テレビを録画する際に、大容量の「外付けHDD」を使用すれば多数の番組を録画できます。簡単に増設できるため、テレビ番組を撮り溜めしたい方に人気のアイテムです。

そこで今回は、テレビ録画におすすめの外付けHDDをご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

外付けHDDとは?テレビを変えたらどうなる?

レコーダーなしでテレビ番組を録画したい場面で重宝するのが外付けHDD。1TBあたりの価格が比較的安いので、コスパに優れています。また、パソコンのデータをバックアップする際などにも活躍するアイテムです。

ただし、著作権保護のため、外付けHDDと接続したテレビが紐付けされる点には要注意。テレビの買い替えなどで、接続したテレビが変わった際には、録画していた番組は視聴できない仕様です。

SeeQVault対応ならテレビを買い替えても再生できるが注意点も

By: amazon.co.jp

「SeeQVault」とは、パナソニック・ソニー・サムスン・東芝の4社が合同開発した再生互換性技術。SeeQVaultに対応していれば、テレビを買い替えた後も以前に使用していた外付けHDDの録画番組を視聴可能です。

ただし、テレビと外付けHDDのどちらもがSeeQVaultに対応している必要があります。また、外付けHDDを接続するテレビのメーカーが同じでないと、複数のテレビで再生できない点にも要注意。また、4Kで録画した番組はSeeQVaultに対応しておらず、録画したテレビでのみ再生できます。

外付けHDDの種類

据え置き型

By: iodata.jp

据え置き型の外付けHDDは、オフィスや自宅のリビングなど、決まった場所に設置して使用するモデルです。容量の大きなモノや、デジタル放送の録画に対応したモノなど、便利な機能が搭載されたモデルを多数ラインナップ。テレビ番組をまとめて録画したり、パソコンを丸ごとバックアップしたりする用途にも向いています。

また、容量に対してリーズナブルでコスパに優れたモデルが多いのも魅力。縦置きと横置きの両方に対応しているモノもあるので、設置する場所を考慮して選べます。「ファンレス設計」を採用しているモノは動作音が静かなため、寝室などにもぴったりです。

ポータブル型

By: amazon.co.jp

ポータブル型の外付けHDDは、小型軽量なのが特徴。大容量データを気軽に持ち運べます。また、省電力設計のモデルが多く、USBケーブルを経由して電源が取れるのもポイント。コンセントのない場所でも、USBケーブル1本で使えます。テレビ周りをスッキリさせたい方におすすめです。

テレビ録画対応外付けHDDの選び方

自宅のテレビに対応しているかチェック

録画用の外付けHDDを選ぶ際は、自分が使用しているテレビに対応しているかをチェック。基本的に録画用の外付けHDDは、メーカーの公式ページで対応機種が記載されています。対応機種が多ければテレビを買い替えても引き続き使える可能性が高いので、買い替えの予定がある方は対応機種の数もチェックしておきましょう。

なお、メーカー自体が対応していても、シリーズや型番によっては対応していないこともあります。購入する際は型番までしっかり確認するのがおすすめです。

容量は2TB以上のモデルがおすすめ

By: elecom.co.jp

容量は、自分が録画する頻度や番組数で選ぶのが一般的。録画したモノを観てすぐ消すといった方は、1TB程度で十分です。気に入った番組を残しておきたい方や、録画したい番組数が多い方は、最低でも2TB以上のモデルを選びましょう。

もちろん、たくさん撮りだめしたい方は4TBや8TBなど大容量のモノが便利ですが、容量が増えるほど価格も高くなるので要注意。自分に適した容量のモノを選んでみてください。

24時間連続録画に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

長時間のテレビ録画をする機会が多い方は、24時間連続録画に対応しているかもチェックする必要があります。基本的に、データの読み書き時のみ作動するパソコン用途とは異なり、録画をしているあいだずっと作動し続けるのがテレビ録画用途の特徴です。

動作中の外付けHDD内部は、ディスクが高速回転し、熱も発生するなど過酷な環境におかれます。そのため、長時間の録画予約は、熱による故障も引き起こすことも。故障でテレビ録画がされていなかったといった事態にならないためにも、「24時間連続録画対応」などと明記されたモデルを選びましょう。

