ソニーのウォークマンなどに代表される「DAP(デジタルオーディオプレーヤー)」。最近はハイレゾ音源に対応したモデルも続々と展開されているほか、海外メーカーも市場に参入しており、どの製品を購入しようか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DAPのおすすめモデルをご紹介。MP3プレーヤーとの違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

DAPとは?

By: amazon.co.jp

DAPは、デジタルオーディオプレーヤー(digital audio player)の略称。内蔵ストレージまたはSDカードなどの外部ストレージに音楽ファイルを入れ、ヘッドホンやイヤホンなどを使って音楽を聴く機器のことを指します。

DAPは、手で収まるサイズ感で持ち運びに便利なのが魅力。また、本格オーディオ機器を販売するメーカーの「DACチップ」を搭載しているモデルが多く、高音質な音楽を楽しめます。

MP3プレーヤーとの違い

MP3プレーヤーとは、MP3形式で記録されているファイルを再生できる機器のこと。一方、DAPのほとんどは、MP3を含むさまざまなファイル形式に対応しています。

ほかにも、音質を決めるパーツとして重要なDACチップの有無や、「Bluetooth」や「Wi-Fi」などのワイヤレス対応、ストリーミングサービスやUSB-DACが利用できるかなども異なる点です。

基本的には、機能面が充実しているか、音質にこだわりを持っているかどうかがMP3プレーヤーとDAPの違い。ただし、最近ではMP3プレーヤーであってもDAPとして販売されていることもあるので注意しておきましょう。

DAPの選び方

対応ファイル形式や量子化ビット数などを確認

By: amazon.co.jp

所有している音楽ファイルに、DAPが対応しているかをチェックしておきましょう。多くのDAPは「FLAC」「WAV」をはじめ、「ALAC」「AIFF」「MP3」「AAC」などに対応していることがほとんどです。

なお、FLACやWAVなど一部のファイル形式にはCDを超える情報量のハイレゾ音源があり、ハイレゾ対応DAPのみ再生可能。ハイレゾ対応を謳うDAPの場合、対応量子化ビット数/サンプリング周波数は24bit/96kHz以上が一般的なのでチェックしておきましょう。

さらに、サンプリング周波数のみで表されるハイレゾ規格「DSD」に対応しているかどうかもポイント。DSDによるハイレゾ再生にこだわりたい方は、DAPのサンプリング周波数が5.6MHzまでカバーしているかを確認しておきましょう。

ヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

DAPはヘッドホンやイヤホンを使用することが前提なので、ヘッドホンアンプ部の品質も重要です。電気抵抗値を表す「インピーダンス」も、選ぶ際にはチェックしておきましょう。基本的に抵抗値が高いDAPほどノイズが入りにくく、ヘッドホンの能力を引き出しやすいのが特徴です。

一部の高級ヘッドホンには300Ω程度のハイインピーダンス機もありますが、DAPには150Ω程度まで対応しないモデルも存在しています。また、ポータブル向けのヘッドホンやイヤホンの多くは、100Ω以下のモノが多いので留意しておきましょう。

バランス接続対応の有無

By: amazon.co.jp

アンプ部の端子も選ぶ際に気をつけるべきポイント。通常のDAPの端子は、3.5mmのステレオミニジャックと呼ばれるタイプが主流です。

一方、「バランス接続」は、通常の方式に比べて左右の音が混ざり合う現象を低下させることで、高音質を図っている方法。端子規格は統一されているわけではなく、2.5mm径と4.4mm径の2種類があります。バランス接続に対応している製品も増えているので、サウンドクオリティにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

重さ・バッテリー・容量

By: amazon.co.jp

DAPはポータブル性が要求されるので、音質を優先するのか、コンパクトさを追求するのか、バッテリーのスタミナを重視するのかは製品によって異なります。そのため、DAPを選ぶときはどの性能にこだわりたいのか、はっきりさせておくことも重要です。

ちなみに、本体記録容量に関しては多くのDAPがmicroSDカードに対応しています。DAPがどの容量のmicroSDカードに対応しているかも、あわせてチェックしておきましょう。

ワイヤレスで音楽を聴くなら「Bluetooth接続」対応

Bluetoothに対応していれば、ケーブルの取り回しを気にすることなく音楽を楽しめるのがメリット。なかには、スマホやパソコン内の音楽を受信できる「Bluetoothレシーバー機能」を搭載したモデルなどもあります。

Bluetoothのバージョンとコーデックは購入前に確認しておきたい重要なポイントです。バージョンは、新しくなるほど接続安定性と利便性が向上します。下位互換に対応しているので、受信側と送信側のバージョンが違っても接続は可能ですが、性能は低い方のバージョンに合わせられるため留意しておきましょう。

