設営が簡単でデザインがおしゃれな「ワンポールテント」。ここ数年、さまざまなアウトドアブランドからニューモデルが続々と登場しています。存在感のある三角屋根は共通の特徴ですが、素材やデザインなどのバリエーションが多いアイテムです。

そこで今回は、ワンポールテントのおすすめモデルをご紹介。メリットやデメリットに加えて選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

ワンポールテントとは?

By: dod.camp

ワンポールテントはモノポールテントとも呼ばれ、1本のポールを軸に設営するシンプルな構造のテントです。アメリカインディアンの「ティピー型テント」やモンゴルの遊牧民の「ゲル」をモチーフにデザインされたといわれています。

きちんとペグダウンをして設営すれば、風雨にも強く快適に使用可能。かつてはコットン素材のモデルが主流でしたが、防水性を高め軽量化を図るために、最近ではコットンとポリエステルの混紡素材や、ポリエステル素材のモデルも増えてきています。

ワンポールテントのメリット・デメリット

メリット

By: fieldoor.com

ワンポールテントのメリットは、設営が簡単でデザインがおしゃれなところ。コットン系の素材を採用しているモノは火に強く、近くで焚き火をしても安心です。なかにはストーブの煙突用ホールが付いているモデルもあり、室内でストーブの使用が可能。真冬でもあたたかく過ごせます。

デメリット

By: amazon.co.jp

デメリットは、デザインが円錐か多角錐型なので、雨天時の出入りにおいて雨が降り込んでしまう点。最近では、雨の振り込み対策として、ドア部分に「キャノピー」と呼ばれるひさしをつけたモノや、タープと連結できるモデルもラインナップされています。

ワンポールテントの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

ワンポールテントのサイズ感としては、実際に使用する人数より1人分大きいモデルを購入するのがおすすめ。荷物を置いても余裕があって快適に過ごせます。なお、ワンポールテントは天井に向かってすぼまっているので、天井がやや狭く感じる点に注意が必要です。

生地の素材をチェック

By: amazon.co.jp

テント生地は、種類によって価格や特徴が異なります。コットン生地は、燃えにくく自然な風合いで高級感がある反面、価格が高く、重い素材である点には注意しておきましょう。

最近では、防水性を高め軽量化を実現したコットンとポリエステルの混紡生地もラインナップされています。また、より軽いモノを求める方にはポリエステル生地がおすすめ。価格も安いため、初めてワンポールテントを使用する際にも適しています。

雨天時に便利なキャノピーが付いているかチェック

By: dod.camp

ワンポールテントは円錐や多角錐型なので、屋根に雨水が溜まる心配はありません。その反面、雨天の際に出入りをすると、室内に雨が入って濡れてしまいます。雨の日でも快適にキャンプを楽しみたいなら、キャノピー付きのモデルをチェックしましょう。

入り口部分にキャノピーがあることで、ドアを開けた状態でも直接雨が入り込みにくいため、室内を濡らさずに出入りが可能です。また、屋根をつたって落ちてくる水滴なども防げるので重宝します。梅雨シーズンはもちろん、突然の夕立に襲われるリスクがある夏のキャンプを計画している方も、ぜひチェックしてみてください。

前室が付いているかどうかチェック

By: dod.camp

室内でゆったりとくつろぎたい方は、前室の有無もしっかり確認しましょう。前室付きのモデルなら、脱いだ靴やリュックなどの荷物も置くことが可能。その分室内が広く使えるので快適に寝られます。

また、より広々と使いたい場合には、タープが連結できるタイプのワンポールテントがおすすめです。室内と直結した開放感のあるリビングが作れるほか、雨の進入を抑えられるのもポイント。濡れずにテントへ出入りしたり、リビングまで移動したりできるので快適です。

ワンポールテントのおすすめメーカー

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

大阪に本社を構える「ビーズ」が展開するアウトドアブランドです。ほかにも「バウヒュッテ」や「ドッペンギャンガー」といったブランド名で、ゲーミング家具など独創的な製品の企画開発を行っています。

