パソコン本体のデータ空き容量が少なくなった場合は、外付けHDDを利用するのが便利。パソコン内部のストレージを交換する必要がなく、誰でも手軽に容量を増やすことができます。一方で、製品ラインナップは多く、どのアイテムを購入すべきなのか迷ってしまう方も多いのではないでしょか。

そこで今回は外付けHDDのおすすめモデルをピックアップ。ポータブルタイプと据え置きタイプに項目を分けてご紹介します。

外付けHDDの選び方

タイプで選ぶ

ポータブル型

By: amazon.co.jp

コンパクトなサイズで携帯性に優れたポータブル型。多くのデスクトップPCに内蔵されている3.5インチHDDと違い、ポータブル型にはノートPC用の2.5インチHDD採用が一般的です。

USB接続に対応しているモデルが多く、AC電源ケーブルは不要。ポータブル型の製品は容量500GB~2TBまでが主流で、コンパクトながら多くのデータを保存できる便利なアイテムが増えてきています。

携帯することを前提に設計されたポータブル型は、耐衝撃・耐振動設計搭載モデルがおすすめ。衝撃や振動に弱いHDDを持ち歩くことになるので、できるだけ耐久性の高い製品を選ぶと安心して使用できます。

据え置き型

By: amazon.co.jp

据え置き型のHDDは、自宅やオフィスの決まった場所に設置して使うタイプ。ポータブル型よりも大容量データの保存が可能で、8TBを超えるようなモデルまで販売されています。

PCだけでなく、テレビ番組の録画に最適。高画質でテレビ番組録画を行う方は、大量のデータ保存ができる据え置き型がおすすめです。

据え置き型には「NAS(ネットワークHDD)」機能を搭載したモデルもあり、PC・スマホ・タブレット・ゲーム機など、ネットワーク上にある複数デバイスのデータを保存できます。

ケーブルを接続する必要がなく、離れた場所にあるデバイスとの接続が可能。無線通信による接続によってデータ転送が行えるので、設置場所を自由に決められます。NAS機能に対応した据え置き型HDDは、所有しているデバイスのデータバックアップ用としておすすめです。

容量で選ぶ

外付けHDDはさまざまな容量の製品が販売されています。同サイズのモデルであっても容量の大きさに応じて価格も比例して高くなるので、用途に合った製品を選ぶのがポイントです。

使用しているパソコンのトラブルに備えてバックアップ目的で外付けHDDを購入するなら、大容量の据え置き型がおすすめ。最近は2~3TBモデルの低価格化が進んでおり、コストパフォーマンスも良好です。

書類や画像データなどの持ち運びがメインならば、1TB未満のポータブルHDDがおすすめ。2TB以上のモデルはサイズが大型になりがちなので注意してください。

テレビ録画用の外付けHDDなら、録画する時間の長さに合わせて選びましょう。画質によりますが、目安として地上デジタル放送なら1TBの容量に約125時間録画できます。テレビによっては容量が不足したら過去の録画番組に上書きするので、多くの番組を保存する予定なら、大切なデータを消さないためにも余裕を持って2TB以上の大容量タイプを選ぶと安心です。

接続方法で選ぶ

USB接続

外付けHDDの接続方法としてもっともスタンダードなUSB。現在販売されている外付けHDDには、USB2.0・3.0といった規格での接続が一般的です。USB2.0のデータ転送速度は480Mbps。USB3.0では5Gbpsとなり、理論上は10倍の速さになります。

高画質な映像や写真を大量に保存しておくのであれば、データ転送が高速なタイプがおすすめ。一方、コストを抑えたい方はUSB2.0モデルであればリーズナブルな価格で購入可能です。

Thunderbolt接続

By: amazon.co.jp

Thunderboltとは、パソコンメーカーのIntelとAppleが共同で開発した高速汎用データ転送の規格。2011年にMacに搭載されたのが初めで、現在ではThunderbolt3が主流となっています。

Thunderbolt3のデータ転送速度はUSB3.0の約8倍。40Gbpsの高速データ転送に対応しており、最大で100Wまでの給電が可能です。Thunderbolt3のコネクタはUSB Type-Cタイプを使用。端子の表裏がなく、どちら向きに挿しても接続できるので、ストレスなく使用できるのもポイントです。

その他機能で選ぶ

NAS機能

オフィスなどで複数のパソコンからHDDのデータにアクセスするなら、NAS(ネットワークHDD)機能のあるモデルを選びましょう。設定したそれぞれのパソコンからデータをHDDに保存して、ファイルを共有できます。最近はクラウドサービスが一般的になりましたが、重要なデータを保存したい方は外付けのストレージを活用するのがおすすめです。

ミラーリング機能

外付けHDDのなかには容量2TB(1TB×2)のように記憶媒体を2基に分けているモデルがあり、そうした製品には自動的に双方のHDDへ同じデータを保存できるミラーリング機能が備わっていると便利です。

万が一、どちらかの HDD が故障しても、二重にバックアップをとっていることになるので、より安心感が増します。外付けHDDに絶対になくしてはならないデータを保存したいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

