軽量小型化が進んでいる「モバイルプロジェクター」。ビジネスにおいては会議やプレゼンに、プライベートではスライドショーや動画を視聴する際に便利なアイテムです。

そこで今回はおすすめのモバイルプロジェクターをご紹介。アウトドアシーンでも使いやすいモデルやスマホとの連携がスムーズなアイテムなどもピックアップしたので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

モバイルプロジェクターとは?

By: sony.jp

モバイルプロジェクターとは、ホームシアターやビジネスの現場で活躍する持ち運びが容易な小型のプロジェクターです。

従来のプロジェクターは幅を取って重量もあるモノがほとんどでしたが、最近は小型かつ軽量でバッテリー駆動する機種が増加。外出先での使用も快適なアイテムがラインナップされています。

モバイルプロジェクターの選び方

パネルタイプで選ぶ

By: rakuten.co.jp

DLPタイプ

DLPは「デジタル・ライト・プロセッシング」の略で、マイクロミラー反射型パネル(DMD)を使ったパネルタイプ。コントラストを高く取りやすいほか、映像をコントロールしやすい利点があり、容易に高画質化が可能です。また、小型化も可能で、モバイル用途にも向いています。

LCOSタイプ

LCOSは「リキッド・クリスタル・オン・シリコン」の略。DLPと同様に反射タイプですが、こちらはミラーの代わりに液晶を使用します。高画質ですが高価なのがネックです。モバイルプロジェクターの主流はDLPですが、一部の高級機はLCOSを採用しています。用途や予算に応じて選びましょう。

明るさで選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターの明るさを表す単位は「ルーメン」です。一般的なプロジェクターは2000ルーメンを超えるモノが多いですが、モバイルプロジェクターの場合、25~800ルーメン程度までバラつきがあります。

なお、類似の表記としてANSI(アンシ)ルーメンという表記がありますが、これは明るさの平均を出したモノ。ちなみに「ANSI」とは、American National Standards Instituteの略で、一般に「米国規格協会」などと訳されるアメリカの組織のことです。

圧倒的な明るさが特徴の機種はバッテリー消費が早く、価格は比較的高価な傾向にあります。暗くした部屋の中で見る用途であれば、100ルーメン程度でも許容範囲です。

画素数で選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターの画素数は640×480ないし854×480が主流です。1366×768以上であればキレイに映せますが、その分価格も高くなります。また、投射映像の縦横比も重要。ビジネス用途なら4:3でもよいですが、映画やテレビを鑑賞する目的なら16:9のモデルが向いています。

接続方法で選ぶ

By: rakuten.co.jp

モバイルプロジェクターを選ぶ際には、映像入力端子も必ずチェックしましょう。注目すべき端子はHDMI。スマホやタブレット端末からHDMI入力する場合は、micro USBポートから映像を出力できるMHLに対応しているかどうかも確認すべきポイントです。

また、無線LANに対応していれば、ワイヤレスでの接続が可能。なかにはSDカードに対応しているモノもあり、差し込むだけで直接映像を出力できるモデルもあります。

投射距離と補正機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

プロジェクターは本体とスクリーンの間に投射距離が必要で、映し出す画面が大きいほど、長い距離が必要になります。機種によって適正距離は異なるので、狭いスペースでも大きい画面で投影したい方は必ずチェックしましょう。

なお、製品によっては斜めから投射することで距離を稼ぐ方法もあります。この場合、画面の歪みを補正する機能が必要となるので、確認しておきましょう。

バッテリーの容量で選ぶ

By: sony.jp

内蔵バッテリーの容量も重要。現状のモバイルプロジェクターは、2〜5時間程度持続するモデルが発売されています。

映画などのコンテンツを再生したいなら、少なくとも3時間程度は持続してほしいところです。購入する際はしっかりとスペックを確認しておきましょう。

持ち運びやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターとひと言でいっても、映像コンテンツに適したモデルから携帯性に優れたモデルまでさまざま。重いモデルだと700g程度ですが、持ち運び重視であれば200g程度のモノを選択するのがおすすめです。

