パソコン本体のデータ空き容量が少なくなったときに便利な「外付けHDD」。パソコン内部のストレージを交換する必要がなく、手軽に容量を増やせます。しかし、製品ラインナップが多く、どのアイテムを購入すべきなのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、外付けHDDのおすすめモデルをピックアップ。テレビ録画用やポータブルタイプなど、用途別にご紹介します。

外付けHDDとは?

By: logitec.co.jp

外付けHDD(ハードディスクドライブ)とは、パソコン内蔵のHDDやSSDとは別に、外側に設置するHDDのこと。USBケーブルで接続するタイプが多く、ストレージの容量を簡単に増やせるのがメリットです。最近では低価格化が進んでおり、リーズナブルな価格で大容量モデルが購入できます。

写真や動画、文書ファイルなど、大切なデータの保存はもちろん、パソコンシステムのバックアップ用としても便利。1TB以上のモデルが主流で、2~3TBモデルもラインナップが豊富です。

10TBを超える大容量モデルであれば、動画も大量に保存しておけます。また、パソコンだけでなく、テレビに接続して番組録画に使える製品もおすすめです。

外付けHDDの種類

ポータブルタイプ

By: transcend-info.com

大量の書類や、大きな画像データを持ち運ぶ際に便利なタイプです。本体を小型化するため、ほとんどのモデルがノートパソコンに使用されている2.5インチHDDを採用しています。省電力で、パソコンなど接続先の機器からUSBケーブルを経由し電源を取る、バスパワーに対応しているのも特徴です。

コンセントのないところでも、ケーブルを1本接続するだけで使用できるのが魅力。HDDは構造上衝撃に弱いため、耐衝撃や耐振動など耐久性の高いモデルを選ぶようにしましょう。

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

据え置きタイプは、自宅やオフィスなど決まった場所に設置して使用します。コンセントから電源を取るため、好きな場所に運んで使用することはできませんが、読み込み速度が速く大容量のモデルもあるのが魅力です。

パソコンのデータを丸ごとバックアップしたり、テレビ番組を高画質で録画したりする用途に向いています。また、容量によっては比較的手頃な価格での購入が可能です。

外付けHDDの選び方

用途で選ぶ

パソコン用

パソコン用の外付けHDDを購入する際には、対応OSをチェックしましょう。Windows OSのパソコンであればほとんどのモデルを使用できますが、Mac OSに対応していないこともあるため注意する必要があります。

また、普段からパソコンを持ち運ぶ方は、ポータブルタイプがおすすめです。サイズや重さを確認し、持ち運びの負担になりにくいモノを選びましょう。

テレビ録画用

テレビ録画用の外付けHDDを選ぶ際には、静音性に優れたモデルがおすすめです。「ファンレス設計」や「防振ダンパー」を採用したモノであれば、長時間の録画や再生による駆動音を最小限に抑えられるため、寝室でも静かにテレビコンテンツを楽しめます。

また、設置スペースが限られている方は、本体サイズのチェックも忘れずに行いましょう。

PS4・PS5

PS4やPS5向けの外付けHDDを探している方は、容量を要チェック。ゲームコンテンツの保存数によってデータサイズも変わるため、なるべく余裕をもって選ぶのがおすすめです。目安として、ゲームソフト1本当たり50GBとして計算しておきましょう。

また、外付けHDDの転送速度もポイント。速度が遅いモデルだと、ゲームの起動やセーブデータの読み込みに時間がかかってしまいます。さらに、より安心してデータを保存したい方は、動作確認完了済みのモノを選んでみてください。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

外付けHDDの容量は、モデルによってさまざま。容量が大きいほど価格は高くなりますが、最近では低価格化が進んでいます。そのため、大容量モデルでも購入しやすいのが特徴です。書類ファイルや画像の保存がメインの場合は、1TBほどのポータブルタイプがおすすめ。携帯性にも優れており、外出先のパソコンでも使用できます。

パソコンのトラブルに備えてバックアップを取っておきたい場合には、2TBの据え置きモデルがおすすめ。読み取り速度が早く、コスパに優れたモデルが多い傾向にあります。テレビ番組の録画や、動画の保存に使用する場合は大容量モデルをチェック。画質や保存する映像の長さに合わせて選択しましょう。

対応OSをチェック

外付けHDDを購入する際には、使用しているOSに対応しているかを確認しておきましょう。OSの種類によって対応しているファイルシステムが違うので、使用しているOSに非対応のモデルを購入した場合には、フォーマットをし直す必要があります。

