パソコンの空き容量が少なくなった場合は、外付けHDDを利用するのが便利。パソコン内部のHDDを交換する必要がなく、誰でも手軽に容量を増やせます。データのバックアップを取りたいときにもぴったりです。そこで今回は、外付けHDDのおすすめ機種をご紹介します。

外付けHDDとは

By: amazon.co.jp

HDDとは「Hard Disk Drive」の略で、パソコンのデータを記録しておく装置のこと。「プラッタ」と呼ばれる円盤を高速回転させて、データの読み書きを行なっています。

HDDは、通常パソコンに内蔵されているのですが、外部接続によって容量を増やせるようにしたアイテムが「外付けHDD」。数TBの大容量機種が数多くリリースされているので、大量のデータを保存したい場合やバックアップに最適です。

外付けHDDの選び方

タイプで選ぶ

41fydil-fl

By: amazon.co.jp

外付けHDDは、大きく分けて「据え置きタイプ」と「ポータブルタイプ」の2種類があります。据え置きタイプには容量の大きい3.5インチドライブを、ポータブルタイプには容量を抑えてコンパクトにした2.5インチドライブを搭載している場合が多いです。

自宅やオフィスで使用するパソコンの容量を増設したいのであれば据え置きタイプの外付けHDDがおすすめ。一方、保存したデータを持ち運んだり、バックアップを取ったりしたりする際にだけに使うのであれば、ポータルタイプがおすすめです。

容量で選ぶ

外付けHDDはさまざまな容量の製品が販売されています。同じモデルなら容量の大きさに応じて価格も変動するので、使用する目的に合った製品を選ぶのがポイントです。

使用しているパソコンのトラブルに備えてバックアップ目的で外付けHDDを購入するなら、大容量の据え置き型がおすすめ。最近は2~3TBモデルの低価格化が進んでおり、コストパフォーマンスも良好です。書類や画像データなどの持ち運びがメインならば、1TB未満のポータブルHDDがおすすめ。2TB以上のモデルは大型になりがちなので注意してください。

テレビ録画用の外付けHDDなら、録画する時間の長さに合わせて選びましょう。画質によりますが、目安として地上デジタル放送なら1TBの容量に約125時間録画できます。テレビによっては容量が不足したら過去の録画番組に上書きするので、多くの番組を保存する予定なら、大切なデータを消さないためにも余裕を持って2TB以上の大容量タイプを選ぶと安心です。

接続方法で選ぶ:USB接続

外付けHDDとパソコンを接続する方法はさまざまですが、現在主流なのはUSB接続です。その中でも高速データ転送が可能な「USB3.1」や「USB3.0」に対応している機種がおすすめ。音楽や動画などの容量の大きなデータでも比較的スムーズに保存できます。

接続方法で選ぶ:Thunderbolt接続

By: item.rakuten.co.jp

「Thunderbolt」は、MacBook ProやiMacなどAppleのパソコンに使用できる規格です。USB接続は汎用性が高いため、他の機器の接続でポートが埋まってしまう場合も考えられます。Appleユーザーであれば、USB接続とThunderbolt接続の両方に対応している機種もおすすめです。

その他機能で選ぶ

NAS機能

オフィスなどで複数のパソコンからHDDのデータにアクセスするなら、NAS(ネットワークに対応したHDD)機能のあるモデルを選びましょう。設定したそれぞれのパソコンからデータをHDDに保存して、ファイルを共有できます。クラウドサービスが一般的になりましたが、社外秘の重要なデータを外部サービスに預けるのが不安だという方におすすめです。

ミラーリング機能

パソコンのデータをバックアップする目的で外付けHDDを使用していても、データが破損したら大変です。仕事などで絶対になくしてはならないデータを保存するなら、万が一に備えてミラーリング機能のある外付けHDDを選びましょう。複数のHDDにデータを同時に自動バックアップするので、一方のHDDが故障しても、もう一方にデータが残るので安心です。

