テレビを録画する際に、大容量の「外付けHDD」を使用すれば多数の番組を録画できます。簡単に増設できるため、テレビ番組を撮り溜めしたい方に人気のアイテムです。

そこで今回は、テレビ録画におすすめの外付けHDDをご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

「録画用」と「データ用」の違い

By: amazon.co.jp

テレビ録画用の外付けHDDとデータ用の外付けHDDは、構造上はほとんど違いがありません。そのため、どちらを購入しても基本的には使用できます。

ただ、録画用の外付けHDDは、各メーカーのテレビで使用できるかを事前に動作確認を行っているモノが多く、安心して使用できるのが特徴。録画データを安定して読み込み・書き込みができるか、しっかり転送できるかなどを購入する前に知れるので、用途に適したモノを選びやすくなります。

録画用のモデルをデータ用として、データ用のモデルを録画用として使用する場合は、それぞれデータをフォーマットする必要があるため注意が必要。どちらの用途でも使用したい方は、それぞれ専用の外付けHDDを購入するのがおすすめです。

外付けHDDの種類

据え置き型

By: elecom.co.jp

据え置き型の外付けHDDは、オフィスや自宅のリビングなど、決まった場所に設置して使用するモデルです。比較的容量の大きなモノや、デジタル放送の録画に対応したモノなど、便利な機能が搭載されたモデルを多数ラインナップ。テレビ番組をまとめて録画したり、パソコンを丸ごとバックアップしたりする用途にも向いています。

また、容量に対してリーズナブルでコスパに優れたモデルが多いのも魅力。縦置きと横置きの両方に対応しているモデルもあるので、設置する場所を考慮して選ぶようにしましょう。「ファンレス設計」のモデルであれば動作音が静かなため、寝室などにもぴったりです。

ポータブル型

By: amazon.co.jp

ポータブル型の外付けHDDは小型軽量なのが特徴。大容量データを気軽に持ち運べます。また、省電力設計のモデルが多く、USBケーブルを経由して電源が取れるのもポイント。コンセントのない場所でも、USBケーブル1本で使えます。テレビ周りをスッキリさせたい方におすすめです。

テレビ録画対応外付けHDDの選び方

自宅のテレビに対応しているかチェック

By: elecom.co.jp

録画用の外付けHDDを選ぶ際は、自分が使用しているテレビに対応しているかを要チェック。基本的に録画用の外付けHDDは、メーカーの公式ページで対応機種が記載されています。対応機種が多ければテレビを買い替えても引き続き使える可能性が高いので、買い替えの予定がある方は対応機種の数もチェックしておきましょう。

なお、メーカー自体が対応していても、シリーズや型番によっては対応していないことも。購入する際は型番までしっかり確認するのがおすすめです。

容量は2TB以上のモデルがおすすめ

By: rakuten.co.jp

容量は自分が録画する頻度や番組数で選ぶのが一般的。録画したモノを観てすぐ消すといった方は1TB程度で十分ですが、気に入った番組を残しておきたい方や、録画したい番組数が多い方は最低でも2TB以上のモデルを選びましょう。

もちろん、たくさん撮りだめしたい方は4TBや8TBなど大容量のモノが便利ですが、容量が増えるほど価格も高くなるので要注意。自分に適した容量のモノを選んでみてください。

SeeQVault対応かをチェック

デジタル放送は著作権によって保護されているため、基本的に番組を録画したテレビでしか再生できません。例えば、テレビを買い替えた場合に、外付けHDDを新しいテレビに接続しても、過去の録画データは視聴できなくなります。

テレビを買い換える予定のある方におすすめなのが、「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応した外付けHDD。SeeQVaultとは、パナソニック・サムスン・東芝・ソニーの4社によって開発されたコンテンツ保護技術です。SeeQVault対応の機器なら、録画に使用したテレビ以外でも、コンテンツを再生できます。

テレビ録画対応の外付けHDDのおすすめ|据え置き型

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-NRLD2.0U3-BA

テレビやパソコンなど幅広い機種に対応した、汎用性の高い据え置き型の外付けHDD。リーズナブルながら容量は2TBで、大量の番組を録画できます。

また、故障を予測する「みまもり合図」に対応しているのも魅力のひとつです。パソコンに接続されている自己診断機能「S.M.A.R.T.」により、情報をクラウドに蓄積。HDDの健康状態を把握し、状態判定を知らせます。

さらに、静かながら発熱を効率よく放熱できるファンレス対応のため、安心して使えるのもうれしいポイント。汎用性の高い高コスパモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-LE3U3-BA

テレビやパソコンなどの幅広い機種に対応した、据え置き型の外付けHDDです。わずか幅114×高さ33×奥行171mmのコンパクト設計で、どこにでもスッキリ設置できます。

高い静音性を備えたファンレス設計に加えて、音漏れの原因となる通気孔を塞ぐことで、より高い静音化を実現。発熱を効率的に放熱するため、安心して使えるのもうれしいポイントです。

さらに、故障を予測してバックアップを促す「みまもり合図 for AV」を搭載。故障する前に録画番組を新しいHDDに有償で移せるのも魅力です。録画番組を長く残しておきたい方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) USB3.0対応外付けHDD HDV-SQ4.0U3/VC