使用しているパソコンのOSと、外付けHDDのスペックを併せてチェックしておきましょう。

接続端子をチェック

外付けHDDの接続でスタンダードなのが、USBケーブルを利用するタイプ。ケーブルを繋ぐだけで簡単に接続できる点がメリットです。ただし、USBの規格によって転送速度が異なるため注意が必要。データをスムーズにやり取りしたい場合にはUSB3.0がおすすめです

また、Thunderboltで接続するモデルは、理論上USB3.0モデルよりもさらに高速なデータ転送が可能。端子の裏表がないので、ケーブルの抜き挿しを楽に行えるのもポイントです。

バックアップ用なら「ミラーリング機能」をチェック

2基以上の記録媒体を搭載している外付けHDDの多くは「ミラーリング機能」を備えています。本体内の2つのHDDに同じデータが保存できる機能で、バックアップ用として使う場合に便利。万が一のトラブルで、片方のHDDが故障しても二重にバックアップが取られているので安心です。

大切なデータを保存しておきたい場合や、2基以上のHDDを内蔵した大容量モデルを購入する場合にはチェックしておきましょう。

外付けHDDのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

「バッファロー」は、愛知県に本社を構える会社で、パソコンの周辺機器やデジタル家電などの開発・製造・販売を行っています。HDD製品をはじめ、USBメモリなどのストレージ関連製品から、マウスやキーボードなどの入力機器まで豊富なラインナップが特徴です。

外付けHDDを含めた複数の製品で日本トップクラスの販売台数を記録し、2020年度のBCNアワード最優秀賞を獲得するなど、優れた製品づくりが多くの消費者から支持されています。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

主にパソコン周辺機器の製造販売をしている「アイ・オー・データ」は、石川県に本社を持つメーカーです。バッファローと並び、国内のパソコン周辺機器メーカーとしては老舗。HDD機器をはじめ、メモリ関連やパソコン用液晶モニター、無線LANなど製品ラインナップが豊富です。

独創性のある製品づくりが特徴で、パソコンを介さず音楽CDをスマートフォンに取り込める「CDレコ」や、縦型でも横型でも使える液晶モニターなどユニークな製品を展開しています。

東芝(TOSHIBA)

日本を代表する大手の電機メーカーです。2016年に洗濯機や冷蔵庫などの白物家電部門を中国メーカーに売却しましたが、HDDや半導体などの電子部品事業はエネルギー事業・社会インフラ事業と並び継続しています。 

外付けHDDは信頼性が高く、6TBの大容量タイプなどラインナップも充実。容量の大きなデータの持ち運びや、同社ブランドのテレビ「レグザ」との接続など、パソコン・テレビどちらの機器でも使用できるモデルが揃っています。

外付けHDDのおすすめモデル|ポータブルタイプ

バッファロー(BUFFALO) HD-PGAC2U3

USB Type-CとUSB Type-Aと、2種類のケーブルが付属しているポータブルタイプの外付けHDDです。Type-Cポートを搭載したSurface Goなどのパソコンに直接繋げられます。変換アダプタ不要で使えるのがポイントです。

側面に複数のスリットの入ったデザインのボディを採用。素材にゴムを使用していることもあり、滑りにくいのが特徴です。落下による故障やデータの破損を低減します。

また、データのバックアップや復元が簡単に行えるバックアップアプリ「スマートツインズ」が使用可能。さらに、異常を感知したらLEDランプで知らせる機能も付いています。優れた保護性が備わっているおすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) HD-PUS2.0U3

ボディの素材にアルマイト加工が施されたアルミを使用している、ポータブルタイプの外付けHDD。なめらかな触り心地が体感できる、上質な仕上がりです。また、本体の厚さが8.6mmと薄いため、かさばることなく持ち運べます。

exFATフォーマット済みなので、接続してすぐに使い始められるのもポイント。USBケーブルが1本あれば、パソコン内にある大切なデータのバックアップが素早く取れます。ACアダプタなどを必要としないのも魅力です。

異常を感知したらLEDランプの色で知らせる「みまもり合図 forポータブル」を搭載。携行性と機能性を兼ね備えたアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDPX-UTSC2

本体サイズが幅76×奥行114×高さ8.6mmとコンパクトなポータブルタイプの外付けHDDです。本体重量も約130gと軽量。手のひらと同じぐらいの大きさで、カバンの中に入れて持ち運んでも邪魔になりにくいのが魅力です。

