パソコンはもちろん、テレビやゲーム機など、身近な電化製品に記憶媒体として導入されているHDD。最近は、HDDよりも便利なSSDの普及が急速に進んでいますが、まだまだ価格が高いのが現状です。

一方、HDDは小型ながら大容量タイプの製品もリリースさせており、ラインナップが充実しているのがポイント。そこで、今回は持ち運びに便利なおすすめのポータブルHDDをご紹介します。

ポータブルHDDの選び方

ストレージ容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

ポータブルHDDを選ぶうえで重要なのがストレージ容量。どのようなデータをどのくらい保存するのかによって、最適な容量が異なります。

例えば、写真や文書データなどの容量の小さいデータをたくさん保存する方は「500GB~1TB」がおすすめ。音楽や動画などの容量の大きいデータをたくさん保存する方は「1~2TB」のストレージ容量を備えたポータブルHDDが便利です。

1ファイルあたりの容量が大きい、高解像度の写真や動画を保存する場合は「4TB」程度のストレージ容量があると、容量不足に悩むことなく快適に使えます。

転送速度で選ぶ

By: amazon.co.jp

ポータブルHDDは、USBメモリやSDカードと違って、容量の大きいデータをやり取りする場合に用いるため、転送速度が非常に重要です。転送速度はさまざまな要素が関係していますが、基本的には接続ケーブルのコネクタの種類によって左右されます。

文書ファイルや写真などの容量の小さなデータを保存する方は、標準的な転送速度の「USB2.0」でも問題はありません。動画や音楽などの容量の大きなデータを保存する方は、より高速でデータ転送が行える「USB3.0」に対応したモノがおすすめ。

USB3.0の最大転送速度は、USB 2.0の約10倍です。ストレスフリーで使えるのが魅力ですが、パソコンや家電などつなぐ側とHDD側の両方がUSB3.0に対応している必要があります。HDDを選ぶ前に、USB3.0に対応しているかを確認しておきましょう。

耐久性で選ぶ

By: amazon.co.jp

ポータブルHDDは構造上、衝撃に弱いというデメリットがあるので、選ぶ際は耐久性も重要です。例えば、カバンなどに入れて持ち歩く機会が多い方は、振動や衝撃に強い「MIL規格」に対応したポータブルHDDだと安心。

長時間にわたって使い続ける方には、放熱性能に優れた「冷却ファン付き」や「エアフロー設計」を採用したポータブルHDDがおすすめです。

なかには、自動で衝撃を感知して電源をOFFにする「Gセンサー」を搭載した製品や、雨水に耐えられる「防水機能」を備えた製品など、耐久性に優れたさまざまなポータブルHDDがあるので、併せてチェックしてみてください。

セキュリティーで選ぶ

ADATA AHV300-5TU31

By: amazon.co.jp

ポータブルHDDにはカバンごと置き忘れてしまったり、ちょっと席を外した際に盗まれたりなど、紛失・盗難のリスクもあります。選ぶ際には、ストレージ容量や転送速度だけでなく、万が一のことを考えてセキュリティー性能もしっかりとチェックしましょう。

例えば、最近のポータブルHDDには、データを暗号化して保存できる製品や、パスワードを入力しないとデータにアクセスできない製品もあります。仕事で使うデータなど、大切な情報を保存しておく方はセキュリティー機能を備えたモデルを選ぶようにしましょう。

ただし、セキュリティー機能を備えたモデルは、従来のハードディスクよりも低容量で価格が高い傾向があります。データ容量が大きい音楽や動画などをたくさん保存する方は注意が必要です。

オプションで選ぶ

By: amazon.co.jp

性能や機能で比較できない場合は、オプション機能もチェックしてみましょう。例えば、ワイヤレスでいろいろなデバイスから使いたい方にはWi-Fi対応のモデル、外出先で使うことが多い方は本体にUSBケーブルを収納できるモデルがおすすめ。

本体の見た目にこだわりたい方には、指紋や汚れが付着しにくい「サンドブラスト加工」を施したポータブルHDDがピッタリです。他にもさまざまなオプションを搭載したポータブルHDDがあるので、選ぶ際にはオプションもしっかりとチェックしてみましょう。

1万円以下のおすすめポータブルHDD

バッファロー(BUFFALO) HD-PGF1.0U3

バッファロー(BUFFALO) HD-PGF1.0U3

異常を感知したら点灯や点滅などで知らせてくれる「みまもり合図」に対応したポータブルHDD。上下段のケースの間に衝撃吸収フレームと衝撃吸収ゴムをボディに採用しており、耐衝撃性に優れているのが特徴です。

