電気の力で加熱する「IHクッキングヒーター」。火を使わないためガスコンロより安全で、使用後のお手入れも簡単です。

しかし、IHクッキングヒーターには設置タイプや機能性に大きな違いがあります。そこで今回は、IHクッキングヒーターのおすすめ製品をピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

IHクッキングヒーターとは?

By: amazon.co.jp

IHクッキングヒーターは、「電磁誘導加熱」という方式で加熱する調理器具のこと。IHヒーター自体が発熱するわけではなく、電気抵抗の力で鍋自体を加熱するのが特徴です。

ガスコンロとは違い、火を使わずに加熱するため、火災が発生しにくいのがポイント。また、加熱面が平面になっており、使用後に吹きこぼれなどの汚れをサッとひと拭きで掃除できるのもメリットです。

ほかにも、火力がデジタル表示によりひと目でわかる機能や、強火や弱火などの火力をワンプッシュで調節できる機能を備えたモデルであれば、便利に使用できます。

IHクッキングヒーターの種類

ビルトインタイプ

By: irisohyama.co.jp

ビルトインは、システムキッチンに組み込んで設置するタイプ。IHクッキングヒーターの天面のみが露出するので、キッチンの見栄えがよくなるのが魅力です。また、本体とキッチンユニットの間に隙間がなく、掃除の手間を軽減できます。

メーカー独自の技術を採用した高機能モデルが多いのも人気の理由です。それゆえ、ほかのタイプに比べ価格が高くなる傾向があります。

なお、システムキッチンにリフォームする場合だけでなく、新しい機種に買い替える場合も設置工事が必要。工事費用も考慮して選ぶのがポイントです。

据え置きタイプ

By: irisohyama.co.jp

据え置きは、キッチンのコンロ台に設置するタイプ。電源工事が不要なモノもあり、賃貸住宅のキッチンに設置したい方にもおすすめです。ビルドインタイプに比べて価格が安いのも特徴で、初期費用を抑えられます。

機能はシンプルなモノが多く、初心者の方でも簡単に操作できるのも魅力です。最近では高機能なモノも増えているので、多彩な調理を楽しみたい方はチェックしてみてください。

なお、コンロは2口が主流。3口が主流のビルドインタイプと比較すると天面の面積が小さく、使える鍋のサイズが制限される場合があることは留意しておきましょう。

また、キッチンユニットと本体の間に隙間があり、掃除に手間がかかりやすいのも弱点。本体だけでなく、コンロ台も定期的に掃除しながら使用しましょう。

卓上タイプ

By: amazon.co.jp

家庭用の100V電源に対応し、コンセントの届く範囲なら好きな場所に持ち運んで使える手軽さが魅力の卓上タイプ。食卓の上に設置すれば、鍋物や焼肉などを楽しめます。

コンロは1口のモノが主流。コンパクトで狭いキッチンでも使いやすく、省スペースで収納できるので一人暮らしの方にもおすすめです。

機能がシンプルなモノが多く、初心者の方でも簡単に操作できるのもメリット。価格も手頃なので、IHクッキングヒーターを試してみたい方はチェックしてみてください。

IHクッキングヒーターの選び方

火力と調節機能をチェック

By: panasonic.jp

IHクッキングヒーターは、加熱に電力を使用するため、消費電力が高いほどより高い火力を出せます。火力にこだわりたい方は、コンロの最大火力をチェックして選ぶのが重要です。

最大火力を知るには、コンロに表示される最大消費電力「kW」をチェック。数が大きいほど、火力が高くなります。卓上は1〜1.5kW、据え置きは1.4〜3kW、ビルトインは1〜3.2kWと、タイプによって火力に大きな差があるのもポイントです。

高火力を必要とする中華料理が好きな方や、パスタ用の茹で水を早く沸騰させたい方は1.4kW以上のモノがおすすめ。また、火力を細かく調節できるモノなら、煮込みや蒸し、低温調理など幅広く楽しめます。

なお、ほかの電化製品を多く使用する部屋で卓上タイプを使用する場合、高火力にするとブレーカーが落ちやすくなるので注意して使用しましょう。

コンロの口数をチェック

コンロの口数は多いほど、複数の料理を同時に調理できて便利です。パスタを茹でる間にソースを作ることも可能。よりスムーズに料理を楽しめるうえ、調理時間の短縮にもつながります。