高性能な据え置き型の外付けHDDです。4TBの大容量を備えているので、大量の番組を録画できます。録画したテレビやレコーダー以外の機器でも録画番組を引き継げる「SeeQVault」に対応。寝室や子供部屋などに持ち運んで、好きな場所で録画番組を楽しめます。

さらに、24時間の連続使用でも安定した動作を実現しているのもポイント。ファンレス・エアフロー・防振設計により、優れた静音性を備えているのも魅力です。SeeQVault機能を搭載しているため、テレビの買い換えを検討している方にも適しています。

バッファロー(BUFFALO) パソコン&テレビ録画用外付けHDD HD-EDS4U3-BC

幅広いメーカーのテレビに対応した、汎用性の高い据え置き型外付けHDD。縦置き・横置きの両方に対応しており、置き場所を選ばず自由に設置できるのが特徴です。本製品はLEDを後方の角に設置しているため、録画番組の視聴時に気になりにくく、電源状態の確認も簡単にできます。

また、テレビの電源ON・OFFと連動して自動でスタンバイする「電源連動機能」を搭載しているのもポイント。省エネ効果が期待できます。さらに、故障を事前に予測する「みまもり合図 for Android 搭載テレビ」にも対応。テレビだけでなくパソコンでも使える多機能なモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HDV-SAM4.0U3-BKA

LEDライトでHDDの使用量をチェックできる据え置き型の外付けHDDです。4段階でHDDの使用量を知らせる「使用量メーター」により、録画可能時間の目安をひと目で確認可能。容量不足による録画の失敗を未然に防げるのが特徴です。

また、故障の原因となる異常が発生した際にLEDランプですぐに通知する「みまもり合図 for AV」に対応しているのも魅力のひとつ。優れた耐久性も備えており、24時間連続録画も可能です。

本体横から出ているケーブルはカバーをつけることで背面に逃がせるので、スッキリ配置したい方にもピッタリ。約171×33×114mmのコンパクト設計のため、設置場所に困らないのもうれしいポイントです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD HDCZ-UTL4KC

4TBの大容量ながらリーズナブルに購入できる、据え置き型の外付けHDDです。縦置き・横置きに対応し、幅35×奥行172×高さ116mmのコンパクト設計を実現。置き場所に困りにくいので、一人暮らしの方にもおすすめです。

ファンレス構造を採用しているため、静音性に優れているのも魅力。深夜番組の録画でも睡眠を妨げません。さらに、テレビの電源ON・OFFと連動して自動でスタンバイする「電源連動機能」を備えているのもポイント。消費電力を抑える効果が期待できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD EX-HD6CZ

わずか幅35×172奥行×高さ116mmと非常にコンパクトな据え置き型の外付けHDD。縦置き・横置きに対応しており、縦置き時はわずか35mmの厚さでテレビと壁の隙間にスッキリ設置できます。

ファンレス設計ながら優れた冷却性能を備えているのも魅力。内蔵ドライブのフローティングマウントやゴム足など防振性にも配慮されているので、深夜番組も安心して録画できます。

容量は2TB・3TB・4TB・6TB・8TBの5種類をラインナップ。自分の録画したい量に合わせて選んでみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 外付けHDD AVHD-AUTB4

24時間連続録画に対応した、据え置き型の外付けHDDです。パナソニックの「ディーガ」「ビエラ」など、USBHDD録画機能搭載の各社レコーダー・テレビに対応。AV録画用の高信頼外付HDDです。

ファンレス設計・防振設計により、冷却用ファンによる雑音やHDDの振動による雑音を低減。深夜番組の録画も音を気にせずできるほか、快適な視聴環境を実現します。

約幅196×奥行43×高さ124mmのコンパクト設計を採用しているため、テレビ台の隙間にもスッキリ設置可能。高性能かつ大容量なモデルを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) 外付けHDD ELD-FTV040UBK

高画質の4K録画に対応した、高性能な据え置き型の外付けHDD。USB 3.1 Gen1に対応したテレビに接続することで、2番組同時録画などの便利な機能を使用できます。

さらに、24時間の連続録画が可能で、容量は2TB・4TBから録画したい量に合わせて選択可能。ファンレス設計を採用しているため、静音性に配慮されているのもポイントです。縦置きと横置きの両方に対応しているので、設置場所を選ばないのも魅力。高性能でコスパのよい外付けHDDです。

シーゲート(SEAGATE) 外付けHDD SGD-MX040U

番組録画はもちろん、パソコンの動画や写真などの大容量ファイルを保存できる、据え置き型の外付けHDDです。スリムでシンプルなデザインなので、インテリアにもしっかりマッチ。縦置きのほか横置きにも対応しているため、設置場所にも困りません。

USB 3.1 Gen1に対応したテレビに繋げば、2番組同時録画など便利な機能も使用可能。耐久性にも優れており、24時間の連続録画にも対応しています。ファンレス設計のため、冷却ファンの騒音を低減し快適に使えるのも魅力です。おしゃれで高性能な外付けHDDを探している方は、チェックしてみてください。

