数あるテントのなかでも、初心者でも簡単に設営や撤収ができるのが「ポップアップテント」。軽くて持ち運びに便利なのが特徴ですが、日陰をつくるのに最適なサンシェード型やテントとして宿泊もできるフルクローズ型など、いくつかの種類に分かれているのがポイントです。

そこで今回は、ポップアップテントのおすすめ人気モデルをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしていただき、自分にあったポップアップテントを見つけてください。

ポップアップテントとは?

By: amazon.co.jp

ポップアップテントとは設営や撤収が簡単で、公園やビーチなどで気軽に使用できるテントのこと。一般のテントのように骨組みにあたるフレームと本体が分離されておらず、一体構造になっているのが特徴です。

フレームにはバネ性のあるワーヤーフレームを使用しています。そのため、畳んだ状態の製品を収納袋から取り出すだけで立ち上がってくれるなど、短時間での設営が可能です。そのほかにも、折り畳み傘のような構造をした製品もあり、傘を開く要領で簡単に設営ができます。

ポップアップテントのメリット

By: amazon.co.jp

一番のメリットは設営や撤収に要する時間を短縮できることです。それ以外にも、一般のテントのように繋ぎ合わせたフレームをしならせながら立ち上げる必要がないため、力の弱い女性でも簡単に組み立てられます。

ポップアップテントのデメリット

一方デメリットとしては雨に弱いことがあげられます。ほとんどのポップアップテントが、フライシートのないシングルウォール仕様であることがその理由です。また、全てのパーツが一体であることから、破損した場合メーカーに修理を依頼するか、買い換える必要があります。

ポップアップテントの種類

サンシェードタイプ

By: amazon.co.jp

サンシェードタイプとは、「サンシェード=日除け」が目的のポップアップテントのこと。主にビーチなどの夏のレジャーや運動会など、日射しから身を守りたい際に活躍してくれます。また、軽量で持ち運びやすく、誰でも簡単に設営できるのが魅力です。

フルクローズタイプ

By: rakuten.co.jp

フルクローズタイプは、「フルクローズ=全て閉める」ことができるポップアップテントのこと。プライベートな空間が素早く確保できるので、テント内における着替えなど、ちょっとした作業にも対応できるのが特徴です。また、製品によっては防水性や耐久性に優れたモデルもあり、ある程度の雨風であればカバーできるアイテムもあります。

ポップアップテントの選び方

使用人数

By: amazon.co.jp

多くのポップアップテントには使用する際に目安となる人数が記載されています。荷物を置くスペースなど、余裕があった方がよいので基本的には使用する人数+1人分の大きさで選ぶのがおすすめです。

なお、6人以上の大人数でポップアップテントを使用する場合は、2~3人用を複数用意するのがおすすめ。持ち運びやすさやテント内の心地よさを考慮すると、複数準備しておくと便利です。

用途で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ピクニック

ピクニックで使用する場合、遊びの間の小休止で日陰が欲しい時や、お弁当などの荷物を置いておく場所としての利用がメインになります。そのため、風通しがよく開放感のあるサンシェードタイプが最適。

また、公園などで駐車場に車を停めて荷物を持って運ぶことを考えると、コンパクトかつ軽量なモデルがおすすめです。

海水浴

ビーチでの強い日差しの下で使用するため、UVカット機能のある製品を選びましょう。泳いだ後の休憩や荷物置き場としての利用がメインであれば、サンシェードタイプが最適です。ただし着替えをする場所としても使うのであれば、周囲の視線を遮られるフルクローズタイプをおすすめします。

また、砂を詰めて重り代りにできるサンドポケットが付いていると、風でテントが飛ばされるのを防げるため、ペグの効かない砂浜で便利です。

キャンプ

ポップアップテントをキャンプ用途で使用するのであれば、就寝時に夜間の冷気を遮ってくれるフルクローズタイプは必須。夜露や天気の急変にともなう雨対策として、耐水性のある生地を使用しているかフライシートの付いているモデルがおすすめ。

