。Webブラウジングや動画も楽しめます。操作はタッチパネル式で、使い勝手も良好です。

各種ストリーミングサービスを利用できるのもポイント。ストリーミングサービスや動画の音声にも、「DSEE-HX」や「バイナルプロセッサー」といったソニー独自の高音質化機能を利用できるのも魅力です。

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1A

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1A

アルミ切削筐体ボディと無酸素銅プレートを組み合わせることで、クリアかつ力強い低音再生を可能としたハイスペックなモデルです。FLACやWAV、AIFFなどの幅広いハイレゾ音源を再生でき、最大11.2MHzまでのDSD再生にも対応しています。

4.4mm径のバランス出力に対応しているのもポイント。日本ディックス製の高性能なヘッドホンジャック「Pentaconn」を採用しているため、音の広がりや奥行きをしっかりと再現できます。

PCと接続できるUSB-DAC機能や、外部USB-DACとデジタル接続を行える機能も搭載。ハイエンドなハイレゾ対応DAPを探している方はぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY) デジタルミュージックプレーヤーDMP-Z1

ソニー(SONY) デジタルミュージックプレーヤーDMP-Z1

世界最高クラスの高級DAP。バッテリー駆動方式を採用しており、透明感の高い音を楽しめるのが特徴です。また、独立電源システムは5つのバッテリーセルを採用。デジタル・アナログの電源を分離することで、ノイズなどの音質の劣化に配慮されているのも魅力です。

なお、音質最優先のため再生可能時間は10時間と短め。高価格帯のモデルなので、予算を考慮したうえで購入を検討してみてください。

オンキヨー(ONKYO) rubato DP-S1A

オンキヨー(ONKYO) rubato DP-S1A

老舗の音響機器メーカーであるオンキヨーのハイレゾ対応DAPです。オーディオ機器製造のノウハウを活かした設計で、優れたサウンドを楽しめます。

容量は16GBで、microSDカードを2枚まで挿入できるため最大528GBまで増設可能。2.5mm径バランス接続に対応しており、一般的な「BTL駆動」と独自の「ACG駆動」の2種類を選択できるのもポイントです。ACG駆動はよりクリアな音を楽しめます。

多様な音楽形式を利用でき、FLACとWAVは32bit/192kHzまで再生可能です。また、5.6MHzまでのDSD再生にも対応しています。アップサンプリング機能を搭載しており、さまざまな音源をハイレゾに近い高音質で聴けるのも魅力です。

フィーオ(FiiO) デジタルオーディオプレーヤー M15 FIO-M15-B

フィーオ(FiiO) デジタルオーディオプレーヤー M15 FIO-M15-B

音質・機能性・利便性のいずれにおいてもハイパフォーマンスなDAPです。業界最高水準の低歪・低ノイズ特性を実現したDACチップ「AK4499EQ」を2基搭載。PCM系で32bit/768kHz、DSDで22.6MHzまでの再生に対応しています。

アンプ出力は32Ωで800mW、300Ωで275mW。駆動が難しい多ドライバー構成のイヤホンやハイインピーダンスのヘッドホンも難なく鳴らします。イヤホン端子は2.5・3.5・4.4mmと現在主流の3方式すべてに対応しているのもポイントです。

Android OSを採用しているのも魅力。自社アプリ「FiiO Music」を利用することで、各種ストリーミングサービスも楽しめます。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) デジタルオーディオプレーヤー A&norma SR25

アステルアンドケルン(Astell&Kern) デジタルオーディオプレーヤー A&norma SR25

斜めに配置したディスプレイが特徴的なDAP。同様のデザインを採用した「A&norma SR15」の後継機です。基本設計を引き継ぎつつ、再生可能ファイルのスペックを向上、新規開発のオーディオ回路設計「Ultra Low Noise Filter」や新型CPUを採用することで、音質やレスポンスの向上を実現しています。

Android OSをベースにした機能性や拡張性の高さ、ネットワークオーディオプレーヤー機能などの利便性のよさもポイント。また、バランス接続は2.5mm径端子を採用しています。ノイズや歪みを抑えたサウンドをスタイリッシュに楽しめるおすすめのDAPです。