ビルトイン・据え置きタイプは1〜3口が一般的。魚などを焼けるロースターを搭載したモノも多く、多彩な調理が可能です。卓上タイプは1口が主流で、一品料理や鍋物を作るのに適しています。

自動調理メニューをチェック

By: amazon.co.jp

ビルトイン・据え置きタイプでは、各メーカーこだわりの自動調理メニューを搭載したモデルが人気を集めています。

ボタンを押すだけで、調理方法や食材の温度に合わせて火力や調理時間を自動調節。調理の手間を軽減できるうえ、焦げなど料理の失敗を予防できるのもメリットです。

揚げ物の自動温度調節機能を搭載しているかをチェックするのも重要なポイント。油を一定の温度に保てるだけでなく、過剰な温度上昇を予防できます。

トップコート処理されていればお手入れも簡単

IHクッキングヒーターの天面は平らなモノが多く、汚れなどを拭き取りやすいというメリットがあります。ガラストップなど天面がガラス素材でコーティングされたモノなら、揚げ物で飛び散った油や焦げ付いた汚れもより簡単に落とすことが可能です。

なお、コンロだけでなく、操作部も汚れやすいので注意。全面フラットタイプなら操作部も凹凸がなく、よりラクにお手入れできます。操作部に立体的なボタンやダイヤルを搭載したモノを選ぶ際は、操作部のお手入れのしやすさもチェックして選んでみてください。

ビルトインタイプはサイズに注意

By: irisohyama.co.jp

ビルトインタイプは、すでに用意されたシステムキッチンの開口部にはめ込むように設置するので、開口部のサイズに合ったモノを選ぶ必要があります。

一般的な3口タイプの天面幅が60・75cmの2種類。本体と開口部が合わないと設置できないので、システムキッチンが対応できるサイズを確認してから選ぶのがポイントです。

これからシステムキッチンを選ぶ場合は、使用したい鍋の大きさや必要な作業スペースを考慮して使いやすいサイズを選んでみてください。

卓上タイプは持ち運びや収納性をチェックしよう

卓上タイプは、なるべく軽量で持ち運びやすいモノを選ぶのがポイント。誤って落としてしまうと故障の原因にもなるので、両手で持ち上げやすい3kg以下のモデルがおすすめです。

たまにしか使わない方は収納場所を確保するのも大切。収納スペースに合わせて適切なサイズを探してみてください。

IHクッキングヒーターのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、国内大手の総合家電メーカー。IHクッキングヒーターにおいては、卓上タイプから据え置き、ビルトインタイプまで幅広く多数のモデルを展開しています。そのため、個人のライフスタイルに合ったIHクッキングヒーターを見つけやすいメーカーです。

水入れ不要でグリル料理が行える機能や、メニューや火力などを読み上げる音声ガイドなど、初心者でも簡単に使えるような工夫が施されているのが特徴。金属の材質に左右されずに鍋を使えるオールメタル対応モデルでは、調理の幅を広げられるので、料理の上級者にもおすすめです。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

総合電機メーカーの「日立」。IHクッキングヒーターはビルトインと据え置きタイプを中心に展開しています。

焼き物や蒸し物、ノンフライなど、多彩な調理が行える「ラク旨グリル&オーブン」に代表される、料理の上級者向けの機能が充実しているのが特徴。火力が一目でわかる4色カラー液晶や、食材の裏返し時期を音声で知らせる機能など、利便性も良好です。

三菱電機(MITSUBISHI)

By: mitsubishielectric.co.jp

日本を代表する総合メーカー「三菱電機」。家電製品から産業機器、社会インフラまで幅広い分野を手掛けています。IHクッキングヒーターにおいても、産業やインフラ事業で得られたノウハウを活かし、設置性のよさや導入工事のしやすさまでを考慮した製品づくりが特徴です。

同社のクッキングヒーターには「びっくリング加熱」や「びっクリアオーブン」といった独自機能が搭載されているのがポイント。多彩で高度な料理に対応できるハイクオリティさが魅力です。洗練されたデザインと使いやすさも魅力。手入れのしやすさにも定評があります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