全国家庭電気製品公正取引協議会の定めた基準をクリアしているのもポイント。耳を澄ませてようやく聞こえる程度の作業音しか発生しないと謳われています。場所や時間帯を選ばずに使いやすい、便利なモデルです。

ケーブルはUSB Type-CとUSB Type-Aの2種類を付属。Type-Cポートを搭載したパソコンに直接接続できます。外出先での使用にも適したアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDPX-UTS2

USB 3.2 Gen1に対応しているポータブルタイプの外付けHDDです。最大転送速度は5Gbps。パソコン内にある動画をはじめとしたデータのバックアップを素早く行えます。大容量のデータをやり取りする機会の多い方におすすめです。

本体の厚さが約8.6mmと、一般的なスマートフォンと薄さがほとんど変わらないのが特徴。手のひらほどコンパクトなボディも実現しており、持ち運びに適しています。加えて、USBバスパワー駆動なので、電源を気にせず使用可能です。

HDDの状態が定期的にチェックできるアプリ「診断ミレル」に対応しているのもポイント。買い替え時期のタイミングが自分で確認できます。設置場所や使う場所を選ばず使いやすいアイテムです。

外付けHDDのおすすめモデル|据え置きタイプ

バッファロー(BUFFALO) HD-GD6.0U3D

書き込みを高速化する「DRAMキャッシュ」と データの転送を効率化する「ターボPC EX2」を搭載している、据え置きタイプの外付けHDD。パソコンからのデータ転送を素早く行えます。頻繁にバックアップを取る方におすすめです。

冷却ファンを標準装備しているため、本体が過度に熱くなりにくいのが特徴。熱による不具合やデータ破損の可能性を低減します。加えて、側面と底面にスリットを配置しているため、タテ・ヨコどちら向きでも設置可能です。

自己診断機能「S.M.A.R.T.」情報をクラウドに蓄積し、健康状態を把握することで状態判定を知らせる「みまもり合図」に対応しているのもポイント。優れた転送性と高い保護性を兼ね備えているおすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) HD-LX4.0U3D

自動暗号化モードを搭載している据え置きタイプの外付けHDD。データを自動で暗号化するため、万が一紛失してもデータがサルベージされる心配を減らせます。廃棄する際にデータが流出しにくいのも魅力です。

バッファローが手掛けている冷却ファンユニット「OP-FAN-ALEM」を標準装備。温度の上昇を軽減するため、長く愛用できます。さらに、独自のエアフロー設計を採用しており、タテ・ヨコどちら向きでも設置可能です。

本体サイズは幅39×奥行189×高さ123mmとコンパクト。少しの隙間にも設置できます。また、パソコンのON・OFFに連動するため、余計な電力を消費しないのもポイント。大事なデータを保管するのにおすすめのアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDW-UT4

同じデータを2重で保存する「ミラーリングモード」に対応している据え置きタイプの外付けHDD。高速書き込みの「ストライピングモード」や「マルチディスクモード」でも使用できます。重要なデータをさまざまな方法で保管できるのが特徴です。

アイ・オー・データ独自の交換用ハードディスク「HDWOPシリーズ」に対応。万が一HDDが故障してしまっても、ドライバー1本で交換できます。HDDの故障に伴うデータ破損のリスクが低減できるのも魅力です。

さらに、ドライブ情報が確認できるアプリ「DRIVE MONITOR」に対応しているのもポイント。トラブルが発生した際にポップアップやメールで通知されます。また、エアフロー構造を採用しているため、冷却性の高さも良好です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDJA-UT3R

筐体内部にアイ・オー・データ独自のヒートシンク構造を採用した据え置きタイプの外付けHDD。筐体の表面積が大きくなるような設計で、効率よく放熱します。加えて、温度上昇を低減する冷却ファンを搭載しているのも特徴です。

タテ置き・ヨコ置きの両方に対応しているのもポイント。スペースに制限がある場所にも高さに制限がある場所にも設置できます。また、パソコンの電源に連動するため、余計な電力を消費しにくいのも魅力です。

本体背面には、盗難防止用の鍵取り付け穴である「ケンジントンスロット」を備えています。紛失や盗難に伴うデータ流出のリスクを低減可能。大切なデータを保存するのにおすすめのアイテムです。

東芝(TOSHIBA) CANVIO for Desktop HD-EH20TK

盗難防止用のセキュリティスロットを搭載している据え置きタイプの外付けHDDです。盗難や紛失によるデータ紛失のリスクが低減できます。また、タテ置き・ヨコ置きの両方に対応しているのも特徴です。

