サイズが小さくて軽量なので持ち運びやすく、携帯性に優れている「モバイルプロジェクター」。自宅だけでなく、オフィスやキャンプなど幅広いシーンで活用できます。

インターネットに接続できるモノからポケットに収まるコンパクトなモノまで、さまざまな製品をラインナップ。そこで今回は、モバイルプロジェクターのおすすめモデルをご紹介します。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

モバイルプロジェクターとは?

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターは、一般的なプロジェクターと比べて小さくて軽いのが特徴。大きさや重量は製品によって異なりますが、ポケットに入れて持ち運べる超小型モデルもあります。

コンパクトなサイズ感を活かして、キャンプやプロジェクターが用意されていない場所でのミーティングで利用するのにぴったり。バッテリーを内蔵しているモデルが多いため、電源がない場所でも活用できます。

NetflixやYouTubeが視聴できるプロジェクターもあり、パソコンやスマホと接続せずに動画を楽しむことも可能。また、一般的なプロジェクターと比べて設定が簡単なのも魅力です。

モバイルプロジェクターの選び方

用途をチェック

家庭用

By: benq.com

家庭用のモバイルプロジェクターを探している方は、コントラスト比の高い高画質なモデルがおすすめ。電気を消して映画やスポーツを観るとき、コントラスト比が高いと没入感のあるリアルな映像を楽しめます。

また、AndroidなどのOS搭載モデルであれば、手軽に動画コンテンツを利用可能。リビングや部屋など家の中でも持ち運べるように、手頃なサイズ感の製品を選ぶのもポイントです。

ビジネス用

ビジネス用のモバイルプロジェクターを探している方は、比較的コンパクトでルーメンの高いモデルがおすすめ。カバンに入る小型サイズのモデルを選ぶことで、取引先でのプレゼンテーションや打ち合わせに持ち運んで利用できます。

ビジネスシーンでは投射距離が近い場面が多いため、近い距離から投影できる短焦点モデルがぴったり。また、日中や会議室のように比較的明るい環境では、ルーメンの高いモデルが適しています。

フルHDや4Kなどの解像度をチェック

By: benq.com

解像度とは、コンピューターで画像を表現するピクセルの数です。フルHDの解像度は1920×1080pxで、4K解像度は4096×2160px。解像度が高いほど鮮明でリアルな画像を表現できます。

なお、YouTubeの解像度はフルHDが主流で、利用環境によって変更されます。4KはフルHDの4倍も画素数が多く、大画面でも綺麗な画質を保ったまま楽しめます。動画視聴などで画質を重視したいシーンでは4K、画質の重要度が高くないビジネスシーンではフルHDの利用がおすすめです。

投射距離をチェック

By: benq.com

投射距離とは、プロジェクターレンズからスクリーンまでの距離のことです。投射距離は、モバイルプロジェクターの機種やスクリーンのサイズによって決まります。

たとえば、33cmの投射距離で80インチの映像を表現できるモデルや、1.5~3mの投射距離で60~120インチに対応しているモデルなどさまざまです。また、ズーム機能を搭載している製品であれば、投射距離を調節できます。

会議室や個室のように狭い空間で利用する場合は、短い距離で投影できる短焦点モデルがおすすめ。ビジネスシーンや家庭用プロジェクターとして幅広い場面で活用できます。

投影方式をチェック

By: amazon.co.jp

投影方法には「DLP方式」「液晶方式」「LCOS方式」の3種類があり、解像度や色合いなどの特徴がそれぞれ異なります。DLP方式は内蔵されている鏡で光を反射して投影する方法。比較的安価で小型化しやすいので、モバイルプロジェクターで多く利用されています。

液晶方式は、プロジェクターから発する光を赤・緑・青に分解してから投影する方法。色の表現に優れており、一般的なプロジェクターに多く採用されている方式です。

LCOS方式は、比較的値段が高く、高解像度で投影できるのが特徴。4Kのように高画質な映像を楽しめます。ただし、モバイルプロジェクターのなかでは、製品ラインナップが非常に少ないので留意しておきましょう。

コントラストをチェック

By: benq.com

コントラストとは、映像の最も明るい場所と最も暗い場所を比べたときの割合を示します。コントラストの比率が高いほど明暗がはっきり表示されるので、鮮やかな映像を表現できるのが特徴です。