よりコンパクトさを求めるのであれば、名刺入れサイズのモデルや手のひらに収まる程度のキューブ型モデルも候補。購入する際はぜひ実寸を確認しておきましょう。

明るさ良好なモバイルプロジェクターおすすめモデル

ソニー(SONY) ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

ソニー(SONY) ポータブル超短焦点プロジェクター LSPX-P1

コンパクトタイプのモバイルプロジェクター。約28cmの距離を確保すれば22〜80インチの映像を投射でき、場所を取らないのが魅力です。

映画館やホームシアターに使われる独自の液晶デバイス「SXRD」を採用しており、鮮やかかつ高精細な映像を投射可能。オートフォーカスによる自動調節に対応しているほか、壁や机、床にも投射できます。

同梱のワイヤレスユニットはテレビや録画チューナーに繋げることで、本体とのワイヤレス接続によりリアルタイムの地上派映像などを楽しめるのもポイント。万能型のおすすめアイテムです。

ソニー(SONY) Xperia Touch G1109

ソニー(SONY) Xperia Touch G1109

投射された映像をただ「見る」だけでなく、赤外線やセンサーを使ってスマホのスクリーンで使われる「タッチ操作」を可能にしたモバイルプロジェクター。壁や床、机に映し出される映像をタッチできるだけでなく、人感センサーによる自動オンオフやジェスチャーにも対応できます。

洗練されたおしゃれなデザインを持つ本体はインテリアとしても溶け込むほか、25cmの距離さえあれば最大80インチの映像を投射可能。「Android OS」が内蔵されているため、アプリでゲームを楽しめるのも魅力です。

ソニー(SONY) モバイルプロジェクター MP-CD1

ソニー(SONY) モバイルプロジェクター MP-CD1

サイズが83×150×16mm、重さは280gとスマホ程度の大きさにまとまっているモバイルプロジェクターです。バッテリー容量は5000mAhで、連続使用時間は約2時間。給電しながらでも駆動することもできるので、使い勝手は良好です。

105ルーメンで映し出される映像は、均等な明るさを持っているため視認性が高いのもポイント。電源を入れてから5秒程度で使える立ち上がりのよさにより、ビジネスシーンでも素早いセッティングが可能です。

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-1785W

エプソン(EPSON) プロジェクター EB-1785W

A4サイズのモバイルプロジェクター。重さ約1.8kgで携帯性に優れつつ、3200ルーメンの明るさに対応しているモデルです。フルHDの高画質な映像をパワフルに表現し、ビジネスのプレゼンなどで活躍します。

スクリーンの枠に自動でサイズを合わせる「フレームフィット」をはじめ、縦横の調節もオートで対応。斜めから投射しても歪みをボタンひとつで調節するなど、限られた時間でも素早く設定できるのが魅力です。

スマホの映像をワイヤレスで投射できるのもポイント。やや高価ですが、その分満足度も高いおすすめのモバイルプロジェクターです。

iCODIS RD-818

iCODIS RD-818

サイズが170×105×28mm、重さは380gと小さめながら、明るさ2000ルーメンのモバイルプロジェクター。映像の歪みを簡単に調節できる「自動台形補正」機能を搭載しており、フルHD画質で投影サイズは22から120インチまで対応しています。

HDMIをはじめとしてUSB、DC端子などインターフェースが充実しており、パソコンやスマホ、ヘッドホンなどあらゆるデバイスと接続できるのも魅力。優れた処理能力を持つチップが内蔵され、高画質と高音質を両立しています。バッテリー容量は4200mAh。自宅はもちろん、屋外でもモバイルプロジェクターを使いたい方にもおすすめです。

