小型軽量化が進み、外出先でもスマートに使えるようになった「モバイルプロジェクター」。ビジネスシーンにおいては会議やプレゼンに、プライベートではスライドショーや動画を視聴する際に便利なアイテムです。

そこで今回は、おすすめのモバイルプロジェクターをご紹介。明瞭なタイプや安さがポイントとなる製品、スマホとの連携がスムーズなアイテムなどをピックアップしたので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

モバイルプロジェクターとは?

51q2ibbsxyl

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターとは、ホームシアターやビジネスの現場で活躍する、持ち運びできる小型のプロジェクターです。従来のプロジェクターは幅を取って重量もあるモノがほとんどでしたが、近年では小型・軽量かつ省電力でバッテリー駆動できる機種が登場。特に、コンパクトで外出先での使用に特化しているのがモバイルプロジェクターです。

どこにでも持ち歩いて映画を楽しんだり、出先でプレゼンに使用したりと活躍します。重量は数百グラム程度が主流、重くても1kg以内。サイズはカバンに入る程度から手のひらサイズの小型のモノまであります。

モバイルプロジェクターの選び方

パネルタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターのパネルタイプは、主に「DLP」「LCOS」のふたつ。小型化に有利なDLPタイプが主流です。

DLPは「デジタル・ライト・プロセッシング」の略で、マイクロミラー反射型パネル(DMD)を使ったパネルタイプ。コントラストを高く取りやすいほか、映像をコントロールしやすい利点があり、容易に高画質化が可能です。また、低コスト・小型化も可能で、モバイル用途にも向いています。

LCOSは「リキッド・クリスタル・オン・シリコン」の略。DLPと同様に反射タイプですが、こちらはミラーの代わりに液晶を使用します。高画質ですが高価なのがネックです。前述のようにモバイルプロジェクターの主流はDLPですが、一部の高級機はLCOSを採用しています。用途や予算に応じて選びましょう。

明るさで選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターの明るさを表す単位は「ルーメン」です。一般的なプロジェクターは2000ルーメンを超えるモノが多いですが、モバイルプロジェクターの場合、25~800ルーメン程度までばらつきがあります。

もちろん明るければよいという単純なものでもなく、明るい機種はバッテリー消費が早く価格も高いといった側面も。暗くした部屋の中で数人程度で見るという用途であれば、100ルーメン程度でも問題ありません。

画素数で選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターの画質には、画素数も大きな関係があります。モバイルプロジェクターの主流は、640×480か854×480。1366×768ならハイビジョン素材も綺麗に映せますが、もちろん価格も高くなります。

また、投射映像の縦横比も重要。ビジネス用途なら4:3でもよいですが、映画やテレビ用途では16:9のモデルが向いています。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターを選ぶ際には、映像入力端子も必ずチェックしましょう。現在の主流はHDMIです。スマートフォンやタブレット端末からHDMI入力する場合は、microUSBポートから映像を出力できるMHLに対応しているかどうかもチェックすべきポイント。

また、無線LANに対応していれば、パソコンからコードレスで映像を入力できるので便利です。なかにはSDカードに対応しているモノもあり、差し込むだけで直接映像を出力できます。

投射距離と補正機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターは、本体とスクリーンの間に投影画面の大きさに応じた投射距離が必要です。画面が大きいほど、その距離が必要になります。機種によって異なるので、狭いスペースでも大きい画面で見たい方は必ずチェックしましょう。

また、斜めから投射することで距離を稼ぐ方法もあります。この場合、画面の歪みの補正機能が必要です。

バッテリーで選ぶ

By: amazon.co.jp

大半のモバイルプロジェクターはバッテリー駆動に対応しています。駆動時間は1時間程度のモノから3時間以上使えるモノまでさまざまです。自分の用途に応じて選ぶことが大切です。

また、USB充電に対応していればモバイルバッテリーでの給電も可能なので、出先でのバッテリー切れにも簡単に対応できます。

2018年人気のモバイルプロジェクター

エイスース(ASUS) ZenBeam E1

トータルのバランスに優れた人気のモバイルプロジェクターです。価格は3万円程度とリーズナブルで、重さ約307g・本体サイズ83×110×29mmと軽量かつコンパクト。しかも、このサイズに6000mAhの内蔵バッテリーを有し、最大5時間の連続投影が可能です。

