YouTubeなどの動画配信サイトでゲーム実況をする際に必要なアイテムのひとつ「キャプチャーボード」。自分のゲームを録画して、分析したり振り返ったりするのにも便利です。最近ではさまざまな機能が備わったキャプチャーボードがラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのキャプチャーボードをピックアップ。アイテムの種類や選び方についても解説するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

キャプチャーボードとは?

By: avermedia.co.jp

キャプチャーボードとは、テレビに映し出された映像や音声をパソコンに取り込む周辺機器のこと。ゲーム機をキャプチャーボードに接続し、キャプチャーボードとテレビを繋ぐことでゲームの様子をパソコンに映し出せます。

また、ポータブルゲーム機と接続することで、大画面でゲームが楽しめるようになるのもポイント。よりゲームに没入できるのが魅力です。

キャプチャーボードの種類

外付けタイプ

By: avermedia.co.jp

外付けタイプのキャプチャーボードは本体とゲーム機をUSBで接続するモノを指します。デスクトップパソコンの内部にキャプチャーボードを搭載するスペースがない場合や、ノートパソコンを使用している方は外付けタイプを選びましょう。

外付けモデルは内蔵タイプと比較して種類が豊富にあるのも魅力。また、接続が簡単で、ソフトウェアをダウンロードするだけですぐに使い始められるため、初心者にもおすすめです。

内蔵タイプ

By: amazon.co.jp

内蔵タイプとは、デスクトップ型パソコンの内部にパーツとして取り付けるキャプチャーボードのこと。キャプチャーボードを搭載するスペースがある場合や、ハイエンドモデルのパソコンを使用している方におすすめです。

内蔵モデルはUSBケーブルが必要ないので、周辺をすっきりできるのが魅力です。また、外付けモデルと比較して動作が安定しているのもポイント。パソコンに関する知識がある方はチェックしてみてください。

キャプチャーボードの選び方

接続端子の種類をチェック

キャプチャーボードを選ぶ際には、接続端子の種類をチェックしておくのが重要です。PlayStation 4やNintendo Switchなど、最新ハードのゲームをキャプチャーする場合はHDMI端子に対応している製品を選ぶようにしましょう。

また、RCA端子に対応していれば初代PlayStationやゲームキューブのゲームが、ステレオAVケーブルに対応していればスーパーファミコンやNintendo 64のゲームがそれぞれキャプチャー可能です。対応外の製品を購入した場合、別途変換コネクタが必要になるので注意しましょう。

エンコード方式をチェック

By: avermedia.co.jp

エンコードの方式にはソフトウェアエンコードとハードウェアエンコードの2種類があります。ソフトウェアエンコードはゲームの映像をパソコンで圧縮、変換するモノで、パソコン上に表示される画面の遅延が少ないのが魅力です。

一方のハードウェアエンコードでは、ゲームの映像をキャプチャーボードで圧縮、変換してからパソコンに転送します。パソコンへの負荷が少ないので、ロースペックモデルのパソコンでも使用できるのが魅力です。

パススルー機能をチェック

By: avermedia.co.jp

キャプチャーボードを介してパソコンに取り込まれた映像は少なからず遅延が発生してしまうので、スピードや正確性が求められるゲームでは致命的です。パススルー機能が搭載されたモデルを利用すれば、遅延を抑えてゲームをプレイ可能です。

パススルーとは、キャプチャーの映像をパソコンに転送すると同時に遅延のない映像を別モニターに表示する機能のこと。FPSや格闘ゲームなどをキャプチャーする際におすすめです。

対応する解像度とフレームレートをチェック

By: area-powers.jp

キャプチャーボードを選ぶ際には、対応する解像度とフレームレートも併せて確認しておくことがおすすめです。フルHD以上の解像度に対応しているモデルであれば、Nintendo SwitchやPlayStation 4といった最新ハードのゲームもキレイな映像でキャプチャーできます。

フレームレートとは、1秒間に処理を行う回数を数値化したもの。「fps」という単位で表されます。フレームレートの数値が高いほど滑らかな映像を出力可能です。また、低フレームレートのキャプチャーボードで高フレームレートのゲームを録画すると、映像がカクついてしまうので注意しましょう。

価格で選ぶ

キャプチャーボードを選ぶ際には価格を確認しておくのも重要です。価格と密接な関係があるのがスペックで、スペックが高くなるにつれてキャプチャーボードの値段も高くなる傾向にあります。

最近では4K画質に対応しているモノや・フルHD(1080p/60fps)に対応したモデルも登場しているものの、パソコンやゲーム機が対応していないと持ち味を活かせません。使用しているパソコンやゲーム機に合わせてキャプチャーボードを選ぶのがおすすめです。

キャプチャーボードのおすすめモデル|外付けタイプ

アバーメディア(AVerMedia) Live Gamer ULTRA GC553

コンパクトなUSBタイプながらも、4Kに対応している外付けキャプチャーボード。最大1080p/120fpsでの録画が可能なので、FPSや格闘ゲームなど動きの激しいゲームをキャプチャーしたい方におすすめです。

