電気の力で加熱するIHクッキングヒーター。火を使わないためガスコンロより安全で、使用後のお手入れもラクラクです。

しかし、IHクッキングヒーターには設置タイプや機能性に大きな違いがあります。そこで今回は、IHクッキングヒーターとおすすめおすすめの製品をご紹介。持ち運びにも便利な卓上タイプを紹介するので、追加のヒーターが欲しい方も是非参考にしてください。

IHクッキングヒーターとは?

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、「電磁誘導加熱」という方式で加熱する調理器具のこと。IHヒーター自体が加熱するわけではなく、電気抵抗の力で鍋自体を加熱するのが特徴です。

ガスコンロとは違い、火を使わずに加熱するため、火災が発生しにくいのがポイント。また、加熱面が平面になっていて、使用後に吹きこぼれなどの汚れをサッとひと拭きで掃除できるのもメリットといえます。

他にも、火力がデジタル表示によりひと目でわかる機能や、強火や弱火などの火力をワンプッシュで調整できる機能を備えたモデルを使えば、ガスコンロと同じように使えるでしょう。

IHクッキングヒーターの選び方

最大火力と火力調整

By: amazon.co.jp

はじめにチェックしておきたいポイントは火力機能。特に、最大火力と火力調整機能の2つが大切です。最大火力は1000Wというように表記されるのが一般的。W数が大きくなればなるほど、最大火力が高まると考えてください。

次に、何段階で火力調整ができるかをチェック。より細かい火力調整ができた方が、ガスコンロのようなアナログの火力調整に近づきます。必ずではありませんが、商品説明の詳細に、「450W、700W、……の6段階」のように表記されていることも多いため、公式サイトを入念に確認してください。

調理モード

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターには、さまざまな料理に合わせられる調理モードが存在。例えば、通常の加熱に加えて揚げ物を行うモードなどは、多くの機種に搭載されています。

さらに、専用の焼肉プレートを付属して「焼肉モード」を備えるなど、より用途に特化したモデルも販売されているので、IHクッキングヒーターの購入前に、自分が作る料理に適しているかを確認してください。

静音性

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターを使用すると動作音が発生するので、製品によっては騒音を抑えて設計されているモノもあります。鍋料理などで食卓を囲みながら食事をするなら、静音性に優れたモデルがおすすめです。

IHクッキングヒーターの騒音の単位は、30dBなどと表記されるのが一般的。ちなみに、dBの目安として、「20dBは木の葉のふれあう音程度」「30dBはささやき声程度」「40dBは図書館程度」と認識してください。

設置タイプは卓上・据え置き・ビストインの3種類

卓上タイプ

By: amazon.co.jp

卓上タイプは、食卓にも置いて使えるコンパクトサイズのIHクッキングヒーター。1口サイズで、一人暮らしの方や鍋料理で使用する方にも使いやすいのが特徴です。また、気軽に電源コードを抜いて持ち運ぶことも可能。普段使用しているコンロで口が足りないとき便利に活用できます。

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

据え置きタイプは、キッチンのコンロ台に設置して使用するIHクッキングヒーター。現在据え置きタイプのガスコンロを使用しているなら、こちらのタイプに取り換えるだけで本格的にIHを活用できます。

卓上タイプとは違い、2口タイプが主流。価格、性能、導入コストを考えると、もっともバランスが取れたIHクッキングヒーターといえるでしょう。

ビルトインタイプ

By: amazon.co.jp

ビルトインタイプは、システムキッチンに組み込むタイプのIHクッキングヒーター。設置工事が必要で、3タイプの中で最も導入コストが高いです。

しかし、キッチンと一体化するためデザイン性は高く、さらに、高価格なので機能も充実しています。3口タイプが主流で、料理を趣味にしている方も満足して使用できるのがビルトインタイプです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33

お鍋のだしが簡単に取れる「鍋だし作りコース」を搭載したIHクッキングヒーター。鍋が煮立ったタイミングで自動的に火力を抑えるため、鍋につきっきりにならずに済むところがおすすめです。おでんのような長時間煮込む料理にも適しています。

他にも、揚げ物の温度を自動コントロールする機能が存在。油を一定温度に保ち、料理が均一に仕上がります。ボタンひとつでとろ火と強火の温度調整ができるシンプルな操作性。また、弱モードで運転時は騒音が25dBと静音設計で、食卓の会話を邪魔しません。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHコンロ IHK-T34

鍋検知機能を搭載したIHクッキングヒーター。使える鍋、使えない鍋を判別します。他にも、鍋をのせないで電源を入れると自動的に電源が切れる「鍋なし自動電源OFF」や、スプーンなどの小物類をのせても同様に動作する「小物検知機能」があり、安心して使える1台です。