最大輝度は150ルーメンと十分。「自動台形補正機能」を搭載しており、投影距離は0.5~3.7m、最大120インチの映像が投射できます。また、縦横比は4:3と16:9の2種類に対応し、使い勝手がよく汎用性の高い人気モデルです。

ソニー(SONY) ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

ソニーのハイエンド向けモバイルプロジェクター。壁から28cm程度離して最大80インチの映像が投射できるだけでなく、壁に密着させても22インチの映像を投射できるソニー独自開発の「超単焦点レンズ」を採用しています。

本体にスピーカーとバッテリーを内蔵しているため、ケーブルレスで使用可能。本体の大きさは8×13×13cmとコンパクトで、持ち運びもラクラクです。プレゼン用にも映画観賞用にもおすすめのモバイルプロジェクター。

AODIN モバイルプロジェクター D05-T89A

薄型のコンパクトなサイズ感とスムーズな操作感に加え、手頃な価格で人気のモバイルプロジェクター。5000mAhの大容量バッテリーを内蔵しているため、2~3時間の連続使用が可能なのが魅力です。付属の三脚スタンドを使って設置可能で、「自動台形歪み補正機能」が細かいセッティングをサポートしてくれます。

色再現性や精密性に優れる「DLP方式」を採用。HD・1080Pへの互換性があり、映画をはじめとする高画質なコンテンツを大画面で楽しめます。また、LEDバックライトの寿命が約3万時間と長いおかげでランプ交換の手間や費用が省けるのもポイントです。

Wi-FiやBluetooth接続に対応しているのも特徴のひとつ。アプリを導入することで、スマホやタブレットからワイヤレスで投影できます。キーボードやマウスといったデバイスとも手軽に接続可能。また、microSDカードやUSBメモリを接続すれば、パソコンなしでもWordやExcelを表示できます。

iOCHOW モバイルプロジェクター IO2

レンズ部分が90度回転するスタイリッシュなデザインのモバイルプロジェクター。携帯性が抜群なので、ホームシアターとしての使用はもちろん会議や旅行に持ち出すのにもおすすめのモデルです。

高コントラストで、色彩の再現性に優れる「DLP方式」を採用。発熱や消費電力が少ないLEDランプを搭載しており、2万時間以上の長寿命を誇ります。5000mAhの大容量バッテリーの内蔵により、1.5時間以上の連続使用が可能なのもポイントです。

また、パソコンやビデオカメラ、ブルーレイプレイヤー、ゲーム機とHDMIケーブルで接続可能。iPhoneやAndroidといったスマホとのWi-Fi接続にも対応しています。

エスケーテレコム(SK Telecom) Smart Beam Laser LB-UH6CB

ブラウンを基調としたデザインがおしゃれなモバイルプロジェクター。ひとつの辺が5.5cmのコンパクトなキューブ型で、重さも約195gと軽量なのでラクに持ち運べます。

明るさは100ルーメンと、小さな部屋であれば十分。バッテリー内蔵タイプなので、あらかじめ充電をしておけば場所を問わずに使用できるのが特徴です。HDMIのほか、Wi-Fiによる無線接続も可能。家で手軽に使えるモバイルプロジェクターとして活躍してくれます。

明るさ良好なモバイルプロジェクターおすすめモデル

FunLogy モバイルプロジェクター FL-01

非常に明るい投影が可能なモバイルプロジェクター。コンセントに接続していない状態や無線接続時でも1200ルーメンという明るさを確保しているのが特徴です。

サイズ125×66mmと手のひらに乗るコンパクトさに加え、重さも約230gとスマホとほぼ同等の持ち運びしやすさ。パネルには「DLPタイプ」を採用しており、解像度は1920×1080と高画質です。iOS・Android端末とのミラーリング機能やUSBなどの多彩な接続方法にも対応し、投影に使用するデバイスを選びません。

