ゲーム実況動画の配信に便利な「キャプチャーボード」。家庭用ゲームコンソール機のゲーム画面や、パソコンの録画映像を出力できるアイテムです。

最近ではフルHDや4Kなどの高解像度に対応したモデルや、60fpsのフレームレートに対応したモデルなど多種多様な製品が販売されており、購入時にどれを選択するべきか悩みがち。そこで今回は、おすすめのキャプチャーボードをご紹介します。

キャプチャーボードとは?

By: rakuten.co.jp

ゲーム画面をそのまま保存できるパソコンゲームと異なり、Nintendo SwitchやPS4およびPS5などの家庭用ゲームコンソール機のゲーム画面を取り込む際には「キャプチャーボード」が必要。ゲーム機の映像や音声をパソコンに出力するのが、キャプチャーボードの役割です。

ゲーム機から出力された映像をパソコンに保存したい場合はもちろん、単純にパソコンの画面に録画したい場合にも便利。ゲーム実況動画の配信を生放送で行いたい場合にもおすすめです。また、キャプチャーボードには、USBケーブルで接続する外付けタイプとパソコン本体に搭載する内蔵タイプが存在します。

キャプチャーボードの種類

外付けタイプ

By: amazon.co.jp

ノートパソコンや家庭用ゲーム機など、内部パーツのカスタマイズが難しい場合には「外付けタイプ」のキャプチャーボードがおすすめ。一般的には、USBケーブルを使用して機器と簡単に接続できるので、初めてキャプチャーボードを利用する方でも扱いやすいメリットがあります。

また、キャプチャーボード単体での録画に対応しているモデルも存在。パソコンと接続せずともゲーム機から出力される画面を録画できます。ゲーム画面をパソコン以外のモニターやテレビに出力したい場合には、「パススルー出力機能」搭載モデルも便利です。

内蔵タイプ

By: amazon.co.jp

デスクトップパソコン内のマザーボードに「PCI Expresssスロット」の空きがある場合には、「内蔵タイプ」のキャプチャーボードがおすすめ。直接パソコン内部に搭載するので、外部電源がいらず接続用のケーブルも必要ありません。

外付けタイプと比べると転送速度に優れており、動画や音声の遅延が少ないのもメリット。ノートパソコンや市販のデスクトップパソコンには搭載できない場合が多いですが、グラフィックボードを搭載した自作パソコンを所有している場合にはおすすめです。

キャプチャーボードの選び方

エンコード方式をチェック

By: elgato.com

「エンコード」とは、動画データを圧縮または変換する作業をいいます。キャプチャーボードに採用されているエンコードの方式には、「ソフトウェアエンコード」と「ハードウェアエンコード」の2種類のエンコード方式が存在。ソフトウェアエンコードはパソコンにかかる負担が大きめですが、映像の遅延は少ないメリットがあります。

一方で、ハードウェアエンコードは映像遅延がおこりやすいデメリットはありますが、パソコンにかかる負担は軽めです。

ハイスペックなゲーミングパソコンを利用している場合には、ソフトウェアエンコードが利用可能。パソコンのスペックが控えめな場合は、映像の遅延を予防するために「パススルー出力機能」を搭載したハードウェアエンコードタイプを使うのがおすすめです。

パススルー機能をチェック

By: avermedia.co.jp

パソコン画面以外のモニターやテレビにゲームの映像を出力したいのであれば、「パススルー機能」搭載モデルがおすすめ。パススルー接続したモニターであれば、遅延の少ない映像を表示できます。

快適にゲームがプレイできるだけでなく、パソコンの画面に別の映像を表示できるのもメリット。ゲーム実況に必要なソフトや攻略サイトを表示しながら、ゲームがプレイできます。

接続端子の種類をチェック

By: amazon.co.jp

キャプチャーボードは、モデルごとに接続端子の種類が異なります。PS4やPS5、Nintendo Switchを接続する場合にはHDMI端子、PlayStationやゲームキューブなどの比較的古いゲーム機を接続する場合には、RCA端子への対応が必要。

使用するゲーム機の出力端子にあわせて、対応しているキャプチャーボードを選ぶのがコツです。

対応する解像度とフレームレートをチェック

By: elgato.com

ディスプレイに表示される総画素数を表す「解像度」。鮮明な画像を表示したい場合には、フルHD解像度以上に対応したモデルがおすすめです。ただし、高精細な4Kでゲームを楽しみたい場合には、キャプチャーボードだけでなくモニターやゲーム機も4Kに対応している必要があります。

PS4 ProやPS5のゲーム画面を鮮明に録画したい場合に、4K対応キャプチャーボードを利用するのがおすすめです。

また、滑らかな映像表示にこだわりたい場合には「フレームレート」もチェックが必要。数値が高ければ高いほど、滑らかで美しい動画を映せます。キャプチャーボードを選択する場合には、60fpsに対応したモデルがおすすめです。