外付けHDDのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

パソコン、スマホ周辺機器の総合メーカー「バッファロー」。キーボードやマウス、モバイルバッテリーなど幅広い製品を取り扱っているメーカーです。

外付けHDDに関しては、高速規格「USB3.0」に対応している機種や静音性を重視した機種など、使いやすさに配慮したモデルを取り揃えています。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

1970年代に誕生したメーカー「アイ・オー・データ」。Wi-FiルーターやUSBメモリなど、パソコンの周辺機器を数多く取り扱っていて、外付けHDDのラインナップも豊富です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

大手電機メーカー「東芝」。取り扱う製品は多岐に渡りますが、外付けHDDに関しても、信頼性が高く、コンパクトでありながら多くのデータを保存できる点が魅力です。

また、パソコンとの接続はもちろんのこと、テレビに接続できる機種が多いのも特徴。高画質をキープしたままデジタル放送を録画できるのもポイントです。

外付けHDDのおすすめモデル|ポータブルタイプ

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD 1TB HD-PNF1.0U3

グッドデザイン賞を受賞したポータブルタイプの外付けHDD。本体の表面にマット塗装が施され、カラーは定番のブラックをはじめ、ピンクやイエローなど、全6種類から選べます。

使用しているパソコンでHDDをロックできる「おでかけロック」機能を搭載。ポータブルHDDを持ち運んでいる途中で紛失しても、他のパソコンからはパスワードがないとデータを読めません。仕事などの流失できないデータを守ります。

厚みが1.6cmのスリムなボディでおしゃれな外付けHDD。セキュリティ機能が備えられ、仕事での利用におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルHDD 1TB EC-PHU3W1

ボディの表面にデザインされた市松模様が印象的なポータブルタイプの外付けHDD。サイズが7.5×11.2×1.4cmとコンパクトで、持ち運びにも便利です。

USB3.0とUSB2.0の両規格に対応。本体に備えられたLEDランプの色で、どちらでつながっているかがひと目でわかります。コンパクトで大容量のおすすめの外付けHDDです。

トランセンドジャパン(Transcend) ポータブルHDD 1TB StoreJet 25MC TS1TSJ25M3S

ポータブルタイプの外付けHDDで心配なのは、持ち運んでいるときに外部から受ける衝撃です。本製品は、米軍の落下試験規格をクリアする耐衝撃性を備えているのがポイント。アウターケースはラバー製で、3層構造の衝撃保護システムを採用しているので保存データの破損を防ぎます。

バックアップの作業は本体に備えられた「ワンタッチ自動バックアップボタン」を押すだけで簡単に行えます。データ転送速度はUSB3.1に対応しているので高速化を実現。日常的に外付けHDDをカバンに入れて持ち歩く方におすすめです。

シリコンパワー(Silicon Power) ポータブルHDD 1TB Armor A60 SP010TBPHDA60S3K

米軍の落下試験規格に準拠した耐衝撃性のあるポータブルタイプの外付けHDD。加えてIPX4等級の防水・防塵規格を満たしていて、直接カバンに入れても安心です。本体表面は格子状のパターン加工が施されたラバーで覆われており、衝撃から守ると同時にキズを防ぐこともできます。

外付けHDDを持ち歩く場合、意外と面倒なのはUSBケーブルの管理です。いざ使おうとしたときにケーブルが見当たらないと困ります。本製品ならUSBケーブルを本体のサイドに装着し、使用するときは着脱できます。コンパクトに持ち運びたい方におすすめの外付けHDDです。

ウェスタンデジタル(Western Digital) 1TB WDBYNN0010

個性的なデザインが目を引くポータブルタイプの外付けHDD。本体表面の半分に波型デザインが施され、サイズは8.15×11.0×1.38cmとコンパクトです。重さも170gと軽量クラス。カバンに入れてもほとんど重さを感じません。携帯性を重視している方にもおすすめです。

本製品には3本のソフトウエアを収録。自動でデータのバックアップを行う「WD Backup」、データにパスワードをかけられる「WD Security」、HDDの診断やフォーマットができる「WD Drive Utilities」が搭載されています。デザイン性だけでなく、機能性にも優れた外付けHDDです。

