台湾の台北に本社を置くメーカー「エイスース(ASUS)」。コスパの高いスマホやパソコンが知られています。また、機能が充実した機種をリーズナブルな価格で入手できることからモニターも人気です。

しかし、ASUSの液晶モニターにはさまざまな機種があるため、初心者はどれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、ASUSが販売している液晶モニターの種類や特徴を解説した上で、ゲーミングやビジネスなどの用途ごとにおすすめの機種をご紹介します。

ASUSモニターの種類

ゲーミングモニター

By: rakuten.co.jp

「ROG」シリーズなどのゲーミング向けモニターは、単に映像が高画質なだけではなく、リフレッシュレートや応答速度などの性能が高く設定されているのが特徴です。そのため、FPSやレーシングゲームなど、迅速で滑らかな画面表示が重要なゲームも快適にプレイできます。

また、ASUSのゲーミングモニターはプレイングをサポートする独自機能も充実。プレイするゲームのジャンルに最適な表示モードを選べる「GameVisual」や、画面上にクロスヘアやタイマー、FPSカウンターなどを表示できる「GamePlus」などの機能が搭載されています。

プロフェッショナルモデル

By: amazon.co.jp

「ProArt」シリーズなどのプロフェッショナル向けモニターは、クリエイターやデザイナーにおすすめ。工場出荷時にモニターキャリブレーションが施されており、初期状態のままでもコンテンツが持つ本来の色を正確に再現できます。忠実な色再現が要求される写真編集やウェブデザイン、印刷物の制作などにピッタリです。

また、プロフェッショナルモニターはクリエイティブ作業をサポートする独自機能も搭載。画面上に実物の紙や写真と同じサイズの枠線・グリッド線を表示する「Quick Fit」や、モニター背面のジョイスティックでさまざまな機能に簡単アクセスできる「5Wayナビゲーションキー」などの機能が搭載されています。

4K・WQHDモニター

By: amazon.co.jp

「4K・WQHD」のカテゴリには、WQHD(2560×1440)と4K UHD(3840×2160)の解像度を持つモニターがラインナップされています。それぞれフルHD(1920×1080)と比較して約1.77倍と4倍の高い解像度を備えているのが特徴で、写真や映像をより高精細かつ鮮明に表示できるのがポイントです。

また、作業領域もフルHDと比べて広いため、作業を効率よく行えるのが特徴。なお、4K・WQHDモニターのカテゴリには、ゲーミングモニターの「ROG」シリーズやプロフェッショナルモニターの「ProArt」シリーズも含まれています。

広視野角モニター

By: rakuten.co.jp

「広視野角」のカテゴリには、液晶にIPSパネルを採用したモニターがラインナップされています。水平方向・垂直方向ともに178°の広視野角をカバーしているのが特徴。

モニターを見る位置に関係なく一定の色合いやコントラストでの表示ができるので、家族・友人と一緒に映画を見るときや、画面にパワーポイントのスライドを映して会議を行うときなどに重宝します。

ASUSモニターの選び方

画面サイズをチェック

モニターの画面サイズは予算や用途に応じて選ぶのがポイント。設置場所の広さやモニターの視聴距離にもよりますが、コスパ重視の場合は24インチ以下、大画面で臨場感のある映像を楽しみたい場合は27インチ以上のモニターがおすすめです。

ただし、ゲーム用のモニターを選ぶ場合は注意が必要。画面サイズが単に大きければよいというわけではありません。特にFPSなど激しい動きのあるゲームでは、画面が大きすぎると隅々まで目が届かず全体の状況を把握しづらくなるデメリットがあります。そのため、画面全体が視界に入る24インチ前後の画面サイズがおすすめです。

入力端子をチェック

By: rakuten.co.jp

モニターを購入する際は、モニター側の入力端子がパソコン側の出力端子と一致しているかの確認が重要。それぞれの接続端子が異なる場合でも、変換アダプタを使用すれば物理的に接続は可能ですが、表示される解像度が大きく低下する場合があります。できるかぎりパソコンの出力端子と同じ入力端子が搭載されたモニターを選びましょう。

また、パソコン側の出力端子が目的の解像度に適した接続端子とバージョンに対応しているかもチェック。WQHDや4Kの解像度で表示する場合は、HDMIまたはDisplayPortの接続端子を入力・出力の双方で使用する必要があります。

その際、HDMIとDisplayPortのバージョンも確認しておきましょう。 WQHDで表示する場合はそれぞれの接続端子のバージョンが1.3以上および1.1以上、4Kで表示する場合はそれぞれ2.0以上および1.2以上に対応している必要があります。

