MacBookユーザーの悩みのひとつに挙げられるのが、内蔵ストレージの容量不足。特に、最新モデルには比較的容量の少ないSSDが搭載されているので、空き容量を圧迫しやすいのも懸念点です。

そこでおすすめなのが「外付けハードディスク」。MacBookの購入後でも簡単にストレージ容量を確保でき、多くの画像や動画を保存できるのが魅力です。今回は、MacBookユーザー向けの外付けハードディスクのおすすめモデルをご紹介します。

外付けハードディスクとは?

By: westerndigital.com

外付けハードディスクとは、パソコンと接続して使用する外部記憶装置のことです。パソコン本体のHDD容量が少なくなったときに、USBケーブルと繋げるだけで容量を増やせます。また、データをバックアップしておけば、パソコンの不具合にも備えられるので安心です。

外付けハードディスクの選び方

種類で選ぶ

据え置きタイプ

By: lacie.com

MacBookの近くに置いて、固定して使うタイプが据え置き型の外付けハードディスクです。ストレージ容量が大きいモデルも多く、6TBを超える大容量の製品もラインナップされています。持ち運びには向いていませんが、大量の高解像度画像や動画を保存したい方におすすめです。

ポータブルタイプ

コンパクトサイズで携帯に便利なのが、ポータブルタイプの外付けハードディスクです。外部電源が不要で、MacBookと接続するだけで手軽に使えるのがメリット。ストレージ容量が小さめのモノが多く、2TB前後のモデルが多くラインナップされています。普段からMacBookと一緒に持ち歩きたい方におすすめです。

容量で選ぶ

外付けハードディスクは、低価格の小容量タイプから高価格の大容量タイプまで、さまざまな製品が展開されています。そのため、用途に合った容量を選ぶのが大切です。動画や写真を撮影するのが趣味の方は、余裕のある大容量タイプがおすすめ。撮った画像などを削除することなく、多くのデータを保存できます。

仕事などで使うExcelやWordファイルの保存が目的の方は、1〜2TB前後のタイプでも十分。外付けハードディスクはストレージ容量の大きさによって価格も変わるので、予算に応じて選びましょう。

転送速度で選ぶ

転送速度の確認は外付けハードディスクを選ぶ際の重要なポイントです。転送速度が速いと、大容量ファイルの移行や定期的なバックアップ作業が短時間で完了するため快適。最大転送速度はUSBのバージョンによって異なり、USB 2.0が480Mbps、USB 3.2 Gen 1(USB 3.0)は5Gbps、USB 3.2 Gen 2(USB 3.1)なら10Gbpsと、バージョンが上がるほど高速になります。

また、バージョンが違う機器同士を繋いだ場合、速度が遅いほうの性能に合わせられるので覚えておきましょう。MacBookの搭載しているUSB Type-Cポートは「Thunderbolt 3」規格に対応しており、最大40Gbpsでの高速データ転送が可能。同規格を搭載した外付けハードディスクの種類は現時点でそれほど多くありませんが、転送速度を重視する方はチェックしてみてください。

接続インターフェースで選ぶ

現在販売されているMacBookシリーズは、全てのUSBポートにType-Cコネクターを採用しています。シンメトリーデザインのため、上下左右を気にしながら挿し込む面倒もありません。

MacBook向けの外付けハードディスクには、USB Type-C搭載モデルを選ぶのがおすすめです。ただし、Type-Aの製品と比べると種類の少ないのが難点。Type-A端子への変換アダプターや変換ケーブルがあればMacと繋げて使うことは可能なので、その点も考慮して選んでみてください。

セキュリティ性で選ぶ

By: westerndigital.com

ポータブルタイプの外付けハードディスクはコンパクトなので、持ち運びがしやすい一方、紛失しやすいのが懸念点。紛失してしまうと、仕事で使用している場合は企業情報の漏洩に繋がるほか、プライベートの大切なデータが流失する恐れもあります。

セキュリティ機能が備わっている外付けハードディスクなら、保存したデータはパスワードで保護されるため安心。万が一紛失しても、第三者にデータを見られる心配が少なく済みます。

防水性で選ぶ

防水機能が備わっている外付けハードディスクは、水に濡れてしまっても保存データの破損を防ぎやすいのが特徴。タフな環境で外付けハードディスクを使用したい方は、ぜひチェックしておきましょう。

