電気の力で加熱する「IHクッキングヒーター」。火を使わないためガスコンロより安全で、使用後のお手入れも簡単です。

しかし、IHクッキングヒーターには設置タイプや機能性に大きな違いがあります。そこで今回は、IHクッキングヒーターのおすすめ製品をピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

IHクッキングヒーターとは?

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、「電磁誘導加熱」という方式で加熱する調理器具のこと。IHヒーター自体が発熱するわけではなく、電気抵抗の力で鍋自体を加熱するのが特徴です。

ガスコンロとは違い、火を使わずに加熱するため、火災が発生しにくいのがポイント。また、加熱面が平面になっていて、使用後に吹きこぼれなどの汚れをサッとひと拭きで掃除できるのもメリットです。

ほかにも、火力がデジタル表示によりひと目でわかる機能や、強火や弱火などの火力をワンプッシュで調節できる機能を備えたモデルであれば、便利に使用できます。

設置タイプは卓上・据え置き・ビルトインの3種類

1. 卓上タイプ

By: amazon.co.jp

卓上タイプは食卓に置いて使えるように設計された、コンパクトサイズのIHクッキングヒーター。食卓で調理できるほか、あたたかい状態を維持できるため、鍋料理や焼肉などに重宝します。薄型なので収納しやすいのもメリット。価格も手頃なモノがラインナップされているので、導入しやすいのも魅力です。

なお、ヒーター数は1口のモデルが多く、火力も小さめなので一度に1つの料理しかできない、大量に調理できないといったデメリットがあります。一人暮らしの方や、家族の食卓でたまに使う方におすすめです。

2. 据え置きタイプ

By: rakuten.co.jp

据え置きタイプは、キッチンのコンロ台に設置して使うIHクッキングヒーター。据え置きタイプのガスコンロを使用している環境なら、簡単に交換できます。ガスコンロと違いフラットな天面なので、掃除しやすいのがメリットです。

2口タイプが主流で、複数の料理を同時に作ることも可能。火力や機能は卓上タイプよりも高い傾向にあり、コスパも良好なので一般的な家庭用として広くおすすめです。

なお、幅が55~60cm前後のため、大きな鍋を2つ並べて調理するのは難しい場合があります。また、本体と周囲の壁との間にはどうしてもすき間ができるため、掃除が難しい場所ができるのもデメリットです。ほかの方式に比べて選択肢が少ないことにも留意しましょう。

3. ビルトインタイプ

By: rakuten.co.jp

ビルトインタイプは、システムキッチンに組み込んで設置するIHクッキングヒーターです。3口タイプが主流で、火力も強め。本体の幅にも余裕があるため、複数の大きな鍋で大量の料理をスピーディーに作れるのもメリットです。火力の調節幅や調理モードなどの機能も豊富なモデルが多いのも魅力のひとつ。3人以上の家庭でしっかり料理をする方に向いています。

キッチンと一体化したデザインなので見た目もスマートです。また、凹凸やすき間が少なく、掃除がしやすいのもポイント。なお、ビルトインタイプには天板の幅が60cmと75cmの2種類があります。使える鍋のサイズと、調理台のスペースの兼ね合いで選びましょう。

ビルトインタイプは業者による設置工事が必要で、導入コストがかかります。加えて、本体の価格もほかの方式に比べて高めです。システムキッチンへの設置が前提のため、賃貸住宅では導入が困難なので注意しましょう。

IHクッキングヒーターの選び方

最大火力と火力調節で選ぶ

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターでチェックしておきたいポイントのひとつは火力機能。特に、最大火力と火力調節機能の2つが大切です。最大火力は1000Wのように表記され、W数が大きくなればなるほど、最大火力が高くなります。

また、何段階で火力調節ができるかをチェックしましょう。より細かい火力調節ができた方が、ガスコンロのようなアナログの火力調節に近づきます。製品説明の詳細に「100〜1400Wの6段階」などと表記されていることも多いため、確認してみてください。

ヒーター部の口数で選ぶ

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターには、ヒーター部が1口のモノから3口のモデルまであります。一人暮らしなどでコンパクトに使いたい方には、省スペースで使える1口のモデルがおすすめです。