容量は1TB。システム領域を簡単にバックアップが復元できるWindows 10対応アプリ「スマートツインズ」が用意されているのもポイントです。使い勝手のよいポータブルHDDを探している方はぜひチェックしておきましょう。

アイ・オー・データ(I-O DATA) カクうす Lite HDPH-UT

アイ・オー・データ(I-O DATA) カクうす Lite HDPH-UT

容量1TBのポータブルHDD。本体サイズが76×114×15mmとコンパクトながら、データ転送速度が早く、スムーズに対応できるのが特徴です。

全体的なフォルムはシンプルながらも、側面には波模様が施されており、違和感なくセットできるのもポイント。ビジネスシーンで使うポータブルHDDを探している方におすすめです。

シーゲート(SEAGATE) SGP-MX010U

シーゲート(SEAGATE) SGP-MX010U

テレビ録画用に適している容量1TBのポータブルHDD。2番組同時録画や、24時間連続録画にも対応できるので、録り逃しをしたくないユーザーにおすすめのアイテムです。

本製品には「かんたん接続ガイド」を同梱されているのもポイント。パソコンやテレビへの接続方法、設定方法などがわかりやすく解説されているので、初めての方でも安心して使えます。ファンレス設計なので、静音性が高いのも魅力です。

シリコンパワー(Silicon-Power) SP010TBPHDA60S3K

シリコンパワー(Silicon-Power)  SP010TBPHDA60S3K

防水性と耐久性に優れているポータブルHDD。本体外側はシリコンラバーで覆われており、タフに使えるのが特徴です。

防水レベルはIPX4等級で、水しぶき程度の生活防水に対応。耐久性は3mの高さからの落下テストをクリアするほどで、安心して持ち運べます。

容量は1TB。無料でダウンロードできるソフトウェア「SP Widget」を使えば、データの暗号化やバックアップなども可能です。外出用のポータブルHDDを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A75 SP010TBPHDA75S3S

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A75 SP010TBPHDA75S3S

アタッシュケースのような見た目が特徴的なUSB Type-C対応のポータブルHDD。ボディにアルミニウムを採用しており、キズや指紋が付きにくいほか、耐久性も高く、放熱効果に優れているのもポイントです。

容量は1TBで、サイズは124×82×12mmとスリムかつコンパクト。L字型のLEDライトが備わっており、起動確認が容易なのも魅力です。USB端子がType-Cに対応しているMacBookユーザーの方はぜひチェックしておきましょう。

シリコンパワー(Silicon-Power) SP010TBPHDA60S3K

シリコンパワー(Silicon-Power)  SP010TBPHDA60S3K

本体周辺に接続ケーブルを収納できるポータブルHDD。常にセットで持ち歩けるので、ストレスなく使い続けられるのが特徴です。

キズや指紋が付きにくいのもポイント。3mからの落下試験をクリアしており、耐久性も良好です。バックアップをする際は無料でダウンロードできるデータ管理ソフトウェアの「SP Widget」を使用。ファイル暗号化などの機能を備えているので、安心して使えます。容量は1TBで、1万円以下とリーズナブルなのも魅力。便利でお得なおすすめ製品です。

シリコンパワー(Silicon-Power) Stream S03 SP010TBPHDS03S3W

シリコンパワー(Silicon-Power)  Stream S03 SP010TBPHDS03S3W

本体の大きさが122.5×77.5mmとハガキよりも小さいサイズで、厚さも13.3mmと薄いポータブルHDD。手持ちのビジネスバックにも収納しやすいサイズ感なので、持ち運びやすさを重視している方におすすめです。

表面にはマット加工が施されており、指紋や傷が付きにくいのもポイント。容量は2TBながら価格は1万円以下と安価なのも魅力です。

KESU 外付けHDD ポータブルハードディスク

KESU 外付けHDD ポータブルハードディスク

シンプルなポータブルHDD。ボディ本体にABS素材を採用しているので、耐久性・防水性・難燃性を備えているのが特徴です。

容量は1TBで、価格は1万円以下と安価なのもポイント。なお、本シリーズは120GB・160GB・250GB・320GB・500GB・750GBと1TB以下の製品ラインナップが充実しているので、ちょっとした用途でポータブルHDDを使いたい方はチェックしておきましょう。

マーシャル(MARSHAL) 2TB ポータブルHDD MAL22000H2EX3-MK

マーシャル(MARSHAL) 2TB ポータブルHDD MAL22000H2EX3-MK

容量2TBで価格1万円以下とコスパの高いポータブルHDD。テレビに接続すれば番組録画も可能なので、動画や音楽、写真など、さまざまなデータを保存することができます。