パソコンの電源OFFに合わせて本製品の電源も自動的に消える、パワーオフ機能を搭載しているのもポイント。電源の切り忘れを防止します。大切なデータを保管するのにおすすめのアイテムです。

外付けHDDのおすすめモデル|Mac対応

ラシー(LaCie) d2 Professional 6TB STHA6000800

クリエイターにおすすめのMac対応外付けHDDです。大容量のモデルもラインナップしており、動画やイラストといったデータの保存にぴったり。また、駆動音を軽減できるファンレス設計を採用しているため、作業に集中しやすいのもポイントです。

転送速度も魅力のひとつ。最大240MB/sに対応したUSB Type-Cポートを採用し、データの移行をスムーズに行えます。さらに、本体背面にセキュリティスロットを搭載しており、第三者によるデータの持ち出しを予防できるモデルです。

ウエスタンデジタル(Western Digital) My Passport Ultra for Mac 2TB WDBKYJ0020BSL-WESN

セキュリティ機能を重視する方におすすめのMac対応外付けHDDです。メーカー独自の「WD Security ソフトウェア」によって暗号化を行い、不正なアクセスから大事なデータを保護します。プライベートはもちろん、外部へのデータ漏洩対策としてもぴったりです。

アルミ素材を採用した本体ボディも魅力。放熱性に優れており、長時間の使用による熱暴走のリスクを軽減できます。さらに、USB Type-C to A変換アダプターを付属しており、旧型のMacBookシリーズにも接続できるモデルです。

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A60 SP010TBPHDA60S3A

大事なデータをしっかりと守りたい方におすすめのMac対応外付けHDDです。アメリカ軍事用品の落下試験規格である「MIL-STD810G」を満たしており、約3mの高さから落としても壊れにくいのが特徴。また、IPX4の防水性能を有しているため、雨天時の持ち運びも安心です。

外出先への持ち出しも便利。本体にUSBケーブルを挟んで収納できるため、紛失のリスクを軽減できます。また、USB3.0規格に準拠しており、大容量データの移行を素早く行えるモデルです。

外付けHDDのおすすめモデル|テレビ録画用

バッファロー(BUFFALO) 外付けハードディスク HDV-LLD1U3BA/N

放熱性に優れているのもポイント

静かにコンテンツを楽しみたい方におすすめのテレビ録画向け外付けHDDです。ファンレス設計に加え、通気孔をふさぐことにより、駆動音を最小限にしているのがポイント。また、本体筐体とハードディスク部分に、防振用のシリコンゴムを採用しており、揺れによる振動音も軽減します。

放熱性に優れているのもポイントです。効率的な放熱設計で、熱が内部にこもりにくい仕様。さらに、「みまもり合図 for AV」機能によりハードディスクに異常が発生した際に、すぐに状態が確認できるのも魅力です。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-SAM2.0U3-BKA

テレビ番組の録画や再生を楽しめる

録画可能時間をひと目で確認できるテレビ録画向け外付けHDD。本体側面に使用容量をLEDランプで知らせる「使用量メーター」を搭載しており、容量不足による録画失敗を少なくできます。

録画用機器に幅広く対応しているのもポイント。テレビやブルーレイレコーダーなどに加え、ネットワークレコーダーの「nasne」にも対応し、テレビ番組の録画や再生を楽しめます。

本体サイズは、幅114×奥行き171×高さ33mmとコンパクトな横置きタイプ。転倒による故障が気になる方や、子供がいる家庭にも適しています。また、ファンレス構造とフローティング構造を採用しており、ファンや振動による騒音を軽減。作動音が気になりにくく、使い心地も快適です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) AVHD-AUTB/EXシリーズ AVHD-AUTB4/EX

大事なデータをより安全に守れるモデル

スリムなボディが特徴のテレビ録画向け外付けHDDです。厚さ43mmの薄型設計で、テレビの隙間に配置しやすいのが便利。また、ハードディスク駆動時の振動を吸収する「防振ダンパー」を採用しているため、録画や再生時の駆動音を軽減できます。

初心者向け「かんたんガイド」も本製品の特徴です。テレビメーカーごとの接続方法マニュアルが付属するので、機械操作が苦手な方にもおすすめ。長時間の加速エージングによる厳しい検査に合格したハードディスクを使用しており、大事なデータをより安全に守れるモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD HDCZ-UTL4KC

