音声を記録できる「ICレコーダー」。会議での議事録代わりとしてはもちろん、取材やインタビューでの記録、楽器の練習、語学学習など、さまざまなシーンで大活躍するアイテムです。

そこで、今回はおすすめの高音質なICレコーダーをご紹介。会議用や音楽用、語学用など、シーン別に合う製品をそれぞれピックアップしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ICレコーダーとは?

By: amazon.co.jp

ICレコーダーとは、音声をデジタル録音できる機器のこと。コンパクトながら、長時間録音できるのが魅力です。会議やセミナーでの利用をはじめ、インタビューでの録音、個人用のボイスメモなど、さまざまなシーンで使われています。

ICレコーダーに似た製品として挙げられるボイスレコーダーと呼ばれるモノは、厳密にいうとアナログ・デジタルを問わない音声録音機器の全般のこと。しかし、現在はデジタル録音が主流のため、どちらも同じモノとして考えておきましょう。

ICレコーダーの選び方

用途をチェック

会議・講義用|最大録音時間に注目

By: tascam.jp

会議や講義録音用ICレコーダーは長時間録音することが多いため、連続使用可能時間をチェックしておきましょう。連続再生時間が長いモノであれば、電池切れを気にせずに使えるのでおすすめです。

また、声を拾いやすいかどうかもあわせて確認することが大切。マイクの指向性を調節できるモノであれば、会議の内容などをしっかりと聞き取れます。

音楽用|ハイレゾ対応など音質面を確認

By: amazon.co.jp

ICレコーダーは、音声を圧縮したMP3やWMAといったフォーマットで録音されるのが一般的です。ファイルサイズが小さいため、長時間録音できるのがメリット。しかし、音声データを圧縮するので、音質が劣化してしまいます。

そのため、音質を重視する方には、リニアPCM録音できるICレコーダーがおすすめ。リニアPCMは音声情報を圧縮しないので、高音質で録音可能です。

しかし、高音質で録音した場合は、ファイルサイズが大きくなるのが難点。内蔵ストレージの容量、およびSDカードなどの外部ストレージが使用できるか確認しておきましょう。

語学・習い事用|リピート機能や早聞き・遅聞き機能が便利

By: panasonic.jp

語学・習い事用のICレコーダーを選ぶ際は、リピートや早聞き・遅聞きといった再生機能を重視するのがおすすめです。集中的に反復練習することによって、学習効率を高められます。

特に重要なのがリピート機能。指定した開始位置と終了位置の間で繰り返し再生できます。また、早聞き・遅聞き再生は、再生スピードを速く、あるいは遅くできる機能です。語学練習などで慣れないうちは、ゆっくり再生することによって内容をしっかりと聞き取れます。

インタビュー・メモ・取材用|PCに直接接続できるモデルがおすすめ

By: tascam.jp

インタビューや取材で使用する際は、携行性に優れている軽量コンパクトなICレコーダーがおすすめ。特に、スティック状のペン型モデルは胸ポケットに挿したまま録音できるのがメリットです。目立ちにくいので、相手に与える圧迫感が少なく、自然な雰囲気でインタビューできます。

音声を感知して自動的に録音を開始する「音声起動録音」機能も便利。録り忘れミスを防げます。また、録音した内容を文字起こしする場合は、リピート再生機能も有効な機能。繰り返し聴くことによって、正確に文章化できます。

さらに、複数の人にインタビューするなど長時間使用する場合は、電池切れを考慮して連続使用時間を確認しておくと安心です。

録音方法をチェック

声の方向も記録できる「ステレオ録音」

By: amazon.co.jp

ステレオ録音は音源の左右差まで記録できるのがポイント。たとえば、複数人での会議を録音するとき、方向によって誰が発言したのか分かりやすくなるので便利です。

価格がリーズナブルな「モノラル録音」

By: amazon.co.jp

モノラル録音は、音源の位置を特定しにくいといったデメリットはありますが、一対一でのインタビューといったシーンでは特に問題ありません。また、ステレオ録音タイプと比べて価格がリーズナブル。ICレコーダーを安く手に入れたい方はモノラル録音のモデルがおすすめです。

記録媒体をチェック

短時間の録音なら「内蔵ストレージ」で十分

By: amazon.co.jp

ICレコーダーの多くは、2GBや4GBの内蔵ストレージを搭載しています。低音質なら200時間ほど録音できるので、たまにしか使用する機会がなかったり、高音質で長時間の録音をする機会があまりなかったりする場合は、内蔵ストレージだけで十分です。

