釣った魚を締めたり、捌いたりできる「フィッシングナイフ」。魚の鮮度を保ったまま持ち帰るためには必須のアイテムです。用途に合ったさまざまなタイプがあり、釣りエサの切り分けや糸の切断など1本あれば何かと重宝します。

そこで今回は、用途に応じたフィッシングナイフの選び方や、それぞれの特徴を紹介。お気に入りのモデルをみつけてみてください。

フィッシングナイフとは?

By: amazon.co.jp

フィッシングナイフは、釣った魚をその場で処理するために必要なアイテムのひとつ。魚は釣ってすぐに締めることで鮮度を保ちやすくできます。

そして、フィッシングナイフは、釣った対象によって適切な大きさやタイプが異なるのもポイント。小型の魚には小さくて扱いやすい「スライドナイフ」、大型の魚には強度に優れた「シースナイフ」などがおすすめです。

また、フィッシングナイフは、「シマノ」「ダイワ」「がまかつ」など複数メーカーから多様なモデルが発売されています。釣りの対象や利用場面において適切なフィッシングナイフを選ぶことが重要です。

フィッシングナイフの選び方

ナイフの種類で選ぶ

スライドナイフ

By: shimano.co.jp

「スライドナイフ」は、フィッシングナイフのなかでも小型のモノが多く、カッターのように柄から刃を出し入れして使用します。コンパクトで携行性にも優れ、扱いやすいので初心者からも人気のタイプです。

また、片手で扱いやすいのも特徴。魚を片手で押さえたまま、もう片方の手でスピーディにナイフを取り出して扱えるので便利です。さらに、刃を収納すればポケットや釣り具のなかに収納しても安全。気軽に安心して持ち運びができます。

フォールディングナイフ

By: rakuten.co.jp

「フォールディングナイフ」は、刃を折りたたんで収納するタイプのフィッシングナイフです。刃の部分が完全に収納されるため、コンパクトさと安全性を両立させているのがポイント。刃の強度も高く、中型の本格的な魚にも使用できます。

また、使用後はすぐに洗浄するなど適切にメンテナンスを実施して、折りたたみ機構のサビを防止できます。デザインがよく、切れ味と使い勝手に優れたフィッシングナイフを求める方におすすめのタイプです。

シースナイフ

By: rakuten.co.jp

「シースナイフ」は、柄と刃が一体型の大型のフィッシングナイフです。シースナイフは、刃が固定されているので力を込めやすいのも特徴。大型の魚を締めたり、捌いたりする場合は、シースナイフを準備しておくのがおすすめです。

また、シースナイフは、重量があるので安定感にも優れているのがポイント。力を込めやすく、大型の魚に深く刃を到達させられるのも魅力です。「シース(さや)」に収納して持ち運べる、本格的なフィッシングナイフを求める方におすすめです。

刃の素材をチェック

By: shimano.co.jp

フィッシングナイフを選ぶ際、使用している素材をチェックするのも重要です。海や川などの水に濡れやすい利用シーンが多いため、サビに強いステンレス製のフィッシングナイフがおすすめ。素材により価格が異なるので、事前にチェックしましょう。

フィッシングナイフにおすすめのモデルは、サビに強いステンレス鋼材「H1鋼材」や「N680」を使用したモデル。ステンレス鋼材のなかでも特にサビに強い素材として人気です。

また、価格を重視したい場合は、フッ素加工を施したモノや、研ぎやすいモデルを選ぶのも選択肢のひとつ。予算に応じて自分に合ったフィッシングナイフを選びましょう。

ナイフのサイズをチェック

By: rakuten.co.jp

アジやトラウトなどの小物釣りを楽しむ場合は、小型で薄い刃のフィッシングナイフが向いています。その場で釣った魚を処理、簡易調理したい場合におすすめ。刃渡りの長いフィッシングナイフを持っていれば、本格的な調理にも役立ちます。

また、カツオや青物など大型魚を狙う場合は大型のシースナイフなどを準備しておきましょう。激しく暴れるので、厚みがある力を込めやすいタイプを選ぶのがおすすめ。大型魚にも刃を目的の箇所まで到達させられるようにしておくのが大事です。

フィッシングナイフのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

「シマノ」は、大阪府堺市堺区に本社を置く、アウトドアスポーツ用品メーカーです。主に自転車部品と釣り具を製造しています。

シマノのフィッシングナイフは、シンプルで使いやすいモデルが多いのが特徴です。とりわけ、「シース小出刃」は安価で耐久性に優れているうえに、コンパクトで携行性に優れている人気モデル。釣り好きのユーザーから高い支持を得ている、信頼性の高いメーカーです。

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

「ダイワ」は、東京都東久留米市に本社を置く「グローブライド株式会社」が展開する釣り用品ブランド。ライフジャケットやリール、クーラーボックスなど高品質な釣り用品を多数発売しており、釣り愛好家から高い人気があるメーカーです。

ダイワのフィッシングナイフは、グリップ部分を回転させてブレードカバーにする方式を採用している「キャップデバ」や「フィッシュナイフ」などがあります。釣った獲物を片手で抑えながら、もう片方の手でナイフを取り出してナイフを扱えるのが魅力です。

がまかつ

By: rakuten.co.jp

「がまかつ」は、シンガポールに本店を置く「GAMAKATSU PTE LTD」が展開する釣り用品ブランドです。釣り針や釣竿、専用ウェアなどの企画販売を行なっています。

また、がまかつのフィッシングナイフはデザイン性にも優れているのがポイント。グリップに強化木を使用したり、切れ味に優れた「ホローグラインド」を施したブレードを採用したりと、美しい見た目のモデルが多いのが魅力です。

フィッシングナイフのおすすめモデル

シマノ(SHIMANO) スライドナイフ CT-911R

シマノ(SHIMANO) スライドナイフ CT-911R

収納時サイズが約11×3×1cmの、コンパクトで持ち運びやすいスライドナイフです。ブレード部分は切れ味と防サビ性に優れたステンレス素材を使用。釣った小型の魚を締めたり、捌いたりするのにちょうどよいフィッシングナイフです。

また、握りやすい形状のグリップは手になじみやすく力を込めやすいのがポイント。さらに、使用時と収納時に刃が勝手にずれてしまうのを防ぐ「ガッチリロック機構」を搭載。安定感にも優れているのが魅力のひとつです。

本製品は安価で入手できるので、エントリーモデルとしても向いています。釣りを始めたばかりの初心者でも簡単に扱える、おすすめのフィッシングナイフです。

シマノ(SHIMANO) シース小出刃 CT-511N

シマノ(SHIMANO) シース小出刃 CT-511N

刃渡り8.5cm、シマノのコンパクトで扱いやすい、耐久性にも優れた小型のシースナイフです。ステンレス製のブレードにフッ素加工を施しているためサビに強いのがポイント。厚さ3mmと重厚な刃を備えているので力を込めやすく、現地での魚の解体に便利です。

さらに、刃を収納するケースは安定性の高い樹脂製を採用。収納時にカチっという音が鳴り、簡単に収納できます。そのほか、樹脂製のケースには水抜き穴を設けているので、水分が残りにくくサビの防止に役立つのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) フィッシング ナイフ フィールドナイフ SL-78

ダイワ(Daiwa) フィッシング ナイフ フィールドナイフ SL-78

刃渡り約7.8cm、握りやすいグリップを備えた、スライド式のフィッシングナイフ。簡単かつ確実に刃を収納できるハンドル開閉タイプです。ストッパーを外してハンドルを開き、スピーディな刃の収納が可能です。

また、ブレード部分には、サビに強いステンレス鋼材を使用。さらに、刃を出した際に刃の出し入れが固くなる「固着」を防ぐストッパーを搭載。扱いやすさを重視したい方におすすめのフィッシングナイフです。

ダイワ(Daiwa) キャップデバ 85

ダイワ(Daiwa) キャップデバ 85

刃渡り8.4cmの、切れ味がよくサビに強いステンレス製ブレードを搭載。握りやすいグリップとブレード部分が固定されているので、力を込めやすく扱いやすいフィッシングナイフです。