サイズは106×78×17mmとコンパクトサイズで、手のひらに収まる程度の大きさ。また、ボディは強度が高く、放熱性にも優れているので、安心して持ち運べるのも魅力です。

トランセンド(Transcend) StoreJet 25C3S TS1TSJ25C3S

トランセンド(Transcend) StoreJet 25C3S TS1TSJ25C3S

コンパクトさが魅力のポータブルHDD。サイズは114.5×78.5×9.95mm、重さは133gと、特に薄さと軽さにこだわりたい方におすすめです。

容量は1TB。通常のUSBケーブルはもちろん、USB Type-Cケーブルも付属しているので、さまざまなパソコンに対応できるのもポイントです。ストレスなく持ち運ぶことができるので、外出先用のポータブルHDDを探している方はぜひチェックしておきましょう。

2万円未満のおすすめポータブルHDD

バッファロー(BUFFALO) HD-PCF2.0U3

バッファロー(BUFFALO) HD-PCF2.0U3

故障予測サービス「みまもり合図」に対応したポータブルHDD。「みまもり合図」とは本体の状態を自己診断する機能のことで、異常があればパソコンの画面上で確認できるのが特徴です。

また、テレビやブルーレイレコーダー内に保存してある番組データを転送することも可能なので、それらの容量アップを図りたい方にもおすすめ。安心感があるので、長く使えるポータブルHDDを探している方はぜひチェックしておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) MiniStation HD-PUS2.0U3

バッファロー(BUFFALO) MiniStation HD-PUS2.0U3

持ち運びに便利な薄型ボディのポータブルHDD。アルミ素材を採用しているほか、アルマイト加工を施すことによって傷つきにくく、なめらかな触り心地に仕上がっているのが特徴です。

本体の状態を細かく把握し、故障につながるような異常があればすぐに知らせてくれる「みまもり合図」に対応しているのもポイント。残りの容量が少なかったり、HDDが高温になったり、フォーマットの違いで使用ができなかったりした際に通知してくれるので、安心してデータ管理を行えます。満足度の高いおすすめのポータブルHDDです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) EC-PHU3W4D

アイ・オー・データ(I-O DATA) EC-PHU3W4D

4TBの大容量ながらコンパクト仕様のポータブルHDD。目安としては2400画素の写真データであれば約16万枚、4K動画であれば約141時間、320kbpsの音楽データであれば約48万曲と、たっぷりと保存できるのが特徴。

価格も安いので、コスパ重視でポータブルHDDを選びたい方におすすめのアイテムです。

トランセンド(Transcend) TS1TSJ25M3

トランセンド(Transcend) TS1TSJ25M3

シリコンカバー・衝撃吸収サスペンションダンパー・強化ケースの三層構造を採用した耐久性の高いポータブルHDD。落下試験もクリアしており、気兼ねなく持ち運びできるのが特徴です。

「ワンタッチ自動バックアップボタン」が搭載されており、手軽にデータバックアップができるのもポイント。サイズは129.5×80.8×16.1mmとコンパクトなので、カバンに収納する際もストレスなく対応できます。

トランセンド(Transcend) StoreJet 2.5 TS4TSJ25H3P

トランセンド(Transcend) StoreJet 2.5 TS4TSJ25H3P

3層構造の衝撃保護システムを備えた耐久性の高いポータブルHDD。サイズは131.8×80.8×24.5mmと手に収まるサイズ感にまとまっているので、気兼ねなく持ち運べるのが特徴です。

容量は4TB。同社のソフトウェア「Transcend Elite」をダウンロードしておけば、「ワンタッチ自動バックアップボタン」が有効化され、簡単にバックアップすることができます。ビジネスバッグなどに入れて常にポータブルHDDを持ち歩きたいという方はぜひチェックしておきましょう。

東芝(TOSHIBA) HD-PF20

東芝(TOSHIBA) HD-PF20

容量2TBのポータブルHDD。パソコンに保存した写真やテキストデータはもちろん、映像コンテンツの録画も可能なので、テレビやブルーレイレコーダーの保存データ容量をアップさせたい方におすすめです。

また、ディスプレイの解像度1024×768以上のWindowsパソコンであれば、付属のソフトウェア「ファイナル丸ごとバックアップ」が使えるので、簡単な操作でデータのバックアップをすることができます。

ラシー(LaCie) Mobile Porsche STET2000400

ラシー(LaCie) Mobile Porsche STET2000400

ドイツのアクセサリーブランド「ポルシェデザイン」とのコラボアイテム。シンプルながらスクエアなフォルムを採用しているので、ビジネスシーンで映えるポータブルHDDを求めている方におすすめです。

