電気の力で加熱する「IHクッキングヒーター」。火を使わないためガスコンロより安全で、使用後のお手入れも簡単です。

しかし、IHクッキングヒーターには設置タイプや機能性に大きな違いがあります。そこで今回は、IHクッキングヒーターとおすすめおすすめの製品をピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

IHクッキングヒーターとは?

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、「電磁誘導加熱」という方式で加熱する調理器具のこと。IHヒーター自体が発熱するわけではなく、電気抵抗の力で鍋自体を加熱するのが特徴です。

ガスコンロとは違い、火を使わずに加熱するため、火災が発生しにくいのがポイント。また、加熱面が平面になっていて、使用後に吹きこぼれなどの汚れをサッとひと拭きで掃除できるのもメリットです。

ほかにも、火力がデジタル表示によりひと目でわかる機能や、強火や弱火などの火力をワンプッシュで調節できる機能を備えたモデルであれば、便利に使用できます。

IHクッキングヒーターの選び方

最大火力と火力調節

By: amazon.co.jp

はじめにチェックしておきたいポイントは火力機能。特に、最大火力と火力調節機能の2つが大切です。最大火力は1000Wのように表記され、W数が大きくなればなるほど、最大火力が高くなります。

次に、何段階で火力調節ができるかをチェックしましょう。より細かい火力調節ができた方が、ガスコンロのようなアナログの火力調節に近づきます。商品説明の詳細に「100〜1400Wの6段階」などと表記されていることも多いため、確認してみてください。

調理モード

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターには、さまざまな料理に合わせた調理モードが存在。例えば、通常の加熱に加えて揚げ物を行うモードなどは、多くの機種に搭載されています。

さらに、専用の焼肉プレートと「焼肉モード」を備えるなど、より用途に特化したモデルも販売されているので、IHクッキングヒーターの購入前に、自分が作る料理に適しているかを確認してください。

静音性

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、製品によっては騒音を抑えて設計されているモノもあります。鍋料理などで食卓を囲みながら食事をするなら、静音性に優れたモデルがおすすめです。

IHクッキングヒーターの騒音単位は、30dBなどと表記されるのが一般的。ちなみに、dBの目安として、「20dBは木の葉のふれあう音程度」「30dBはささやき声程度」「40dBは図書館程度」とされています。

設置タイプは卓上・据え置き・ビルトインの3種類

卓上タイプ

By: amazon.co.jp

卓上タイプは、食卓に置いて使えるコンパクトサイズのIHクッキングヒーター。1口タイプで、一人暮らしの方や鍋料理で使用する方でも使いやすいのが特徴です。また、気軽に電源コードを抜いて持ち運ぶことも可能。普段使用しているコンロで口が足りないときに活用できます。

据え置きタイプ

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプは、キッチンのコンロ台に設置して使用するIHクッキングヒーター。現在据え置きタイプのガスコンロを使用しているなら、こちらのタイプに取り換えるだけで本格的にIHを活用できます。

卓上タイプとは違い、2口タイプが主流。価格・性能・導入コストを考えると、もっともバランスが取れたIHクッキングヒーターです。

ビルトインタイプ

By: rakuten.co.jp

ビルトインタイプは、システムキッチンに組み込むタイプのIHクッキングヒーター。設置工事が必要で、ほかの3タイプのなかで最も導入コストが高いのが特徴です。

しかし、キッチンと一体化するためデザイン性は高く、さらに機能も充実しています。3口タイプが主流で、料理を趣味にしている方でも十分に使用できるのが魅力です。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|卓上タイプ

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33-K

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33-K

卓上タイプの人気IHクッキングヒーターです。火力を75・150・260・450・700・900・1400Wの7段階に調節でき、最大火力が大きいため幅広い料理を行えます。とろ火と強火はボタンひとつで容易に設定できるので便利です。

最大出力を1000Wに制限する「1000Wセーブモード」に対応しており、ブレーカーが落ちるのを防げるのもポイント。プラグはマグネット式を採用しているため、コードにつまずいた際も事故を防止できます。

多彩な調理モードを搭載しているのもメリット。鍋が煮立ったら自動で火力を下げる「鍋だし作りコース」や、煮物の煮崩れを抑える「味しみこみコース」、油を一定温度に保つ「揚げ物コース」を選択し、スムーズに料理を行えます。