Wi-Fi対応の有無で選ぶ

Wi-Fi対応の外付けハードディスクは、ケーブルなしでデータを保存可能。Wi-Fiの設定をしておけば、MacBookだけでなくスマホからデータにアクセスできるモデルも存在します。ストレージ容量が小さいスマホを使用している方なら、容量不足を手軽に補えて便利。また、USBコネクタも搭載されたモデルなら、シーンによって無線と有線を使い分けられます。

MacBook向け外付けハードディスクのおすすめ|据え置き

バッファロー(BUFFALO) 外付けハードディスク 4TB HD-AD4U3

多様な機器と繋いで便利に使える

手頃な価格で購入できる大容量の外付けハードディスク。4TBのHDDドライブを搭載しているため、パソコンのバックアップはもちろん、テレビ番組の録画用途にも活躍する据え置きタイプの製品です。

ファンレス設計が採用されているので、寝室や静かなオフィスでも安心して使用することが可能。さらに、シリコンゴムを使ったフローティング構造により、振動による音の発生も抑えています。

ソニーのハンディカムやゲーム機と接続できるのも本モデルの特徴。カメラで撮影した映像を保存したり、PS4やXbox Oneのデータをバックアップしたりと重宝します。多様な機器と繋いで便利に使える製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD 4TB EX-HDAZ-UTL4K

テレビ番組の録画用途にも使える

MacとWindows両方のパソコンで利用できる外付けハードディスクを探している方におすすめのモデルです。無料ソフト「NTFS-3G for Mac I-O DATA」をMacBookにインストールしておくことで、NTFS形式にフォーマットされたドライブへのアクセスが可能。2種類のパソコン間でデータの共有が簡単におこなえます。

そのほか、テレビ番組の録画用途に使えるのも特徴。シャープ・パナソニック・ソニーなど、国内外の主要メーカーが販売するテレビやレコーダーでの動作確認がされているので安心です。ただし、テレビとパソコン間でのデータ共有はできないため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

ウエスタンデジタル(Western Digital) G-Technology 外付けハードディスク 6TB G-DRIVE USB-C 0G05673

Macパソコンとの外観上の相性が良好

USB Type-Cポートを採用した据え置きタイプの外付けハードディスクです。最大45WのPower Deliveryに対応しているのが特徴。データの読み書きをしながらMacBookへの充電もできて便利です。

また、筐体にはアルミニウム素材を採用しているため、Macパソコンとの外観上の相性は良好。さらに、USB Type-Cケーブルに加え、Type-C to Type-Aケーブルが付属しているのもポイントです。

ウエスタンデジタル(Western Digital) デスクトップHDD My Book Duo 36TB WDBFBE0360JBK-JESE

36TBの大容量ドライブを搭載した外付けハードディスクです。ミラーリング(RAID 1)に対応しているのが特徴。書き込みをする際に全く同じデータを自動で複製する便利な機能です。万が一片方のドライブが故障しても、もう片方のドライブに記録が残っているため、重要なデータのバックアップ用途に適しています。

256bitのAESハードウェア暗号化と、パスワードロックに対応しているのも特徴。不正なアクセスによる情報漏洩リスクを抑えられます。また、USB Type-CとType-Aポートを搭載しているのもポイントです。

シーゲート(SEAGATE) 3.5インチHDD MX 4TB SGD-MX040UBK

世界でも有数のHDDメーカー「シーゲート」の外付けHDDです。Mac OSのHigh Sierraに対応。縦置き・横置き両方で使えるため、場所に合わせて省スペースで置けます。USB3.1に対応しており、大容量のデータも高速で転送可能。また、静音設計で、作業に集中したい方にも向いています。

シンプルかつスタイリッシュで、さまざまなインテリアになじむデザインも魅力。価格も安く高性能なので、コスパを重視する方におすすめのモデルです。

ラシー(LaCie) 外付けハードディスク 4TB 1big Dock STHS4000800

外付けハードディスクとしてはもちろん、ハブステーションとしても活躍するモデルです。Thunderbolt 3規格に対応したUSB Type-C×2をはじめ、Type-A・Display Port・SDカードスロットといった豊富なインターフェースを搭載しているのが特徴。Type-Cポートは最大45WのPower Deliveryに対応しているため、さまざまなデバイスに対して急速充電がおこなえます。

