音声や音楽などを手軽に録音できる「ICレコーダー」。記録したデータはそのまま再生したり、パソコンなどに取り込んだりなど使い方も豊富です。会議や音楽の録音、語学学習などさまざまなシーンで活用されますが、シーンに合った機能を備えたモノを選ぶことが重要になります。

そこで、今回はICレコーダーのおすすめ製品をご紹介。選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ICレコーダー(ボイスレコーダー)とは?

ICレコーダー(ボイスレコーダー)とは、音声や音楽などをデジタル録音できる機器のこと。コンパクトなため、どこでも持ち運んで使えるのが特徴です。録音したデータはSDカードなどからパソコンへ取り込んだり、そのまま再生したりと使い方はさまざま。会議やセミナー、インタビューの録音などさまざまなシーンで活用できます。

ボイスレコーダーは、デジタル録音だけでなくアナログ録音も含まれる音声録音機器全般のこと。ただ、現在発売されている音声録音機器はデジタル録音が主流なため、ICレコーダーもボイスレコーダーも同じモノとして扱われる傾向にあります。

ICレコーダー(ボイスレコーダー)の選び方

用途をチェック

会議・講義用|最大録音時間に注目

By: amazon.co.jp

会議や講義用のICレコーダーは長時間使用することが多いため、連続使用可能時間を重視して選びましょう。連続使用可能時間が長いモデルであれば、使用中にバッテリー残量を気にせず使えるのでおすすめです。

また、音声データを鮮明に残せるかも重要なため、マイクの指向性が調節できるかも要チェック。長時間記録する機会が多い方は、内蔵メモリの容量が多いモデルやSDカードに対応したモデルも検討してみてください。

音楽用|ハイレゾ対応など音質面を確認

By: amazon.co.jp

音楽用のICレコーダーは音質を重視して選ぶのがポイント。特に高音質のファイル形式で録音が可能な「リニアPCMレコーダー」がおすすめです。一般的なICレコーダーはMP3やWMAといったフォーマットで保存されるため、音質が劣化しやすいのが難点。一方、リニアPCMは音声情報を圧縮しないので、そのままの高音質で保存できます。

ただ、高音質になるほど録音した際のデータ容量も大きくなる点に注意が必要。内蔵ストレージや外部ストレージの容量が大きいモノがおすすめです。なかには超高音質なハイレゾ対応のモデルもラインナップされているため、データ容量と併せてチェックしましょう。

語学・習い事用|リピート機能や早聞き・遅聞き機能が便利

By: amazon.co.jp

語学や習い事用にICレコーダーを選ぶ際は、リピートや早聞き・遅聞きなど再生機能に優れたモデルがおすすめ。特にリピート機能は気になったポイントを反復で再生できるので、学習効率を高められます。

早聞き・遅聞きなど「速度調節機能」が搭載されているモデルであれば、再生速度を調節して自分のペースで学習可能。慣れないうちは再生速度を遅く、慣れてきたら再生速度を早くして言葉を聞き取る練習ができます。

インタビュー・メモ・取材用|コンパクトなモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

インタビュー・メモ・取材用のICレコーダーは持ち運ぶ機会が多いため、コンパクトで携帯性に優れているモデルがおすすめ。特にスティック型モデルなどは胸ポケットなど省スペースに収まり、使いたいときにすぐに取り出して録音できます。

また、コンパクトなタイプの場合、相手への圧迫感を低減できるので自然なインタビューがしやすいのもポイント。音声を感知して自動で録音できる「音声起動録音」機能に対応しているモデルであれば、取り忘れも軽減できるためおすすめです。長時間使用する予定の方は、連続再生時間も合わせてチェックしましょう。

録音方法をチェック

声の方向も記録できる「ステレオ録音」

By: amazon.co.jp

文字起こしする場合などクリアな音声で録音したい方は「ステレオ録音」に対応しているかも要チェック。ステレオ録音は音源の左右差まで録音できるため、立体感が生まれ、言葉をはっきり聞き取れるのが特徴です。

また、会議や講義など複数人が話している音声を録音する際に、誰が発言したかわかりやすくなる点がメリット。比較的高価なモデルに搭載されていることが多いので、予算と相談したうえで検討してみてください。

価格がリーズナブルな「モノラル録音」

By: panasonic.jp

「モノラル録音」は、1対1のインタビューなどのシーンで便利。モノラル録音は音源の位置を特定しにくく、複数人の会議などで使用するにはやや不向きです。ただ、価格が比較的リーズナブルなため、購入しやすい点がメリット。高性能だからよいというモノではなく、利用シーンに合ったモデルを選ぶのが重要です。

