設営が簡単でデザインがおしゃれな「ワンポールテント」。ここ数年、さまざまなアウトドアブランドからニューモデルが続々と登場しています。存在感のある三角屋根は共通の特徴ですが、素材やデザインなどのバリエーションが多いアイテムです。

そこで今回は、ワンポールテントのおすすめモデルをご紹介。メリットやデメリットに加えて選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ワンポールテントとは?

By: amazon.co.jp

ワンポールテントはモノポールテントとも呼ばれ、1本のポールで設営するシンプルな構造のテントです。アメリカインディアンの「ティピー型テント」やモンゴルの遊牧民の「ゲル」をモチーフにデザインされたといわれています。

きちんとペグダウンをして設営すれば、風雨にも強く快適に使用可能。かつてはコットン素材のモデルが主流でしたが、防水性を高め軽量化を図るために、最近ではコットンとポリエステルの混紡素材や、ポリエステル素材のモデルも増えてきています。

ワンポールテントのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

ワンポールテントのメリットは、設営が簡単でデザインがおしゃれなところ。また、コットン系の素材を採用しているモノは火に強く、近くで焚き火をしても安心です。なかにはストーブの煙突用ホールが付いているモデルもあり、室内でストーブの使用が可能。真冬でもあたたかく過ごせます。

デメリット

By: amazon.co.jp

デメリットは、デザインが円錐か多角錐型なので、雨天時の出入りにおいて雨が降り込んでしまう点。最近では、雨の振り込みを防止するためドア部分に「キャノピー」と呼ばれるひさしを付けたモノや、タープと連結できるモデルもラインナップされています。

ワンポールテントの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ワンポールテントのサイズ感としては、実際に使用する人数より1人分大きいモデルを購入するのがおすすめ。荷物を置いても余裕があって快適に過ごせます。なお、ワンポールテントは三角形の形をしているため、天井はやや狭く感じる点に注意が必要です。

生地の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

コットン生地は自然な風合いで高級感がある反面、価格が高く、重い素材である点には注意しておきましょう。最近では、防水性を高め軽量化を実現したコットンとポリエステルの混紡生地もラインナップされています。また、より軽いモノを求める方にはポリエステル生地がおすすめ。価格も安いため、初めてのワンポールテントにも最適です。

その他の特徴で選ぶ

By: amazon.co.jp

ワンポールテントの基本形状は大体同じですが、なかにはインナーテントで空間を仕切れるモノやフロアシートをめくって土間を作れるモノもあります。特に冬キャンプの場合は、煙突用ホールを備えたストーブが使えるモノも、あわせて検討してみてください。

ワンポールテントのおすすめモデル

バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 BDK-75 1人用

バンドック(BUNDOK) ソロ ティピー 1 BDK-75 1人用

防水性能の高いワンポールテントです。フライシートに約3000mm、フロアには約5000mmの高耐水圧生地を採用しているのが特徴。雨の多い季節にも安心して使える製品が欲しい方におすすめのモデルです。

また、フライシートの生地にはリップストップ加工が施されているため、破れにくいのもポイント。小型ながら前室を備えており、靴や荷物を置けるのでテント内を広く使うことが可能です。

4箇所をペグダウンしてメインポールを立ち上げるだけと設営も簡単。1人でも手早く組み立てられるため、ソロはもちろん、キャンプツーリングなどにもおすすめです。さらに、コンプレッションベルトの付いた収納ケースが付属しており、コンパクトに収納できます。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント 1人用

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント 1人用

バイクへの積みやすさを考慮し、収納時の全長を約50cmに抑えたワンポールテントです。ロースタイルのテーブルや椅子も置ける、広い前室を備えているのが特徴。強い日差しや雨を避けながら、食事をしたりくつろいだりできるので便利です。

耐水圧2000mmのフライシートを採用しているため、雨の日でも安心。インナーテントの2箇所にはメッシュ生地を、フライシートトップにもベンチレーターを搭載するなど、換気機能も充実しています。

また、入り口のドアをキャノピーとして立ち上げれば、さらに開放的な空間を作ることも可能。ツーリングの合間も快適に過ごせる製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。ただし、キャノピーポールは付属していないので、購入を検討している方は留意しておきましょう。

Desert Walker ワンポールテント 1人用

Desert Walker ワンポールテント 1人用

持ち運ぶ際の負担が少ないワンポールテントを探している方におすすめのモデルです。本体重量が約900gと軽量なのが特徴。約23×14×14cmとコンパクトに収納できるため、持ち運ぶのも簡単です。

内部は1人用の就寝スペースと、小さなリビングの2ルームに別れています。出入り口をオープンにすれば、日差しや雨を避けてくつろぐことが可能。ロータイプのテーブルや椅子を置いて、食事をしたり休憩をとったりできるので便利です。