リーズナブルな生活家電を多く展開する「アイリスオーヤマ」。IHクッキングヒーターでは、卓上タイプと据え置きタイプをメインにラインナップしています。

なかでも、1口タイプの小型モデルを得意としており、一人暮らしの方やサブ機に適しているのが特徴です。レトロなデザインや、鍋がセットになったモデルなど、製品バリエーションが多いのも魅力。安全機能が充実しているのもおすすめポイントです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|ビルトインタイプ

パナソニック(Panasonic) Yシリーズ KZ-YP77S

オールメタル対応コンロを2口搭載し、鉄やステンレスだけでなくアルミや銅製などの調理器具も使用できる幅75cmのIHクッキングヒーター。熱伝導性の高い銅鍋などでサクッとした天ぷらを揚げたい方や、軽くて使いやすいアルミ製フライパンを使いたい方にもおすすめです。

最大3.2kWの高火力で、より効率的に調理できます。魚やピザなど多彩な自動調理モードを搭載したグリル機能も搭載。庫内温度を調節できる機能も搭載し、ローストビーフやクッキーなどさまざまなオーブン料理を楽しめるのも魅力です。

設定メニューや火力、タイマーなどを読み上げる音声ガイド機能も搭載。目で見るよりも設定を確認しやすく、操作の間違いによる調理の失敗を予防できます。「こげつきお知らせ」「切り忘れタイマー」「チャイルドロック」なども搭載し、安全に使えるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) G33 KZ-G33XST

「水なし両面焼きグリル」を搭載し、より簡単に魚を焼ける幅60cmのIHクッキングヒーターです。独自技術により上下ヒーターを調節しながら庫内温度を最適化。調理途中で食材を裏返さなくても、両面をこんがり焼き上げられます。切身やつけ焼きなど3つの自動モードも搭載。ボタンを押すだけなので、初心者の方でも簡単です。

最大火力3kWのコンロを2口搭載。高火力によりチャーハンはパラッと、野菜炒めもシャキッとおいしく調理できます。10段階と細かく火力を調節できるのも魅力です。

「焼き物温度調節」機能も搭載。フライパンなどの底面温度を検知し、自動で火力を調節しながら、設定温度を維持します。ホットケーキなど、一定温度で焼き上げたい場合に便利です。

パナソニック(Panasonic) 1口 KZ-12C

幅31.8cmとコンパクトながら、最大2kWの高火力で効率よく調理できるIHクッキングヒーター。底面の直径が最大26cmまでの調理器具を使用できます。8段階の火力調節機能を搭載し、多彩な調節を楽しめるのも魅力です。

7段階の「揚げ物温度調節」も搭載。唐揚げや天ぷらなど、食材に合わせた温度で揚げられます。沸騰したら音で通知し、自動で保温する「自動湯沸かし」機能も便利です。

日立(HITACHI) ビルトイン3口 IH M350Tシリーズ HT-M350KTF

「ラク旨グリル&オーブン」を搭載し、焼き物やノンフライ、過熱水蒸気、蒸し物など幅広く調理できる幅60cmのIHクッキングヒーター。上下のシーズヒーターが放出する遠・近赤外線により、食材を効率よく加熱できるのも魅力です。

1庫内温度を手動で設定できるほか、豊富な自動調理メニューも搭載。火加減が難しい料理も手軽に楽しめます。余分な脂を落とせるグリル用の波皿と、オーブン料理に便利な平皿も付属しているのもポイントです。

天面には、アルミ・銅製の調理器具も使用できるオールメタル対応コンロを2口搭載。ステンレスや鉄なら最大3.2kW、それ以外でも最大2.6kWの火力で調理できます。高火力によりパスタを茹でる際も沸騰が早く、調理時間を短縮できるのもメリットです。

日立(HITACHI) ビルトイン3口 IH M8Tシリーズ HT-M8STF

「4色カラー液晶」を搭載し、火力をひと目で確認できる幅60cmのIHクッキングヒーターです。12段階に火力を調節できるコンロを2口搭載。とろ火のグリーン、弱火のイエロー、中火のオレンジ、強火のレッドと温度が高いほど暖色カラーで表示します。火力を色で判断でき、初心者の方や機械に不慣れな方でも使いやすいのが魅力です。