コーデックは音声データを圧縮する方式のことで、音質と遅延に関わります。基本となるコーデックは「SBC」。そのほか、主にiPhoneで採用されている「AAC」や主にAndroidデバイスで採用されている「aptX」、ハイレゾ相当の高音質再生が可能な「aptX HD」「LDAC」などがあります。

価格をチェック

DAPは数万円のエントリーモデルから数10万円以上するハイエンドモデルまで価格の幅が広いのが特徴です。一般的に、高価なモデルほど多様な機能が搭載されています。

そのため、予算を決めずにDAPを選ぼうとすると、細かなスペックの違いが気になり、絞り込みが困難になりがちです。まずは、予算を決めて、その範囲で大切にしたい機能を検討してみるのがおすすめ。選択肢の幅が狭まり、選びやすくなります。

最近では音楽ストリーミングに対応したモデルも

最近では、月額料金を支払って音楽を楽しむ「音楽ストリーミングサービス」に対応したモデルも増えてきています。インターネット環境があれば、本体の容量を気にすることなく、豊富な楽曲を楽しめるのが魅力です。

事前にダウンロードしておけば、インターネットに接続できない環境でも音楽を再生できます。高音質で音楽ストリーミングを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

DAPのおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーは日本の大手総合メーカー。ソニーでは入門モデルからハイエンドモデルまで幅広いラインナップのDAPをラインナップしています。

ソニーのDAPは、多くの独自機能を持っているのがポイント。CDなどの圧縮音源をハイレゾ音源並みにアップスケーリングする「DSEE HX」や、ハイレゾ音源の魅力を引き出すフルデジタルアンプ「S-Master HX」など、気軽に高音質の音楽を楽しめます。

アステル&ケルン(Astell&Kern)

アステル&ケルンは韓国で設立されたハイエンドオーディオブランドです。初代のDAP「AK100」を発売したことで有名。音のよさと洗練されたデザインの製品を続々と展開しています。

高品質な機器は音楽制作の現場でも採用されるほど支持されているのも魅力。最近では、有名なイヤホンブランドとコラボ製品なども発表しています。ハイエンドDAPメーカーに相応しい音質を楽しみたい方におすすめです。

ハイビーミュージック(HibyMusic)

ハイビーミュージックは中国で生まれたポータブルオーディオブランド。高品質なDAPやイヤホン、DACなどの製品を発売し、100以上の国で使われるブランドに成長しています。

ハイビーミュージックの特徴のひとつが、独自のオーディオ処理チップを開発するほどの技術力。高音から低音までバランスのよい音を再生します。コストパフォーマンスを重視したい方にもおすすめのブランドです。

DAPのおすすめ|エントリーモデル

ソニー(SONY) ウォークマンSシリーズ NW-S315

コストパフォーマンスに優れたDAPです。音声ファイルはMP3・AACに加え、高音質のFLACに対応しています。付属のイヤホンを使用すれば、デジタルノイズキャンセリング機能が使えることも魅力。電車などの中でもクリアな音で音楽を楽しめます。

Bluetooth接続が可能なので、ワイヤレスイヤホンや小型スピーカーとの接続も簡単。また、任意の地点を連続再生できる「A-Bリピート再生」や約3秒前に素早く巻き戻す「クイックリプレイ」など、語学学習に便利な機能を備えていることもポイントです。

FM補完放送に対応したラジオチューナーを搭載しているので、FM・AMラジオの視聴も可能です。なお、イヤホンがアンテナの役割をはたすため、Bluetooth接続ではラジオの視聴ができない点には留意しておきましょう。

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ NW-A55

エントリーモデルながらハイレゾ音源に対応したDAPです。デジタルアンプにはソニー独自開発の「S-Master HX」を搭載。高音域のノイズを除去し、クリアな音を再生します。MP3やCDなど、圧縮音源は独自技術の「DSEE HX」でアップスケーリング。細かな音も再現可能です。

ソニー独自のコーデック「LDAC」対応のイヤホン・ヘッドホンであれば、ワイヤレス接続でもハイレゾ相当の音質を楽しめます。また、パソコンとUSB接続すればDACとして使用できることも魅力。パソコン内部に保存されている音楽をより高音質で再生できます。

また、アナログレコードのような音色を再現する「バイナルプロセッサー」、バンドサウンドなどの空間的な広がりを自然に表現する「クリアフェーズ」などソフトウェアによる高音質化もポイントです。好みに合わせた音色で音楽を楽しめます。

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ NW-A105

Amazon MusicやApple Musicなど、アプリケーションのインストールが可能なDAPです。mora qualitasなどのハイレゾのストリーミングサービスにも対応しており、さまざまな音楽を高音質で楽しめます。