静音性に優れたファンレス設計のモノが人気

By: rakuten.co.jp

外付けHDDには、発熱を冷却するためのファンが搭載されている製品があります。ファンの駆動音が気になる方は、ファンレス設計のモデルを選ぶのがおすすめです。ファンレス設計の製品であれば、ファンの音が聞こえず静音性に優れているため、寝室のように静かな空間でも利用できます。

また、ファンレスタイプのモノを選ぶときは、熱が篭らないように放熱性に優れた素材や設計を採用しているかどうかも確認しましょう。24時間駆動など長時間利用する場合、放熱性に優れていても熱が逃げ切れない可能性があるので、ファン付きの製品がおすすめです。

テレビ録画向け外付けHDDのおすすめメーカー

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

バッファローは、1975年に創業した日本のコンピューター周辺機器メーカーです。同社のテレビ録画向け外付けHDDは、さまざまなメーカーのテレビやレコーダーに対応した製品を豊富に取り扱っています。

なかには、故障予測機能を搭載した製品や、データのバックアップ・復元ができる無料アプリに対応した製品もラインナップ。故障やデータの紛失が不安な方はチェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA)

By: amazon.co.jp

アイ・オー・データは、スマホ・TV・パソコン周辺機器の総合メーカー。テレビ録画向け外付けHDDのラインナップが豊富です。東芝・シャープ・ソニー・パナソニックなど、大手電機メーカーのテレビ・レコーダーに対応した製品を展開しています。

なかには、8TBの大容量モデルや、持ち運びに便利なコンパクトモデルもラインナップ。録画した番組を外出先からインターネット経由で再生できるRECBOX対応モデルも便利です。24時間連続使用に耐えられる製品や、ファンレス設計・エアフロー設計・防振設計により静音化された製品も取り扱っています。

テレビ録画向け外付けのHDDのおすすめ|据え置き型

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-NRLD2.0U3

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-NRLD2.0U3 2018

パソコンにも対応した、汎用性の高いテレビ録画向け外付けHDD。テレビやレコーダーに接続すれば録画用HDDとして、ゲーム機に接続すればバックアップ用のHDDとして活躍します。テレビの電源のON・OFFに連動するのが特徴で、省エネ性能を重視する方におすすめです。

ファンレス設計なうえに通気孔を塞いで音漏れを防いでいるため、静音性に優れているのがポイント。また、シリコンゴムを使ってフローティング構造にすることで、振動音を低減させています。

熱伝導率の低い空気層を減らした、放熱性に優れた設計も魅力。接続したパソコンにソフトウェア「みまもり合図」をインストールすれば、HDDに異常が発生した際に通知が届きます。

縦置きと横置きの両方に対応しており、限られたスペースにも設置可能。録画番組を視聴時に光が目に入らないようにLEDを後方に設置するなど、ディテールにまでこだわっているテレビ録画向け外付けHDDです。

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-SQS4U3

バッファロー(BUFFALO) 外付けHDD HD-SQS4U3 2022

SeeQVaultに対応しているテレビ録画向け外付けHDD。テレビやレコーダーを買い替えても、以前に録画した地デジ番組などを視聴できます。新しい機器への引継ぎのしやすさを重視する方におすすめです。

接続したテレビがAndroidを搭載していれば、無料アプリ「みまもり合図」を利用可能。HDDの異常を検知した際には、アプリのホーム画面に通知が出ます。

ファンレス設計で静音性に優れており、寝室などにも設置しやすいのがメリット。振動が伝わりにくいように、筐体の底面にゴム足を取り付けています。

本体横のポートに接続されたケーブルを付属のカバーで覆えるため、見た目がすっきりとするのがポイント。また、テレビの電源のON・OFFにHDDが連動するスマートな設計で、省エネ効果にも期待できます。

バッファロー(BUFFALO) HD-ACDU3シリーズ HD-ACD6U3

バッファロー(BUFFALO) HD-ACDU3シリーズ HD-ACD6U3 2022

同時録画に強いCMR方式を採用したテレビ録画向け外付けHDDです。全自動録画の最中でも録画番組を高速ダビングできると謳っています。

テレビとパソコンの両方に対応しているのもポイント。テレビやパソコンのON・OFFに連動して、HDDの電源も自動的に切り替わる省エネ機能を搭載しています。

容量は6TBです。熱対策が施されており、熱伝導率の低い空気層を減らすことで効果的に排熱。ファンレス設計や防振構造に加え、音漏れの原因となる通気孔も塞がれているため、静音性も良好です。