焼き物や煮物、ノンフライ、オーブン料理などさまざまな調理メニューを楽しめる「ラク旨グリル&オーブン 」も搭載しています。水ひきや裏返す手間も要らず、簡単に魚をおいしく焼けるのもメリットです。

段差の少ないフラットな天面で、お手入れも簡単。火力を調節する操作部もガラスタッチ式なので、しぼった布巾などでサッと汚れを拭き取れます。

日立(HITACHI) ビルトイン3口 IH M100Tシリーズ HT-M100XTF

操作部のある手元から排気口より後ろの奥までガラスを使用し、トッププレートのお手入れがしやすい幅60cmのIHクッキングヒーター。フレームも薄型で、段差が少なくスムーズに汚れを拭き取れるのも魅力です。排気カバーや落ちるゴミを受けるポケットも簡単に取り外せて丸洗いでき、清潔に使用できます。

高火力なIHコンロを3口搭載。複数の料理を同時に調理したい方にもおすすめです。焼く・煮る・蒸すなど豊富な調理を楽しめる「ラク旨うまグリル&オーブン」も搭載。ノンフライ・過熱水蒸気調理にも対応し、低カロリーな揚げ物を作ったり、天ぷらをおいしくあたためたりと便利に使えます。

三菱電機(MITSUBISHI) T316Hシリーズ CS-T316HNWSR

独自の熱風循環加熱方式を採用した「びっクリアオーブン」を搭載し、ノンフライ調理も楽しめる幅75cmのIHクッキングヒーター。熱風で食材をムラなく加熱することにより、油を使わない低カロリーな揚げ物を作れます。

温度設定も可能で、高温のオーブンメニューはもちろん、低温でパンの発酵やローストビーフを作ることも可能です。庫内が広く、大きな食材を使用したい方にもおすすめ。オーブンに適したサイズの「グリルディッシュバリエ」を使えば、より効率的に調理できます。

最大火力3kWの「びっくリングコイルIH」を搭載。鍋を部分的に加熱することで対流を起こしながら加熱する独自の「対流煮込み加熱」により、煮物やカレーを作れるのが魅力です。自動で吹きこぼれを予防できる「ゆでもの加熱」も搭載。麺類も手軽に楽しめます。

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター CS-G317VWSR

最大火力3kWの高火力で、効率よく調理できるIHコンロも2口搭載したIHクッキングヒーターです。幅は75cm。最大火力1.2kWのラジエントヒーターも搭載し、鉄やステンレス以外の調理器具も使用可能。複数の料理を同時に調理したい方にも適しています。

火力の調節はダイヤル式。ガスコンロに慣れている方でも使いやすく、すばやく火力を切り替えられるのもメリットです。

「びっクリアオーブン」を搭載。熱風を循環させて食材を加熱するノンフライ調理にも対応し、油を使わずにサクッとおいしい揚げ物も作れます。17段階に温度を設定でき、低〜高温調理まで幅広いオーブン調理も可能です。

庫内の壁に炭をコーティング。遠赤外線の伝熱効果により、食材を効率よく加熱できます。水を使わずに魚の両面をこんがり焼ける「水なし両面自動焼き」機能も便利。グリル庫内に照明を搭載し、ドアを開けずに焼き具合を確認できるのもポイントです。

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター CS-G217B

グリルを搭載せず、2口ながら幅45cmと省スペースで設置できるIHクッキングヒーター。厚みも約8cmの薄型設計で、ミニキッチンなどに取り付けたい方にもおすすめです。最大4kWの高火力により、お湯を短時間で沸かしたりチャーハンをパラパラに仕上げたりと効率よく調理できるのも魅力。

別売の専用天ぷら鍋を使用すれば、油を一定温度に維持しながらおいしい揚げ物も作れます。200g以上の少量油にも対応でき、お弁当や1人分の揚げ物を作りたい方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) IHクッキングヒーター ビルトインタイプ100V IHC-B112

