ソニーの「ウォークマン」などに代表されるDAP(デジタルオーディオプレイヤー)。最近はハイレゾ音源に対応したモデルも続々と展開されているほか、聞き慣れない海外メーカーも市場に参入しており、どの製品を購入しようか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DAPのおすすめモデルをご紹介。MP3プレーヤーとの違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

DAPとは?

By: amazon.co.jp

DAPとは、デジタルオーディオプレイヤー(digital audio player)の略称。内蔵ストレージまたはSDカードなどの外部ストレージに音楽ファイルを入れ、ヘッドホンやイヤホンを使って音楽を聴く機器のことを指します。

DAPの特徴は、持ち運びに便利なことと、高音質を楽しめること。持ち運びに関しては手で収まるサイズ感を基本としており、音質は本格オーディオ機器を販売するメーカーのDACチップを搭載しているのがポイントです。

MP3プレーヤーとの違い

By: amazon.co.jp

MP3プレーヤーとは、MP3形式で記録されているファイルを再生できる機器のこと。最近では、DAPのほとんどがMP3を含むあらゆるファイル形式に対応しており、ハイレゾ音源を再生できるかどうかでDAPとMP3プレーヤーを区別します。

ほかにも、音質を決めるパーツとして重要なDACチップの有無、「Bluetooth」や「Wi-Fi」などのワイヤレス対応、ストリーミングサービスやUSB-DACが利用できるかなども異なる点です。

基本的には、機能面が充実しているか、音質にこだわりを持っているかどうかがMP3プレーヤーとDAPの違い。ただ最近では、MP3プレーヤーであってもDAPと販売されていることもあるので注意しておきましょう。

DAPの選び方

対応ファイル形式や量子化ビット数などを確認

By: amazon.co.jp

自分の所有している音楽ファイルに、DAPが対応しているかチェックしましょう。DAPは「FLAC」「WAV」をはじめ、「ALAC」「AIFF」「MP3」「AAC」に対応しています。

なお、FLACやWAVなど一部のファイル形式にはCDを超える情報量のハイレゾ音源があり、ハイレゾ対応DAPのみ再生可能。ハイレゾ対応を謳うDAPの場合、対応量子化ビット数/サンプリング周波数は24bit/96kHz以上が一般的です。

さらに、サンプリング周波数のみで表されるハイレゾ規格「DSD」に対応しているかもポイント。DSDによるハイレゾ再生にこだわりたい方は、DAPのサンプリング周波数が5.6MHzまでカバーしているかを確認しておきましょう。

ヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

DAPはヘッドホンやイヤホンを使用することが前提なので、ヘッドホンアンプ部の品質も重要です。電気抵抗値を表す「インピーダンス」も、選ぶ際にはしっかりチェックしておきましょう。

一部の高級ヘッドホンでは、300Ω程度のハイインピーダンス機もありますが、DAPには150Ω程度までしか対応しないモデルも存在しています。また、ポータブル向けのヘッドホンやイヤホンの多くは、100Ω以下の機器がほとんどです。

バランス接続対応の有無

3110zfzxuUL

By: amazon.co.jp

アンプ部の端子も選ぶ際に気をつけるべきポイント。通常のDAPの端子は、3.5mmのステレオミニジャックと呼ばれるタイプが主流です。

一方、「バランス接続」は、通常の方式に比べて左右の音が混ざり合う現象を低下させることで、高音質を図っている方法。端子規格は統一されているわけではなく、2.5mm径と4.4mm径の2種類が併存しています。バランス接続に対応している製品も増えているので、サウンドクオリティにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

重さ・バッテリー・容量

510wWk8yHUL

By: amazon.co.jp

DAPはポータブル性が要求されるので、音質を優先するのか、コンパクトさを追求するのか、バッテリーのスタミナを重視するのかは製品によって異なります。そのため、DAPを選ぶときはどの性能にこだわりたいのか、はっきりさせておくことも重要です。

