電気の力で加熱する「IHクッキングヒーター」。火を使わないためガスコンロより安全で、使用後のお手入れも簡単です。

しかし、IHクッキングヒーターには設置タイプや機能性に大きな違いがあります。そこで今回は、IHクッキングヒーターのおすすめ製品をピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

IHクッキングヒーターとは?

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、「電磁誘導加熱」という方式で加熱する調理器具のこと。IHヒーター自体が発熱するわけではなく、電気抵抗の力で鍋自体を加熱するのが特徴です。

ガスコンロとは違い、火を使わずに加熱するため、火災が発生しにくいのがポイント。また、加熱面が平面になっていて、使用後に吹きこぼれなどの汚れをサッとひと拭きで掃除できるのもメリットです。

ほかにも、火力がデジタル表示によりひと目でわかる機能や、強火や弱火などの火力をワンプッシュで調節できる機能を備えたモデルであれば、便利に使用できます。

設置タイプは卓上・据え置き・ビルトインの3種類

1. 卓上タイプ

By: amazon.co.jp

卓上タイプは食卓に置いて使えるように設計された、コンパクトサイズのIHクッキングヒーター。目の前で調理できるほか、温かい状態を維持できるため、鍋料理や焼き肉などに重宝します。薄型なので収納しやすいのもメリット。価格も手頃なモノがラインナップされているので、導入しやすいのも魅力です。

なお、ヒーター数は1口のモデルが多く、火力も小さめなため、一度に1つの料理しかできない、大量に調理できないといったデメリットがあります。一人暮らしの方のメイン用や、家族の食卓でたまに使うといった用途におすすめです。

2. 据え置きタイプ

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプは、キッチンのコンロ台に設置して使うIHクッキングヒーター。据え置きタイプのガスコンロを使用している環境なら、簡単に交換できます。ガスコンロと違いフラットな天面なので、掃除しやすいのがメリットです。

2口タイプが主流で、複数の料理を同時に作ることも可能。火力や機能は卓上タイプよりも高い傾向にあり、コスパも良好なので一般的な家庭用として広くおすすめです。

なお、幅が55~60cm前後のため、大きな鍋を2つ並べて調理するのは難しい場合があります。また、本体と周囲の壁との間にはどうしてもすき間ができるため、掃除が難しい場所ができるのもデメリットです。ほかの方式に比べて選択肢が少ないことにも留意しましょう。

3. ビルトインタイプ

By: rakuten.co.jp

ビルトインタイプは、システムキッチンに組み込んで設置するIHクッキングヒーターです。3口タイプが主流で、火力も強め。本体の幅にも余裕があるため、複数の大きな鍋で大量の料理をスピーディーに作れるのもメリットです。火力の調節幅や調理モードなどの機能も豊富なモデルが多いのも魅力のひとつ。3人以上の家庭でしっかり料理をするという方に向いています。

キッチンと一体化したデザインなので見た目もスマートです。また、凹凸やすき間が少なく、掃除がしやすいのもポイント。なお、ビルトインタイプには天板の幅が60cmと75cmの2種類があります。使える鍋のサイズと、調理台のスペースの兼ね合いで選びましょう。

ビルトインタイプは業者による設置工事が必要で、導入コストがかかります。加えて、本体の価格もほかの方式に比べて高めです。システムキッチンへの設置が前提のため、賃貸住宅では導入が困難なので注意しましょう。

IHクッキングヒーターの選び方

最大火力と火力調節で選ぶ

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターでチェックしておきたいポイントのひとつは火力機能。特に、最大火力と火力調節機能の2つが大切です。最大火力は1000Wのように表記され、W数が大きくなればなるほど、最大火力が高くなります。

また、何段階で火力調節ができるかをチェックしましょう。より細かい火力調節ができた方が、ガスコンロのようなアナログの火力調節に近づきます。商品説明の詳細に「100〜1400Wの6段階」などと表記されていることも多いため、確認してみてください。

調理モードで選ぶ

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターには、さまざまな料理に合わせた調理モードが存在。例えば、通常の加熱に加えて揚げ物を行うモードなどは、多くの機種に搭載されています。

さらに、専用の焼肉プレートと「焼肉モード」を備えるなど、より用途に特化したモデルも販売されているので、IHクッキングヒーターの購入前に、自分が作る料理に適しているかを確認してください。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、製品によっては騒音を抑えて設計されているモノもあります。鍋料理などで食卓を囲みながら食事をするなら、静音性に優れたモデルがおすすめです。