FunLogy プロジェクター FUNBOX

FunLogy プロジェクター FUNBOX

Wi-Fiを使うことでパソコンやiPhoneなどのスマホの映像を投射できるモバイルプロジェクター。サイズは225×106×30mmでリュックやカバンに収納しやすく、USBを直接繋げればExcelの映像も映せるのでビジネスのプレゼンにおいて活躍します。

Androidのシステムが搭載されているため、YouTubeやNetflixを単体で楽しむことも可能なほか、Bluetoothでマウスやキーボードの接続も可能。パソコンのような使用感が得られるのも魅力です。

3000ルーメンの明るさを持ち、1280Pの高画質な映像が楽しめるので、仕事から娯楽まで幅広く活躍します。ランプの寿命が3万時間もあり、長期間にわたり使えるのもポイントです。

iOCHOW iO4 ミニプロジェクター

iOCHOW iO4 ミニプロジェクター

3000ルーメンの明るさで映像をはっきりと映し出せるモバイルプロジェクター。オートフォーカス機能を搭載しており、自動で焦点を合わせられるのが特徴です。映像が台形に歪んでしまうのを防ぐ台形補正機能も採用されているため、キレイな映像や画像を楽しめます。

さらに、Android OSを搭載しているので、YouTubeやNetflixなどの動画サービスをはじめ、SNSなどさまざまなコンテンツを映すことが可能。約13.2×13.2×2.7cmのコンパクトなサイズで、カバンのポケットなどに入れて持ち運びやすいのも魅力です。

安くて手に入りやすいモバイルプロジェクターおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルプロジェクター 400-PRJ023

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) モバイルプロジェクター 400-PRJ023

サイズが98×75.5×13.5mm、重さは128gで超小型軽量のモバイルプロジェクター。名刺入れと比べても大きさがほぼ変わらず、ポケットに入れても持ち歩けるのが特徴です。

明るさは30ルーメンで、画面サイズは10〜60インチまで対応。壁はもちろん、天井を活用すれば寝ながら投影させることも可能です。

スピーカーは本体に内蔵。なお、本体には冷却ファンを搭載していないので、静音性にも配慮しています。2時間駆動するバッテリーは給電しながらでも使用することが可能。ちょっとしたプレゼンなどでも活躍するおすすめモデルです。

GooDee ミニプロジェクター YG200

GooDee ミニプロジェクター YG200

サイズが135×100×60mm、重さは約267gとコンパクトタイプのモバイルプロジェクター。持ち運びに便利なので、アウトドアシーンで映画を観たい方にも重宝するアイテムです。

また、消費電力が低いのも魅力のひとつ。冷却ファンを内蔵しているので放熱にも配慮しています。モバイルバッテリーからの給電にも対応。HDMI接続によりiPhoneやiPad、パソコンとも接続できます。価格帯としてはリーズナブルなので、初めてモバイルプロジェクターの購入を検討している方にもおすすめです。

DR.J 小型プロジェクター DR.JPJ0463

DR.J 小型プロジェクター DR.JPJ0463

1万円以下の価格ながら、2600ルーメンと明るめに投影できるモバイルプロジェクター。投影サイズは40〜170インチに対応しており、映画やアニメ、ドラマを存分に楽しめるのが魅力です。

HDMI接続によりパソコンやスマホをはじめ、ゲーム機から「Fire TV Stick」や「Chromecast」などマルチメディアにも対応。2つのスピーカーが内蔵されているため、優れた音響で映像を視聴できるほか、カラオケも楽しめます。

内蔵ランプの寿命は50000時間と長く使えるのもポイント。コスパ良好のモバイルプロジェクターを求めている方におすすめです。

ティーズネットワーク(TEES) VAP-9000

ティーズネットワーク(TEES) VAP-9000

低価格ながらも高機能を備え、コスパに優れたモバイルプロジェクター。スクリーンと本体との距離に応じて最小30インチから最大150インチまでの画面サイズを設定できます。