デイジーチェーン接続に対応しているのも特徴です。本機を中心に同タイプの外付けハードディスクや4Kモニターなど、最大6台の周辺機器が接続可能。インターフェースの数が限られているノートパソコンで、複数の周辺機器を利用したい方におすすめのモデルです。

ラシー(LaCie) 外付けハードディスク 6TB d2 Professional STHA6000800

USB 3.2 Gen 2に対応したType-Cポートを搭載している外付けハードディスクです。最大10Gbpsでの高速データ転送が可能。写真や動画など容量の大きなファイルの保存がスピーディに実行できます。

放熱性に優れたアルミ製のケースを採用しているのもポイント。冷却用のファンも搭載しており、内部の熱を効率的に排出することが可能です。ドライブの温度上昇が抑えられるので、長期間安心して使用できます。

MacBook向け外付けハードディスクのおすすめ|ポータブル

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD 2TB HD-PGAC2U3-BA

USB Type-AとType-C、2種類のケーブルが付属した外付けハードディスクです。MacとWindows両方のパソコンで利用できて便利。コネクタをしっかりと保持する構造を採用しているため、接続箇所の故障リスクを抑えられます。

底部には衝撃吸収材を配置しているのもポイント。さらに、本体側面に滑りにくいゴム素材を採用するなど、落下を防ぐとともに万が一の衝撃からドライブを保護する工夫が施されているのも魅力です。

東芝(TOSHIBA) Canvio 1TB HD-TPA1U3-B

東芝のポータブルHDDを、バッファローが販売・サポートしているモデルです。重さは約125g、サイズは78×14×109mmと軽量コンパクトで持ち運びに便利。USBバスパワーに対応しており、USBケーブル1本のみで電源供給できます。

故障予測サービス「みまもり合図」に対応しているのもポイント。パソコンに接続した外付けHDDの自己診断機能「S.M.A.R.T.」情報をクラウド上に蓄積し、状態を把握できます。Mac OSにも対応しているソフトウェアを、パソコンにインストールすることで利用可能です。

HDDのなかでは価格が安いのもポイント。コスパを重視する方や、故障でデータが消失するリスクを低減したい方におすすめのモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルハードディスク 2TB HDPX-UTS2K

2TBのドライブを内蔵した、手頃な価格が魅力の外付けハードディスクです。筐体に高級感のあるアルミ素材を採用。サイドにあしらわれたカラーラインがおしゃれで、スタイリッシュなデザインのMacBookとよくマッチします。静音設計がされているため、会議室やカフェなど、静かな場所でも周囲に気兼ねなく使用することが可能です。

Mac OSの「Time Machine」に対応しているのが特徴。最初に設定しておけば、面倒なバックアップ作業を自動的に実行できるので便利です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルハードディスク カクうす HDPX-UTC2

全面にアルミ製の筐体を採用したモデルです。MacBookと一緒に持ち運んで使うのにおすすめ。無料ソフト「NTFS-3G for Mac I-O DATA」をダウンロードしておけば、Windowsからでもアクセスできて便利です。

USB Type-AとType-Cケーブルが付属しており、変換コネクタを使わなくても繋げられます。また、静音設計がされているのもポイント。寝室で使用しても動作音が気にならないレベルと謳われているので、図書館やカフェなどでも周囲に気兼ねなく利用できます。

ウエスタンデジタル(Western Digital) My Passport Ultra for Mac 2TB WDBKYJ0020BSL

USB Type-Cポートを搭載した、ポータブルタイプの外付けハードディスクです。MacOS用にフォーマットされているのが特徴。再フォーマットをする手間がなく購入後すぐに使い始められます。「TimeMachine」に対応しているため、パソコンのバックアップも簡単です。

「HFS+ドライバーソフト」を利用すれば、WindowsOS搭載機からのアクセスも可能。アルミ素材を採用したボディはMacBookとの相性も良好なので、ぜひチェックしてみてください。

ウエスタンデジタル(Western Digital) My Passport Wireless Pro 4TB WDBSMT0040BBK-NESN

Wi-Fiによるワイヤレス接続に対応した外付けハードディスクです。パソコンはもちろん、スマホやタブレットでも利用したい方におすすめ。ケーブルを繋ぐ手間がなく、スマートにデータを転送できるのが特徴です。