IHクッキングヒーターの騒音単位は、30dBなどと表記されるのが一般的。ちなみに、dBの目安として、「20dBは木の葉のふれあう音程度」「30dBはささやき声程度」「40dBは図書館程度」とされています。

IHクッキングヒーターのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、国内大手の総合家電メーカー。IHクッキングヒーターにおいては、卓上タイプから、据え置き、ビルトインタイプまで幅広く、多数のモデルを展開しています。そのため、個人のライフスタイルに合ったIHクッキングヒーターを見つけやすいメーカーです。

水入れ不要でグリル料理が行える機能や、メニューや火力などを読み上げてくれる音声ガイドなど、初心者でも簡単に使えるような工夫が施されているのが特徴。金属の材質に左右されずに鍋を使えるオールメタル対応モデルでは、調理の幅を広げられるので、料理の上級者やこだわり派の方にもおすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

総合電機メーカーである日立製作所の家電部門。伝統的に白物家電に強く、IHクッキングヒーターも得意としています。ラインナップはビルトインと据え置きタイプが中心です。

焼き物・蒸し物・ノンフライなど、多彩な調理が行える「ラク旨グリル&オーブン」に代表される、料理の上級者向けの機能が充実しているのが特徴。火力が一目でわかる4色カラー液晶や、食材の裏返し時期を音声で知らせる機能など、利便性も優秀です。

そのほか、消費電力の上限を切り替えられる「節電モード」を備えたモデルも展開されており、エコを意識した製品作りにも定評があります。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: mitsubishielectric.co.jp

日本を代表する総合電機メーカー。家電製品から産業機器、社会インフラなど幅広い分野を手掛けています。IHクッキングヒーターにおいても、産業やインフラ事業で得られたノウハウを活かし、設置性のよさや導入工事のしやすさまでを考慮した製品作りが特徴です。

同社のクッキングヒーターには「びっくリング加熱」や「びっクリアオーブン」といった独自機能が搭載されているのがポイント。多彩で高度な料理に対応できるハイクオリティーさが魅力です。洗練されたデザインと使いやすさも魅力。手入れのしやすさにも定評があります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

リーズナブルな生活家電が得意なメーカー。IHクッキングヒーターでは、卓上タイプと据え置きタイプをメインにラインナップしています。

なかでも、1口タイプの小型モデルを得意としており、一人暮らしの方やサブ機に適しているのが特徴です。レトロなデザインや、鍋がセットになったモデルなど、製品バリエーションが多いのも魅力。安全機能が充実しているのもおすすめポイントです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|卓上タイプ

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33

卓上型IHクッキングヒーターの人気モデルです。75~1400Wの広範囲で7段階の加熱調節が可能。煮物の煮崩れを抑える「味しみこみコース」や、油を一定温度に保つ「揚げ物コース」なども搭載しており、幅広い料理を作れます。

また、鍋が煮立ったら自動で火力を抑えて吹きこぼれを防いでくれる「鍋だし作りコース」機能もポイント。鍋料理好きの方にもおすすめです。

弱火の運転音は約25dBと、静音性に優れているのも魅力。最大火力を1000Wに制限する「1000Wセーブモード」を使えば、一人暮らしの住環境で起こりがちな、ブレーカー落ちを防止できます。

そのほか、電源コードの本体着脱部は簡単に外れるマグネット方式のため、不意なコードへの引っ掛かりによる事故を防げるので安心です。切り忘れ自動OFF機能や鍋無し自動OFF機能などの安全装置も充実。機能性と安全性の両面に優れたおすすめのIHクッキングヒーターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHコンロ IHK-T35

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHコンロ IHK-T35

リーズナブルな卓上型IHクッキングヒーター。低価格ながら最大火力が1400Wと、卓上タイプとして最大級なことが特徴です。火力が必要な料理も楽しめます。加熱調理モードでは80〜1400Wの6段階、揚げ物調理モードでは約150〜200℃の6段階で火力調節が可能。火力を細かく調節できるので、快適に料理を行えるのもポイントです。

コードの長さは約1.8mと余裕があるので、食卓やテーブルへの設置も容易。すぐにプラグが外れるマグネット式を採用しているので、万が一コードに引っかかっても安心です。