テント製品も人気のカマボコテントをはじめ、タケノコテントやエイテントなどユニークなモデルを多数ラインナップ。ワンポールテントの種類も豊富なので、好みにあった個性的なモデルを見つけてみてください。

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

コールマンは、日本でも人気の高いアメリカのアウトドア用品メーカーです。1900年ごろに設立された100年以上続く老舗ブランド。設立当初はランプのレンタル事業からスタートし、戦後になるとテントやランタン、ストーブなど取り扱い品目を拡充してきました。

日本のアウトドアブームを牽引したブランドのひとつとしても有名で、現在では、クーラーボックスや寝袋、椅子、テーブルなど、幅広いキャンプ用品を取り扱っています。これからキャンプを始めようと考えている初心者の方でも、安心して購入できるおすすめのメーカーです。

ノースイーグル(North Eagle)

By: amazon.co.jp

ノースイーグルは「株式会社ナニワ」が展開する、キャンプ用品のオリジナルブランドです。ナニワは1929年に創業した北海道に本社を持つ企業。当初は金物が中心でしたが、時代や顧客ニーズの変化にともないアウトドア用品やスポーツ用品、住宅設備機器と、取り扱い品目を増やしてきました。

テント関連ではキャンプ用のおしゃれなデザインのモデルや、屋外イベントで活躍するワンタッチキャノピーなどを展開。どんなサイトにも馴染むシンプルなデザインのアイテムが、手頃な価格で購入できます。

ロゴス(LOGOS)

By: logos.ne.jp

ロゴスは、大阪に本社を持つ1953年に設立されたメーカーです。キャンプ用品だけでなくアパレル関連なども含めて、ファミリー層向けの製品を展開しています。開発ポリシーとして掲げているのは「海辺5メートルから標高800メートル」。気軽に立ち入れる自然のなかで、便利に使える製品をラインナップしています。

ワンポールテントにおいても、機能性のよさはもちろんのこと、アメリカ先住民の伝統柄をモチーフに取り入れるなど、デザインにこだわった製品を多数展開。これからキャンプを始めようと考えている初心者の方も要注目のブランドです。

ワンポールテントのおすすめモデル

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントL 8人用 T8-200

グループキャンプでも使える大型のワンポールテントを探している方におすすめのモデルです。中央のポールを中心に最大で8人が就寝可能。6人までなら広々と使えるため、ゆったりとくつろぎたいファミリーキャンプにも適しています。

テントには珍しいブラックカラーを採用しているのも特徴。クールでスタイリッシュなデザインなので、個性的なサイトを演出したい方にもおすすめです。フライシートの出入り口を立ち上げると、キャノピーとしても使用可能。雨天時の出入りがスムーズになるので重宝します。ただし、キャノピー用のポールは付属していないため、必要な方は事前に準備しておきましょう。

また、2箇所の出入り口に前室スペースを確保しているのもポイント。脱いだ靴などちょっとした荷物を置くことが可能です。大型モデルながら、収納時のサイズが直径約25×62cmとコンパクトなのも魅力のひとつ。キャリーバックが付属しているので持ち運びも簡単です。

ディーオーディー(DOD) ヤドカリテント 6人用 T6-662

2ルーム仕様のワンポールテント。インナーテントは4〜5人程度でゆったり寝られる仕様で、生地にポリエステルとコットンの混紡素材を採用しているのが特徴です。通気性と吸湿性に優れているため、季節を問わず快適に過ごせます。

また、寒い時期の冷たい風の侵入を防ぐスカートを搭載しているのもポイント。オールシーズンで使える製品を探している方にもおすすめのモデルです。出入り口を3箇所に設けているので出入りがしやすいだけでなく、新鮮な外気もたっぷり取り込めます。開放感満点のワンポールテントに興味がある方も、ぜひチェックしてみてください。

ディーオーディー(DOD) ワンポールテントS 3人用 T3-44

大人3人が寝られる広さのワンポールテントです。よりゆったりとくつろぎたい方には、ソロやカップルでの利用がおすすめ。インナーテントには全面メッシュ仕様を採用しているため、夏のキャンプでも快適に過ごせます。