また、持ち運ぶ荷物が減らせるため、外出先で使用する機会が多い方にも適しています。さらに、SDカードスロットを搭載しているのも本モデルの特徴。デジカメで撮影した写真やビデオの共有が簡単におこなえます。

シーゲート(SEAGATE) Backup Plus Portableドライブ 4TB STHP4000404

ポリッシュ加工を施したアルミボディがおしゃれな外付けハードディスクです。4TBの大容量ドライブを内蔵しているのが特徴。パソコン内のデータを丸ごとバックアップする用途におすすめのモデルです。多くの写真や動画ファイルなどを持ち運ぶのにも適しています。

提供されているソフトを利用して、バックアップのカスタマイズができるのもポイント。定期的に自動で実行させたり手動でおこなったりと、使い方に合わせて選べるので便利です。

トランセンド(Transcend) スリムポータブルHDD 1TB TS1TSJ25M3G

耐衝撃性に優れた外付けハードディスクを探している方におすすめのモデルです。シリコンカバー・衝撃吸収サスペンションダンパー・強化ケースで構成された、三層構造を採用しているのが特徴。米軍の「MIL-STD-810G」規格に準じた落下試験をパスしたと謳われており、大切なデータを安心して持ち運ぶことが可能です。

「ワンタッチ自動バックアップボタン」を搭載しているのもポイント。ボタンを押すだけでバックアップが実行できるので簡単です。重要データを持ち運ぶ機会が多いビジネス用途でも活躍するため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シリコンパワー(Silicon-Power) ポータブル 外付けHDD 1TB SP010TBPHDA60S3A

IPX4等級の防水性能を備えた外付けハードディスクです。小雨など、多少の水濡れであれば安心して使えます。衝撃に強いタフネスボディを採用しているのも特徴です。丈夫なゴム製の筐体を使用しているため、落下などの衝撃から内蔵ドライブをしっかりとガードします。

本体側面に付属のUSBケーブルが取り付けられるのもポイント。スッキリとまとめられて携帯しやすいうえ、ケーブルを紛失するリスクも防げて便利です。

ロジテック(Logitec) Mac専用ポータブルHDD 1TB LHD-PBM10U3MSVR

MacOSを搭載したパソコン専用の外付けハードディスクです。肉厚の衝撃吸収ラバーフレームとフローティング構造を採用しているのが特徴。高い耐衝撃性を確保しているため、大切なデータを安全に持ち運ぶことが可能です。容量1TBのドライブを搭載しており、書類・写真・ビデオなど、さまざまな種類のデータを気軽に携帯できます。

電源はUSBバスパワー方式を採用。ACアダプターを繋ぐ手間がなく、ケーブル1本で利用できます。また、L型コネクタを採用しているので、デスク上での引き回しが気になりにくいおすすめのモデルです。

ラシー(LaCie) ポータブルハードディスク 5TB Mobile Drive STHG5000402

インターフェースにUSB Type-Cを採用した、ポータブルタイプの外付けハードディスクです。変換ケーブルを使わずダイレクトに接続することが可能。また、Mac用に再フォーマットをする必要がなく、購入後すぐに使いはじめられるのも便利なポイントです。

USB 3.2 Gen 1規格に対応しており、最大5Gbpsでの高速データ転送がおこなえます。筐体にはアルミ素材を採用。ダイヤモンドカットの施されたシンプルでシャープなデザインを採用しているため、MacBookとの外観上の相性は良好です。持ち運びができる大容量モデルが欲しい方にもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください。

ラシー(LaCie) ポータブルハードディスク 4TB Rugged USB-C STFR4000800

耐衝撃性に優れた外付けハードディスクを探している方におすすめのモデルです。丈夫で軽量なアルミ製ボディの周囲に、ゴムバンパーを配置した保護構造を採用。万が一の落下などによる衝撃を吸収し、大切なデータをしっかりと守ります。アウトドアに持ち出す機会の多い方でも、安心して使用することが可能です。

USB Type-C端子を備えているため、変換アダプタを使う必要はありません。Type-C to Type-Aケーブルが付属しており、Type-Aポート搭載デバイスでも利用できるなど使い勝手は良好です。