バッテリーは4000mAhで最大稼働時間は1.5時間。光源タイプはLEDなので、長寿命で長く使用できるのも魅力です。価格に対して性能が高く、画質を優先したい方におすすめです。

FunLogy モバイルプロジェクター X-01

円柱型のユニークな形状をしたモバイルプロジェクター。持ち運びがしやすい上、インテリアとしても楽しめるデザインに仕上がっています。明るさは1000ルーメンを確保しているので、モバイルプロジェクターの明瞭さを重視したい方にもおすすめのモデル。Hi-Fiスピーカーの採用によって高音質・大音量が実現しているのも嬉しいポイントです。

ダイヤルを回すアナログ操作で焦点距離を簡単に調整することができます。付属のリモコンによる遠隔操作も可能なので、操作性は良好。上下の補正機能を搭載しており、さまざまな角度からの投影に対応しています。

また、Wi-Fiと直接接続できるのも特徴のひとつ。本体のみでYouTubeなどの動画サービスを使用できます。スマホやタブレット、パソコンとのワイヤレス接続のほか、USB2.0、USB3.0、microSDカードの入力が可能です。

Vamvo プロジェクター YG500-N

1800ルーメンの非常に強い明かりで鮮明に映してくれる1台。リーズナブルな点も特徴。「スマートエコ技術」が採用されており、少ない発熱で使用できるため節電効果があるところも魅力です。

静音性にも優れているため、ファンの音が気にならずプロジェクターの映像に集中できます。最大投影サイズは130インチなので、大画面でコンテンツを楽しみたい方におすすめです。

安くて手に入りやすいモバイルプロジェクターおすすめモデル

DBPOWER ミニプロジェクター

コストパフォーマンスが非常に高いモバイルプロジェクターです。入力端子が豊富でUSBやHDMI、VGAなどで接続できます。明るさも1500ルーメンと明るく、1080pフルHDの高画質です。

「台形補正機能」も搭載しており、15度までの角度を調整してくれます。投影距離は1~5.2mと広く、さまざまな部屋のサイズに対応。8Ω2Wのスピーカーを内蔵しており、別途用意する必要がないのも魅力です。

モバイルプロジェクターのエントリーモデルとしては十分すぎるほどのスペックを揃えているので、予算が少ない方の乗り換えにもおすすめします。

Docooler モバイルプロジェクター

機能を削ぎ落としたミニマムなコンセプトで、リーズナブルな価格を実現したモバイルプロジェクター。サイコロ型のルックスが特徴で、ポケットに入ってしまうような驚きのコンパクトさです。

明るさは30ルーメン、最適投影サイズは20インチというスペックなので、プライベートルームでの使用や少人数でのプレゼンテーションに適しています。LEDランプの3万時間という長寿命も特徴のひとつ。内蔵バッテリーで約40分間作動させることができ、入力インターフェースはマイクロUSBとmicroSDカードのみというシンプルな仕様です。

レノボ(Lenovo) モバイルプロジェクター P0510

2万円以内で購入できるモバイルプロジェクター。超小型なサイズにもかかわらず最大110インチの投影が可能です。レンズ部分は90度まで回転するので、壁面はもちろん天井へ映し出すことができます。「台形補正機能」によって歪みを自動調整してくれるのもポイントです。

内蔵バッテリー駆動が約3時間続くのも特徴のひとつ。microSDカードの入力やWi-Fi・Miracastといったワイヤレス接続に対応しており、デバイスのコンテンツを簡単に大画面で楽しめます。

WIMIUS 小型LEDプロジェクター

1万円以下のリーズナブルな価格でありながら、1200ルーメンの明るさで鮮明な映像が楽しめるモバイルプロジェクター。LEDランプの寿命も約5万時間と長いため、コストパフォーマンスの高いモデルを探している方に適しています。三脚が付属しているため、投影サイズの調整がしやすいのもおすすめポイントです。

アウトドアに最適なモバイルプロジェクターおすすめモデル

ベンキュー(BenQ) モバイルプロジェクター G310J

屋内はもちろん屋外での使用も想定して設計されたモバイルプロジェクター。垂直方向からの水滴を防ぐ「IPX1」の防水レベルに対応したラバーケースが付属しています。着脱式のポータブルバッテリーで最大3時間の連続使用が可能。手のひらサイズのコンパクトボディに仕上がっており、持ち運びがしやすいのもおすすめポイントです。

