パソコン本体のデータ空き容量が少なくなったときに便利なアイテム「外付けHDD」。パソコン内部のストレージを交換する必要がなく、誰でも手軽に容量を増やすことができます。しかし、製品ラインナップが多く、どのアイテムを購入すべきなのか迷ってしまう方も多いのではないでしょか。

そこで今回は、外付けHDDのおすすめモデルをピックアップ。ポータブルタイプと据え置きタイプに項目を分けてご紹介します。

外付けHDDの種類

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

据え置きタイプは、自宅やオフィスなど決まった場所に設置して使用します。コンセントから電源を取る必要があるため、好きな場所に運んで使用するといった使い方はできませんが、読み込み速度が速く大容量のモデルもあるのが魅力。

パソコンのデータを丸ごとバックアップしたり、テレビ番組を高画質で録画したりする用途に向いています。また、容量によっては比較的手頃な価格での購入が可能です。

ポータブルタイプ

By: amazon.co.jp

大量の書類や大きな画像データを持ち運ぶ際に便利なタイプです。本体を小型化するため、ほとんどのモデルがノートパソコンに使用されている2.5インチHDDを採用しています。省電力でパソコンなど、接続先の機器からUSBケーブルを経由し電源を取る、バスパワーに対応しているのも特徴。

コンセントのないところでも、ケーブルを1本接続するだけで使用できるのが魅力です。HDDは構造上衝撃に弱いため、耐衝撃や振動など耐久性の高いモデルを選ぶようにしましょう。

外付けHDDの選び方

容量で選ぶ

外付けHDDはさまざまな容量の製品が販売されています。同サイズのモデルであっても容量の大きさに応じて価格も高くなるので、用途に合った製品を選ぶのがポイントです。

使用しているパソコンのトラブルに備えてバックアップ目的で外付けHDDを購入するなら、大容量の据え置き型がおすすめ。最近は2~3TBモデルの低価格化が進んでおり、コストパフォーマンスも良好です。

書類や画像データなどの持ち運びがメインならば、1TB未満のポータブルHDDがおすすめ。2TB以上のモデルはサイズが大型になりがちなので注意してください。

テレビ録画用の外付けHDDなら、録画する時間の長さに合わせて選びましょう。画質によりますが、目安として地上デジタル放送なら1TBの容量に約125時間録画できます。多くの番組を保存する予定の方は、大切なデータを消さないためにも余裕を持って2TB以上の大容量タイプを選ぶと安心です。

使用用途で選ぶ

テレビ用

テレビ番組の録画には外付けHDDへの安定した電力供給が必要なため、コンセントから電源を取る据え置きタイプがおすすめ。また、コンテンツ保護技術「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応しているかもモデル選定時のポイントです。

デジタル放送は録画したテレビ以外での再生ができない仕様のため、テレビを買い替えたりすると再生できません。しかし、SeeQVaultに対応した機器であれば、別のテレビでも視聴が可能になるというのが理由です。ただし、テレビ側もSeeQVaultに対応している必要があるので、購入時は注意しましょう。

パソコン用

定期的に大量のデータをバックアップするといった使い方がメインであれば、読み込み速度が速く大容量モデルの多い据え置きタイプの外付けHDDをおすすめします。また、自宅とオフィスなどの間で大容量のファイルを持ち運び、複数のパソコンで作業をするような使い方であれば、携帯性が高くケーブルを接続してすぐに使用できるポータブルタイプが便利です。勤務先のオフィスがフリーアドレスの場合なども重宝します。

接続方法で選ぶ

USB接続

外付けHDDの接続方法としてもっともスタンダードなUSB。現在販売されている外付けHDDには、USB2.0・3.0といった規格での接続が一般的です。USB2.0のデータ転送速度は480Mbps。USB3.0では5Gbpsとなり、理論上は10倍の速さになります。

高画質な映像や写真を大量に保存しておくのであれば、データ転送が高速なタイプがおすすめ。一方、コストを抑えたい方はUSB2.0モデルであればリーズナブルな価格で購入可能です。

Thunderbolt接続

By: amazon.co.jp

Thunderboltとは、パソコンメーカーのIntelとAppleが共同で開発した高速汎用データ転送の規格。2011年にMacに搭載されたのが初めで、現在ではThunderbolt3が主流となっています。

