ソニーの「ウォークマン」などに代表されるDAP(デジタルオーディオプレイヤー)。最近はハイレゾ音源に対応したモデルも続々とリリースされているほか、聞き慣れない海外メーカーも市場に参入しており、購入を検討している方にとっては悩ましいものです。

そこで今回はDAPのおすすめモデルをご紹介。MP3プレーヤーとの違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

DAPとは?

By: amazon.co.jp

DAPとは、デジタルオーディオプレイヤー(digital audio player)の略称。内蔵ストレージまたはSDカードなどの外部ストレージに音楽ファイルを入れ、ヘッドホンやイヤホンを使って音楽を視聴する機器のことを指します。

DAPの特徴は、持ち運びに便利なことと、高音質を楽しめること。持ち運びに関しては、手で収まるサイズ感を基本としており、音質は本格オーディオ機器を販売するメーカーのDACチップを搭載しているのがポイントです。

MP3プレーヤーとの違い

By: amazon.co.jp

MP3プレーヤーとは、ファイル形式の「MP3」を再生できる機器のこと。DAPが普及する前までは代表的な携帯音楽プレーヤーでしたが、現在ではDAPのほとんどがMP3を含むあらゆるファイル形式に対応しており、最近はハイレゾ音源を再生できるかどうかでDAPとMP3プレーヤーを区別する傾向にあります。

ほかにも、音質を決めるパーツとして重要なDACチップの有無、「Bluetooth」や「Wi-Fi」などのワイヤレス対応、ストリーミングサービスやUSB-DACが利用できるかなどが違いとして挙げられます。

基本的には、機能面が充実しているか、音質にこだわりを持っているかどうかがMP3プレーヤーとDAPの異なる点です。ただ最近では、MP3プレーヤーであってもDAPと販売されていることもあるので、注意しておきましょう。

DAPの選び方

対応ファイル形式や量子化ビット数などを確認

By: amazon.co.jp

自分の所有している音楽ファイルにDAPが対応しているかチェックしましょう。一般的には「FLAC」「WAV」を筆頭に、「ALAC」「AIFF」「MP3」「AAC」に対応しています。

なお、FLACやWAVなど一部のファイル形式には、CDを超える情報量のハイレゾ音源があり。これらを再生できるのがハイレゾ対応DAPとされています。ハイレゾ対応を謳うDAPは、対応量子化ビット数/サンプリング周波数が24bit/96kHz以上が一般的です。

さらに、サンプリング周波数のみで表されるハイレゾ規格「DSD」に対応しているかもポイント。DSDによるハイレゾ再生にこだわりたい方はDAPのサンプリング周波数が5.6MHzまでカバーしているかを確認しておきましょう。

ヘッドホンアンプ部で選ぶ

By: amazon.co.jp

DAPはヘッドホンやイヤホンを使用するのが前提なので、ヘッドホンアンプ部の品質が重要となります。最近では、DAPに据え置き向けの大型ヘッドホンを組み合わせる方も増えていますが、重要なのは対応の抵抗値である「インピーダンス」です。

一部の高級ヘッドホンでは300Ω程度のハイインピーダンス機もありますが、DAPには150Ω程度までしか対応しないモデルもあります。ポータブル向けのヘッドホンやイヤホンの多くは100Ω以下の機器がほとんど。ハイエンドクラスのDAPのなかには、あえてハイインピーダンスに対応して一部の高級ヘッドホンの接続への対応をアピールしている製品もあります。

バランス接続対応の有無

3110zfzxuUL

By: amazon.co.jp

アンプ部の端子も選ぶ際に気をつけるべきポイント。通常のDAPの端子は、3.5mmのステレオミニジャックと呼ばれるタイプが主流です。

一方、「バランス接続」は、通常の方式に比べて左右の音が混ざり合う現象を低下させることで、高音質を図っている方法。なお、現在は端子規格が統一されておらず、2.5mm径と4.4mm径の2種類が併存しています。やや面倒な部分もありますが、音質的なメリットは大きく、対応機器も増えているので、サウンドクオリティにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

重さ・バッテリー・容量

510wWk8yHUL

By: amazon.co.jp

カセットやCDが主流だった頃のポータブルプレイヤーは、軽薄短小やロングバッテリーに各メーカー注力していましたが、現在のDAPではあまり重要視されておらず、高音質な製品ほど本体は重く、電池寿命は短くなる傾向にあります。

とはいえ、DAPはポータブル性が要求されるので、音質を優先するのか、コンパクトさを追求するのか、バッテリーのスタミナを重視するのかは製品によって分かれているのが現状です。

