ソニーの「ウォークマン」やアップルの「iPod」に代表されるDAP(デジタルオーディオプレイヤー)。スマホで音楽を聴くのと比べて、より高音質を楽しむことができるのが特徴です。

最近では、ハイレゾ音源に対応したモデルも続々とリリースされているほか、聞き慣れない海外メーカーも市場に参入するなど、製品が豊富に取り揃っています。そこで今回は、DAPの基礎知識とおすすめアイテムをご紹介。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

DAPとは

41TRwW83VQL

By: amazon.co.jp

DAPとは、デジタルオーディオプレイヤーの略。持ち運び可能で、ヘッドホンやイヤホンを使用する小型オーディオプレイヤーのことを指します。

本体にストレージを内蔵するか、外部ストレージに対応しその中の音楽ファイルを再生。代表格としては、ソニーのウォークマンと、アップルのiPodの2シリーズが挙げられます。

DAPが求められる理由はなにより音質です。DAPは音楽再生に特化した設計と能力を持っており、スマホでは得がたい音質のよさが魅力。CDを上回る音質のハイレゾ音源が登場したことも、おすすめできる理由のひとつです。

スマホに比べ、対応DAPではハイレゾ再生を行うのも簡単。また、ハイレゾの高音質を十分に堪能するための能力も磨かれています。

DAPの特徴

屋外使用を前提としたポータブルオーディオ機器

By: amazon.co.jp

DAPは単体でヘッドホン再生可能なポータブルオーディオ機器。液晶画面と各種操作スイッチが装備されているのが一般的ですが、なかにはタッチパネル対応機もあります。

屋外での使用が前提のため、バッテリーが内蔵されていますが、コンセントからのAC駆動にも対応。そのため、自宅での据え置きプレイヤーとして使う方もいます。

さらに、音質調整機能など音楽に関わる機能は豊富。ファイル形式と対応量子化ビット数/サンプリング周波数がハイレゾ規格に対応しているモノもあります。

また、内部あるいは拡張スロットによるストレージに対応。外部ストレージはmicroSDカード対応が標準です。ほかにも最近では、外部音声入力やパソコンと接続しての再生、Bluetooth、Wi-Fi、ネットワークを介してデバイス同士が接続する「DLNA機能」などを備えたモデルも登場しています。

高音質を追求

419leSwDr3L

By: amazon.co.jp

DAPには音のよさを向上させるため、数々のオーディオ専用設計が施されています。まず、音質を左右する重要な部品であるDAC(デジタル信号をアナログ音声に変換する部分)。

DAC以降のアナログ信号段、ヘッドホンアンプ段も高品位なオーディオ用専用部品を多数投入したり、高音質化のための凝った回路設計が採用されたりしています。

これらの工夫により価格は安くても1万円、数万円程度が主流。なかには10万円を超えるモノもありますが、その分高い音質で音楽を楽しむことができます。

MP3プレイヤーとは何が違うの?

ハイレゾ対応の有無

By: amazon.co.jp

少し前までは、ハイレゾ対応でなくとも「FLAC」や「WAV」ファイルの再生に対応するMP3プレイヤーもDAPとみなされていました。ところが現在では、よほどの低価格機でない限りMP3プレイヤーでもFLAC、WAV再生が可能。そこで、ハイレゾ再生の可否でその違いを判断するのが一般的です。

ただし、アップル社のiPodシリーズは2018年現在もハイレゾ対応していません。iPodについては例外的に「DAP」とみなされていることが多いです。

高音質設計

By: amazon.co.jp

また、高音質再生できる設計もDAPの特徴。高音質再生に対応するか否かを区別する方法として、使用DACチップのメーカーと型番表記の有無も大切です。

DACチップは再生能力と音質に関わる重要部品で、デジタルオーディオの世界では重視される部品。リーズナブルなMP3プレイヤーでは表記されないこともDAPとの違いのひとつです。

単純に音が聴ければよいなら、今やスマホでもハイレゾは聴けますが、高音質志向の方にはMP3よりも高音質なファイル再生に対応したDAPがおすすめです。

高機能

By: amazon.co.jp

リーズナブルなMP3プレイヤーと比較して、DAPレベルの製品は高機能なところも特徴です。音質調整も単に高音・低音を調整できるだけでなく、10以上もの帯域で細かく調整できるイコライザー機能が代表的。

最近では対応イヤホン、ヘッドホンとワイヤレスリスニングを可能にするBluetooth送信対応、PCとの接続でUSB-DACとしても使える機能、逆に外部USB-DACにデジタル信号を送る機能など拡大化しています。

こうした高機能は、買った後からも追加されたり、不具合の解決のために内部ソフトウェアを書き換えたり(ファームウェアのバージョンアップ)するのが必要なことも。買っただけで終わりでないのも、近年のDAPの特徴と言えます。