シャンリン(SHANLING) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー M6

シャンリン(SHANLING) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー M6

4000mAhの大容量バッテリーを搭載したDAPです。最大で12時間の連続再生が可能。また、2.5・4.4mm径のバランス出力端子を備えています。

PCM系は32bit/768kHzまで、DSDは11.2MHzまで再生可能。さらに、内蔵のストレージは32GBで、最大2TBまでのmicroSDカードで増設できます。大容量のハイレゾ音源をたっぷりと楽しめるのも魅力です。ディスプレイは4.7型で、解像度1280×720のIPS液晶を搭載しています。

シャンリン(SHANLING) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤーQ1

シャンリン(SHANLING) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤーQ1

丸みのある形状が特徴のDAP。1940~50年代のデザインにインスピレーションを受けたレトロなデザインが特徴です。サイズは75×62×16.5mm、重さは約133gと軽量かつコンパクトなのも魅力。また、ディスプレイサイズは2.7インチで、タッチ式を採用しています。

本体内にストレージは搭載していませんが、最大2TBまでのmicroSDカードに対応。さらに、小型ながら大容量バッテリーの搭載により、最大21時間の再生が可能です。

パイオニア(Pioneer) private XDP-20

パイオニア(Pioneer) private XDP-20

スタイリッシュなデザインのDAPです。WAVやFLACなどの幅広いハイレゾ音源を再生可能。DSD再生にも対応しています。DACチップにESS「ES9018C2M」、アンプには「SABRE 9601K」をそれぞれ2基ずつ搭載。クリアで広がりのあるサウンドを楽しめるのが魅力です。

5段階の低音調節や10バンドイコライザーで好みのサウンドを選べるのもメリット。Bluetooth送信によるワイヤレスリスニングも可能です。また、リーズナブルながら、2.5mm径のバランス出力端子も搭載しています。

ストレージ容量は16GB。2つのmicroSDカードスロットを使用し、最大528GBまで拡張可能です。なお、連続再生は最長15時間行えるため安心して持ち歩けます。

アイバッソ・オーディオ(iBasso Audio) ハイレゾプレーヤー 32GB DX160

アイバッソ・オーディオ(iBasso Audio) ハイレゾプレーヤー 32GB DX160

アプリ追加による多機能化を実現できるAndroid OSと、高音質を堪能できるバランス接続の両方を備えたDAPです。ディスプレイサイズは5インチで、1080×1920のフルHDを採用。動画も高画質に視聴できます。

静電容量タッチパネルにより、軽快な操作が可能なのもポイント。 また、ハイレゾ音源再生においては、小容量で高音質を実現できるMQA規格のデコードに対応しています。

32GBの本体ストレージ容量ながら、microSDカード増設により多くのハイレゾ音源を持ち運んで楽しめるのも魅力。連続再生時間は最大で約13時間と長く、約1.5時間でフル充電可能な急速充電機能も便利です。

コウォン(COWON) ハイレゾプレーヤー PLENUE R

コウォン(COWON) ハイレゾプレーヤー PLENUE R

ロングバッテリーと多彩な音質調節が特徴的なDAP。低消費電力設計と大容量バッテリーの搭載により、最大17時間再生が可能です。旅行など長時間の外出時にも重宝します。

通常のイコライザーに加え、「JetEffect 7」「BBE+」などの音質を調節する機能を搭載しているのも魅力。また、イヤホン出力は2.5mm径バランス端子も備えています。機能性に優れたDAPを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハイビー(HiBy) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー R3Pro

ハイビー(HiBy) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー R3Pro

2.5mm径バランス接続に対応しながら、リーズナブルなDAP。バランス接続の入門機としてもおすすめです。Bluetoothの送受信やWi-Fi経由のネットワーク再生、DLNA・AirPlayに対応するなど機能性のよさが魅力。拡張性の高いDAPとしても活躍できます。

スマホから本製品を操作できる専用アプリ「HiBy Link」に対応しているのもポイント。利便性にも優れたおすすめのモデルです。

DAPのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

DAPのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。