サイズは77×130×15mmで、重さは約240g。厚さ約3mmのアルミケースを採用しており、耐久性に優れているのもポイントです。シルバー調のカラーも魅力なので、特にAppleのMacシリーズとの親和性を意識したい方はぜひチェックしておきましょう。

2万円以上のおすすめポータブルHDD

エレコム(ELECOM) ELP-S010T3

エレコム(ELECOM) ELP-S010T3

トレンドマイクロ社のウイルススキャンエンジン「Trend Micro USB Security 2.1」を搭載している容量1TBのポータブルHDD。パソコンのウイルス対策ができるアイテムなので、セキュリティー重視でアイテムを選びたい方におすすめです。

紛失や盗難時の情報漏洩を防げるパスワードロック機能が付いているほか、保存したデータはすべて強制的に暗号化されるので、万が一本体を分解され直接データを取り出そうとされても、機密性を守ることができます。なお、対応機種はWindowsのみとなっているので、その点は注意しておきましょう。

G-Technology G-DRIVE mobile 0G06074AZ

G-Technology G-DRIVE mobile 0G06074AZ

ボディにアルミニウムを採用したスタイリッシュなポータブルHDD。通常のUSBタイプだけでなく、USB Type-Cのケーブルも付属しているので、汎用性が高いのが特徴です。

対応機種はWindows・Macの双方をカバーしており、Macに関しては「Time Machine」と「FileVault」をサポート。パスワード保護と暗号化によってセキュリティーの高いデータ管理ができます。

データ転送は最大130MB/sで、容量は4TBとスペックが高いのもポイント。おしゃれさと機能性を兼ね備えたおすすめアイテムです。

ADATA AHV300-5TU31

ADATA AHV300-5TU31

容量5TBのポータブルHDD。目安としては3MBの写真データであれば約160万枚、フルHDの動画であれば約855時間、128kbpsの音楽データであれば約130万曲と、大容量仕様となっています。

衝撃感知センサーが搭載されており、点灯色の違いで衝撃を確認できるのも特徴。また、Windowsのみですが、データ移行に便利な管理ソフト「HDDtoGO」が無料ダウンロードできるので、セキュリティー面も良好です。容量不足で悩みたくない方はぜひチェックしておきましょう。

ラシー(LaCie) Rugged Secure STFR2000403

ラシー(LaCie) Rugged Secure STFR2000403

USB Type-Cに対応しているポータブルHDD。アルミ素材でできたボディの周りをゴムバンパーでカバーしているので、耐衝撃性に優れているのが特徴です。

カラーはオレンジを採用しており、視認性が高いのもポイント。目立つので、デスクの置き忘れも軽減できます。

容量は2TBで、4K動画であれば約130時間の録画が可能。なお、USBケーブルは「Type-C to Type-C」のほか「Type-C to Type-A」も付属しているので、パソコンやテレビ、レコーダーにUSB Type-Cが備わっていなくても対応できます。

ラシー(LaCie) DJI Copilot STGU2000400

ラシー(LaCie) DJI Copilot STGU2000400

ドローンで有名なメーカー「DJI」とのコラボアイテム。本体端子にはUSBやThunderboltが搭載されているほか、付属品にはUSB Type-Cやmicro USB、Lightning対応のケーブルが用意されているので、さまざまな機器と接続できるのが特徴です。

容量は2TB。専用アプリ「Copilot BOSS」経由で容易にデータ管理ができるほか、ハードディスクの設定を変更することも可能です。ファイルの転送ステータスや空き容量、バッテリー駆動時間などを本体画面で確認できるのもポイント。耐衝撃性にも優れているので、シーンを問わずポータブルHDDを使いたい方におすすめです。

ソニー(SONY) PSZ-HC2T

ソニー(SONY) PSZ-HC2T

USBケーブルがセットになっているポータブルHDD。 USB Type-Cのポートも用意されているので、対応するケーブルを別途用意すれば、さまざまな機器と接続することができます。

ボディはシリコンカバーで覆われているので、持ち歩く際は手にしっかりフィットするのもポイント。さらに、本体内部には緩衝材が入っているため、耐衝撃性に優れているのも特徴です。

また、凹凸のあるデザインを採用しており、手に取りやすいのも魅力。なお、空気が通りやすい設計なので、放熱性にも配慮されています。

容量は2TB。防塵防滴はIP54レベルで、シーンを問わず安心して使えるのも魅力です。信頼度の高いポータブルHDDを探している方はチェックしておきましょう。

ポータブルHDDのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ポータブルHDDのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。