立ったままパソコンで作業できる「スタンディングデスク」。作業効率アップや姿勢を正せるなどの効果が期待できる注目のアイテムです。

そこで今回は、スタンディングデスクのおすすめモデルをご紹介。あわせて選び方ついても解説します。オフィスやテレワークの環境を整えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

スタンディングデスクの選び方

タイプで選ぶ

高さ固定タイプ

By: amazon.co.jp

立ったままの作業をメインに想定している方には、高さ固定タイプのスタンディングデスクがおすすめ。立ち作業に適した高さ100cm前後のモデルが展開されています。

ただし、高さの調節ができないため、事前に自分に合った高さを確認しておく必要があります。リーズナブルな価格設定のアイテムが多く、コスパに優れたスタンディスクデスクを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

昇降式タイプ

By: rakuten.co.jp

用途に応じて高さを調節できるのが昇降式タイプのスタンディングデスク。立ったままの作業はもちろん、椅子と合わせて座りながらでも使用できます。

高さの調節方法は手動式・ストッパー式・ガス式・電動式の4種類。レバーを引くだけで手軽に高さを変えられるガス式や電動式がおすすめです。予算が限られている場合は、手動式やストッパー式を検討してみてください。

卓上タイプ

By: amazon.co.jp

家にあるデスクを活用したい場合には、卓上タイプのスタンディングデスクがおすすめ。なかでも折りたためる仕様のモデルは持ち運びやすく収納性にも優れています。

高さを調節して作業しやすいポジションでセッティングできるのが魅力。折りたたんで平らにすれば、そのまま座っても作業できます。

デスクの広さをチェック

By: amazon.co.jp

スタンディングデスクの広さは作業効率を左右する重要なポイントです。天板は広いほど作業しやすくなりますが、やみくもに大きな製品を購入しても置き場所に困ってしまうため注意が必要。1人でパソコン作業をする程度なら60cmくらいの幅があれば十分です。

2人でスタンディングデスクを共有して作業をしたり、パソコンを2台置いたりするような場合には、120cmくらいの幅があると便利に使えます。使い方と置くスペースのバランスをよく考慮して選びましょう。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

オフィスで使用する場合はさほど気になりませんが、自宅に置いて使うのであれば素材のチェックも大切。リビングに設置するならあたたかみのある木製の製品、オフィスに設置するならスチールなどを使用したシンプルなアイテムがおすすめです。

家具のひとつとして部屋に溶け込むだけでなく、インテリアとしてもよく映えます。また、たとえ合成樹脂製の天板でも、木目調の化粧板を使っているだけで雰囲気はガラリと変わるもの。使用する場所に応じて製品の素材にもこだわってみましょう。

その他機能をチェック

キャスター付き

By: sanwa.co.jp

スタンディングデスクは重量のあるモデルが多いため、力に自信のない方には移動が難しいことがあります。キャスターが付いているスタンディングデスクであれば、誰でも簡単に移動可能。

掃除のしやすさを重視する方や部屋の模様替えをする機会の多い方にもおすすめです。また、スタンディングデスクを無理に動かして床を傷つけてしまうのを防げます。

タップホルダー・ケーブル穴付き

By: nitori-net.jp

パソコンを使った作業をする方には、電源タップなどを載せられるホルダーや、ケーブルを通すための穴が開いているスタンディングデスクがおすすめ。

ごちゃごちゃしがちなケーブル類を整理できれば、どこに何があるかを確認しやすくなるのが魅力です。デスク周りがすっきりと片付くことで、作業効率の向上も期待できます。

スタンディングデスクのおすすめメーカー

ニトリ

By: rakuten.co.jp

1972年に設立された北海道に本社を構える会社です。おもに家具やインテリア用品の企画から販売までを手がけています。“お、ねだん以上”のキャッチコピーを使ったCMが有名。常に顧客の期待を上回る価格設定で製品を展開しています。

ニトリのスタンディングデスクはリーズナブルかつ機能性も十分。コストパフォーマンスに優れた製品を探している方におすすめのメーカーです。

イケア(IKEA)

By: rakuten.co.jp

スウェーデンが発祥の世界最大規模を誇る家具メーカーです。現在はオランダに本社を構えています。発売されている家具には全てスウェーデン語で名前が付けられているのが特徴。