また、出入り口のファスナー部分は反射板にもなっているため、灯の少ないキャンプ場でも懐中電灯で容易に見つけられます。

Geer Top ワンポールテント 1人用

Geer Top ワンポールテント 1人用

トレッキングポールを利用して組み立てるユニークな製品です。設営用のポールがないため、持ち運ぶ荷物を最小限にすることが可能。本体重量は約1200gと軽量で、収納サイズは約φ12×32cmとコンパクトに収まります。登山やトレッキングなどにおすすめのワンポールテントです。

ただし、トレッキングポールを持っていかないと設営ができないので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。フライシートだけでも使えるため、簡易シェルターとしても重宝します。

ノースイーグル(North Eagle) ワンポールテント フェザーライト200 1人用

ノースイーグル(North Eagle) ワンポールテント フェザーライト200 1人用

羽の図柄がかわいらしいおしゃれなワンポールテントです。レッドやオレンジのカラフルな色使いが、アウトドア気分を盛り上げます。キャンプをはじめ、野外フェス用途にもおすすめのモデルです。

フライシートには耐水圧1500mm、フロアには3000mmの生地を採用しており、多少の雨なら安心して使用することが可能。個性的な製品を探しているは、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 210 2000031573 1~2人用

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 210 2000031573 1~2人用

カップルでのキャンプはもちろん、1人でゆったりとくつろぎたいソロキャンプにもおすすめのワンポールテントです。しっかりとした前室を備えているのが特徴。靴や荷物を置くのに便利なほか、雨の侵入を防ぎながら外気を取り込めるので重宝します。

フライ・フロアシートとも耐水圧1500mmの生地を採用しており、多少の雨なら慌てる心配もありません。インナーテントの数箇所に配置されたメッシュ窓と、フライトップに装備したベンチレーターで、換気もしっかりと行えます。蒸し暑い夏場のキャンプでも、外の涼しい風を取り入れながら快適に過ごせるモデルです。

LIXADA ワンポールテント 1〜2人用

LIXADA ワンポールテント 1〜2人用

登山やトレッキングにおすすめの軽量な製品です。トレッキングポールを利用して設営するのが特徴。フレームとなるポールがないため、本体重量は約780gと非常に軽量です。また、約φ14×23cmとコンパクトに収納できるので、リュックの中でもかさばりません。

軽量モデルながら、1人がゆったり眠れるインナーテントを備えているのもポイント。全面メッシュ仕様のため、暑い季節も快適です。

OneTigris ワンポールテント Black Orca 2人用

OneTigris ワンポールテント Black Orca 2人用

雨の多いシーズンでも安心して使える防水性能の高いワンポールテントです。フライシートに耐水圧約3000mmの生地を採用しているのが特徴。梅雨時はもちろん、夕立にあっても安心です。

煙突用の窓を備えているのも本製品の魅力。ストーブを持ち込んで冬キャンプを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Preself ワンポールテント 2〜3人用

Preself ワンポールテント 2〜3人用

価格の安いワンポールテントを探している方におすすめのモデルです。煙突用の換気窓を搭載しているのが特徴。煙突窓に設置するシリコン製の断熱カバーも付属しているため、ストーブを準備すればすぐに利用できます。

なお、メッシュ窓などはないので、夏場のキャンプには不向きです。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントS 3人用

大人2人がゆったりと寝られるワンポールテントです。カップルでのキャンプや野外フェスなどにもおすすめのモデル。テントでは珍しいブラックカラーのフライシートを採用しているので、ほかのキャンパーとはちょっと違った個性的なサイトを演出することが可能です。

インナーテントには全面メッシュ生地を採用。フライシート上部にも2箇所のベンチレーターが設けられているため、室内の空気を効率的に換気することが可能です。収納サイズは52×14×14cmとコンパクトに折りたためます。また、ブラックの専用キャリーバッグが付属しているので持ち運びも簡単です。

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325 3~4人用

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325 3~4人用

小さな子供連れのファミリーキャンパーにおすすめの製品です。ゆったりとした前室を備えており、荷物や靴を置けるので便利。フライシートをフルクローズすれば、就寝中の雨などで濡れることもありません。また、テント内に余分な荷物を置く必要がないため、広々と使用することが可能です。

インナーテントのボトムとトップにあるメッシュ窓から、テント内の湿った空気を効率的に排出できます。シンプルな構造で、設営のしやすいワンポールテントでのファミリーキャンプを考えている方はチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミワンポールテント300UV UA16 3〜4人用

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミワンポールテント300UV UA16 3〜4人用

軽くて丈夫なアルミニウム合金素材のポールを採用しているワンポールテントです。3〜4人で使える大きさながら重量は約3kgと軽量。折りたためば68x17x17cmとコンパクトに収納できるので、簡単に持ち運ぶことが可能です。

また、フライシート単体での設営もできるため、シェルターとしても重宝します。さらに、全面メッシュ仕様のインナーテントを採用しているのが特徴。蒸し暑い季節のキャンプでも蒸れにくく快適に過ごせます。さまざまなアウトドアシーンで便利に使えるおすすめのモデルです。