KESU ポータブルHDD 120GB

手軽に利用できるポータブルタイプの外付けHDD。容量は120GBと少なめですが、低価格で購入できるのが魅力です。USBケーブルが付属しているので、すぐに使用することが可能。カラーはブラック、レッド、ブルーの3色から選べます。ちょっとした資料の保存など、サイズの小さなデータを持ち運びたい方におすすめです。

外付けHDDのおすすめモデル|据え置きタイプ

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD 4TB HDCZ-UTL4K/E

省スペースですっきり設置できる据え置きタイプの外付けHDD。サイズが約17.2×11.5×3.4cmとコンパクトで、テレビ録画用の使用でも隙間に置きやすい設計です。付属のUSB3.0ケーブルは約1mの長さがあるので、設置可能な範囲も広がります。

4TBの大容量タイプで、地上デジタルなら最大で約502時間の録画が可能。本体は放熱性を高めた「ファンレス構造」なので使用中の動作音が静か。テレビ録画用の外付けHDDとしておすすめです。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD 4TB HDV-SQ4.0U3/VC

24時間連続使用しても動作が安定する据え置きタイプの外付けHDD。「ファンレス設計」「エアフロー設計」「防振設計」という3つの工夫による静音化を実現しています。HDDの動作音が気になる方にピッタリです。

外付けHDDにテレビ放送を録画するときに気を付けたいのが、テレビを買い替えたときに著作権保護によりHDDのデータを引き継げない点。本製品は新しい著作権保護技術「SeeQVault」に対応しているので、互換性のあるテレビであればそのまま再生できます。

地上デジタル放送であれば最大で約499時間録画することが可能。高い耐久性が求められるテレビ録画用HDDとしておすすめです。

シーゲイト・テクノロジー(Seagate) 外付けHDD 8TB Expansion STEB8000100

据え置きタイプで大容量の外付けHDD。8TBと余裕があるので、パソコンの内蔵HDDを大きく圧迫している動画ファイルやデジタル写真データを移行できます。

高速通信規格USB3.0に対応。大きなサイズのデータをやり取りするときもストレスになりません。120cmのUSBケーブルが付属しており、設置場所を選ばないのもポイント。テレビ番組の録画はもちろん、パソコンデータのバックアップ用としてもおすすめの外付けHDDです。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD 2ドライブモデル 2TB HD-WL2TU3/R1J

重要なデータのバックアップにおすすめの外付けHDD。本体に2つの内蔵HDDを搭載し、ミラーリング機能によりそれぞれのHDDに同じデータを自動的に書き込みます。片方のHDDに万が一トラブルが起きても、もう一方のHDDにデータが保存されているので安心です。

本製品はUSB3.0に対応し、高速のデータ転送を実現。さらに、コピー作業の時間を短縮できるソフトウエア「ターボPC」と「ターボコピー」が添付されているので、転送時間を4割以上短縮できます。大切なデータもしっかりと守る外付けHDD。オフィスでの使用におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ネットワークHDD 3TB HDL-TA3

面倒なNAS環境の構築も簡単に行える外付けHDD。専用ソフト「LAN DISKコネクト」で管理者パスワードを設定するだけでセットアップが完了します。複数のパソコンや外出先からファイルのやり取りができるほかに、HDD内にパスワードで保護された自分専用の保存スペース「じぶんフォルダー」を作成することが可能。使い勝手に優れたおすすめの外付けHDDです。

東芝(TOSHIBA) 外付けHDD 5TB REGZA Dシリーズ THD-500D2

自宅の液晶テレビが東芝REGZAという方におすすめの外付けHDD。REGZA純正のHDDで全録機能「タイムシフトマシン」に対応しています。地上デジタル放送を最大で6チャンネル約80時間まるごと録画が可能です。タイムシフトマシン対応のREGZAであれば、背面にHDDを設置可能。ACアダプタが不要なので置き場所にも困りません。時間にとらわれることなくテレビを見たい方におすすめです。

外付けHDDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けHDDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。