内蔵ストレージは録音データの取り扱いも簡単。安価なエントリーモデルのICレコーダー以外にはUSB端子を搭載しているモノが多く、直接PCに接続するだけで簡単に記録した音声データの転送ができます。

ただし、内蔵ストレージは高音質での長時間の録音には向きません。低音質録音なら内蔵ストレージだけでも十分ですが、高音質になると録音可能時間が10時間以下と大幅に短くなる場合もあるため留意しておきましょう。

長時間録音なら大容量の「SDカード」が便利

ICレコーダーの内蔵ストレージは録音もデータ転送も手軽にできるので便利ですが、高音質で長時間録音を頻繁にする場合にはSDカードを挿入できるモデルの方がおすすめです。

使用しているSDカードの容量が一杯になっても別のカードと入れ替えるだけで済むため、データの消去や上書きをすることなく録音を次々に続けられます。利便性を重視する方は、内蔵ストレージとSDカードの両方に対応したICレコーダーをチェックしてみてください。

なお、ICレコーダーが対応できるSDカードの種類はモデルによってさまざまです。SDXCカードやmicroSDカードなど、購入の際はどのSDカードに対応しているのかを事前に確認しておきましょう。

電源方式をチェック

コスパに優れた「充電式」

By: amazon.co.jp

充電式タイプのICレコーダーは乾電池を必要としない分コンパクトで、携帯しやすいのが魅力です。また、USBバスパワーやACアダプターなどの外部電源に対応したICレコーダーであれば、自宅やオフィスのコンセントから給電できるのでバッテリー残量を気にせず使えます。

一方、内蔵バッテリーが切れてしまって給電手段を確保できない場合、使えなくなるのがデメリット。バッテリー管理が重要となるため、失敗できない会議や取材での録音に使用したいときは十分に注意する必要があります。

急なバッテリー切れにも対応できる「電池式」

電池式のICレコーダーは乾電池が使用できます。乾電池は入手が簡単なため、比較的簡単に電源を確保できるのがメリットです。ICレコーダーのバッテリーが急に切れても、焦ることなく対応できるので、安心して使用できます。

ただし、バッテリーが切れる度に乾電池を買い換える必要があるため、ICレコーダーを頻繁に使用するほど電池代がかさんでしまうのがデメリット。また、乾電池を搭載するスペースの分だけICレコーダーが大きく重くなってしまうことも難点です。

最近では電池・充電の両方に対応したモデルもラインナップされています。不測の事態に対応でき、コストも抑えられるので、高音質での長時間録音にも対応可能。小型軽量にこだわらないのであれば、電池・充電式のハイブリッドモデルも選択肢としておすすめです。

録音可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

ICレコーダー選びでは、録音可能時間の長さも重要です。ICレコーダーの電力消費効率が悪ければ短時間でバッテリーが切れてしまうため、その都度電池交換や充電をする必要があります。予備の電池やモバイルバッテリーを用意していたとしても、給電の度に手間がかかるので不便です。

ICレコーダーをバッテリーで選ぶ際は、1回の充電で必要な録音時間をまかなえるかどうかが目安。特に長時間の録音が必要な会議やライブでは、途中で電池交換や給電することが難しいので、フル充電状態で十分な録音可能時間を確保しておく必要があります。

また、録音する際の音質によっても、録音可能時間は変化するため注意が必要です。通常音質よりも高音質の方が音声データの量は多くなるので、録音可能時間は短くなります。録音で使用したい音質やファイル形式で、必要な録音可能時間がまかなえるかを確認しておきましょう。

便利機能をチェック

By: tascam.jp

ICレコーダーには、音声をより聞き取りやすく録音できる機能が備わっているモデルがあります。たとえば、「ノイズキャンセル再生」機能は、レコーダーに接触した際のタッチノイズなどの雑音を抑えることで、目的の音声を聴き取りやすくなるので便利です。

また、衣服が擦れる音を低減できる「擦れ音フィルター」もおすすめ。メーカーによってさまざまな便利機能があるため、ICレコーダーを選ぶ際はぜひチェックしてみてください。

ICレコーダーのおすすめメーカー

オリンパス(OLYMPUS)

By: olympus-imaging.com

オリンパスはカメラメーカーとして知られていますが、実は高品質なICレコーダーを展開していることでも有名です。会議や講義向けのDM・VPシリーズや、講義・学習向けのVシリーズ、メモ録音向けのDP・VNシリーズなど、用途別に幅広い製品が展開がされています。ハイエンドモデルからエントリーモデルまで揃っているおすすめのメーカーです。

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

高い技術を基に、テレビやデジタルカメラ、ゲーム機などさまざまなデジタル製品を世に出しているソニー。ICレコーダーは音質にこだわった製品がラインナップされています。