Thunderbolt3のデータ転送速度はUSB3.0の約8倍。40Gbpsの高速データ転送に対応しており、最大で100Wまでの給電が可能です。Thunderbolt3のコネクタはUSB Type-Cタイプを使用。端子の表裏がなく、どちら向きに挿しても接続できるのでストレスなく使用できるのもポイントです。

その他機能で選ぶ

NAS機能

オフィスなどで複数のパソコンからHDDのデータにアクセスするなら、NAS(ネットワークHDD)機能のあるモデルを選びましょう。設定したそれぞれのパソコンからデータをHDDに保存して、ファイルを共有できます。最近はクラウドサービスが一般的になりましたが、重要なデータを保存したい方は外付けのストレージを活用するのがおすすめです。

ミラーリング機能

外付けHDDのなかには容量2TB(1TB×2)のように記憶媒体を2基に分けているモデルがあり、そうした製品には自動的に双方のHDDへ同じデータを保存できるミラーリング機能が備わっていると便利です。

万が一、どちらかのHDDが故障しても二重にバックアップをとっているので、より安心感が増します。外付けHDDに絶対になくしてはならないデータを保存したいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

外付けHDDのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

愛知県に本社を構える1975年創業の会社で、パソコンの周辺機器やデジタル家電などの開発から製造販売を行っています。HDD製品をはじめUSBメモリなどのストレージ関連製品から、マウス・キーボードなどの入力機器まで豊富なラインナップが特徴。

外付けHDDを含めた複数の製品部門で年間販売台数No.1を達成し、2019年度のBCNアワード最優秀賞を獲得するなど、優れた製品づくりが多くの消費者から支持されています。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

主にパソコン周辺機器の製造販売をしているアイ・オー・データは、1976年創業の石川県に本社を持つメーカーです。バッファローと並び国内の周辺機器メーカーとしては老舗。HDD機器を始め、メモリ関連・パソコン用液晶モニター・無線LANなど製品ラインナップは豊富です。

独創性のある製品づくりが特徴で、音楽CDをパソコンを介さずスマートフォンに取り込める「CDレコ」や、縦横の角度調節だけでなく縦型でも横型でも使える液晶モニターなどユニークな製品を展開しています。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

日本を代表する大手の電機メーカーです。2016年に洗濯機や冷蔵庫などの白物家電部門を中国メーカーに売却しましたが、HDDや半導体などの電子部品事業はエネルギー事業・社会インフラ事業と並び継続しています。 

外付けHDDは信頼性が高く、500GBから6TBの大容量までラインナップも充実。容量の大きなデータの持ち運びや、同社ブランドのテレビ「レグザ」との接続など、パソコン・テレビどちらの機器でも使用できるモデルが揃っています。

外付けHDDのおすすめモデル|据え置きタイプ

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-SA3.0U3/VC

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-SA3.0U3/VC

24時間連続録画に対応した、容量3TBの外付けHDDです。防振設計やファンレスなど、徹底して静音化にこだわっているのが特徴。テレビ番組を録画しながらの視聴や寝室での使用など、動作音が気になりやすい場所にも安心して設置できます。

本体底面にスリットを配置した独自のエアフロー構造を採用。内部に熱がこもりにくいため、長時間の録画でも安心して使用できます。また、ソニーの「ハンディカム」に対応しており、カメラで撮りためた映像をダイレクトに保存したり再生したりできるので、ハンディカムを所有している方にもおすすめです。

電源ケーブルやUSBケーブルが、背面からできるだけはみ出ないようにレイアウトできる本体形状も設置がしやすく便利。高級感のあるマットな質感と鏡面加工を組み合わせた外観が部屋のインテリアにもなるモデルです。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-LC3.0U3-BKF

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-LC3.0U3-BKF

本製品は静音性に優れた、容量が3TBの外付けHDDです。ファンレス設計に加え、HDDユニットと筐体間に防振用シリコンゴムを設置するなど、防振設計にこだわっているのが特徴。テレビ番組の録画用途に使用する場合、テレビを見ている時でも音や振動を気にせず使用することができます。

そのほか、テレビだけでなくパソコンなど、多彩な機器と繋がるのも本製品の魅力。ソニーのデジタルビデオカメラ「ハンディカム」に対応しており、パソコンを使わず映像データの保存や再生ができます。PlayStation4やXbox Oneなどのゲーム機と接続して、ゲーム記録を保存するといった使い方もできるなど、さまざまな楽しみ方が可能なモデルです。

また、接続したパソコンやテレビのオン・オフに合わせ、本体が自動でスタンバイ・モードに切り替わるので省エネ性にも優れています。機能性に優れた、おすすめの外付けHDDです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) LAN DISK HDL-TA4