加熱調理モードは、約1000/700/500/200/80W相当の5段階で調整可能。揚げ物調理モードでも、200/190/180/170/160℃の5段階で調整できます。

さらに、2時間以上操作しないと自動的に電源が切れる「切り忘れ自動OFF機能」や、異常な高温を検知する「過熱防止機能」を備えるなど安全設計。価格もリーズナブルで、コスパに優れたモデルを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) IHホットプレート KZ-HP2100

ホットプレートとしても使用できるIHクッキングヒーター。IH用の金属ヘラが付属していて、購入後すぐに焼き料理が可能です。別売りの焼肉用プレートを使用すれば、料理のレパートリーも広がります。

時間経過がわかる「カウントダウンタイマー」を搭載。料理ごとの目安時間も本体に表記されていて、料理の完成度が高まるところがポイントです。ホットプレートのコーナーには、油や焼きカスを集められるコーナーポケットが存在します。

使用中にやけどしないための「やけど防止ガード」を装備。また、やけど防止ガードやホットプレートは簡単に取り外せて、使用後も簡単にお手入れできます。

ティファール(T-fal) デイリーIH IH2021JP

1400Wによるハイパワー加熱を実現したIHクッキングヒーター。時間短縮にも役立てられるので、普段忙しくて料理をする暇がない方にもおすすめです。火力は6段階に調整できます。

加熱調理・煮る・揚げる・湯沸かしの4つのモードを搭載。それぞれの調理に合わせて最適に火力がプログラムされているところが特徴です。タイマー設定機能を備えていて、1~99分の間で自由にセットできます。

チャイルドロックがあり、小さなお子さんがいる家庭でも安心。さらに、ボタンには点字表示が付いていて、目の不自由な方にも親切な設計です。

山善(YAMAZEN) 卓上型IH調理器 IH-S1400

11×4.2cmの大型サイズのワイド液晶を採用したIHクッキングヒーターです。火力がカラー表示になっていて、現在の火力がわかりやすいところがポイント。300×355mmの大型サイズで、ファミリー使用におすすめです。

加熱は1~6の6段階調整、揚げ物は140~200℃の間を10℃刻みで7段階調整が可能。さらに、保温は60・70・80℃の3段階調整ができ、煮込みモードでは初期設定で2時間の自動運転になりますが、時間は5時間59分まで変更できます。

また、「電源切り忘れ防止」「異常温度上昇防止」「鍋なしOFF」「小物発熱防止」「鍋センサー機能(使えない鍋の検知)」の5つの機能を装備。機能やサイズ的にもコスパの高い1台です。

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PG33

IHで使用できる鍋が付属したIHクッキングヒーターです。購入後、すぐに使用したい方やIH対応の鍋を持っていない方におすすめ。鍋が煮立ったら、自動で火力を抑える「鍋だし作りコース」を備えていて、鍋料理に最適です。

本製品のパワーは1000Wに抑えていて、ブレーカーが落ちる心配を減らせます。さらに、電源コードを抜いても設定を記憶する仕様。これなら、毎回セットする手間を省けます。電源コードは1.9mもあり、コンセントがある程度離れていても問題なく使用できるところもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402

カレー・急速加熱・煮込み・保温の4つのモードを搭載したIHクッキングヒーター。特に、カレー機能は他の製品にはあまり見られないので、頻繁にカレーを作る方には本製品をおすすめします。

タイマー機能は1~9時間55分の間で調整可能。他社製品と比べても長時間設計なので、じっくり料理を煮込みたい方にも最適です。また、高級感を演出できる「ガラス天面」を使用しています。

さらに、持ち運びに便利な持ち手付き。家庭で使用するだけでなく、外出先でも使用しやすいところもポイントです。

日立(HITACHI) IH調理器 HIT-S55

8段階の火力調整を搭載したIHクッキングヒーター。ガスコンロと同じように火力を細かく調整したい方におすすめです。操作ボタンと液晶が大きく、誤操作を防止する親切設計。とろ火と強火をワンタッチで変更するボタンも備えていて使い勝手も抜群です。

「高温お知らせ表示」」「温度過昇防止機能」「オートオフ機能」など安全性に配慮した機能も満載。高価格帯に位置付けられる製品ですが、それだけの価値はあります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHクッキングヒーター IHC-T51S

焼肉プレートとIH・ガス対応鍋を付属したIHクッキングヒーター。焼肉プレートは3~4人前を一気に焼け、鍋の満水容量は約3.6Lなので、一家団欒で使用できる1台です。さらに、付属の焼肉プレートと鍋にはダイヤモンドコーティングが施されていて、汚れのこびりつきを防ぎます。

調理モードは、加熱、揚げ物、湯わかしに加えて、焼肉モードを搭載。付属の焼肉プレートを最大限活用できます。最大出力は1400Wを高火力。タイマーは1分~9時間50分で長時間設定が可能です。

