YouTubeなどの動画配信サイトでゲーム実況をする際に必要なアイテムのひとつ「キャプチャーボード」。自分のゲームを録画して、分析したり振り返ったりするのにも便利です。最近ではさまざまな機能が備わったキャプチャーボードがラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのキャプチャーボードをピックアップ。アイテムの種類や選び方についても解説するので、ぜひ最後までお読みください。

キャプチャーボードとは?

By: avermedia.co.jp

キャプチャーボードとは、テレビに映し出された映像や音声をパソコンに取り込む周辺機器のことです。ゲーム機をキャプチャーボードに接続し、キャプチャーボードとテレビを繋ぐことでゲームの様子をキャプチャーできます。

また、ポータブルゲーム機と接続することで、大画面でゲームが楽しめるようになるのもポイント。よりゲームに没入できるのが魅力です。

キャプチャーボードの種類

外付けタイプ

By: rakuten.co.jp

外付けタイプのキャプチャーボードは本体とゲーム機をUSBで接続するモノを指します。デスクトップパソコンの内部にキャプチャーボードを搭載するスペースがない場合や、ノートパソコンを使用している方は外付けタイプを選びましょう。

外付けモデルは内蔵タイプと比較して種類が豊富にあるのも魅力。また、接続が簡単で、ソフトウェアをダウンロードするだけですぐに使い始められるため、初心者にもおすすめです。

内蔵タイプ

By: amazon.co.jp

内蔵タイプとは、デスクトップ型パソコンの内部にパーツとして取り付けるキャプチャーボードのこと。キャプチャーボードを搭載するスペースがある場合や、ハイエンドモデルのパソコンを使用している方におすすめです。

内蔵モデルは、USBケーブルが必要ないので、周辺をすっきりさせられるのが魅力です。また、外付けモデルと比較して動作が安定しているのもポイント。パソコンに関する知識がある方はチェックしてみてください。

キャプチャーボードの選び方

接続端子の種類をチェック

By: rakuten.co.jp

キャプチャーボードを選ぶ際には、接続端子の種類をチェックしておくのが重要です。PlayStation 4やNintendo Switchなど、最新ハードのゲームをキャプチャーする場合はHDMI端子に対応している製品を選ぶようにしましょう。

また、RCA端子に対応していれば初代PlayStationやゲームキューブのゲームが、ステレオAVケーブルに対応していればスーパーファミコンやNintendo 64のゲームがそれぞれキャプチャー可能です。対応外の製品を購入した場合、別途変換コネクタが必要になるので注意しましょう。

エンコード方式をチェック

By: avermedia.co.jp

エンコードの方式にはソフトウェアエンコードとハードウェアエンコードの2種類があります。ソフトウェアエンコードはゲームの映像をパソコンで圧縮、変換するモノで、パソコン上に表示される画面の遅延が少ないのが魅力です。

一方のハードウェアエンコードでは、ゲームの映像をキャプチャーボードで圧縮、変換してからパソコンに転送します。パソコンへの負荷が少ないので、ロースペックモデルのパソコンでも使用できるのが魅力です。

パススルー機能をチェック

By: avermedia.co.jp

キャプチャーボードを介してパソコンに取り込まれた映像は少なからず遅延が発生してしまうので、スピードや正確性が求められるゲームでは致命的です。パススルー機能が搭載されたモデルを利用すれば、遅延を抑えてゲームをプレイ可能です。

パススルーとは、キャプチャーの映像をパソコンに転送すると同時に遅延のない映像を別モニターへ表示する機能のこと。FPSや格闘ゲームなどをキャプチャーする際におすすめです。

対応する解像度とフレームレートをチェック

By: area-powers.jp

キャプチャーボードを選ぶ際には、対応する解像度とフレームレートも併せて確認しておくことがおすすめです。フルHD以上の解像度に対応しているモデルであれば、Nintendo SwitchやPlayStation 4といった最新ハードのゲームもキレイな映像でキャプチャーできます。

フレームレートとは、1秒間に処理を行う回数を数値化したもの。「fps」という単位で表されます。フレームレートの数値が高いほど滑らかな映像を出力可能です。また、低フレームレートのキャプチャーボードで高フレームレートのゲームを録画すると、映像がカクついてしまうので注意しましょう。

キャプチャーボードのおすすめモデル|外付けタイプ

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer ULTRA GC553

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer ULTRA GC553

最大録画解像度は3840×2160で、4Kに対応している外付けタイプのキャプチャーボードです。1080pであれば120fpsという高いフレームレートで録画できます。USBによる接続方法を採用しているので、誰でも簡単に使い始められるのがポイントです。

4K60p HDRパススルーに対応しているので、滑らかでキレイな映像を残しつつラグを抑えてゲームがプレイ可能。また、UVCにも対応しており、環境が整っていれば接続するだけで自動認識します。