比較的リーズナブルな価格でデザイン性に優れたアイテムを展開しており、インテリアにこだわりたい方におすすめのメーカーです。

バウヒュッテ(Bauhutte)

By: amazon.co.jp

1977年に大阪で創業したオフィス家具を展開している会社です。シンプルで機能的なデザインの製品を取り扱っています。また、ゲームを快適にプレイすることに特化した製品を数多く手がけているのも特徴。

ゲーミングデスクやゲーミングチェアをはじめ、寒い時期でも暖房を使わずプレイに集中できる人型毛布「ダメ着」シリーズなど、ユニークなアイテムを展開しています。

スタンディングデスクのおすすめ

イケア(IKEA) スタンディングデスク KNOTTEN

イケア(IKEA) スタンディングデスク KNOTTEN

幅62×奥行48×高さ105cmというコンパクトサイズで、ちょっとしたスペースにも設置できるスタンディングデスクです。背面仕上げが施されているため、部屋の中央に置いても様になるのがポイント。素材にはナチュラルな雰囲気のバーチ材を採用しており、さまざまなインテリアに馴染みやすいアイテムです。

天板の下はノートパソコンの収納に適したオープンスペース、小物を整理するのに便利な2つの引き出し付き。天板の奥側には上開きする収納スペースを備えており、電源タップやケーブルを収納できます。

山善(YAMAZEN) コンセント付きスタンディングデスク FSD-1248E

山善(YAMAZEN) コンセント付きスタンディングデスク FSD-1248E

広々とした作業スペースを確保できる幅120cmのスタンディングデスクです。奥行は48cmで、ノートパソコンでの作業に最適。脚部にクロスバーとアジャスターが付いているため、横揺れやガタつきが起こりにくく快適に作業できます。

天板には2口のコンセントを備えており、パソコンはもちろん充電器や卓上扇風機も使用可能。カラーリングはオールホワイトで軽やかに仕上げており、圧迫感を与えにくいスタンディングデスクです。

タンスのゲン スタンディングデスク Z-RISE basic 56800002

タンスのゲン スタンディングデスク Z-RISE basic 56800002 00

天板のサイズが広めに設計されたスタンディングデスク。パソコンの横で手帳や書類を広げて作業する方に適しています。天板素材には落ち着いた木目調デザインをあしらった、合成樹脂製化粧板を使用。

スチール製のフレームには高級感があるブラックの粉体塗装が施されており、インテリアにも馴染みます。脚部にはアジャスターが付いておりガタつきが発生しにくいため、快適に作業可能。比較的リーズナブルで手に取りやすいおすすめの製品です。

タンスのゲン スタンディングデスク フットレスト付き Z-RISE with rest 56800004

タンスのゲン スタンディングデスク フットレスト付き Z-RISE with rest 56800004

サイドにラックを備えたスタンディングデスクです。ラックは3段式になっており、充電器やケーブルなどの小物類をすっきり収納可能。書類やカバンなども収納できるため、デスク周りを整頓できます。

さらに、足元に高さ約20cmのフットレストを搭載しているのも魅力。足を乗せながら作業をすることで両足にかかる負担が軽減できるため、長時間の立ち仕事に便利です。

天板の幅が98cmと広く、パソコンの横に必要な書類を並べられるのも特徴。天板には木目調の化粧繊維板を使用しフレームはブラックに粉体塗装するなど、デザインにもこだわっています。自宅のリビングや書斎はもちろん、おしゃれなオフィスにも馴染みやすいおすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スタンディングデスク 100-DESKF009

サンワダイレクト(SAMWA Direct) スタンディングデスク 100-DESKF009

高さ100cmのスタンディングデスクです。幅が90cmと1人で作業するには余裕のあるサイズを採用しているため、パソコンの片方に書類を置き、もう片方でマウスを操作するといった使い方もできます。

天板の裏面にケーブルホルダーを搭載しているのもポイント。テーブルタップをセットし電源コードなどをまとめておけるので、ごちゃごちゃした配線で作業を邪魔することもありません。左右のグラつきを抑えるクロス金具や、テーブルのガタつきを防ぐアジャスターが付いているなど、作業がスムーズに行えるよう設計されています。