配信に使うなら遅延が少ないモデルを

By: avermedia.co.jp

ゲーム実況動画を配信したい場合には、映像の遅延が少ないモデルがおすすめ。映像や音声にラグが発生してしまうと、快適に動画を配信できないので注意が必要です。

特に生配信を想定している場合には、ソフトウェアエンコード方式のキャプチャーボードを利用するのが無難。グラフィックボードを搭載しているような高性能なパソコンが必要ですが、映像遅延の少ないゲームプレイ画面を配信できます。

キャプチャーボードのおすすめメーカー

AverMedia

By: rakuten.co.jp

マイクや録画および配信用のソフトなどを製造している「AverMedia」。キャプチャーボードのラインナップも豊富で、フルHDおよび30fps対応の比較的リーズナブルな価格のモデルから、4Kおよび60fps対応の高性能なモデルまで幅広い製品を取り揃えています。

内蔵タイプ、外付けタイプともに数種類の製品が用意されており、使用用途や好みにあうモデルが購入しやすいのがメリットです。

Elgato

By: rakuten.co.jp

AverMediaと同じく、キャプチャーボードを製造するメーカーとしては知名度の高い「Elgato」。Elgatoのキャプチャーボードは、60fpsに対応しているモデルが多く、滑らかな映像表示が可能です。また、4Kの高解像度に対応している製品も存在します。

外付けタイプは、シンプルでスタイリッシュなデザインが人気。デスク上にすっきりと設置したい場合にもおすすめです。

キャプチャーボードのおすすめ|外付けタイプ

AverMedia Live Gamer EXTREME 2 – GC550 PLUS

フルHDかつ60fpsに対応した高性能なキャプチャーボードです。高精細で滑らかな映像を録画可能。4K・60fpsのパススルー機能も搭載されており、遅延のない美しい映像でゲームをプレイしたい場合にもおすすめです。

パソコンとの接続には、USB3.1 Type-C端子を利用。高性能なパソコンが必要ですが、データ圧縮による遅延の少ないソフトウェアエンコード方式を採用しているのもポイントです。また、録画・配信・動画共有のための専用ソフト「RECentral」が付属しているのもメリット。簡単な設定で、録画や配信画面のカスタマイズが行えます。

「PowerDirector 15 for AVerMedia」もついているので、映像編集を始めたい方にもおすすめです。本製品は、HDMI変換アダプタを使用すれば、iOSデバイスのゲームアプリもキャプチャーが可能。スマホゲームを高画質で録画、配信できる点も魅力です。

また、本体上部のカバーは開け閉めが可能。中の画像は好みにあわせて入れ替えができます。

AverMedia Live Gamer ULTRA – GC553

コンパクトで使いやすいキャプチャーボードです。USBで接続する外付けタイプにも関わらず、4K 30fpsやフルHD 120fpsの録画に対応。4K 60fpsやフルHD 240fpsに対応したパススルー機能も搭載されており、精細で美しいゲーム映像を遅延なく表示できます。

本製品はUSBケーブルでパソコンと接続すれば、自動で認識が可能。ドライバーのインストールが必要なく簡単にセッティングできる点が魅力です。録画・配信・動画共有のための専用ソフト「RECentral」が付属しているのも特徴。簡単な設定で、録画や配信画面がカスタマイズできます。

また、Macに対応する多機能なストリーミングソフト「RECentral Express」が付属しているのもポイントです。

Elgato HD60 S

洗練されたスタイリッシュな外観が特徴のキャプチャーボードです。解像度はフルHD、フレームレートは60fpsに対応。精細で滑らかな映像が録画できます。パソコンとはUSB Type-C端子を利用して接続。低遅延なUSB3.0に対応しているのがポイントです。

日本語対応のソフトが付属しており、Webカメラで撮影した映像や別の映像を自由にレイアウト可能。録画ボタンを押し忘れた場合でも、スライドをすれば時間をさかのぼって録画が行えるのがポイントです。

パススルー機能も搭載されているので、パソコン画面以外のモニターやテレビに遅延の少ないゲーム映像を表示可能。ラグを抑えて快適なゲームプレイが楽しめます。本製品には、HDMIやUSBケーブルも付属。購入後すぐにセッティング開始できる点もおすすめです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) USB 2.0接続 ハードウェアエンコード HDMIキャプチャー GV-US2C/HD

パソコンのスペックが控えめな場合におすすめのキャプチャーボードです。パソコンへの負荷が軽いハードウェアエンコード方式を採用。パススルー機能も搭載されているので、パソコン画面とは別のモニターを用意すれば、映像遅延が少なく快適にゲームが楽しめます。

解像度はフルHDに対応しており、高画質なゲーム映像を保存可能。画質は3段階で選択できるので、映像保存先の容量に余裕がない場合や動画共有サイトへのアップロードを想定している場合にも便利です。

本製品には、録画やライブ配信用のソフト「I-O DATA HD Live Capture」が付属。シンプルで分かりやすい操作画面が人気のソフトです。また、初心者でも使いやすいソフト「PowerDirector 15 for I-O DATA」も添付。これから動画編集を始める方にもおすすめです。

