小学生の頃によくお世話になっていた「鉛筆削り」。大人になると疎遠になりがちですが、趣味のデッサン・ぬり絵・オフィス用にと使うシーンは多岐にわたります。

そこで今回は、タイプ別におすすめの鉛筆削りをピックアップ。安全性や機能性についても解説するので、使いやすい鉛筆削りを探している方は参考にしてみてください。

鉛筆削りの種類

電動タイプ

By: amazon.co.jp

電動タイプの鉛筆削りは、素早くきれいに削れるのが最大の特徴。鉛筆を挿入口に差し込むだけで、1本につきわずか数秒で削れるので、頻繁に多くの鉛筆を削る方や子供の多い家庭におすすめです。

力やテクニックも必要ないので、力の弱い小さな子供でも大人と同様にきれいに削れます。ただし、削れすぎて鉛筆が消耗しやすいことが難点。また、削る音が大きいので深夜など静かな時間帯に使用したい方には不向きです。

電動タイプには、コンセントに差して使う「コードタイプ」、乾電池で動く「電池タイプ」、USBに接続して使う「充電タイプ」があります。すべてに対応できるタイプを選んでおくと、利用シーンを選ばないのでおすすめです。

手動タイプ

By: amazon.co.jp

ハンドルを手で回して削るタイプの鉛筆削りは、親世代にとって懐かしいアイテム。鉛筆を削る音と手に伝わる感触で仕上がりを予想しながら削れます。電源が不要なので好きな場所に移動して使えるのもメリット。

手動タイプはある程度の力が必要なので、子供が使う場合は小学校高学年からがおすすめ。手に力を入れたり緩めたりすることで仕上がりの状態を調節できるのもポイントです。最近は大人向けのおしゃれなデザインのモノも多く出回っています。

携帯タイプ

https://www.amazon.co.jp/dp/B006CQW234?tag=s02a3-22&th=1

By: amazon.co.jp

携帯タイプの鉛筆削りは筆箱にも入る大きさなので、学校や職場に持参するのに最適。鉛筆で製図やデッサンをする方にとっても、常に外出先に携帯できる便利なアイテムです。価格が安く本体が軽いのも人気の理由。たまにしか鉛筆を使わない方にも適しています。

外出先にゴミ箱がない場合は削りくずを持ち帰る必要があるため、削りくずを収納できる構造かどうかを確認することが大切です。また、削りくずが飛び散らないようにフタが付いていると安心して持ち運べます。頻繁に鉛筆を削る場合は削りくずを収納する部分が大きいモノを選びましょう。

携帯タイプは削るときの音が小さいのが魅力。ゆっくり削ればほとんど音がしないので、静かな場所でも気兼ねなく使うことが可能です。また、削り具合を微調整しやすいのもポイント。自宅で使う場合は削りくずを収納しないタイプの鉛筆削りもおすすめです。

鉛筆削りの選び方

ダストボックスの容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

たくさん鉛筆を削る方なら、鉛筆の削りクズを収納する「ダストボックス」の大きさに注目しましょう。ダストボックスの容量が小さいと、すぐに削りクズで満杯になってしまい、捨てる回数も多くなってしまいます。

満杯になった状態でさらに削り続けると、ダストボックス自体が引き出せなくなるほか、電動式なら故障の原因となる場合もあるため注意が必要です。

「小型タイプ」では削りクズを大量に収納することは難しいですが、自宅や職場で使う据え置きタイプなら、捨てる手間が少ない大容量のダストボックスを備えたモデルがおすすめです。

ストッパー機能をチェック

By: amazon.co.jp

鉛筆削りを選ぶ際には、安全性もあわせてチェックしておきましょう。特に小さな子供が電動タイプを使う場合「オートストッパー機能」が付いていると安心。ダストボックスが完全に閉まった状態でなければ作動しない安全設計です。

さらに、挿入口にスライドカバーなどが付いていると、小さな子供がうっかり指を入れてしまう心配も軽減できます。

削り具合が調節できるかチェック

By: amazon.co.jp

さまざまな用途に鉛筆を使いたいなら、削り具合が調節できる鉛筆削りがおすすめ。勉強などの通常利用なら折れにくい太めの芯先、細かな字を書きたい場合は鋭い芯先、デッサン用には少し丸みを帯びた芯先など、シーンに合わせて調節できるのが魅力です。