最大火力1.4kWのコンロを1口搭載した幅31cmのIHクッキングヒーター。100V電源に対応し、電気コンロから置き換えたい方などにもおすすめです。

火力は6段階に調節できます。150〜200℃の揚げ物温度調節機能も搭載。唐揚げや天ぷら、ドーナツなど食材に合わせた油の温度で揚げられるのもポイントです。

使用できない調理器具を加熱すると自動で電源が切れる「なべ検知機能」も便利。なにも置かずに加熱した場合や、金属製のスプーンや空き缶などを置いて加熱した場合も自動的に運転を停止します。

温度が過剰に上昇した場合や、45分後の切り忘れタイマーも搭載し、安全機能が充実しているのもメリットです。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|据え置きタイプ

パナソニック(Panasonic) KLタイプ KZ-KL22E3

200V・15A仕様で、電気容量に制限のある賃貸住宅でも設置しやすいIHクッキングヒーター。2口のコンロとグリルの総合消費電力を2.9kWに抑えながら運転します。炒め物を作りながら魚を焼くなど、同時調理も可能です。

140〜200℃まで10℃単位で油温度を設定できる揚げ物温度調節機能も搭載してきます。予熱完了の1分後に音声で通知するので、食材を入れるタイミングが分かりやすいのもポイントです。

「こげつきお知らせ」機能を搭載。煮込み調理時に焦げ付きを検知すると自動的に加熱を停止します。万が一、運転を停止せずに放置してしまった場合などでも安心です。

日立(HITACHI) 据置2口 IH HT-33AGシリーズ HT-33AG

「ラク旨グリル」を搭載し、食材を裏返さずに表も裏もこんがり焼けるIHクッキングヒーター。水はりも不要で、手軽に魚を焼けるのもメリットです。丸焼き・つけ焼き・肉野菜の調理メニューも搭載。料理に合わせてメニューと弱・中・強の火力を選択するだけで、簡単においしく調理できます。

「揚げ物温め」調理メニューも搭載。冷めたとんかつや天ぷらを揚げたてのようにサクッと仕上げられるのもメリットです。

左右には最大火力3kWのコンロを2口搭載。火力は10段階と細かく調節できます。油量200〜800gまで対応できる揚げ物モードも搭載。140〜200℃まで10℃単位で油の温度を設定でき、素揚げから海老フライまで幅広く揚げ物料理を楽しめるのも魅力です。

三菱電機(MITSUBISHI) IHクッキングヒーター [本体]据置き CS-G29CS

震度5以上の大きな地震が起こると、自動で電源が切れるIHクッキングヒーター。空焚きなどによる過剰な温度上昇や、調理器具以外の金属製の小物を置いた場合などにも自動で加熱を停止します。安全機能が充実したモノを探している方におすすめです。

コンロは2口搭載。最大火力3kWのコンロを使えば、高火力が必要な中華料理もおいしく調理できます。付属の天ぷら鍋を使えば、150〜200℃に油温度を設定し天ぷらや唐揚げを作ることも可能。200g以上の少量油コースも搭載し、一人暮らしの方やお弁当に少量の揚げ物を作りたい方にも適しています。

姿焼き・切身・小魚の自動メニューを搭載したグリルも便利。水なし両面焼きに対応し、手軽に焼きたての魚を楽しめます。焼き具合を好みに合わせて選択できるのもポイントです。手動で火力を設定すれば、グラタンや冷凍ピザもこんがり焼き上げられます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHコンロ脚付 IHK-W12SP

100Vに対応し、電源工事を必要とせず賃貸住宅でも手軽に設置できるIHクッキングヒーターです。電源コードも2.5mと長く、配線しやすいのもポイント。便利なスタンド一体型で、本体の下に調理器具などを収納できます。

2口のコンロを搭載。1口のみでの使用なら、最大1400Wの高火力で調理できるのも魅力です。2口なら、合わせて1400Wの消費電力になるよう火力を調節します。150〜200℃まで6段階に油温度を設定できる揚げ物モードも搭載。高温で唐揚げをカリッと揚げたい方にもおすすめです。

沸騰すると自動で電源が切れる湯沸かしモードも便利。1分〜9時間50分まで設定できる切タイマーを使えば、煮込み料理も手軽に作れます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2口IHクッキングヒーター IHC-S225

