数あるテントのなかでも簡単に設営ができる「ワンタッチテント」。複数人で協力せずとも、ひとりで組み立てられるのが特徴で、アウトドアに不慣れな初心者でも簡単に使えるのが魅力です。

そこで今回はワンタッチテントのおすすめモデルを特集。ソロキャンプ用から2~3人用、さらにはファミリー向けの製品までご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ワンタッチテントとは?

「ワンタッチテント」とは一般的なドームテントやポールテントよりも簡単に設営できるテントのこと。明確な定義は決まっていませんが、構造としては傘に似ており、広げて骨部分を固定するのが特徴です。

なお、ワンタッチテントと似た製品として「ポップアップテント」や「サンシード」があります。それぞれ違いがあるので注意しておきましょう。

ポップアップテントは骨組みが折れておらず、柔軟性の高いワイヤーを採用。設営する際は広げるだけで、ワンタッチテントようにカチッとロックしないのが特徴です。

一方、サンシェードは「sun shade」なので意味合いとしては日陰。目的としては日除けや暑さ凌ぎがメインなので、通気性により配慮されています。

ポップアップテントとサンシードの共通点はワンタッチテントよりも作りが簡易的なところ。海岸や砂浜、河原や砂利などでも設営できますが、ペグを使用しないことも違いとして挙げられます。購入を検討する際は混同しないようにしましょう。

ワンタッチテントのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

ワンタッチテントのメリットはとにかく設営と撤収が楽な点。組み立て時は広げて立ち上げるだけ、片付け時は縮めてたたむだけと簡単で、スピーディに対応できるのが注目すべき点です。

一方、デメリットはパーツが集約されているため、破損した場合の修復が難しいこと。パーツがバラバラであれば買い替えで代用できますが、特にワンタッチテントの骨組み部分が壊れた場合は簡易的な補強しかできない点は留意しておきましょう。

ワンタッチテントの選び方

使用人数に合わせたサイズを選ぶ

ワンタッチテントに限らず、野外で居住空間を作るテントにはサイズに合わせて定員がある程度決まっているので注意。テント内を何人で過ごすかは事前にしっかりと考えておきましょう。

また、キャンプでは人数に関わらず、アクティビティによって備品の数が異なるので、アイテムの保管スペースをテント内に確保することもポイント。例えば、焚き火をする場合とバーベキューをする場合とでは用意する道具も数も大きさも異なります。

外に出したままでよいモノ、テント内に仕舞う必要があるモノなどは事前にしっかり確認しておきましょう。

前室の有無や広さをチェック

By: amazon.co.jp

テントにおける「前室」とは、靴などのちょっとしたアイテムを置く出入り口前のスペースのこと。玄関のような場所で、前室の有無により快適さは異なります。特にワンタッチテントは簡易的に作られていることが多く、出入り口のみで前室がない場合があるので注意しておきましょう。

なお、前室をより広々と使いたい場合はキャノピーポールの有無もチェック。2本あれば家でいうところのリビングのような場所ができ、別途タープを張らずとも、アウトドアチェアやテーブルを置くスペースを確保できます。気になる方は付属品にキャノピーポールが2本入っているかを確認しておきましょう。

ペグで固定できるものがおすすめ

By: amazon.co.jp

テントを固定するには地面にペグを打つのが一般的。数が多ければ多いほど、テントは縦横にピンと張られるようになり、よりしっかりと固定されるようになります。

素材はステンレスやアルミ、プラスチックなどさまざまなタイプがありますが、硬くて重たい金属のほうが耐久性や強度は高め。一方、持ち運び用途を考えると、軽いほうが便利です。

また、また、打ち方がわからない方は事前に調べておくことも重要。なお、別途ハンマーなどがあると便利なので、そうした点も留意しておきましょう。

防水・耐水性が高いモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンでは悪天候時にも対応できるか、雨が降っても快適に過ごせるかが重要。テントでは防水・耐水性が求められます。

チェックする項目は「耐水圧」。小雨で500mm、中雨で2000mmが目安となるので、気になる方はお目当てのワンタッチテントのスペックがどのあたりにあるかを確認しておきましょう。

なお、おおよそのアベレージは1500mm対応からとされています。さらに優れた製品になると耐水圧3000mm対応の製品などもあり、より雨に強い仕様となります。比較・検討する際はしっかりとチェックしておきましょう。