記録媒体をチェック

短時間の録音なら「内蔵ストレージ」で十分

By: amazon.co.jp

使用頻度が少ない方は内蔵ストレージだけで済んでしまうことがほとんど。一般的なICレコーダーは2〜4GB程度の内蔵ストレージを搭載していますが、音質にこだわらなければ200時間ほど録音できます。

内蔵ストレージは音声データの取り扱いが簡単なのもうれしいポイント。USB端子を搭載しているモデルであれば、直接PCに接続するだけでデータを転送できるので、初心者の方や機械が苦手な方でも簡単に扱えます。

長時間録音なら大容量の「SDカード」が便利

By: amazon.co.jp

会議や講義など長時間録音する方、音楽データなど大容量のデータを扱う方は「SDカード」など外部ストレージに対応したモデルがおすすめ。もし使用しているデータがいっぱいになっても、SDカードを取り換えるだけで次々録音可能です。

柔軟に使用したい方は、内蔵ストレージとSDカードの両方に対応したモデルがおすすめ。高性能な分価格は高くなりますが、利便性が高くビジネスシーンにピッタリです。

ただ、ひと口にSDカードといっても種類はさまざま。SDXCカードやmicroSDカードなど、購入する際はどのタイプのSDカードに対応しているのかチェックしておきましょう。

電源方式をチェック

コスパに優れた「充電式」

充電式のICレコーダーは、乾電池を使用しない分本体がコンパクトで持ち運びしやすいのが特徴。USBから充電できるタイプであれば、PCやモバイルバッテリーなどでも充電できるので、バッテリー残量を気にせず使用できます。

一方、給電手段が確保できない場合、使えなくなってしまう点がデメリット。バッテリーが切れてしまうと使えるまでに一定時間かかるため、重要な取材や会議がある方は留意しておきましょう。

急なバッテリー切れにも対応できる「電池式」

電池式のICレコーダーは乾電池を電源として採用しているため、バッテリーが切れても電池を交換するだけですぐに使えるのが特徴。乾電池はコンビニなどで容易に手に入るので、給電手段が確保できない状況でも安心です。

一方、バッテリーが切れるたびに電池を交換する必要があるため、ICレコーダーを使用する頻度が多い方はランニングコストがかかってしまう点に注意が必要。また、乾電池分の本体サイズや重量も大きくなってしまうのも難点です。

最近では充電式と電池式のハイブリットモデルもラインナップ。不測の事態などさまざまなシーンに対応できるので、不安な方は検討してみてください。

録音可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

充電式・電池式に限らず短時間で電池が切れてしまうと、充電する手間がかかったり、ランニングコストがかかったりします。特に長時間使用する機会が多い方は、フル充電時の録音可能時間をチェックしましょう。

録音可能時間は録音するデータの容量によっても変化します。例えば、通常の音質で録音するよりハイレゾなど高音質になるほど、音声データの容量は多くなり、録音可能時間は短くなります。録音する時間だけでなく、使用したい音質やファイル形式なども確認しておきましょう。

便利機能をチェック

By: amazon.co.jp

ICレコーダーのなかには、録音時に音声をより聞き取りやすくできる機能が備わったモデルも存在。特にビジネスシーンなどで大切なファイルを扱う方は、機能面も重視して選びましょう。

なかでもノイズを低減してクリアな音質を実現する「ノイズキャンセリング機能」を備えたモデルがおすすめ。レコーダーに接触した際に生じるタッチノイズなどの雑音を抑えることで、音声がより聞き取りやすくなります。

また、再生時に音量バランスを調節する「ボイスバランサー」機能や、周囲の音を感知して録音できる「音声認識機能」も便利。「Wi-Fi機能」を搭載しているモデルであれば、遠隔で録音の開始や停止を操作できます。高性能になるほど価格も高くなるので、自分の利用シーンに合った機能を選びましょう。

ICレコーダー(ボイスレコーダー)のおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

オーディオ機器からテレビやゲーム機までさまざまなデジタル製品を取り扱っているソニー。ICレコーダーに関しては音質にこだわったモデルをラインナップしているのが特徴です。

CD音源以上に高音質なハイレゾに対応したモデルや、スタイリッシュで持ち運びに適したモデルなど、種類が豊富なのもうれしいポイント。音楽用など音質を重視したい方におすすめのメーカーです。

