本格的なオーディオサウンドを聴くために、スピーカーを導入したことがある方は多いはず。しかし、主流のブックシェルフ機ではスケール感や低音が足りないと感じることがあります。そんな時には、トールボーイスピーカーがおすすめです。

それほど場所を取らずに迫力のある低音や高音質なサウンドを楽しめるので、音楽はもちろん、映画やゲームにもトールボーイスピーカーは最適です。今回は、トールボーイスピーカーのおすすめ機をランキング形式で紹介します。

トールボーイスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

トールボーイスピーカーとは、背の高い中~大型のスピーカーの総称。幅20〜30cm程度、高さは1m程度で、縦に細長い形が特徴です。

音が出るスピーカーユニットを少なくとも2つ以上、多いものでは4つ以上搭載しており、ブックシェルフ型に必要なスピーカースタンドが不要なのも魅力。それでいて、床の占有面積は、ブックシェルフ型と大きく変わりません。

ブックシェルフ型を大きく超える低音再生能力を備えており、大型のフロア型スピーカーに迫る性能も実現できます。

トールボーイスピーカーのメリット

トールボーイスピーカーは低音域が豊か

By: amazon.co.jp

一般に低音域は空気を振動させる面積が大きいほど豊かになります。接地面積が同じブックシェルフ型と比べても高さがある分トールボーイスピーカーの方が迫力ある低音を楽しめるのが特徴です。

また、トールボーイスピーカーはスピーカーユニット数が多い傾向にあり、ウーファーなどを複数装備しているモデルも多数ラインナップしています。スリムなため大口径ウーファーを搭載できなくても複数のウーファーを使用することにより迫力ある低音を出力できるのがポイントです。

トールボーイスピーカーはマルチチャンネルシステムを作りやすい

By: amazon.co.jp

ホームシアターなどで5.1chあるいは7.1chといったマルチチャンネルを楽しむ方も増えており、映画のサラウンドなどを臨場感ある音響で視聴できるのがメリットです。

トールボーイスピーカーはスリムなモデルが多いので、液晶テレビの横に設置しても圧迫感が少ないのが特徴。また、マルチチャンネルを前提としてブックシェルフ型などのスピーカーが同一シリーズにラインナップされていることが多いので統一感ある音質を楽しめます。

トールボーイスピーカーの選び方

Bluetooth接続できるかをチェック

スマホやタブレット、そしてパソコンの音源を再生することが多い方は、スピーカーがBluetooth接続に対応しているかをチェックすることをおすすめします。

Bluetoothはデータを圧縮して送信しますが、データは圧縮されると音質が劣化するのが一般的。圧縮方式であるコーデックは数種類あり、コーデックによって音質に違いがあるので、スピーカーが対応しているコーデックをチェックしておくと安心です。

「SBC」はBluetoothのなかでも一般的なコーデックで多くの機器が対応していますが、音質が他のコーデックより劣ります。Androidスマホで主流なのが「aptX」、iPhoneで採用されているのが「AAC」です。いずれもSBCより高音質なのがポイント。ハイレゾ音源を劣化させることなく圧縮できる「LDAC」というコーデックも存在します。

聴きたい音源に合わせて選ぶ

スピーカーは、大きく分けてオーディオ用とホームシアター用に分けられ、その音源に合った音質にチューニングされています。

ホームシアター向けのトールボーイスピーカーは、映画の効果音や重低音を強調し迫力を演出する低音重視設計。また、大音量において実力を発揮しやすいのが特徴です。

オーディオ用には、ハイレゾ音源に対応したモデルも存在。国内メーカー製であれば比較的低価格でもハイレゾに対応しているモデルが多く販売されています。一方、海外メーカーは高級機でも、ハイレゾ音源対応機は少ないのが現状です。

ハイレゾにこだわるなら、チェックすることをおすすめします。

拡張性で選ぶ

By: amazon.co.jp

音質を重視する方は、スピーカーがハイレゾ対応しているかチェックしましょう。ハイレゾ音源はCD以上の高い音質がメリットで、音楽配信サービスなどでも採用されています。なお、ハイレゾ音源には数種類のファイル形式がありますが、FLACやWAV、DSDなどが有名です。

また、ホームシアターで5.1chなどのマルチチャンネルシステムを検討している方は、スピーカーの製品構成を確認しておくと安心。後にスピーカーを追加した時にメーカーやシリーズが異なると音質に統一感がなくなる恐れがあります。

