「糖度計」は果物や野菜に加えて料理やスイーツの糖度も計れる優れものです。糖分摂取量を気にしている方や食べ物の甘さを確認しながら調理したい方が活用しています。糖度計は食べ物に含まれる糖分を把握できるだけでなく、子供の夏休みの自由研究にも使えるので1つ持っていると便利です。

そこで今回は、糖度計の選び方とおすすめの製品をご紹介します。糖度計にはアナログ式とデジタル式があり使い方もさまざまなので、自分の目的に合ったモノを選んで日々の食生活に活用してみましょう。

糖度計とは?

By: amazon.co.jp

糖度計は光の屈折を利用して糖度を測定する機器。コップに水を入れてストローを差すとストローが曲がって見えますが、砂糖を溶かした水だとさらに曲がって見えるという原理を利用しています。

糖度計は、国際砂糖分析統一委員会が作成した砂糖の濃度と屈折の角度の相対表をプログラミングし、食品を計ると何度曲がったかを測定して糖度を計る仕組みです。糖度はショ糖の濃度と屈折率の相関を発見したブリックス博士の名前から、「brix」で表すこともあります。

糖度計の選び方

種類で選ぶ

アナログ式(手持ちタイプ)

By: amazon.co.jp

果汁などの液体から糖度を計測したい場合は、アナログ式の試料計測タイプを選ぶのがおすすめ。比較的価格が安くて購入しやすいため、子供の自由研究や学生が実験で使うのにも適しています。

アナログ式は電源が不要なのも魅力。小型軽量タイプが多く携帯にも適しています。メモリを読むタイプは使いにくいと思われがちですが、慣れてしまえば特に問題はありません。いつでもどこでも使えるのがアナログ式の魅力です。

デジタル式

By: amazon.co.jp

家庭菜園の野菜や果物の糖度を計る場合は、デジタル式の試料計測タイプがおすすめ。手作りジャムやジュースも快適に計測できます。デジタル式のメリットは素早く正確に糖度を計れる点。計測したい対象物が多い場合に便利です。

デジタル式は計測した糖度を数値で表示できるのもポイント。測定結果がスムーズに読み取れるので、実験などで使用すると作業効率が上がります。デジタル式にはさまざまなサイズや形状があり、コンパクトなモノが多いので持ち歩きに適しています。

非破壊式

果物や野菜をカットせずに糖度を計りたい場合は、計りたい対象物に糖度計を当てて計れる「非破壊式タイプ」を選ぶのがおすすめ。非破壊式の糖度計を使うと、家庭菜園の野菜や庭の木になる果物の生育状態を知ることが可能。多くの農家でも非破壊式の糖度計を使ってベストな出荷時期を見定めています。果物や野菜の糖度が高まった状態で収穫できれば、家庭菜園の楽しみも倍増するのでおすすめです。

測定範囲で選ぶ

糖度計はモデルによって測定範囲が異なるため、糖度を計りたい対象物に合うモノを選ぶことが大切です。果物や野菜だけでなく料理なども測定する場合は、0~80%程度で広範囲に測定できるモノを選ぶと幅広い用途に使えます。

糖度計は100g中に含まれる糖分の量を%または度数で表示します。野菜は10%以下、芋類や果物は20%以下、ゼリーやプリンなどのスイーツは15~30%が目安です。甘みが強いジャムやハチミツは40〜80%程度と範囲が広いので、広範囲に糖度を測定できるモノを使いましょう。

測定精度で選ぶ

By: amazon.co.jp

アナログ式の糖度計は製品によって目盛りが0.5%のモノや0.1%のモノがあるので、できるだけ正確な糖度が知りたい場合は目盛りが細かいタイプを選ぶのがおすすめです。デジタル式も小数点以下がどこまで表示されるかを確認しておきましょう。

野菜や果物の糖度を毎日測定してデータ管理を行う場合などは、スマートフォンやパソコンに接続できるモノを選ぶと便利。自分で測定結果を入力する手間が省けるため、測定記録の管理が楽になります。

温度補正機能や測定可能温度をチェック

果汁など液体の屈折率は周囲の温度によって変化する性質があるため、「自動温度補正機能」を搭載したモノを選ぶと正確な糖度が計れます。自動で温度変化の影響を補正できるので、精度の高い糖度測定が可能です。

鍋で調理中の料理などの糖度を計りたい場合は、「設定可能温度」が高いモノを選ぶのがおすすめ。100℃前後まで測定可能なモノを選んでおくと、できたての熱いジャムなども測定できます。料理の糖分を管理したい方は設定可能温度をチェックして選びましょう。