オリンパス(OLYMPUS)

By: amazon.co.jp

オリンパスは、高品質なICレコーダーをラインナップ。会議や講義向けのDM・VPシリーズや学習向けのVシリーズ、メモ録音向けのDP・ VNシリーズなど、利用シーン別にわかりやすくシリーズ化されているのもうれしいポイントです。

リーズナブルなスタンダードモデルからハイエンドモデルまで取り揃えているので、予算に合わせて選びたい方にもおすすめのメーカーです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

テレビや冷蔵庫、車載製品など多くの家電製品を扱っている人気メーカー、パナソニック。ICレコーダーに関してはビジネスからプライベートまで幅色く使える高性能なRR-XSシリーズや、胸ポケットに入れてコンパクトに持ち運べるスティック型ICレコーダーRR-XPシリーズなどをラインナップしています。

低価格ながら、ノイズキャンセリング機能など便利機能を備えたモデルを取り扱っているのもポイント。コスパを重視したい方にもおすすめのメーカーです。

ICレコーダー(ボイスレコーダー)のおすすめモデル

ソニー(SONY) リニアPCMレコーダー PCM-A10

小型かつ軽量設計ながら高音質を実現したICレコーダー。可動式マイクを搭載し、狙った音をクリアに録音できる「ズームポジション」、広い範囲の音を録る「ワイドステレオポジション」、奥行きのある音を録音できる「X-Yポジション」など、さまざまなシーンに合わせて録音できるのが特徴です。

ボタンを押すだけで録音レベルを自動調節できる「リハーサル機能」や、ノイズを低減できる「録音フィルター」など、便利な機能を搭載しているのもポイント。Bluetooth接続にも対応しており、ワイヤレススピーカーを通しての再生もできます。本格的な音楽の録音に使いたい方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) ICレコーダー ICD-PX470F

充電式と電池式の両方に対応しているICレコーダー。リーズナブルながら高音質の録音が可能で、さまざまな便利機能を搭載しているのが特徴です。会議や講義などで声を狙い録りできる「フォーカス録音」、発言の位置関係を強調してそれぞれの声がはっきり聞こえる「ワイドステレオ録音」、ノイズを低減できる「クリアボイス機能」などを搭載しており、さまざまなシーンに対応できます。

また、10秒の早送り、3秒の早戻しができる「DPC機能」を搭載。インタビューの書き起こしや議事録作成などに便利です。本体には直接パソコンと接続できるスライド式USB端子を備えており、ケーブル不要で手軽にデータ転送が可能。コスパを重視したい方におすすめです。

ソニー(SONY) ステレオICレコーダー ICD-TX650

コンパクトかつおしゃれなスティック型デザインのICレコーダー。本体の薄さはわずか7.4mm、重量も約29gと携帯性に優れているのが特徴です。クリップが搭載されているので、ジャケットの胸ポケットやバッグ、手帳などにも手軽に固定可能。会議やインタビューなどでも相手へ圧迫感を与えることなく、自然な会話を引き出せます。

3行表示で視認性が高い有機ELディスプレイを採用しているのも魅力。高性能なデジタルマイクを搭載しているので、小型ながら本格的な録音ができます。音を拾うと自動的に録音を開始する「VOR録音」に対応しているのもうれしいポイント。操作も簡単なので、初心者の方や機械が苦手な方にもおすすめです。

ソニー(SONY) リニアPCMレコーダー PCM-D10

高品質なレコーディングを実現するハイレゾ対応のICレコーダー。「可動式高感度ステレオマイクロホン」を内蔵しています。自然で奥行きのある音を集音する「X-Yポジション」、広がりのあるステレオ感を生み出す「ワイドステレオポジション」、狙った音をクリアに録音する「ズームポジション」など、シーンに合わせた集音が可能です。

「プリレコーディング機能」も魅力。RECボタンを押して録音スタンバイ状態にしておけば、REC PAUSEボタンを押す前の最長5秒間が録音されます。急に録音が必要になった際でも録り逃しを減らせます。

Bluetoothで接続してリモートでの操作も可能。スピーカーやイヤホンと接続してワイヤレス再生も楽しめるので、高性能な音楽用ICレコーダーを探している方におすすめです。