ソニー独自のフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載していることもポイント。ハイエンドモデルにも搭載されているチップが迫力の低音からクリアな高音までバランスよく再生します。

また、AIが曲のタイプを自動で判断しアップスケーリングする「DSEE Ultimate」を搭載。圧縮音源もハイレゾ音源並みの高音質で再生可能です。さらに、「360 Reality Audio」に対応していることも魅力。対応コンテンツを再生すれば、ライブ会場にいるような臨場感溢れるサウンドを体験できます。

ハイビーミュージック(HibyMusic) DAP R3 Pro

小型・高音質のDAPです。サイズは高さ82×幅61×厚さ13mmとコンパクトなので、ポケットにも簡単におさまります。専用のケースやガラス部分のプロテクターが付属しているなど、持ち運びのしやすさも魅力です。

ポイントのひとつがDACチップ。Cirrus Logicの「CS43131」をデュアルで搭載しており、省電力ながら迫力の高音質を実現します。パソコンなどとUSB接続すれば高音質のDACとして使用が可能。またBluetoothレシーバーとしても使えるため、スマートフォンなどの音源を再生できます。

3.5mmのステレオミニプラグに加え、2.5mmのバランス出力にも対応。さまざまなイヤホン・ヘッドホンで音楽が楽しめます。

シャンリン(Shanling) DAP M3X

ハイレゾ対応の小型DAPです。高さ109×幅72×厚さ15.9mmとコンパクトながら、最大23時間のロングバッテリーを搭載。長時間の移動でもゆっくりと音楽を楽しめます。

DACチップはESS社の「ES9219C」を2基搭載。消費電力を抑えつつ、音質のよさを実現しています。また、シャープの4.2インチ高解像度スクリーンを採用しており、画面の美しさも魅力です。

出力は3.5mmのステレオミニプラグと4.4mmのバランス出力に加え、Bluetoothにも対応。さまざまなスタイルで音楽を楽しめます。

DAPのおすすめ|ミドルエンドモデル

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ NW-ZX507

VGP 2022やHiVi夏のベストバイ2022など、数々の賞を受賞したDAPです。ポイントのひとつが4.4mmバランス出力を搭載していること。楽器の定位や音の広がりに優れており、ライブ会場にいるかのような臨場感で音楽を楽しめます。

アンプ部分にはハイエンドモデル用に開発された「S-Master HX」を搭載。バランス接続であれば片チャンネルあたり最大200mW/16Ωの高出力なので、大型のヘッドホンも余裕を持って駆動できます。

CDなどの圧縮音源に対しても「DSEE Ultimate」がハイレゾ級にアップスケーリング。AIが曲調を判断し、自然な形で高音域を補います。さらに、Android 9.0に対応しており、さまざまなアプリケーションで拡張できることも魅力です。Apple Music、LINE MUSICなどのストリーミングサービスにも対応しています。

アステル&ケルン(Astell&Kern) A&norma SR25 MKII

最大約20時間の連続再生に対応したロングライフのDAPです。長時間の移動でもバッテリー残量を気にせずに高音質の音楽を楽しめます。

3.5mmステレオミニ、2.2mmバランス出力、4.4mmバランス出力と3系統を搭載していることも特徴のひとつ。さまざまなイヤホン・ヘッドホンを接続できるため、楽曲との相性にあわせてヘッドホンを使いわけるといった楽しみ方もおすすめです。

対応しているファイル形式はWAV・FLAC・MP3・DSF・MQAなど12種類。ほかにも。「AK File Drop」を利用すれば、パソコンやスマートフォンからワイヤレスで音楽ファイルを転送できます。

ハイビーミュージック(HibyMusic) DAP R5 GEN2

DACチップにESS社の「ES9219C」をデュアルで搭載したDAPです。「A級ディスクリートバランス増幅回路」を組み込むことにより、繊細であたたかみのある音を響かせられます。

OSにはオリジナルの「Hiby OS」を搭載。オーディオ処理に最適化されているほか、Androidアプリをインストール可能です。Spotifyなどのアプリケーションでストリーミングも楽しめます。

エコノミーモードでの再生時間は35時間と大容量。クラスAアンプモードでも10時間の再生が可能です。急速充電に対応しており、約2時間で充電が完了します。さらに、専用のレザーケースやスクリーンプロテクターが付属しているため、気軽に持ち歩けることもポイントです。

フィーオ(FiiO) DAP M11 Plus ESS

DACチップに「ES9068AS」をデュアルで搭載したDAP。歪みのすくないクリアなサウンドを響かせます。アンプ部分には「THX AAA-78 アンプテクノロジー」を採用しており、ノイズを低減。力強いサウンドで音楽を楽しめます。