また、虫の侵入を防ぎながら通気性を確保してくれるメッシュパネルもあると便利です。それ以外にも天井にループが付いていると、夜間にランタンを吊るせるので重宝します。

耐水性

By: dod.camp

ポップアップテントで簡易的な宿泊などを行いたい場合は、雨天にも対応できる耐水性を考慮してください。目安となるのは、耐水圧が1,500mm程度のモノです。

一般的に500mmで小雨、1,000mmで普通の雨、1,500mmで強い雨の侵入を防ぐと言われています。購入前にしっかりと製品スペックを確認しておきましょう。

UVカット

By: amazon.co.jp

ビーチなどで使用する場合、気を付けたいのがUVカット機能。製品によっては「UPF50」など日焼けに関わる記載があるので、事前に確認しておきましょう。

ちなみに「UPF」とは日焼けするまでにかかる時間のこと。このUPFに続く数字が大きければ大きいほど、しっかりとした日焼け対策ができることを意味します。

ポップアップテントのおすすめ人気モデル|1〜2人用

Wilwolfer ポップアップ ビーチテント

Wilwolfer ポップアップ ビーチテント

本体の生地にUVカットのシルバーコーティングを施したポップアップテントです。UPF50+仕様で強い日差しから体を守ってくれるため海水浴におすすめ。本製品は、ビーチの風でテントが飛ばされないよう、砂を詰められるサンドポケットを備えています。しっかりした地盤の場所なら、付属のペグとロープで固定することも可能です。

テント背面には通気性を確保するための、メッシュパネルを装備しています。テント内の風通しがよく、快適にくつろぐことが可能です。また、正面と背面のカーテンを閉めることで、フルクローズにすることもできます。テント内で着替えをする際には便利です。 

組み立ては本体を収納袋から取り出して開くだけ。収納も慣れれば10秒ほどで完了できる、設営・撤収の手軽さも魅力です。収納時のサイズも直径46cm厚さ5cmとコンパクトで専用のバッグも付属するため、持ち運びも楽にできます。

コールマン(Coleman) クイックアップ IGシェード

コールマン(Coleman) クイックアップ IGシェード

アウトドア用品の老舗ブランド、コールマンのポップアップテントです。収納袋から取り出して開くだけで簡単に組み立てが可能。組み立て説明書が収納袋に縫い付けられているなど、人気ブランドらしいユーザー目線の細かい配慮が見られます。

本製品は、出入り口をファスナーで閉じることで、フルクローズにすることが可能です。テント内での着替えの際に便利な上、荷物の目隠しにもなるので盗難防止にも役立ちます。天井付近の3箇所にメッシュ窓を装備しており、テント内の通気性を確保しています。

本体にはペグに加えて砂袋も付属しているため、公園などはもちろんペグの効きにくい砂浜での使用も可能です。また、耐水圧500mmの生地を採用(フロア生地は1,500mm)しており、少しの雨なら慌てる心配はありません。

Wolfyok サンシェードテント

Wolfyok サンシェードテント

ファスナーで正面の出入り口を閉めると、フルクローズにもなるポップアップテントです。着替えや荷物の保管時に、外からの視線をシャットアウトできます。生地にはSPF50+のシルバーコーティングを施した、ポリエステル素材を採用。強い日差しからお肌やお弁当などを守ってくれます。

スイカをモチーフにしたおしゃれなデザインの生地は、耐水圧が1,000mm以上あるため急な雨でも安心です。背面はメッシュスクリーン付きで通気性を確保。正面出入り口をフルオープンにすると、日差しを遮りながら心地よい風の通り抜ける快適空間が出来上がります。

テント内の左右には、小物入れにも利用できるサンドポケットが付いているため、砂浜での使用も可能。テントを固定するペグも付属しています。また、天井部分にランタンフックが装備されており、夜間の星空観察用途にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウト ポップアップテント