ソニー(SONY) ICレコーダー ICD-UX575F

約22時間の連続録音が可能な小型のICレコーダーです。独自開発の内蔵マイクと録音システムの組み合わせにより、高感度と低ノイズを実現。遠くの音や小さな音もクリアで聞きやすく録音できるのが特徴です。大容量のリチウムイオン電池を採用しており、約3分の充電で約1時間の録音が可能な急速充電にも対応しています。

汎用性の高いMP3形式での録音に対応しており、本体には16GBの内蔵メモリも備えているので単体で長時間の録音が可能。「ミュージックプレーヤー機能」も搭載しているので、さまざまな形式で保存した音楽やラジオなどを手軽に楽しめるのもうれしいポイントです。本体は薄さ約12.2mm、重さ約48gとコンパクト設計な点も魅力。汎用性の高いICレコーダーを探している方におすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー VoiceTrek VP-20

ポケットの中での雑音を低減できる「擦れ音フィルター」を搭載したICレコーダーです。人の声と擦れ音を識別し、人の声を聞きやすく録音できるのが特徴。広範囲の音を捕らえる「全指向性ステレオマイク」を備えており、胸ポケットに固定して録音しても、自分の声だけでなく広範囲の音の録音できます。

録音レベルを自動調節できる「ボイスチェイサー」を搭載しているのも魅力。会議などで声のボリュームに差があるときにバランスよく録音できます。

マイク・イヤホンの兼用ジャックを備えており、外部マイクでの録音も可能。内蔵USB端子でダイレクトにPCと接続して充電もできます。会議やインタビューで使えるコスパのよいモデルを探している方におすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) ICレコーダー VoiceTrek VN-541PC

ボタンひとつで手軽に操作できるシンプルなICレコーダーです。細かい設定をレコーダーが自動で調節する「おまかせ録音設定」を搭載。メモ・会話・音楽・LP(長時間)の4つのシーンから最適なシーンを選ぶだけで、簡単に録音を開始できるのが特徴です。

電源オフの状態でも、録音スイッチをスライドするだけで瞬時に録音できる「ワンタッチ・ダイレクト録音」を搭載しているのも魅力。スイッチの位置でオンオフが分かるため、レコーダーを見ずに使用できます。

データを取り込むときにわかりやすい「シーン別フォルダ」機能を搭載しているのもうれしいポイント。パソコンと直接つなげてスマートにファイル管理できるので、整理する際もスムーズに扱えます。

オリンパス(OLYMPUS) リニアPCMレコーダー LS-P4

ハイレゾの高音質録音に対応したICレコーダーです。最大96kHz/24bitのリニアPCM録音に対応しており、CDを超えるハイクオリティな録音が可能。さらに、高音質のままファイルサイズをコンパクトにする「FLAC」形式に対応しているのが特徴です。

また、記録データをクリアに録音できる「ノイズキャンセル」機能を搭載しているのも魅力のひとつ。PCに直接接続してデータ転送できる「ダイレクト接続」や、長時間のデータを本体で編集できる「ファイル分割機能」も搭載しており、利便性に優れています。Bluetoothでスピーカーやイヤホンと接続して再生できる点も便利です。

オリンパス(OLYMPUS) Voice Trek V-873

初心者にも使いやすい利便性に優れたICレコーダー。低ノイズの指向性マイク2個を90°外側に向けて配置しており、臨場感にあふれるステレオ録音をできるのが特徴です。録音レベルを自動で調節する「ボイスチェイサー」を搭載しているのも魅力のひとつ。遠くの人の声を録音する際は録音レベルを上げて聞きやすく、近くの人の声を録音する際は録音レベルを下げて大きくなりすぎないように録音できます。

語学学習に便利な機能を豊富に搭載しているのもうれしいポイント。ヒアリングと発音の練習に効果的な「シャドーイング機能」、繰り返し再生が可能な「ABCリピート」、音程を変えて聞きやすくする「ボイスチェンジャー」などにより、学習効率を高めます。

表示情報を絞り込み、大きな文字で表示する「シンプルモード」も備えており、機械が苦手な方にも優しい設計。汎用性が高いモデルを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XS470

8GBの内蔵メモリを備えた高性能なICレコーダーです。繰り返し使える「充電式エボルタe」に対応しており、1回の充電で約22時間の録音が可能。会議や講義など一度に長時間使用する方におすすめです。雑音を低減して録音できる「クリアズーム録音」を搭載しているのも魅力のひとつ。講義やインタビューなど特定方向の録音をする際も聞き取りやすく保存できます。

