おいしいコーヒーを淹れるときに欠かせない「コーヒースプーン」。名前の通り、コーヒーの豆や粉専用の計量スプーンのことで、素材やデザインにこだわったアイテムがさまざまなメーカーから販売されています。

そこで今回は、機能性の高いモノからおしゃれなモノまで、おすすめのコーヒースプーンをピックアップ。選ぶ際におさえておきたいポイントもご紹介します。お気に入りのアイテムを見つけて、コーヒータイムを楽しんでみてください。

コーヒースプーンを使うメリット

By: rakuten.co.jp

コーヒーの粉をすくうだけで簡単に最適な量を計れるのがコーヒースプーンの魅力。コーヒーは、粉の量が数グラム違うだけでも味が変化するといわれるほどの繊細な飲み物ですが、コーヒースプーンを使えば毎回手軽に安定した味わいを楽しめます。

また、使用する粉の量を加減しやすいため、気分に合わせてコーヒーの濃さを変えたい場合にも活躍。おしゃれなデザインのモノが多く、選ぶ楽しさや使う楽しさを味わえるのもメリットです。

コーヒースプーンの選び方

1杯あたりの容量をチェック

By: rakuten.co.jp

メーカーやドリッパーの種類にもよりますが、美味しいコーヒーを1杯淹れるには、お湯の量150~180mlに対して、コーヒーの粉は10g前後が目安。そのため、コーヒースプーンの購入を検討している方は、1本で10g計量できるタイプを選ぶのがおすすめです。

まずは1杯10gの分量から始めて、濃いめが好きな方は多めに、軽くてすっきりとした味わいを好む方は量を少なめにと、自分の好みに応じて調節してみましょう。

目盛りの有無をチェック

By: rakuten.co.jp

コーヒースプーンの内側に目盛りがついているタイプは、使い勝手がよくおすすめ。5gから1gずつ目盛りがついているモノや、柄の両端に大小サイズの違う計量スプーンが付属しているモノもあります。

目盛りがついていると粉の量を微調節できるため、味を自分好みにコントロールしやすいのがポイント。味にこだわりたい方は、目盛りつきのコーヒースプーンをチェックしてみてください。

素材をチェック

ステンレス

By: amazon.co.jp

サビに強く、お手入れが簡単なのが特徴。食洗器に対応しているモノが多いのも、ステンレス製コーヒースプーンの魅力です。耐久性が高いので、長く愛用できるコーヒースプーンを探している方にもおすすめ。少し重量感がありますが、コンパクトなアイテムが多く使用感にも優れています。

木製

By: amazon.co.jp

ナチュラルテイストで、あたたかみを感じられる木製のコーヒースプーン。完全に乾かさないとカビが生えてしまったり、変色してしまったりするケースもあるので、お手入れに多少手間がかかるのが難点です。

チークやビーチ材など、使用する材質によって色や雰囲気が異なり、木目も同じモノがふたつとないのも魅力。使えば使うほど味わいが出てくるので、経年変化を楽しめます。

陶器

By: amazon.co.jp

陶器のコーヒースプーンは、おしゃれでデザイン性に優れているのが魅力。食洗器で洗えるタイプも多いので、お手入れも簡単です。ただし、取り扱いによっては割れてしまうことがあるため、注意しておきましょう。

有田焼や波佐見焼など、日本を代表する陶磁器の産地で焼かれたアイテムもラインナップされています。コーヒーカップやドリッパーとお揃いで使って、こだわりのコーヒータイムを楽しむのもおすすめです。

柄の特徴をチェック

By: amazon.co.jp

コーヒースプーンの柄には、長さや形状などさまざまな特徴があります。見た目だけではなく、ライフスタイルにマッチした使い勝手のよいアイテムをセレクトしましょう。

たとえば、コーヒーの粉をキャニスターに詰め替えて使っている場合、柄の長さは容器の深さよりやや短めなモノがベスト。軽量しやすく、キャニスターのフタを閉める際にも邪魔になりません。

一方、コーヒーの粉を容器に詰め替えず袋のまま使っている場合には、袋の底まで届く柄の長いコーヒースプーンがおすすめ。また、柄の部分がクリップ状になったアイテムも人気です。

コーヒースプーンのおすすめブランド

ハリオ(HARIO)

By: rakuten.co.jp

ガラス加工の技術を生かしたコーヒー関連器具を製造・販売している日本の耐熱ガラスメーカー。ドリッパーのなかでも、円錐タイプの「V60」は、世界中のバリスタから支持されています。

コーヒースプーンもV60に適したモデルがラインナップされているので、ドリッパーとセットで使うのがおすすめです。

メリタ(Melitta)

By: melitta.co.jp

ドイツに本社を構える老舗のコーヒー機器総合メーカー。世界ではじめてペーパードリップシステムを考案し特許を取得した、ペーパードリップのパイオニアです。

家庭用のフィルターペーパーから業務用のコーヒーマシンまでコーヒー関連製品を幅広く扱っており、世界150カ国以上で親しまれています。メリタのコーヒースプーンは、シンプルでリーズナブルなのが魅力です。