東芝(TOSHIBA) IH調理器 MR-Z30J

1420Wの高火力機能を搭載したIHクッキングヒーター。従来の同社製品では、1Lの水を沸騰させるのに平均6分27秒かかりましたが、本製品では5分49秒で済みます。とにかく少しでも高火力なモデルを探している方におすすめです。

火力は7段階で調整可能。また、火力が3以下なら騒音は24dB、4~5なら28dB、最大火力でも34dBと他社類似製品と比べて消音設計なところもポイントです。

また、本体の薄さも39mmと業界トップクラス。同社の2013年発売の商品は59mmなので、約3分の2程度の薄さとなり、よりコンパクトに設置できるようになりました。

ドリテック(DRETEC) デカボタンIH調理器 DI-113BK

大きなボタンを採用したIHクッキングヒーター。ボタンの配置もシンプルで、調理中も顔を近づけずにボタンの表記が確認できます。チャイルドロックも搭載しているので、より安全に使いたい方や操作に不安のある方におすすめです。

本製品は、カラーによって耐熱素材が違うのが特徴。ブラックは耐熱ガラス製トッププレート、ホワイトは耐熱セラミック製トッププレートです。タイマー機能は、1分~9時間59分の長時間設定が可能。ただし、加熱と保温モードのときしか使えないことには注意してください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パーティIHコンロ ricopa 鍋セット IHLP-R14

こだわりの可愛らしい丸みを帯びたデザインが特徴的なIHクッキングヒーター。IHの面にはおしゃれなノルディック模様が描かれていて、取っ手とつまみがレトロなアクセントとしてデザイン性を高めています。

本製品には、IHクッキングヒーターと同様のデザイン性を持つおしゃれな鍋が付属。鍋のふたはガラス製なので、調理の様子を確認しながら作業できます。火力調整は前面のつまみで調整する仕様。他社製品ではデジタル表示が一般的ですが、あえてアナログなデザインを採用しているのが特徴です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) IH調理器 EZ-HF26

弱火・中火・強火の3つをワンタッチで調整できるボタンを装備したIHクッキングヒーター。さらに、火かげんは9段階できるため、細かい調理ができるモデルを探しているならおすすめです。

煮くずれを抑える「煮込みモード」を搭載。鍋底の温度を検知して、吹きこぼれ、焦げつき、煮くずれしないように上手くコントロールできます。火力の段階は液晶ディスプレイに表示。スマホの電波を表示するアンテナのようにグラフィカルに表示されるので、ひと目で火力が確認できるところもポイントです。

ツインバード工業(TWINBIRD) コンパクトIHコンロ IH-D934W

シンプルな設計のIHクッキングヒーター。他社の類似製品と違い、揚げ物料理には使えないので、鍋料理や通常の料理のみを行えるシンプルなモデルを探しているならならおすすめです。

出力は、本体前面右側の出力調節つまみを回すだけの簡単操作で、カセットコンロと同じような操作性を実現しています。火力は強・中・弱・保温・保温弱の5段階で調整可能。保温弱の設定は、お酒の燗や湯煎用として使用できます。

ヒロ・コーポレーション(Hiro Corporation) IHクッキングヒーター IH-087

オーソドックスなIHクッキングヒーター。加熱・煮込み・揚げ物・保温の4通りの調理ができます。リーズナブルな価格ですが、1400Wの高火力が魅力です。

センサーが130℃で停止する「温度過上昇防止機能」、2時間動作が続くと自動的にオフになる「電源切り忘れ防止機能」、鍋が載っていなければ2秒に1回ブザーがなる「鍋無し自動的にOFF機能」など安全に配慮した機能も満載。タイマーは、1分~9時間59分です。

山善(YAMAZEN) IH調理器 Prillio YED-M140

一風変わった丸型のIHクッキングヒーター。従来の縦型デザインと比べると、テーブルが約20%広く使えるところが特徴です。狭いテーブルで活用したい方におすすめ。

本製品には、通常の加熱モードだけでなく、セーブ加熱キーを搭載。これは、とろ火から中弱火までのきめ細かな調整ができ、鍋ものの調理に適しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHクッキングヒーター IHK-W1S-B-E

据え置きタイプで設置工事不要のIHクッキングヒーター。ヒーターが2口搭載されているので、現在2口ガスコンロを使用しているなら、取り換えるだけで違和感なく使用できます。

最大火力は1400Wの高火力。左ヒーターは6段階、右ヒーターは4段階で調整可能です。さらに、左ヒーターには揚げ物モードも備えています。

なべ底の直径は12~26まで幅広いサイズに対応。タイマー、揚げ物料理の温度、安全機能の作動をわかりやすく知らせてくれるデジタル表示機能もあります。

IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

卓上IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。