サイズや重量をチェックして選ぶ

By: amazon.co.jp

スリムなのが特徴のトールボーイスピーカーですが、意外と幅や奥行きが大きいモデルもあります。スピーカーのサイズもチェックしておくと安心です。

トールボーイスピーカーの幅や奥行きサイズは200~400mmほど。狭い部屋の液晶テレビ脇に置くと、幅400mmだとかなり圧迫感があります。そのため設置する部屋の広さやインテリアなどを考慮して選ぶことをおすすめします。特にマルチチャンネルでスピーカーの台数が増える可能性がある場合は注意してください。また重量も5~25kgと結構バラつきがあります。引越しが多い方は軽量モデルを選ぶとよいでしょう。

価格で選ぶ

トールボーイスピーカーは価格の幅も広いのが特徴です。下はペアで2万円程度から、上は100万円以上のモデルまであります。しかし、数値上のスペックに価格ほどの差はありません。高額機は、楽器の繊細さの表現といった、数値では表しにくい再生能力を高めています。目安としては、使用しているアンプの価格の2倍が適切です。

インピーダンスに注意して選ぶ

By: amazon.co.jp

スピーカーの電気抵抗値であるインピーダンスは、6~8Ωが主流ですが、4Ωのモデルもあります。しかし、国内メーカーのモデルに4Ωの製品はほとんどなく、海外の高級機にはよく見られます。

4Ωのスピーカーは、一部のAVアンプとミニコンポ用アンプに対応していない場合があるので注意が必要。アンプの故障にもつながるので、4Ω非対応のアンプには6Ω以上のスピーカーを使いましょう。

トールボーイスピーカーのおすすめランキング

第1位 ジェービーエル(JBL) STAGE A190W

JBLのホームエンターテインメント向けスピーカーSTAGEシリーズのトールボーイスピーカーです。JBLのスピーカーとしてはリーズナブルな価格もポイント。サイズは高さ1070×幅260×奥行き390mmで重量22.6kgです。

高域ユニットには25mmドームツイーターを採用。軽量なアルミ素材を使用しているので、歪の少ない伸びやかな高音がポイントです。低域ユニットは200mmウーファーを2つ使用して豊かな低音再生を実現。キャビネット底面にはラバーの脚部を装備して床との干渉を防いでいます。

STAGEシリーズにはブックシェルフ型やセンタースピーカーもラインナップ。シリーズで同一の高域ユニットと設計を共通化させた低域ユニットを採用しているので、組み合わせても統一された音質で再生できます。マルチチャンネルシステムを検討している方におすすめのスピーカーです。

第2位 ヤマハ(YAMAHA) NS-700

細長い台形の形状が印象的なヤマハのハイレゾ音源対応上位モデル。この形状は音質を劣化させる定在波という現象を軽減するために採用されました。キャビネットに平行部分が多いと発生しやすい定在波は、特定周波数を強調あるいは減退させて音の濁りを生じさせる要因です。

アルミマグネシウム合金製の3cmドーム型ツイーターは「DC-ダイヤフラム方式」を採用しています。振動する部分を一体成形しているので、音の歪みを生じやすい接合部分がないのがメリット。13cmコーン型ミッドレンジユニットと16cmコーン型ウーファーを備えた3WAY方式で周波数特性は45Hz~50kHzです。

サイズは高さ1012×幅354×奥行き374mmで重量25.0kg。明るく快活な音質が特徴のスピーカーです。音楽や映画など幅広いコンテンツを楽しめるおすすめのモデル。ヤマハグランドピアノと同等の黒鏡面ピアノ仕上げをしているので質感が高いのもポイントです。

第3位 ダリ(DALI) Bluetooth接続対応スピーカー ZENSOR 5AX

右スピーカーに50W+50Wのデジタルアンプを内蔵したダリのBluetooth接続対応アクティブスピーカー。3.5mmステレオミニ端子を使用したアナログ入力と光デジタル入力、さらにaptX対応Bluetooth接続が可能で、幅広い音源を再生できるのがメリットです。出力側はサブウーファー出力端子を装備しているので2.1chシステムも構築できます。

スピーカーユニットに25mmのソフトドーム型ツイーターを1つと130mmコーン型ウーファーを2つ使用したバスレフタイプで、周波数特性は43Hz~26.5kHzです。キャビネット底面にはアルミ製フロアーベースを装備しているので引き締まった低音が楽しめます。