アイ・オー・データ(I-O DATA) LAN DISK HDL-TA4
容量が4TBでNAS機能を搭載した、外付けHDDです。スマートフォンやタブレット端末、パソコンなど、複数の機器から同時にアクセスできます。本製品へのアクセスは、添付のQRコードをスマートフォンで読み取るだけと簡単なのがポイント。

専用アプリをインストールしておくと、Wi-Fi経由で写真や動画を自動で保存してくれるため、スマートフォンの容量不足解消にも役立ちます。また、別の専用アプリ「Remote Link Files」をインストールすることで、外出先からもアクセスできるので便利です。

テレビの録画には対応していませんが、DLNA対応テレビがあれば本製品に保存した動画や写真を見ることが可能。各使用者がIDとパスワードを設定し自分専用フォルダーを作成することもできるため、家族全員で複数の機器をリンクさせて活用したい方におすすめのモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) LAN DISK HDL2-AA6/E

アイ・オー・データ(I-O DATA) LAN DISK HDL2-AA6/E

本製品は容量が6TBと大容量の外付けHDDです。本体に2台のHDDを搭載し、ミラーリングに対応。1つのファイルを2台のHDDへ同時に書き込み、大切なデータを二重に保護してくれます。ビジネス上の資料など、絶対に破損の許されないデータ保存におすすめです。

USB3.0に対応しており、高速のデータ転送ができます。難しい分解作業をすることなく、ユーザー自身でHDDユニットの交換ができる、保守管理のしやすさも魅力。HDDユニットの故障時や容量を拡張したい時など、社内で迅速に対応できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD AVHD-URSQ3

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD AVHD-URSQ3

コンテンツ保護技術「SeeQVault」に対応した、容量3TBの外付けHDDです。パナソニックのブルーレイディスクレコーダー「ディーガ」や、同社テレビ「ビエラ」の推奨HDDに選ばれるなど信頼性の高さが魅力。24時間連続録画にも耐える高品質HDDで、録画失敗のリスクを大幅に抑えています。

薄さ35.5mmの横置きデザインにより、薄型テレビの足元にスッキリと設置。テレビ画面を回転させた際の接触や、転倒による破損リスクを防ぐことができます。本体背面の増設用コンセントを使用することで、部屋のコンセントの口数を気にすることなく最大4台までスマートに増設が可能です。

薄型ボディにも関わらずACアダプター不要で、テレビ周りが乱雑になることもありません。テレビ番組の録画を思いっきり楽しみたい方におすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) CANVIO DESK HD-ED-B30TK

東芝(TOSHIBA) CANVIO DESK HD-ED-B30TK

東芝の外付けHDDシリーズ「CANVIO」の据え置きタイプです。容量は3TBありUSB3.0にも対応。ハードディスク録画対応のテレビに接続するだけで、簡単に高画質録画できるのが魅力です。地上波デジタル放送であれば、高画質モードで約374時間の録画ができます。

本メーカー製周辺機器との親和性も高く、USBハードディスク録画対応のレグザサーバーやレグザブルーレイに接続して、両機器の保存容量を増やすことも可能。録画関連の周辺機器をフルに活用して、テレビ番組の録画を楽しみたい方にもおすすめです。

外付けHDDのおすすめモデル|ポータブルタイプ

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD HD-PCFS2.0U3-BBA

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD HD-PCFS2.0U3-BBA

USB3.0に対応した、ポータブルタイプの外付けHDD。容量は2TBありNTFSフォーマット済みのため、パソコンに接続してすぐに使えるのが魅力です。

本体サイズは76×115×14mmとコンパクト。傷が目立ちにくい表面処理が施されているので、気軽に持ち運びできます。大きなサイズの書類や画像データを、頻繁に持ち運ぶ必要のある方におすすめです。また、シンプルなデザインなので、プライベート用途でもビジネス用途でも違和感なく使用できます。

パソコン側に専用のソフトウエア「みまもり合図」をインストールしておけば、経年劣化などによる本製品の故障予測が可能。データの消失を未然に防ぐのに役立ちます。購入後すぐに使い始められるように、50cmのUSBケーブルが付属しているのもうれしいポイントです。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD HD-PA1.0TU3-C