弱火の運転音は約25dBで、静音性に優れているのも魅力。切り忘れ自動OFF機能や鍋無し自動OFF機能などの安全装置も内蔵しています。1口タイプのおすすめ製品です。

Cusimax 卓上IHクッキングヒーター CMIC-140B

Cusimax 卓上IHクッキングヒーター CMIC-140B

お手頃価格の卓上IHクッキングヒーターです。加熱調理モードでは約200〜1400Wの7段階、揚げ物調理モードでは約150〜200℃の6段階で火力調節を行えます。最大火力が大きく、火力を細かく調節できるので、快適に料理を行えるのが魅力です。

2時間で自動で電源が切れる「煮込みモード」を搭載しており、煮物などを簡単に作れるのもポイント。また、1分から最長9時間59分まで設定できるタイマー機能も内蔵しています。

加熱面はフラットなガラストップ式で、掃除も容易です。安全性の高いマグネット式プラグを採用しているのもメリット。コードが約2mと長いため、さまざまな場所へ便利に設置できます。

電源切り忘れ防止機能や鍋なしOFF機能、異常温度上昇防止機能といった豊富な安全機能を搭載しているので、安全性を重視する方にもおすすめ。コストパフォーマンスに優れた1口タイプを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ティファール(T-fal) デイリーIH ブラック IH2028JP

ティファール(T-fal) デイリーIH ブラック IH2028JP

多彩な調理モードを内蔵したおすすめの卓上型IHクッキングヒーターです。基本の加熱調理に加え、煮る・揚げる・湯沸かしの調理をボタンひとつで設定できるのが魅力。それぞれに適した火力で手軽に調理を行えます。

基本の加熱は最大火力が1400Wで、6段階の火力調節に対応。保温機能を搭載しているため、食卓で鍋をする際も便利に使えます。最長99分までセットできるタイマー機能も備えており、残り時間が表示されるので便利です。

プラグに容易に抜き差しでき、安全性に優れるマグネット式を採用しているのもポイント。チャイルドロック機能も搭載しているため、小さな子どものいるご家庭にもおすすめです。

加熱面には汚れがつきにくいセラミックガラスを使用しています。本体サイズは約幅30×奥行34×高さ5cmで、コードの長さは約1.8mです。調理モードを重視する方は、ぜひ検討してみてください。

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402/R

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402/R

多機能で使いやすい卓上タイプのIHクッキングヒーターです。最大火力が1400Wと大きく、火力を6段階に調節できるため、快適に料理を行えます。揚げ物調理にも対応しており、油の温度を約140〜200℃の7段階に細かく調節できるのもメリットです。

ワンタッチで火力を調節できる調理モードも豊富に搭載しています。急速加熱・カレー・煮込み・保温のモードを選択できるので、手軽に料理を行える製品を探している方にもおすすめです。

タイマー機能がついており、最長9時間55分までセットして便利に使えるのもポイント。プラグは安全に使えるマグネット式で、コードの長さは約1.8mです。温度過昇防止機能や切忘れ防止機能など、多彩な安全装置も内蔵しています。

裏面には取っ手が備えつけられており、持ち運びやすいのも魅力。自炊の機会が少ない一人暮らしの方にもおすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHコンロ 1000W IHK-T36

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHコンロ 1000W IHK-T36

リーズナブルな卓上タイプの1口IHクッキングヒーターです。加熱調理では火力を5段階に調節でき、最大で約1000Wの出力を行えます。揚げ物調理モードも搭載しており、160℃から200℃まで10℃刻みで5段階に設定可能です。

直径12〜20cm、揚げ物調理では直径18〜20cmの鍋を使用できます。自炊の頻度が低い一人暮らしの方や、鍋用の1口IHクッキングヒーターを探している方におすすめです。

万が一コードに引っかかっても容易にプラグが外れる、マグネット式プラグを搭載しているのもポイント。コードの長さは約1.5mで、快適にテーブルへ設置できます。

加熱面にはお手入れのしやすいフラットなガラストップを採用。鍋なし自動電源OFF機能や切り忘れ自動OFF機能など、5つの安全装置も搭載しています。コストを抑えて使いやすいIHクッキングヒーターを入手したい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 卓上型IH調理器 YEA-140