特に映画を楽しみたい方は、コントラストの比率が高いモバイルプロジェクターがおすすめ。映画の暗いシーンが強調されることで、没入感のある映像を楽しめます。反対に、コントラスト比が低いと暗いシーンが見にくいので注意しましょう。

コントラストは「400:1」のように明暗の差を比率で示します。数値の差が大きいほどコントラスト比が高いので、購入前にチェックしておくのがおすすめです。

明るい部屋や昼間に使うならルーメンをチェック

ルーメン(lm)とは、プロジェクターで投影する光の明るさを示す単位です。ルーメンの数値が高いほど明るく投影できるので、日光や部屋の光が強い場所ではルーメンの高いモバイルプロジェクターが適しています。

部屋で電気を消して映画やスポーツなどの映像を楽しむ場合は、200ルーメン以上のモデルであれば綺麗に投影可能。プレゼンや会議など、明かりのある場所で利用する場合は600ルーメン以上のモデルがおすすめです。

補正機能があると便利

By: ankerjapan.com

モバイルプロジェクターは正面ではなく斜めの角度から投影すると、光の角度の影響で映像が台形に歪んでしまいます。補正機能は、歪んだ映像を綺麗な長方形へ補正する機能です。補正機能を使うことで、斜めの角度から投影しても綺麗な長方形で表示できます。

補正機能には「タテ方向の補正」と「ヨコ方向の補正」の2種類あるのが特徴。タテ方向の修正は上方向に投影するときの歪みを修正し、ヨコ方向の修正は斜め方向から投影するときの歪みを修正します。また、自動補正機能を搭載している製品だと、映像の歪みを自動で修正するので便利です。

Netflixなどを楽しみたいならOS搭載かチェック

By: ankerjapan.com

OSとは、Windows・Mac・Androidのように、インターネットを接続したりファイルの管理をしたりできるソフトウェア。OSを搭載しているモバイルプロジェクターではインターネットに接続できるのが特徴です。

OS搭載のモバイルプロジェクターを使うことで、スマホやパソコンを使わずにYouTubeやNetflixを視聴できるのが魅力。また、接続用のケーブルが少ないので、手軽に利用可能です。オフィスでのプレゼンや会議など、ビジネスシーンで活用したい方にも適しています。

BluetoothやWi-FIなど接続方式をチェック

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターの接続方式にはUSBやHDMIを使った有線接続と、BluetoothやWi-FIなどを使ったワイヤレス接続があります。有線接続は通信速度が安定し、プロジェクターの給電も兼ねて利用できるのが特徴です。

一方、ワイヤレス接続は配線を使わずに通信できるため、手軽さを求める方にぴったり。有線接続と比べて通信距離が広いので、モバイルプロジェクターから離れた距離でも操作できます。

キャンプなどで持ち運びたいなら重さやサイズをチェック

By: benq.com

モバイルプロジェクターを選ぶうえで重要なのが、重さやサイズのチェック。カバンに入れて持ち運ぶ場合は、1kg未満で縦横15cm未満で収まるモデルがおすすめです。

また、コンパクトかつ軽量なモノなら、キャンプや出張先などへの持ち運びに便利。ただし、利用できる機能が限られてしまう傾向があります。たとえば、持ち運びやすいサイズのモデルでも、ルーメンの数値が低いとビジネスシーンでは不向きです。利用用途に適した製品を選ぶようにしましょう。

バッテリー容量をチェック

By: ankerjapan.com

モバイルプロジェクターにはバッテリーが内蔵されており、「mAh」の単位で表記されています。バッテリー容量の数値が大きいほど大容量です。

また、消費電力はモデルによって異なるので、容量と一緒に駆動時間もチェックしておきましょう。キャンプのように電源のない場所で利用する場合は、駆動時間が2時間以上のモデルがおすすめです。

音質を気にするならスピーカーの性能も忘れずに

By: benq.com

YouTubeやNetflixのように音を出して映像を楽しむのであれば、スピーカーの音量や音質も要チェック。スピーカーの出力はワット(W)で表示され、数値が大きいほど大きな音を出力できます。

モバイルプロジェクターはサイズが小さいので、スピーカーの性能が限られているのが難点。音にこだわりたいのであれば、別途スピーカーを外部接続して利用するのがおすすめです。