ちなみに、本体記録容量に関しては多くのDAPがmicroSDカードに対応しています。DAPがどの容量のmicroSDカードに対応しているかも、併せてチェックしておきましょう。

DAPのおすすめモデル

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&ultima SP1000

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&ultima SP1000

低音域の豊かさに定評があるハイエンドモデルのDAPです。「旭化成エレクトロニクス」の高性能DACチップ「VERITA AK4497EQ」をデュアル構成で搭載。また、信号処理技術に長けた設計回路を採用することで、高出力ながらも音の歪みが少なく、ノイズを抑えたサウンドを楽しめるのが特徴です。

ディスプレイはタッチ方式の5型HD液晶を採用。操作性においては、オクタコアCPUを採用し、レスポンスがスムーズです。内蔵メモリの容量は256GBで、外部メモリはmicroSDXC(最大256GB)に対応。microSDカードのスロットはスマホのSIMスロットと同様の仕様で、開ける際にはピンが必要です。ボディを守る上では強固ですが、出し入れには手間がかかるので、その点は留意しておきましょう。

なお、製品単体でも十分高性能ですが、別途専用のアンプ「SP1000 AMP」をセットすることで、より高出力のヘッドホンを利用することが可能。パワーが増幅するほか繊細さも加わり、さらなる高音質を体感できます。気になる方は、併せてチェックしておきましょう。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&ultima SP1000M

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&ultima SP1000M
本モデルは同シリーズの「SP1000」を小型かつ軽量化、さらにはロープライス化を図ったモデル。サウンドは全体的にフラットな仕様で、よりスッキリした印象の音が楽しめます。

搭載されているチップや、オクタコアCPUの採用なども上位モデルと同様。端子としてUSB Type-Cが用意されているほか、Bluetoothのコーデックが「aptX HD」までカバーしている点も同じで、Bluetooth対応スピーカーやカーステレオとの無線接続が可能です。

さらに、内蔵メモリの容量は128GBで、外部メモリはmicroSD/SDHC/SDXCカード(最大400GB)に対応。兄弟機「SP1000」よりも使い勝手に配慮しており、持ち運び重視でDAPを選びたい方におすすめのモデルです。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) KANN CUBE

アステルアンドケルン(Astell&Kern) KANN CUBE

同ブランドのパフォーマンスシリーズにラインナップされているDAPです。レコーディングスタジオの機器などに使用されているESS Technology社の8ch DAC「ES9038PRO」を、ポータブルオーディオプレーヤーとして初めてデュアル搭載。高出力ながらノイズが抑えられており、高音質を楽しめるのが特徴です。

消費電力の大きいDACを採用しているため、バッテリーが大容量化されているのもポイント。ボディは87.75×140×31.5mm、重さは約493gとやや重厚感があります。

また、内蔵メモリの容量は128GBで、再生時間は約8時間。Bluetoothのコーデックは「aptX HD」までカバーしています。DAPのなかではミドルクラスに位置しているおすすめの製品です。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&futura SE100

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&futura SE100
本製品の同ブランドラインナップにおいては、ミドルレンジにクラス分けされる「SE100」。上位機種と比べて中低音域の厚みはやや劣るものの、高音域の解像度は高く、シャープなサウンド傾向にあるのが特徴です。

内蔵メモリは128GB。microSDカードスロットを利用すれば最大400GBまでストレージを拡張でき、合計528GBまで対応しています。本体サイズは75.8×132×15.3mm、重さは約241gとスリムかつ軽量なDAPです。

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1Z

ソニーがこれまで培ってきたフルデジタルアンプ技術を注ぎ込んだDAP。ウォークマンの歴史を継承するアイテムで、音楽ジャンルは問わず、オールマイティに聴けるのが特徴です。

また、サウンドにおけるモード切り替えが可能なのもポイント。「スタンダード」「女性ボーカル」「男性ボーカル」「パーカッション」「ストリングス」が用意されており、楽曲の特徴に合わせて設定できるのも魅力です。