本体の背面にはセキュリティースロットを搭載しているので、ワイヤーと組み合わせれば盗難防止に役立ちます。LEDランプも背面にあり、番組を視聴している際に光が気にならないよう配慮されているのもメリットです。また、縦置き・横置きのどちらにも対応しています。

アイ・オー・データ(I-O DATA) SeeQVault対応 録画用ハードディスク AVHD-UTSQ2

アイ・オー・データ(I-O DATA) SeeQVault対応 録画用ハードディスク AVHD-UTSQ2 2021

SeeQVaultに対応したテレビ録画向け外付けHDDです。テレビやレコーダーを買い替えても録画したデータを再生できます。付属しているUSBケーブルとACアダプターを接続するだけで使えるため、設置が簡単な製品がほしい方にもおすすめ。容量は2TBです。

ファンレス設計なので、ファンの音がなく動作音は静か。また、空気の通り道が考慮されており、放熱対策も施されています。静音性と放熱性を両立できるのが魅力です。さらに、テレビのON・OFFに合わせてHDDも自動でスタンバイモードになる電源連動機能を搭載しています。

アイ・オー・データ(I-O DATA) テレビ録画用ハードディスク トロッカ HDPL-UTA2K

アイ・オー・データ(I-O DATA) テレビ録画用ハードディスク トロッカ HDPL-UTA2K 2023

USBケーブルを1本接続するだけで使えるテレビ録画向け外付けHDDです。コンセントを使いたくない方にぴったり。文庫本サイズでコンパクトなので、狭い場所に置きやすいのもメリットです。

4K録画に対応しているため、高画質な映像を楽しみたい方にもおすすめ。また、寝室で使っても音が気にならないと謳っており、静音性に優れています。LEDを使っていないので、就寝中に睡眠を邪魔しない仕様です。

Windows専用アプリの診断ミレルを使えば、HDDの買い替え時期の目安を把握できます。さらに、データ抹消アプリのDiskRefresher4 SEにも対応。HDD内のデータを復元できないように削除できるので、プライバシー情報や機密情報の漏洩を防げます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) スマホ対応ハイビジョンレコーディングハードディスク RECBOX HVL-RS2

アイ・オー・データ(I-O DATA) スマホ対応ハイビジョンレコーディングハードディスク RECBOX HVL-RS2 2020

録画した番組を外出先から再生できるテレビ録画向け外付けHDD。場所にとらわれず番組を楽しめるのが特徴です。

Windows・iOS・Android端末で宅外から視聴する場合は、「DiXiM Play」というアプリを使用してインターネット経由で視聴可能。宅内の離れた場所から視聴する場合は、DiXiM Playのほか、端末のOSによって「PC TV Plus」または「DiXiM Digital TV」のアプリにも対応しています。

また、録画データをRECBOXにダビングすることで、DTCP-IP対応であればテレビが変わっても再生可能。テレビを買い替える予定のある方や、テレビの故障が心配な方におすすめです。

本製品の容量は2TBです。背面のUSB端子にUSB-HDDをつなげば、簡単に容量を増設できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) AVHD-WRシリーズ AVHD-WR4

アイ・オー・データ(I-O DATA) AVHD-WRシリーズ AVHD-WR4 2020

24時間の連続録画に対応したテレビ録画向け外付けHDD。容量は4TBです。ハードディスクの取り付けには防振ゴムを使用しており、振動を軽減可能。静音性が高く、寝室で使っても音が気になりにくいと謳われています。35mmの大口径ファンを採用しているため、冷却力が高いのも魅力です。

パナソニックのビエラやディーガで推奨されているほか、多数の大手電機メーカーのテレビに対応。「電源連動機能」を搭載しており、テレビのON・OFFに応じてHDDの電源も自動で切り替わります。電源の消し忘れを防止したい方におすすめです。

