台湾の台北に本社を置くメーカー「エイスース(ASUS)」。コスパの高いスマホやパソコンを展開しています。また、機能が充実した機種をリーズナブルに入手できることからモニターも人気です。

ASUSの液晶モニターにはさまざまな機種があるため、初心者はどれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、ASUSが販売している液晶モニターの種類や特徴を解説したうえで、おすすめの機種をご紹介します。

ASUSモニターの種類

ゲーミングモニター

By: rakuten.co.jp

「ROG」シリーズなどのゲーミング向けモニターは、単に映像が高画質なだけではなく、リフレッシュレートや応答速度などの性能が高く設定されているのが特徴です。そのため、FPSやレーシングゲームなど、迅速で滑らかな画面表示が重要なゲームも快適にプレイできます。

また、ASUSのゲーミングモニターはプレイングをサポートする独自機能も充実。プレイするゲームのジャンルに適した表示モードを選べる「GameVisual」や、画面上にクロスヘアやタイマー、FPSカウンターなどを表示できる「GamePlus」などの機能が搭載されています。

プロフェッショナルモデル

By: amazon.co.jp

「ProArt」シリーズなどのプロフェッショナル向けモニターは、クリエイターやデザイナーにおすすめ。工場出荷時にモニターキャリブレーションが施されており、初期状態のままでもコンテンツが持つ本来の色をより正確に再現できます。忠実な色再現が要求される写真編集やウェブデザイン、印刷物の制作などにピッタリです。

また、プロフェッショナルモニターはクリエイティブ作業をサポートする独自機能も搭載。画面上に実物の紙や写真と同じサイズの枠線・グリッド線を表示する「Quick Fit」や、モニター背面のジョイスティックでさまざまな機能に簡単アクセスできる「5Wayナビゲーションキー」などの機能が搭載されています。

4K・WQHDモニター

By: rakuten.co.jp

「4K・WQHD」のカテゴリには、WQHD(2560×1440)と4K UHD(3840×2160)の解像度を持つモニターがラインナップされています。それぞれフルHD(1920×1080)と比較して約1.77倍と4倍の高い解像度を備えているのが特徴で、写真や映像をより高精細かつ鮮明に表示できるのがポイントです。

また、作業領域もフルHDと比べて広いため、作業を効率よく行えるのが特徴。なお、4K・WQHDモニターのカテゴリには、ゲーミングモニターの「ROG」シリーズやプロフェッショナルモニターの「ProArt」シリーズも含まれています。

広視野角モニター

By: amazon.co.jp

「広視野角」のカテゴリには、液晶にIPSパネルを採用したモニターがラインナップされています。水平方向・垂直方向ともに178°の広視野角をカバーしているのが特徴。

モニターを見る位置に関係なく一定の色合いやコントラストでの表示ができるので、家族・友人と一緒に映画を見るときや、画面にパワーポイントのスライドを映して会議を行うときなどに重宝します。

ASUSモニターの選び方

画面サイズをチェック

By: mazon.co.jp

モニターの画面サイズは予算や用途に応じて選ぶのがポイント。設置場所の広さやモニターの視聴距離にもよりますが、コスパ重視の場合は24インチ以下、大画面で臨場感のある映像を楽しみたい場合は27インチ以上のモニターがおすすめです。

ただし、ゲーム用のモニターを選ぶ場合は注意が必要。画面サイズが単に大きければよいというわけではありません。特に、FPSなど激しい動きのあるゲームでは、画面が大きすぎると隅々まで目が届かず全体の状況を把握しにくくなるデメリットがあります。そのため、画面全体が視界に入る24インチ前後の画面サイズがおすすめです。

入力端子をチェック

By: rakuten.co.jp

モニターを購入する際は、モニター側の入力端子がパソコン側の出力端子と一致しているかの確認が重要。それぞれの接続端子が異なる場合でも、変換アダプタを使用すれば物理的に接続は可能ですが、表示される解像度が大きく低下する場合があります。できるかぎりパソコンの出力端子と同じ入力端子が搭載されたモニターを選びましょう。

また、パソコン側の出力端子が目的の解像度に適した接続端子とバージョンに対応しているかもチェック。WQHDや4Kの解像度で表示する場合は、HDMIまたはDisplayPortの接続端子を入力・出力の双方で使用する必要があります。