外付けHDDのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

パソコン、スマホ周辺機器の総合メーカー「バッファロー」。キーボードやマウス、モバイルバッテリーなど幅広い製品を取り扱っているメーカーです。

外付けHDDに関しては、高速規格「USB3.0」に対応している機種や静音性を重視した機種など、使いやすさに配慮したモデルを取り揃えています。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

1970年代に誕生したメーカー「アイ・オー・データ」。Wi-FiルーターやUSBメモリなど、パソコンの周辺機器を数多く取り扱っていて、外付けHDDのラインナップも豊富です。

東芝(TOSHIBA)

By: amazon.co.jp

大手電機メーカー「東芝」。取り扱う製品は多岐に渡りますが、外付けHDDに関しても、信頼性が高く、コンパクトでありながら多くのデータを保存できる点が魅力です。

また、パソコンとの接続はもちろんのこと、テレビに接続できる機種が多いのも特徴。高画質をキープしたままデジタル放送を録画できるのもポイントです。

外付けHDDのおすすめモデル|ポータブルタイプ

東芝(TOSHIBA) CANVIO BASICS HD-ACシリーズ HDTB410AKAK3AA

東芝(TOSHIBA) CANVIO BASICS HD-ACシリーズ HDTB410AKAK3AA

コストパフォーマンスに優れた使いやすい500GBポータブルHDD。本体サイズは約80×15×119mmと手のひらサイズにまとまっているのが特徴です。インターフェイスはUSB3.0を採用。USBバスパワー駆動なので、ケーブル1本接続するのみで使えます。

パソコンに関してはWindows・Macどちらにも対応。また、テレビやレコーダーへの接続も可能で、同社「レグザ」シリーズ以外の国内大手家電メーカーの製品にも対応しています。

地上デジタルHDレートの番組が最大62時間録画可能。コストを重視する方は500GBモデルがおすすめですが、より多くの番組を録画したなら1・2・3TBの大容量モデルがおすすめです。

トランセンド(Trascend) PC用ポータブルストレージ StoreJet 25M3 TS1TSJ25M3S

トランセンド(Trascend) PC用ポータブルストレージ StoreJet 25M3 TS1TSJ25M3S

優れた耐衝撃性能を備えた容量1TBのポータブルHDD。シリコンカバー・衝撃吸収サスペンションダンパー・強化ケースの3層構造で、米軍の落下試験に相当するテストをクリアするほど、耐久性も良好です。

本体サイズは約80.8×16.1×129.5mm。「本体表面にはワンタッチ自動バックアップボタン」を備えており、ワンプッシュでPCのデータを自動バックアップします。

インターフェースはUSB3.1 Gen1。大容量ストレージを接続するための「UASP(USB Attached SCSI Protocol)」を採用しており、最大で5Gbpsの高速データ転送に対応しています。快適に使用でき、耐久性にも優れたポータブルHDDを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) MiniStation HD-PCFSU3-Aシリーズ HD-PCFS2.0U3-BBA

バッファロー(BUFFALO) MiniStation HD-PCFSU3-Aシリーズ HD-PCFS2.0U3-BBA

HDDの異常を知らせてくれる「みまもり合図」に対応した容量2TBのポータブルHDD。外付けHDDの自己診断機能である「S.M.A.R.T」情報を把握し、異常を検知した際にはすぐに知らせてくれます。

本体サイズは約76×14×115mm、重量約175g。厚さ以外はiPhone XSとほぼ同じサイズ・重量なので、携帯性は良好です。

インターフェースはUSB3.1 Gen1、コネクタにはUSB Type-Aを採用。Windows OSの標準ファイルシステムである「NTFS」フォーマット済みなので、ケーブルを挿すだけですぐに使えます。複雑な設定なく簡単に使えるので、初めて外付けHDDを利用する方にもおすすめです。

ウエスタンデジタル(WESTERN DIGITAL) WD ELEMENTS PORTABLE WDBU6Y0040BBK-WESN

ウエスタンデジタル(WESTERN DIGITAL) WD ELEMENTS PORTABLE WDBU6Y0040BBK-WESN

シンプルなデザインで信頼性の高い容量4TBのポータブルHDD。本体サイズは約82×21×110.5mm、重量約230g。4TBの大容量モデルながらコンパクトなボディサイズで、使い勝手は良好です。

インターフェースはUSB3.0を採用。「NTFS」フォーマット済みでWindows10・8.1・7のPCと簡単に接続できます。筐体は耐久性を重視した設計。スタイリッシュなデザインだけでなく、携帯するストレージとして強度に配慮しているのもポイントです。

大容量ながら価格は1万円台と比較的リーズナブル。コスパに優れた外付けHDDを探している方におすすめのアイテムです。

外付けHDDのおすすめモデル|据え置きタイプ

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-ADU3シリーズ HD-AD2U3

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-ADU3シリーズ HD-AD2U3

PCやテレビ、レコーダーなど幅広い用途で使用できる容量2TBの外付けHDD。PCに接続すればデータ保存用、テレビやレコーダーに接続すれば番組録画用として利用できます。

