トップウォータールアーのなかでも比較的サイズが大きい「ペンシルベイト」。フォルムとしては細身から太めまであり、魚種としても淡水・海水を問わず、さまざまなターゲットに対応できるのが特徴です。

そこで今回は、ペンシルベイトのおすすめモデルをピックアップ。使い方や選び方についてもご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ペンシルベイトとは?

By: rakuten.co.jp

「ペンシルベイト」とは、細長い形状のトップウォータープラグ。その名の通り鉛筆に似ているのがネーミングの由来で、国内外を問わず、数多くのルアーが発売されています。

タイプとしてはフローティングで、水面で誘うのが基本。なお、派生ルアーとして水面直下を泳ぐ「シンキングペンシル」とは分けて考える必要があるので、留意しておきましょう。

ペンシルベイトの狙いところとしては、橋脚や護岸、立ち木、杭などの縦ストラクチャーが候補。また、フレッシュな水や酸素、ベイトフィッシュが供給される流れ込み、日差しを避けたシェードなども有望です。

使うタイミングとしては、狙う魚が水面を意識しているとき。例えば、バスに関しては表層水温が20℃を超えてくるあたり、時期としては6〜9月が目安です。特に表層をベイトフィッシュが回遊しており、ボイルが発生したタイミングはペンシルベイトの出番となるので、意識しておきましょう。

ペンシルベイトの使い方

ドッグウォーク

By: imakatsu.co.jp

「ドッグウォーク」とは、左右に首振りをしながらスライドするアクションのこと。ネーミングは、犬の散歩時の首振り動作に似ているのが由来とされています。

やり方としては、キャストしたらロッドティップを下げ、チョンチョンとロッド先端を動かしつつ、ラインを少しずつ巻き取るのが基本。ラインスラックを出し、ある程度糸をたるませた状態で動作を続けるのがキモです。

ダイビング

By: duel.co.jp

「ダイビング」とは瞬間的に潜るアクションのこと。ロッドティップを下げてトゥイッチやジャークを入れれば、お辞儀をするように頭から水面に入っていき、その後浮上していきます。

操作としてはラインスラックを十分にとりつつも、糸の張ったり緩めたりを繰り返すのがコツ。バイトはダイビングの初動や浮き上がり時に多いので、リズムに変化をつけたり、ポーズを入れて喰わせの間をつくったりすることを意識しましょう。

ただ巻き

ペンシルベイトとしてはメインの動かし方ではありませんが、「ただ巻き」も時としてあり。高速巻きやデッドスロー、さらにはストップ&ゴーなど、スピードや緩急の変化をつけることでバイトを誘発できます。

ペンシルベイト向けのタックルセッティング

ペンシルベイトはトップウォータールアーなので、オールドタックルに想いを馳せて短く柔らかいロッドを選ぶ方もいます。しかし、実際の操作性などを考慮すると、長さは6.6ftぐらい、パワーはミディアムで、アクションはレギュラー程度がおすすめです。

リールはキャストのテンポを意識してチョイス。迷う場合はハイギアでもローギアでもない、ノーマルギアを選ぶのが無難です。ラインは浮力が高く、トラブルが少ないナイロンが候補。太さはカバーの濃さにもよりますが、12〜14Lbが目安です。

ペンシルベイトの選び方

タイプで選ぶ

垂直浮きタイプ

By: daiwa.com

垂直浮きタイプとはノーアクション時に頭部分が水面より上に出て、ボディの大半が水に浸かるルアーのこと。アクションさせると移動距離が短く、ドッグウォークの幅は小さくなります。

なお、ロッドを下げてトゥイッチやジャークを入れれば、軽く潜るダイビングアクションを演出。この動きは魚が水面に出きらない場面でも効果を発揮することがあるので、ぜひおさえておきましょう。

水平浮きタイプ

By: o-s-p.net

水平浮きタイプとは、ノーアクション時にお腹部分が水面につき、背中部分が水面から出ているルアーのこと。アクションさせると移動距離が長く、ドッグウォークの幅は大きくなります。

