ソニーの「ウォークマン」などに代表される「DAP(デジタルオーディオプレーヤー)」。最近はハイレゾ音源に対応したモデルも続々と展開されているほか、海外メーカーも市場に参入しており、どの製品を購入しようか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DAPのおすすめモデルをご紹介。MP3プレーヤーとの違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

DAPとは?

By: amazon.co.jp

DAPとは、デジタルオーディオプレーヤー(digital audio player)の略称。内蔵ストレージまたはSDカードなどの外部ストレージに音楽ファイルを入れ、ヘッドホンやイヤホンなどを使って音楽を聴く機器のことを指します。

DAPは、手で収まるサイズ感で持ち運びに便利なのが魅力。また、本格オーディオ機器を販売するメーカーの「DACチップ」を搭載しているモデルが多いため、どこでも高音質な音楽を楽しめます。

MP3プレーヤーとの違い

By: amazon.co.jp

MP3プレーヤーとは、MP3形式で記録されているファイルを再生できる機器のこと。最近では、DAPのほとんどがMP3を含むあらゆるファイル形式に対応しています。

ほかにも、音質を決めるパーツとして重要なDACチップの有無や、「Bluetooth」や「Wi-Fi」などのワイヤレス対応、ストリーミングサービスやUSB-DACが利用できるかなども異なる点です。

基本的には、機能面が充実しているか、音質にこだわりを持っているかどうかがMP3プレーヤーとDAPの違い。ただし、最近ではMP3プレーヤーであってもDAPとして販売されていることもあるので注意しておきましょう。

DAPの選び方

対応ファイル形式や量子化ビット数などを確認

By: amazon.co.jp

所有している音楽ファイルに、DAPが対応しているかをチェックしておきましょう。多くのDAPは「FLAC」「WAV」をはじめ、「ALAC」「AIFF」「MP3」「AAC」などに対応していることがほとんどです。

なお、FLACやWAVなど一部のファイル形式にはCDを超える情報量のハイレゾ音源があり、ハイレゾ対応DAPのみ再生可能。ハイレゾ対応を謳うDAPの場合、対応量子化ビット数/サンプリング周波数は24bit/96kHz以上が一般的なのでチェックしておきましょう。

さらに、サンプリング周波数のみで表されるハイレゾ規格「DSD」に対応しているかどうかもポイント。DSDによるハイレゾ再生にこだわりたい方は、DAPのサンプリング周波数が5.6MHzまでカバーしているかを確認しておきましょう。

ヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

DAPはヘッドホンやイヤホンを使用することが前提なので、ヘッドホンアンプ部の品質も重要です。電気抵抗値を表す「インピーダンス」も、選ぶ際にはチェックしておきましょう。基本的に抵抗値が高いDAPほどノイズが入りにくく、ヘッドホンの能力を引き出しやすいのが特徴です。

一部の高級ヘッドホンには300Ω程度のハイインピーダンス機もありますが、DAPには150Ω程度まで対応しないモデルも存在しています。また、ポータブル向けのヘッドホンやイヤホンの多くは、100Ω以下のモノが多いので留意しておきましょう。

バランス接続対応の有無

By: amazon.co.jp

アンプ部の端子も選ぶ際に気をつけるべきポイント。通常のDAPの端子は、3.5mmのステレオミニジャックと呼ばれるタイプが主流です。

一方、「バランス接続」は、通常の方式に比べて左右の音が混ざり合う現象を低下させることで、高音質を図っている方法。端子規格は統一されているわけではなく、2.5mm径と4.4mm径の2種類があります。バランス接続に対応している製品も増えているので、サウンドクオリティにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

重さ・バッテリー・容量

By: amazon.co.jp

DAPはポータブル性が要求されるので、音質を優先するのか、コンパクトさを追求するのか、バッテリーのスタミナを重視するのかは製品によって異なります。そのため、DAPを選ぶときはどの性能にこだわりたいのか、はっきりさせておくことも重要です。

ちなみに、本体記録容量に関しては多くのDAPがmicroSDカードに対応しています。DAPがどの容量のmicroSDカードに対応しているかも、あわせてチェックしておきましょう。