そのほか、大きめのボタンを斜めに設置していることにより、操作しやすいのも魅力。拭くだけで手入れができる点でもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402

声で操作を教えてくれる「音声ガイド」を搭載した卓上型IHクッキングヒーター。操作できるボタンを光って知らせてくれる「光ガイド」も搭載しているので、家電の操作に不慣れな方でも扱いやすいのが魅力です。

初めてIHクッキングヒーターを使う方をはじめ、子どもから年配の方まで簡単に使えるのが魅力。音声ガイドは音量調節ができ、消音も可能なので、操作に慣れた方にも煩わしくありません。

最大火力は1400Wとパワフルで、6段階に調節可能です。調理モードは急速加熱・カレー・煮込み・保温と豊富。油の温度を約140〜200℃の7段階に細かく調節でき、揚げ物にも対応しています。最長9時間55分までセットできるタイマー機能も便利です。

そのほか、温度過昇防止機能や切り忘れ防止機能など、多彩な安全装置もポイント。多機能さと簡単さを両立したおすすめの卓上型IHクッキングヒーターです。

ドリテック(DRETEC) IH クッキングヒーター DI-216

ドリテック(DRETEC) IH クッキングヒーター DI-216

本体サイズが幅190×奥行250×高さ60mmと、コンパクトな卓上型IHクッキングヒーターです。一人暮らしの方だけでなく、テーブルを広く使えるので家族の食卓にもおすすめ。収納場所を取らない点も魅力です。

また、炒め物や湯沸かしに適している「加熱モード」、揚げ物やチーズフォンデュなどにぴったりな「定温モード」の2種類のモードを搭載。それぞれ5段階に火力を調節できるので、作りたい料理に合わせて使いこなせます。

そのほか、鍋なし探知・温度過昇防止・切り忘れ防止・高温注意など、全部で7つの安全設計もポイント。小さな子どもがいる家庭や、IHクッキングヒーターを初めて使う方でも安心して使えます。最大火力は1000Wと控えめ。また、使用できる鍋は12〜18cmと小さめなことに留意しましょう。

パナソニック(Panasonic) IHホットプレート KZ-HP2100

パナソニック(Panasonic) IHホットプレート KZ-HP2100

付属品の充実により、多彩な料理が楽しめる卓上型IHクッキングヒーターです。「ダイヤモンドハードコート平面プレート」は付属の金属ヘラが使用可能。通常のIHヒーターではなかなか作りづらいお好み焼きや焼きそばも作れます。

さらに、フッ素コート加工の専用鍋が付属。煮立ったら、自動で火力を落として吹きこぼれを防ぐ「鍋だし作り」コースにより、鍋料理が簡単に楽しめます。ホットプレートとしては90~250℃、揚げ物コースでは140~200℃の範囲で温度調節が可能。揚げ物コース時には油の温度を一定に保てるのもポイントです。

また、別売りの専用焼肉プレートも使用可能。温度過昇防止機能・切り忘れ自動OFF・鍋無し自動OFF・揚げ物そり鍋自動OFFなどの安全機能も充実しています。

日常使いからホームパーティーまで、食卓の中心で活躍できるおすすめのIHクッキングヒーターです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|据え置きタイプ

パナソニック(Panasonic) 据え置き型IHクッキングヒーター KZ-KG22D

パナソニック(Panasonic) 据え置き型IHクッキングヒーター KZ-KG22D

据え置き型の人気IHクッキングヒーターです。多機能で高性能が特徴。操作やエラーを音声で知らせる「音声ガイド」や、高温時に光る「リング点滅」機能などによって、初心者でも使いやすいように配慮されています。

また、「光火力センサー」や独自の「うまピタ制御」プログラムが搭載されているため、適切な温度調節を自動で実行できるのも魅力のひとつ。さらに、「フライパン焼き物温度調節」機能も搭載しているため、設定温度を維持して、じっくり焼くメニューを上手に作れます。140~200℃を10℃刻みで設定できる「光・揚げ物温度調節」機能により、食材に合わせてカラッとした揚げ物を調理可能です。

そのほか、さまざまな素材の金属鍋を使用できる点や、少量油での揚げ物調理が可能な点など、上級機並みの内容をリーズナブルに実現しているのも魅力。最大3kWの火力調節は10段階の細かさで、調理の幅も広がります。料理の初心者には心強く、上級者には頼もしい、おすすめのIHクッキングヒーターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHコンロ IHK-W12