ペンシルベイトのなかではアピール力の高いタイプで、遠くからでも魚を呼ぶことが可能。連続したアクションで広範囲をスピーディーに探る際に適しています。

斜め浮きタイプ

By: evergreen-fishing.com

斜め浮きタイプとは垂直浮きタイプと水平浮きタイプとの中間に位置するルアーのこと。浮き姿勢の角度は製品によって異なり、それによってアクション時の移動距離やドッグウォークの幅も変わります。

また、浮き姿勢の角度は水面からルアーの先端までを示しており、15°や30°などさまざま。なお、ラインアイの位置は操作性を考慮してルアー先端よりも一段下にセットされているのがほとんどです。

カラーで選ぶ

By: duel.co.jp

ペンシルベイトは実在するベイトフィッシュカラーから、シルエットをはっきりと見せられるブラック系、アングラーからの視認性が高い派手系などさまざま。適した色は天候や水質など、フィールド条件にもよりますが、いずれにせよ信じて投げ続けられるカラーをチョイスすることが重要です。

なお、ペンペルベイトはフックのカラーにこだわるのもアリ。特に赤針に変えて、効果を実感するアングラーもいます。気になる方はぜひ試してみてください。

ペンシルベイトのおすすめ|バス

メガバス(Megabass) GIANT DOG-X

メガバス(Megabass) GIANT DOG-X

国産ペンシルベイトを代表するルアーのひとつ。ロングセラーモデルとして知られる逸品で、国内はもちろん、海外でも評価が高いのが特徴です。

ドッグウォークさせた際の切れ味がよく、鋭くスライドしていくのもおすすめポイント。高速ターンがリズミカルにできるのも魅力です。

メガバス(Megabass) DOG-X Jr. COAYU

メガバス(Megabass) DOG-X Jr. COAYU

細身でコンパクトなペンシルベイト。やや小ぶりながらドッグウォークさせた際の動きはダイナミックで、水面を逃げ惑う小魚などを演出できるのが特徴です。

ウエイトは1/5ozとあまり聞き慣れない絶妙な重さで、タックルとしてはベイトはもちろん、遠投性を意識したい場合はスピニングで扱うのもアリです。気になる方は、ぜひベイトとスピニングで投げ比べしてみてください。

ラッキークラフト(Lucky Craft) サミー

ラッキークラフト(Lucky Craft) サミー

国内だけでなく、海外でも実績の高いおすすめのペンシルベイト。垂直浮きタイプながら、動き出しのキレがよく、扱いやすいのが特徴です。

また、サイズを問わず遠投性能が高いのもポイント。ウエイトは後方に集中しつつも、尾っぽ部分にかけて先細りとなっており、キャスト時の空気抵抗に配慮しています。ペンシルベイトをマスターしたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

エバーグリーン(EVERGREEN) コンバットペンシルジャスティーン

エバーグリーン(EVERGREEN) コンバットペンシルジャスティーン

ロングセラーモデルの「コンバットペンシル」を同社USAスタッフのジャスティン・カーのリクエストによって誕生したルアー。クリアウォーターでも見切られにくいペンシルベイトを目指し、スリムサイズかつノンラトル仕様になっているのが特徴です。

また、アクションのスライド幅を短めに設定し、クイックに動くのもポイント。浮き姿勢は45°の斜め浮きタイプで、安定してドッグウィークができるのも魅力です。

エバーグリーン(EVERGREEN) シャワーブローズ

エバーグリーン(EVERGREEN) シャワーブローズ

大きめのタングステンウエイトボールを搭載したおすすめのペンシルベイト。後方にかけてボディサイズが太くなっており、遠投性能が高いのが特徴です。

ラトルサウンドも大きいめで、広範囲に存在感をアピールできるのもポイント。浮き姿勢は水平に近い斜め浮きで、アクションレスポンスが高いのも魅力です。

イマカツ(IMAKATSU) スラムドッグモンスター

イマカツ(IMAKATSU) スラムドッグモンスター

ビッグサイズのペンシルベイト。モンスターサイズの魚を仕留めるべく開発されたルアーで、存在感があるのが特徴です。

また、強烈な水押しをするドッグウォークアクションもハイアピール。さらに、ハイトーンの金属サウンドを発し、遠くにいる魚に対しても周知させることができます。ランカー狙いの方は、ぜひチェックしておきましょう。

