ビジネス用途としてはもちろん、映画などの動画コンテンツを楽しむなど、プライベートで使用する際にも便利な「モバイルプロジェクター」。ラインナップにはポケットにスッポリ収まる薄型タイプやバッテリーの駆動時間が長いモデルなど、さまざまな製品が取り揃っています。

なお、最近はスマホの写真や動画をシェアする際にも活用できる機種も登場。場所を選ばず使える汎用性の高いアイテムに注目が集まっています。そこで今回は、日本でユーザー数の多いiPhoneと相性のよいモバイルプロジェクターをピックアップ。さらに持ち合わせておくと便利なアクセサリーもご紹介します。

iPhone用モバイルプロジェクターのチェックポイント

プロジェクターの投影する明るさ(ルーメン)

71imlibxlcl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

プロジェクターは、投影する場所の状況で見え方も大きく左右されるため、製品を選ぶ上では投影する明るさ(ルーメン)が大切。

特にモバイルプロジェクターは、本体のサイズと内蔵バッテリー容量の関係上、明るさの度合いは低く抑えられています。そのため、最大輝度(ルーメン値)が高いタイプを選ぶことが重要です。

プロジェクターのバッテリー容量

400-prj014w_ft6

By: rakuten.co.jp

使う場所や場面によってはコンセントから電源が確保できないこともあります。そのため、内蔵バッテリーの容量もモバイルプロジェクターを選ぶ上でとても大切なポイント。

大容量バッテリー内蔵モデルは、長時間の連続投影やモバイルバッテリーとしての利用におすすめです。しかし、大容量であるほどモバイルプロジェクターのメリットである重量の軽さは損なわれます。フル充電時の最大稼働時間と使い勝手のバランスのよい機種を選びましょう。

プロジェクターの接続方法

By: amazon.co.jp

モバイルプロジェクターの接続方法には、HDMIポートによる接続とワイヤレス接続の2種類があります。特にiPhoneやiPadで利用する場合は、iOSへの対応状況の確認が必要。モバイルプロジェクターを選ぶ際は接続方法も確認しましょう。

iPhoneにおすすめのモバイルプロジェクター8選

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LEDポータブルプロジェクター PH550G

フル充電で約2.5時間使用できるモバイルプロジェクター。解像度は1280×720、明るさは550ルーメンです。本体の大きさは174×116×48mmの片手サイズ。

MHL対応HDMI入力、Bluetoothに対応するので、iPhoneとは有線無線いずれでも接続可能です。各種アナログ映像入力、USB入力にも対応。

3D投影に対応するので、幅広い機器との使用にも便利です。1W+1Wのステレオスピーカー、ヘッドホン端子も装備。電源のない環境でも大画面を楽しめるため、アウトドアの際も活躍するおすすめのモバイルプロジェクターです。

ヴィヴィテック(Vivitek) LEDプロジェクター QUMI Q8J

190×114×43mm、重量621gと小型軽量サイズのモバイルプロジェクター。フルHD解像度で800ルーメンの高輝度を実現しているところが魅力です。最大120インチもの大画面投射にも対応。

小さくても画質と明るさは犠牲にしたくない方におすすめ。なお、バッテリーは搭載していません。AC電源ならではの明るさがポイント。外出先でのプレゼンが多い方にもおすすめです。

手のひらサイズの超小型プロジェクター PocketTheater PT2-1601RS

手のひらサイズで50ANSIルーメンの明るさを持つモバイルプロジェクター。スマホやタブレット、パソコンから投影できます。投影サイズは10~100インチ。1.0Wのスピーカーが内蔵されています。

「AirPlay」に対応しているところも魅力。別途機器を用意することなくiPhoneの映像をワイヤレス入力できるおすすめのモバイルプロジェクターです。

エイスース(ASUS) ポケットLED プロジェクター ZenBeam E1

83×110×29mmと手のひらサイズのコンパクトながらロングバッテリーが特長のLEDプロジェクター。6000mAhものバッテリーを内蔵し、最長約5時間の連続駆動が可能です。

内蔵バッテリーをモバイルバッテリーとして使えることも魅力。iPhoneの緊急用バッテリーとしても活躍します。解像度は854×480画素、明るさは最大150ルーメン。

また、台形補正があるのもポイント。iPhoneとの接続はHDMIで可能です。電源なしの環境での長時間使用におすすめの製品です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) コンパクトポータブルLEDプロジェクター PH150G