その際、HDMIとDisplayPortのバージョンも確認しておきましょう。 WQHDで表示する場合はそれぞれの接続端子のバージョンが1.3以上および1.1以上、4Kで表示する場合はそれぞれ2.0以上および1.2以上に対応している必要があります。

ゲーミングならここをチェック

リフレッシュレート

By: rakuten.co.jp

リフレッシュレートとは1秒間に画面を書き換える回数のこと。Hz(ヘルツ)という単位で表示されています。数値が高くなるほど高速に動く物体の動きが滑らかに表示され、低くなるほどコマ撮りアニメのように動きがカクカクとぎこちなく表示されるのが特徴です。

一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hz程度で、事務作業や写真編集に使用する場合は特に意識する必要はありません。しかし、映画鑑賞やゲームなどの用途で使用する場合は、滑らかに動く120Hzや144Hzなどリフレッシュレートが高いモニターを選ぶのがおすすめです。

応答速度

By: rakuten.co.jp

応答速度とは画面表示が切り替わるまでにかかる速度のこと。単位は「1000分の1秒」を意味するms(ミリセカンド)が使用されています。数値が高くなるほど表示の切り替えに時間がかかって残像が映りやすくなり、逆に低くなるほど高速で切り替えられるので、残像の少ない映像を表示できるのが特徴です。

事務処理などの作業や、動画視聴に使用する場合はそこまで速い応答速度は必要ありません。しかし、スピードやタイミングが重要となるFPSなどのゲームでは、応答速度が遅いとプレイに支障が出ることも。快適かつ正確なプレイには応答速度が1ms以下のモニターがおすすめです。

G-SYNC HDR

By: amazon.co.jp

ゲームから出力される映像のフレームレートは一定ではなく表示にムラがあります。モニターのリフレッシュレートと食い違うと、表示が崩れる「ティアリング」や、一瞬止まったようなカクつきが出る「スタッタリング」などの現象が発生。動きの激しいゲームで発生すると視認性や操作性に支障が出るので注意が必要です。

「G-SYNC」は、映像表示のタイミングをGPU主導で制御して、ゲームのフレームレートとモニターのリフレッシュレートを同期させる機能です。ティアリングやスタッタリングを抑えた滑らかな映像表示ができるため、快適にプレイできます。

また、HDR表示に対応した高画質なゲームをプレイする際は、「G-SYNC HDR」機能を搭載したモニターがおすすめ。「G-SYNC」をHDR表示にも対応させた機能ですが、従来のSDR表示と比べて豊富な輝度情報を反映できるので、より現実に近い明暗差の美しい映像でゲームを楽しめます。

ビジネスならここをチェック

角度・高さ調節

By: asus.com

事務作業などでモニターを使用する場合は、角度や高さを調節できる機種がおすすめ。オフィスなどでは長時間同じ姿勢で作業を続けることが多くありますが、適切ではない角度や高さのモニターを使い続けていると、眼精疲労・肩こり・ストレートネックの原因になる恐れがあります。

上下方向にチルトができるモニターであれば、首の傾きに合わせてモニターを見やすい角度に調節可能。猫背で画面をのぞき込む必要がないので、姿勢を悪化させずに済みます。左右方向のチルトに対応していれば、作業中に複数人で画面を確認する際に便利です。

また、高さの調節ができるモニターであれば、目線の高さに合わせた位置で作業が可能。椅子に深く腰掛けるなど姿勢で目線の高さを調節する必要がないので、楽な姿勢で作業を続けられます。

縦回転(ピボット)

By: rakuten.co.jp

書類作成やウェブサイト制作には、ピボット機能を備えたモニターがおすすめ。縦長の書類やウェブサイトを表示する際、横位置に固定された通常のモニターだと一部しか表示できず作業効率が落ちてしまうのが難点です。

しかし、ピボット機能を備えたモニターであれば横位置から縦位置へ90°回転できるため、縦長の書類やウェブサイトも縦位置で大きく表示可能。画面を上下にスクロールする頻度が減り、確認もしやすくなるので作業効率が向上します。