本体サイドに搭載されている「REC MODE」のスイッチを切り替えれば、キャプチャーボード単体でも録画が可能。別途SDカードを用意してゲーム動画を保存しておける点も魅力です。

アイ・オー・データ(I-O DATA) USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2

VHSビデオデッキで録画したテレビ番組をデジタル化する際に便利なキャプチャーボードです。RCA端子に対応しているので、ビデオデッキの接続が可能。PlayStationやゲームキューブなど比較的古いゲーム機の映像をパソコンに出力したい場合にも便利です。

本製品に添付されているサポートソフトCD-ROMをパソコンに入れれば、すぐにインストールが完了します。ビデオデッキとパソコンを接続して、DVDを作成するまで簡単な操作で行えるのがポイントです。

ビデオのデータをHDDへ保存せず、直接DVDに移行できるのもメリット。手間を省けるだけでなくHDDの容量に余裕がない場合にも使えます。また、映像シーンの切り替わりを自動的に検出してチャプターを作成する機能が搭載されている点もおすすめです。

キャプチャーボードのおすすめ|内蔵タイプ

AverMedia Live Gamer HD 2 – C988

フルHD解像と60fpsのフレームレートに対応した内蔵型のキャプチャーボードです。家庭用ゲームコンソール機はもちろん、ビデオカメラなどの接続にも対応。HDMIケーブルを利用してビデオカメラの映像を出力すれば、撮影した映像のリアルタイム配信も簡単に行えます。

PS4やPS5、Nintendo SwitchなどもHDMIケーブルで本製品と簡単に接続可能。変換ケーブルを利用すれば、iOSデバイスの映像も取り込めます。また、3.5mmAUX入力端子が搭載されているのもポイント。音声機器からアナログ音声のキャプチャーも行えます。

デスクトップパソコンのPCI Expresssスロットにセットすれば、自動的にドライバーがインストールされる点も魅力。セッティングが比較的簡単に行える点もおすすめです。また、パススルー機能も搭載されているので、モニターを別途用意すれば映像遅延なしでゲームを快適にプレイできます。

録画・配信・動画共有用のソフト「RECentral」が付属しているのも魅力です。

AverMedia Live Gamer 4K – GC573

フルHD 240fpsの録画に対応したハイエンドなキャプチャーボードです。パススルー機能は、フルHD 240fpsに加えて4K 60fpsにも対応。高精細で滑らかな映像を遅延なく表示できるのもポイントです。FPSや格闘ゲームなど、一瞬のタイムラグすら違和感に繋がるゲームジャンルにも適しています。

本製品はデータ圧縮による遅延が少ないソフトウェアエンコード方式を採用。ゲーム実況動画をリアルタイムで配信したい場合にもおすすめです。本体にはRGBライティング機能も搭載されているので、ゲーミングパソコンらしいライティングエフェクトを楽しめます。

本製品には、AverMediaのほかのキャプチャーボードと同じく、録画・配信・動画共有ソフト「RECentral」や動画編集ソフト「PowerDirector 15 for AVerMedia」が付属。操作性に優れたソフトが標準でついている点もおすすめです。

Elgato 4K60 PRO

4K解像度や60fpsのフレームレートに加えて、HDR10にも対応したキャプチャーボードです。画面の明るい部分や暗い部分も鮮明に表示できるのが特徴。美しく精細で滑らかな映像を求める方におすすめです。パススルー機能にも対応しているので、ゲーム映像の遅延が気になる方にも適しています。

本製品は、マザーボードのPCI Expresssスロットにセットするだけで簡単に使用可能。手間のかかるセットアップやドライバのインストールが必要ない点も魅力です。また、Elgatoオリジナルの無料ソフトが付属しているので、動画の編集や配信も簡単に行えます。

Blackmagicdesign Intensity Pro 4K

幅広い用途に使用できるキャプチャーボードです。PS4やNintendo Switchなどの家庭用ゲームコンソール機をHDMIケーブルで接続できるだけでなく、付属の「アナログ ブレイク ケーブル」を利用すればビデオデッキも接続可能。RCA端子で出力された映像を取り込みたい場合にもおすすめです。

4K解像度では30fpsまで、フルHD解像度では60fpsまでに対応。高精細な映像から滑らかな映像まで、使用用途や好みにあわせて楽しめます。

エアリア(AREA) 4K入力 フルHD1080Pキャプチャー PCI Expresss x1ボード Ragno3

比較的手頃な価格で購入できるコスパに優れたキャプチャーボードです。HDMI端子に対応しているので、PS4やPS5、Nintendo Switchの接続が可能。出力用のHDMI端子に外部モニターやテレビを接続すれば、パススルー機能も利用できます。

セッティングは、デスクトップパソコンのPCI Expressスロットに挿すだけなので簡単。ドライバのインストールを手間に感じる場合にもおすすめです。