サイズは高さ840×幅212×奥行き282mmで重量11.0kg。基本操作を行うリモコンが付属しているほか、音楽信号を検知すると電源が入るオートパワーオンにも対応しています。

第4位 ヤマハ(YAMAHA) NS-F210

省スペース性に優れるとともに、1台1万円を切るリーズナブルな価格で手軽にホームシアターができるヤマハの人気エントリーモデル。サイズは高さ1050×幅236×奥行き236mmで重量7.3kgと軽量コンパクトなのがメリットです。

スピーカーユニットには2.2cmドーム型ツイーターと新開発の8cmコーン型ウーファー2基を採用し、周波数帯特性は50Hz~45kHz。レスポンスがよくキレのある鮮やかな音色が特徴です。

サラウンドスピーカーやセンタースピーカーそしてサブウーファーなど同一シリーズのラインナップも充実しています。コストパフォーマンスが高いマルチチャンネルシステムを作りたい方におすすめのトールボーイスピーカーです。

第5位 オンキヨー(ONKYO) D509E

専用スピーカーユニットを装備した3WAYトールボーイスピーカー。高域部は3cmリング型ツイーター、中域部は13cmコーン型ミドルレンジユニット、そして低域部には剛性が高い13cmモノコックコーン型ウーファーを2基採用しています。キャビネット背面は低音をさらに豊かにするバスレフダクトを備えているのもポイントです。

ユニークな機能が「チャンネルデバイダー機能」。一般にスピーカーはネットワーク回路によって音楽信号が振り分けられ、音域に応じたスピーカーユニットに送られます。本機能はネットワーク機能の一部を使用せず再生することも可能。ネットワーク回路とは異なる音質で再生できます。

音楽信号の入り口であるターミナルには金メッキ真鍮削り出しタイプを採用。導電性が優れているとともに、経年劣化も抑えられるのがメリットです。底面に取り付けるコルクスペーサーとスパイクが付属。フロアに合わせて選択できます。

第6位 ジェービーエル(JBL) STUDIO290 BRN ペア

JBLのSTUDIO2シリーズは高い音響性能と設置性を両立して、ステレオからマルチチャンネルシステムまで対応できるスピーカーです。本モデルはSTUDIO2シリーズのハイエンドモデル。サイズは高さ1197×幅273×奥行き352mmで重量25.0kgです。

スピーカーユニットに25mmドームツイーターと100mmミッドレンジユニット、そして200mmコーン型ウーファーを使用した周波数特性28Hz〜22kHzの3WAYバスレフタイプ。プロフェッショナル用のモニタースピーカーのために開発されたJBL独自のホーン技術を用いています。自然な音響が魅力なおすすめのトールボーイスピーカーです。

第7位 ソニー(SONY) SS-CS3

リーズナブルなエントリーモデルながら、4つのスピーカーユニットを使用して3WAY方式を実現したソニーのトールボーイスピーカー。サイズは高さ922×幅230×奥行き260mmで重量11.5kgです。

19mmドーム型のスーパーツイーターは広がりがある音が特徴。25mmドーム型ツイーターはクセのない素直な音が魅力です。低域は130mmコーン型ウーファーを2基装備しています。周波数特性は45Hz〜50kHz。1台1万円台前半ながらハイレゾ音源にも対応したおすすめのスピーカーです。

第8位 パイオニア(Pioneer) S-LM2-LR ペア

スリムで軽量なトールボーイスピーカーを探している方におすすめのモデル。サイズは高さ900×幅192×奥行き220mmで重量5.5kgとコンパクトなので、液晶テレビの横に設置しても圧迫感が少ないのがメリットです。

スピーカーユニットは20mmドーム型ツイーターを1つ、77mmコーン型ウーファーを2基装備して周波数特性は45Hz~40kHz。キャビネットの形状は奥に行くほど幅が狭くなるラウンドフォルムを採用しています。そのため、音の濁りの原因となる内部定在波を抑制するのがメリットです。

S-LM2シリーズはすべてのモデルで同一のスピーカーユニットを採用しているのが特徴。ブックシェルフスピーカーやセンタースピーカーを併用しても音色が揃っているので、マルチチャンネルでホームシアターを楽しみたい方におすすめします。ペアで2万円前後という価格もポイントです。