70ANSI/3000ルーメンのLCDパネルを搭載しているため、高輝度投影が可能。画素数は800×480ですが、1920×1080の映像でも圧縮して投影できるので、フルHD映像を楽しめるのも魅力です。

本体背面にはアジャストノブが付属し、投影映像の台形歪みを±15°の範囲で補正可能。HDMI端子・VGA端子・USB・microSDカードスロットを備え、さまざまな機器と接続できます。安価で高性能なプロジェクターを探している方におすすめです。

アウトドアに最適なモバイルプロジェクターおすすめモデル

エイサー(Acer) モバイルプロジェクター C200

エイサー(Acer) モバイルプロジェクター C200

200ルーメンの明るさを持ち、最大100インチの映像を投射できるモバイルプロジェクター。サイズは110×120×30mmとコンパクトで、カバンはもちろん、ポケットに入れても気軽に持ち運べます。

自然な色合いを維持する「ColorSafe II」や消費電力を低減できる「AutoEco」機能を搭載。光源にLEDを使用することで熱暴走を防ぎつつ、瞬時に電源のオンオフが可能なので、実際に使えるまでにかかるロスタイムを限りなく減らしているのが魅力です。

小型にも関わらず、バッテリー容量は6700mAhで、連続使用時間は最大4.5時間とスタミナも十分。アウトドアシーンでモバイルプロジェクターを使いたい方は、ぜひ候補として検討しておきましょう。

アンカー(ANKER) Nebula Capsule Pro AK-D4111N11

アンカー(ANKER) Nebula Capsule Pro AK-D4111N11

コンパクトな筒型タイプのモバイルプロジェクター。360°スピーカーのように周囲に力強いサウンドを発するのが特徴です。

「Android OS」が内蔵されているので、アプリケーションを使ってNetflixやYouTubeなどの映像コンテンツを楽しむことも可能。2GBのメモリと16GBのストレージを要しており、本体に音楽や動画データを保存できるのも魅力です。

5200mAhのバッテリーにより最大4時間まで映像を投射できるほか、Bluetoothスピーカーとしても機能するのが特徴。キャンプやアウトドアで音楽と映像を全力で楽しみたい方におすすめです。

エイスース(ASUS) モバイルプロジェクター S1

エイスース(ASUS) モバイルプロジェクター S1

アルミボディに表面加工を施したおしゃれなモバイルプロジェクター。バッテリー容量は6000mAhで、連続使用時間は3時間、スマホなどの充電器としても使えるのが魅力です。

明るさは100ルーメンで、1mの距離を確保することで映画などに適した41インチの投射が可能。また、原音再現性の高い「ASUS SonicMaster」も搭載されているため、高音質サウンドを楽しめます。

HDMI接続に対応しているのもポイント。電源を入れてから約5秒で起動する立ち上がりのよさや、瞬時に切断できるのも魅力です。「コンパクトなモバイルプロジェクターでさまざまなコンテンツを楽しみたい」と思っている方は、ぜひおさえておきましょう。

FunLogy モバイルプロジェクター X-02

FunLogy モバイルプロジェクター X-02

サイズが192×50×50mm、重さは400gで握るような持ち方ができるスティック状のモバイルプロジェクター。カメラと同じフォーカスを採用することで、映像を緻密に調節できるほか、角度を90°動かすことで、壁や真上にも投影できます。

1080Pの高解像度に対応しているほか、音質がクリアなのもポイント。HDMIやUSB接続に対応しているので、パソコンやゲーム機との連携も良好です。

放熱性の高い素材を使うことで耐久性にも配慮。静音性も高いため、本体の駆動音を気にすることなく使えます。スリムなモバイルプロジェクターを探している方におすすめです。