家族と一緒に住んでいる方や、一度に複数の調理をしたい方には、ビルトインタイプが主流の2~3口のタイプがおすすめ。効率よく料理が作れるので、時間の短縮にも繋がります。

調理をする環境や使いたいスペースに合わせて、必要なヒーターの口数をチェックしておきましょう。

安全性で選ぶ

チャイルドロック機能

By: amazon.co.jp

子供がいる家庭には、「チャイルドロック機能」が備わっているかどうかも要チェック。いたずらを防止するだけでなく、予期せぬ誤作動も未然に防げます。

また、子供に留守番をしてもらう機会が多い場合などにも便利な機能です。

コードの設計

By: rakuten.co.jp

卓上型のIHクッキングヒーターのなかには、「マグネットプラグ」といって本体とコードが磁石で接続されているモデルがあります。マグネットプラグは少しの衝撃で簡単に外れるため、誤って引っ掛けた場合の転倒や、IHクッキングヒーター本体が落下するリスクを軽減。

また、長い電源コードを採用しているモデルを選べば、料理をする場所の幅がぐんと広がります。IHクッキングヒーターを選ぶ際には、プラグの作りやコードの長さも見ておきましょう。

切り忘れ防止・発熱防止機能

By: rakuten.co.jp

電源をうっかり切り忘れてしまったときや、ヒーター部分に誤って触れてしまったときのために、切り忘れ防止や発熱防止などの安全装置が備わっているかのチェックも大切です。

そのほか、万が一のときに備えて、地震などの大きな揺れを感知したときに自動で電源がOFFになる機能や、鍋が置かれていないと自動で火力が切れるなどの安全機能も合わせて確認しておきましょう。

調理モードで選ぶ

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターには、さまざまな料理に合わせた調理モードが存在。例えば、通常の加熱に加えて揚げ物を行うモードなどは、多くの機種に搭載されています。

さらに、専用の焼肉プレートと「焼肉モード」を備えるなど、より用途に特化したモデルも発売されているので、IHクッキングヒーターの購入前に、自分が作る料理に適しているかを確認してみてください。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、製品によっては騒音を抑えて設計されているモノもあります。鍋料理などで食卓を囲みながら食事をするなら、静音性に優れたモデルがおすすめです。

IHクッキングヒーターの騒音単位は、30dBなどと表記されるのが一般的。ちなみに、dBの目安として、「20dBは木の葉のふれあう音程度」「30dBはささやき声程度」「40dBは図書館程度」とされています。

IHクッキングヒーターのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、国内大手の総合家電メーカー。IHクッキングヒーターにおいては、卓上タイプから据え置き、ビルトインタイプまで幅広く多数のモデルを展開しています。そのため、個人のライフスタイルに合ったIHクッキングヒーターを見つけやすいメーカーです。

水入れ不要でグリル料理が行える機能や、メニューや火力などを読み上げる音声ガイドなど、初心者でも簡単に使えるような工夫が施されているのが特徴。金属の材質に左右されずに鍋を使えるオールメタル対応モデルでは、調理の幅を広げられるので、料理の上級者やこだわり派の方にもおすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

総合電機メーカーである日立製作所の家電部門。伝統的に白物家電に強く、IHクッキングヒーターも得意としています。ラインナップはビルトインと据え置きタイプが中心です。

焼き物・蒸し物・ノンフライなど、多彩な調理が行える「ラク旨グリル&オーブン」に代表される、料理の上級者向けの機能が充実しているのが特徴。火力が一目でわかる4色カラー液晶や、食材の裏返し時期を音声で知らせる機能など、利便性も優秀です。

そのほか、消費電力の上限を切り替えられる「節電モード」を備えたモデルも展開されており、エコを意識した製品作りにも定評があります。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: mitsubishielectric.co.jp

日本を代表する総合電機メーカー。家電製品から産業機器、社会インフラまで幅広い分野を手掛けています。IHクッキングヒーターにおいても、産業やインフラ事業で得られたノウハウを活かし、設置性のよさや導入工事のしやすさまでを考慮した製品づくりが特徴です。