こうしたことは数千円程度のMP3プレイヤーでは到底できないハイレベルなものばかり。MP3プレイヤーとは機能でも差をつけられるのも魅力です。

DAPの選び方

対応ファイル形式や量子化ビット数などを確認

417rfO1AhpL

By: amazon.co.jp

自分の所有している音楽ファイルにDAPが対応しているかチェックしましょう。一般的には「FLAC」「WAV」を筆頭に、「ALAC」「AIFF」「MP3」「AAC」に対応しています。しかし、これだけではありません。

FLAC、WAVなど一部のファイル形式には、CDを超える情報量のハイレゾ規格のデータも存在します。これらを再生できるのがハイレゾ対応DAPです。ハイレゾ対応を謳うDAPは、対応量子化ビット数/サンプリング周波数が24bit/96kHz以上が一般的です。

さらに、サンプリング周波数のみで表されるハイレゾ規格「DSD」への対応もポイント。DSD対応のDAPで低価格帯のモノはまだ少なく、DSDによるハイレゾ再生にこだわる方は要注意。5.6MHzまでに対応していれば一般的には十分です。

ヘッドホンアンプ部で選ぶ

41Xd7HIUXnL

By: amazon.co.jp

DAPはイヤホン、ヘッドホン使用が前提なので、ヘッドホンアンプ部の品質が重要。最近では、DAPに据え置き向けの大型ヘッドホンを使用する方も増えていますが、大事なのは対応の抵抗値である「インピーダンス」です。

一部の高級大型ヘッドホンでは300Ω程度のハイインピーダンス機もありますが、DAPには150Ω程度までしか対応しないモデルもあります。ポータブル向けのヘッドホン、イヤホンの多くは100Ω以下の機器がほとんどだからです。高級DAPのなかには、あえてハイインピーダンスに対応して一部の高級大型ヘッドホンの接続への対応をアピールしているものもあります。

さらに、音質とは関係ありませんが、ボリュームの段階も重要。50から100段階程度あると微妙な調整ができますが、30段階程度の場合は上手くできない場合もあります。

バランス接続対応ヘッドホン端子の有無

3110zfzxuUL

By: amazon.co.jp

ヘッドホンアンプ部の端子も選ぶ際に気をつけるべきポイントです。通常のDAPヘッドホン端子は、ステレオミニジャックと呼ばれるタイプ。これに、「バランス接続対応ヘッドホン端子」を加えるモデルもあります。

ヘッドホンの「バランス接続」は、通常の方式に比べて左右の音が混ざり合う現象を低下させることで、高音質を狙える方法です。実現には対応ヘッドホンと対応端子の機器が必要。一部の高級DAPでは装備しているので、音質にとことんこだわるならチェックしておくのもおすすめです。

重さとバッテリー、容量

510wWk8yHUL

By: amazon.co.jp

重さやバッテリー持続時間も気になるところです。かつてのカセットやCD時代のポータブルプレイヤーは、軽薄短小、ロングバッテリーに各社しのぎを削っていました。ところが、現在のDAPではあまり重要視されません。

というのも、音質を追求すると本体は重く、電池寿命は短くなる傾向があるからです。とはいえ、かつてのように軽さとバッテリー性能を求めるユーザーもいます。音質を取るか、コンパクトさを取るか、バランスを取るかで、各社考え方が分かれている状況です。

また、本体記録容量に関しては現在多くのDAPがmicroSDカード対応のため、あまり問題になりません。本体にも搭載されていると便利、という程度。むしろ、どのくらいの容量のmicroSDカードまでに対応しているかが重要なポイントです。

2018年におすすめしたいDAPの人気高音質モデル

ソニー(SONY) ウォークマン 4.4mmバランス接続対応 NW-ZX300

ソニー・ウォークマンの新作にして人気機の「ZXシリーズ」。10~30万円近くもする最上位「WM1」シリーズ向けに開発された技術が惜しげもなく投入されています。

また、新開発の独自フルデジタルアンプ「S-Master HX(CXD-3778GF)」が採用され、DSD信号を忠実に変換できるネイティブ再生(バランス出力時のみ)や出力が強化されているのも嬉しいポイントです。

さらに、4.4mm 5極のバランスイヤホン出力も装備されており、リーズナブルな価格でもバランス接続できる点が魅力。本体メモリは64GBで、microSDカードで増設可能です。

一般的なウォークマンと比べると高価な製品ですが、内容と音質のコスパが最も高いと言われているおすすめのハイレゾDAPです。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45HN