4K HDR録画のパススルーに対応しており、遅延なしでプレイしながら4K・30fpsでの録画が可能。また、UVCテクノロジーにも対応しているので、コンピュータのOSにUVCが組み込まれていれば接続するだけで自動認識します。

データ圧縮による遅延の少ないエンコーディング方式を採用しているため、モニターのみでのゲームプレイや実況を行う差でもラグが発生しにくいのもポイント。ハイエンドモデルを探している方はチェックしてみてください。

アバーメディア(AVerMedia) Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

4K・60fps映像のパススルーに対応している外付けキャプチャーボード。PlayStation 4などの解像度の高いゲームも遅延なく楽しめます。また、録画の際にも1080p/60fpsの映像を残すことが可能です。

動画を録画したり配信したりできる専用ソフト「RECentral」が付属しており、初めての方でも直感的に設定が行えるのがポイント。YouTubeやニコニコ生放送など各種動画配信サービスのアカウントを作成しておくだけで、すぐに生配信が始められます。

また、CyberLinkの「PowerDirector 15 for AVerMedia」も備わっており、動画の編集も直感的に行うことが可能。人気配信者のような動画が作成できます。配信の入門モデルとしてもおすすめのアイテムです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ソフトウェアエンコード HDMIキャプチャー GV-USB3/HD

USB 3.0接続のソフトウェアエンコード方式を採用しており、パソコンとゲーム機本体の間に接続するだけで誰でも簡単に使い始められる外付けキャプチャーボード。手軽に高画質の動画や静止画が保存できます。

遅延が気にならない「HDMIパススルー出力」に対応しており、ゲームの映像をそのままパソコンに転送することが可能。また、パスパワー動作にも対応しており、パソコンからの給電で動作するのもポイントです。

CyberLink社のビデオ編集ソフト「PowerDirector 14 for I-O DATA」が付属しており、感覚的に動画の編集が可能。スローモーションを加えたりリピートを入れたりとさまざまなエフェクトが付けられます。本格的なゲーム配信や編集を楽しみたい方におすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ハードウェアエンコード HDMIキャプチャー GV-US2C/HD

パソコンとゲーム機の間に接続するだけでHDMI出力の映像が保存できる外付けキャプチャーボード。ハードウェアエンコードモデルで、パソコンへの負担が少ないのが特徴です。ロースペックモデルのパソコンでも使用できます。

ゲーム映像をフルHD画質でパソコンへ転送できるので、画質にこだわりたい方におすすめ。画質は3段階から選択できるので、保存先の容量が少ない場合には調節できます。また、動画共有サイトに合わせた画質に設定も可能です。

ボイススルー機能を搭載しており、ボイスチャットをそのまま録画したり配信したりすることも可能。複数人で会話する様子も残せます。シンプルかつ簡単にゲーム配信が始められるアイテムです。

エスケイネット(SKnet) USB3.0 HDMIビデオキャプチャー MonsterX U3.0R SK-MVXU3R

PlayStation 4やXbox、WiiUなど幅広いゲームに対応している外付けのキャプチャーボード。USB3.0インターフェイスを採用しており、1080p/60fpsの映像を圧縮することなくパソコンに転送できます。

2つのHDMIパススルー端子が搭載されており、別のモニターに遅延のない映像を映しながらプレイすることが可能。アクションゲームや格闘ゲームなど、動きの激しいゲームであっても、滑らかな映像が残せます。

ニコニコ生放送やYouTubeなど、人気配信サービスで生配信できるのがポイント。そのほかUstreamやFacebook Liveなど、幅広い配信アプリケーションにも対応しています。コストパフォーマンスに優れたキャプチャーボードを探している方は、チェックしてみてください。

Elgato Game Capture HD60 S

丸みを帯びたフォルムとコンパクトな作りが特徴の外付けキャプチャーボード。洗練されたデザインが魅力のアイテムです。ボディの真ん中にはLEDのステータスストリップが搭載されており、接続状況などが一目で視認できます。

1080p/60fpsと無制限キャプチャーに対応。高画質のゲームシーンを何時間にもわたって録画できます。また、遡って録画が開始できる「Flashback録画」機能が搭載されているので、録画ボタンを押し忘れてしまっても安心です。

内蔵されている「ライブコメント機能」を使用することで、ボイスを追加することも可能。TwitchやYouTubeなどの動画配信サービスに対応しているので、ゲーム実況を始めてみたい方におすすめの製品です。

マイコンソフト(micomsoft) XCAPTURE-1 DP3913549

デスクトップ型・ノート型どちらのパソコンにも使用できる外付けキャプチャーボード。USB3.0対応で、1080pのHD映像が保存できます。また、パススルーにも対応しており、遅延の少ない映像をテレビなどに映し出すことも可能です。