ハイレゾ録音が可能なモデルや、小型・軽量なモデル、シンプルに使える乾電池対応のモデルやメモリーカード対応モデルなど、個性的なICレコーダーを展開しているのがポイントです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

冷蔵庫や洗濯機などの白物家電や、エレクトロニクス製品、車載製品などを手掛けるメーカー。ICレコーダーにおいては、ビジネスからプライベートまで使える高機能なRR-XSシリーズ、胸ポケットに入れてスマートに使えるスティック型ICレコーダー RR-XPシリーズなどを展開しています。

また、低価格モデルにノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。価格はもちろん、音質にこだわりたい方にもおすすめのメーカーです。

ICレコーダーのおすすめモデル

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー Voice-Trek DM-750

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー Voice-Trek DM-750

ビジネスシーンでも活躍する会議や講義におすすめの高性能ICレコーダーです。左右のステレオマイクと全指向性のセンターマイクからなる3基構造の「TRESMIC」を採用。離れた場所にいる話者の音声もクリアに録音できる「ズームマイクモード」や、空調やプロジェクターの音は拾わない「ローカットフィルター」を搭載しています。

講義の復習や会議の議事録作りに役立つ再生機能も充実。会議など発言者の位置が複数ある場合でも声のレベルを自動調節して聴き取りやすい音量にする「ボイスバランサー」や、再生再開時に自動的に3秒前から再生される「文字起こし」モードに対応しています。

電源には充電式バッテリーを使用しますが、非常時は乾電池でも代用が可能。また、USB端子を内蔵しているほか、最大32GBまでのmicroSDカードも使えます。

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー Voice-Trek VP-20

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー Voice-Trek VP-20

クリアな音でさりげなく録音できるスティック型のICレコーダーです。本体上部のスライド式録音スイッチで胸ポケットに入れたままでも簡単に録音できるのが特徴。相手に意識をさせず取材や商談の録音ができます。また、衣服が擦れる音を低減できる「擦れ音フィルター」を搭載しているのもポイントです。

発言者の位置に関係なく聴き取りやすい音量で再生できる「ボイスバランサー」に対応。加えて、「少し戻る」「早く流す」「少し飛ばす」などの再生操作が各ボタンでスムーズにできる「文字起こし」モードも搭載されているので、取材内容のテープ起こしにも重宝します。

重さ約37.5gの軽量・小型ボディに8GBの大容量メモリーを内蔵。胸ポケットに挟める便利なクリップが付属しているおすすめアイテムです。

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー Voice-Trek V-873

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー Voice-Trek V-873

多彩な録音・再生機能で語学学習をサポートするICレコーダーです。90°外側に向けて配置された2基の指向性マイクと、録音レベルを自動で最適化する「ボイスチェイサー」によって、語学教室などで講師の発音を高音質での録音ができます。

再生機能も充実。聴き取りやすい音程に調節できる「ボイスチェンジャー」や、音声ファイルの好きな区間を自由に繰り返し再生できる「ABCリピート再生」の使用が可能です。さらに、「シャドーイング」機能を使えば、お手本の音声に続いて文字を見ずに発声するシャドーイング練習が効率的にできます。

録音した日付から目的の音声ファイルを見つけられる「カレンダー検索」機能も搭載。機能性に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

オリンパス(OLYMPUS) リニアPCMレコーダー LS-P4

オリンパス(OLYMPUS) リニアPCMレコーダー LS-P4

ハイレゾ録音に対応した、ポータブルサイズのリニアPCMレコーダーです。重さ約75gの軽量・小型ボディながら、CD音質の約3倍となる96kHz/24bitでのリニアPCM録音に対応。さらに、高音質を維持しつつ容量を抑えられるFLAC形式での録音にも対応しているので、音楽や自然音などのハイレゾ録音が手軽に楽しめます。

左右にステレオ感を際立たせる2基の指向性マイクと、低域に強い無指向性マイクの3つからなる「TRESMIC」構造を採用。録音データの上に重ね録りができる「オーバーダビング」や、音源の最初を徐々に大きく最後を徐々に小さくできる「フェードイン・フェードアウト」機能も搭載しているため、本格的な楽曲制作にも活躍できます。

内蔵メモリーの容量は8GBで、32GBまでのmicroSDカードも併用が可能。電源のバッテリーは充電式ですが、非常時は乾電池でも代用ができます。

ソニー(SONY) ステレオICレコーダー ICD-UX570F

ソニー(SONY) ステレオICレコーダー ICD-UX570F

録音シーンを選ぶだけで手軽に使える会議や講義向けのICレコーダーです。シーンセレクト機能の「おまかせボイス」を選べば、人の声の録音向けに入力音声レベルを判断し、適切なマイク感度に自動で設定が可能。遠くの音や小さな音までクリアに集音する「Sマイク・システム」と組み合わせることで、聴き取りやすい録音が行えます。