ソニー得意の小型、軽量、そして高機能、高音質を体現したウォークマン。本体サイズは55.9×97.5×10.9mmの手のひらサイズで重量もわずか約98gです。

最大45時間再生の長時間再生も魅力。本体メモリは16GBながら、microSDカードで増設可能です。Bluetooth送信もハイレゾ相当での伝送が可能な「LDAC」と「aptX HD」コーデックに対応するので、幅広いイヤホン・ヘッドホンでワイヤレスでのハイレゾが楽しめます。

ノイズキャンセリング機能搭載のハイレゾ対応イヤホン「IER-NW500N」が付属。内容と価格のバランスのよいウォークマンとしておすすめです。

オンキヨー(Onkyo) デジタルオーディオプレーヤー rubato DP-S1(B)

ソニーとアップルが主流であったDAP界に風穴を開けたのは、オンキヨー&パイオニアです。老舗オーディオメーカーが合併してできたことで両社の長年の蓄積を集約でき、独自の地位を築きました。

本製品は本体サイズが約63×94×15mm、重量約130gのコンパクトボディながら高音質・多機能が魅力。ハイレゾ音源はDSDの5.6MHzまでのネイティブ再生、FLAC/WAVの192kHz/32bitまでの再生に対応します。

また、200GBまで対応したmicroSDカードスロットを2つ搭載し、16GBの内蔵メモリを加え最大416GBまで拡張可能。さらに、ESS製高性能DAC「ES9018C2M」とアンプが2個ずつ搭載されています。

2.5mm 4極バランス端子を採用し、イヤホン・ヘッドホンのバランス接続にも対応します。音楽ストリーミングサービスからのダイレクト再生に対応するのもおすすめポイントです。

フィーオ(FiiO) ハイレゾ・デジタルオーディオプレーヤー X5 3rd generation

高音質、多機能、そしてコスパを兼ね備えた人気DAPです。旭化成エレクトロニクス製高性能DAC「AK4490EN」を2基搭載し、最大で384kHz/32bitのWAV、5.6MHzまでのDSDをサポート。

2.5mm 4極端子によるイヤホンのバランス接続にも対応します。内蔵メモリ32GBに加え、microSDカードスロットを2基も装備。1基が多い他モデルに比べ、大容量を楽しめます。

Android OSを採用しているので、一般的なAndroid端末として利用することができ、端末としての便利さでもおすすめの製品です。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&ultima SP1000 AK-SP1000

世界トップクラスのハイエンドDAPと言われる高級機です。高級据え置き機でも使われる旭化成エレクトロニクス製のDACチップ「AK4497EQ」を搭載。

DSD 11.2MHz、FLAC/WAV 384kHz/32bitのネイティブ再生に対応するハイスペックなところがポイントです。もちろん、イヤホンのバランス接続にも対応しています。

また、天然皮革を使用したレザーケースと木製パッケージなど付属品も豪華。高価な製品ですが、高出力ながらゆがみの少ない点や低ノイズで高音質を楽しめる、おすすめのDAPです。

たくさん曲が入るDAPのおすすめ人気大容量モデル

アップル(Apple) iPod touch 第6世代 128GB

DAPの超定番であるiPodのなかでも大容量のモデル。128GBメモリが内蔵されています。スマホのような外見で、実際にWi-Fi使用を前提とした高性能端末の側面が強いのもポイント。ほかのDAPと比較してCPU性能が高いため、カメラや映像プレイヤー、ゲーム機としても楽しめます。

ハイレゾ非対応のため、オーディオメーカー品のような高音質へのこだわりは少ないですが、マルチに楽しめる完成度の高いプレーヤーとしておすすめです。

コウォン(COWON) ハイレゾプレーヤー PLENUE R 128GB PR-128G

内蔵メモリ128GBのハイレゾ対応DAPです。microSDカードで最大256GBの追加も可能。ハイレゾFLAC、DSDにも対応し約154gの軽量、最大17時間再生といった基本的な性能は備えています。

コウォンのDAPの特徴は、多彩な音質調整機能です。他のDAPと比較しても多くの項目を調整できるので、ファンが多いモデル。自分好みの音を徹底的に追求したい、気分や曲によって音質を思い切り変えてみたいという方にもおすすめのDAPです。

ソニー(SONY) ウォークマン WM1シリーズ NW-WM1A

本体メモリ256GBという容量の大きさが特徴のDAP。ウォークマンの最高級グレードである「WM1シリーズ」であり、上級機のNW-WM1Zとは機能・スペック面では変わらないところも嬉しいポイントです。

違いは筐体素材と内部線材程度なので、モノとしての質感よりもコスパを重視するなら本製品がおすすめ。

また、新設計の高性能デジタルアンプが搭載され、60mW+60mW(16Ω)、バランス接続時は250mW+250mW(16Ω)とハイパワーなところも魅力。MP3やCD音源もハイレゾ相当に変換する「DSEE HX」を搭載し、どんな曲でも情報量豊富で高密度なサウンドで楽しめるおすすめのDAPです。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) AK380-256GB