最適な太さに削れたら自動でストップする「無駄削り防止機能」が付いていれば、鉛筆の削りすぎも防止できます。さらに、鉛筆の軸の太さに合わせて削れるモノや、芯の硬さに合わせて削れるタイプもあるので、芯の柔らかい色鉛筆も使う方は検討してみましょう。

鉛筆削りのおすすめ|電動タイプ

Kw-tool スマート電気鉛筆削り

Kw-tool スマート電気鉛筆削り

本製品は8.0mmと9.6mmの削り穴が2つあり、削った鉛筆の仕上がりを好みで選べるのが特徴。鉛筆を使って長時間デッサンしたり製図をしたりする方に最適です。くずケースも大容量なので、事務所やオフィスで複数人が使用するのにも適しています。

本体前面にあるつまみで、削るスピードを5段階で調節可能。くずケースのカバーが開いた状態では作動しない安全設計も搭載されています。USB充電式なので好きな場所に移動して使えるのもポイント。鉛筆をできるだけ鋭く削りたい方におすすめの製品です。

レイメイ藤井 電動鉛筆削り RT453A

レイメイ藤井 電動鉛筆削り RT453A

電動鉛筆削りで芯が折れて中に残るトラブルに対応したい方におすすめの製品。本体背面に折れ芯除去ボタンがあり、折れた芯が取り除けるのでイライラすることがありません。くずケースを取り外すと作動しない安全機能もあるので安心です。

通常の木材を使用した鉛筆だけでなく、再生木質軸タイプを削ることも可能。ムダ削り防止機能により、鉛筆を無駄なく削れるのでエコに使えます。本体カラーはブルーとピンクの2色展開。スタンダードなデザインで長く愛用できるのもポイントです。

アスカ 乾電池式電動シャープナー DPS30

アスカ 乾電池式電動シャープナー DPS30

本体を縦・横どちらにも置けるのが特徴の電動シャープナー。乾電池式でどこにでも移動できるので、使う場所に合わせて自在に向きを変えられるのが魅力です。本体サイズが幅50×奥行125×高さ106mmとコンパクトなだけでなく、重さも265gと軽いので子供でも楽に扱えます。

一枚刃ではなくスパイラルカッターを搭載しており、鉛筆がきれいに削れるのも魅力のひとつ。くずケースが外れていると作動しない安全機能も搭載されています。本体カラーはホワイト・ブラック・ピンク・ブルーがあり、デザインもおしゃれな鉛筆削りです。

ナカバヤシ(Nakabayashi) 電動鉛筆削り えんぴつタイプ DPS-311

ナカバヤシ(Nakabayashi) 電動鉛筆削り えんぴつタイプ DPS-311

遊び心のあるデザインの電動鉛筆削りを探している方におすすめの製品。鉛筆の形をしたキュートなデザインなので、使うたびに楽しい気分になれます。本体カラーはブルー・イエロー・ピンクの3色が揃っているので、好みの色や机の雰囲気に合わせて選べるのがポイントです。

電源は単三乾電池とACアダプターの2wayで好きな場所に移動して使えます。無駄削り防止機能が付いているため、鉛筆の芯を無駄に削らないのが魅力のひとつ。削りクズのケースをセットしないと作動しない安全オートストップも搭載しています。入学祝いにもおすすめの製品です。

ソニック(Sonic) 電動鉛筆削り スーパータフブレードDX SK-511

ソニック(Sonic) 電動鉛筆削り スーパータフブレードDX SK-511

マシンのようなデザインが印象的な鉛筆削り。節電・安全・静音を重視して作られている高性能タイプなので、安心して使えるモデルを探している方におすすめです。鉛筆削り内部で芯が折れても詰まりにくい設計になっているのもポイント。無駄削りストップ機能も搭載しています。