東馬(tohma) スタンディングデスク アスナー 120

東馬(tohma) スタンディングデスク アスナー 120

天然木の化粧繊維版とスチールレッグを組み合わせた、おしゃれなデザインのスタンディングデスク。天板のカラーはさまざまなインテリアに馴染みやすいナチュラルブラウンです。

サイズは、幅120×奥行40×高さ72cm。付属のパーツを付けることで102cmのスタンディングデスクとして使用できます。脚部にはアジャスター付きで、ガタつきが起こりにくいのも魅力。スリムで汎用性の高いおすすめの製品です。

ステンレス製スタンディングデスク 91169

ステンレス製スタンディングデスク 91169

天板と脚部にステンレス素材を採用したスタイリッシュなアイテムです。万が一天板が汚れてしまっても簡単に拭きとれるため、使い勝手は良好。幅105×奥行43.5×高さ100cmというコンパクトなサイズも魅力です。

脚部にはクロスで補強されており、すっきりとした印象ながらも高強度なのがポイント。インダストリアルな雰囲気を好む方におすすめのスタンディングデスクです。

スタンディングデスクのおすすめ|昇降タイプ

ニトリ 昇降デスク マーフィー2 6201500

ニトリ 昇降デスク マーフィー2 6201500

ハンドルを回転させることで天板の高さを73~122cmまで上げ下げできるスタンディングデスク。ダークブラウンの天板にブラックの脚を合わせた、重厚感のあるデザインに仕上げています。

天板にはケーブル穴があしらわれているため、ケーブル類をすっきりとまとめられるのがポイント。コスパに優れた昇降タイプのスタンディングデスクを探している方におすすめのアイテムです。

バウヒュッテ(Bauhutte) ワンプッシュスタンディングデスク BGD-1200

バウヒュッテ(Bauhutte) ワンプッシュスタンディングデスク BGD-1200

天板下にあしらわれたハンドルをワンプッシュするだけで高さが調節できるスタンディングデスク。1人でも簡単に操作できるため、立ち姿勢と座り姿勢をスムーズに切り替えられるのが魅力です。

天板はデュアルディスプレイも設置できる、幅120×奥行60cmの大型サイズ。脚部はスチール製で、電源タップなどを磁石で固定できます。底部にはキャスターが付いており、掃除をする際などにも動かしやすいスタンディングデスクです。

バウヒュッテ(Bauhutte) 昇降式 スタンディングデスク BHD-700

バウヒュッテ(Bauhutte) 昇降式 スタンディングデスク BHD-700

無段階で高さを調節できるスタンディングデスクです。ストッパーを緩めるだけの簡単調節が特徴。昇降ロックレバーが備わっているため、誤って天板が落下してしまう心配もありません。

キーボードをセットするのに便利なサブテーブルが付いているので、デスクトップパソコンを使う方におすすめのモデルです。サブテーブルはスライド式を採用しており、未使用時は邪魔にならないようスッキリと収納できます。

フレームに高さの目安がわかる目盛り線を入っているのがポイント。立ち作業と座り作業を切り替える際に、高さが合わせやすいので重宝します。

山善(YAMAZEN) 電動昇降式スタンディングデスク

山善(YAMAZEN) 電動昇降式スタンディングデスク

ボタンをタッチするだけで高さを調節できる、電動昇降タイプのスタンディングデスク。最小71~最大117cmまでの高さで4パターン登録できるため、用途に応じて天板のポジションをスムーズに切り替えられます。

天板は幅120×奥行70cmの大型サイズで、大きめのディスプレイを置いても広々と使えるのがポイント。天板のカラーはホワイト・ブラック・ナチュラルの3色から、部屋のインテリアに合わせて選べます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スタンディングデスク キャスター付き 100-ERD007W

サンワダイレクト(SAMWA Direct) スタンディングデスク キャスター付き 100-ERD007W

1人でパソコン作業をするのに適したスタンディングデスクです。ノートパソコンの横に手帳やA4サイズの書類などを置いて作業できます。ガス圧式による昇降機能を備えているのが特徴。側面に配置された昇降レバーを引くだけで、簡単に高さ調節ができるので便利です。

4脚にキャスターが付いているのもポイント。必要な場所へ自由に移動させて使用可能です。作業をしていないときにはプロジェクター用のスタンドなどとしても重宝します。また、キャスターにはストッパー機構が付いており動きにくいので安心です。