デジタルビデオカメラやゲーム機への接続が可能なのもポイント。撮影した映像やゲームソフトのデータを保存できます。

インターフェースはUSB3.1 Gen1。付属品としてACアダプターが同梱されています。本体サイズは約114×33×171mm。縦・横どちら向きでも設置することが可能です。

本体内部に防振用シリコンゴムを配置。HDDをフローティング構造にすることで静音性を向上しています。筐体内のスペースを減らすことで熱伝導率をアップ。冷却用ファンは搭載されていないので、駆動時の音が気になる方にもおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けハードディスク EX-HDCZシリーズ EX-HD3CZ

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けハードディスク EX-HDCZシリーズ EX-HD3CZ

容量3TBの外付けHDD。PCデータの保存に使用できるほか、テレビ・レコーダー・ビデオカメラ・プリンター・ゲーム機など幅広い家電に対応しています。

各メーカーと協力して動作チェックが行われているので、購入前に対応機器を調べておけばより安心。PC周辺機器にありがちな相性の問題での不具合を心配せずに済みます。

無料の同社ソフトウェア「NTFS-3G for Mac I-O DATA」をダウンロードすれば、Windowsだけでなく、Macでも簡単に使えます。

HDDの状態を診断ができる「診断ミレル for HDD」が付属しているのもポイント。価格としては1万円前後なので、お得感のある外付けHDDを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

エイチ・ディー・エス・ティー(HDST) G-DRIVE with Thunderbolt 3 0G05366

エイチ・ディー・エス・ティー(HDST) G-DRIVE with Thunderbolt 3 0G05366

超高速データ転送が可能なThunderbolt3を備えた容量4TBの外付けHDD。インターフェイスにThunderbolt3を2基、USB3.1 Gen1を1基搭載しており、複数のデバイスを接続可能です。

ボディはすべてアルミニウム素材から製造されており、スタイリッシュ。デザインの相性が抜群であるMac製品とはケーブルを接続するだけで使用可能で、Windows製品に関してはフォーマットすることで対応できるようになります。

5年間の製品保証付きで安心。トラブルが発生した際には無期限の無料サポートが受けられるので、製品自体だけでなくアフターケアも気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ウエスタンデジタル(WESTERN DIGITAL) EXTERNAL STORAGE MY BOOK WDBBGB0080HBK-JESN

ウエスタンデジタル(WESTERN DIGITAL) EXTERNAL STORAGE MY BOOK WDBBGB0080HBK-JESN

超大容量8GB対応の外付けHDD。マイクロソフトが開発したファイルシステムである「exFAT」でフォーマット済みで、WindowsだけでなくMacでも購入後すぐに使用できます。

スケジュールを決めてデータのバックアップ実行が可能。時間や頻度の設定をしておけば、使用しているPCから重要なファイルを自動的にバックアップしてくれます。

ドライブ内に保存されたデータは自動的に暗号化。「WD Security」ソフトを使用することで、データへアクセスする際のパスワード設定でき、外部からの不正アクセスを防止できます。

写真・動画・音楽・アプリ・文書ファイルなどをまとめてバックアップしておきたい方におすすめの超大容量外付けHDDです。

バッファロー(BUFFALO) LinkStation LS210DGシリーズ LS210D0101G

バッファロー(BUFFALO) LinkStation LS210DGシリーズ LS210D0101G

複数の機器からデータの保存ができるNAS対応外付けHDD。Wi-Fiルータの有線LANポートに接続することで、ネットワーク上にある複数の機器で利用できます。

ビデオカメラで撮影した動画やPCで制作した音楽をテレビやオーディオで視聴可能。もっとも幅広く普及している相互接続方式「DLNA」に対応しているので、数多くの家電への接続が可能です。

テレビやレコーダーと接続して番組録画可能。「DLPA認証ロゴ」取得により、著作権保護コンテンツをNASからレコーダーへ転送してBD・DVDに書き出しできます。

保存したデータには外出先からアクセス可能。「WebAccess」アプリに対応しており、スマホやタブレットなどのモバイル端末から簡単にアクセスできます。スマホに保存したデータをすぐにNASへ保存できるので、外出先でモバイル端末を頻繁に使用される方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) RECBOX HVL-Sシリーズ HVL-S3 DTCP-IP対応

アイ・オー・データ(I-O DATA) RECBOX HVL-Sシリーズ HVL-S3 DTCP-IP対応

録画したテレビ番組を家中のどこでも楽しめるNAS対応の外付けHDD。「DLPA認証ロゴ」を取得しているので、著作権保護コンテンツを機器間でデータ転送できます。リビングのテレビやレコーダーで番組録画をセットして本製品に保存しておけば、寝室や子ども部屋などで番組再生が可能です。

録画した番組は設定画面からフォルダ分けすることが可能。タイトル名の変更や自分なりのフォルダ分けをすることで、録画した番組へのアクセスがしやすくなります。

本体サイズは約138×45×168mmのコンパクトサイズ。縦・横どちら向きでも設置できるので、テレビ周辺の環境に合わせて変更したい方におすすめです。

外付けHDDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

外付けHDDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。