高さ35.5mmの横置きデザインを採用しているため、テレビの足元に置きやすいのもメリット。本製品は4台まで重ね置きでき、容量の増設をしたいときでもコンパクトにまとめられます。

ロジテック(Logitec) SeeQVault対応 外付けHDD ハードディスク 2TB LHD-ENB020U3QW

ロジテック(Logitec) SeeQVault対応 外付けHDD ハードディスク 2TB LHD-ENB020U3QW 2022

静音性と放熱性を両立したテレビ録画向け外付けHDDです。ファンレス設計を採用しているため、ファンの駆動音が気になりにくい仕様。また、空気の通り道を絞って流速を上げることでスムーズな排熱を実現したと謳われています。

横置きと縦置きの両対応なので、テレビ付近のスペースを使いやすいのも魅力です。接続は簡単で、付属のUSBケーブルでテレビとつなぎ、ACアダプターをコンセントに接続するだけで使えます。

SeeQVaultに対応しているので、テレビ・レコーダーが変わっても録画番組を引き継いで再生できるのもメリットです。省電力機能を搭載しており、一定時間アクセスがなければモーターを停止するため、節電になります。また、HDDの電源はテレビ・レコーダーと連動し、自動的にON・OFFされるのも便利です。

エレコム(ELECOM) TV向け外付けハードディスク ELD-HTV040UBK

エレコム(ELECOM) TV向け外付けハードディスク ELD-HTV040UBK 2022

4K録画や24時間連続録画に対応したテレビ録画向け外付けHDD。容量は4TBです。USB3.0以上に対応したテレビに接続すれば、2番組同時録画ができます。USB接続による高速転送ができるのも魅力です。

ファンレス設計なので冷却ファンの動作音がなく、静音性に優れています。縦置き・横置きのどちらにも対応しているため、テレビ周りに設置しやすいのも便利です。

背面にはセキュリティースロットを搭載しており、ワイヤーやチェーンなどをつなぐことで盗難のリスクを軽減できます。テレビがUSB-HDD録画に対応していれば、アクオス・ブラビア・レグザ・ビエラ・ディーガなど、幅広く接続できるのもメリットです。

エレコム(ELECOM) SeeQVault対応3.5インチ外付けハードディスク ELD-QEN2040U

エレコム(ELECOM) SeeQVault対応3.5インチ外付けハードディスク ELD-QEN2040U 2020

同じメーカーのデバイスで録画したテレビ番組を引き継げる、SeeQVault対応のテレビ録画向け外付けHDD。縦置きしても横置きしても熱が外部に排出されやすい設計で、故障のしにくさを重視する方におすすめです。

本体の背面側に、盗難防止に役立つセキュリティスロットを備えているのもポイント。また、容量は4TBで、たくさんの録画番組を消さずに残しておけるテレビ録画向け外付けHDDです。

テレビ録画向け外付けのHDDのおすすめ|ポータブル型

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD HD-PCG1.0U3

バッファロー(BUFFALO) ポータブルHDD HD-PCG1.0U3 2018

縦11.7×横7.5cmとサイズがコンパクトで、持ち運びに便利なテレビ録画向け外付けHDD。衝撃吸収材を使用しており、設置時などの衝撃が和らぐのが特徴です。また、底部にゴム突起をあしらうことで、滑りにくさを向上させています。

さらに、故障予測機能を搭載。HDDが劣化した際などにはLEDがオレンジ色に点灯する仕様で、状態を一目で確認できます。そのほか、USBケーブル1本のみでテレビやパソコンに接続可能。テレビ周りをすっきりとさせたい方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) 2.0対応ポータブルハードディスク 高速カクうす HDPT-UTS2

アイ・オー・データ(I-O DATA) 2.0対応ポータブルハードディスク 高速カクうす HDPT-UTS2 2019

手のひらサイズのコンパクト設計が特徴のテレビ録画向け外付けHDDです。電源が不要で、USB-HDD録画対応のテレビに付属のケーブルを1本つなぐだけで録画できます。4K録画に対応しているのも魅力。静音ハードディスクを採用しており、寝室でも音が気にならないと謳っています。

無料アプリの「NTFS-3G for Mac I-O DATA」を使えば、WindowsとMacでデータの閲覧や保存が可能。テレビ録画だけでなく、パソコンのデータも保存したい方におすすめです。無料アプリのSync Connect+でデータの自動バックアップもできます。

