コーヒーを淹れるときに欠かせないのが、コーヒースプーン。少しの重さの差がコーヒーの味を左右するので、自分の目指す味に仕上げるためには、正確に軽量できるコーヒースプーンが必需品です。

そこで今回は、コーヒースプーンの正しい選び方と、おしゃれなアイテムをピックアップ。定番のステンレス製から木製や陶器製のモノまでご紹介するので、お気に入りのアイテムを見つけて、コーヒータイムを楽しんでみてください。

コーヒースプーンの選び方

一杯あたりの容量をチェック

By: amazon.co.jp

メーカーやドリッパーの種類にもよりますが、美味しいコーヒーを1杯淹れるには、お湯の量150~180mlに対して、コーヒーの粉は10g前後が目安。そのため、コーヒースプーンの購入を検討している方は、1本で10g計量できるタイプを選ぶのがおすすめです。

まずは一杯10gの分量から始めて、濃いめが好きなら多めに、軽くてすっきりとした味わいが好きなら量を少なめにと、自分の好みに応じて調節してみましょう。

目盛りの有無をチェック

By: rakuten.co.jp

コーヒースプーンの内側に目盛りがついているタイプだと、使い勝手がよくおすすめ。5gから1gずつ目盛りがついているモノや、柄の両端に大小サイズの違う計量スプーンが付属しているモノもあります。

目盛りがついていると粉の量を微調節できるため、味を自分好みにコントロールしやすいのがポイント。味にこだわりたい方は、目盛りつきのコーヒースプーンをチェックしてみてください。

素材をチェック

ステンレス

By: amazon.co.jp

サビに強く、お手入れが簡単なのが特徴。食洗器に対応しているモノが多いのも、ステンレス製コーヒースプーンの魅力です。耐久性が高いので、長く愛用できるコーヒースプーンを探している方にもおすすめ。少し重量感がありますが、コンパクトなアイテムが多く使用感にも優れています。

木製

By: amazon.co.jp

ナチュラルテイストで、あたたかみを感じられる木製のコーヒースプーン。完全に乾かさないとカビが生えてしまったり、変色してしまったりするケースもあるので、お手入れに多少手間がかかるのが難点です。

チークやビーチ材など、使用する材質によって色や雰囲気が異なり、木目も同じモノがふたつとないのも魅力。使えば使うほど味わいが出てくるので、経年変化を楽しめます。

陶器

By: amazon.co.jp

陶器のコーヒースプーンは、おしゃれでデザイン性に優れているのが魅力。食洗器で洗えるタイプも多いので、お手入れも簡単です。ただし、取り扱いによっては割れてしまうことがあるため、注意しましょう。

有田焼や波佐見焼など、日本を代表する陶磁器の産地で焼かれたアイテムもラインナップされています。コーヒーカップやドリッパーとお揃いで使って、こだわりのコーヒータイムを楽しむのもおすすめです。

コーヒースプーンのおすすめブランド

カリタ(Kalita)

By: amazon.co.jp

日本のコーヒー機器総合メーカー。コーヒードリッパーやドリップポットなど、コーヒーに関係する幅広いジャンルのアイテムを取り揃えています。

同ブランドのコーヒースプーンは、ステンレスや銅、陶器などを多数ラインナップ。なかでも、ヴィンテージ感のある陶器のコーヒースプーンは人気の高いアイテムです。

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

日本の耐熱ガラスメーカーで、ガラス加工の技術を生かしたコーヒー関連器具を製造、販売しています。ドリッパーのなかでも、円錐タイプの「V60」は、世界中のバリスタから支持されています。

コーヒースプーンもV60に最適なモデルがラインナップされているので、ドリッパーとセットで使うのがおすすめです。

コーヒースプーンのおすすめ

カリタ(Kalita) コーヒーメジャー ホビー 44016

カリタ(Kalita) コーヒーメジャー ホビー 44016

ポップなカラーがおしゃれなコーヒースプーン。豆をすくって投入しやすい形状のほか、スプーン1杯約10gのため、初心者でも扱いやすいアイテムです。素材はメラニン樹脂で、軽くて落としても割れにくいのがポイント。

カラーは、スモーキーブルー・アーミーグリーン・レッドの3色がラインナップされています。好みのカラーをチョイスして、コーヒータイムを楽しんでみてください。

カリタ(Kalita) コーヒーメジャー 44005

カリタ(Kalita) コーヒーメジャー 44005

ヴィンテージルックがおしゃれな、陶器製のコーヒースプーン。柄が短くキャニスターの中に入れられるため、収納性も良好です。スプーン1杯約10gで使い勝手のよいアイテムです。

