魚の針を外したりラインを切ったりするのに役立つ「フィッシングプライヤー」。釣りをはじめたらまず揃えておきたい必須アイテムです。

一方でモデルによって素材や機能が異なるため、初心者ほどどのモデルを選ぶべきか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、フィッシングプライヤーの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。

フィッシングプライヤーの選び方

自分の釣り方にあったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

フィッシングプライヤーはモデルによって付いている機能が異なります。自分の釣りに必要な機能が揃っているモデルを選ぶようにしましょう。

釣りを始めたばかりでどのような機能が必要かわからない場合には、針外しやラインカッター、ガン玉潰し、スプリットリングオープナーなど、多くの機能が備わっているモデルを選ぶのがおすすめです。特に、ノーズ部分が長いモデルは初心者でも魚の針外しがしやすいので、ぜひチェックしてみてください。

素材で選ぶ

ステンレス製

By: amazon.co.jp

フィッシングプライヤーは海や川などの水辺で使用する機会が多いので、錆びやすい傾向があります。錆びを放置すると劣化につながるため、長い期間使用し続けられるモデルを探している方は、錆びに強いステンレス製のフィッシングプライヤーを選ぶのがおすすめです。

また、ステンレス製のモデルはメンテナンスしやすいのもおすすめポイント。こまめに水洗いをすれば、錆びによる劣化を防ぎやすいのも魅力です。

アルミ製

By: amazon.co.jp

アルミ製のフィッシングプライヤーはほかの素材に比べて価格が安いのが特徴なので、コスパを重視したい方におすすめです。また、軽量なため、取り扱いやすいのもポイント。なお、ステンレス製のモデルよりも錆びやすい傾向があるので注意しておきましょう。

合金製

By: amazon.co.jp

合金とは、2つ以上の金属を融合させてできた金属のこと。フィッシングプライヤーには合金製のモデルもラインナップされています。なかでもアルミ合金を採用しているモノだと、軽量ながら耐久性に優れているのでチェックしてみてください。

ノーズの長さと細さをチェック

By: daiwa.com

フィッシングプライヤーを購入する際は、ノーズと呼ばれる先端部分の長さ・細さをチェックしておくのもおすすめです。ノーズ部分が長く細いモデルほど、小さい魚から大きい魚までさまざまな魚の針外しに使用でき、初心者でも扱いやすい傾向があります。また、毒のある魚の針外しや、魚が針を飲み込んでしまった際に役立つのもポイントです。

ノーズが短いモデルは携帯性には優れていますが、扱いにくいことがあるため注意が必要。これから釣りを始める方は、なるべくノーズが長く、細いモデルを選んでみてください。

グリップをチェック

By: daiwa.com

フィッシングプライヤーは、握りやすいモデルを選ぶのがおすすめです。グリップしにくいモデルを選んでしまうと、作業効率が落ちるだけでなく、落下・破損の原因になりかねません。

魚を素早く針から外したり、スプリットリングを脱着させたりと細かな作業をスムーズに行いたい方は、グリップ部分に凹凸があるモデルや、滑りにくい素材が使われているモデルを選ぶのがおすすめです。

落下防止対策をチェック

By: rakuten.co.jp

フィッシングプライヤーが落下するのを避けたい方は、フィッシングプライヤー本体にカラビナを装着できる穴が空いているかどうか要チェック。カラビナでズボンやバッグの外側に取り付けることで、落下するのを防げるのでおすすめです。

なかには、カラビナが付属しているモノもラインナップされているため、気になる方はあわせてチェックしてみてください。

フィッシングプライヤーのおすすめメーカー

ウミボウズ(Umibozu)

By: amazon.co.jp

「大自然と生きるわたしたち」というコンセプトをもとに展開している「ウミボウズ」。フィッシュプライヤーだけでなく、フィッシュバッグやフィッシュグリップなどさまざまな製品がラインナップされています。

ウミボウズのフィッシュプライヤーは、スタイリッシュなデザインを採用しているのもポイント。機能性も良好で、スプリットリング外しやオモリ潰し、ラインカットなどが揃ったモデルを発売しています。

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

ダイワはロッドやルアー、リール、ウェアなどの製品を取り扱っている釣り用品ブランド。初心者から上級者まで、幅広い層から人気を集めています。

ダイワのフィッシングプライヤーは種類が豊富なのが特徴です。機能性に優れたモデルから価格が安いモデルまでラインナップされているので、自分に合うモデルを見つけることが可能。フィッシングプライヤーを購入する際は、まずチェックしておきたいメーカーです。

フィッシングプライヤーのおすすめ

ウミボウズ(Umibozu) フィッシング プライヤー 墨絵モデル 黒龍

航空技術用アルミニウム素材が使われているフィッシングプライヤーです。錆びに強く、長期間使用できるモデルを探している方におすすめ。また、先端をステンレス製にすることで、耐久性を高めているのも魅力です。

ノーズ部分が長細いため、魚の大きさに関わらず初心者でも簡単に針を外すことが可能。そのほか、スプリットリング外しやオモリ潰し、ラインカットなどの機能が付いているのもポイントです。

重量は約87gと軽量。さらに、付属の収納ケースはベルトに装着でき、本体にはカラビナを取り付けられます。スタイリッシュな見た目も魅力のおすすめアイテムです。

ダイワ(Daiwa) アルミプライヤー 200H ロック

ワンタッチロックシステムを搭載しているフィッシングプライヤーです。使用しないときは先端を閉じておけるので、安全に持ち運びできます。

また、グリップ部分がセーフティガード形状なのもポイント。滑りにくく、しっかりとホールドできます。さらに、アルミ素材が採用されているため、重量135gと軽量なのも魅力のひとつ。また、スプリットリングオープナーや、PEライン対応のラインカッター機能も備えているおすすめアイテムです。

