MacBookユーザーが悩む内蔵ストレージの容量不足を解消する「外付けハードディスク」。特に、MacBookの最新モデルには比較的容量の少ないSSDが搭載されているので、1台あると便利です。

今回は、MacBookユーザー向け外付けハードディスクのおすすめモデルをご紹介します。多くの画像や動画を保存したい方は、チェックしてみてください。

外付けハードディスクとは?

外付けハードディスクとは、パソコンと接続して使用する外部記憶装置のことです。パソコン本体のハードディスク容量が少なくなったときに、USBケーブルと繋げるだけで容量を増やせます。また、データをバックアップしておけば、パソコンの不具合にも備えられて便利です。

外付けハードディスクの選び方

種類で選ぶ

据え置きタイプ

By: buffalo.jp

MacBookの近くに置いて、固定して使うタイプが据え置き型の外付けハードディスクです。ストレージ容量が大きいモデルも多く、6TBを超える大容量の製品もラインナップされています。持ち運びには向いていませんが、大量の高解像度画像や動画を保存したい方におすすめです。

ポータブルタイプ

By: amazon.co.jp

コンパクトサイズで携帯に便利なのが、ポータブルタイプの外付けハードディスクです。外部電源が不要で、MacBookと接続するだけで手軽に使えるのがメリット。ストレージ容量が比較的小さめで、2TB前後のモデルが多くラインナップされています。普段からMacBookと一緒に持ち歩きたい方におすすめです。

容量で選ぶ

外付けハードディスクは、低価格の小容量タイプから高価格の大容量タイプまで、さまざまな製品が展開されています。そのため、用途に合った容量を選ぶのが大切です。頻繁に動画や写真を撮影する方は、余裕のある大容量タイプがおすすめ。空き容量確保のために撮った画像などを削除することなく、多くのデータを保存できます。

仕事などで使うExcelやWordファイルの保存が目的の方は、1〜2TB前後のタイプでも十分。外付けハードディスクはストレージ容量の大きさによって価格も変わるので、予算に応じて選びましょう。

転送速度で選ぶ

転送速度の確認は外付けハードディスクを選ぶ際の重要なポイント。転送速度が速いと、大容量ファイルの移行や定期的なバックアップ作業が短時間で完了するため快適に使用可能です。

最大転送速度はUSBのバージョンによって異なり、USB 2.0が480Mbps、USB 3.2 Gen 1(USB 3.0)は5Gbps、USB 3.2 Gen 2(USB 3.1)なら10Gbpsと、バージョンが上がるほど高速になります。また、バージョンが違う機器同士を繋いだ場合、速度が遅いほうの性能に合わせられるので覚えておきましょう。

MacBookが搭載しているUSB Type-Cポートは「Thunderbolt 3」規格に対応しており、最大40Gbpsでの高速データ転送が可能。同規格を採用した外付けハードディスクの種類は現時点でそれほど多くありませんが、転送速度を重視する方はチェックしてみてください。

接続インターフェースで選ぶ

現在販売されているMacBookシリーズは、全てのUSBポートにType-Cコネクタを採用しています。シンメトリーデザインのため、上下左右を気にしながら挿し込む面倒もありません。

MacBook向けの外付けハードディスクには、USB Type-C搭載モデルを選ぶのがおすすめです。ただし、Type-Aの製品と比べると種類の少なさが難点。Type-A端子への変換アダプタや変換ケーブルがあればMacと繋げて使うことは可能なので、その点も考慮して選んでみてください。

セキュリティ性で選ぶ

By: transcend-info.com

ポータブルタイプの外付けハードディスクはコンパクトなので、持ち運びがしやすい一方、紛失しやすいのが懸念点。紛失してしまうと、仕事で使用している場合は企業情報の漏洩に繋がるほか、プライベートの大切なデータが流失する恐れもあります。

セキュリティ機能が備わっている外付けハードディスクなら、保存したデータはパスワードで保護されるため安心。万が一紛失しても、第三者にデータを見られる心配が少なく済みます。

防水性で選ぶ

防水機能が備わっている外付けハードディスクは、水に濡れてしまっても保存データの破損を防ぎやすいのが特徴。タフな環境で外付けハードディスクを使用したい方は、ぜひチェックしておきましょう。

Wi-Fi対応の有無で選ぶ

Wi-Fi対応の外付けハードディスクは、ケーブルなしでデータを保存可能。Wi-Fiの設定をしておけば、MacBookだけでなくスマホからデータにアクセスできるモデルも存在します。ストレージ容量が小さいスマホを使用している方なら、容量不足を手軽に補えて便利。また、USBコネクタも搭載されたモデルなら、シーンによって無線と有線を使い分けられます。