また、優れた防水性能を有しているも本モデルの特徴です。フライシートには耐水圧2000mm、フロアには5000mmの生地を採用。雨の多い季節でも安心してキャンプを楽しめます。ただし、キャノピー機能は搭載しておらず、雨天時に出入りをする際は、室内の濡れに注意しましょう。

そのほか、トップの2箇所にベンチレーションを搭載しているのもポイント。雨で出入り口のドアが開けられない場合でも、効率的に換気ができるので便利です。

ディーオーディー(DOD) ショウネンテント 1人用 T1-602

快適な自分空間が簡単に作れるソロキャンプ向けワンポールテントです。イスやテーブルを置くことも可能な大きな前室を備えているのが特徴。自分だけの秘密基地感覚でテント泊を楽しみたい方におすすめのモデルです。

大型のフライシートを備えていながら、設営が容易なのも魅力のひとつ。ペグを打つ場所が一目でわかるガイドとカラーループが付属しており、ペグを打ってポールを立ち上げるだけで組み立てが完了します。サイドウォールが垂直に立ち上がる構造を採用しているため、壁に近い場所でも狭さを感じにくいのも魅力です。

そのほか、1人でゆっくりと眠れるインナーテントが付属しているのもポイント。メッシュ素材を使用しているので夏でも快適に過ごせます。収納サイズは約18×18×48cmとコンパクト。オートキャンプはもちろん、バイクでのキャンプツーリングにも適しています。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント 1人用 T1-442

ネーミングのとおり、バイクツーリングにおすすめのモデルです。収納時の長さを約50cmに抑えるなど、バイクへの積載を考慮したサイズに設計されています。広い前室を備えているのが特徴。ローテーブルやチェアをセットして、雨の日でも濡れずに食事や休憩がとれます。

また、出入り口のドアはキャノピーにもなるので、さらに開放的なリビング空間を作ることも可能。ただし、キャノピーポールは別売のため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

フライシートには、耐水圧2000mmのPUコーティングが施されたポリエステル生地を採用。急な雨にも対応可能です。そのほか、室内にはインナーポケットやランタンフックが備わっているなど、使い勝手を考慮した設計がされています。

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325 3-4人用

最大4人での就寝が可能なワンポールテントです。2人くらいで広々と使いたい方にもおすすめのモデル。室内高は、インナーテントの中央部で約200cmもあるので、大人でも立ち上がることが可能です。圧迫感が少ないだけでなく、室内での着替えもしやすいので重宝します。

前方と後方の2箇所にメッシュドアを採用しているのもポイント。不快な虫の侵入を防ぎつつ新鮮な外気が取り込めるので、夏のキャンプも快適です。室内にはメッシュポケットやランタンハンガーが付いているなど、使い勝手に考慮した設計がされています。ゆったり使えるワンポールテントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 210 1-2人用

ソロキャンプやキャンプツーリングをのんびりと楽しみたい方におすすめのワンポールテント。しっかりとした前室を備える1〜2人用のモデルです。雨の侵入を防ぎながらドアを開けておくことが可能。雨天の換気がしやすいので梅雨時のキャンプも快適です。また、脱いだ靴や荷物の保管場所にもなるため、室内を広々と使用できます。

フライシートとフロアシートには耐水圧1500mmの生地を採用しているので、多少の雨にも対応可能。また、折りたためば約φ17×50cmとコンパクトに収納できるのもポイントです。重さも約4kgと比較的軽量なので、バイクへの積み降ろしも容易に行えます。

ノースイーグル(North Eagle) ワンポールテントフェザーライト200 1-2人用

鳥の羽柄デザインがあしらわれたおしゃれなワンポールテント。キャンプはもちろん、野外フェスなどにもおすすめです。フライシートのトップ付近にカラビナが装着できるループを備えているのが特徴。タープとの連結が可能で、開放感のある大きなリビングが作れるとともに、雨天時も快適に出入りできます。