ボディ端にはLEDランプが搭載されており、一目で状態が確認可能。本体寸法は幅112.6×奥行26×高さ66.2mmとコンパクトで、置き場所にも困りません。外付けのハイエンドモデルを探している方におすすめです。

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

低遅延の録画を実現したUSB 3.0インターフェースを搭載している外付けタイプのキャプチャーボード。FPSや格闘ゲームといった展開が早いゲームのキャプチャーで実力を発揮します。

最大録画解像度は1920×1080で、同時に60fpsという高いフレームレートを実現しているのがポイント。PlayStation 4やNintendo Switchといった最新ハードのゲーム録画に適しています。

4Kp60 HDRパススルーに対応しており、遅延なくゲームを楽しみながら滑らかでキレイな映像が残せるのも魅力のひとつ。また、専用のアダプターを使用すれば、iPhoneアプリの録画も可能です。

エルガド(Elgato Systems) Systems HD60 S

エルガド(Elgato Systems) Systems HD60 S

丸みを帯びたスタイリッシュなフォルムが特徴で、ボディ中央にLEDが搭載されている外付けキャプチャーボード。インテリアとしても活躍します。また、LEDはステータスランプになっており、一目で状態が視認できるのもポイントです。

USB Type-Cによる有線接続で、本体とゲーム機を繋ぐだけですぐに使い始められます。1080p/60fpsの出力に対応しており、PlayStation 4やNintendo Switchといった最新ゲームの映像もキレイに録画可能。独自のレイテンシーテクノロジーを使えば、すぐにYouTubeへ投稿できます。

Flashback録画機能が備わっているので、仮に録画ボタンを押し忘れてしまっても時間を戻してキャプチャーできるのが魅力。スーパープレイを残し忘れることがありません。デザイン性と機能性を併せ持っているアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) GV-USB3/HD

アイ・オー・データ機器(I-O DATA) GV-USB3/HD

HDMIの映像をパソコンに録画できる外付けキャプチャーボード。最新ハードのゲーム映像を残すのに適しています。エンコードはソフトウェアエンコード方式を採用しており、遅延が少ないのが魅力です。

パススルー端子を搭載しているので、ラグのない画面でゲームを楽しみながらゲームの様子をキャプチャーできます。FPSなど、スピードや正確性が求められるゲームで実力を発揮するのが特徴です。

録画ソフトの「HD Mix Capture」を活用することで、自撮り映像込みのゲーム実況動画が作成可能。また、付属の「PowerDirector 14 for I-O DATA」を使えば感覚的に動画の編集が行えます。

エスケイネット(SKnet) USB3.0 HDMIビデオキャプチャー SK-MVXU3R

エスケイネット(SKnet) USB3.0 HDMIビデオキャプチャー SK-MVXU3R

1920×1080p/60fpsの高画質録画に対応している外付けタイプのキャプチャーボードです。XBOX ONEやWii Uなどのゲームがキレイな映像で配信可能。格闘ゲームやアクションゲームにも対応しています。

2つのHDMI端子を搭載しており、パススルーに対応しているのがポイント。別のモニターに遅延のない映像を表示し、同時にキャプチャーできます。また、静止画をキャプチャーできるのも特徴。アイキャッチ画像も同時に作成できます。

配信はYouTubeやニコニコ動画など主要な動画配信サービスに対応。非圧縮仕様なので、HD配信が可能です。また、本体寸法は幅133×奥行89×高さ29mmとコンパクトなので、置き場所に困ることがありません。

ジェイファイブクリエイト(j5 create) USB Type-C ゲームキャプチャー JVA04

ジェイファイブクリエイト(j5 create) USB Type-C ゲームキャプチャー JVA04

USB Type-Cを搭載しており、最大1080p/60fpsの録画に対応している外付けキャプチャーボードです。最大解像度は3840×2160p/60fps。HDMIパススルー機能が備わっており、4Kの映像でプレイしながら配信や録画ができます。

ヘッドセットが接続でき、実況音声を入れ込めるのが特徴。パーティーチャット録音機能を使用すれば、一緒にプレイしている人の音声も録音できます。

マイコンソフト(micomsoft) XCAPTURE-1 DP3913549

マイコンソフト(micomsoft) XCAPTURE-1 DP3913549

USB3.0に対応しており、最大1080p/60fpsの録画が可能なキャプチャーボード。HDMIのほかにD端子やステレオAVにも対応しているので、PlayStation 2やWii、スーパーファミコンといったレトロゲームのキャプチャーにも適しています。

それぞれの端子にパススルー機能が備わっているので、遅延の少ない録画が可能。H.264形式にすることで、本体やパソコンへの負荷を低減できます。幅広いハードのゲームに対応しているアイテムです。

キャプチャーボードのおすすめモデル|内蔵タイプ

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer 4K – GC573

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer 4K - GC573

4K・HDR・60fpsのキャプチャーに対応している内蔵タイプのキャプチャーボード。1080pで240fpsという高フレームで録画可能なハイエンドモデルです。FPSや格闘ゲームなどの動きが激しいゲームでも滑らかな映像が残せます。