同社のクッキングヒーターには「びっくリング加熱」や「びっクリアオーブン」といった独自機能が搭載されているのがポイント。多彩で高度な料理に対応できるハイクオリティさが魅力です。洗練されたデザインと使いやすさも魅力。手入れのしやすさにも定評があります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

リーズナブルな生活家電が得意なメーカー。IHクッキングヒーターでは、卓上タイプと据え置きタイプをメインにラインナップしています。

なかでも、1口タイプの小型モデルを得意としており、一人暮らしの方やサブ機に適しているのが特徴です。レトロなデザインや、鍋がセットになったモデルなど、製品バリエーションが多いのも魅力。安全機能が充実しているのもおすすめポイントです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|卓上タイプ

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33

ボタンひとつで火力調節ができる、卓上タイプのIHクッキングヒーター。「とろ火」と「強火」のおもな2種類をワンタッチで操作可能で、初心者の方にも安心です。そのほか、7段階の細やかな火力設定もできます。

自動で火力を抑えて、吹きこぼれを防ぎながら出汁を簡単にとれる「鍋だし作りコース」や、煮崩れを抑える「味しみこみコース」など、機能面も充実。また、1000W以下にパワーを抑える 「1000Wセーブ」機能搭載を搭載しており、食事中にブレーカーが落ちるのを防ぎます。

電源コードを抜いても設定を記憶するため、立ち上げ時に毎回セットする手間が省けるのもポイント。また、運転音が気になりにくい静音設計なので、食事中の会話の邪魔になりません。

ティファール(T-fal) デイリーIH IH2028JP

ティファール(T-fal) デイリーIH IH2028JP

4つの調理コースと6段階の火力調節機能が搭載されている、卓上タイプのIHクッキングヒーター。「加熱」「煮る」「揚げる」「湯わかし」の各調理方法に最適な火力が、ボタンひとつで選択できます。

1400Wのハイパワーで、立ち上がり時間が早いのが魅力のひとつ。タイマーは1~99分まで設定可能で消し忘れを気にする必要がなく、残り時間も表示されるので、幅広く活用できます。

また、「チャイルドロック」が搭載されているので誤操作も防げ、子供のいる家庭にも安心。「マグネットプラグ」を採用しているので、引っ掛けてしまった場合にも落下や転倒などのリスクを低減します。トッププレートは汚れが付きにくい「セラミックガラス」を採用で、調理後のお手入れも簡単です。

山善(YAMAZEN) 卓上IH調理器 BEA-140

山善(YAMAZEN) 卓上IH調理器 BEA-140

1口ヒーターがコンパクトで使いやすい、卓上タイプのIHクッキングヒーターです。火力は最大で1400Wと高火力。「焼き料理」「揚げ物」「なべ物」などのさまざまな料理に対応しています。火力は5段階に調節できるので、調理の幅が広がるのも魅力です。

機能面では「電源切り忘れ防止機能」を搭載。揚げ物で60分、加熱や保温で120分操作がなかった場合に自動で電源がOFFになるので、うっかり電源を切り忘れてしまった場合にも安心です。また、「マグネットプラグ」の採用で転倒のリスクも軽減。コンパクトながら調理、安全機能ともに充実しているので、一人暮らしの方だけでなく、省スペースで使いたい方にもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402

ハイパワーが魅力的な、卓上タイプのIHクッキングヒーター。急速加熱時に最大1400Wの高火力を発揮するので、調理時間をなるべく短縮したい方や、効率よく調理を進めたい方におすすめです。

7段階で火力調節ができ、4種類の調理モードも搭載。ワンタッチで操作できるので、IHクッキングヒーターを初めて使う方や、難しい手順が苦手な場合も安心です。

また、過度な温度の上昇を防ぐ「温度過昇防止機能」や、電源の切り忘れを防ぐ「切り忘れ防止機能」などの安全機能も充実。さらに「マグネットプラグ」採用で、引っ掛かりによる転倒のリスクも低減できます。

高火力かつ高効率ながら持ち運びに便利なコンパクトサイズなので、一人暮らしの方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) IH調理器 MR-Z30J