ティムコ(TIEMCO) レッドペッパー

ティムコ(TIEMCO) レッドペッパー

垂直浮きタイプの国産ペンシルベイト。ロングセラーモデルとして知られており、スタンダードなフォルムながら根強いファンが多くいるルアーの代表格です。

特にダイビングアクション時の水しぶきが秀逸で、小魚が水面で逃げ惑うようなパニックアクションを演出可能。シリーズとしてはラインナップも豊富で、本製品はオリジナルモデルですが、ジュニア、ベイビー、マイクロ、ナノとサイズ順に分かれているのもポイントです。

オーエスピー(O.S.P) YAMATO Jr.

オーエスピー(O.S.P) YAMATO Jr.

太めのボディ形状を採用したおすすめのペンシルベイト。ジャンルとしてはフロントカップが用意されたペンシルポッパーですが、また、フェイスサイドに溝を入れ、首振り時にバブルを出せるのが特徴です。

浮き姿勢はほぼ水平で、クイックなターンを支えるべく、顎下にボードがセットされているのもポイント。さらに、ラインアイが2箇所あり、上部はダイビングを、下部はドッグウォークを行う際に適しています。

なお、本製品は「Jr.」ですが、ラインナップとしてはひと回り大きいオリジナルモデルも用意されているので、気になる方は併せてチェックしておきましょう。

ダイワ(DAIWA) スティーズ ペンシル 60F

ダイワ(DAIWA) スティーズ ペンシル 60F

スタンダートなシルエットのペンシルベイト。浮き姿勢は垂直に近く、ボディのほとんどが水に浸かり、ノーアクション時は顔がちょこんと出る仕様です。

また、ボディ内部の後方にウエイトボールが3つ用意されているのもおすすめポイント。さらに、尻すぼみ形状を採用することにより、キャスト時の空気抵抗を減らし、遠投性能を高めています。

シマノ(SHIMANO) バンタム ラウドノッカー

シマノ(SHIMANO) バンタム ラウドノッカー

ウエイトボールの前後運動によってサウンドが発生するペンシルベイト。重心移動システムを相まって、しっかりと広範囲にアピールできるのが特徴です。

また、エラを設けることによってドッグウォーク時の行き過ぎたスライドを抑え、ラインのフック絡みが軽減できるのもポイント。ストレスなくキャスト&アクションができるおすすめのルアーです。

ハイドアップ(HIDEUP) パイロン84

ハイドアップ(HIDEUP) パイロン84

浮き角度約80°と水面でほぼ垂直立ちするペンシルベイト。クイックなロッドアクションに対するレスポンスがよく、逃げ惑うベイトを意識したダイブアクションが得意なルアーです。

ウエイトボールが2つ用意され、それぞれルームに分かれているのもおすすめポイント。後方重心にすることで遠投性に配慮しつつも、それぞれのボールがわずかに動くようスペースを設けているので、わずかな動きにも反応します。特にボイルシューティングに効果的なルアーのため、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

デプス(deps) ブラキオスティック

デプス(deps) ブラキオスティック

ビッグサイズのペンシルベイトです。スプリングウェイトを搭載。ノーアクション時でも振動し、微波動が出せるのが特徴です。

浮き姿勢は約15°の斜め浮きタイプ。ウエイトは十分かつ後方重心なので、しっかりとロングキャストができるのも魅力です。大きめのフックが3本付いているのもポイント。ランカー狙いの方におすすめのルアーです。

ノリーズ(Nories) アッパーカッター

ノリーズ(Nories) アッパーカッター

リズミカルにドッグウィークができるペンシルベイト。やや細身の形状を採用しており、クイックなスライドアクションでバイトを誘発できるのが特徴です。

さらに重低音を発するラトルボールのセッティングされているのもポイント。周囲の魚にしっかりとアピールできます。

デュオ(DUO) レアリス ペンシル 110

デュオ(DUO) レアリス ペンシル 110

扱いやすいペンシルベイト。ドッグウィークはもちろん、ダイブなど多彩なアクションを演出できるのが特徴です。

本製品は110mmとややサイズ感がありつつも肉薄させているのがポイント。首振り時はそれほど大きくないスライド幅で、小気味よく操作できます。

また、ウエイトボールのサウンド効果によって魚が呼べるのも魅力。トータルバランスに優れたおすすめのルアーです。

スミス(SMITH) インナーハンドW.B.