本体上部にある太さ調節レバーにより、鉛筆の仕上がりを3段階で調節可能。細かい文字を書くときは細く、太い文字でしっかり書きたいときは太めに削れます。カラーはブラックとブルーの2色展開。見た目が重厚でもコンパクトなので狭い机にも設置できます。安心して鉛筆が削れる高機能な製品です。

鉛筆削りのおすすめ|手動タイプ

三菱鉛筆 鉛筆削り ユニパレット KH-33

三菱鉛筆 鉛筆削り ユニパレット KH-33

三菱鉛筆のUNIブランドから発売されている人気製品。本体サイズが縦143×横85×厚さ146.6mmとコンパクトなので、狭い勉強机の上にもすっきり設置できます。カラーはブルーのほかにピンクもあり、インテリアに合わせて好みで選ぶことが可能です。

ノック式芯調節機構が搭載されており、ハンドル上部にあるボタンを押して削り具合を2段階で調節できます。鉛筆削りを机に固定するクランプを別売で購入すれば、机にしっかりと固定させることが可能。小学生低学年でも扱える使いやすい鉛筆削りです。

コクヨ(KOKUYO) 鉛筆削り器 まなびすと GY-GCB100

コクヨ(KOKUYO) 鉛筆削り器 まなびすと GY-GCB100

本製品はハンドル横にあるつまみを動かすことで、削り具合を5段階に調節できるのが特徴。鉛筆をしっかり削って先を細くしたり、デッサン用に少しだけ削ったりできるので、子供だけでなく頻繁に鉛筆を使う大人の方にもおすすめの製品です。

ハンドルやつまみ部分に緩やかなへこみがあるため、子供の小さな手や指でもしっかり押さえて作業できます。ハンドルは大き目なので、大人の手でも楽に回すことが可能。ダストボックスが透明で見やすいのもポイントです。

カール事務器(CARL) 鉛筆削り アイン CMS-110

カール事務器(CARL) 鉛筆削り アイン CMS-110

本製品は、鉛筆が削れた時点でハンドルが軽くなるムダ削り防止機能を搭載しているのが特徴。細かい調節が分かりにくい子供でもハンドルの重さで鉛筆の状態が分かります。2段階芯調節機能により芯の太さを0.5mmか0.9mmに調節できるため、用途に合わせて鉛筆を削れるのが魅力です。
 
鉛筆の表面に傷が付かないようゴム製チャックを取り付けているので、お気に入りの鉛筆でも安心して削れます。日本製の削り刃を採用し、精度と耐久性に優れているのもポイント。大容量ダストケースは本体を傾けても滑り落ちません。高品質で耐久性の高い手動の鉛筆削りを探している方におすすめです。

ショウワノート 鉛筆削り リトルマーメイド 739457002

ショウワノート 鉛筆削り リトルマーメイド 739457002

小学校の入学祝いにぴったりな鉛筆削り。アリエルの可愛らしい絵柄とカラフルな色合いが鉛筆を削る時間を楽しくします。本体の素材にスチールを採用しているため、耐久性が高く長く愛用できるのがポイント。デザイン違いで男の子向けキャラクターのモノもあります。

5段階の芯先調節ダイヤルが付いているため、芯先の仕上がりを調節することが可能。本体サイズが奥行73×幅140×高さ152mmとコンパクトなので、小さい学習机でも場所を取らずに置いておけます。子供向けのキャラクター鉛筆削りで長く愛用できるモノを探している方におすすめの製品です。

クツワ スーパー安全鉛筆削り RS025

クツワ スーパー安全鉛筆削り RS025

本製品は鉛筆固定レバーがないため、指を挟む危険がなく鉛筆を削れるのが特徴。鉛筆を入れてハンドルを回すだけで素早く削れるのも魅力です。ハンドルを逆回転させればスムーズに鉛筆が抜けるので、子供でも楽に操作できます。六角軸・丸軸・三角軸の鉛筆に対応しているのもポイントです。

本体カラーはブラックのほかにピンクやブルーなど全8色が揃っており、インテリアや好みに合わせて選べます。鉛筆の削り角度が約25°でとがりすぎずに削れるので安全です。本体上部が緩やかに凹んでいて手でしっかり固定できるのもポイント。価格が安いのでちょっとしたプレゼントにも最適な製品です。