MacBook向け外付けハードディスクのおすすめ|ポータブル

シーゲート(SEAGATE) One Touch 外付けハードディスク 5TB STKZ5000400


持ち運びに便利な、大容量の外付けハードディスクを探している方におすすめのモデルです。容量5TBのドライブを内蔵しているので、多くの動画や写真データの保存が可能。USB 3.2 Gen 1規格に対応しているため、最大5Gbpsの高速データ転送がおこなえます。

また、exFAT形式でフォーマットがされており、MacとWindowsの両方で利用できるのも便利なポイントです。ケース素材にはアルミニウムを採用。ポリッシュ加工を施すことで高級感のある外観に仕上げており、MacBookと調和します。

ラシー(LaCie) Rugged USB-C 5TB STFR5000800


屋外で使用する機会が多い方におすすめの外付けハードディスクです。ゴム製のバンパーを搭載しており、落下などの衝撃からボディをしっかりと保護します。また、USB Type-Cコネクタを採用。付属のケーブルでMacBookと直接接続できます。

5TBのドライブを内蔵しているので、撮影したたくさんの写真やビデオデータを保存可能です。また、USB 3.2 Gen 1規格に対応しているため、大容量ファイルの転送がスピーディに実行できます。

ラシー(LaCie) Mobile Drive 2TB STHG2000400


MacとWindowsの両方に対応するexFAT形式でフォーマットされた外付けハードディスクです。USB 3.2 Gen 1規格に対応しているため、大量のファイルが短時間で移行できます。また、USB Type-Cコネクタを搭載しており、変換アダプタを使わずダイレクトに接続できるのも便利です。

ダイヤモンドカットが施された、シャープでスタイリッシュなデザインも魅力。見た目にこだわって選びたい方にもおすすめです。また、自動バックアップやセキュリティ管理ができるソフト「Toolkit」が付属します。

サンディスク(SanDisk) ポータブルハードディスク G-DRIVE ArmorATD 4TB SDPH81G-004T-GBAND


持ち歩く機会の多い方におすすめの外付けハードディスクです。軽量かつ頑丈なアルミ製の筐体を採用。ゴムバンパーや内部の衝撃吸収素材との組み合わせにより、高い耐衝撃性を実現しています。携帯時に万が一落下させてしまっても慌てる心配がありません。

また、Mac用のフォーマットがされており、購入してすぐに使いはじめられるのも嬉しいポイントです。「Time Machine」に対応しているので、バックアップ作業が容易におこなえます。変換アダプタ不要で、付属のケーブルを用いてMacBookに直接接続できるなど、使い勝手も良好です。

ウエスタンデジタル(Western Digital) ポータブルドライブ My Passport Ultra for Mac 2TB WDBKYJ0020BSL


容量2TBのドライブを内蔵した、ポータブルタイプの外付けハードディスクです。USB 3.2 Gen1規格に対応しているため、高速なデータ転送が可能。Mac向けにフォーマットがされているので、繋ぐだけですぐに使いはじめられます。

インターフェースにはUSB Type-Cコネクタを採用。変換アダプターを持ち歩く必要がなく、Type-Cケーブルでダイレクトに接続可能です。ドライバソフトを利用すればWindowsパソコンからでもアクセスできます。MacBookのバックアップ用途におすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD ミニステーション 2TB HD-PCFS2.0U3-BBA


故障予測サービス「みまもり合図」に対応したモデル。クラウドに保存した情報から、外付けハードディスクの健康状態を診断・判定して知らせます。経年劣化にともなう故障発生の予測がしやすいため、データを失うリスクを減らせるのがメリット。大切なビジネスデータの保存におすすめです。

コンパクトで薄型のボディを採用。重さも約175gと軽量のため、ポケットやカバンに入れて気軽に持ち歩けます。ただし、NTFS形式でフォーマットされているので、Mac用にフォーマットし直す必要がある点には留意が必要です。

トランセンド(Transcend) ポータブルHDD StoreJet 25M3C 2TB TS2TSJ25M3C

三層構造を採用した外付けハードディスクです。シリコンラバーカバーをはじめ、衝撃吸収サスペンションダンパーやハードケースにより、大切なデータを落下などの衝撃からしっかりと保護。米軍のMIL規格に相当する優れた耐衝撃性能を持つと謳っています。持ち運ぶ機会が多い方におすすめのモデルです。

USB Type-Cコネクタを搭載しているためMacBookとの相性は良好。Type-CのほかType-A – Type-Cケーブルが付属しているので、多様なパソコンに接続できます。

シリコンパワー(Silicon-Power) Armor A85M 2TB SP020TBPHD85MS3S


IP68等級の非常に高い防水・防塵性能を搭載した外付けハードディスクです。シームレスな筐体デザインを採用しているのが特徴。ホコリや水濡れを心配せずに使用できます。過酷なアウトドア環境での利用におすすめのモデルです。

サスペンションシステム・カップ状ラバー・ステンレススチールの3層構造で、保存したデータをしっかりと保護。ミリタリーグレードの耐衝撃性を有すると謳っています。ケーブルを背面に固定できるので、持ち運ぶ際に便利です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルハードディスク カクうす 1TB HDPX-UTS1S