カラーはパステルブラウン・パステルグリーン・シャドーブラックの3色をラインナップ。価格もリーズナブルなので、まとめて大人買いするのもおすすめです。

ハリオ(HARIO) V60 計量スプーン M-12SV

ハリオ(HARIO) V60 計量スプーン M-12SV

スプーン1杯約12gで、ハリオのロングセラー製品「V60透過ドリッパー」を使ってコーヒーを淹れるときに最適なコーヒースプーン。コンパクトサイズで柄も短いため、キャニスターの中に入れて収納できます。

サビに強く丈夫なステンレス製で、お手入れも簡単。コーヒーの美味しさを長持ちさせるキャニスターもラインナップされているので、セットで揃えるのもおすすめです。

ハリオ(HARIO) V60 計量スプーン セラミック M-12C

ハリオ(HARIO) V60 計量スプーン セラミック M-12C

V60シリーズの陶器製のコーヒースプーンです。佐賀県有田町で焼かれた「有田焼」で、日本の伝統美が感じられるアイテム。

スプーン1杯約12gで、V60透過ドリッパーと合わせて使うことにより、コーヒーの美味しさをより一層引き出せます。V60を使っている方は、ぜひチェックしてみてください。

Diguo クリップつきコーヒースプーン

Diguo クリップつきコーヒースプーン

クリップがついているコーヒースプーンで、コーヒーの袋を封をするときに重宝します。長さが17.5cmのため、コーヒー豆の量が少なくなったときでも、スプーンを容器の奥に入れてコーヒー豆をすくいやすいのもポイント。素材はステンレス製で、お手入れが簡単なうえ、長く愛用できます。

取っ手部分が木製のおしゃれなコーヒーミルブラシが付属しているのも魅力。コーヒー豆とセットでプレゼントにもおすすめのアイテムです。

カリタ(Kalita) 銅製 コーヒーメジャー 44001A

カリタ(Kalita) 銅製 コーヒーメジャー 44001A

味わい深い雰囲気を醸し出している銅製のコーヒースプーン。スプーン1杯約10gで、使えば使うほど味が出て、経年変化を楽しめるアイテムです。

銅製にもかかわらず、リーズナブルな価格も魅力。コストパフォーマンスが高く、長く愛用できるコーヒースプーンを探している方におすすめです。

リバーズ コーヒースプーン SCOOP

リバーズ コーヒースプーン SCOOP

コーヒー豆が10g計れる仕様で、5gから1g単位で目盛りがついているコーヒースプーン。底もフラットなので、そのままスケールの上に乗せて、軽量できます。コーヒーの粉を微調節し、自分の味をストイックに目指したい方におすすめのコーヒースプーンです。

コンパクトサイズなため、キャニスターの中に入れて収納できるのもポイント。シンプルゆえに使い勝手に優れ、コーヒー初級者から上級者まで満足できるアイテムです。

カリタ(Kalita) コーヒーメジャー HASAMI & Kalita 44018

カリタ(Kalita) コーヒーメジャー HASAMI & Kalita 44018

陶磁器の産地で有名な、長崎県波佐見町で活動しているクリエイティブ集団「HASAMI」とカリタが、共同で開発したコーヒースプーン。職人により丁寧に仕上げられ、陶磁器ならではの雰囲気が感じられるアイテムです。スプーン1杯で約10g計れます。

同陶磁器シリーズでは、コーヒースプーンのほかにコーヒーポットやドリップトレイもラインナップされているので、セットで楽しむのもおすすめです。

カリタ(Kalita) メジャーカップ エナメル TSUBAME & Kalita 44250

カリタ(Kalita) メジャーカップ エナメル TSUBAME & Kalita 44250

金属加工で有名な新潟県燕市で、職人によってひとつずつ丁寧に作られているコーヒースプーン。ホーロー素材を使用しており、軽くお手入れが簡単なのもポイント。また、湿気や汚れに強く、衛生的に使用できます。

柄の長さが7.2cmの短いSサイズと、14.5cmのLサイズを展開。カラーは、ブラックとホワイトがラインナップされています。ホーローのどこか懐かしい雰囲気が好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

カルディ(KALDI)オリジナル メジャースプーン

カルディ(KALDI)オリジナル メジャースプーン

全国に店舗を持つカルディのオリジナルコーヒースプーン。陶器製で、スプーンの底には同ブランドのオリジナルキャラクターが描かれています。1杯で10g計量できるほか、重さもほどよく使用しやすいアイテムです。

コンパクトサイズでキャニスターの中に収納できるのもポイント。陶器製のコーヒースプーンを探している方は、チェックしてみてください。

キントー(KINTO) コーヒーメジャースプーン 27672

キントー(KINTO) コーヒーメジャースプーン 27672

テーブルウェアやコーヒーウェアを取り扱い、デザイン性の高さから人気のブランド。チーク材を使ったシンプルなフォルムのコーヒースプーンは、素朴であたたかみが感じられるアイテムです。