なお、本体記録容量に関しては多くのDAPがmicroSDカードに対応のため、あまり問題になりません。むしろ、どのくらいの容量のmicroSDカードまでに対応しているかが重要なポイントとなります。

DAPのおすすめモデル

iBasso Audio DX200

iBasso Audio DX200

アルミニウム合金のボディにDACチップ「ES9028PRO」を2基搭載したハイエンドDAP。4400mAhの大容量バッテリーを備えるほか、64GBの内蔵ストレージや最大256GBのSDカードに対応するのが魅力です。

ヘッドホンのバランス接続や、光デジタル出力も可能。BluetoothやWi-Fi機能もあるので、音楽の転送や無線のイヤホンで視聴することも簡単にできます。

アンプモジュールを交換できるのが最大の特徴。標準として「AMP1」を備えるほか、ほかのモジュールに付け替えることでまったく異なる音質を体験可能です。ハイエンドモデルが欲しい方や、アンプ交換で音質を探求したいという方はぜひチェックしておきましょう。

HIFI WALKER H2

HIFI WALKER H2

バーブラウン社のDACチップ「PCM5102」を搭載し、128bit/5.6MHzまでのネイティブDSD再生が可能なDAP。省電力でバッテリーが長持ちするほか、高解像度の音質を体験できます。

双方向のBluetoothに対応しており、送り手として使えば無線のイヤホン・ヘッドホンで視聴可能。受け手に回ればスマホに保存した曲やストリーミングを再生できるのも魅力です。

内蔵ストレージはないものの、最大256GBのSDカードに対応し、購入の際は16GBのモノが付属するので安心。USBメモリも繋げられるので、無制限に音楽を持ち歩けます。

音楽ストリーミングサービスをスマホで使っている方や、幅広い音楽をいつでも聞ける環境を整えたい方におすすめです。

AGPTEK H3 H3-JP

AGPTEK H3 H3-JP

サイズが94×56×15mm、重さは108gの小型軽量DAP。DACチップに「TI PCM 5102」を備えるほか、5.6MHzのDSDを含むあらゆるファイル形式に対応しているのが魅力です。

Bluetoothは双方向に通信可能。操作は本体で行うことができ、Androidのスマホを持っていればリモート制御も対応します。ボリュームは100段階の細かい調整ができるのもポイント。内蔵ストレージはないものの、SDカードで最大256GBまで拡張が可能です。

高機能を持ちながら1万円前後で購入できるので価格は良心的。コスパ良好のDAPを探している方におすすめです。

アユート(aiuto) ACTIVO CT10 ACTIVO-CT10-WHT

アユート(aiuto) ACTIVO CT10 ACTIVO-CT10-WHT

韓国のオーディオメーカー「アイリバー」のブランド「Astell&Kern」のモジュール「TERATON」を主要回路に組み込んでいるDAP。快適な操作が魅力な「Quad-Core CPU」が搭載されているなど、ハイエンドクラスの技術を惜しみなく注ぎ込んでいるのが特徴です。

UIはAndroidユーザーなら馴染みが深い設計を採用しているのもポイント。Wi-FiやBluetoothを通してパソコン、スマホの音楽をストリーミング再生できるのはもちろん、本体からでも直接ハイレゾ音源を購入できます。

内蔵ストレージは16GBに加え、最大400GBのSDカードにも対応。使い勝手良好ながら価格は3万円台とお手頃。本格的なハイスペックをなるべくリーズナブルに購入したい方はぜひチェックしておきましょう。

audio-opus OPUS#1S HA52032GLB

audio-opus OPUS#1S HA52032GLB

高級オーディオにも採用される「シーラスロジック」のDACチップ「CS43198」を2基搭載した高音質DAP。バランス接続に対応するほか、DSDの再生やUSBケーブルを使えば、パソコンの音楽を聞けるのが魅力です。

本体はおしゃれかつ片手でも持ちやすいのが特徴。タッチパネル付きの4インチ画面はUIがシンプルなので、操作がスムーズにできるのも魅力です。

SDカードはデュアル搭載が可能なので、最大800GBを超える容量にも対応。DAPに高音質の音楽を容量の惜しみなく持ち歩きたいという方におすすめです。

HIDIZS AP60

HIDIZS AP60

アルミニウム合金のボディに2インチの鮮やかな映像を映せるディスプレイを搭載したDAP。1000mAhのバッテリーは動作時間が約10時間と長く、スタミナは良好です。

Bluetoothは4.0に対応しているため、安定した通信で高音質を楽しめるのもポイント。OTGもサポートしているので、パソコンやスマホの音楽をUSB経由で聞くこともできます。使い勝手良好なので、初めてDAPの購入を検討している方におすすめです。