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD HD-PA1.0TU3-C

USB3.0だけでなくThunderboltにも対応した、ポータブルタイプの外付けHDD。どちらのポートもバスパワーに対応しており、電源を心配せずに使用可能です。また、容量は1TBあるため、大きなサイズのデータも余裕で保存できます。

最新版である「Thunderbolt3」以前の規格対応モデルになりますが、それでもデータ転送速度は10GbpsとUSB3.0の2倍も高速。Macを使用しており大容量のファイルを持ち運ぶ機会の多い方にも、おすすめのモデルです。本体カラーも「アルミ&ホワイト」とMacを意識した配色になっているため、一緒に使用しても違和感はありません。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルHDD EC-PHU3W1

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルHDD EC-PHU3W1

本製品は容量が1TBの外付けHDDです。4K動画で約35時間、フルHD動画なら約75時間のデータ保存ができます。本体は約75×112×14mmと手のひらサイズのため、持ち運びも便利。大容量のファイルを持ち運ぶ機会の多い方におすすめです。

便利なUSBバスパワー対応なので、WindowsパソコンでもMacでもケーブル1本ですぐに使用できます。また、USB2.0に比べ10倍の転送速度を誇るUSB3.0にも対応しているため、短時間でのデータ転送が可能です。

外観はおしゃれで落ち着いた雰囲気のチェックパターンを採用し、ビジネスシーンでもプライペートでも使用できます。USB3.0接続時は「ブルー」USB2.0なら「グリーン」といったように、LEDカラー表示で接続状態が一目でわかり便利です。

東芝(TOSHIBA) CANVIO BASICS HD-AC10TK

東芝(TOSHIBA) CANVIO BASICS HD-AC10TK

東芝が販売する外付けHDD「CANVIO」シリーズのポータブルタイプです。本メーカーのテレビ「レグザ」や周辺機器などと簡単に連携できるのが特徴。USBケーブル1本でレグザと接続して、ハイビジョンのデジタル放送を最大約125時間も録画することが可能です。レグザサーバーやレグザブルーレイといった周辺機器と接続すれば、購入後でも記録容量を増やすことができます。

テレビや周辺機器だけでなく、パソコンとの連携も簡単です。NTFSフォーマット済みのため、WindowsパソコンならUSBケーブル一1本ですぐに使用できます。MacでもOS Xで再フォーマットすれば使用可能です。さらに、USBバスパワー対応なので電源を気にする必要もありません。USB3.0にも対応しており、高速のデータ転送が可能。

テレビ番組の録画を楽しみたい方だけでなく、容量の大きなファイルを持ち運びたい方にもおすすめのモデルです。なお、テレビ番組などの録画用途に使用する場合は、専用形式での再フォーマットが必要になります。

ウエスタンデジタル(Western Digital) WD Elements WDBU6Y0040BBK-WESN

ウエスタンデジタル(Western Digital) WD Elements WDBU6Y0040BBK-WESN

ウエスタンデジタルは1970年創業のアメリカの会社です。主にHDDやフラッシュメモリなどのストレージ関連製品を生産しています。日立製作所のHDD部門も現在では、ウエスタン・ジタルの子会社になっているなど、HDD製品では技術力も含め大きな影響力をもつメーカーです。

本製品は容量が4TBありNTFSフォーマット済みのため、WindowsパソコンならUSBケーブルを繋ぐだけですぐに使用できます。USB3.0に対応しており、超高速なデータ転送が可能。大きなサイズのファイルを持ち運びたい方におすすめです。

内蔵しているHDDユニットから外装まで、信頼性の高い本メーカー純正部品を採用しているので安心して使用できます。専用の無料ソフトウェアをダウンロードすることで、パソコン内の全データを簡単にバックアップでき便利です。

トランセンド(Transcend) ポータブルHDD TS1TSJ25M3S

トランセンド(Transcend) ポータブルHDD TS1TSJ25M3S

本製品はSDメモリカードでも有名な、トランセンドの外付けHDDです。本体サイズ約130×81×16mm、重量185gという小型・軽量ボディながら、1TBの大容量データを保存できます。ラバー製のアウターケースに3層の衝撃保護構造を備え、2mからの落下にも耐える高い耐衝撃性が魅力。大切なデータを安心して持ち運びたい方にもおすすめです。

USB3.1 Gen1に対応しており、大きなファイルサイズのデータも短時間で転送できます。また、あらかじめファイルを設定しておくと、本体のボタンを押すだけで簡単に同期できる「ワンタッチバックアップボタン」が搭載されているので便利です。

外付けHDDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けHDDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。