また、グリップ部分はブレードカバーも兼ねており、ロックを外して回転させてブレードを収納。ブレード上部にロックを引っ掛けて固定できるので、持ち運びにも便利です。

ダイワ(Daiwa) フィッシュナイフ II型

ダイワ(Daiwa) フィッシュナイフ II型

グリップを折りたたんでそのままブレードカバーにできる、コンパクトな収納が魅力のフィッシングナイフです。手のひらにすっぽり収まり、ポケットにも入るので持ち運びに便利。使用時は片手でオープンできるので、片手で魚を掴んだまま取り出しも可能です。

また、ブレード背面はギザギザの構造になっているので、ウロコを取るのにも便利。使用時のグリップは握りやすい構造になっており、力も込めやすいので小型魚の骨も切断できます。

釣った魚をその場でスピーディに処理できる、機能性に優れたおすすめのフィッシングナイフです。

がまかつ(Gamakatsu) フィッシングナイフ 大型 GM2014

がまかつ(Gamakatsu) フィッシングナイフ 大型 GM2014

刃渡り14.3cmの大型のフィッシングナイフです。ブレード部分には硬くて耐久性に優れ、切れ味のよい「440ステンレス」を使用しています。

ホローグラインド加工を施していることで、研ぎ減っても鋭い切れ味を維持しやすいのが魅力。また、シースナイフなのでグリップとブレードの境目に機構がなく、水が溜まりにくいのでサビに強いメリットがあります。

強化木を使用したグリップは美しさと握りやすさを備えているのもポイント。力を込めやすいため大型の魚を処理するときにも役立つ、おすすめのフィッシングナイフです。

がまかつ(Gamakatsu) フィッシングナイフ 6Aステンレス GM1569

がまかつ(Gamakatsu) フィッシングナイフ 6Aステンレス GM1569

サビに強く強度と切れ味に優れた「6Aステンレス」を採用。刃渡り9cmのスリムなブレードで、厚みのある魚でも目的の箇所まで届きやすいのが特徴のフィッシングナイフです。

また、グリップには強化木を使用しているので、なめらかな手触りと握りやすさも魅力のひとつ。収納ケースは耐水性と安全性に優れた「インナープラケース」仕様で、サビや腐食にも強いのがポイントです。

デザイン性と機能性を兼ね備えた、おすすめのフィッシングナイフです。

ジー・サカイ(G.SAKAI) ニューサビナイフ3

ジー・サカイ(G.SAKAI) ニューサビナイフ3

サビに強い「H1鋼材」を使用。刃渡り13.1cmの、大型のシースナイフです。ブレードにはホローグラインドを施しているので研ぎやすく、切れ味が持続しやすいのがポイントです。

また、ハンドルには軽量で強度があり、腐食に強い樹脂素材「ザイテル」を採用。さらに、ブレードを収納するシースはグラスファイバーと強化ナイロンの組み合わせで耐久性に優れています。

そのほか、ロックベルトクリップ付きなので持ち運びに便利。シースは丸洗いが可能なので、メンテナンス性にも優れている、おすすめのフィッシングナイフです。

ジー・サカイ(G.SAKAI) サビナイフ 9 SHARK-RAY

ジー・サカイ(G.SAKAI) サビナイフ 9 SHARK-RAY

刃渡り7.5cmのカーブしたブレード部分が特徴のシースナイフです。サビに強い「H1鋼材」を使用し、ブレードの厚みが2.5mmあるので強い力にも耐えられるタフさを備えています。

波打ちながらカーブしたブレード部分はエラに沿ってナイフを入れやすく、魚の血抜きに重宝するのが魅力。アジなどの小型魚から真鯛などの大型魚まで、簡単に活け締めできるおすすめのフィッシングナイフです。

ベルモント(Belmont) フォールディングナイフ MP-177

ベルモント(Belmont) フォールディングナイフ MP-177

ステンレス製のブレードを備えた、魚を締めるのに便利なフォールディングナイフです。ブレードは厚さ3mmと堅牢なため、力が必要な作業にもおすすめ。波打った刃「セレーションブレード」を搭載し、魚の腹を開いたり、ロープを切ったりするのに便利です。

また、グリップ部分にはステンレスとアルミニウムを使用し、スタイリッシュなデザインも魅力のひとつ。カラビナ付きで携行性にも優れているのがポイントです。デザイン性、機能性ともに兼ね備えたおすすめのフィッシングナイフです。