VADI-LIDSO インディアンワンポールテント 3〜4人用

VADI-LIDSO インディアンワンポールテント 3〜4人用

前面に大型のキャノピーを搭載した製品です。テーブルと椅子を並べれば、開放感のあるリビングエリアとして使用可能。食事をしたり、歓談したりと便利に使えます。

インナーテントは前後の出入り口と天井部分にメッシュパネルを配置。出入り口には大型のメッシュパネルを採用しているので、夏でも害虫の侵入を防ぎながら涼しい風を取り入れることが可能です。アルミポールにはランタンフックを備えるなど、使い勝手のよさにも考慮されています。

テントファクトリー(Tent Factory) TCワンポールテント TF-TCP6 3~4人用

テントファクトリー(Tent Factory)  TCワンポールテント TF-TCP6 3~4人用

フロアが六角形をしたワンポールテントです。インナーがなく広々と使用できるのが特徴。フライシートの出入り口に大型のメッシュ窓を備えているため、夏でも涼しい外気をしっかりと取り込むことが可能です。また、全周をカバーするスカートが冷たい風の侵入を防ぐので、晩秋から冬のキャンプでも重宝します。

さらに、ポリエステル45%とコットン55%の混紡生地を採用しており、通気性がよく吸湿性にも優れているのもポイント。なお、重量は13kgと重いためあらかじめ留意しておきましょう。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 400 4人用

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 400 4人用

アメリカの先住民が伝統的に使用しているナバホ柄を、フライシートにあしらったワンポールテント。おしゃれなデザインのため、キャンプはもちろん野外フェスなどにもおすすめです。

フライシートには耐水圧1600mmの生地を採用しているので、多少の雨なら心配いりません。トップに設けたベンチレーターとインナーテントのメッシュ窓により、効率的な換気が可能です。

専用の収納バッグが付属しているのもポイント。肩掛けができる仕様で、両手で荷物を持って運ぶ際に便利なモデルです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント 4人用

フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント 4人用

家族で快適に過ごせるワンポールテントです。耐水圧が1500mm以上の生地を採用しているので雨の日でも安心。インナーテントの出入り口には大型のメッシュパネルが付いているため、心地よい風をたっぷりと取り入れることが可能です。

インナーテントをペグダウンし、フライをかぶせてポールで立ち上げるだけと設営も簡単。組み立てやすいので、初心者の方にもおすすめです。ライトグレー・ボルドー・ダークブラウンの、3色がラインナップされています。

カナディアンイースト(Canadian East) ワンポールテント 300 CETN2002 4人用

カナディアンイースト(Canadian East) ワンポールテント 300 CETN2002 4人用

高さが約270cmある大型のモデルです。インナーテントのサイズ約300×300×240cmと広々。背が高く、開放感のあるワンポールテントを探している方におすすめのモデルです。

天頂部には大型のベンチレーターが配置されており、効率的に換気を行えます。また、インナーテントは吊り下げ式を採用。取り外せば大型のシェルターとして便利に使えます。

アイキャンプ(icamp) ワンポールテント makuichi 4人用

アイキャンプ(icamp) ワンポールテント makuichi 4人用

居心地のよいワンポールテントを探している方におすすめのモデルです。ボトム付近の壁面が、ほぼ垂直に立ち上がる構造を採用しているのが特徴。テントの端でも圧迫感を覚えにくく快適に眠れます。

出入り口のドアをポールで立ち上げると、大型のキャノピーとして機能するのも特徴のひとつ。食事をとったり、休憩をしたりとリビングエリアとして重宝します。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントM 5人用

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントM 5人用

落ち着いた色合いのワンポールテントです。天井が200cmと高いため、大人でも余裕で立ち上がれます。テントの中でも立ったまま着替えができるので便利。4人程度のファミリーキャンプにおすすめのモデルです。

インナーテントは全面がメッシュ仕様のため、暑い季節でも快適に過ごせます。また、フライシートに耐水圧2000mm、フロアシートには5000mmのPUコーティングを施したポリエステル生地を採用しているので、強い夕立に見舞われても慌てる必要はありません。

さらに、初心者の方でも入れやすいよう、大きめサイズの収納バッグが付属しているのもポイント。ブラックやベージュといったカラーがラインナップされているため、好みにあわせて選んでみてください。

ニュートラルアウトドア(NEUTRAL OUTDOOR) TC テント 4.0 NT-TE21 46272 5~8人用

ニュートラルアウトドア(NEUTRAL OUTDOOR) TC テント 4.0 NT-TE21 46272 5~8人用

ファミリーやグループでのキャンプにおすすめの大型ワンポールテントです。テント生地にポリエステル65%とコットン35%の混紡素材を採用しているのが特徴。生地自体が通気性に優れているため、暑い季節でも快適に過ごすことが可能です。

耐水圧は350mmと低いものの、吸水により生地が膨張することで防水性を高める機能を有しています。側壁に設けたメッシュ窓から外気を取り入れ、トップのベンチレーターから排出して効率的に内気を循環。また、出入り口には大型のメッシュ窓も備えているので風通しも良好です。

ストーブ用のベンチレーターを搭載しており、真冬でもキャンプが楽しめます。1年を通して快適に使える便利なモデルです。