コンパクトながら4TBと大容量の外付けHDDです。地上デジタル放送であれば約502時間、BSデジタル・110度CSの4K放送でも約256時間の録画に対応。映画やスポーツ中継など、長時間のテレビ番組も録画できます。

また、静音性の高い「ファンレス構造」も魅力。騒音対策としてフローティングマウントやゴム足を採用しているため、録画時の動作音もほとんど気になりません。1TBあたりの価格も安いので、コスパ重視の方におすすめの外付けHDDです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) HDPZ-UTシリーズ HDPZ-UT2K

静音性に優れた外付けHDD。動作音が気になりにくいのが特徴で、テレビ視聴しながら録画したい際に便利です。内部に凹凸や厚みをもたせた構造を採用することで、遮音効果も良好。本体サイズは縦130×横125×厚さ25mmとコンパクトなので、置き場所を気にすることなく設置できます。

バスパワー駆動により、ケーブルを1本繋ぐだけで使用できるのもメリット。1.5mのロングケーブルが付属し、USB 3.2 Gen1に対応しています。

本モデルの容量は2TBで、地上デジタル放送であれば約251時間の録画が目安。また、BS・110度CSの4K放送の録画にも対応しており、4Kテレビを使用している方などにもおすすめです。

東芝(TOSHIBA) CanvioDesktop 4TB HD-TDA4U3-B/N

省スペースで設置できるテレビ録画向け外付けHDDです。縦171×横114×厚さ33mmとコンパクトサイズで、スペースが限られている場所でも使用可能。また、本体表面のヘアライン加工やエッジ部分の鏡面加工など、高級感あふれるデザインも魅力です。

静音性に優れているのも本製品の特徴。ファンレス設計に加え、防振用のシリコンゴムを採用しているため、寝室でも快適に使用できます。さらに、筐体内の空気層を減らすことにより、ハードディスクから発生する熱を軽減できるのもポイントです。

エレコム(ELECOM) TV向け外付けハードディスク ELD-FTV020UBK

機能性を重視する方におすすめのテレビ録画向け外付けHDDです。2番組の同時録画を可能としており、お気に入りのテレビ番組が同じ時間に被ってしまった場合に便利。また、4K放送の録画に対応しているため、スポーツ・コンサート・映画など臨場感ある映像を楽しめます。

本体背面に取り付けられた「セキュリティスロット」も魅力のひとつ。大事なデータの紛失を予防できます。さらに、縦と横いずれの方向にも設置できるため、スペースが限られている一人暮らしの方にもぴったりです。

エレコム(ELECOM) TV向け外付けHDD ELD-ETV020UBK

テレビ録画に適した容量2TBの外付けHDDです。幅広い録画用AV機器に接続できるのが特徴。さまざまなメーカーのテレビやレコーダーなどに対応し、テレビ番組を録画して楽しめます。

本体サイズは、幅120×奥行き178×高さ35mmのコンパクトな設計。縦置きと横置きに対応し、スペースに合わせて設置できます。また、ファンレス構造のため作動音が気になりにくく、リビングや書斎での使用にもおすすめです。

さらに、背面には本来の利用者以外の持ち出しを防ぐ「セキュリティスロット」を搭載しており、盗難対策に役立ちます。

ロジテック(Logitec) 外付けHDD LHD-PBR40U3BK

テレビ録画向けの外付けHDD。ケーブル1本で接続できるバスパワータイプの製品で、USB Type-A端子を採用しています。USBの規格は、高速な転送速度を実現するUSB3.0に対応。LEDは明るさが抑えられており、夜間などでも点滅が気になりにくい背面に搭載しています。寝室での使用などにもぴったりです。

ネジを使用しないケースを採用しているので、振動によりネジが緩むことがないのもメリット。また、別売りのテレビ背面接続用キットを使用すれば、テレビ周りをよりスッキリとさせられます。本モデルの容量は4TB。約480時間分のテレビ番組を録画できます。

本体は本格レザーのような表面加工が施されており、光沢のないシックでシンプルなデザインを採用。シボ加工により、傷や指紋、皮脂などが付きにくいのもポイントです。

外付けHDDのおすすめモデル|PS4・PS5用

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルHDD HDPT-UTS1K/E

バスパワー駆動に対応したPS4・PS5向け外付けHDDです。ACアダプターによる電力供給を不要としており、デバイスに差し込むだけで使用できるのが魅力。また、駆動音が気になりにくい静音設計で、ゲームに集中したい方におすすめです。