 

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHコンロ IHK-W12

リーズナブルな据え置きタイプの2口IHクッキングヒーターです。200V電源が主流の据え置きタイプでは珍しく、家庭用コンセントの100Vから給電する方式を採用しているのがポイント。電源工事が不要で簡単に設置できるのがメリットです。

左ヒーターでは最大1400Wの火力で加熱・揚げ物調理や湯沸かしが可能。右ヒーターでは最大700Wの火力で加熱調理が可能です。炒め物と汁物を一度に簡単に調理できます。加熱時に使えるタイマー機能や、自動で湯沸しできる機能も便利です。

本体のサイズは、幅約560×奥行約400×高さ約60mm、重さが約5.5kgと、据え置きタイプとしては薄型で軽量なのも魅力。運転音が約30dBと小さく、静音性に優れているのもおすすめポイントです。

日立(HITACHI) IHクッキングヒーター HT-32AG

日立(HITACHI) IHクッキングヒーター HT-32AG

独自の「ラク旨グリル」が特徴の、据え置き型の2口IHクッキングヒーター。グリル調理後の庫内の汚れを防ぐ設計により、掃除や手入れが簡単なのが魅力です。

また、グリルは水なしで魚が焼け、ハンバーグなども裏返す手間もなく自動で両面を焼き上げてくれるのもポイント。35種類のグリルレシピに対応するので、グリル調理を重視する方におすすめです。

10種類の「揚げ物」はじめ、「煮込みメニュー」「麺ゆでメニュー」といった豊富な調理モードも搭載しているのも魅力。見やすい上面操作パネルで、多彩な機能を快適に使いこなせます。調理から片付けまで、手間のかからないおすすめのIHクッキングヒーターです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 据え置き型IHクッキングヒーター IHC-SG221V

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 据え置き型IHクッキングヒーター IHC-SG221V

リーズナブルな200V電源タイプの据え置き型IHクッキングヒーター。電源工事を含めた導入コストの面から、据え置き型IHクッキングヒーターの設置をためらっていた方にもおすすめです。

左右ともに最大2.5kWの強火力を備えており、9段階の火力調節機能を搭載しています。また、温度調節は150~200℃の範囲で6段階に調節可能。揚げ物をはじめさまざまな料理に対応します。

魚を横に置けるワイドグリルも搭載。大きな魚も見やすい状態で調理できます。天面はフラットなので、手入れが簡単なのも魅力です。さらに、音声ガイドやチャイルドロック機能など、利便性と安全性も充実しています。黒を基調にした落ち着いたデザインも魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター CS-G39CS

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター CS-G39CS

据え置き型のIHクッキングヒーターとしては珍しく、ヒーターを3口を備えたモデルです。3つの調理を同時にこなしたい方におすすめ。最大火力は左が2kW、右が3kW、中央が1.5kWとパワフルです。

また、中央のヒーターはラジエントタイプなので、一般的なIHヒーターでは使えないアルミや銅が素材の鍋に使えるのもポイント。さらに、付属の焼き網を使えば、あぶる調理ができるのも魅力です。

本体サイズ、重さともに同社の2口モデルと全く同じため、設置場所に困ることもありません。くわえて、側面がフラット構造なため、壁との隙間を作らずに設置可能。壁と本体の隙間に油はねや食材のカスが溜まりにくいため、お手入れがラクな点もおすすめです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|ビルトインタイプ

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-G318MS

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-G318MS

リーズナブルな価格が人気の、ビルトインタイプの3口IHクッキングヒーターです。水なしでの自動両面焼きグリル、少量油での揚げ物対応といった、上級クラス並みの機能を備えたコスパの高さが魅力。左右のIHヒーターは最大火力3kWで火力調節は9段階で可能と、基本性能も十分です。

中央には最大火力1.2kWのラジエントヒーターを設置。IHヒーターでは使えない一部の金属製鍋や土鍋、耐熱ガラス鍋が使えるため、料理の幅が広がります。

そのほか、表示部と操作ボタンを上面に集中させているため、火力や温度などの情報が見やすく、使いやすいのもポイント。チャイルドロックをはじめ、豊富な安全機能も搭載するので、小さな子どものいる家庭にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ビルトインIHクッキングヒーター KZ-XP56W