内蔵メモリの容量は256GBで、Bluetoothのコーデックはハイレゾ音源を十分に楽しめる「LDAC」にまで対応しています。再生時間は約30時間とスタミナも十分。高性能ながら発売からやや年数が経っているので、価格帯が安いのも注目すべき点です。お得感のあるモデルを探している方は、ぜひ候補として検討しておきましょう。

ロトゥー(Lotoo) PAW Gold TOUCH

ロトゥー(Lotoo) PAW Gold TOUCH

プロ仕様のオーディオ機器を取り揃えているブランド「ロトゥー」のDAP。全体的にフラット傾向で、サウンドの広がりや奥行きを十分に体感できるのが特徴です。

記憶媒体は、外部メモリ仕様で最大2TBのUHS-II SDカードに対応。Bluetoothのコーデックは「LDAC」までカバーしており、高音質なハイレゾ音源を存分に楽しめます。

タッチ操作に対応したIPSパネルの3.77インチの液晶を採用しており、サイズは68.6×119×21mm、重さは311gと軽量コンパクト。独自OS「LotooOS」を採用しており、起動が高速なのも魅力です。ハイエンドクラスのDAPを体験したい方は、ぜひ候補として検討してみてください。

HIFI WALKER H2

HIFI WALKER H2

バーブラウン社のDACチップ「PCM5102」を搭載し、128bit/5.6MHzまでのネイティブDSD再生が可能なDAP。省電力でバッテリーが長持ちするほか、高解像度の音質を体験できます。

双方向のBluetoothに対応しており、送り手として使えば無線のイヤホン・ヘッドホンで視聴可能。受け手に回れば、スマホに保存した曲やストリーミングを再生できるのも魅力です。

内蔵ストレージはないものの、最大256GBのSDカードに対応し、購入の際は16GBのモノが付属するので安心。USBメモリも繋げられるので、無制限に音楽を持ち歩けます。

音楽ストリーミングサービスをスマホで使っている方や、幅広い音楽をいつでも聞ける環境を整えたい方におすすめです。

AGPTEK H3 H3-JP

AGPTEK H3 H3-JP

サイズが94×56×15mm、重さは108gの小型軽量DAP。DACチップに「TI PCM 5102」を備えるほか、5.6MHzのDSDを含むあらゆるファイル形式に対応しているのが魅力です。

Bluetoothは双方向に通信可能。本体で操作でき、Androidのスマホを持っていればリモート制御にも対応します。また、100段階の細かいボリューム調整ができるのもポイント。内蔵ストレージはないものの、SDカードで最大256GBまで拡張できます。

高機能でありながら、リーズナブルな価格もポイント。コスパ良好のDAPを探している方におすすめです。

アユート(aiuto) ACTIVO CT10 ACTIVO-CT10-WHT

アユート(aiuto) ACTIVO CT10 ACTIVO-CT10-WHT

韓国のオーディオメーカー「アイリバー」のAstell&Kern製モジュール、「TERATON」を主要回路に組み込んでいるDAP。快適な操作が魅力の「Quad-Core CPU」を搭載するなど、ハイエンドクラスの技術を惜しみなく注ぎ込んでいるのが特徴です。

また、UIはAndroidユーザーなら馴染みが深い設計を採用しているのもポイント。Wi-FiやBluetoothを通してパソコン、スマホの音楽をストリーミング再生できるのはもちろん、本体からでも直接ハイレゾ音源を購入できます。

さらに、内蔵ストレージは16GBに加え、最大400GBのSDカードにも対応。使い勝手がよいモデルながら、価格はお手頃なのも魅力です。本格的なハイスペックをなるべくリーズナブルに購入したい方は、ぜひチェックしておきましょう。

audio-opus OPUS#1S HA52032GLB

audio-opus OPUS#1S HA52032GLB

高級オーディオにも採用される、「シーラスロジック」のDACチップ「CS43198」を2基搭載した高音質DAP。バランス接続に対応するほか、DSDの再生やUSBケーブルを使えば、パソコンの音楽を聞けるのが魅力です。