遮光性やUVカット加工の有無をチェック

By: quickcamp.jp

アウトドアシーンでは天候を問わず、日中の紫外線をケアすることも重要。日焼けや熱中症が気になる夏だけでなく、春や秋も注意しておきましょう。

テント生地にシルバーコーティングが用いられているモノやがUVカットが施されているモノがおすすめ。シルバーコーティングは生地にシルバーのポリウレタン樹脂を塗装した加工のことで、布の隙間から入る光や紫外線の軽減や遮熱効果が期待できます。

UVカットは紫外線保護指数やUVカット率が目安。前者は「UPF35」や「UPF50+」などで、後者はパーセントで示され、数字が高いほうがより優れていることを表しています。

季節に適したモデルを選ぶ

夏場は通気性の高いモデルを

気温が高い、湿気が多い夏場のキャンプ場では通気性の高いモデルがおすすめ。出入り口が大きい、サイドにある窓が大きい、天井にベンチレーションがあるなど、換気に配慮した部分が複数あると、よりテント内を快適に過ごせます。

また、メッシュ素材を採用しているかもポイント。フルオープンでは虫などが侵入してしまうので、空気の循環をしたい場合は生地とメッシュとを切り替えられると便利なため、チェックしておきましょう。

冬場は防寒対策や結露防止ができるモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

寒い冬場のキャンプはダブルウォール仕様のモノがおすすめ。フライシートとインナーテントに分かれたテントを指し、2重構造を採用しているかがポイントです。

ダブルウォールのテントはフライシートがないモノや、フライシートと一体化したシングルウォールのモノと比べて雨に強く、結露がしにくいのが特徴。標高の高い場所での設営や肌寒さが感じられる春・秋のキャンプにも対応できます。

ワンタッチテントのおすすめブランド

ディーオーディー(DOD)

「ディーオーディー」は大阪の「ビーズ」が運営するアウトドアブランド。もともとは「ドッペルギャンガーアウトドア(DOPPELGANGER OUTDOOR)」という名称でしたが、現在の呼称に変わっています。

取り扱っている製品ジャンルはテントのほか、タープやテーブル、チェアなどさまざま。いずれもウサギのロゴマークが印象的で、アウトドアテイストのなかにもかわいさがあるのが魅力です。

フィールドア(FIELDOOR)

By: fieldoor.com

「フィールドア」は東京の「クローバー」が運営するアウトドアブランド。取り扱っている製品ジャンルはさまざまですが、特にテントのラインナップが豊富で、ドーム型からワンポール型、カマボコ型まで揃えているのが特徴です。

また、比較的リーズナブルな価格設定もポイント。キャンプ初心者の方でも手が出しやすいほか、コスパ重視でアウトドアグッズを選びたい方にもおすすめです。

クイックキャンプ(QUICKCAMP)

By: quickcamp.jp

「クイックキャンプ」は安価なアウトドア製品を展開しているアウトドアブランド。一部店舗でも販売していますが、ネット販売が主で、テントやタープ、テーブル、チェアなどを取り扱っています。

各種テントには設営動画を準備しているのもポイント。また、製品には同動画のQRコードが用意されており、スマホで確認しながら現場で設営することも可能です。アウトドアに不慣れな方はぜひチェックしておきましょう。

ワンタッチテントのおすすめ|1人用

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンタッチテント T2-275

バイク乗りのソロキャンパーにおすすめのワンタッチテント。本製品は紐を引くだけでアウターテントとインナーテントが同時に立ち上がる仕様で、簡単に設営しやすいのが特徴です。

組み立てサイズは約243×235×133cm。収容可能人数としては大人2名ですが、1人での使用も可能です。収納サイズは約62×20×20cmで、重さは約4.3kg。カラーはタンとグレーの2色から選べます。

ディーオーディー(DOD) ライダーズバイクインテント T2-466

バイクツーリング用のワンタッチテント。寝室はもちろん、バイクの駐車スペースも確保できる2ルーム仕様で、屋根となる大型のキャノピーを備えているのが特徴です。

組み立てサイズは約215×260×140cm。収容可能人数としては大人2名です。バイクを収納する場合は、1人で使用するのに適しています。収納サイズは直径約23×長さ約61.5cmで、重さは約5.5kg。カラーはタンとグレーの2色を用意しています。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント100