コーヒースプーンのおすすめ

ハリオ(HARIO) V60計量スプーン シルバー M-12SV

スタイリッシュなデザインが目を引くステンレス製のコーヒースプーン。柄の部分が短くループ状になっているのが特徴で、キャニスターの中に入れて収納したりおしゃれに壁掛けしたりと、いろいろな使い方ができる人気のアイテムです。

なお、すりきり1杯で計量できるコーヒー粉は12g。ハリオのロングセラー製品、「V60ドリッパー」を使用してコーヒーを淹れるのに適した容量です。使い勝手のよいコーヒースプーンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スパイス(SPICE OF LIFE) BONO BONO クリップ付きコーヒーメジャースプーン ブラスカラー HLLH2060

柄の部分がクリップ状になったユニークなコーヒースプーンです。コーヒー粉を量ったら、そのままクリップ部分でコーヒーの袋を閉じられる優れもの。全長17.5cmと長めなので、袋の底に残ったコーヒー粉をすくいやすいのもポイントです。

ステンレスにPVDコーティングを施してブロンズカラーに仕上げた、アンティーク感漂うデザインもおしゃれ。機能性とデザイン性に優れたコーヒースプーンを探している方におすすめです。

アーネスト(Arnest) コーヒーメジャークリップフィクサー A-77339

メジャースプーンとバッグクリップが一体化した便利なコーヒースプーンです。すりきり1杯で量れるコーヒー粉は約8g。計量したあとは、コーヒーの袋を折って柄の部分のクリップを挿しこむだけで簡単に袋を留められます。

金属加工で有名な街、新潟県燕市の職人によって作られた日本製なのもポイント。ステンレス製のため耐久性があり、食洗器も使用できる使い勝手のよさも魅力です。

上質なコーヒースプーンを探している方やコーヒー粉を袋のまま保管している方は、ぜひチェックしてみてください。

バリスタアンドコー(BARISTA&CO) Measuring Spoon

“機能的でスタイリッシュなコーヒーツールを多くの人に使って欲しい”というコンセプトのもと、2015年にイギリスで誕生したバリスタアンドコー。本製品は、大小2つのメジャースプーンで15mlと30mlの容量を量れる、人気のステンレス製コーヒースプーンです。

シンプルなデザインで使いやすいのもポイント。柄の部分に刻まれたおしゃれなブランドロゴもポイントです。なお、料理に使う計量スプーンとして、コーヒー粉以外のモノも計量可能。汎用性の高いおすすめのアイテムです。

珈琲考具(KOGU) 黒 2cupメジャー

大小2つのメジャースプーンで、8gと1gのコーヒー粉を量れる便利なステンレス製コーヒースプーン。まずは大きなスプーンで8gを計量し、自分好みの味になるよう、小さなスプーンで1gずつ調節できる優れものです。

丈夫でサビにくく、黒発色加工が施された高級感あふれるデザインも魅力。日本を代表する金属加工の街、新潟県燕市で作られた上質で機能的なコーヒースプーンをチェックしてみてください。

グローカルスタンダードプロダクツ(GLOCAL STANDARD PRODUCTS) ツバメ コーヒーメジャースプーン ブラック

新潟県燕市の老舗ホーローメーカーで、ひとつずつ丁寧に手作りされるホーロー製のコーヒースプーン。ステンレス材に直接ホーローをコーティングしているため、薄くて軽く、ニオイが移りにくいのがポイントです。

ブラックのボディーにワンポイントのツバメマークが映える、スタイリッシュなデザインも魅力。なお、すりきり1杯で約8g、山盛り1杯で約10gのコーヒー粉が量れます。デザイン性にこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

エンプロダクト(eNproduct) Coffee measure spoon eN-009

斜めに自立するユニークなデザインの木製コーヒースプーンです。使用する際にはサッと手に取りやすく、使用していないときにはおしゃれに飾れる、機能美にこだわったフォルムが人気。

無垢材を使っているため、すくうたびにコーヒー豆の油がついて、味わいのある風合いに変化していくのも魅力です。なお、スプーン1杯で約10gのコーヒー豆を計量可能。

コーヒーを淹れる時間が楽しくなるような、愛着を持って使えるコーヒースプーンを探している方におすすめです。

トーチ(TORCH) コーヒーメジャーハウス

家の形をしたかわいらしいデザインが魅力の木製コーヒースプーン。コーヒー豆をすくうのに適したアイテムで、深煎り豆なら約12g、浅煎り豆なら約10g軽量できます。

職人によって丁寧に手作りされているため、形や木目、色合いなどひとつひとつ違った表情を楽しめるのも魅力。立てて置けるため、保管する際に場所を取らないのもポイントです。