また、2つのスピーカーとウーファーが搭載された2.1chスピーカーを採用している製品もラインナップ。臨場感のある音が楽しめるため、気になる方はチェックしてみてください。

モバイルプロジェクターのおすすめメーカー

アンカー(ANKER)

By: ankerjapan.com

アンカーは、2011年に創業されたハードウェアメーカー。日本国内を含め、米国・欧州を中心とした世界100ヶ国以上で展開しています。

アンカーのモバイルプロジェクターは、「NEBULA」と呼ばれるブランドを発売。コンパクトながら機能性に優れたモデルが豊富です。手頃な価格で購入したい方にもおすすめのメーカーです。

ベンキュー(BenQ)

BenQは、1984年に台湾で設立された電気製品メーカーのことです。日本にもベンキュージャパン株式会社という支店が存在します。ベンキュージャパン株式会社は2001年にBenQ製品の発売を開始。プロジェクターを累計10万台以上売り上げるほど多くの方に愛用されています。

BenQのモバイルプロジェクターには、YouTubeやNetflixが視聴できる「Aptoide TV」が内蔵されています。さまざまな動画が楽しめるおすすめのメーカーです。

モバイルプロジェクターの人気おすすめモデル

アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Capsule II

Android TV 9.0を搭載しており、3600以上のアプリを利用できるモバイルプロジェクター。タテ方向の補正に対応しており、斜め下から投影しても綺麗な映像を表示できます。

スピーカー音の出力は8Wで、明るさは200ルーメンに対応。最大100インチの大画面を表示できるので、家でホームシアターとして利用するのにぴったりです。

サイズは約高さ150×直径80mmで、重量が約740gとカバンに入れて持ち運べるコンパクトサイズ。バッテリー容量は9700mAhと大容量で、動画であれば約2.5時間、音楽であれば約10時間再生できます。

また、電源接続したまま再生できるのもおすすめポイント。Chromecastに対応しており、観たい動画をGoogleで検索して再生できます。

アンカー(ANKER) モバイルプロジェクター Nebula Astro

手のひらに収まるコンパクトサイズで、丸みのある外観が特徴的なモバイルプロジェクター。プロジェクターの光源に近づくと投影を一時中断するアイガード機能を搭載しており、子供が誤って光源を直視するリスクを軽減できます。

明るさは100ANSIルーメンで、投影方法はDLP方式を採用。ペアレンタルコントロール機能を搭載しており、パスワードを設定してアプリやプロジェクターの使用時間を制限できます。

ベンキュー(BenQ) 2.1チャンネルBluetoothスピーカー搭載 LEDモバイルプロジェクター GV30

4Wのスピーカー2つと、8Wのウーファーを搭載している2.1チャンネルのモバイルプロジェクター。Bluetoothスピーカーとしても利用できるため、スマホやパソコンと接続して音楽を楽しめるのも特徴です。

壁やスクリーンだけでなく、天井にも投影できる天井投写に対応。投影の角度は135°と広い範囲で調節できるので、投影先を柔軟に変えられます。また、斜め下から投影しても台形にならない自動縦台形補正機能を搭載しているのもポイントです。

コントラスト比が100000:1と高いので、没入感のある映像を楽しめるのも魅力。Android TVを搭載しているため、鮮明な映像と立体感のある音でYouTubeやNetflixを楽しみたい方におすすめです。

ベンキュー(BenQ) Wi-Fi&Bluetoothスピーカー付き モバイルプロジェクター GV1

約3時間再生できる容量のバッテリーを搭載しているモバイルプロジェクター。明るさは200ANSIルーメンで、スピーカーは5Wを搭載しています。また、無線接続することで、スマホやパソコンから見たい映像を大画面で再生できるのが特徴です。

Aptoide TVストアを標準搭載しているので、パソコンやスマホを使わずインターネット接続可能。付属のリモコンを使って離れた場所から操作できるのもおすすめポイントです。

サイズは横幅80x高さ155mmで、重量は708gなので、500mlのペットボトルとほとんど変わらないコンパクトサイズ。リビングや部屋など家の中で手軽に持ち運んで移動できます。