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウト ポップアップテント

アウトドア用品の人気ブランド、キャプテンスタッグのポップアップテントです。カモフラージュ柄のデザインはほかのテントと見分けやすく、運動会などにもおすすめ。本体幅160×奥行145cmの室内は、大人2人と子供1人なら座ってお弁当を食べることが可能です。

生地にはシルバーコーティングが施されており、紫外線を95%カット。日差しからもしっかりガードしてくれます。背面はメッシュスクリーン仕様のため、風が通り抜ける快適な室内空間です。テント両サイドにはサンドポケットが装備されており、ペグの効かない砂浜でも使用できます。

重量は1.2kgと軽量で、収納サイズも直径45cm厚さ6cmととてもコンパクト。専用のキャリーバッグが付属しており持ち運びも楽です。また、付属のレジャーシートにはポケットが付いているため、レジャーシートなどを入れておくこともできます。

ポップアップテントのおすすめ人気モデル|3〜4人用

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション

大阪に本社を構える家庭機器などで有名な、山善のポップアップテントです。正面の入り口をファスナーで閉じて、フルクローズで使うことも可能。荷物置き場や、着替え場所として利用することができます。

外からの砂の侵入を軽減させるフロントエッジ構造を採用しており、海水浴に最適です。背面の大きなメッシュスクリーンで通気性は抜群。また、遮熱性の高いシルバーコート生地も使用しており、暑い日差しを避けて快適にくつろぐことが可能です。

撤収も4ステップで簡単に折りたたみができます。収納袋を兼ねた専用のキャリーバッグが付属しているため、持ち運びも簡単。涼しげなライトブルー基調のおしゃれなデザインなので、夏のプールサイドにもおすすめです。

XINQIU ワンタッチ キャンプテント

XINQIU ワンタッチ キャンプテント

本体幅200×奥行145cmの親子4人で利用可能なポップアップテントです。組み立ては袋から取り出しポンと投げるだけなので、女性1人でも15秒ほどで設営ができます。撤収には多少の慣れが必要ですが、収納説明書付きで安心です。

本製品にはUVカット機能に加え、耐水圧2,000mm以上の210Dナイロン生地を採用。多少の雨でも慌てる必要はありません。かまぼこ型をした本体には、出入り口含め4つの窓があり、通気性もしっかり確保されています。また、4箇所ともメッシュスクリーン付きのため、虫の侵入を防ぎながら換気をすることが可能です。

天井にはランタンを吊るせるフックも装備しており、気候のいい時期のキャンプ用途にもおすすめです。付属の収納バッグはリュック型をしており背負えるため、駐車場からテントサイトまでの移動も楽にできます。 

タンスのゲン ENDLESS BASE

タンスのゲン ENDLESS BASE

福岡に本社があり家具などのネット通販事業を手がける、タンスのゲンが販売するポップアップテントです。前面のフロントシートが、ちょっとした荷物置き場として重宝します。室内は幅195×奥行175cmのワイド設計で、大人が足を伸ばして寝ることも可能です。

前面・背面ともフルメッシュスクリーン仕様。虫の多い季節の利用におすすめのモデルです。前面のメッシュスクリーンは、3つのファスナーで開閉できるため、出入りが楽なのも魅力。全てのスクリーンを閉じてフルクローズにすることもでき、着替え場所としても利用可能です。

本製品には紫外線を95%カットするUPF50+の生地を採用しており、真夏の日差しから日焼けするのを防いでくれます。また、テント内にはメッシュのポケットがあり、スマホやちょっとした小物を入れておくのに便利です。天井部にはランタンフックが装備されているので、天体観察など夜間の利用シーンで重宝します。

ウィンテック(WINTECH) ワンタッチテント 2019最新バージョン

ウィンテック(WINTECH) ワンタッチテント 2019最新バージョン

本製品は傘を開くように展開させて設営するタイプのポップアップテントです。フライシートの付いた二重構造で雨に強いのが特徴。フルクローズにすることも可能で、キャンプ用途にもおすすめです。ランタンを吊るせるフックも装備しています。