DAPとして最高の本体メモリ256GBを内蔵。高性能のDAPである「NW-WM1」とともに、最高級DAPの一角を占めてきた高音質機です。

FLAC 32bit/384kHz、DSD 5.6MHzまでに対応するスペックは標準的ですが、高級据え置き機にも匹敵する圧倒的な解像度と自然な高音質は、ポータブル使用だけではもったいないほどの性能。大容量を生かして、自宅でもじっくり使いたいDAPです。

初心者必見! 低価格でコスパ高なDAPのおすすめ人気モデル

AGPtEK デジタルオーディオプレーヤー ROCKER

DSD再生可能機として国内でもリーズナブルなのが魅力のDAPです。WAVEなど、32bit/192kHzまで対応する点でもハイスペック。本体はアルミ合金製で、価格を感じさせない上品な見た目もおすすめの理由です。

DACチップにシーラスロジック社の高性能チップ「CS42L51」が採用されています。本体メモリなしで、最大256GBのmicroSDカードに対応。Bluetooth送信機能もあるので、ワイヤレスイヤホンも使用できます。DSDを安く聴きたい方だけでなく、幅広い方におすすめできるハイコスパなDAPです。

シャンリン(SHANLING) ハイレゾ対応ミュージックプレーヤー M1

リーズナブルながら多機能なハイレゾ対応DAPです。ハイレゾ音源はDSDにも対応。また、USB-DACや送受信両方ワイヤレスサポート機能なども魅力です。

本体サイズは約50×60×13mmで重量が約60gと超小型なのも嬉しいポイント。また、コンパクトながらしっかりと2.35型液晶パネルも装備し、アートワークも表示できる高い視認性を備えます。

もっと高額で大型のDAPを持っている方も、サブ機やBluetoothレシーバー、あるいはUSB出力専用機としてなどさまざまに活用可能。もちろん、ハイレゾDAP初心者にもおすすめのDAPです。

パイオニア(Pioneer) デジタルオーディオプレーヤー private XDP-30R(B)

トップクラスのDACとアンプが特徴のDAP。バランス出力にも対応しているハイレゾのエントリープレーヤーです。

「ロックレンジアジャスト」「アップサンプリング」「Hi-bit 32化」「デジタルフィルター」「イコライザー」といった音質を変化できる機能も豊富で、好きな音に追い込む楽しみもあります。国内メーカー製DAPのなかでもリーズナブルな、バランス接続が楽しめる機種としてもおすすめです。

ソニー(SONY) ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A45

価格と性能のバランスに優れたソニーのウォークマン「NW-A45HN」からイヤホンを取った、リーズナブルなモデルです。小型・軽量・多機能・高音質が魅力の本モデルをお得に楽しめます。

USB-DAC機能も装備するので、イヤホンやヘッドホンがなくとも高性能DACとしても使用可能。ただし、USB-DAC機能の使用中は、Bluetooth機能は使えません。

手持ちのイヤホンやヘッドホンがある方におすすめ。ハイレゾ対応ウォークマンをできるだけ安く買いたい方にもおすすめの製品です。

ソニー(SONY) NW-A25HN

ハイレゾ対応ウォークマンのエントリーモデル。ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質が楽しめるコーデック「LDAC」に対応しています。Bluetoothイヤホン・ヘッドホン派の方にもピッタリのDAPです。

MP3やCDといった圧縮音源を、ハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」機能を搭載しているのもポイント。これまで所有していた音楽データも高音質で楽しめます。

1枚の金属板から切り出したような、シンプルかつスマートなデザインも魅力。ボタンが独立しているので、画面を見なくても簡単に操作することが可能です。また、デジタルノイズキャンセリング機能に対応したイヤホンが同梱されている点も見逃せません。型落ちのため価格は下がっていますが、基本性能は十分。初めてのDAPとしておすすめです。

カイン(Cayin) N3 DAP

従来モデルと比べて40%の小型化に成功した「N3 DAP」。重量は約93gと軽量でありながら、12時間の音楽再生が可能なパワーバッテリーを搭載しているのが魅力です。通勤・通学はもちろん、スポーツジムなどでも安心して使うことができます。

高音質で低遅延なコーデック「aptX」を採用。Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーに繋げば、ワイヤレスで音楽鑑賞ができます。内蔵メモリーはありませんが、micro SDやUSBメモリーを接続するだけで、簡単に記憶容量を拡張することが可能です。

メニューボタンが独立しているので操作感も良好。1万円台でありながら、コストパフォーマンスに優れています。手軽にハイレゾ音楽を楽しみたい方におすすめです。

DAPのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

DAPのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。