パナソニック(Panasonic) ビルトインIHクッキングヒーター KZ-XP56W

オールメタル対応が特徴のビルトインタイプの3口IHクッキングヒーター。一般的なIHヒーターでは対応していない、アルミや銅の鍋・フライパンが使用できるので、調理の幅が広がります。

また、独自の「光火力センサー」や「焼き物温度調節」を搭載。設定温度を自動で維持できるので、揚げ物から焼き物まで、経験とカンが必要な料理も簡単においしく仕上げられます。IHヒーターの最大火力はビルトイン型では最大クラスの3.2kW。火力を重視する方にもおすすめです。

さらに、グリル下部のヒーターにIHを採用しているのも特筆点。立ち上がりが早いため、うまみを閉じ込めた焼き上げが可能です。グリル庫内はフラット構造のため、調理中も見やすく掃除がしやすいのもポイント。火力に応じて光るリングや、音声ガイド機能を搭載し、はじめてIHクッキングヒーターを使う方や初心者でも簡単に使えるのも魅力です。

日立(HITACHI) ビルトインIHクッキングヒーター 火加減マイスター HT-L8STF

日立(HITACHI) ビルトインIHクッキングヒーター 火加減マイスター HT-L8STF

多彩な料理を手軽においしく作れる機能が充実した、ビルトインタイプの3口IHクッキングヒーター。食材を素早く焼き上げ、外はパリッと、中はジューシーに仕上げられる「ラク旨グリル」が特徴です。加えて、食材にじっくり火を通すことでふっくらムラなく仕上げられる「ラク旨オーブン」機能を搭載。焼き魚やローストビーフ、パンなどの幅広い料理をおいしく楽しめます。

また、オーブン機能のオートメニューでは珍しい「魚煮付け」ができるのも特筆点です。左右のIHヒーターは12段階の火力調節が可能。ガラスタッチ式上面パネルは、触れるだけで簡単に操作ができて快適です。

火力の強さをわかりやすく表示する「4色ワイドカラー液晶」もポイント。音声ガイドを搭載しており、初心者でも使いやすいのも魅力です。「節電モード」で環境に配慮できるだけでなく、電気代も抑えられます。ランニングコストのお得さでもおすすめです。

 

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-PT316HNSR

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-PT316HNSR

  
料理のおいしさを追求した三菱電機のハイクラスモデルです。鍋の中に対流を起こして、食材を自動でかきまぜてくれる「びっくリング加熱」機能を搭載しているのがポイント。おいしさが食材にしみ込んだ煮込み料理を簡単に作れます。

また、独自の「びっクリアオーブン」も特徴。熱風を循環させて加熱するため、ヘルシーなノンフライ調理も手軽にできます。さらに、専用のオーブン用丸形鍋「グリルディッシュバリエ」を付属。網焼きから、パンやピザ、お菓子作りまで活用できる優れモノです。

扱いやすいダイヤル式の火力調節は、16段階ときめ細かいのが魅力。多機能をスマートに使いこなせるよう工夫された操作部もポイントです。

上品なシルバー系のトッププレートとパネルは高級感があります。多彩な料理に挑戦したいこだわり派の方におすすめの、スタイリッシュなIHクッキングヒーターです。

パナソニック(Panasonic) ビルトインタイプIHクッキングヒーター KZ-11C

パナソニック(Panasonic) ビルトインタイプIHクッキングヒーター KZ-11C

ビルトインタイプでは珍しい1口型のIHクッキングヒーターです。ワンルームマンションや事務所などのコンパクトな台所に設置できます。

コンパクトタイプの台所に据え付けられていることが多いシーズヒーターと同じ開口寸法で、入れ替えリフォームにもぴったりです。フレーム部の高さは18mmの薄型設計で、見た目にもスッキリと設置できます。

80W~1.3kWまで7段階の火力調節と7段階の揚げ物温度調節機能を持ち、本格的な調理も十分に可能です。直径約26cmまでの鍋が使えるので、来客にも対応できます。

自動湯沸かし機能は、日常的にお茶やコーヒーを飲む方に便利。なお、同じデザイン・寸法で最大火力が2.0kWと、よりパワフルな200V電源タイプもラインナップされています。用途や設置環境に応じて選びましょう。

IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

卓上IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。