スミス(SMITH) インナーハンドW.B.

くびれ形状を採用したペンシルベイト。もともとウッド素材であったルアーをプラスチック素材で量産化したモデルで、水絡みとスライディング能力に優れているのが特徴です。

カラーラインナップとしては視認性の高いアイテムが数多く揃っているのもポイント。魚が水面を割る瞬間を目に焼き付けたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

ヘドン(HEDDON) オリジナルザラスプーク

ヘドン(HEDDON) オリジナルザラスプーク

世界的に知名度が高い王道のペンシルベイト。ロングセラーモデルとして多くのアングラーのタックスボックスに入っており、信頼の実績の高い逸品です。

浮き姿勢は斜め浮きタイプで、ドッグウォークさせやすいのがポイント。ペンシルベイトを覚えたい方は、おさえておきたい不朽の名作ルアーです。

テッケル(Teckel) スプリンカー

テッケル(Teckel) スプリンカー

アメリカのバスプロ大会でウイニングルアーになったこともあるペンシルベイト。テール部分にウエイトボールが搭載されたワンノッカータイプで、サウンドにこだわっており、特殊な樹脂マテリアルを採用することによって、甲高いラトル音を発するのが特徴です。

浮き姿勢は水平に近い斜め浮きで、風が吹いて水面が波立ってもダイブしにくい仕様。知る人ぞ知るルアーなので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ペンシルベイトのおすすめ|シーバス・青物・チヌ

アムズデザイン(ima) アイマポッキー

アムズデザイン(ima) アイマポッキー

シーバス用に開発されたペンシルベイト。ロッドアクションに対するレスポンスがよく、ドッグウォークやダイビングはもちろん、ただ巻きでも効果を発揮するのが特徴です。

レングスは80mmで、ウエイトは9gと、ひと口サイズにまとまっているのもポイント。湾奥など、テクニカルなキャストを要する入り組んだエリアでも扱いやすいルアーです。

ダイワ(DAIWA) モアザン ソルトペンシル-F

ダイワ(DAIWA) モアザン ソルトペンシル-F

ソルトシーンで大いに活躍するペンシルベイト。弱った魚を演出する軽快なドッグウォークアクションと、エラを模した「ウォータースルーギル」構造によるスプラッシュ&ポップサウンドで、魚を誘えるのが特徴です。

ターゲットが表層を意識しているときに最適なアイテムで、ボイルにしっかりと対応できるのもポイント。ベイトフィッシュをしっかりとイミテートできる、おすすめのルアーです。

シマノ(SHIMANO) コルトスナイパー ロックウォーク 110F

シマノ(SHIMANO) コルトスナイパー ロックウォーク 110F

耐久性が高く、磯場でも扱いやすいペンシルベイト。スピーディーに操作するのがコツで、リズムの変化でバイトを誘発するのがポイントです。

十分なウエイトがあるので、広範囲を探りやすいのも特徴。特に青物狙いで効果を発揮するおすすめのルアーです。

デュエル(DUEL) シルバードッグ

デュエル(DUEL) シルバードッグ

水面直下を潜るダイビングアクションが得意なペンシルベイト。キビナゴやイワシ、ボラ、コノシロなど、ベイトフィッシュに合わせたカラーセレクトができるのが特徴です。

フィルムとしては飾りのないスタンダートな仕様で、サイズとしてはやや軽めながら広範囲をサーチできるのもポイント。シーバスのほか、チヌなどにも効果的です。

デュエル(DUEL) 3D インショア ペンシル

デュエル(DUEL) 3D インショア ペンシル

サウンドと波動、さらにフラッシング効果でバイトを誘発できるペンシルベイト。ウエイトは固定重心仕様で、動き出しからしっかりと泳いでくれるのが特徴です。

口元の小口径カップによってアクション時にバブルを出せるのもポイント。 100mm・14gとソルトシーンのベイトフィッシュに適したサイズ感のほか、広大なエリアを幅広くチェックできる遠投性能を備えているのも魅力です。