大量のデータを保存しておける外付けHDD。パソコン内の容量が足りないときや、大切なデータのバックアップを作成するときに役立ちます。

また、現在ではWi-Fi通信に対応してケーブルレスで接続できる、より利便性の高いモデルも存在。そこで今回は、Wi-Fi対応外付けHDDの基礎知識とおすすめのモデルをご紹介します。

Wi-Fi対応外付けHDDとは?

By: amazon.co.jp

Wi-Fi対応外付けHDDとは、その名の通り、Wi-Fi通信を使うことでパソコンやスマホ・タブレットなどのデバイスと接続できる外付けHDDのこと。無線で通信を行えるため、あらかじめ動画や音楽ファイルを保存しておいて、活用したいときだけデータにアクセスしてストリーミング再生ができます。もちろん、通常の外付けHDDと同様、大切なデータのバックアップも可能です。

また、1つのWi-Fi対応外付けHDDに対して、複数のデバイスからアクセスが可能なモノもあり、仲間内で共有したいデータを入れる媒体として使用できるほか、複数人がそれぞれ別の音楽を楽しむなど、便利な使い方ができます。

近年は、クラウドサービスなどの普及で、流通しているWi-Fi対応外付けHDDは少ないのが現状。しかし、データ通信が使用できない場合には、まだまだ活用できる機会が残っています。

外付けHDDのタイプは2種類

By: amazon.co.jp

外付けHDDは、大きく分けて2種類に分類されます。Wi-Fi対応外付けHDDの購入を検討しているなら、先にこの2種類の性質や違いを理解しておいたほうがよいでしょう。

1つめは、据え置き型の外付けHDD。持ち運びを想定せず、室内の一か所に設置して使用します。ポータブルタイプと比べ「価格が安い」「読み書き速度が速い」「より大きな容量のモデルを選択できる」のがメリット。しかし、ほぼすべての機種でAC電源を必要とするため、設置場所の自由度がありません。

2つめは、ポータブルタイプの外付けHDD。持ち運んで使用することを想定していて、サイズも据え置き型よりコンパクトです。USBバスパワーで駆動するのが特徴。パソコンに接続するだけで電源を確保できるため、外出先でも手軽に活用できます。

そして、今回紹介するWi-Fi対応外付けHDDは、ポータブルタイプの外付けHDDにWi-Fi機能を搭載したモデル。つまり、基本的にはポータブルタイプと同じように外出先でも使用できる上、Wi-Fi通信に対応することで、パソコン以外のスマホやタブレットなどのデバイスからも簡単にアクセスできるのがポイントです。

SSDとの違い

By: amazon.co.jp

HDDの内部では、「磁気ディスク」と呼ばれる円盤状の記憶媒体が回転しています。その磁気ディスクに「磁気ヘッド」でアクセスすることで、データの読み書きを行うのがHDDの仕組み。特定のデータにアクセスするためには、磁気ヘッドを物理的に動かす必要があるため、駆動音が発生するほか、データの読み書きに時間がかかるなど、SSDと比べるといくつかのデメリットがあります。

しかし、長年使用され続けていて、故障時のデータ復旧がしやすく、また故障前にも異音が発生する場合があり、異常に気が付きやすいというメリットがあります。価格もSSDより安価です。

一方、SSDはUSBメモリと同じように、メモリチップにデータを保存。HDDと違い磁気ディスクを使用しておらず、処理が高速で消費電力も少ないのが特徴です。さらに、耐衝撃性も高く、持ち運び時の耐久性もHDDより優秀。OSのインストールにSSDを使用すると起動が高速になることから、1台のパソコンの中にOSインストール用のSSDと大量データ保存用のHDDの2つが搭載されるケースも増えました。

ちなみに、外付けHDDだけではなく外付けSSDも存在。ただし、今回紹介するWi-Fi対応のストレージには、SSDモデルはありません。

Wi-Fi対応外付けHDDの選び方

バッテリー持続時間

By: amazon.co.jp

Wi-Fi対応外付けHDDは、USBケーブルで接続しないため、バッテリーが内蔵されているのが一般的。ただし、機種によって連続稼働時間は異なります。頻繁に活用したり1日中使用したりする方は、できるだけ長時間駆動のモデルを購入してください。

容量

Wi-Fi対応外付けHDDは、一部のモデルを除き、容量500GB~4TBまでの間で販売されています。音楽や画像ファイルを扱うだけなら、低容量のモノでも事足りますが、4K動画などの場合、1つのファイルで多くの容量を必要とする場合もあるので注意しましょう。

また、Wi-Fi対応外付けHDDはスマホやタブレットと接続する機会も多いので、動画の保存を目的に使用する場合は、大容量モデルを購入するのがおすすめです。

外部ストレージ接続対応

By: amazon.co.jp

Wi-Fi対応外付けHDDの中には、SDカードのような外部ストレージを接続できる機種もあります。このような機種なら、通常のストレージをWi-Fi対応ストレージにとして使用可能です。

スマホで撮影した4K動画をSDカードに保存。Wi-Fi対応外付けHDDに接続してシェアするなどの使い方もできます。

通信規格を確認する

Wi-Fiには、快適かつ安全にデータのやり取りを行うための通信規格が複数存在。「IEEE802.11.11〇」と表記される規格で、通信速度や特徴に違いがあります。