語学学習などに便利な「かんたんシャドーイング再生」を搭載しているのもポイント。通常のリピート再生と異なり、お手本の音声と音声の間に無音の時間を設けているので、より効率的なシャドーイングが可能です。無音時間をワンタッチで飛ばせる「スキップ機能」にも対応。ビジネスシーンだけでなく学習用途でも便利に使えるモデルを探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) ICレコーダー RR-XP009

スタイリッシュで携帯性に優れたスティック型ICレコーダー。胸ポケットに入れたままでも録音操作が簡単で、ポケットや手帳に差しやすいクリップが付いているのも特徴です。コンパクトながら高音質な録音が可能なリニアPCM録音に対応しているのも魅力のひとつ。臨場感あふれる音楽演奏の録音はリニアPCM、長時間録音したい会議はMP3などシーンに合わせて使い分けられます。

雑音を抑えて聞き取りやすくする「ノイズキャンセル再生」を備えているのもポイント。録音時に入ってしまったエアコンやプロジェクターなどの雑音も低減し、狙った音をわかりやすく再生できます。また、0.5~2倍速まで21段階の再生速度調節も可能。語学学習や文字起こしなどに使用したい方にもおすすめのモデルです。

タスカム(TASCAM) ICレコーダー DR-07X

ハイレゾの高音質録音にも対応したICレコーダーです。簡単な操作で高音質を実現し、取り直しや失敗を防げる便利機能を豊富に取り揃えているのが特徴。最適なステレオ録音を可能にする可動式マイクを備えているのも魅力です。高度なマイキングにより、A-B方式およびX-Y方式の録音にも対応。広がりのある録音や左右のマイクの相違差を抑えた録音が可能なので、ハイクオリティな録音を実現できます。

電源方式には電池式と充電式の両方を採用しており、単3形電池2本で約17.5時間の録音可能時間を実現。USBモバイルバッテリーと合わせれば、より長時間の使用も可能です。「リバーブエフェクト」を搭載しており、広々としたホールのような響きを足しながら録音および再生が可能。音楽練習などにもおすすめです。

タスカム(TASCAM) リニアPCMレコーダー DR-40X

小型ながら本格的な高音質録音が可能なICレコーダー。「単一指向性ステレオコンデンサーマイク」を内蔵しており、小さな音から大きな音までしっかり録音できるのが特徴です。また、マイクは可動型を採用しており、中抜けしにくいステレオサウンドを録る「X-Y方式」、広がりあるサウンドを集音する「A-B方式」などさまざまなシーンに対応できます。

電池式を採用しており単3形電池3本で約18時間の録音が可能。USBモバイルバッテリーと組み合わせれば、より長時間の使用もできます。データはSDカードに保存できるため、容量を気にせず使えるのもポイント。高音質録音を長時間おこなう機会が多い方にもおすすめです。

タスカム(TASCAM) ICレコーダー DR-05X

ハイレゾに対応し、高音質の録音を実現したICレコーダー。内蔵ステレオマイクにより、コンパクトながら小さい音から大きな音までしっかりとらえられます。本製品は指1本で簡単に操作できるのも魅力のひとつ。レベル調節から録音したファイルの分割や削除、マーカーの追加まで素早くこなせます。

単3形電池2本で約17.5時間使用できる長時間駆動もうれしいポイント。USBモバイルバッテリーと合わせれば、より長時間使えます。

「文字起こし再生モード」を搭載。人の声に特化した「イコライザープリセット」、簡単に任意の秒数に移動できる「ジャンプバック再生」、音程を変えずに再生スピードを調節できる「再生速度可変機能」などを備えています。インタビューやミーティング用としてもおすすめです。

ズーム(ZOOM) ICレコーダー Handy Recorder H8

8チャンネル入力や最大12トラックの同時録音など、高い機能性を備えたICレコーダーです。カラーのタッチスクリーンを搭載しており、直感的な操作が可能。フィールドレコーディング、ミュージック、ポッドキャストの3つのアプリから最適なモノを選んで作業できるのが特徴です。

特にミュージックでは、オーディオレベルやフェーダー、メーターなどのレコーディングに重要なポイントをコントロール可能。本格的な音楽録音が可能です。標準で広範囲の音を立体的にとらえる「XYマイク」を搭載していますが、別売のアタッチメントに付け替えることでさまざまなシーンに対応できます。

また、本製品を購入すると本格的な編集やミキシング、音質調節機能を内蔵したオーディオ編集ソフトを使用できるライセンスも取得できます。高性能かつ利便性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ICレコーダーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ICレコーダーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。