スマホとの連携に最適なモバイルプロジェクターおすすめモデル

ヴィヴィテック(Vivitek) Qumi Q6 Black

ヴィヴィテック(Vivitek) Qumi Q6 Black

高いコントラストにより、720Pの鮮明な映像を投影するモバイルプロジェクター。LEDを使ったモノとしては明るく、800ルーメンに対応しているのが特徴です。

斜めからの投射も「自動台形補正機能」によってスムーズに調節することが可能。本体サイズは165×102.4×34mm、重さは475g、さらに充電器は200gとセットで持ち運ぶ際にも便利です。

Wi-Fiも使えるので、パソコンやモバイル端末とのワイヤレス接続に対応。起動時間は10秒程度と素早く対応できるのも魅力です。

キヤノン(Canon) ミニプロジェクター C-13W

キヤノン(CANON) ミニプロジェクター C-13W

AndroidOSを搭載し、Wi-Fi接続環境があれば本体だけで多彩なコンテンツを投影できるモバイルプロジェクター。インターネット閲覧用のWEBブラウザをはじめ、PDFやオフィスデータを閲覧できるドキュメントビューアも搭載しているので、プライベートからビジネスまで幅広く活用できます。

最大輝度は130ルーメンで、最大解像度は4K UHDに対応。HDMIやUSB、MicroSDなど多彩なインターフェースを搭載しているのも魅力です。Android端末であればミラーリングも可能なので、スマホからでも手軽に映像の投射ができます。

本体を傾けるだけで自動で縦方向の台形補正を行う「オートキーストーン」や、左右反転、上限反転での投射にも対応。120×120×33mm、410gの軽量コンパクトモデルなので、さまざまなシーンに活用できます。

FunLogy モバイルプロジェクター FN-02

FunLogy モバイルプロジェクター FN-02

サイズが92×87×17mm、重さは123gのモバイルプロジェクター。ハガキよりも小さく、文庫本よりも軽量なので、スーツのポケットに忍ばせて持ち運ぶことも可能です。

1000ルーメンの明るさを持ち、HDMIを使ってパソコンやスマホと繋げられるほか、USBメモリを差し込めば簡単に映像を投射できるのも魅力。連続駆動は1時間と短めながら、モバイルバッテリーを活用すれば給電しながらでも使えます。

三脚が付属しているのもポイント。コンパクトさ重視でモバイルプロジェクターを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

キヤノン(Canon) ミニプロジェクター C-10W

キヤノン(CANON) ミニプロジェクター C-10W

ケーブルがなくてもパソコンやスマホ、タブレットなどとアクセスポイントを経由してワイヤレス接続できるモバイルプロジェクター。サイズは111×111×17.2mm、重さは260gなので、カバンやポケットに入れて簡単に持ち運べます。

フルHDの高画質映像を100ルーメンの明るさで投射可能。1.5時間使えるバッテリーが内蔵され、明るさを控えめにする「節電モード」を使うことでさらに長く使えるのも魅力です。

小さめの三脚や有線接続用のHDMIケーブルも付属。持ち運びがしやすく、ケーブル類を排除してシンプルな配線で使いたい方におすすめです。

アンカー(Anker) Nebula Capsule II D2421N11

アンカー(Anker) Nebula Capsule II D2421N11

Chromecastに対応し、スマホから簡単に投影できるモバイルプロジェクター。ほかにも、HDMIやUSB、Wi-Fi、Bluetoothなど、さまざまな接続方法で映像を投射できるのが魅力です。また、Android TV 9.0を搭載しており、3600以上のアプリケーションを使えます。

輝度は200ANSIルーメンで、画素数は1280×720。独自のオートフォーカス機能を搭載しているので、高精細な画像を楽しめます。Googleアシスタントも利用できるため、簡単に使えるのが特徴です。

サイズは80x150x80 mmとコンパクトで、約740gの軽量モデル。動画なら最大2.5時間、音楽なら最大10時間の連続再生ができる大容量バッテリーも備え、ポータビリティに優れています。持ち運びやすく、簡単に使えるモバイルプロジェクターを探している方におすすめです。