価格をチェック

DAPは、機種によって価格が大きく異なります。安いモデルは1〜2万円程度。高機能なモデルが欲しい場合は、5〜10万円程度を目安として予算を組むのがおすすめです。なお、なかには数十万円する高価なモノもラインナップされています。

また、DAPはヘッドホンやアクセサリなどの影響を大きく受けるのもポイント。高音質で音楽を聴くためには、周辺機器もあわせて揃えるのがおすすめです。DAP本体のほか、必要な方はアクセサリの価格なども考慮に入れて選んでみてください。

DAPのおすすめモデル

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ[メモリータイプ] NW-A100シリーズ NW-A105

さまざまな音源をハイレゾ相当の音質で楽しめるDAPです。「DSEE Ultimate」と呼ばれる機能が搭載されており、圧縮された音源のサンプリング周波数を高め、高音質にアップスケーリング可能。曲のタイプを自動で判別し、微細な音の再現性を向上します。

BluetoothのコーデックはLDACに対応。ワイヤレスヘッドホンやスピーカーでも、対応したデバイスでハイレゾ音源が再生できます。本製品にはAndroid 9.0が採用されており、Google Playストアからさまざまなアプリをダウンロード可能。SpotifyやYouTube、Apple Musicなどのストリーミングサービスが楽しめるのもメリットです。

音声設定アプリを使えば、イコライザーやダイナミックノーマライザーも利用可能。アナログレコード特有の音響現象を再現する「バイナルプロセッサー」もアプリから設定できます。バッテリーで約26時間駆動するので、旅行や出張に携帯するDAPとしてもおすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマンZXシリーズ[メモリータイプ] NW-ZX500シリーズ NW-ZX507

最大11.2MHzのDSDネイティブ再生に対応したDAPです。ハイレゾ再生対応の高性能フルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載。バランス接続にも対応しているので、ノイズの少ないクリアなサウンドが再生できます。

リアルタイムに楽器を分析するAI技術が採用されており、CDや圧縮された音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングできるのもポイント。さまざまな音源を臨場感あふれる音で楽しめます。

本製品はWi-Fi通信に対応しており、OSにはAndroid 9.0を搭載。SpotifyやApple Musicなどの音楽ストリーミングサービスも利用できます。バッテリーでの駆動時間は約20時間。バッテリーを長持ちさせる「バッテリーセーバーモード」によって、電力消費を抑えながら使用できる点もおすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマンWM1シリーズ[メモリータイプ] NW-WM1シリーズ NW-WM1A

「USB-DAC機能」を搭載しており、パソコンの音源をハイレゾ相当の音質で再生できるDAPです。本製品に保存した音源だけでなく、USBで接続したパソコン内の音源も高音質再生が可能。DAPとしてだけでなく、デジタルアナログコンバーター(DAC)としても使えます。

「Bluetoothレシーバー機能」も搭載。スマホやタブレットとワイヤレスで接続でき、さまざまな音源を高音質にアップスケーリングできる「DSEE HX」機能によって、より高音質で音楽を楽しめます。

「DSEE HX」機能は、スタンダード・女性ボーカル・男性ボーカル・パーカッション・ストリングスの5つのモードから選択可能。再生する曲にマッチした音質補正が行える仕様です。本製品は左右の音を分離するバランス出力にも対応。クリアでノイズの少ないサウンドが再生できる点もおすすめのDAPです。

アユート(aiuto) ACTIVO CT10

手頃な価格で高音質なサウンドが楽しめるDAPです。比較的リーズナブルな価格で購入できるにも関わらず、ハイレゾ音源に対応。処理能力の高い「Quad-Core CPU」を搭載しているので、容量の大きなハイレゾ音源も安定して再生できます。

アステル&ケルンの技術を凝縮した一体型モジュール「TERATON」が主要回路として組み込まれているのもポイント。音質は保持したままで、DAP本体が小型化しています。また、直感的な操作が可能なユーザーインターフェイスも人気。上下左右へのドラッグで簡単に行きたいページに移動できるだけでなく、頻繁に使う機能は「お知らせ」に設定してアクセス手順を簡易化できます。