ゲーミングならここをチェック

リフレッシュレート

By: rakuten.co.jp

リフレッシュレートとは1秒間に画面を書き換える回数のこと。Hz(ヘルツ)という単位で表示されています。数値が高くなるほど高速に動く物体の動きが滑らかに表示され、低くなるほどコマ撮りアニメのように動きがカクカクとぎこちなく表示されるのが特徴です。

一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hz程度で、事務作業や写真編集に使用する場合は特に意識する必要はありません。しかし、映画鑑賞やゲームなどの用途で使用する場合は、滑らかに動く120Hzや144Hzなどリフレッシュレートが高いモニターを選ぶのがおすすめです。

応答速度

By: asus.com

応答速度とは画面表示が切り替わるまでにかかる速度のこと。単位は「1000分の1秒」を意味するms(ミリセカンド)が使用されています。数値が高くなるほど表示の切り替えに時間がかかって残像が映りやすくなり、逆に低くなるほど高速で切り替えられるので、残像の少ない映像を表示できるのが特徴です。

事務処理などの作業や、動画視聴に使用する場合はそこまで速い応答速度は必要ありません。しかし、スピードやタイミングが重要となるFPSなどのゲームでは、応答速度が遅いとプレイに支障が出ることも。快適かつ正確なプレイには応答速度が1ms以下のモニターがおすすめです。

G-SYNC HDR

By: amazon.co.jp

ゲームから出力される映像のフレームレートは一定ではなく表示にムラがあります。モニターのリフレッシュレートと食い違うと、表示が崩れる「ティアリング」や、一瞬止まったようなカクツキが出る「スタッタリング」などの現象が発生。動きの激しいゲームで発生すると視認性や操作性に支障が出るので注意が必要です。

「G-SYNC」とは、映像表示のタイミングをGPU主導で制御して、ゲームのフレームレートとモニターのリフレッシュレートを同期させる機能です。ティアリングやスタッタリングを抑えた滑らかでストレスのない映像表示ができるので、快適にプレイできます。

また、HDR表示に対応した高画質なゲームをプレイする際は「G-SYNC HDR」機能を搭載したモニターがおすすめ。「G-SYNC」をHDR表示にも対応させた機能ですが、従来のSDR表示と比べて豊富な輝度情報を反映できるので、より現実に近い明暗差の美しい映像でゲームを楽しめます。

ビジネスならここをチェック

角度・高さ調節

By: rakuten.co.jp

事務作業などでモニターを使用する場合は、角度や高さを調節できる機種がおすすめ。オフィスなどでは長時間同じ姿勢で作業を続けることが多いですが、適切ではない角度や高さのモニターを使い続けていると、眼精疲労・肩こり・ストレートネックの原因になる恐れがあります。

上下方向にチルトができるモニターであれば、首の傾きに合わせてモニターを見えやすい角度に調節可能。猫背で画面をのぞき込む必要がないので、姿勢を悪化させずに済みます。左右方向のチルトに対応していれば、作業中に複数人で画面を確認する際に便利です。

また、高さの調節ができるモニターであれば、目線の高さに合わせた位置で作業が可能。椅子に深く腰掛けるなど姿勢で目線の高さを調節する必要がないので、楽な姿勢で作業を続けられます。

縦回転(ピボット)

By: rakuten.co.jp

書類作成やウェブサイト制作には、ピボット機能を備えたモニターがおすすめ。縦長の書類やウェブサイトを表示する際、横位置に固定された通常のモニターだと一部しか表示できず作業能率が落ちてしまうのが難点です。

しかし、ピボット機能を備えたモニターであれば横位置から縦位置へ90°回転できるため、縦長の書類やウェブサイトも縦位置で大きく表示可能。画面を上下にスクロールする頻度が減り、確認もしやすくなるので作業効率が向上します。

Eye Care

By: amazon.co.jp

長時間の事務作業には目の健康に配慮したASUS独自機能の「Eye Care」に対応したモニターがおすすめ。目の疲れやドライアイなどの症状を引き起こすとされるブルーライトや、明るさの急激な変化で起こる不快なチラつき(フリッカー)を軽減・防止する機能が搭載されています。

また、ブルーライト軽減機能では効果の度合いが異なる4種類のフィルターを使用可能。写真編集やウェブサイト制作など色の再現性を重視したい場合は色の変化を最小限に抑えた「Level 1」、長時間の読み書きや書類作成にはブルーライトを半減する「Level 3」というように、用途に応じた効果の強さを選べます。