ステレオAVケーブルやD端子パススルー入力に対応しており、初代PlayStationやスーパーファミコンといった、懐かしいゲームの映像もキャプチャーできるのもポイント。レトロゲームの配信をメインで行いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプチャーボードのおすすめモデル|内蔵タイプ

アバーメディア(AVerMedia) Live Gamer 4K GC573

最大1080p/240fps録画などに対応したキャプチャーボード。最新のゲームシーンを流麗な映像として残せます。内蔵タイプなのでUSBケーブルを必要とせず、設置場所の確保も必要ありません。

4K・60fps HDR録画のパススルーにも対応しており、遅延のない映像をテレビやモニターに映し出しながらゲームを楽しむことが可能。専用のソフトウェアを使用すれば、直感的に配信や動画の編集が行えるのも魅力です。

RGBライティング機能が備わっており、3種類の発光パターンが設定可能。自分だけのオリジナルゲームパソコンが作り上げられます。ハイエンドの内蔵型モデルを探している方におすすめのアイテムです。

アバーメディア(AVerMedia) Live Gamer HD 2 – C988

1080p/60fpsの録画や配信に対応している内蔵タイプのキャプチャーボード。PlayStation 4やNintendo Switchなどの家庭用ゲーム機はもちろん、スマートフォンのゲームアプリの映像も録画・配信できます。

自動的にドライバーがインストールされるので、パソコンに接続するだけですぐに使い始められるのがポイント。難しい作業や初期設定は必要ありません。また、ほかのデバイスと競合することもなく、簡単に映像が取り込めます。

サードパーティ製の配信ソフトウェアに対応しており、複数の映像機器を接続できるのが特徴。複数の映像を切り替えたり、ひとつの画面に複数の映像を重ねたりできます。自由度の高いキャプチャーボードを探している方は、チェックしてみてください。

Elgato Game Capture 4K60 Pro

パソコンに組み込むだけで、すぐに使い始められる内蔵タイプのキャプチャーボード。専用ドライバーのインストールや複雑な初期設定を必要としないのが魅力です。また、複数枚のカードが挿入でき、同時使用にも対応しています。

4K・60fps HDR録画に対応しているので、PlayStation 4やXboxから出力される4K解像度の映像もそのまま録画が可能。4Kよりも小さな解像度の映像であれば、1440p/144fpsや1080p/240fpsといった高いフレームレートで録画できます。

HDMIパススルー端子も実装されており、4K・60fps HDRの映像をモニターに映しながらプレイできるのも魅力です。また、スタイリッシュなブラックの外観もポイント。機能性とデザイン性と併せ持つアイテムを探している方におすすめです。

Elgato Game Capture HD60 Pro

カバー部分が金属製で、耐久性が高い内蔵タイプのキャプチャーボード。ボディの真ん中には「HD60 Pro」のロゴがあしらわれており、デザイン性にも優れます。また、一般的なミドルレンジモデルと比較してコンパクトなのもポイントです。

H.264によるハードウェアエンコードを採用しており、キャプチャーボード側で映像を圧縮するのが特徴。パソコンへの負荷が少ないことや、エンコード中であってもパソコンが重たくなることがないのが魅力です。

ゲーム映像を無制限に録画し続けられるのもポイント。RPGなど、長引くシーンのキャプチャーにも適しています。また、録画ボタンを押し忘れても遡って録画が開始可能。安定して使用できるアイテムを探している方は、チェックしてみてください。

アイ・オー・データ(I-O DATA) GV-4K60/PCIE

4K・60fps HDR録画のパススルーに対応している内蔵タイプのキャプチャーボード。PlayStation 4やXboxから出力される4K解像度の映像もそのままにプレイが楽しめます。また、パススルーを行いながら高画質で録画することも可能です。

高圧縮技術H.265に対応した録画ソフト「I-O DATA HD Mix Capture」が付属。低容量かつ高品質に録画が保存できます。また、保存先にパソコンだけでなく、パソコンとUSBで接続した外付けのHDDを指定することも可能です。

ボディにはLEDイルミネーションを搭載。パソコンに接続すると「GigaCrysta」ロゴが光るほか、光の種類によって接続状況やステータスが視認できます。機能性とデザイン性に優れたキャプチャーボードを探している方におすすめです。

ブラックマジックデザイン(Blackmagic Design) Intensity Pro 4K

1080p/60fpsや2160p/30fpsなど、あらゆるビデオフォーマットに対応している内蔵タイプのキャプチャーボード。PlayStation 4やNintendo Switchなど、最新のゲームをキャプチャーできます。

SビデオやNTSC/PALといったアナログインターフェースも搭載しており、旧式のテレビやビデオプレーヤーと接続が可能。ビデオテープやDVDに保存されている記録をデジタルデータとして保存できるのも魅力です。

WindowsとMacの両方に対応しており、「Final Cut Pro X」や「Adobe Premiere Pro」など、幅広いソフトウェアに対応しているのもポイント。幅広いデバイスやソフトウェアに対応しているキャプチャーボードを探している方におすすめです。