タテ方向の補正機能が搭載されており、斜め下の角度からでも綺麗な長方形で表示できるのも魅力。100インチの画像や動画を投影できるため、家の中で映画気分を味わいたい方にぴったりです。

ベンキュー(BenQ) アウトドア対応LEDモバイルプロジェクター GS50

2.1chのBluetoothスピーカーを搭載しており、音楽をより迫力のあるサウンドで楽しめるモバイルプロジェクター。明るさが500ANSIルーメンと高いので、日光や部屋の光が強い場所やビジネスシーンにぴったりです。

Android TVを搭載しており、スマホやパソコンを使わずインターネット接続できます。また、フルHDに対応しているのでさまざまな映像を綺麗な画質で楽しめるのが特徴です。

UENO-mono カベーニ ワイヤレスプロジェクター

スマホサイズで超軽量・超小型のモバイルプロジェクター。サイズが厚さ18×幅80×長さ145mm、重量が216gです。ワイヤレス仕様なので、ポケットに入れて手軽に持ち運べます。

YouTube・Netflix・Amazon Primeが内蔵されているほか、Google Playから好きなアプリをインストールできるのも特徴。スマホに専用アプリをインストールしてリモコンとして利用できます。

HDMIに対応しており、任天堂SwitchやPS4に接続してゲームを楽しめるのも魅力。また、TVチューナーやブルーレイレコーダーと繋いでテレビを視聴できるのも魅力です。また、付属されている三脚を使うことで好きな角度に調節できます。

FunLogy 小型プロジェクター X-03

USBやHDMI、SDカードなどさまざまなデバイスと接続できる日本製のモバイルプロジェクター。本体とスマホを同じWi-Fi接続することで、同じ画面を共有できる無線ミラーリング機能を搭載しています。

Android OSを搭載しているため、パソコンやスマホを使わずにインターネット接続できるのが特徴。約3mで100インチの画面を投影できる短焦点モデルなので、会議室や個室のように狭い空間で利用するのに向いています。

補正機能は自動台形補正と4点補正を搭載。自動台形補正は、名前の通り台形にならないよう自動で補正する機能です。4点補正は表示画面の角にあたる4点を上下45°、左右30°の範囲で微調整できます。

XGIMI モバイルプロジェクター MoGo Pro

Android TVとGoogle アシスタントに対応しており、インターネットに接続して好きなコンテンツを楽しめるモバイルプロジェクター。付属のリモコンで操作したり「OK Google」と呼びかけてコントロールしたりできます。

2~4時間の映画鑑賞や、約8時間音楽を再生できるバッテリー駆動時間の長さが特徴。30~100インチのサイズを表現できるため、狭い会議室から広々としたリビングまでさまざまな環境で利用できます。

タテ方向の補正とヨコ方向の補正の双方に対応しており、最大40°の範囲で自動補正できるのも魅力のひとつ。30dB以下の冷却ファンを搭載しているので、動作音が静かなのもおすすめポイントです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LEDプロジェクター PH30JG

最大4時間再生できる大容量の内蔵バッテリーを搭載したプロジェクター。横幅86×奥行き151×高さ38mmで重量が約490gと、コンパクトで軽量なのが特徴です。

Bluetooth接続に対応しており、スマホと無線接続してスピーカの代用としても利用可能。USB接続できるので、保存したプレゼン資料を投影して会議やミーティングで活用できます。

映像を投影するLEDランプは最大30000時間利用できる長寿命。モバイルプロジェクターの利用機械が多く、長期間利用したい方にぴったりの製品です。

エイスース(ASUS) プロジェクター ZenBeam S2

投影方法にDLP方式を採用しているプロジェクター。HDMIとUSB-Cの両方に対応しているので、さまざまなデバイスに接続できます。また、Wi-FiやBluetoothで無線接続することも可能です。

明るさは500ルーメンと比較的明るく投影できます。サイズが横幅120×高さ35×奥行き120mm、重量が約497gと軽量でコンパクト。会議やプレゼンなどのビジネスシーンにもぴったりです。

6000mAhの大容量バッテリー内蔵しており、1回の充電で最大3.5時間連続して再生できます。持ち運びやすくて容量の大きいモバイルプロジェクターを探している方におすすめです。

モバイルプロジェクターの売れ筋ランキングをチェック

モバイルプロジェクターのランキングをチェックしたい方はこちら。