使うほどチークの色合いが味わい深くなり、経年変化を楽しめるのも魅力。長く愛用できるコーヒースプーンを探している方や、コーヒーが好きな友人へのちょっとしたプレゼントにもおすすめです。

ナガオ(Nagao) ステンレス コーヒーメジャー

ナガオ(Nagao) ステンレス コーヒーメジャー

金属加工で有名な新潟県燕市で製造されている、日本製のコーヒースプーンです。柄が長くキャニスターの底にも届きやすいほか、柄の部分に穴が開いておりフックに掛けられて便利。また、本体の重さは40gと、ほどよい重みを感じられるアイテムです。

耐久性の高いステンレス製のため、長く使えるコーヒースプーンを探している方におすすめ。汚れても水でさっと洗え、お手入れが簡単なのもポイントです。

サンクラフト(SUNCRAFT) ナチュレ コーヒーメジャースプーン OBN-122

サンクラフト(SUNCRAFT) ナチュレ コーヒーメジャースプーン OBN-122

ビーチ材を使用した優しい雰囲気のコーヒースプーンです。おしゃれな見た目で、おうちカフェ気分を味わえるアイテム。スプーン1杯で約10g計量でき、コーヒー1杯分にちょうどよい大きさです。

柄の長さが約13cmと長めなので、キャニスターの底をすくいやすいのもポイント。リーズナブルな価格ですが、天然素材のもつあたたかみがしっかりと感じられる、おすすめのコーヒースプーンです。

珈琲考具 2cupメジャー

珈琲考具 2cupメジャー

大小2つのメジャーススプーンがついており、大きいサイズは粉で8g、小さいスプーンは1g計量可能。まずは大きなほうの8gで計量し、小さなスプーンで1gずつ調節し、自分好みの味に仕上げられます。

丈夫で長く愛用できるステンレスに、黒発色加工が施された、高級感のあるデザインがおしゃれ。毎回、同じ味のコーヒーを淹れたい方や、ストイックに味を追求したい方におすすめです。

籐芸(TOUGEI) コーヒーメジャースプーン

籐芸(TOUGEI) コーヒーメジャースプーン

三重県に拠点を置き、木製のカラトリーやスプーンを作っているブランド。木の木目や色合いが美しいビーチ材を使用し、天然木ならではのあたたかみが魅力のアイテムです。

緩やかにカーブした独自のフォルムは、持ちやすく、すくいやすいのが特徴。コーヒースプーンだけでなく、調味料や茶葉などさまざまな用途で利用できます。容量の目安は、1杯でコーヒー粉なら約5g、砂糖や塩なら約10g。普通の食器と同じように洗剤を使って水洗いできるのでお手入れも簡単です。

AREKORE TW コーヒーメジャー Lステンレス

AREKORE TW コーヒーメジャー Lステンレス

モノづくりで有名な新潟県燕市で、伝統工芸の技術を用いて丁寧に仕上げられたコーヒースプーン。すくう部分はステンレス製で、持ち手には真鍮を採用。使うほどに味わいが出てくるため、経年変化が楽しめます。

長さが約8cmとコンパクトサイズで、キャニスターの中に収納できるほか、コーヒー豆を出し入れしやすく、取り回しが楽なのがポイント。容量は30cc、コーヒーの粉だと約10g計量できます。

バリスタアンドコー(BARISTA&CO) コーヒーメジャーリングスプーン

バリスタアンドコー(BARISTA&CO) コーヒーメジャーリングスプーン

バリスタアンドコーは洗練されたデザインのコーヒーツールが幅広くラインナップされている、英国生まれのブランド。15mlと30mlの2つの計量スプーンが付属しており、コーヒーシーンだけでなく、料理にも活用できる機能的なアイテムです。

素材はステンレススチールを採用し、お手入れが簡単なほか、耐久性が高いため長く愛用できるのも特徴。厚みがあるしっかりとした作りで、柄にブランド名が刻印されています。コーヒー好きな方へのプレゼントにも喜ばれるおすすめの製品です。

アネスティカンパニー コーヒー メジャー Karari HO1892

アネスティカンパニー コーヒー メジャー Karari HO1892

調湿機能に優れた「珪藻土」で作られたコーヒースプーン。コーヒー豆の劣化の原因となる湿気を吸い取ってくれるので、コーヒーの美味しさが長持ちします。

容量は1杯30mlで、コーヒーだけでなく、茶葉・乾物・調味料などにも利用可能。塩と一緒に入れておくと、サラサラの状態を保てます。調湿機能が弱くなったと感じたら、電子レンジで乾燥させれば復活できるのもポイント。幅広いシーンで活躍する、おすすめのコーヒースプーンです。