鉛筆削りのおすすめ|携帯タイプ

三菱鉛筆 ポケットシャープナー ユニパレット DPS101

三菱鉛筆 ポケットシャープナー ユニパレット DPS101

子供が学校に持っていくのにちょうどよいコンパクトサイズの鉛筆削り。本体カラーが青・ピンク・水色の3色展開なので、年齢や性別を問わずに使えます。筆箱の角に収まるサイズと形にデザインされているのもポイント。価格が安いのも魅力です。

削りくずを入れる部分は透明になっており、くずの溜まり具合が一目で分かります。削り穴には蓋が付いているため、携帯中に削りくずが散らばるトラブルを防ぐことが可能。子供のことを考えて作られているシンプル構造の鉛筆削りです。

トンボ鉛筆 ダブルシャープナー ippo KSA-121

トンボ鉛筆 ダブルシャープナー ippo KSA-121

本製品は削り穴が2つあり、鉛筆と色鉛筆を別々に削ることが可能。1つ穴の鉛筆削りを使うと、鉛筆に色鉛筆の削りくずが付く問題を防きたい方におすすめです。本体サイズが小さいので、スリムデザインの筆箱にも楽に入ります。どこに行くにも常に鉛筆削りを携帯したい方に最適です。

削りくずの収納はできませんが、削り穴の上にカバーが付いているため削っている最中にくずが飛び散らないのがポイント。カラーはブルーやピンクなどが展開されており、そのなかからランダムで届きます。子供だけでなく大人も使えるシンプルなデザインが魅力です。

ファーバーカステル(FABER-CASTELL) 鉛筆削り TFC-182797

ファーバーカステル(FABER-CASTELL) 鉛筆削り TFC-182797

本製品は直径8mmの標準サイズ鉛筆であれば、 六角軸・丸軸・三角軸のいずれも削ることが可能。本体に格納できる標準用と太軸用の削り穴があり、好みに合わせて削れるので便利です。カラーはブルーとレッドの2色展開。削りクズがこぼれない設計なので、安心して持ち運べるのが魅力です。

削り穴を取り外せば削りクズを簡単に捨てることが可能。色鉛筆も削れるので、屋外でのデッサンにもおすすめです。シンプルでおしゃれなデザインなので、ビジネスシーンにも適しています。さまざまな形状の鉛筆を楽に削れるモノを探している方におすすめの製品です。

クツワ 鉛筆削り トガール RS017

クツワ 鉛筆削り トガール RS017

鉛筆の芯の長さと角度を調節して削りたい方におすすめの製品。本体のダイヤルを回すことで仕上がりを5段階に調節できるので便利です。削り穴にはスライド式シャッターが付いており、削りくずがこぼれ落ちるのを防ぎます。フタはワンタッチで取り外しができ、削りくずを捨てるのも簡単です。

本体カラーは、クリア・グリーン・ブラック・ピンク・ブルーの5色展開なので、学校や職場など使う場所に合わせて選べます。手のひらサイズでコンパクトなので、大人から子供まで幅広く使えるのも魅力。価格も安いので景品やプレゼントにも適しています。簡単に鉛筆の削り具合を調節できる製品です。

ダックス(DUX) シャープナー DX4112

ダックス(DUX) シャープナー DX4112

本製品はドイツのシャープナーブランド「ダックス」の製品。熟練の技を持つ職人がひとつひとつ手作業で作っているため、耐久性が高く切れ味にも定評があります。金属素材の真鍮を採用したデザインも個性的でおしゃれ。手に取ると予想以上にずっしりとしていて重厚感があるのもポイントです。

サイズが幅18×奥行26×12mmと小さく、筆箱やペンケースに入れて持ち運ぶのに最適。手の力を微調整すれば削り具合が調節できます。本体の側面と背面はゆるやかに湾曲しており、側面にはギザギザの溝があるため、指でしっかり押さえることが可能。デザイン性も機能性も高いコンパクトな鉛筆削りです。