HiByMusic R6 R6-GREEN

HiByMusic R6 R6-GREEN

オーディオに精通しているメーカー「ESSテクノロジー」のDACチップ「 ES9028Q2M」を2基搭載したDAP。スマホなどの音楽をアプリやストリーミング問わず正確な音源として再生できる「DTA」を備えているのが魅力です。

4.2インチのタッチパネル付きディスプレイを持つほか、3GBのRAM内蔵で滑らかな操作性が可能。4000mAhのバッテリーを搭載しており、連続再生時間は12時間とスタミナは十分です。

Wi-Fiを使うことで、「Spotify」などの音楽を再生することも可能。高音質な音楽を持ち歩きたい方はもちろん、単体でもストリーミングで楽しみたいという場合におすすめです。

シャンリン(SHANLING) M0 M0-BK-SET

シャンリン(SHANLING) M0 M0-BK-SET

本体の大きさが40×45×13.5mm、重さは約38gと、コンパクトサイズのDAP。1.54インチのディスプレイは視認性に優れるほか、指先だけで操作できるのが魅力です。

Bluetooth4.1や「aptX」に対応することで、低遅延かつ高音質。ソニーが開発したコーデック「LDAC」も再生できるため、満足度の高いハイレゾ音源も楽しめます。

小型にも関わらず、連続使用時間は15時間。最大512GBのSDカードに対応しているのもポイントです。カラーはブラック・レッド・ブルーを含む5色をラインナップ。「とにかく小さいDAPが欲しい」という方におすすめです。

パイオニア(Pioneer) private XDP-20 XDP20L

パイオニア(Pioneer) private XDP-20 XDP20L

ラウンド形状の背面を採用することによって持ちやすさに配慮したDAP。世界的なオーディオメーカー「ESSテクノロジー」のDACチップ「ES9018C2M」を2基搭載するだけでなく、クリアなサウンドを発するアンプ「SABRE 9601K」を採用しているのが特徴です。

深みのある低音を5段階調整できる「BassEnhancer」や、音域を好みに変えられるイコライザー機能も内蔵。15時間の駆動が可能なので、外出中でも気兼ねなく使えます。

16GBの内蔵ストレージを持ち、デュアルSDカードスロットで最大512GBの容量追加も可能。機能が充実しているものの、価格帯は2万円台で購入できるので、お得感の高いおすすめのDAPです。

カイン(Cayin) N6 DAP

カイン(Cayin) N6 DAP

ハイエンドオーディオに使われるDACチップ「PCM1792A」を贅沢にもデュアル搭載したDAP。音の再現性を高める水晶振動子が3基備わり、高音質を楽しめます。

2.4インチのディスプレイ部はスタイリッシュに仕上げっているほか、側面のダイヤルや正面のボタンもシンプルで、スムーズに操作できるのも魅力。128bitのDSDを含む、幅広いファイル形式の音源を再生できるのも魅力です。

内蔵ストレージは8GB、SDカードは128GBまで対応。発売から年数が経過しているので、価格が落ち着いているのも魅力です。お得感の高いDAPを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

カイン(Cayin) N8 N8DAP

カイン(Cayin) N8 N8DAP

ヘッドホンアンプ部に真空管を採用したハイレゾ対応プレーヤー。真空管は現在主流のトランジスタに比べて滑らかで温かみのあるサウンドが魅力です。一方、扱いが難しく、回路の小型化も困難で振動にも弱いため、ポータブル機での使用は異例。スピーカー用の真空管アンプに実績のあるメーカーだからこそ、製品化できたと言っても過言ではありません。

真空管は電子楽器を製造している国内メーカーの「コルグ」が開発した「Ntube」を搭載。DACには「旭化成エレクトロニクス」の「AK4497EQ」を2基搭載し、オペアンプも「MUSES02」を2基使用と、真空管以外も高品位です。ステレオミニに加え、4.4mm径バランス接続にも対応します。

内蔵128GBに加え、最大512GBまでmicroSDカードで増設可能。Bluetooth入力にも対応するので、スマホ内の音源も真空管サウンドで楽しめます。高音質モデルとして予算がある方におすすめです。

オンキヨー(Onkyo) rubato DP-S1A

オンキヨー(Onkyo) rubato DP-S1A

ハイレゾ音源に対応したDAP。同社が長年培った技術と音質チューニング技術を注入したコンパクトモデルです。「ESSテクノロジー」のDACチップ「ES9018C2M」と「SABRE 9601K」アンプをそれぞれデュアルで搭載しているのが特徴。バッテリーやボリュームノブ周辺が強化され、高い制振性と耐久性を備えています。