京都ブルーラパン(Kyoto Blue Lapin) コーヒー用計量スプーン

京都ブルーラパン(Kyoto Blue Lapin) コーヒー用計量スプーン

カップのデザインがおしゃれなコーヒースプーン。ブナ材を使用しており、ぬくもりのあるアイテムです。容量は20cc、コーヒー豆を約6~7g計れます。少し小さめサイズなので、軽い味わいのコーヒーが好きな方におすすめ。

ありそうでなかったコーヒーカップの形をしたコーヒースプーン。人と違ったモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エンプロダクト(eNproduct) コーヒーメジャースプーン

エンプロダクト(eNproduct) コーヒーメジャースプーン

デザイン性と機能性にこだわったコーヒースプーン。スプーン1杯で約10g計れます。斜めに自立する形状は使い勝手がよく、そのままキッチンに置いておいてもインテリアに映えるアイテムです。

無垢の木材を採用しているため、使えば使うほどつやが増し、経年変化が楽しめるのも魅力。スペシャル感が高いアイテムなので、コーヒー好きな方へのプレゼントにもおすすめです。

釜定(kamasada) コーヒースプーン

釜定(kamasada) コーヒースプーン

南部鉄器で有名な岩手県盛岡市に工房を構える「釜定」。3代目の宮伸穂氏がデザインした、南部鉄器製のモダンなコーヒースプーンです。コンパクトなサイズ感でキャニスターに収納でき、扱いやすいのもポイント。斜めに自立し、そのまま置いておいても絵になるデザインです。

本体は重さは100gで、南部鉄器ならではのずっしりとした使用感も魅力。長く使えるコーヒースプーンを探している方におすすめです。

グローカルスタンダードプロダクツ(GLOCAL STANDARD PRODUCTS) ツバメ コーヒーメジャースプーン SS

グローカルスタンダードプロダクツ(GLOCAL STANDARD PRODUCTS) ツバメ コーヒーメジャースプーン SS

モノづくりの町、新潟県燕市で作られているコーヒースプーン。主張しすぎないフォルムでありながら、持ち手の部分に「ツバメ」のイラストがワンポイントで描かれており、デザイン性の高さで人気のアイテムです。

ステンレス製の本体にはサテン仕上げが施され、マットな質感もポイント。価格も安いので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ホルツクロッツ(HOLZKLOTZ) ウッド計量スプーン10g

ホルツクロッツ(HOLZKLOTZ) ウッド計量スプーン10g

シンプルで洗練されたコーヒーウェアを豊富に扱っているブランド。ウォールナットを採用し、落ち着いた色合いが美しいコーヒースプーンです。

柄に刻印されたブランド名と牛革の紐もおしゃれで、コーヒータイムをより一層スタイリッシュに演出。スプーン1杯で10gなので、コーヒー1杯にちょうどよいサイズです。

窯品計画 コーヒーメジャースプーン ポープ奈美

窯品計画 コーヒーメジャースプーン ポープ奈美

沖縄の焼き物「やむちん」に惹きつけられ、沖縄のコザに工房を構えている作家、ホープ奈美氏の作品。やむちんの特徴である、ぽってりと厚みのあるフォルムで、手仕事ならではのあたたかみのあるアイテムです。

沖縄の海を彷彿させるブルーは美しく、インテリアに馴染みます。やむちんが好きな方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

AREKORE 木工 石井宏治 コーヒーメジャー 中

AREKORE 木工 石井宏治 コーヒーメジャー 中

木工作家である石井宏治氏が製作したコーヒースプーン。チェリー材を使用しており、使うほどに色つやが増して経年変化が楽しめるアイテムです。

15.2cmと長めなので、コーヒー豆が少なくなってきても底をすくいやすいのがポイント。作家による手仕事の美しさを求めている方におすすめです。

グランドワイルド(Grande Wild) Horn Please BRASS COFFEE スプーン S

グランドワイルド(Grande Wild) Horn Please BRASS COFFEE スプーン S

すべて真鍮でできたコーヒースプーン。深みのある光沢がアンティークな雰囲気を醸し出し、使い込むうちに味わい深い色に変わるのを眺めて楽しめます。

1杯でコーヒー豆約8g、粉で約6gの計量が可能です。真鍮がもつ独特の雰囲気が好きな方は、ぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) メジャーカップ

カリタ(Kalita) メジャーカップ

リーズナブルな価格が魅力のコーヒースプーン。プラスチック製のスタンダードなタイプで、リーズナブルなモノを探している方に適したアイテムです。スプーン1杯約10g。お財布に優しい価格帯で、壊れたとき用にまとめ買いしておくのもおすすめです。