Eye Care

By: amazon.co.jp

長時間の事務作業には目の健康に配慮したASUS独自機能の「Eye Care」に対応したモニターがおすすめ。目の疲れやドライアイなどの症状を引き起こすとされるブルーライトや、明るさの急激な変化で起こる不快なチラつきを予防・軽減する機能が搭載されています。

また、ブルーライト軽減機能では効果の度合いが異なる4種類のフィルターを使用可能。写真編集やウェブサイト制作など色の再現性を重視したい場合は、色の変化を最小限に抑えた「Level 1」、長時間の読み書きや書類作成にはブルーライトを半減する「Level 3」というように、用途に応じた効果の強さを選べます。

映画鑑賞ならここをチェック

解像度

By: amazon.co.jp

モニターの画面は画素(ピクセル)という小さな粒で構成されています。また、解像度とは横と縦にそれぞれ配置された画素の数のこと。機種のスペック表には「横の画素数×縦の画素数」と記載されていますが、この数値が高くなるほど画面はより高精細になり、細部まで緻密に描写された臨場感のある映像が楽しめます。

モニターの解像度は4K(3840×2160)・WQHD(2560×1440)・フルHD(1920×1080)の順で高く、一般的にはフルHDが主流。映画鑑賞などでは、よりきめ細かで美しい映像が体感できるWQHD、または4K以上の解像度に対応するモニターがおすすめです。

湾曲ディスプレイ

By: rakuten.co.jp

ワンランク上のクオリティで映画鑑賞を楽しみたい方には、湾曲ディスプレイを採用したモニターがおすすめ。画面が視聴者を包み込むように前方向へ湾曲しており、画面の端までの距離が通常のモニターよりも短いのが特徴です。

一方、湾曲ディスプレイはフルHDや4Kなど一般的な解像度のモニターと比べて横長なので、設置スペースをとってしまうのが難点。しかし、まるで映画の世界に立っているかのような深い没入感が得られるため、映画鑑賞の感動をより充実したものにグレードアップできます。

オーディオ性能

映画鑑賞では画質だけではなく音質も重要。従来のモニター内蔵のスピーカーは再生できる音域が限られており、音質もあまりよくはありませんでした。

ステレオスピーカーを内蔵しているモデルであれば、大音量でクリアな音声を再生できるので、ビデオ会議やリモートでの仕事におすすめです。また、子供のオンライン学習にも対応できます。

ASUSモニターのおすすめモデル|ゲーミング

エイスース(ASUS) ROG Swift 360Hz PG259QNR

最大360Hzのリフレッシュレートに対応したゲーミングモニターです。高速なリフレッシュレートでも画面のブレやティアリングを抑えられる「NVIDIA G-SYNCプロセッサ」を搭載しているので、快適にゲームをプレイできます。

画面のサイズは24.5インチで、解像度は1920×1080のフルHD画質。ASUSの高速IPSパネル技術を採用することで、1msの応答速度を実現しているのもポイントのひとつです。また、より鮮やかで美しい映像を表示できるHDR10にも対応しています。

映像入力端子には、HDMI 2.0とDisplayPort 1.4を搭載。さらに、USBレシーバーなどを接続しておける便利なUSBハブも搭載しています。そのほか、「ROGデスクマウントキット」を使用すれば、モニターをデスクの端に固定可能。より広々とした机上スペースを確保できます。

エイスース(ASUS) TUF Gaming VG259QR

広視野角かつ色の再現性に優れたIPSパネルを搭載した24.5インチのゲーミングモニターです。解像度は1920×1080のフルHD画質で、165Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度に対応しています。

暗い部分を見やすく表示する「Shadow Boost」機能や、ゲームに特化した「GameVisual」や「GamePlus」など、ゲーム向けの機能も充実。さらに、独自の「Extreme Low Motion Blur」をオンにすれば、モーションブラーを低減し、より滑らかで鮮明な映像を表示できます。

映像入力端子には、DisplayPort 1.2とHDMI 1.4を2ポート搭載。人間工学に基づいてデザインされており、スタンドは高さ調節・チルト・スイベル・ピボットの豊富な調節機能に対応しています。設置場所などの環境に合わせて、角度や向きを細かく調節可能です。

エイスース(ASUS) ROG Strix XG27UQ

Display Stream Compression(DSC)技術により、144Hzの高速なリフレッシュレートと4K画質を実現したゲーミングモニターです。また、G-SYNC技術も採用しています。DisplayHDR 400認証にも対応しているので、広色域かつコントラストの高い美しい映像を表示可能です。