メッシュの窓を2つ備えており、フルクローズの状態でも換気が可能。出入り口2箇所をメッシュスクリーンにすることで、害虫の侵入を防ぎながら外の風を取り込み快適に過ごすことができます。

フライシートの部分は単独での使用も可能です。上からの日差しは遮りながら4方は風が通り抜けるフルオープンというように、サンシェードとして使うことができます。ピクニックや海水浴からキャンプまで、幅広い用途に活躍してくれるモデルです。

ポップアップテントのおすすめ人気モデル|5人以上

ディーオーディー (DOD) ワンタッチテント T5-31

ディーオーディー (DOD) ワンタッチテント T5-31

うさぎのマークで人気のドッペルギャンガーのポップアップテントです。2018年にブランド名が改名され現在は「DOD」ブランドになっています。テント上部のロープを引くだけで展開し、女性でも15秒ほどで設営できるのが魅力です。

本体サイズは幅305×奥行240cmと大型で大人3人子供2人を収納可能。手軽にファミリーキャンプを楽しみたい方にもおすすめです。耐水圧1,500mmの生地を使用しており突然の雨でも安心。入り口には大きく開いて出入りの楽な、D型ドアを採用しています。

天井部分には付属のメッシュシートを張れるようになっており、ランタンなどをおくことが可能です。フレームには直径8.5mmのグラスファイバー材を使用し、軽量化と耐久性を確保しています。また、鮮やかなフラッシュオレンジのカラーは、ほかのテントと見分けやすいので、野外フェスなどの用途にもおすすめです。

コールマン(Coleman) 6人用 インスタントテント

コールマン(Coleman) 6人用 インスタントテント

アウトドア用品の老舗コールマンの、6人用ポップアップテントです。展開すると幅305×奥行274cmの大型サイズながら、大きな傘を開くように1分ほどで設営できるのが魅力です。

家族5〜6人で休憩したりお弁当を食べたりできるので、運動会などで重宝します。本体の高さが183cmあり、立った状態で着替えることも可能。内部にはメッシュの小物ポケットも装備しています。防水機能は高くないので、雨の心配がない晴れの日に使用するのがおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント 5人用 ヘキサゴンタイプ

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント 5人用 ヘキサゴンタイプ

折りたたみ傘のように簡単に設営ができるポップアップテントです。女性1人でもテントを広げて紐を引くだけで、15秒ほどで組み立てが可能。女子キャンプや野外フェスにもおすすめです。

出入り口以外にの3箇所のメッシュ窓があり、効果的に室内への風の取り込みができます。また、雨で窓を閉じた状態でも、大きなメッシュの天窓から換気が可能です。天窓の外側には雨の侵入を防ぐトップシート付き。耐水圧1,500mmの生地を使用しているため、急な雨でも慌てる心配はありません。

6本のフレームで、約305×240×145cmの大きなボディで剛性を確保しています。フレームの素材にグラスファイバーを採用しており、重量は4.9kgと比較的軽量。専用キャリーバッグに収納して、便利に持ち運ぶことができます。

ZOTO ワンタッチテント 第3世代

ZOTO ワンタッチテント 第3世代

1万円以下で購入可能な、コスパの高さが魅力のポップアップテントです。折りたたみ傘を広げる要領で、女性でも約15秒で組み立てができます。側面は全周メッシュスクリーン仕様になっており通気性は抜群です。

本体全体をすっぽり覆えるフライシートが付いているのも特徴。フライシートは耐水圧3,000mmの生地を使用しており、多少の雨でも安心して使用できます。内部にはランタンフックも装備しており、キャンプにもおすすめです。

本体重量は3kgととても軽量。専用の収納バッグがリュック型をしており背負えるため、持ち運びも簡単です。 

ポップアップテントの楽天市場ランキングをチェック

ポップアップテントの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。