東芝(TOSHIBA) IH調理器 MR-Z30J

最大1420Wのハイパワーが特徴な、卓上タイプのIHクッキングヒーター。スピーディーに調理できます。沸騰が早く、大人数の鍋料理も快適。火力と熱効率に優れているので、本格的な料理を気軽に試したい方におすすめです。

また、火力はマイコン制御によって最大7段階で調節可能。とろ火での調理にも便利です。調理は「煮込み」「揚げ物」と2種類のコースに対応しており、「保温コース」を使えば、料理をあたたかいまま食べられます。

さらに、火力を上げても高い静音性を保つので、家族や友人などの大人数と食卓を囲む場合にも、会話の邪魔になりません。食事中の団らんや、テレビなどを楽しみたい方にも最適です。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|据え置きタイプ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHクッキングヒーター IHK-W12

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHクッキングヒーター IHK-W12

100Vのコンセントに差し込むだけの、据え置き型IHクッキングヒーター。操作のしやすい斜めボタン仕様なので、使いやすさを求める方におすすめです。ヒーターは2口あるので、一度に複数の調理が可能。右ヒーターでは4段階、左ヒーターでは6段階で火力調節ができます。

1分~9時間50分の間でタイマー設定ができるのも魅力のひとつ。安全性も高いほか、調理の幅も広がります。そのほか、「湯沸かし機能」も搭載されています。

すっきりとしていて圧迫感のないデザインなので、スタイリッシュなアイテムを探している方にも最適です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHクッキングヒーター IHCSG221

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHクッキングヒーター IHCSG221

2口ヒーターで加熱から揚げ物まで多用途に使える、据え置きタイプのIHクッキングヒーターです。ワイドサイズかつ両面焼きのグリル付きなので、大きな焼き魚なども調理できます。

左右のヒーターはともに2500Wの高火力ヒーター。火力は9段階で調節できるため、多種類の調理に対応します。

ヒーターとグリルともに便利なタイマー機能が付いているので、煮込み料理などにも便利。いたずらや誤作動を未然に防ぐ「チャイルドロック機能」も搭載されているので、子供がいる家庭にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 3口IHクッキングヒーター IHCS324

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 3口IHクッキングヒーター IHCS324

200Vタイプの据え置き型IHクッキングヒーター。ヒーターが3口あるため、複数の料理を同時に作れます。最大火力は2500Wあり、9段階の火力調節が可能。ハイパワーな火力が必要な本格料理が楽しめます。

また、調理器具のIH対応可否を自動的に判別する「なべ検知機能」や、鍋をのせない状態での加熱を防ぐ「なべなし自動OFF」など、安全性に優れているのもポイント。

さらに「温度過上昇防止機能」も搭載されているので、鍋底の温度の異常な上昇によるトラブルも防ぎます。汚れが付着しにくいガラストップを採用しており、お手入れが簡単なのも魅力のひとつです。

山善(YAMAZEN) IHクッキングヒーター IHW-S1460G

山善(YAMAZEN) IHクッキングヒーター IHW-S1460G

わずか60mmの薄型ボディが特徴の据え置き型IHクッキングヒーター。持ち運びしやすいうえ、使用電源が100Vなので電気工事の必要がなく、一人暮らしや省スペースでコンパクトに使いたい方におすすめです。

調理の際に便利な「タイマー機能」や「自動温度調整」、一定時間操作のない場合に活躍する「切り忘れオフ機能」など、機能面も充実しているのが特徴。また、赤いLEDが点灯するので操作がわかりやすいのもポイントです。

山善(YAMAZEN) 2口IHクッキングヒーター YEH-1456

山善(YAMAZEN) 2口IHクッキングヒーター YEH-1456

据え置きタイプのIHクッキングヒーター。電源をつけたままにしてしまった場合の「切り忘れ防止機能」をはじめ、「誤作動防止」や「電源自動OFF」など、安全機能が充実しているのが特徴です。

ヒーターは左右ともに最大26cmまでの鍋を使用できます。ガスレンジから簡単に取り換えが可能で、工事をする必要もありません。

また、火力の調節に便利な火力モニター付きで、難しい設定を避けられるのも魅力。電源などのボタンも操作がしやすいワンタッチ仕様なので、IHクッキングヒーターの使い方に自信のない方におすすめです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|ビルトインタイプ