携帯性に優れたMacBook向け外付けハードディスクです。厚さは約8.6mm。重さは約130gと軽量なので容易に持ち運びできます。また、USBバスパワーで駆動するため、ACアダプターを持ち歩く必要がないのも便利です。筐体にアルミ素材を採用。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、MacBookとの相性は良好です。

Windows向けのNTFS形式でフォーマットされていますが、無料アプリをインストールすれば、MacBookで使う際の再フォーマットが不要。また、Appleシリコンに対応しているため、M1チップ搭載モデルを所有している方も安心して購入できます。

ただし、USB Type-A to Type-C変換アダプタが必要なので、購入を検討している方は準備しておきましょう。

東芝(TOSHIBA) ポータブルHDD Canvio 1TB HD-TPA1U3-B/N


1TBの容量を備えた手頃な価格の外付けハードディスク。ExcelやWordなど書類の保存がメインの方におすすめです。厚さ14mmの薄型設計に加え重さも約125gと軽量なため、カバンやリュックの中でかさばらず容易に持ち運びできます。

バッファローが運営する充実のサポート体制も魅力。電話・メール・LINEなどによる相談窓口が設けられているため、初心者の方でも安心して購入できます。ただし、USB Type-Aコネクタを採用しているので、変換アダプタが必要な点は留意しておきましょう。また、macOSで使用する場合、再フォーマットが必要です。

MacBook向け外付けハードディスクのおすすめ|据え置き

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) Mac用外付けハードディスク G-Drive with Thunderbolt 3 14TB 0G10430

14TBの大容量を実現した外付けハードディスク。映像制作や動画編集など、容量の大きなデータを扱うプロのクリエイターにおすすめです。最大250MB/秒のデータ転送がおこなえると謳っており、大容量ファイルの移行が短時間で済ませられます。

Thunderbolt 3規格に対応したUSB Type-Cコネクタを搭載しているのが特徴。対応する外付けドライブやモニターなど、最大5台のデバイスがデイジーチェーン接続できます。1つのUSBポートで多くの周辺機器が利用できるので、ポート数が少ないMacBookにピッタリです。

ラシー(LaCie) 外付けHDD d2 Professional 8TB STHA8000800


USB Type-Cコネクタを搭載した、MacBookにピッタリのモデル。USB 3.2 Gen2規格に対応しており、最大240MB/秒の高速データ転送がおこなえると謳っています。容量の大きなデータを頻繁に取り扱う、オフィスユースにおすすめの外付けハードディスクです。

放熱性に優れたアルミ製の筐体を採用。内部の温度上昇が抑えれられるため、長時間の稼働でも安定したパフォーマンスが期待できます。さらに、エンタープライズクラスのドライブを内蔵するなど信頼性は良好です。WindowsパソコンやiPadでも利用できるので、気になる方はチェックしてみてください。

ウエスタンデジタル(WESTERNDIGITAL) デスクトップドライブ My Book 4TB WDBBGB0040HBK


ビジネス用途におすすめの外付けハードディスクです。256ビットのAESハードウェア暗号化技術を搭載するなど、優れたセキュリティ性を備えているのが特徴。パスワードロック機能との組み合わせにより、重要データをしっかりと保護します。また、USB 3.2 Gen 1規格に対応しているため、大容量のファイルをスムーズに移行可能です。

exFAT形式でフォーマットがされているので、MacとWindowsのどちらからでもアクセスできます。ただし、macOSの「Time Machine」機能を利用するには再フォーマットが必要です。購入を検討している方は、あらかじめ留意しておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) ネットワーク対応HDD 4TB LS210D0401G


ネットワークに対応した外付けハードディスクです。Wi-Fiルーターの有線LANポートに接続するだけで、パソコンはもちろんスマホやタブレットからでもアクセスが可能。データの共有やバックアップ操作を、複数のデバイスでおこないたい方におすすめのモデルです。

「WebAccess」アプリをインストールすれば外出先からでもアクセスができるため、データを保存して持ち運ぶ必要はありません。DLNAサーバー機能を搭載しているのもポイント。パソコンから保存した映像や音楽を、テレビなどの対応機器で楽しむことが可能です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けハードディスク 4TB EX-HDAZ-UTL4K

パソコンのデータ保存だけでなく、テレビ番組の録画用途にも使えるモデルです。ファンレス構造のため、視聴中にファンの騒音が気になる心配はありません。また、ゴム足やフローティング構造を採用しており防振性に優れているのが魅力。寝室などへも安心して設置できる外付けハードディスクです。

無料アプリ「NTFS-3G for Mac I-O DATA」を利用すればMacからの読み書きが可能。暗号化機能を搭載しているので大切なデータの流出が防げます。ただし、テレビとパソコンのデータ共有はできません。購入を検討している方は留意しておきましょう。