映画鑑賞ならここをチェック

解像度

By: asus.com

モニターの画面は画素(ピクセル)という小さな粒で構成されていますが、解像度とは横と縦にそれぞれ配置された画素の数のこと。機種のスペック表には「横の画素数×縦の画素数」と記載されていますが、この数値が高くなるほど画面はより高精細になり、細部まで緻密に描写された臨場感のある映像が楽しめます。

モニターの解像度は4K(3840×2160)・WQHD(2560×1440)・フルHD(1920×1080)の順で高く、一般的にはフルHDが主流。映画鑑賞などではよりきめ細かで美しい映像が体感できるWQHDまたは4K以上の解像度に対応するモニターがおすすめです。

湾曲ディスプレイ

By: rakuten.co.jp

ワンランク上のクオリティで映画鑑賞を楽しみたい方には湾曲ディスプレイを採用したモニターがおすすめ。画面が視聴者を包み込むように前方向へ湾曲しており、画面の端までの距離が通常のモニターよりも短いのが特徴です。

一方、湾曲ディスプレイはフルHDや4Kなど一般的な解像度のモニターと比べて横長なので、設置スペースをとってしまうのが難点。しかし、まるで映画の世界に立っているかのような深い没入感が得られるので、映画鑑賞の感動をより充実したものにグレードアップできます。

オーディオ性能

映画鑑賞では画質だけではなく音質も重要。従来のモニター内蔵のスピーカーは再生できる音域が限られており、音質もあまりよくはありませんでした。

しかし、「SonicMaster」機能を搭載したモニターであれば、再生音質の大幅な向上が可能。本機能はASUSが世界的に有名なオーディオメーカーであるHerman KardonやICEpowerと共同開発したサウンドシステムで、原音に近い豊かな音域と迫力のある高音質が映画鑑賞時にも楽しめます。

また、再生するコンテンツに合わせて最適なオーディオモードを選べる「AudioWizard」機能も魅力。「映画モード」に設定すれば、映画館のように音声を前面に強調して再生できます。

ASUSモニターのおすすめモデル|ゲーミング

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VZ249HEG1R

購入しやすい手頃な価格のゲーミングモニターを探している方におすすめのモデルです。フルHD表示が可能な23.8インチ液晶を搭載。パネルのリフレッシュレートは75Hzです。応答速度は1msで残像の少ない鮮明な映像を映せます。気軽にゲームを楽しみたい方にピッタリです。

「FreeSyncテクノロジー」に対応しているため、ティアリングに悩まされることなくゲーム画面に集中できます。ASUS独自の「GamePlus」機能を搭載しているのも本製品の特徴。照準やFPSカウンターが表示できるなど、快適なプレイをサポートするおすすめの1台です。

エイスース(ASUS) TUF Gaming VG249Q1R

FPSゲームをよくプレイする方におすすめのゲーミングモニターです。165Hzの高リフレッシュレートパネルを搭載しているのが特徴。高速な映像を滑らかに表示できるため、素早い敵の動きをしっかりと把握できます。また、ノングレア処理が施されており、光の映り込みを抑えられるのでゲームに集中可能です。

「Shadow Boost」テクノロジーを搭載しているのも特徴。明るい部分と暗い箇所の露出を調節することで、画面全体の視認性を上げられるのが魅力です。建物の影などに潜む敵が見つけやすくなるため、戦闘を有利に展開できます。

入力インターフェースにはDisplayPortと2つのHDMIポートを搭載。PCやゲーム機など複数の機器を接続でき、必要なときに素早く切り替えられます。

エイスース(ASUS) ゲーミングモニター VG245HE-J

TN方式の液晶を採用している比較的手頃な価格のゲーミングモニターです。応答速度が0.6msと高速なのが特徴。さらに、75Hzのリフレッシュレートパネルを搭載しており、滑らかで残像の少ない映像を見ながらプレイできます。

「GameFast入力技術」を搭載しているのも本製品の特徴。遅延を最小限に抑えて、キーボードやコントローラーからの入力を画面表示に反映できます。アクション系のゲームを快適にプレイしたい方におすすめ。2つのHDMIに加えてVGAポートを備えているのもポイントです。

エイスース(ASUS) ROG SWIFT PG259QN

本格的なeスポーツ向けに設計されたゲーミングモニター。360Hzという非常に高速なリフレッシュレート性能を有しています。「Overwatch」や「Fortnite」などのゲームにおすすめです。NVIDIAの「G-SYNC」プロセッサを搭載しているため、ティアリングを抑えた見やすい映像でプレイできます。

HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているのも本製品の特徴。白飛びや黒潰れの少ない鮮明な映像が表示できます。物陰で待ち伏せる敵を発見しやすいので、ゲームを有利に進めることが可能です。

エイスース(ASUS) ROG Strix XG27UQ

高精細な映像表現にこだわる方におすすめのゲーミングモニターです。4K(3840×2160ピクセル)表示が可能な27インチディスプレイを搭載しているのが特徴。144Hzの高リフレッシュレートパネルを採用しており、鮮明かつ滑らかなゲーム映像を楽しめます。HDRに対応しているため、明暗差の激しいシーンも快適にプレイすることが可能です。

「Adaptive Sync(FreeSync)」に対応しているのも特徴。目まぐるしく画面が切り替わるシーンでも、ティアリングの発生が抑えられるので映像に集中できます。さらに、NVIDIAのG-SYNCとの互換性もあるなど、非常に使い勝手のよい製品です。

ASUSモニターのおすすめモデル|ビジネス

エイスース(ASUS) ProArt PA24AC

約1677万色の表示が可能な8bitカラーに対応しているビジネス向けモニター。sRGBの色域を100%カバーしており、写真家やグラフィックデザイナーの方にもおすすめです。

色表記や均一性などの設定が行えるASUS ProArtキャリブレーション技術を搭載しているので、接続するデバイスに合わせた調節が可能。また、一度行った設定は記憶されるので、再度設定する手間が省けます。

画面上にグリッド線やメモリなどを表示できる「Quick Fit」機能を搭載しているのもポイント。印刷する前に実際のサイズで制作物の確認が行えます。また、ブルーライトカット機能も備わっているので、長時間の作業にもおすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) プロフェッショナルディスプレイ PB278QR

画面を時計回りに90°回転できるピボット機能が搭載されたビジネス向けモニター。文章作成や写真の加工などにおすすめです。また、左右の角度が調節できるスウィーベル機能や、上下の角度が調節できるチルト機能も備わっています。

フリッカーフリー機能を搭載しており、画面のチラつきを防止してストレスなく使用可能。また、ブルーライトをカットするモードも備わっています。

Webブラウジングなどに適した標準モードや、グラフィック作業などに適したsRGBモードなど、作業や使用シーンに応じたモードを選べるのもポイント。クリエイターやデザイナーにおすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) ビジネス向け液晶ディスプレイ BE249QLBH

178°の広視野角が魅力のビジネス向けモニター。1920×1080のIPSパネルを採用しており、どの角度からでも鮮やかな映像が楽しめます。また、フリッカーフリー技術やブルーライト軽減機能が備わっているのも魅力です。

左右の調節ができるスウィーベル機能や、上下の調節ができるチルト機能が備わっているのもポイント。加えて高さの調節も行えるので、作業に適した位置やアングルにセットできます。

また、ピボット機能でスクリーンを90°回転させれば文書やWebサイトの制作にも便利です。さらに、2つのUSB 3.0ポートやHDMIなどが備わっており、拡張性が高いのも特徴。さまざまな作業で使えるおすすめアイテムです。

ASUSモニターのおすすめモデル|映画鑑賞

エイスース(ASUS) Eye Care液晶ディスプレイ VA32UQ

広視野角な4K UHDディスプレイを搭載している映画鑑賞向けモニター。原色に近いカラーや滑らかなグラデーション、深い没入感を楽しめます。

ブルーライトを軽減する機能を搭載しているのが特徴。目が疲れやすいと感じている方におすすめです。ドイツのTÜV Rheinlandが行う厳格な製品安全認証をクリアしているので、安心して使用できます。

Direct-Current方式を採用しており、チラつきをカットするフリッカーフリー技術に対応しているのもポイント。長時間の映画鑑賞や動画視聴にもおすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) ProArt PA34VC

解像度3440×1440の34.1型ディスプレイを搭載している映画鑑賞向けモニター。大迫力かつキレイな映像が楽しめます。また、画面が湾曲しており178°の広視野角を誇るので、深い没入感を味わいたい方におすすめです。

目に優しいEye Care技術に対応しており、ブルーライトを軽減する機能が備わっているのが特徴。また、チラつきをなくすフリッカーフリー技術にも対応しています。長時間の視聴におすすめのアイテムです。

ASUSモニターのAmazon・楽天ランキングをチェック

ASUSモニターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。