ボタン1つで録音ファイル全体の10%ずつを送り・戻しできる「タイムジャンプ」や、-3秒戻しや10秒送りが行える「イージーサーチ」などの再生機能も搭載。目的の録音箇所がスムーズに見つけられるので、テープ起こしや議事録作りにも重宝します。

薄さ約12.2mm、重さ約48gと軽量コンパクト。電源には充電式バッテリーを採用しており、急速充電機能によってわずか3分の充電で約1時間の録音が可能です。

ソニー(SONY) ステレオICレコーダー ICD-TX650

ソニー(SONY) ステレオICレコーダー ICD-TX650

商談や取材の録音におすすめのスマートなスティック型ICレコーダーです。重さ約29gのコンパクトな金属製ボディはおしゃれなデザインなのでビジネスシーンでも映えます。また、胸ポケットに入れたままでも本体上部のLEDランプで録音状態を確認できるため、録音のし忘れを防げるのも特徴です。

小型でも自然なステレオ録音ができる高性能デジタルマイクを搭載。電源がオフの状態でも録音ボタンを押せばすぐに録音を開始できる「ワンプッシュ録音」機能にも対応しており、急な録音機会を逃したくない場合にも重宝します。

最長で約178時間の録音が可能な16GBの大容量メモリーを内蔵。再生速度を調節しながら一定秒数の早送りや早戻しができる「書き起こし用再生」にも対応します。

ソニー(SONY) ステレオICレコーダー ICD-TX800

ソニー(SONY) ステレオICレコーダー ICD-TX800

遠隔録音にも対応するブロック型のICレコーダーです。四辺約3.8cm、重さ約22gの小型ボディにはクリップを搭載。さらに、付属のリモコンやスマホを使ってワイヤレスで録音の遠隔操作もできるので、セミナーなど離れた場所の録音にも活用できます。

録音機会を逃さない「ワンプッシュ録音」や、録音開始のタイミングを設定できる「録音開始タイマー」などの機能を搭載。また、「ポケット」や「ボイスメモ」など5種類の録音設定を選ぶだけで最適な設定での録音が簡単にできるのも魅力です。

最長で約15時間の録音ができる高スタミナの内蔵バッテリーを搭載。急速充電機能にも対応しており、付属のUSBケーブルを使えばわずか3分の充電で約1時間の録音ができます。

ソニー(SONY) メモリーカードレコーダー ICD-LX31A

ソニー(SONY) メモリーカードレコーダー ICD-LX31A

簡単操作で使いやすい語学学習やお稽古におすすめのICレコーダーです。本体の左右に大型ステレオマイクを搭載しているので、講師の音声をクリアに録音が可能。また、330mWの大出力スピーカーも内蔵しているため、録音ファイルをはっきりと再生して復習できます。

録音したデータは付属する16GBのSDカードに保存しますが、最長で約178時間の録音が可能。32GBまでであれば別売りのSDカードも使用できます。さらに、ラジオレコーダーで録音した語学講座の放送をSDカードで持ち出して再生することも可能です。

各機能ごとに独立して配置された大型のボタンを備えているのもポイント。本体には傾斜が設けられているので、テーブル上での操作がしやすいのも魅力です。

ソニー(SONY) リニアPCMレコーダー PCM-A10

ソニー(SONY) リニアPCMレコーダー PCM-A10

可動式のマイクユニットを採用した、ハイレゾ仕様のリニアPCMレコーダーです。2基のマイクの角度に変えることで多彩なシーンで良好な録音結果がえられるのが特徴。90°外側に広げれば演奏会などに適した広がりのある録音ができ、内側に閉じればスタジオ録音に相応しい奥行きのある録音ができます。

音楽録音をサポートする機能も充実。録音前に最大音量をしばらく演奏するだけで録音レベルを自動調節できる「リハーサル機能」や、録音開始時点の約5秒前から録音を開始できる「プリレコーディング機能」を搭載しています。音楽録音が初めての方でも使いやすいのが魅力です。

内蔵メモリーは16GBですが、最大で128GBのmicroSDXCカードと併用できるのでハイレゾ形式でも長時間の録音が可能。また、Bluetooth連携したスマホの専用アプリを使えば、離れた場所からも各種操作が遠隔で行えます。