手のひらに収まるコンパクトサイズもポイント。縦112×横75×厚さ14mmの寸法で、携帯性に優れているほか、省スペースにも設置できます。さらに、本体側面にはラバー素材を採用し、高級感のあるデザインが特徴のモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD EX-HDAZ-UTL6K

冷却性能に優れたPS4・PS5向け外付けHDDです。本体表面に凸凹なデザインを採用しており、表面積を増やすことで放熱効果を高められるのが魅力。また、ファンレス設計や、内蔵ドライブのフローティングマウントにより、駆動音が気になりにくくゲームに集中できます。

2TB・6TB・8TBなど、幅広い容量をラインナップしているのもポイント。保存するゲームコンテンツやセーブデータの量に応じて選択できます。さらに、据え置きタイプながら、縦172×横35×高さ116mmとコンパクトサイズなのも特徴です。

シーゲート(SEAGATE) 外付けハードディスク Expansion SGD-MY040U

PS4・PS5だけでなく、テレビやWindows搭載パソコンにも対応した外付けHDD。静音設計で作られているのが魅力です。内部にあるHDDの回転音が気になりにくい製品を探している方に適しています。

縦置き、横置きどちらでも設置できるのもポイント。幅がない場所では縦置き、より安定させたい場合は横置きとスペースに合わせて設置方法を変えられるため便利です。4TBと大容量なので、ゲームデータなどを大量に保存したい方にもおすすめです。なお、PS5用のゲームは拡張ストレージで起動できないため注意しましょう。

シーゲート(SEAGATE) Gaming Portable HDD PlayStation4 公式ライセンス認証品 STGD2000300

公式ライセンス認証済みのPS4向け外付けHDDです。プラグアンドプレイ機能により、PS4にケーブルを差し込むだけで使用可能。また、PS4の内蔵ドライブと同じファームウェアを採用しており、安定したパフォーマンスでゲームを楽しめます。

PlayStationのロゴを記載したデザインも魅力です。さらに、縦113.5×横76×厚さ12.1mmのコンパクトサイズで、携帯性にも優れています。2TBと4TBの2種類をラインナップし、保存するゲームコンテンツ数に合わせることが可能です。

ウエスタンデジタル(Western Digital) BLACK P10 Game Drive WDBA3A0050BBK-WESN

高速でデータを転送できるPS4・PS5向け外付けHDDです。最大140MB/sの転送速度に対応しており、高いパフォーマンスを維持しながらゲームを楽しめるのがポイント。また、2TB・4TB・5TBをラインナップし、容量を気にせずにゲームコンテンツやセーブデータを保存できます。

幅広いデバイスに対応しているのも魅力です。PS4・PS5に加え、Xbox Oneでも動作確認が済んでおり、安心して使用したい方におすすめ。5TBの寸法は、縦118×横88×厚さ20.8mmの小型サイズで、少しの隙間にも設置しやすいモデルです。

トランセンド(Transcend) ポータブルHDD 2TB TS2TSJ25M3G

外付けHDDを持ち運ぶ機会が多い方におすすめのモデル。シリコンラバーカバー・衝撃吸収サスペンションダンパー・ハードケースで構成される、3層構造を採用しているのが特徴です。

米軍が採用するMIL規格相当のテストをパスしたと謳われており、高い耐衝撃性を備えているのも魅力。お気に入りのゲームソフトのデータを持ち歩けます。

ワンタッチ自動バックアップボタンを搭載しているのもポイント。ボタン1つでデータのバックアップや同期ができ、パソコン用途でも活躍します。

ロジテック(Logitec) ハードディスク据え置き型ハードディスク 4TB LHD-ENA040U3WS

静音性と通気性を兼ね備えた外付けHDDです。空気の通り道を絞ることで流速が上がるベンチュリ効果を利用し、効率的に排熱する「空冷構造」を採用。縦置きでも横置きでも通気口が塞がらない「ダブルデッキエアフロー構造」もあわさり、ファンレスながら高い空冷性能を実現しています。

本製品はPS4とPS5に両対応。ストレージ容量は4TBで、ゲーム容量が10GBのソフトならば約372本、100GBを超えるようなAAAタイトルでも約37本保存できます。ヘビーゲーマーの方にもおすすめです。

コンパクトデザインで、テレビ周りに設置しやすいのもポイント。ブラックとホワイトの2色がラインナップされており、ゲーム機本体のカラーと合わせやすいのも魅力です。ゲーム用としてはもちろん、PC用やテレビ用としてもおすすめの外付けHDDです。

外付けHDDの売れ筋ランキングをチェック

外付けHDDの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。