操作部も含めた全面にガラストップを採用し、お手入れがラクにできるIHクッキングヒーター。天面に凹凸が少なく、吹きこぼれや油汚れもしぼった布巾などでサッと拭き取れます。

幅56×奥行40×高さ6cmの薄型設計。高さのあるコンロ台に設置したい方にもおすすめです。別売のスタンドを取り付ければ、より高めに設置できます。

最大2.5kWの高火力なコンロを2口搭載し、本格的な中華料理など高温調理を楽しめるのも魅力です。150〜200℃まで6段階に油温度を設定できる揚げ物モードや、沸騰後に自動的に加熱を止める湯沸かしモードも搭載しています。

IHクッキングヒーターのおすすめ人気モデル|卓上タイプ

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33

「1000Wセーブ」機能を搭載し、設定をオンにすれば消費電力を1kW以下に維持しブレーカーが落ちるのを予防できるIHクッキングヒーター。本体の電源を切っても設定を記憶できるので、毎回設定する手間を省けるのもポイントです。

火力は7段階で調節できます。とろ火・強火をワンタッチで設定できる便利なボタンも搭載し、使いやすさも良好です。

便利な調理コースも充実。沸騰後に火力を自動調節して吹きこぼれを予防しながらだしをとる「鍋だし作りコース」や煮物に適した「味しみこみコース」などを搭載しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ricopa IH鍋セット IHLP-R14

おしゃれなデザインで、ホームパーティーなどにもぴったりなIHクッキングヒーターです。デザインを合わせた鍋も付属。IHコンロと鍋はそれぞれ単体でも使用できます。

使えない鍋を置くと、自動的に電源が切れる機能を搭載。鍋を置かないまま過熱したり、スプーンなど金属製の小物を置いたりした場合も電源が切れるので安全です。

最大火力は1.4kW。6段階に火力を調節できます。揚げ物調理には対応しておらず、揚げ物を作らない方やサブ機として使用したい方などにおすすめです。

東芝(TOSHIBA) IH調理器 MR-Z30J

最大1.42kWの高火力で、効率よく調理できるIHクッキングヒーター。34dBほどと作動音が静かなので、テレビや音楽をつけながら調理したい方や家族・友達と会話を楽しみながら鍋を楽しみたい方にもおすすめです。

140〜200℃に油の温度を調節できる揚げ物コースや、弱・中・強に火力を選択できる煮物コースも搭載。1口ながら、さまざまな調理に対応できます。約12〜26cmと大きめの鍋・フライパンが使えるのもメリット。ガラス製のトッププレートを採用し、お手入れのしやすさも良好です。

山善(YAMAZEN) IHクッキングヒーター IH-S1400

簡単に着脱できるマグネット式の電源プラグを搭載したIHクッキングヒーター。操作しないまま一定時間が経過すると自動で電源が切れる「電源切り忘れ機能」や、コンロにモノを置いた場合など温度が上昇した場合に自動で加熱を止める機能などが充実しているのも魅力です。

「急速加熱」モードを搭載。1400Wの大火力で3分間加熱できます。短時間でお湯を沸かしたい場合などに便利です。160〜200℃まで油の温度を調節できる揚げ物モードも搭載。価格が手頃なので、価格重視の方にもおすすめです。

ティファール(T-fal) デイリーIH IH2028JP

基本的な機能が充実し、サブ機としても普段使いできるIHクッキングヒーターです。「加熱調理」「煮る」「揚げる」「湯わかし」「保温」コースを搭載。加熱コースでは、最大1.4kWの高火力で調理できます。6段階の温度調節も可能です。

煮物コースでは、切タイマーを設定するだけで具材をじっくり煮込めます。揚げ物コースは800g以上の油に対応。140〜200℃の6段階に油の温度を調節でき、ドーナツや天ぷらなど多彩な揚げ物料理を楽しめるのもポイントです。

トッププレートにはセラミックガラスを使用。汚れがこびり付きにくく、吹きこぼれや油汚れも簡単に拭き取れます。お手入れがしやすいモノを探している方にもおすすめです。

IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

卓上IHクッキングヒーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。