山善(YAMAZEN) 卓上型IH調理器 YEA-140

コストパフォーマンスのよい卓上型IHクッキングヒーターです。最大火力が1400Wと大きく、パワフルな火力で調理できるのが魅力。火力調節は5段階に設定でき、直径12〜24cmの鍋を使用できます。

揚げ物にも対応しており、油の温度を約160〜200℃に設定できるのもポイント。また、ワンタッチで急速加熱や保温を行える専用ボタンも搭載しています。プラグはマグネット式で、手軽に抜き差しが可能です。

鍋なしOFF機能や電源切り忘れ防止機能など、5つの安全機能を内蔵しており安心して使えるのもメリット。火力の大きなIHクッキングヒーターをお手頃価格で入手したい方におすすめの製品です。

テスコム(TESCOM) IH調理器 TIH2000

テスコム(Tescom) IH調理器 TIH2000
テスコム独自の「炊飯モード」が特徴の卓上IHクッキングヒーターです。3合までのご飯を炊くことが可能。タイマー設定時間が最大9時間59分までと長いのもポイントです。また、3種の自動調理コースと火加減8段階で幅広い調理に対応するのも魅力。

最大火力で素早く沸騰させられるハイパワーボタンも搭載しています。1400Wで素早く加熱し、沸騰後は自動的に強火に切り替わるのも便利。加熱調理では26cmまでの鍋が使用できるので、来客から家庭用まで対応できるおすすめのIHクッキングヒーターです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|据え置きタイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHコンロ IHK-W12

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHコンロ IHK-W12

人気の据え置き型IHクッキングヒーターです。コンセントと接続するだけですぐに2口コンロとして使用できます。本体サイズは約幅56×奥行40×高さ6cmで、スタンドと組み合わせるとキッチンのコンロスペースへ容易に設置可能です。

火力は左ヒーターが約100〜1400Wの6段階、右ヒーターが約100〜700Wの4段階に調節できます。左ヒーターは揚げ物調理にも対応しており、約150〜200℃の6段階に設定できるのもポイントです。

加熱調理は左ヒーターが直径12〜26cm、右ヒーターが12〜20cmの鍋に対応しています。お湯が沸くと自動で電源の切れる湯沸し機能を搭載しているのもメリット。タイマー機能も内蔵しており、1分から最長9時間50分までセットできます。

運転音が約30dBと小さく、静音性に優れているのも魅力。お手頃価格の2口IHクッキングヒーターとしておすすめです。

山善(YAMAZEN) 2口IH調理器 IHW-S1460G

山善(YAMAZEN) 2口IH調理器 IHW-S1460G

据え置き型の2口IHクッキングヒーターです。電気工事が不要で家庭の100Vコンセントに繋ぐだけですぐに使用できます。本体サイズは約幅59×奥行41×高さ6cmで、電源コードが約2.3mと長いため、手軽にキッチンへ設置可能です。

左右のヒーターはそれぞれ最大直径26cmの鍋を使用でき、合計で1400Wまで出力できます。電力は自動制御されており、ブレーカーが落ちるのを防止できるのもメリットです。

各ヒーターの火力調節は加熱調理が150〜1400Wの7段階、揚げ物調理が140〜200℃の7段階に設定できます。タイマー機能を内蔵しているのもポイント。1分から最長5時間59分までの間隔にセットし、便利に料理を行えます。

運転音が小さい静音設計なのも魅力。加熱面には黒のガラストップを採用しており、お手入れも容易です。一人暮らしの自炊用に2口タイプを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) 据置タイプIHクッキングヒーター KZ-D60KG

パナソニック(Panasonic) 据置タイプIHクッキングヒーター KZ-D60KG

多機能で高性能な据え置き型の2口IHクッキングヒーター。パナソニック独自の「光火力センサー」による温度調整機能が特徴です。鍋底から発生する赤外線をセンサーが感知することで、焼き物や揚げ物を最適の焼き加減になる温度に自動で調整してくれます。料理の苦手な方に心強い機能です。