ショートカットボタンのカスタマイズができる点も魅力。フィルターの切り替えやイコライザーなど、よく使う機能を割り当てて、快適に音楽を楽しめます。

さらに、車載モードを搭載しており、ドライブ中の音楽プレーヤーとしてもおすすめ。キーのオン・オフに本体のオン・オフが同期するほか、安全に操作できるようユーザーインターフェースが変化します。

シャンリン(Shanling) DAP M6 Ver.21

上質なデザインを採用したDAPです。DACチップにはESS社の「ES9038Q2M」をデュアルで搭載。シャンリンのエンジニアによるチューニングがほどこされており、ニュートラルなサウンドを実現しています。

また、組み込まれた「低ノイズLDOレギュレータ」もポイント。サージ電流などから本体を守るだけでなく、ノイズを低減しクリーンな音で音楽を楽しめます。

アンプ回路に「OPA2211」オペアンプとELNAのオーディオ用コンデンサの組み合わせており、高出力を実現。さらに、ゲインレベルをロー・ミディアム・ハイと選択できるため、小型のイヤホンから大型のヘッドホンまで、バランスよく駆動できます。

DAPのおすすめ|ハイエンドモデル

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1ZM2

ソニーの最高峰DAPです。筐体は無酸素銅を削りだし、金メッキを施しているのが特徴。見た目の美しさに加え、剛性の高さと低インピーダンスの実現も魅力です。

基盤はデジタルブロックとオーディオブロックを分離。レイアウトを最適化することで、干渉を抑えノイズの影響を受けにくいのがポイントです。

バランス出力のLCフィルターには大型のコイルを搭載。また、ミュート回路には機械式のリレーを使用するなど、音の歪みを極力抑え、ニュートラルなサウンドを実現しています。ボーカルの立ち上がりや、楽器が消え入る瞬間など、繊細な音もしっかりと再現できるDAPです。

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ NW-WM1AM2

アルミ削りだしボディを使用した高級感あるDAPです。無酸素銅切削ブロックとの組み合わせにより、インピーダンスを極力抑え、迫力のある低音を生み出します。

オーディオブロックの電源バイパスコンデンサーには「FTCAP3」を使用。また、電源部分には「新開発固体高分子コンデンサー」を搭載することにより、雑味のないピュアな音を実現しています。

はんだには金を添付した「高音質はんだ」を使用。アンプからヘッドホンジャックの接続は低抵抗の無酸素銅ケーブルで繋ぐなど、配線による抵抗を抑えていることもポイントです。ピュアな音の信号をイヤホン・ヘッドホンに届けます。

アステル&ケルン(Astell&Kern) A&ultima SP2000T

真空管を搭載したハイエンドDAPです。真空管はギターアンプなどにも用いられるKORGの「Nutube」を使用。豊かな倍音を持つあたたかみのあるサウンドを生み出します。

通常のオペアンプも搭載しており、デジタルならではのクリアなサウンドでも再生可能。また、オペアンプと真空管のハイブリッドモードも搭載しており、クリアかつあたたかみのあるサウンドを生み出します。楽曲の雰囲気や気分にあわせて3種類のアンプモードを選択可能です。

真空管はフレキシブルなシリコンカバーで固定。アンプ部分は磁力で浮かせるなど、振動の影響を極力受けにくい構造もポイントです。移動中など振動が多いときにもクリアな音で音楽を楽しめます。持ち運びに便利な専用のレザーケース付きです。

ハイビーミュージック(HibyMusic) DAP R8AL

ハイビーミュージックのハイエンドDAPです。4つの電源回路を持っていることがポイント。デジタル回路・DAC・プリアンプ・増幅回路をそれぞれ最適化して電源供給することで、性能を引き出しています。

ターボモードを設定すると、内部で電圧を上げ増幅回路へ供給。最大16Wの出力で、大型のオーバーイヤーヘッドホンも無理なく駆動可能です。

基盤はアルミプレートや吸収材により幾重にもガード。内部・外部からの干渉を防ぎ、ノイズを低減しています。

フィーオ(FiiO) DAP M17

フィーオのフラッグシップDAPです。DACチップにはESS社の「ES9038 PRO」を2基使用。高い出力と低い歪みを実現しています。ヘッドホンアンプ部分にはフィーオとTHXが共同開発した「THX AAA-788+」をデュアルで搭載。細かなニュアンスをクリアに表現可能です。

基盤はデジタル部とアナログ部で分離。干渉を抑えることによりノイズを低減しています。また、空気の流れを意識したモジュールの配置で放熱性能を高めていることもポイントです。

ステレオミニやバランス接続に加え、同軸デジタル端子の入出力を搭載していることも魅力。本格的なオーディオアンプへロスの少ない形でデータを届けます。USBの入出力との組み合わせで、複雑なシステムも構築可能です。

DAPの売れ筋ランキングをチェック

DAPの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。