なお、カラーバリエーションは、ウォルナットとビーチの2種類。どちらもコーヒー豆から出る油と相性のよい天然木です。両方揃えてキッチンに飾れば、おしゃれなインテリアとしても活躍します。

キントー(KINTO) SCS コーヒーメジャースプーン

機能性とデザイン性にこだわったキッチンウェア・テーブルウェア・インテリア雑貨を展開するブランド「キントー」。本製品は、チークの美しい木目が人気の木製コーヒースプーンです。

職人がひとつひとつ木を削り出した、ぬくもりを感じるやわらかいフォルムが特徴。1杯で約10gのコーヒー豆を計量できます。使えば使うほどコーヒー豆の油がなじみ、天然木ならではの経年劣化も楽しめるのも魅力。

愛着を持って長く使えるコーヒースプーンを探している方におすすめです。

石井宏治 コーヒーメジャー

均整のとれた美しいフォルムが目を引く、天然無垢材のコーヒースプーンです。木工作家、石井宏治氏によってひとつひとつ丁寧に仕上げられたアイテム。好みに合わせてセレクトできるよう、チェリーとナラの2種類が展開されています。

なお、1杯で約7.5gを軽量できるSサイズは、柄の部分が短めでキャニスターの中に収納しやすいのが特徴です。使い込むほど手になじんで、天然木ならではの風合いが深まっていくのも魅力。長く愛用できる上質なコーヒースプーンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

岩本清商店 コーヒースプーン

1913年に創業した金沢桐工芸の老舗「岩本清商店」のコーヒースプーンです。手仕事で丁寧に仕上げられたぬくもりあふれるアイテムで、コーヒー豆のような深みのあるダークな色合いと、かわいらしいフォルムがポイント。

すりきり1杯で約10gのコーヒー豆を計量できます。素材に桐材を使用しているため軽く、コーヒー豆の油がなじんで使い込むほどにツヤと深みが増していくのも魅力。同じモノが2つとない、特別感のあるコーヒースプーンを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) V60計量スプーン セラミック M-12C

日本の伝統的な「有田焼」で作られた、磁器製のコーヒースプーン。「V60ドリッパー」を使用してコーヒーを淹れるのに適したアイテムです。

すりきり1杯で量れるコーヒー粉は約12gで、スプーンの内側についた2本の目盛りに合わせれば8gと10gも計量可能。自分好みの味にコントロールしやすい優れものです。

また、全長8.5cmと短めなので、キャニスターに入れて使いやすいのもうれしいポイント。シンプルなデザインのコーヒースプーンを探している方におすすめです。

カリタ(Kalita) HA メジャー カップ 44018

神奈川県横浜市に本社を置くコーヒー機器総合メーカー「カリタ」。メイドインジャパンにこだわった、ハイクオリティなアイテムをラインナップしています。本製品は、長野県の「波佐見焼」とのコラボによって生まれた陶磁器製のコーヒースプーン。

柄が短いのでキャニスターに入れて収納しやすく、コーヒー豆や粉のすくいやすさにも定評のあるアイテムです。なお、すりきり1杯で約10gのコーヒー粉を計量可能。シンプルで高級感のある日本製コーヒースプーンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) パステルメジャーカップ 44005

アンティーク調の色合いにころんとしたフォルムがマッチした、かわいらしい陶磁器製のコーヒースプーンです。全長7.8cmと短めなのでキャニスターの中に入れて収納しやすいのが魅力。また、柄の幅も広いのでコーヒーをすくったり投入したりしやすい優れものです。

すり切り1杯で約10gのコーヒー粉を計量できます。なお、カラーバリエーションは、パステルブラウン・パステルグリーン・シャドーブラックの3色展開。リーズナブルなので、複数揃えて色分けして使うのもおすすめです。

メリタ(Melitta) メジャースプーン MJ-0502

プラスチック製のリーズナブルなコーヒースプーンです。すりきり1杯で量れるコーヒー粉は約8gで、メリタが独自に開発した「1つ穴方式」のコーヒードリッパーでコーヒーを淹れるのに適したアイテム。

ムダを省いたシンプルで使いやすいデザインも魅力です。コスパのよいコーヒースプーンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Karari 珪藻土コーヒーメジャー 約30ml HO1892

By: karari-honesty.com

「珪藻土」で作られたユニークなコーヒースプーンです。珪藻土とは、藻類の一種である珪藻が堆積して化石化した天然素材のこと。調湿機能があり、コーヒーと一緒にキャニスターに入れておけば、湿気を吸い取ってサラサラに保つ効果が期待できます。

柄が短く深めの形状で、コーヒーの豆や粉をすくいやすいのもうれしいポイント。すりきり1杯で約30mlなので、コーヒーを量るのはもちろん、料理に使う計量スプーンとしても活用できます。メジャースプーンと乾燥材、ひとつで2役こなす便利なコーヒースプーンをチェックしてみてください。