また、音声ガイドが火力やタイマーの残り時間、さらには調理メニューなどを教えてくれるのも便利。IHクッキングヒーターに不慣れな方でも簡単に使えます。

調理中に鍋やフライパンの周りに赤いリングが浮かび上がる安全機能も搭載。熱い部分が一目でわかるので、間違って手を付けてしまうのを防げます。据え置き型としてはトップクラスの火力を備えているため、料理上級者にもおすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター CS-G29CS

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター CS-G29CS

側面のフラット構造が特徴の据え置き型IHクッキングヒーター。本製品は、設置場所の壁との間に隙間ができやすい据え置き型の欠点を解消しています。

ビルトイン型と同じようにすっきりと設置できるのが魅力。壁との隙間がないため、壁と本体の隙間に油はねや食材のカスが溜まることがなく、お手入れがラクなのもポイントです。

火力を目で確認できる「火加減クッキリサイン」や、炭焼き加熱機能を備えたグリルなど、利便性と美味しさを追求した設計も特徴。ガラストップテーブルとシルバーボディを採用しており、インテリア性が高いのも魅力です。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|ビルトインタイプ

パナソニック(Panasonic) IHクッキングヒーター ビルトインタイプ G32シリーズ KZ-G32AST

パナソニック(Panasonic) IHクッキングヒーター ビルトインタイプ G32シリーズ KZ-G32AST

ビルトインタイプの人気IHクッキングヒーターです。3口のヒーターを搭載しており、手前の2つは火力を100〜3000Wの10段階に調節できます。揚げ物の温度調節を、140〜200℃に10℃刻みで細かく調節できるのも魅力です。

奥のヒーターはラジエントタイプで、IHクッキングヒーターが対応していない鍋を使用できるのが特徴。鍋やケトルなどの保温に適しており、340・490・1250Wの3段階に火力を調節できます。

魚を焼くのに便利なグリル機能を搭載しているのもメリット。水を入れたり魚を裏返したりといった手間が不要で、火力を750・1220・1450Wの3段階に調節して簡単に魚をおいしく焼けます。焼き魚の自動調理機能を内蔵しているのもポイントです。

タイマー機能にも対応しており、左右のヒーターは最長9時間、奥のヒーターは最長30分にセットできます。使い勝手のよいおすすめのモデルです。

 

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター G318Mシリーズ CS-G318MS

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター G318Mシリーズ CS-G318MS

コストパフォーマンスに優れたビルトインタイプのIHクッキングヒーターです。手前に搭載した2つのヒーターは火力を9段階に調節でき、最大3000Wのパワフルな出力が可能。幅広い料理を快適に行えるため、ファミリー向けとしてもおすすめです。

手前2つのヒーターは揚げ物調理ができるのもメリット。油の温度は150〜200℃の6段階に設定でき、少量の油による揚げ物調理にも対応しているので、調理シーンに応じて便利に使えます。

奥には保温や炙り調理に役立つラジエントヒーターを搭載。火力は3段階に調節でき、最大1200Wの出力を行えます。また、グリル機能も搭載しており、最大1600Wの高出力で魚をこんがりと焼けるのもポイントです。

3段階に火力を調節でき、水を入れずに魚を自動で両面焼くことが可能。ビルトインタイプの人気モデルを探している方は、ぜひ候補に入れてみてください。

日立(HITACHI) ビルトインIHクッキングヒーター HT-K60S

日立(HITACHI) ビルトインIHクッキングヒーター HT-K60S

人気の高い、リーズナブルなビルトインタイプのIHクッキングヒーター。3口のヒーターを搭載し、最大火力は3000Wと基本性能は充実しています。

手前の2つのヒーターは火力を12段階ときめ細かく調整可能。左側のヒーターには「煮込みメニュー」機能を搭載しています。IHクッキングヒーターが苦手にしている「ことこと煮」をうまく仕上げられるのも魅力です。水なしタイプのグリルは両面焼き機能を搭載しているので、裏返す手間もありません。

反応のよいガラスタッチ式の天面操作を採用していることに加え、表示部分も見やすいので、使い勝手も良好です。取り付けが簡単な設計もポイント。初めてビルトインタイプのIHクッキングヒーターを導入する方にもおすすめです。

IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

卓上IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。