1mの距離で60インチの投影に対応。限られたスペースでも大画面で映像を楽しむことができます。「縦自動台形補正機能」を搭載しているので、誰でも簡単にセッティングができるのも特徴です。

また、USBメモリを差し込むだけで手軽に映像を映し出せるほか、付属のMHLケーブルでスマホに表示したコンテンツを大画面で共有することも可能。Bluetooth4.0によってデバイスとケーブルなしで接続できるのもポイントです。

スマホとの連携に最適なモバイルプロジェクターおすすめモデル

キヤノン(CANON) ミニプロジェクター MINI PROJECTOR C-10W

Wi-Fiを搭載しており、スマホやタブレットにもワイヤレスで接続できるモバイルプロジェクター。アクセスポイントがない場合は直接端末と接続できるため、場所を選ばず使用可能です。

最大輝度は100ルーメンで、小さめの部屋であれば十分対応します。ビジネスの場でも気軽に使うことができるおすすめのモバイルプロジェクターです。

Sugoiti DLPプロジェクター C800

AndroidやiPhoneで使用するのにおすすめのモバイルプロジェクターです。パネルに「DLPタイプ」を採用しているほか、HDMI端子を搭載しているため、高画質データをそのまま楽しめます。最大で1080pxのフルハイビジョンに対応し、明るさは100ルーメンです。

HDMI以外にも、Wi-FiやBluetoothといった無線通信にも対応しているため、スマホやiPhoneとの相性も良好。さらに、本体には4200mAhのバッテリーを内蔵しており、電源がとれない環境でも約2時間半の連続投影ができます。また、本機によるスマホの充電も可能です。

投影サイズは、スクリーンとの距離が約1mで50インチ、2mで80インチ、3mで120インチ程度。三脚やリモコンも付属しています。

価格は3万円程度と、豊富な機能の割にリーズナブル。サイズも手のひらに乗るコンパクトさで持ち運びに困らず、プライベートでもビジネスでも使いやすいおすすめのモバイルプロジェクターです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) モバイルプロジェクター PH550G

ミニマムなデザインのコンパクトボディでありながら、550ルーメンの明るさを誇るモバイルプロジェクター。内蔵バッテリーによって2.5時間の連続使用が可能です。カバンに入れてどこにでも持ち運べる軽量設計が魅力。専用ポーチが付属しているのも嬉しいポイントです。

DLP方式の1280×800画素パネルを搭載。最大で100インチの映像を映し出すことが可能で、会議室などの広い空間での使用にもピッタリです。LEDバックライトの高コントラストも相まって、鮮明な映像を大画面で楽しむことができます。LEDは長寿命なのでランプを交換する手間や費用が削減できるのも特徴のひとつです。

HDMIやUSBに加え、各アナログ映像端子を入力できます。Miracastなどのスクリーンシェア機能に対応したスマホやタブレット、パソコンとケーブルなしで接続できる手軽さもおすすめしたいポイントです。

ヴィヴィテック(VIVITEK) モバイルプロジェクター QUMI Q3Plus

ビデオテープ状のコンパクトボディに加え、約460gという軽さが魅力のモバイルプロジェクター。8000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、2時間の連続駆動が可能です。携帯性に優れたモデルを探している方におすすめします。

1280×720のHD・720P解像度に対応。「自動台形補正機能」を採用しており、細かい調整をせずとも歪みのない映像が楽しめます。バッテリーモードでは300ルーメン、電源接続時には500ルーメンという明るさを発揮。LEDバックライトは約3万時間の長寿命なので、ランニングコストの削減が期待できます。

また、映像を簡単に映し出せるのも特徴のひとつ。YouTubeアプリを導入すれば、本機だけで映像を投影できます。iOSデバイスやAndroidデバイスのミラーリングも可能。動画やPDFの再生はUSBメモリを差すだけで行えるので、パソコンが必要ありません。