LGが誇るコンパクトプロジェクターの「Minibeam」シリーズです。そのなかでも本製品は、バッテリーが内蔵されているにも関わらず、115×115×45mm、重量460gと最小クラスのコンパクトさが魅力。iPhoneとはHDMI端子で接続可能です。

解像度は1280×720、明るさは130ルーメン。内蔵スピーカーはモノラルですが、Bluetooth出力により外部のステレオスピーカーからも音を出せます。

キヤノン(Canon) モバイルプロジェクター MINI PROJECTOR C-10W

854×480画素、明るさ100ルーメンのモバイルプロジェクターです。バッテリーも内蔵し、節電モード時には最大2時間使用可能。明るさが欲しい時には標準モードもあります(駆動時間は1.5時間)。

HDMIとWi-Fi入力に対応。入力解像度はフルHDに対応しているので、高画質な素材もそのよさをうまく引き出せます。内蔵スピーカーがステレオなのもモポイント。全体的に国内メーカーらしい堅実なつくりが光るおすすめのモバイルプロジェクターです。

エイスース(ASUS) 小型ミニプロジェクター S1

バッテリー内蔵の小型プロジェクターの定番ロングセラー。110.5×102×30.7mm、重量が342gというコンパクト、軽量ボディに大容量バッテリーを搭載。フル充電で3時間駆動を実現しています。

解像度は854×480画素、明るさは200ルーメン。投影距離は0.73~2.43m、画面サイズは30~100型と比較的に投影距離が短じかい仕様になっています。

やや明めなところもポイント。また、シンプルで高級感のあるデザインも魅力的なおすすめの製品です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) LED超短焦点プロジェクター PF1000UG

普通のプロジェクターと比べて短い距離から投射できる超単焦点型機。壁からわずか11~38cmの距離で60~100型の画面サイズで投写できます。

明るさは1000ルーメン、解像度は1920×1080。フルHDにも対応するハイスペックなところが魅力です。AV AdaptorでiPhoneにケーブルでの接続可能。高画質をできるだけ狭いスペースでも楽しみたい方におすすめです。

iPhone用モバイルプロジェクターにおすすめのアクセサリー

アップル(Apple) Lightning – Digital AVアダプタ

テレビ番組や映画、撮影したムービーなどをスクリーンに出力するための変換アダプタです。Lightningコネクタを持つiPhoneやiPadの画像を、HDMI搭載の映像機器に最大1080pのHD画質でミラーリングできます。

プロジェクターとワイヤレス接続ができない時に便利。また、一部のモバイルプロジェクターの使用には変換アダプタが必要。ひとつ手元にあると役立つ変換アイテムです。 

アップル(Apple) Apple 30ピンDigital AVアダプタ

Apple Digital AVアダプタは、旧世代の30ピン端子コネクタを持つiPhone 4/4sなどに対応します。画像をHDMI搭載の映像機器に最大1080pのHD画質でミラーリング可能。

テレビ番組や映画、撮影したムービーなどをスクリーンに出力する際に活躍します。ワイヤレス接続ができないプロジェクターを使う際に活躍。ひとつ持っておくと便利なアイテムです。

マンフロット(Manfrotto) ミニ三脚 PIXI MTPIXI-B

412blldsz5l

マンフロットのミニ三脚PIXIです。PIXIは、汎用性と携帯性が高いおすすめの製品です。さまざまな小型デジタル機器と相性がよく、プロジェクター以外にも、スマホやデジカメにも使用できるのがポイント。

ミニ三脚でありながら安定して使用でき、また、直感的に角度の調整ができる使い勝手のよさも魅力。また、スタイリッシュなイタリアンデザインもおすすめポイントです。

ジェイビーエル(JBL) GO Bluetoothスピーカー JBLGO

インドアでもアウトドアでも、手軽にいい音を楽しみたい方におすすめのスピーカー。質の高い音を楽しむ際に活躍します。

3Wの40mm径フルレンジスピーカーを採用。コンパクトでポップな本体からは想像できない、奥行きのあるパワフルで高音質なJBLサウンドを満喫できます。

カラーは、ブラック・ブルー・ピンク・オレンジ・レッド・ティール・イエロー・グレーの全8色。ファッションやライフスタイルに合わせて選べるのも魅力です。