パナソニック(Panasonic) ビルトインIHクッキングヒーター KZG32AS

パナソニック(Panasonic) ビルトインIHクッキングヒーター KZG32AS

火加減のコントロールに優れた、ビルトインタイプのIHクッキングヒーター。とろ火から強火まで、10段階の火力調節が可能です。

揚げ物モードでは10℃刻みの設定ができるうえ、温度をキープするのでカラッとした仕上がりになります。グリルは両面焼き仕様で、幅広い本格料理に対応できるのも魅力です。

そのほか、電源を切り忘れた場合に便利な「電源スイッチ自動OFF」や、いたずらや誤作動を防ぐ「チャイルドロック」など、安全面が充実しているのもポイント。小さな子供がいる家庭にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ビルトインIHクッキングヒーター KZ-XP36

パナソニック(Panasonic) ビルトインIHクッキングヒーター KZ-XP36

温度や時間を自動で設定できる、ビルトインタイプのIHクッキングヒーター。液晶画面と音声で、裏返しに最適なタイミングなどがわかるので、料理に自信のない方にも安心です。

焼き物の調理メニューを選択するだけで焼き上がるので、火力調節の難しい料理も簡単。さまざまな料理に挑戦したい場合にも活躍するモデルです。

また、調理中に温度が下がった場合には、鍋底の温度をとらえて設定温度をキープ。食材に火を通しやすく、調理時間の短縮にも繋がります。さらに、火力センサーが油の温度を見張るので、設定温度まですばやく立ち上がるのもポイント。スピーディーかつ効率的に調理をしたい方におすすめです。

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-PT316HNSR

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-PT316HNSR

対流による調理が可能な、ビルトインタイプのIHクッキングヒーターです。ヒーターは3口仕様になっており、朝などの忙しい時間に調理時間が短縮され便利です。また、ヒーターには独自の「びっくリングコイルP」を搭載。分割で加熱することで対流を生み出し、焦げ付きを防ぎながら本格的な料理が楽しめます。

さらに「大口径コイル」で鍋肌まで加熱し、ムラを抑制するのも魅力のひとつ。左右のヒーターは16段階で火力の調節ができるうえ、音声ガイドが付いているので初心者の方にもおすすめです。

機能面では、吹きこぼれを抑制する「ゆでもの加熱」をはじめ、地震などの揺れを感知する機能や誤作動を未然に防ぐ「チャイルドロック」など、安全性に優れたモデルです。

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-G30M

三菱電機(MITSUBISHI) ビルトインIHクッキングヒーター CS-G30M

スタイリッシュで使いやすいデザインの、ビルトイン型IHクッキングヒーターです。「火加減タッチキー」が搭載されており、指1本で簡単に調節ができるので手軽に使えます。

ヒーター部は「ダブルリング加熱」機能が採用されているので、鍋全体をムラなく加熱でき、調理のスピードアップが可能。本格的な料理を手早く楽しみたい方におすすめです。

また、グリルは両面焼き仕様になっており、裏返す手間が省けるのもポイント。水を使わずに調理ができるので、焼き魚など微調整が必要な調理が苦手な場合にも安心です。

少量の油でも自動で対応する機能があるほか、専用の天ぷら鍋が付属されているので、すぐに揚げ物調理を楽しめるのも魅力です。

日立(HITACHI) ビルトインIHクッキングヒーター HT-L7STF

日立(HITACHI) ビルトインIHクッキングヒーター HT-L7STF

3口ヒーターが便利な、ビルトインタイプのIHクッキングヒーター。それぞれ異なる温度調節が可能なので、右で炒め物、左で揚げ物調理など、異なる料理を同時に作れるのが特徴です。

グリルレシピは、「ラク旨グリル」のオート30種類、手動5種類の合計35種類。炭火に近い遠赤外線・近赤外線の割合が魅力の「シーズヒーター」と「プレート加熱」で、こんがりジューシーな焼き料理を実現できます。焼き魚は水なしで調理ができるので、お手入れが簡単です。

さらに、火加減はワンタッチで調節可能なので、簡単に使えるモノを探している方におすすめのモデルです。

IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

卓上IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。