本体はおしゃれかつ片手でも持ちやすいのが特徴。タッチパネル付きの4インチ画面はUIがシンプルで、スムーズに操作しやすいのも魅力です。

SDカードはデュアル搭載が可能なので、最大800GBを超える容量にも対応。DAPに高音質の音楽を惜しみなく持ち歩きたい方におすすめです。

シャンリン(SHANLING) M0 M0-BK-SET

シャンリン(SHANLING) M0 M0-BK-SET

本体の大きさが40×45×13.5mm、重さは約38gと、コンパクトサイズのDAP。1.54インチのディスプレイは視認性に優れるほか、指先だけで操作できるのが魅力です。

また、Bluetooth4.1や「aptX」に対応しており低遅延かつ高音質。ソニーが開発したコーデック「LDAC」も再生できるため、満足度の高いハイレゾ音源も楽しめます。

さらに、小型にも関わらず連続使用時間は15時間。最大512GBのSDカードに対応しているのもポイントです。カラーはブラック・レッド・ブルーを含む5色をラインナップ。「とにかく小さいDAPが欲しい」という方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) private XDP-20 XDP20L

パイオニア(Pioneer) private XDP-20 XDP20L

ラウンド形状の背面を採用することによって、持ちやすさに配慮したDAP。世界的なオーディオメーカー「ESSテクノロジー」のDACチップ「ES9018C2M」を2基搭載するだけでなく、クリアなサウンドを発するアンプ「SABRE 9601K」を採用しているのが特徴です。

深みのある低音を5段階調整できる「BassEnhancer」や、音域を好みに変えられるイコライザー機能も内蔵。15時間の駆動が可能なので、外出中でも気兼ねなく使えます。

16GBの内蔵ストレージを持ち、デュアルSDカードスロットで最大512GBの容量追加も可能。機能が充実しているものの、安価で購入できるので、お得感のあるおすすめのDAPです。

カイン(Cayin) N6 DAP

カイン(Cayin) N6 DAP

ハイエンドオーディオに使われるDACチップ「PCM1792A」を贅沢にもデュアル搭載したDAP。音の再現性を高める水晶振動子が3基備わり、高音質を楽しめます。

2.4インチのディスプレイ部はスタイリッシュに仕上がっているほか、側面のダイヤルや正面のボタンもシンプルで、スムーズに操作できるのもポイント。128bitのDSDを含む、幅広いファイル形式の音源を再生できるのも特徴です。

内蔵ストレージは8GB、SDカードは128GBまで対応。発売から年数が経過しているので、価格が落ち着いているのも魅力です。お得感のあるDAPを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

カイン(Cayin) N8 N8DAP

カイン(Cayin) N8 N8DAP

ヘッドホンアンプ部に真空管を採用した、ハイレゾ対応プレーヤーです。真空管は、電子楽器を製造している国内メーカーの「コルグ」が開発した「Ntube」を搭載。現在主流のトランジスタに比べて、滑らかで温かみのあるサウンドが魅力です。

DACには「旭化成エレクトロニクス」の「AK4497EQ」を2基搭載し、オペアンプも「MUSES02」を2基使用しており、真空管以外も高品質。さらに、ステレオミニに加え、4.4mm径バランス接続にも対応します。

そのほか、内蔵128GBに加え、最大512GBまでmicroSDカードで増設可能。Bluetooth入力にも対応しているので、スマホ内の音源も真空管サウンドで楽しめます。音質にこだわりたい方におすすめです。

オンキヨー(Onkyo) rubato DP-S1A

オンキヨー(Onkyo) rubato DP-S1A

ハイレゾ音源に対応したコンパクトモデルです。「ESSテクノロジー」のDACチップ「ES9018C2M」と、「SABRE 9601K」アンプをそれぞれデュアルで搭載しているのが特徴。バッテリーやボリュームノブ周辺が強化され、高い制振性と耐久性を備えています。