ハイレゾ音源は、DSDが5.6MHzまでのネイティブ再生、FLAC/WAVで32bit/192kHzまでの再生に対応。オーディオ用パーツや内部部品を周到に選定・設計することで、ノイズ排除や電源クリーン化も図っています。小型ながら深みのあるサウンドを楽しめるおすすめのDAPです。

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&norma SR15 3PPS117C-CMGMN1

アステルアンドケルン(Astell&Kern) A&norma SR15 3PPS117C-CMGMN1

韓国のオーディオメーカー「アイリバー」のブランド「Astell&Kern」のなかでも、価格が抑えられたスタンダードなDAP。ノイズ処理に強い「Cirrus Logic」のDACチップ「CS43198」をデュアルで搭載するほか、高い処理能力を有するCPUを搭載しているのが特徴です。

本モデルは最上位モデル「A&ultima SP1000」の技術を投入しているのが特徴で、DACの左右独立使用をはじめ、低ノイズ化、ダイナミックレンジの拡大と低歪み化によって、クリアで立体的なサウンドを楽しめます。

3.3型のタッチパネル画面が傾いた独特なデザインも個性的でおしゃれ。64GBの内蔵メモリに加え、最大400GBまでのmicroSDカード増設に対応し、多くの曲を楽しめます。洗練された操作系と素早いレスポンスもおすすめポイントです。

フィーオ(FiiO) Mシリーズ M6 FIO-M6-B

フィーオ(FiiO) Mシリーズ M6 FIO-M6-B

2GBの内蔵ストレージのほか、最大2TBのSDカードが搭載できるDAP。ノイズや歪みを低減しながら高出力が可能なアンプとDACチップを内蔵したSoC「ES9018Q2C」を搭載しており、クリアなサウンドを楽しめるのが魅力です。

BluetoothとWi-Fiによる無線接続もでき、iPhoneユーザーは「AirPlay」を利用することが可能。DLNAを使った高音質再生にも対応します。

「Spotify」や「NetEase」などのストリーミングサービスを利用できるのもポイント。汎用性の高いDAPを求めている方におすすめのモデルです。

フィーオ(FiiO) X7 MarkⅡ FIO-X7MK2

フィーオ(FiiO) X7 MarkⅡ FIO-X7MK2

交換式のヘッドホンアンプを採用したハイレゾ対応のDAP。別売モジュールに交換する事で別の機能を追加や、出力の強化、バランス端子の変更などの拡張性を備えます。内蔵ストレージは64GB、SDカードはデュアルで合計1TBまで対応。容量の拡大が簡単なのもポイントです。

標準モジュールは2.5mm径バランスイヤホン端子に対応。音質の要となるオペアンプ部に、専用設計で特注仕様の「OPA926」を採用することにより、情報量の多いワイドレンジなサウンドを聴かせます。

DACにはESSの高性能チップ「ES9028 PRO」を採用。PCM系は32bit/384kHzまで、DSDで11.2MHzまで対応します。USB-DAC機能はじめ、アナログ/光/同軸デジタルの豊富な出力も搭載。10万円以下という条件下でハイスペックなDAPを求めている方におすすめです。

アップル(Apple) iPod touch 第6世代 MKHX2J/A

アップル(Apple) iPod touch 第6世代 MKHX2J/A

音楽再生だけでなく、ゲームや写真撮影まで可能なマルチユース対応のDAP。iTunes Storeから簡単に音楽を購入できるので、データ管理しやすいが魅力です。

処理能力の高い「A8チップ」搭載で、滑らかな操作感を実現すると共に3Dゲームプレイも可能。連射やスロー撮影ができるカメラも搭載され、音楽を聞きながら写真も撮影できます

Wi-Fi接続をすれば各種コミュニケーションアプリも可能。薄くて軽いDAPを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ NW-A55

ソニー(SONY) ウォークマンAシリーズ NW-A55

ソニーのハイレゾ対応ウォークマンの中核シリーズ「NW-A50」に属するモデル。従来機「NW-A40」までに蓄積されたノウハウと多機能性を基にさらに改良。新たにアルミ削り出し筐体を採用し、高密度・低抵抗値・高剛性を追求。クリアで力強い低音域を再生することができます。

高音質と省電力を両立するフルデジタルアンプ「S-Master HX」は引き継がれ、圧縮音源もハイレゾ相当に変換再生できる「DSEE HX」機能は新たにAI学習機能を追加。大幅な音質向上を果たしています。

大きさ55.7×97.3×10.8mm、重量99gのコンパクトボディ、内蔵バッテリーで最大45時間再生のスタミナもウォークマンならではのおすすめポイントです。

DAPのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

DAPのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。