「Wi-Fiネットワーク機能」を使えば、同じネットワークに接続されているパソコンとワイヤレス接続が可能。音楽ファイルを直接ダウンロードできる点もメリットです。Bluetoothのコーデックは、高音質で低遅延なaptXやaptX HDに対応。ワイヤレスで高音質サウンドが楽しめる、おすすめのDAPです。

パイオニア(Pioneer) private XDP-20

シンプルながらかわいらしいデザインが人気のDAPです。手の平に心地よく馴染むラウンドフォルムが特徴。カラーバリエーションが、ホワイト・ピンク・ネイビーブルーの3種類あるのもポイントです。

圧縮音源やCD音源をアップサンプリングできる機能も搭載。さまざまな音源をハイレゾ相当の高音質で楽しめます。また、BluetoothコーデックはaptX HDに対応。ワイヤレスでも高音質サウンドが再生できます。

音質に定評があるDAC「ES9018C2M」やアンプ「SABRE 9601K」は、2基ずつ搭載。バランス接続にも対応しており、クリアで広がりのあるサウンドを実現しています。バッテリーでの駆動時間は約15時間。1日2時間程度の通勤や通学で利用する場合、週末まで充電せずに使えます。

ディスプレイには、片手で操作しやすい2.4型タッチパネルを採用。親指が届く範囲に各機能が配置されている使いやすいユーザーインタフェイスもおすすめのDAPです。

パイオニア(Pioneer) private XDP-30R

コンパクトで使いやすいボディが魅力のDAPです。シンプルかつスタイリッシュなデザインが特徴。1枚のアルミブロックから削り出された本体は、高級感溢れる外観を有しています。また、軽量で携帯性に優れているにも関わらず、堅牢性を兼ね備えているのもポイントです。

本製品は、DAC「ES9018C2M」や、アンプ「SABRE 9601K」を2基ずつ搭載。解像度の高いサウンドを実現しており、繊細なバランス表現が可能です。2.5mmの4極バランスヘッドホン出力端子も搭載。ノイズを抑えたクリアなサウンドが再生できる仕様です。

アップサンプリング機能が搭載されているので、CDや圧縮された音源であってもハイレゾ相当の高音質化が可能。さまざまな音源をより高い音質で楽しめる点もおすすめのDAPです。

パイオニア(Pioneer) Digital Audio Player XDP-300

多彩な機能を搭載しているコスパに優れたDAPです。最大11.2MHzまでのDSDと、最大384kHz/24bitのFLAC・WAV・AIFF・MQAに対応。幅広い再生フォーマットに使用できるのがポイントです。出力は、3.5mmの3極ヘッドホン端子に加えて、2.5mmの4極バランスヘッドホン端子も搭載。microUSB端子を利用したデジタル出力も可能です。

DACは「ES9018K2M」、アンプは「SABRE 9601K」をそれぞれ2基ずつ搭載。高解像度サウンドの再生が可能で、繊細な表現力を実現しています。また、オーディオ部とCPU部を完全に分離した構造により、デジタルノイズを低減。クリアで透明感のある音が魅力です。

細かく調節できるグラフィックイコライザーも搭載されており、好みの音質にカスタマイズが可能。最大1000件までの設定を保存、読み込みできる点もおすすめのDAPです。

オンキヨー(ONKYO) rubato Digital Audio Player DP-S1

microSDカードスロットを2基備えたDAPです。最大416GBまでストレージを拡張可能。データ容量の多いハイレゾ音源を保存しておくのに適しています。ESSのDAC「ES9018C2M」とアンプ「SABRE 9601K」は2基ずつ搭載。高解像度なハイレゾサウンドを表現する仕様です。

直感的な操作ができるボタンやボリュームノブを備えており、選択型ホールドキーで誤操作の予防も可能。画面を起動せず、直接操作できる点もおすすめのDAPです。

フィーオ(FiiO) M6

ノイズや歪みの少ないサウンドが再生できるDAPです。高性能DACとアンプを小型パッケージにまとめた構造により、ノイズを抑えたクリアなサウンドを実現。感度の高いイヤホンを使用する場合にもおすすめです。