例えば、「IEEE802.11.11b」「IEEE802.11.11g」「IEEE802.11.11n」の3つに対応したモデルの場合、このうち11bと11gは周波数帯(2.4GHz)を利用する規格で、最大伝送速度は11bが11Mbps、11gが54Mbpsです。ただし、この2つの規格が標準化されたのは15年以上前なので、大量のデータ伝送が必要な現在には適していません。

「IEEE802.11.11n」は、2009年に標準化された比較的新しい規格。2.4Ghzと5Ghzという2つの周波数帯を使用するデュアルバンド規格であり、最大伝送速度は600Mbpsと、11bや11gと比べて10倍以上も高速です。

近年では、さらに高速伝送を可能にした「IEEE802.11.11ac」や「IEEE802.11.11ad」といった規格も存在しますが、使用するにはこれらの規格にWi-Fi対応外付けHDDが対応していなければ使用できません。

普段意識することは少ないかもしれませんが、Wi-Fi対応外付けHDDを使用するなら、使用デバイスとともにどの通信規格に対応しているかを確認しておきましょう。

Wi-Fi対応外付けHDDのおすすめ|500GB~1TB

東芝(TOSHIBA) Canvio AeroCast HDTU110EKWC1

一度に6つのデバイスからアクセスできるWi-Fi対応外付けHDD。これ1台で、複数の人とデータをシェアすることも可能です。Apple・Android・Windowsなど、スマホやパソコンなどのあらゆるデバイスで使用できます。

本製品の特徴は、SDカードスロットを搭載しているところ。これにより、SDカードを挿入してのデータ共有が簡単に行えます。バッテリーの稼働時間は最大5時間と、十分な稼働時間。なお、海外販売モデルなので、日本語のマニュアルがない点には注意してください。

バッファロー(BUFFALO) MiniStation Air Wi-Fi接続ポータブルHDD 1TB HDW-PD1.0U3-C

最大8台のデバイスが接続可能なWi-Fi対応外付けHDD。モバイル回線を必要としないため、スマホやタブレットと接続して手軽にデバイス内のデータをバックアップできます。

本製品をWi-Fiルーターと接続すれば、デバイスとの接続中でもインターネットが可能。1TBの大容量にアクセスしながら、SNS通知やメールを受信できます。

パソコンとの接続はUSB3.0接続に対応していて、サイズの大きなファイルも簡単に移動可能。Wi-Fiルーターがあれば自宅や社内のネットワークに参加できるので、同一ネットワーク上にあるすべてのデバイスからアクセスできるのもおすすめです。

ラシー(LaCie) FUEL Wireless Hard Drive 1TB 9000436KUA

特徴的な正方形のデザインをしているWi-Fi対応外付けHDD。四隅の一角にひもを通せる小さな穴があいていて、持ち運んで使用するだけでなくフックなどにぶら下げて使用できます。

AirPlayやchromecastに対応して、デバイス間をまたいでコンテンツを再生可能。HDDとしての役割だけではなく、より便利な活用ができます。一度に3台以上のWi-Fi対応デバイスにストリーミングが可能。最大10時間の連続ビデオストリーミングができるのもポイントです。

シリコンパワー(Silicon-Power) Sky Share H10 SP010TBWHDH10A3J

触れたときの質感を大切にしてデザインされたWi-Fi対応外付けHDD。電源スイッチを囲むように配置した波形のデザインも特徴的で、スタイリッシュに使用できます。

連続稼働時間は5時間。電源ランプのLEDの色が緑・オレンジ・赤に分かれていて、それぞれフル充電・充電容量50%・充電残りわずかを示しています。

iOSやAndroid専用のアプリも存在。音楽・ビデオ・写真などの項目を選択して、データの転送が行えます。アプリを使用せずとも、ブラウザ経由でデータを転送できるのもポイントです。

トランセンド(Transcend) StoreJet Cloud TS64GSJC10K

コンパクトサイズで携帯性に優れたWi-Fi対応外付けHDD。64GBと128GBの2種類の容量から選択できます。リチウムポリマーバッテリーを搭載していて、アイドリング時は約8時間、最大連続再生は約6時間の長時間設計。同時に5台のデバイスへのストリーミングが可能です。

さらに、iOS・Androidの両方で使える、使い勝手のよいStoreJet Cloudアプリが存在。「フルスクリーンで動画を楽しむ」「ランダムで音楽ファイルを再生する」「写真をスライドショーにして表示」などの動作を快適に行えます。

Wi-Fi対応外付けHDDのおすすめ|2TB

ウェスタンデジタル(Western Digital) 4TB My Passport Wireless Pro WDBSMT0040BBK-NESN

Wi-Fiパスワードロックを搭載したWi-Fi対応外付けHDD。重要なファイルを不正アクセスから守れるため、紛失や盗難の際もコンテンツを保護できます。

SDカードなどの外付けストレージを接続することで、ワイヤレスストレージに早変わり。USB2.0ポートを使用して、デジタル一眼レフカメラやCFカードリーダーなど外部デバイスから、データを転送できるところもポイントです。

さらに、本製品はWi-Fiハブとしても使用可能。インターネット接続を最大8台までのデバイスで共有できます。