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XS470

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XS470

頻繁に行う長丁場の会議や講義の録音におすすめのICレコーダーです。最長で約2154時間の録音ができる8GBの大容量メモリーを搭載。さらに、電源には繰り返し使える充電池のエボルタを採用しており、1回の充電で約22時間の録音ができます。

センター強調処理にノイズキャンセル機能を組み合わせた「クリアズーム録音」に対応。エアコンなどの環境音を低減しつつ、講義の録音に役立つ「ズーム録音モード」と会議の録音で活躍する「ステレオ録音モード」が使い分けられます。

再生時に聴きたい方向の音声を強調できる「フォーカス再生」機能も搭載。PCとダイレクトに接続できるUSB端子も内蔵しています。

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XP009

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XP009

取材や交渉の裏付け録音用としてもおすすめのスティック型ICレコーダーです。重さ約34gの小型ボディには胸ポケットに挟めるクリップを搭載。さらに、周りの音声に反応して自動で録音する「音声起動録音」機能を搭載しているので、重要なシーンでの録音のし忘れを効果的に防げます。

充実した再生機能もポイント。雑音を抑えて目的の音声を聴き取りやすくする「ノイズキャンセル再生」や、指定した範囲を繰り返し聴ける「インデックスリピート」などが使用できます。

最長で約2158時間の録音ができる8GBの大容量メモリーを搭載。電源には充電式エボルタを使用しますが、付属のUSBケーブルでパソコンと繋げれば、録音データの転送と同時に充電も行えます。

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XS370

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XS370

語学教室の復習用としても役立つICレコーダーです。「クリアズーム録音」機能を搭載しており、少し離れた場所にいる講師の発音も明瞭に録音できるのが特徴。一方で、エアコンなどの周期的な雑音は低減できるので、授業の録音におすすめです。

語学学習に重宝する再生機能も充実。指定範囲を繰り返し聴ける「A-Bリピート再生」や、音程を変えずに早聞き・遅聞きが自在にできる「再生速度調整」などの機能が使用可能です。

また、シャドーイング練習をサポートする「かんたんシャドーイング再生」機能も搭載。待ち時間のスキップも可能なため、上達した後も効率的な練習ができます。

アイシア(Aisea) ICレコーダー Ai166

アイシア(Aisea) ICレコーダー Ai166

優れたコスパで人気のICレコーダーです。低価格ながら高感度のダブルマイクとノイズキャンセリング機能を搭載しており、高音質での録音が可能。また、本体は重さ約35gと軽量コンパクトなので、ポケットに入れて簡単に持ち運べます。

8GBの大容量メモリーを内蔵。バッテリーは充電式で最長で約27時間の録音が可能です。語学学習に役立つ「A-Bリピート再生」や録音データの機密維持に役立つ「パスワード保護」などの機能も搭載されています。

タスカム(TASCAM) リニアPCMレコーダー DR-22WL

タスカム(TASCAM) リニアPCMレコーダー DR-22WL

低価格ながらもハイレゾ録音に対応した、音楽録音におすすめのリニアPCMレコーダーです。2基の単一指向性マイクユニットを交差させたX-Y方式でのステレオ録音に対応。程よいステレオ感を持ちながら中抜けのないサウンドが得られ、大音量のバンド演奏でも臨場感のある録音ができます。

シーンダイヤルで録音状況に合わせた設定の呼び出しが瞬時に可能。また、大型LCDには次に必要な操作が表示され、4つのファンクションキーを使って選ぶだけで操作できるので、レコーダーの操作に不慣れな方でも簡単に使用できます。

Wi-Fiによるフルリモートコントロール機能にも対応しており、連携したスマホのアプリ上から全ての操作が遠隔で可能。さらに、外部のWi-Fiルーターと接続すれば、録音した音源をほかのアプリやクラウドサービスに上げて共有できます。

ダーピング(Daping) ペン型ICレコーダー DP-Pro

ダーピング(Daping) ペン型ICレコーダー DP-Pro

人気のペン型ICレコーダーです。文字を書きながら同時に周囲の音声を録音できるのが特徴。人の音声を検知すると自動で録音を開始する「音声検知モード」や、日付と時刻を録音ファイルの名前にできる「日時記録機能」に対応しています。

重さ約20gの軽量ボディには胸ポケットに挟めるクリップを搭載。電源をオンにしたら頭頂部のスイッチを押すだけで簡単に録音が開始できます。

16GBの大容量メモリーを備えているのもポイント。バッテリーは充電式で、1回のフル充電で最長約15時間の録音が可能です。また、替え芯が3本付属しているので、普通のボールペンとしてもしっかりと使えます。

ICレコーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ICレコーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。