フライシート付きのソロキャンプ用ワンタッチテント。生地には遮熱効果が期待できるシルバーコーティング、紫外線をケアするUVカットコーティングが施されており、安心して使えるのが特徴です。

組み立てサイズは約210×165×110cmが目安。収納サイズは約64×14×14cmで、重さは約2.9kgと持ち運びに便利なのもポイントです。カラーはライトベージュ・ダークブラウン・カーキの3色をラインナップしています。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント150

簡易的なソロキャンプ用のワンタッチテント。組み立てサイズは約200×150×135cmが目安で、1人用としてはややゆとりがあるのが特徴です。

生地には遮熱効果が期待できるシルバーコーティングのほかに、紫外線をケアするUVカットコーティングが施されており、安心して使えるのもポイント。収納サイズは約74×17×17cm、重さは約2.8kgで、フライシートがない分軽い仕様です。

カラーはライトベージュ・ダークブラウン・カーキの3色をラインナップ。価格帯としても安価なので、メインとしてはもちろん、サブ用のテントを求めている方にもおすすめです。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ダブルウォール ツーリングテント 1人用 QC-BEETLE1

ややトップが傾斜している1人用のワンタッチテント。耐水圧は3000mmと雨に強いほか、サポートポールで補強するのも本製品の特徴で、設営の安定感に長けているのがポイントです。

組み立てサイズは約230×90×90cmが目安。収納サイズは約52×17×17cmで、重さは約3kgとコンパクトにまとまるのも魅力です。

コールマン(Coleman) インスタントアップドーム/S

前室が広いタイプの1人用ワンタッチテント。組み立てサイズが約210×210×115cm、インナーサイズが約210×90×100cmで、日よけや雨よけとなる外置きスペースを十分確保できるのが特徴です。

収納サイズは約17×65cm。重さは約4.3kgが目安です。なお、単体以外にも、ソロキャンプ道具一式を揃えたい場合は寝袋やアウトドアチェア、テーブル、焚き火台などがセットになったタイプも展開されています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

ワンタッチテントのおすすめ|2~3人用

ディーオーディー(DOD) ワンタッチテント T2-629

オーソドックスな2人用のワンタッチテント。組み立てサイズは約230×150×117cmで、天井には大型ベンチレーションメッシュを配置しており、通気性に優れているのが特徴です。

収納サイズは約70×19×19cmで、重さは約3kgが目安。カラーはタン・ベージュ・ブラックの3色をラインナップしています。なお、同タイプでひと回り大きい「ザ・ワンタッチテントM」も存在。 興味がある方はぜひチェックしてみてください。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ワンタッチテント 3人用 QC-OT210N

フライシートと一体型のワンタッチテント。組み立てサイズは約210×190×110cmで、適応人数は2〜3名程度が目安です。

前面・背面の両面には大型の入り口を配置し、通気性も良好。生地には遮熱効果が期待できるシルバーコーティングが施されているほか、UVカット性能もUPF50+と高く、安心して使えるのも魅力です。

収納サイズは約102×17cmで、重さは約2.8kg。カラーはサンド・カーキ・アイボリーの3色をラインナップしています。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ダブルウォール ドームテント 3人用 QC-DT220

3人用のドーム型ワンタッチテント。簡単に設営できるのが特徴で、本体を広げて中央部を持ち上げれば完成します。なお、力の弱い方は、ハブを噛み合わせてから建てるのがおすすめです。

組み立てサイズは約220×220×130cm、収納サイズは約78×17×17cmで、重さは約4.3kgが目安。カラーはタンとグレーの2色をラインナップしています。

ケシュア(Quechua) キャンプ ワンタッチテント 2 SECONDS EASY FRESH&BLACK 2人用

持ち運び重視の方におすすめのワンタッチテント。重さは4.7kgと同ジャンルの製品としては軽いほうではありませんが、収納サイズが約59×20×20cmとコンパクトにまとまるのが特徴です。

設営も簡単で、センタートップを持ち上げる必要はなく、2箇所ある紐を引っ張るだけで完成します。組み立てサイズは約205×255cmで、内部の高さは110cmが目安です。

キィード(QEEDO) クイックアッシュ2(QUICK ASH2)