RGBライティング機能が搭載されており、3種類のランプで製品の状態を確認できるのが特徴。きちんと録画できているかどうかを一目で視認できます。また、発光パターンは設定できるので、パソコンを自分なりにカスタマイズできるのもポイントです。

付属の専用ソフトウェア「RECentral」を使用すれば、録画・配信・共有を一度に行うことが可能。YouTubeやニコニコ動画などのアカウントを認証させておくだけですぐに配信できます。多くの機能が備わっており、かつ簡単に操作できるので、多くの方におすすめのアイテムです。

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer HD 2 C988

アバーメディア・テクノロジーズ(AVerMedia) Live Gamer HD 2 C988

HDMI端子を搭載しており、PlayStation 4やNintendo Switchなどの最新ゲームも録画できる内蔵タイプのキャプチャーボードです。専用のアダプターを使用すればiPhoneアプリの録画も可能。幅広いゲームの録画や配信ができるのが魅力です。

持っているパソコンがUVCをサポートする環境であれば、ドライバーのインストールをしなくてもよいのが特徴。内部に組み込むだけで、すぐに使い始められます。また、モニターを複数台用意してHDMIパススルー機能を活用することで、遅延のないゲームを楽しみながら録画が可能です。録画した映像は、付属のRECentralで感覚的にカスタマイズできるのもポイント。ゲーム配信にチャレンジしたい方におすすめです。

エルガド(Elgato Systems) HD60 PRO

エルガド(Elgato Systems) HD60 PRO

テクスチャやトーンなど細部にまでこだわって録画が行える内蔵タイプのキャプチャーボード。H.264エンコーダーを搭載しており、録画した映像を素早く変換します。また、1080p/60fpsに対応しているので、最新ハードのゲームも滑らかな映像で残せるのが魅力です。

時間の縛りがなく、無制限にキャプチャーし続けられるのがポイント。MMORPGのボス戦など、長い時間の録画で実力を発揮します。また、録画ボタンを押し忘れてしまっても時間を戻して録画可能です。

ハードウェアエンコード方式を採用しているものの、インスタントゲームビュー機能が備わっていることで遅延が発生しにくいのも特徴のひとつ。FPSや格闘ゲームのライブ配信にも対応しています。

アイ・オー・データ(I-O DATA) GigaCrysta E.A.G.L GV-4K60/PCIE

アイ・オー・データ機器(I-O DATA) GigaCrysta E.A.G.L GV-4K60/PCIE

4K60p HDRパススルー機能が搭載されている内蔵タイプのキャプチャーボード。遅延のない4K映像で快適なプレイングを楽しみながら、キレイでカクつかない映像が残せます。

HDMI端子を備えているので、最新ハードのゲーム映像をキャプチャーするのに便利。専用のアダプターを使用すればiPhoneアプリのゲームも録画できます。幅広いゲームに対応しているのが魅力です。

H.265の圧縮技術に対応。ファイルのサイズが小さくなるので、長時間の録画に適しています。また、パソコンと繋いだ外付けHDDを保存先として選択できるのもポイント。キャプチャーしたいゲームタイトルが多い方におすすめです。

エアリア(AREA) HDMIキャプチャーボード SD-PEHDM-P2UHD

エアリア(AREA) HDMIキャプチャーボード SD-PEHDM-P2UHD

PCI Expressスロットに挿すだけで、簡単に増設できる内蔵型キャプチャーボード。付属CDからドライバーとソフトウェアをインストールするだけで、すぐに使い始められます。複雑な初期設定を必要としないのがポイントです。

接続されたハードを自動識別し、最適な解像度を自動で選択するのが特徴。プレビュー画面が表示されたら、録画ボタンを押すだけでキャプチャーが開始されます。

外部電源を必要としないほか、薄型設計なのでスロットが空いていればコンパクトサイズのパソコンにも搭載できるのが魅力。価格が安く、導入コストが抑えられるアイテムです。

ブラックマジックデザイン(Blackmagic Design) Intensity Pro 4K BINTSPRO4K

ブラックマジックデザイン(Blackmagic Design) Intensity Pro 4K BINTSPRO4K

HDMIインターフェースのほかにアナログYUVやSビデオ、RCA端子も備えているキャプチャーボード。PlayStation 4やNintendo Switchなどの最新ゲームはもちろん、初代PlayStationやゲームキューブなどの古いゲームにも対応しているのが魅力です。

最大1080p/60fpsの録画に対応しているので、スポーツゲームやFPSなど展開の早いゲームでも滑らかな映像が残せます。また、キャプチャー前にオーディオやビデオレベルが調節できるので、各ハードに最適な設定で録画が可能です。

サードパーティ製品との相性がよく、MacやWindowsに対応したビデオソフトウェアが使用できます。別途ソフトウェアを追加購入する必要がないのも魅力です。