フライシートには耐水圧1500mm、フロアには3000mmの生地を採用するなど、雨天のキャンプでも安心して使えるのも魅力のひとつ。さらに、本体重量は約3.3kgと軽量なので、駐車場が離れているサイトでもラクラク運搬できます。

ロゴス(LOGOS) ナバホ Tepee 400 4人用

アメリカの先住民が使用している伝統柄「ナバホ」をデザインに取り入れたワンポールテントです。ほかのキャンパーとはちょっと違った、おしゃれな製品が欲しい方におすすめのモデル。個性的なテントサイトを演出することが可能です。

フレーム素材には、丈夫で軽量な7075超々ジュラルミンを使用。インナーテントの天井部と出入り口ドアにはメッシュパネルを採用しています。また、フライトップに開閉式のベンチレーションを搭載しているため、室内の換気調節が自由に行えるのも魅力。

フライシートに耐水圧1600mm、フロアには3000mmの生地を採用しおり、雨の日でも安心して使えます。

ロゴス(LOGOS) ナバホEX Tepeeリビング400-AI

ワンポールテントにもゆとりの居住空間を求める方におすすめのモデルです。ちょっとしたリビングとしても使える広い前室を搭載しているのが特徴。食事や休憩がとれるだけでなく靴や荷物も置けるため、室内を広々と使用することが可能です。また、雨天の出入り時に室内を濡らしてしまうリスクを予防できます。

前室のドアは別売のポールで立ち上げるとキャノピーにもなるので、さらに開放的なリビングスペースが作れます。フライシートは単品で設営することも可能。大型のスクリーンタープとして使えるので重宝します。ジッパー付きの電源コード取り込み口や室内からでも開閉可能なベンチレーションなど、細かな使い勝手にもこだわって設計されたモデルです。

フィールドア(FIELDOOR) ワンポールテント 4人用

手軽に購入できる製品を探している方におすすめのワンポールテントです。インナーテントをペグダウンし、フライをかぶせてポールを立ち上げるだけと組み立ても簡単。初めてキャンプに挑戦しようと考えている初心者の方にも適しています。

また、ヘキサタープと連結ができるのも本モデルの特徴。広々としたリビングエリアが簡単に確保できるうえ、雨でも濡れずにテントへの出入りができるので便利です。ダークブラウン・ボルドー・ライトグレーの落ち着いたカラーをラインナップ。どんなサイトにも自然に馴染みます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV 8人用

最大で8人が就寝可能な大型モデルです。グループでキャンプを楽しみたい方におすすめのワンポールテント。フライシートの出入り口ドアを立ち上げるとキャノピーとしても使えるのが特徴で、雨天時でも濡れずに出入りや換気ができるので便利です。キャノピーポールも付属しているため、後から買い足す必要はありません。

また、トップの4箇所にベンチレーションを搭載しているほか、インナーテントの天井部にもメッシュ素材を採用しているので、室内の湿った空気を効率的に排出できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン 400UV

前後に出入り口を備えた、開放感のあるモデルです。出入り口ドアにはメッシュパネルを採用しており、通気性も良好。8畳ほどのフロアサイズがあるため、大人数でも快適に過ごせます。

室内の左右どちら側にでもセットできるインナーテントが付いているのもポイント。大きなテント内にプライベート空間を作ることができます。子供はインナーテントに寝かせておき、大人はゆっくりと歓談ができるので、2家族一緒のファミリーキャンプなどにもおすすめです。ただし、本体重量は約15kgと重いため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミワンポールテント 4人用 300UV

アルミ合金素材のポールを採用した、軽くて丈夫なワンポールテントです。本体重量も約3kgと軽量なため、簡単に持ち運ぶことが可能。付属の収納袋に入れて気軽にキャンプへ出かけられます。

ベージュとレッドを採用した落ち着きのあるカラーリングが特徴です。テント周りを色とりどりのガーランドで飾りつければ、おしゃれなピクニックシーンにもピッタリ。インナーテントは全面メッシュ仕様のため、暑い季節でも快適に過ごせます。