糖度計のおすすめアイテム

C-Timvasion Brix 0~32%糖度計

果物や野菜の糖度を計るのに最適なアナログ式の糖度計。価格が安いので子供の自由研究用にも適しています。0~32%の範囲で糖度を測定できるため、ジュースなどの飲み物を測定することも可能。家庭菜園で採れた野菜の糖度を計りたい方にもおすすめです。

温度補正範囲は10~30℃で、気温や物体の温度に合わせて糖度を計測できます。ポケットに入るコンパクトサイズで電池も不要なので、好きな場所に持ち運んで使えるのもポイントです。価格が安いため手軽に購入できるのも魅力。初めて糖度計を使う方にもおすすめの製品です。

ペパレス製作所 糖度計 TR-CMT4582

本製品は0~80%までの糖度を測定できるアナログ式の糖度計。ハンディタイプなのでカバンやポケットに入れて持ち歩けます。高濃度な糖度の測定も可能なため、果実や野菜だけでなくジャムやはちみつなどの糖度を把握したい方におすすめです。

果汁などの試料をスポイトで本体に入れるだけの簡単操作なので、初めてでも使いこなせるのがポイント。自動温度補正システムを搭載しており、10~30℃範囲内で使用すれば大きな誤差が生じません。測定範囲の広いアナログ式のモノを探している方におすすめの製品です。

アタゴ(ATAGO) 手持屈折計 MASTER-80H

目盛りの見やすさと試料の載せやすさが魅力のレストラン向け業務用製品。グリップが滑らかで持ちやすいため、快適に操作できます。測定範囲は30~80%で、果物や野菜だけでなくさまざまな食品の糖度を計ることが可能です。

目盛り部分が明るく見やすいのもポイント。耐熱強化モデルで100℃まで測定できるため、料理中の煮汁やジャムなどの高温な食品の糖度も測定できます。防水機能も搭載しており、使用後に水洗いできるのも魅力です。

アタゴ(ATAGO) 糖度・濃度計 PEN-J

測定したい食品にペン先を入れて測定できる便利な製品。測定可能範囲が100℃までなので、調理中の食品も楽に測定できます。防水性能を備えており、食品で汚れたり油っぽくなったりしても丸洗いできるので清潔に使えるのがポイントです。

調理中の料理をペン先でかき混ぜながら測定できるため、料理を中断させずに糖度測定ができます。自動温度補正範囲は10~60℃、測定範囲が0~85%と広くさまざまな食品に対応できるので、徹底的な糖分管理が可能。できるだけ簡単に糖度を計りたい方にもおすすめです。

Beslands デジタル糖度計 BL-TDJ-50-c

本製品は3つのボタンで素早く操作できるのが特徴。READボタンで電源の入切と測定を行い、CALボタンでゼロ校正モードに切り替えられます。SCALEボタンで自動温度補正後の濃度値が表示され、さらに押し続けると自動で15回測定して平均値を表示するので、正確な糖度を知りたい方におすすめです。

測定範囲0~50%なので、非常に糖度の低い食品も測定できます。目盛りが0.1%で、より正確な測定結果が分かるのもポイント。測定温度範囲が0~50℃、温度補正範囲が10~50℃と広いので、本格的な研究にも使用できます。

アタゴ(ATAGO) ポケット糖度計 PAL-Patissier

パティシエ向けの本格的な糖度計。自宅でスイーツ作りを楽しんでいる方にもおすすめです。測定範囲が0~85%と広いため、スイーツの微妙な甘さ調節に重宝します。ポケットサイズのコンパクトな製品で気軽に持ち運ぶことが可能です。

液晶画面には糖度表示に加えて、シロップなどを作るときに用いられる糖ボーメ度も表示されるので便利。100℃までの高温に対応しているため、煮詰めている途中のジャムやシロップも測定できます。防水仕様で丸洗いも可能な製品です。

アタゴ(ATAGO) ポケット糖度計 PAL-1

測定した糖度のデータをパソコンで管理したい方におすすめの製品。NFC通信機能を搭載し、Androidスマートフォンやパソコンに接続した非接触ICカードリーダー・ライターにタッチすると、測定履歴を読み出せるので便利です。測定結果は100件まで保存できます。

測定範囲は0~53%で、果物だけでなくスープなどの料理も測定可能。自動温度補正範囲が10~100℃と広いのもポイントです。防水機能を搭載しており、汚れても丸洗いできるので清潔な状態を保てます。毎日の食事の糖度をパソコンで管理するのに便利な製品です。