ベルモント(Belmont) フィッシング出刃105mm MC-081

ベルモント(Belmont) フィッシング出刃105mm MC-081

出刃包丁のような形状で、魚の背開きや3枚おろしに便利なシースナイフです。ブレードは切れ味に優れ、サビに強い「SUS420J2ステンレス」を採用。研ぎやすく、メンテナンスが容易なのも嬉しいポイントです。

また、背面の曲線部分がギザギザに加工されているので、魚のうろこを剥がすのに便利。魚の締めやうろこ取り、捌きなど多様な場面に1本で対応できる、おすすめのフィッシングナイフです。

ベンチメイド(BENCHMADE) グリップティリアン #551H2O

ベンチメイド(BENCHMADE) グリップティリアン #551H2O

サビにきわめて強い鋼材「N680」を使用した、フォールディングナイフです。また、研ぎやすい形状なのでメンテナンスしやすく、切れ味が持続するのが魅力。初心者でも扱いやすいのでおすすめです。

ハンドル部分には耐久性に優れた、高耐熱性ポリアミド「Grivory」を採用。衝撃に強いうえに、エンボス加工により滑りにくいので、水に濡れた場面でも扱いやすくつくられています。

そして、重量は約110gと軽量で、折りたたんで収納した場合は片手に収まるコンパクトさもポイント。ベルトやポケットに引っ掛けて持ち運びが可能な携行性、耐久性を兼ね備えた、おすすめのフィッシングナイフです。

セラ(CERA) チタンフィッシングナイフ M103

セラ(CERA) チタンフィッシングナイフ M103

チタン合金製のブレードを採用した、刃渡り12cmのシースナイフです。出刃包丁のような形状をしているので研ぎやすく、メンテナンスがしやすいメリットがあります。簡易シャープナーでも手入れできる、手軽さが魅力です。

グリップには木製のハンドルを採用し、手触りがよく持ちやすいのもポイント。シンプルな構造で初心者でも扱いやすく、中型魚から大型魚まで対応できる、おすすめのフィッシングナイフです。

モーラナイフ(Morakniv) Companion MG M-11827

モーラナイフ(Morakniv) Companion MG M-11827

堅牢で耐久性に優れた、ステンレススチール製のブレードを採用。刃渡り10.4cmのシースナイフです。ブレードの厚さは約2.5mmと厚いため、魚の解体からロープの切断など、タフな使用にも向いています。

また、グリップ部分はラバー製のハンドルを採用。滑りにくく、手にフィットするので力を込めやすいのがメリットのひとつ。そして、付属のシースはプラスチック製で水に強いのもおすすめのポイントです。

ラパラ(Rapala) フィッシュ フィレ ナイフ BPFNF6SH1

ラパラ(Rapala) フィッシュ フィレ ナイフ BPFNF6SH1

フィンランド製の、伝統的な網目模様と魚の刻印が特徴のシースナイフです。見た目がスリムでおしゃれなのも魅力のひとつ。ステンレスのブレードはサビに強く、細長い刃先で細かな処理をしたい場合も重宝します。

さらに、専用のシャープナーが付属しているので手入れも簡単。初心者でも扱いやすくなっています。また、パーチウッド(樺の木)をグリップの素材に採用。なめらかな形状で握りやすく、手にフィットしやすいため操作性にも優れています。

本製品は、シースケースにベルトループを備えているので持ち運びにも便利。ヌメ革を使用しているので、長期間の使用で徐々に色合いが変化して深みが現れます。フィッシグナイフにデザイン性を求める方におすすめのモデルです。

フィッシングナイフを使う際の注意点

By: amazon.co.jp

フィッシングナイフを扱ううえでの注意点として、使用後にずっと車に乗せっぱなしにすることなどは厳禁。刃渡り6cm以上のナイフを正当な理由がないまま携帯していると銃刀法違反となり、それ以下のサイズでも軽犯罪法に抵触するため要注意です。

また、フィッシングナイフは使い終わるたびにこまめに収納するようにしましょう。刃がむき出しのままだと思わぬ事故につながる可能性があります。

そして、フィッシングナイフはこまめなメンテナンスも必須。水に触れる機会が多く、場合によっては海水や魚の血を大量に浴びることもあるため、しっかりと洗浄、乾燥させてサビ対策をすることが大事です。