ガス圧昇降スタンディングデスク tr110032

ガス圧昇降スタンディングデスク tr110032

ガス圧による昇降方式を採用したスタンディングデスク。天板の下にあしらわれたレザーを操作することで、手軽に高さを調節できます。天板のサイズは幅95×奥行53.5cmで、1人での使用に適したアイテムです。

マグネットでメモなどを固定できるスチール製のバックボードが付属。バックボードには小さな穴が開いているため、S字フックを引っ掛けられます。脚部はキャスター付きで、移動もラクラクです。

スタンディングデスクのおすすめ|卓上タイプ

バウヒュッテ(Bauhutte) 卓上スタンディングデスク BHD-970DT

バウヒュッテ(Bauhutte) 卓上スタンディングデスク BHD-970DT

机の上に設置して使用する卓上タイプのスタンディングデスク。幅97cmのワイド設計で、大きめのディスプレイにも対応しています。昇降方式にはガス式を採用しており、レバーのワンプッシュで高さ調節可能。天板高は12~50.5cmまで上下します。

さらに、幅89×奥行25cmのキーボードトレイが付属。ポジションが天板より低く設定されているため、立ち姿勢の状態でキーボードやマウスを操作しやすいのが魅力です。

DMM.make 卓上昇降デスク DKS-LDS680

DMM.make 卓上昇降デスク DKS-LDS680

普段使っている机の上に置くだけで立って作業ができる卓上スタンディングデスク。天板は幅68×奥行48cmのコンパクトサイズ。ノートパソコン用のスタンディングデスクを探している方におすすめです。

天板の高さは6段階の調節が可能で、昇降幅は約36cm。サイドレバーによって簡単に操作できます。シンプルなデザインで、使う場所を選ばないアイテムです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) スタンディングデスク 100-MR139BK

サンワダイレクト(SAMWA Direct) スタンディングデスク 100-MR139BK

幅79.5cmで、1人で作業するのに適したスタンディングデスクです。奥行きも54cmあるので、パソコンとキーボードを置いて作業できます。3.7~40.7cmまで12段階で高さを調節できるのが特徴。好みの高さに合わせやすいうえ、調節も左右のレバーを引くだけと簡単です。

また、折りたたんだ際の厚さは3.7cmと薄型設計。そのまま座り作業に移行できるだけでなく、ちょっとした隙間に収納できるため、未使用時も邪魔になりません。

FITUEYES スタンディングデスク SD108001MB

FITUEYES スタンディングデスク SD108001MB

ガスによる昇降システムを採用し、天板下のレバーを操作すればスムーズに高さが調節できるスタンディングデスク。天板のサイズは幅78.5×奥行52cmで、ディスプレイやキーボード、マウスを置くのに十分なスペースがあります。

脚部に滑り止め用のゴムをあしらい、安定感を高めているのもポイント。天板のカラーはスタイリッシュなブラックと高級感のあるウォルナットの2種類がラインナップされています。スタンディングデスクとしてはもちろん、ローテーブルとしても使用できる便利なアイテムです。

Viozon 折りたたみ スタンディングデスク

Viozon 折りたたみ スタンディングデスク

広い天板を備えた、折りたたみ式のスタンディングデスクです。幅76.6×奥行51cmと1人で使用するには余裕がある広さのため、デスクトップパソコンを置いて作業するのにもおすすめ。

また、明るい木目調の天板を採用しているので、オフィスはもちろん自宅で使うのにも適しています。ガス圧式を使用した昇降機構を搭載。レバーを引くだけでスムーズに高さ調節ができるので便利です。

アロカコ(allocacoc) 折りたたみ スタンディングデスク DesignNest Levit8 S

アロカコ(allocacoc) 折りたたみ スタンディングデスク DesignNest Levit8 S

本製品は、折り紙からヒントを得て開発されたスタンディングデスクです。携帯性に優れた折りたたみ式の製品を探していた方におすすめのモデル。本体をひねるだけで簡単に組み立てが完了し、折りたたむと厚さはわずか1.3cmと薄型のため、ノートパソコンと合わせて気軽に持ち運べます。

撥水加工を施したポリエステル素材を採用しているため、外出先で雨に濡れてしまっても安心。場所を問わず作業したい方に適したアイテムです。