テレビ録画対応の外付けHDDのおすすめ|ポータブル型

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD HD-PGAC2U3-BA

USB Type-CとUSB Type-Aケーブルを備えた、ポータブル型の外付けHDDです。Type-Cポートを搭載したパソコンにも直接接続できるのが特徴。MacでもWindowsでも使えるおすすめのモデルです。

底部に衝撃吸収材が搭載されており、耐衝撃性能に優れているのもポイント。大切なデータをしっかりと守ります。さらに、側面には複数のスリットが入ったデザインを採用しているため、滑りにくく落下による故障のリスクを低減。コンパクトでスタイリッシュなデザインも魅力です。

ADATA 外付けポータブルHDD AHV300-1TU31-C

スリムで軽量なポータブル型の外付けHDD。独自の衝撃センサーを搭載しているため、衝撃が検出されるとすべてのドライブが停止し、録画データを保護できるのが特徴です。

わずか10.3mmの薄型設計で、ポケットにも簡単に収納可能。4色のカラーバリエーションがラインナップされています。また、容量は1TB・2TB・4TB・5TBの4種類から選べるのでチェックしてみてください。

ADATA ポータブルHDD AHV620S-4TU31-C

高い互換性と携帯性を有するポータブル型の外付けHDDです。ポケットにスッキリ収まるスリムなデザインを採用。また、ドライブの端部が持ち上がったデザインにより、本体を平らに置いても本体が傷付きにくいのが魅力です。

テレビとUSBケーブル1本で接続でき、2番組同時録画など便利な機能に対応しているのもポイント。ブルーのLEDインジケーターが搭載されており、読み取りや書き込みなどの動作を瞬時に確認できます。

容量は1TB・2TB・4TBの3種類をラインナップ。コンパクトで手軽に持ち運べる外付けHDDを探している方におすすめのモデルです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ポータブルHDD HDPT-UTS2

厚さわずか約14mmの薄型設計を採用した、ポータブル型外付けHDDです。本体のトップ部分には角度によって色合いが変わるレンチキュラー加工を施し、ボトム部分には肌触りのよいラバー素材を採用。傷がつきにくく滑りにくいので、安心して持ち運べます。

ACアダプターが要らない「USBバスパワー駆動」に対応しているのもポイント。電源を気にせずテレビやパソコンに接続できます。高級感のあるデザインで、おしゃれな外付けHDDを探している方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) ポータブルHDD ELP-QEN010U

コンパクトで高性能なポータブル型の外付けHDDです。複数のテレビで録画した番組が楽しめる「SeeQVault」に対応。テレビの買い換え時や友人の家や寝室など、好きな場所で録画番組を楽しみたい方におすすめです。

さらに、ACアダプターが不要で、USB電源だけで簡単にテレビと接続できるのも魅力のひとつ。本体は耐衝撃性能に優れた衝撃吸収ラバーフレームとフローティング構造を採用しているため、安心して持ち運べます。

容量は1TB・2TBの2種類をラインナップしているので、自分の録画したい容量に合わせて選んでみてください。

エレコム(ELECOM) ポータブルHDD e:DISK ELP-CED020UBK

さまざまなテレビと接続できる、高い互換性を備えたポータブル型の外付けHDDです。ファンレス設計を採用しているため、快適な視聴環境を実現。USBバスパワーにも対応しているので、1本のUSBケーブルでスマートにテレビと接続できます。

USB 3.1 Gen1に対応したテレビと接続することで、2番組同時録画などの便利な機能が使用可能。約幅115×奥行75×高さ20mmとコンパクトなため、テレビと壁の間やテレビ台の間にもスッキリ設置できます。

シーゲート(SEAGATE) ポータブルHDD SGP-MX020U

スタイリッシュなデザインが魅力のポータブル型外付けHDDです。ファンレス設計を採用しているため、冷却ファンの音が気になりにくい優れた静音性を実現。USB1本でスマートに接続できるUSBバスパワーに対応しているのも魅力です。

高い耐久性を備えており、24時間連続のテレビ録画も可能。USB 3.1 Gen1に対応したテレビと接続すれば、2番組同時録画など便利な機能も使えます。

さらに、約幅80×奥行117×高さ14.8mmのコンパクト設計なので、ポケットにもスッキリ収納可能。デザイン性と機能性を兼ね備えた、おすすめの外付けHDDです。

ロジテック(Logitec) ポータブルHDD LHD-PBL010U3BK

高い耐衝撃性能を備えたポータブル型の外付けHDDです。衝撃吸収ラバーフレームとフローティング構造により、衝撃から本体をしっかり保護。また、手にフィットして滑り落ちにくい「ディンプル形状加工」を施しているため、持ち運びにも適しています。

USBバスパワーに対応しているので、ACアダプタなどの外部電源が不要なのも魅力。4K番組もたっぷり録画できるため、高画質で番組を残しておきたい方にもおすすめです。

マットな質感で手触りがなめらかなラバー素材を採用し、傷がつきにくい2層コーティングで仕上げているのもポイント。約幅79×奥行116.5×高さ15mmのコンパクト設計なので、テレビ周りにスッキリ設置できます。