カナディアンイースト(Canadian East) ワンポールテント 5-6人用

ファミリーキャンプにおすすめのワンポールテントです。最大で6人が就寝できる広さを有するため、4人での使用なら荷物を置いてもゆったりと使えるのが魅力。中央部の天井高が3m近くあるあるので、テント内での着替えも楽に行えます。

大きな出入り口を前後2箇所に設けているのもポイントです。また、メッシュパネルを搭載しており、不快な虫の侵入を防ぎながら新鮮な外気をたっぷり取り込めます。さらに、テント生地には紫外線を約90%カットする、UVカット素材を採用しているのも魅力のひとつ。春から夏にかけてのキャンプが快適に楽しめる製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

カナディアンイースト(Canadian East) ワンポールテントPilz7 BLACK 2-3人用

本製品は、日本の老舗テントメーカー「小川キャンパル」とのコラボモデルです。アウトドア用品では珍しいブラックカラーで統一したワンポールテント。クールなテントサイトを演出して、ほかのキャンパーに差をつけたい方にもおすすめのモデルです。

1〜2人での使用の場合、ゆったりとくつろげるスペースが確保されています。フライ・グランドシートとも耐水圧1800mmの生地を採用しているため、急な雨にも対応可能です。

撥水性・撥油性・防汚性に優れたテフロン加工が施されており、使用後の手入れがしやすいのも特徴。さらに、耐摩耗性能も高く長期間使用できるのも魅力です。

Hewflit ワンポールテント 5-8人用

生地に100%コットン素材を採用したワンポールテントです。夏は涼しく、冬はあたたかく過ごせるのが魅力。オールシーズン快適なキャンプを楽しみたい方におすすめのモデルです。室内の直径は約400cmあり、大人6人が余裕で就寝できます。

また、サイドウォールの下部が垂直に立ち上がる構造を採用しているのもポイント。壁際付近でも狭さを感じにくい仕様です。中央部の高さが約250cmもあるので、大人が立ち上がることも可能。グランピング気分を味わいたい方にも適しています。

ただし、コットン素材とスチール製ポールを使用していることもあり、重量は約17.8kgと重いので購入を検討している方はあらかじめ留意しておいてください。

UnaFreely ワンポールテント 3-4人用

3〜4人が就寝できる広さがあるワンポールテントです。断熱処理を施した煙突用の穴を備えているのが特徴。ストーブを使って、極寒のキャンプを楽しみたい方におすすめのモデルです。暖が取れるだけでなく、お湯を沸かすなど簡単な調理もできるので重宝します。

2人用のハーフサイズインナーテントが付属しているのもポイント。室内をリビングと就寝用のスペースに分けて使用できるので便利です。ゆったりと過ごす冬のソロキャンプにも適しているため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

バンドック(BUNDOK) ワンポールテント ソロ ティピー1 1人用 BDK-75

小型軽量の1人用ワンポールテントです。収納時のサイズは約42×19×19cmとコンパクト。重量も約2.2kgと軽いので簡単に持ち運べます。ソロキャンプはもちろん、キャンプツーリングなどにもおすすめのモデルです。

高い防水性能を備えているのも本モデルの特徴。フライシートには耐水圧約3000mm、ボトムには約5000mmの生地を採用しているため、雨の日でも安心して過ごせます。リップストップ加工も施されており、裂けに強いのも魅力です。

インナーテントは取り外せるのでシェルターとしても使用可能。ローテーブルやチェアを置くスペースが確保できます。また、タープと連結して使用できるのもポイント。開放的で快適なリビングスペースが簡単に作れるので重宝します。

番外編|ワンポールテントを設営するときのポイント

By: dod.camp

パーツ点数が少なく初心者でも比較的組み立てやすいワンポールテントですが、設営の際は、しっかりと位置決めをするようにしましょう。テントを立ち上げる際に、ペグで固定しなければならないため、ドームテントのように設営後の移動は簡単にできません。

また、傾斜のきつい地形ではポールをまっすぐ立てにくいという問題もあります。別途設営するタープとの位置関係など、全体のレイアウトをしっかりと決めたうえで設営するようにしましょう。