DSDは最大5.6MHz、PCMは最大192kHz/24bitに対応。APE・WAV・FLAC・AIFなどをはじめ、幅広い再生フォーマットで使えるのもポイントです。Bluetoothでのワイヤレス接続は、レシーバー機能も使用可能。スマホやタブレットを使って、音楽ストリーミングサービスを利用する場合にもおすすめのDAPです。

フィーオ(FiiO) M11 Pro

スマホからの操作ができる、使い勝手に優れたDAPです。OSには、フィーオの独自開発アプリである「FiiO Music」を搭載したカスタマイズAndroidを採用していますが、「FiiO Link」と呼ばれる機能により、スマホからも操作可能。Bluetoothレシーバー機能も搭載されているので、スマホで音楽ストリーミングサービスを利用する場合にもおすすめです。

DACチップ「AK4497EQ」は、左右独立で2基搭載。2.5mmまたは4.4mmのバランス接続にも対応しており、ノイズの少ないクリアなサウンドが再生できます。また、左右の音量不均等を調節する「ADCボリュームコントロール機能」が搭載されている点もおすすめのDAPです。

アステル&ケルン(Astell&Kern) A&norma SR15 AK-SR15

品質の高さで有名なアステル&ケルンのスタンダードラインに位置するDAPです。高価なイメージのあるアステル&ケルンDAPのなかでも、比較的購入しやすい価格で販売されているのがポイント。音質はもちろん、使い勝手に優れたユーザーインターフェイスや高い処理性能も魅力です。

「AK Connect App」をダウンロードしたスマホやタブレットを使用すれば、本製品の操作が可能。据え置き型として設置し、遠隔操作で利用したい場合にもおすすめのDAPです。

HiBy R3Pro

コンパクトながら高性能なDAPです。本体サイズは82×61×13mmですが、11.2MHzまでのDSDと384kHz/32bitのまでのPCMに対応。高音質なハイレゾ音源をしっかりと表現できる仕様です。「Mage Sound 8Ball Tuning」と呼ばれるサウンドカスタマイズシステムも搭載されており、細かな音質調節ができる点も魅力。直感的な操作で、好みのサウンドに設定できるのがポイントです。

バッテリーでの駆動時間は最大20時間。バランス接続時でも約16時間の連続再生ができるので、頻繁な充電を手間に感じる方にもおすすめのDAPです。

SHANLING ハイレゾポータブルプレーヤー M6

高い処理能力により、優れたレスポンスを発揮できるDAPです。高性能なオクタコアCPUに加えて、4GBのメモリを搭載。行った操作をスピーディに反映できる性能が魅力です。

出力端子は、3.5mmヘッドホン端子に加えて、2.5mmおよび4.4mmのバランスヘッドホン端子も搭載。追加で変換プラグを用意せずとも、多様なイヤホン、ヘッドホンが接続できます。

DACには、「AK4495SEQ」を2基搭載。高解像度サウンドを実現できるデュアルDAC構成もおすすめのDAPです。

カイン(Cayin) Cayin N3Pro

2つの音色を選択して使えるDAPです。中域に特徴があり、弦楽器やボーカル主体の音楽に適した「トライオードモード」と、クリーンでエネルギッシュなサウンドの「ウルトラリニアモード」を切り替えて使用可能。聴く音楽のジャンルに合わせて、音質を変更できるのがポイントです。

Bluetooth接続はレシーバー機能も搭載。スマホやタブレットに保存してある音源の再生や音楽ストリーミングサービスを利用する場合にもおすすめのDAPです。

コウォン(COWON) PLENUE R2

優れた音質カスタマイズ機能が魅力のDAPです。10バンドイコライザーやリバーブ、コーラスなどのエフェクト機能などが設定可能。ユーザープリセットと50種類のレファレンスプリセットを利用し、聴く曲にマッチする音質を好みにあわせて切り替えられるのが特徴です。

本製品はバランス接続にも対応しているので、ノイズの少ないクリアなサウンド再生が可能。高音質で高解像度なハイレゾ音源をより鮮明に表現できる点もおすすめのDAPです。

DAPのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

DAPのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。