ドイツのメーカー「キィード」の2人用ワンタッチテント。設営・撤収が非常に簡単にできるのが特徴で、キャンプ初心者の方でも扱いやすいのが特徴です。

耐水圧は3000mmと雨に強いのもポイント。組み立てサイズは約230×160×140cm、収納サイズは約76×21×21cmで、重さは約4kgが目安です。やや価格帯は高めですが、海外ブランドにこだわりたい方はぜひチェックしておきましょう。

ワンタッチテントのおすすめ|4人用以上

ディーオーディー(DOD) わがやのテント T5-869

複数人の収容が可能なファミリータイプのワンタッチテント。定員は大人5名が目安ですが、ひとりでも簡単にセットできるのが特徴です。

組み立てサイズは約280×280×156cm。設営時はセンター部分を内部から突き上げるようにするのがポイントです。

収納サイズは約95×26×26cmで、重さは約10.5kgが目安。通常のドーム型テントに不慣れな方や不安な方はぜひ検討してみてください。

ディーオーディー(DOD) キノコテント T4-610

キノコ型をしたおすすめのワンタッチテント。モンゴルの遊牧民が住む「ゲル」にも似たような感じで、キャンプシーンに遊び心を持ち込みたい方におすすめです。

設営はセンター部分を引っ張り上げ、フライシートを被せて張りペグ打ちをすれば完成します。組み立てサイズは約328×328×168cmで、収容可能人数は大人2名・子供2名が目安です。

収納サイズは約25×90×25cmで、重さは約11.2kg。カラーはカーキ・ベージュ・レッド・バイオレッドの4タイプをラインナップしています。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント200

豊富なカラーラインナップが揃うおすすめのワンタッチテント。ライトベージュ・ダークブラウン・ターコイズ・オレンジ・ライム・カーキの6色が用意されており、定番色以外も選べるのが特徴です。

組み立てサイズは200×200×120cmで、定員は4名程度が目安。同スペックのなかでも比較的価格帯がやや控えめなのも魅力です。

また、収納サイズは約105×15×15cmと横長なのもポイント。重さも約3.3kgとフライシートがない分軽いので、持ち運ぶ際は肩掛けするのがおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント300

比較的大型のワンタッチテント。前室が付いているほか、付属しているキャノピー用のポールを2本立てれば、ちょっとしたリビングスペースを作れるのも特徴です。

組み立てサイズは約300×500×180cmで、定員は4~6名が目安。収納サイズは約103×20×20cmで、重さは約10.5kg、カラーはライトグレー・ボルドー・ダークブラウンの3色から選べます。

フィールドア(FIELDOOR) ワンタッチテント ヘキサゴン

ヘキサゴン(六角形)タイプのワンタッチテント。設営する際はテント内部にあるロープを引っ張り上げて、センタートップを傘のように広げるのが特徴です。

組み立てサイズは約305×260×145cmで、定員は5名が目安。収納サイズは約95×25×25×cmで、重さは約4.9kg、カラーはライトベージュ・ダークブラウン・ターコイズ・オレンジ・ライム・カーキの6色をラインナップしています。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) ダブルウォール ドームテント ラージ 4-5人用 QC-HL270

フライシートとインナーテントに分かれたダブルウォール仕様のワンタッチテント。フライシートはUV遮蔽率88%のUPF35で、耐水圧は2000mmと、紫外線や雨に配慮されているのが特徴です。

組み立てサイズは幅270cm×奥行220+70cm×高さ140cmで、定員は4〜5名が目安。収納サイズは幅87cm×奥行21cm×高さ21cmで、重さは約5.7kg、カラーはタンとグレーの2色をラインナップしています。

モダンデコ(MODERN DECO) ワンタッチドームテント

細部の使い勝手に配慮されたヘキサゴン(六角形)タイプのワンタッチテント。メッシュ生地には防蚊加工が施されており、虫の多いキャンプ場でも安心して設営できるのが特徴です。

また、テント上部のシートにはシルバーコーティングを施し、遮熱性や遮光性に優れているのもポイント。紫外線保護指数はUPF50+で、UVカット率は99%が目安となります。

組み立てサイズは約300×260×160cmで、定員は4〜5名。収納サイズは直径19×長さ89cmで、重さは約5.5kg、カラーはヴィンテージセピア・サンドベージュ・オリーブグリーン・アースブラウンの4色をラインナップしています。