ダイワ(Daiwa) ルアープライヤー 125H

さまざまな用途に使用できるフィッシングプライヤーです。大型のリングの対応しているスプリットリングオープナーやオモリ潰し、針外し、ラインカッターが付いており、利便性に優れています。

また、グリップが手にフィットしやすい形状のため、滑りにくく扱いやすいのもポイント。長さは125mmで、ステンレス鍛造により耐久性に優れているのも魅力のひとつです。長期間使用し続けられるモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ダイワ(Daiwa) フィールド プライヤー 2 130HB ブラック

先端が屈曲しており、針外しがしやすいフィッシングプライヤー。指1本で操作できるワンタッチストッパー機能が付いているので、収納時に先端を閉じておくことが可能です。

また、グリップ部分がソフト樹脂製でできているため、滑りにくいのもポイント。さらに、穴が空いているので、カラビナを取り付けて落下を防ぐことも可能です。なお、本製品は針外しのほか、PEラインにも対応したラインカッターが付いています。

ダイワ(Daiwa) フィールドプライヤーR 130H

先端部にスプリットリングオープナーが付いているフィッシングプライヤーです。針外しやラインカッター、オモリ潰しといった機能も備えているため、さまざまなシーンで活用できます。素材にはスレンレスを採用。錆びにくく、メンテナンスしやすいのもポイントです。

また、ノーズは長めになっているので、魚が針を飲み込んでも比較的スムーズに針を外せます。さらに、本体に穴が空いているため、ピンオンリールやカラビナを装着して落下防止対策ができるのも魅力のひとつです。

ダイワ(Daiwa) プライヤー V 220H

ノーズ部分が細長いのが特徴的なフィッシングプライヤーです。魚の口に入れやすいので、針外ししやすいのが魅力。小さい魚から大きい魚まで対応しています。

また、素材にはステンレスを採用。錆びに強く、劣化しにくいのもポイント。さらに、ソフトタッチグリップを採用しているため、手にフィットしやすい仕様なのも魅力です。

本体に穴が空いているたので、ロープを取り付けて落下を防ぐことも可能。針外しのほか、ガン玉つぶしにも適したアイテムです。

ダイワ(Daiwa) CARP ステンボーンプライヤー 190

素材にステンレスを採用したフィッシングプライヤーです。耐久性に優れており、海や川などさまざまなシーンで使用可能。また、ノーズ部分が細長い仕様で、初心者でも針外しがしやすいのもポイントです。

ラインカッターやスプリットリングオープナーなどが付いており、多機能なのも魅力のひとつ。さらに、本体には穴が空いており、カラビナやピンオンリールを取り付けて使用できます。

シマノ(SHIMANO) ADプライヤー RH TYPE-F CT-541P

フッ素加工が施されているため、錆びに強く耐久性に優れたフィッシングプライヤーです。ソフトグリップを採用しているので握りやすく、作業がしやすいのもポイントです。

また、ロック機能が搭載されているのも魅力。収納時に先端を閉じておけるため、安全に使用することが可能です。さらに、リングオープナー・ルアーチューナー・ギザ刃仕様のラインカッター機能も兼ね備えているので、マルチに使用できます。

なお、エンドロープ・ランヤードを取り付けられる穴が空いているのも特徴のひとつ。フィッシングプライヤーが落下するのを防ぎやすいおすすめアイテムです。

Zitrades フィッシングプライヤー

スプリットリングはずし・針はずし・フックはずし・ラインカッター・オモリつぶしとして使用できるフィッシングプライヤーです。専用ケースと安全ロープが付属しており、持ち運びのしやすさから初心者におすすめのモデル。本体にはアルミ合金を、クランプ部分にはステンレス合金を採用しており、重量95gと軽量なのもポイントです。

また、本体に使われている色がカラフルでおしゃれなデザインなのも魅力のひとつ。さらに、グリップに凹凸があり、握りやすさにも配慮されています。使い勝手に優れたアイテムを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

Zitrades フィッシングプライヤー

ナイフが2つグリップ部分に収納されているフィッシングプライヤーです。ラインカッターやガン玉潰し、針外し、スプリットリングオープナーなどにも使えて、機能性に優れているのが特徴。グリップは人間工学に基づいた形状をしており、手に馴染みやすい形状で作業をスムーズに行えます。

また、安全ロープが付属しているので、落下防止に配慮されているのもポイント。迷彩柄を採用しており、見た目がおしゃれなおすすめアイテムです。

スミス(SMITH) スプリットリングプライヤー

長さ約11.3cmと小さめのフィッシングプライヤーです。先端が極細仕様なので、小さいスプリットリングやスプーン・フックを扱う機会が多い方におすすめ。細かい作業でも、効率よく行うことが可能です。

また、ステンレス素材が採用されているため、錆びにくいのもポイント。比較的リーズナブルな値段なので、コスパを重視したい方もぜひチェックしてみてください。

REFLYING フィッシングプライヤー

コスパに優れたフィッシングプライヤーです。先端部分の素材にはステンレスが採用されているうえ、アルマイト加工が施されているのが特徴。錆びにくく、耐久性に優れているのが魅力です。

また、先端が約9.5cmとロングノーズ仕様のため、大物の魚から小さな魚まで、針外しが簡単に行えます。さらに、ワンタッチロック機能が付いているので、収納時に先端を閉じておけるのも魅力のひとつ。ベルトに装着できる収納ケースやカラビナが付属しているため、落下防止対策もできるおすすめアイテムです。

フィッシングプライヤーのAmazonランキングをチェック

フィッシングプライヤーのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。