Windows専用アプリの診断ミレルにも対応しており、HDDの使用状況をチェックできるのもメリット。HDDは使用すると必ず劣化していくため、買い替え時期の目安になります。接続したテレビのON・OFFと連動して、HDDの電源を自動で切り替える機能も便利です。

エレコム(ELECOM) ポータブルハードディスク ELP-EKT010U

エレコム(ELECOM) ポータブルハードディスク ELP-EKT010U 2017

テレビの壁掛け用ネジ穴を利用する取り付けキットが付属した、テレビ録画向け外付けHDD。テレビの背面に簡単に取り付けられるため、配線をすっきりとさせたい方におすすめです。

ファンレス設計で静音性に優れており、さまざまな部屋に設置しやすいのがポイント。接続したテレビがUSB3.0に対応していれば、2番組の同時録画なども可能です。また、設定方法などを詳しく解説した「かんたん接続ガイド」も同梱されています。

エレコム(ELECOM) USB3.0対応ポータブルハードディスク ELP-CED020UBK

エレコム(ELECOM) USB3.0対応ポータブルハードディスク ELP-CED020UBK 2016

USB3.0対応のテレビに接続すれば、2番組同時録画ができるテレビ録画向け外付けHDDです。「かんたん接続ガイド」という説明書が付属するほか、国内のスタッフによる電話サポートも受けられます。はじめて外付けHDDを使う方にもおすすめです。

USB-HDD録画に対応したアクオス・レグザ・ブラビア・ビエラなどのテレビのほか、パソコン・PlayStation 5とも接続可能です。USB3.0による高速伝送ができるので、大容量のデータもスピーディに扱えます。容量は2TBです。

ファンレス設計を採用しているため、冷却ファンによる駆動音がないのも魅力。寝室で使いたい方にもぴったりです。

ロジテック(Logitec) SeeQVault対応 ポータブルHDD 小型 ハードディスク 4TB LHD-PBMB40U3QW

ロジテック(Logitec) SeeQVault対応 ポータブルHDD 小型 ハードディスク 4TB LHD-PBMB40U3QW 2023

SeeQVault対応のテレビ録画向け外付けHDDです。ポータブルタイプなので、持ち運んで別のテレビで録画した番組を視聴できます。また、テレビやレコーダーを買い替えた場合もデータの引き継ぎが可能。容量は4TBです。

耐衝撃設計が施されており、厚みのあるラバーフレームと、浮かせて支えるフローティング構造が特徴。落下による衝撃からデータを守ると謳っています。ケース側面は半球形状なので手にフィットしやすく、滑り落ちにくいのもメリットです。

フロント部分のランプにはホワイトLEDを採用しており、目に優しいライトで眩しさが軽減されています。さらに、付属のUSBケーブル1本で使用できるバスパワー方式により、配線がシンプルなのも魅力です。

ロジテック(Logitec) SeeQVault対応 ポータブルHDD 小型 ハードディスク 5TB LHD-PBR50U3BK

ロジテック(Logitec) SeeQVault対応 ポータブルHDD 小型 ハードディスク 5TB LHD-PBR50U3BK 2019

容量5TBのテレビ録画向け外付けHDDです。表面はシボ加工が施されており、傷や指紋が目立ちにくいデザイン。凹凸があるため、持ったときは滑り止めにもなります。LEDは背面に配置されているので、夜間の使用中に点滅が気になりにくいのもメリットです。

テレビはもちろん、Windows・Macにも使えるため、データのバックアップをしたい方におすすめ。USB3.0による高速転送もできます。

テレビやパソコンからUSBケーブルを介してバスパワー駆動するので、ACアダプターが不要。配線をシンプルにしたい方にも向いています。

「Logitec フォルダミラーリングツール」というWindows専用の無料アプリで、自動バックアップが可能です。指定されたフォルダに変更があった場合、該当ファイルをバックアップ先のフォルダにコピーします。データ消去アプリの「Logitec ディスクデータイレイサ」が使えるのも便利です。

外付けHDDの売れ筋ランキングをチェック

外付けHDDのランキングをチェックしたい方はこちら。