ハイレゾ音源は、DSDが5.6MHzまでのネイティブ再生、FLAC/WAVで32bit/192kHzまでの再生に対応。オーディオ用パーツや内部部品を周到に選定・設計することで、ノイズ排除や電源クリーン化も図っています。94×63×15mmと小型ながら、深みのあるサウンドを楽しめるおすすめのDAPです。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&norma SR15 3PPS117C-CMGMN1

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&norma SR15 3PPS117C-CMGMN1

韓国のオーディオメーカー「アイリバー」のブランド「Astell&Kern」のなかでも、価格が抑えられたスタンダードなDAP。ノイズ処理に強いDACチップや、高い処理能力を有するCPUを搭載しているのが特徴です。

また、DACの左右独立使用をはじめ、低ノイズ化、ダイナミックレンジの拡大と低歪み化によって、クリアで立体的なサウンドを楽しめます。

さらに、3.3型のタッチパネル画面が傾いた独特なデザインも個性的でおしゃれ。64GBの内蔵メモリに加え、最大400GBまでのmicroSDカード増設に対応し、多くの曲を楽しみたい人にもおすすめです。

フィーオ(FiiO) Mシリーズ M6 FIO-M6-B

フィーオ(FiiO) Mシリーズ M6 FIO-M6-B

2GBの内蔵ストレージのほか、最大2TBのSDカードが搭載できるDAP。ノイズや歪みを低減しながら高出力が可能なアンプと、DACチップを内蔵したSoC「ES9018Q2C」を搭載しており、クリアなサウンドを楽しめるのが魅力です。

また、BluetoothとWi-Fiによる無線接続もでき、iPhoneユーザーは「AirPlay」が利用可能。DLNAを使った高音質再生にも対応します。

さらに、「Spotify」や「NetEase」などのストリーミングサービスを利用できるのもポイント。汎用性の高いDAPを求めている方におすすめのモデルです。

フィーオ(FiiO) X7 MarkⅡ FIO-X7MK2

フィーオ(FiiO) X7 MarkⅡ FIO-X7MK2

交換式のヘッドホンアンプを採用したハイレゾ対応のDAPです。別売りモジュールに交換することで別の機能を追加や出力の強化、バランス端子の変更などの拡張性を備えているのがポイント。内蔵ストレージは64GB、SDカードはデュアルで合計1TBまで対応しており、容量も簡単に拡大できます。

標準モジュールは、2.5mm径バランスイヤホン端子に対応。音質の要となるオペアンプ部に、専用設計で特注仕様の「OPA926」を採用することにより、情報量の多いワイドレンジなサウンドを楽しめます。10万円以下でハイスペックなDAPを求めている方におすすめです。

アップル(Apple) iPod touch 第6世代 MKHX2J/A

アップル(Apple) iPod touch 第6世代 MKHX2J/A

音楽再生だけでなく、ゲームや写真撮影まで可能なマルチユース対応のDAP。iTunes Storeから簡単に音楽を購入できるので、データ管理しやすいのが魅力です。

処理能力の高い「A8チップ」を搭載しており、滑らかな操作が楽しめるのはもちろん3Dゲームもプレイ可能。また、連射やスロー撮影ができ、音楽を聞きながら写真撮影も楽しめます。

さらに、Wi-Fi接続をすれば、LINEなどのコミュニケーションアプリも使用可能。薄くて軽いDAPを探している方は、ぜひ候補として検討してみてください。

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ NW-A55

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ NW-A55

ソニーのハイレゾ対応ウォークマンの中核シリーズ、「NW-A50」に属するモデルです。アルミの削り出し筐体を採用することで高密度・低抵抗値・高剛性を追求、クリアで力強い低音域が楽しめます。

また、高音質デジタルアンプ技術「S-Master HX」によって、高音質と省電力をうまく両立しているのもポイント。圧縮音源をハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」機能はAI学習機能を搭載しており、小さくて細かい音も忠実に再現します。

さらに、大きさ55.7×97.3×10.8mm、重量99gのコンパクトボディなのも魅力。内蔵バッテリーで最大45時間再生可能なのも、おすすめポイントです。

DAPのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

DAPのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。