画面のサイズは27インチで、スタンドは高さ調節・チルト・スイベル・ピボットに対応。映像入力端子にはHDMI 2.0とdisplayport 1.4をそれぞれ2ポートずつ搭載しています。

「Game Visual」機能を活用すれば、7つのディスプレイモードと1つのユーザー設定モードから、ゲームやコンテンツに適した映像表示に設定可能。また、ブルーライト軽減機能も搭載しており、フィルターの強度も調節できます。

エイスース(ASUS) ROG Strix XG16AHPE

持ち運びができ、少ないスペースにも設置できるポータブルタイプのゲーミングモニターです。画面のサイズは15.6インチで、重量は約900g。厚さ約11.8mmのスリムなデザインなので、カバンなどにも収納しやすく、気軽に持ち運べます。

背面には、本体を自立できる折りたたみ式のキックスタンドを搭載。液晶パネルには、色鮮やかな色彩と広い視野角をもつIPSパネルを採用しています。また、144Hzの高速なリフレッシュレートを実現しているため、FPSやレーシングなどの動きの激しいゲームも快適にプレイ可能です。

バッテリー容量は7800mAhで、最大約3時間連続で使用できます。また、Quick Charge 3.0とUSB PD 3.0に対応しているので、1時間の充電で約120分使用可能です。映像入力端子には、USB Type-Cとmicro-HDMIを搭載。さらに、モニター前面にはステレオスピーカーも内臓しています。

エイスース(ASUS) TUF Gaming VG28UQL1A

4K画質に対応した28インチサイズのゲーミングモニターです。G-SYNC CompatibleとFreeSync Premiumに対応しているので、ティアリングが発生しにくく、ゲームに没頭できます。また、コントラストの高い美しい映像を表示できるDisplayHDR 400に準拠しているのもポイントです。

また、ASUS GameVisual機能も搭載。映画モードに設定すれば、画質を微調整したり、設定したりすることができます。高画質な4K解像度に加え、高速な144Hzのリフレッシュレートと1msの応答速度に対応しているのも魅力のひとつ。本製品1台でさまざまなゲームを快適にプレイできます。

映像入力端子には、HDMI 2.0×2・HDMI 2.1×2・DisplayPort1.4×1を搭載。機能性に優れたおすすめのモデルです。

ASUSモニターのおすすめモデル|ビジネス

エイスース(ASUS) ビジネスモニター BE24EQK

オンライン会議やビデオチャット時に役立つ、フルHDウェブカメラを搭載したビジネス向けのモニターです。ウェブカメラは角度や向きを調節でき、使用しないときはシャッターが閉じるので、プライバシーを保護できます。

ステレオスピーカーや、周囲の雑音を分離してクリアな音声で通話ができるマイクを搭載しているのもポイント。別途スピーカーやマイクを用意する必要がないため、予算を抑えられます。

画面のサイズは23.8インチで、解像度は1920×1080のフルHD画質。178°の広い視野角をもつIPSパネルを採用しているので、どの角度からでも美しい映像を表示できます。映像入力端子には、HDMI 1.4・DisplayPort 1.2・D-sub15ピンを搭載。ブルーライト軽減機能やフリッカーフリー技術などの「Eye Care」にも対応しています。

エイスース(ASUS) ProArt PA279CV-R

より正確な色を表示できる、クリエイティブな用途にぴったりな27インチモニターです。出荷前にキャリブレーションされており、sRGBとRec.709を100%カバーする広い色域を実現しています。よりリアルな色を表示可能です。

また、色域を調節できる複数のプリセットが用意されており、動画編集や写真の加工など、用途に合わせて簡単に切り替えられます。さらに、「ASUS ProArt パレット」を活用すれば、色調やガンマ値などのパラメーターを画面上のメニューから簡単かつ自由にカスタマイズ可能です。

画面内にグリッドや実際の紙のサイズと同じ枠線を表示できる便利な「Quick Fit」機能などにも対応しています。映像入力端子には、HDMI・DisplayPort・USB Type-Cを搭載。スタンドは高さ調節・左右角度調節・縦回転・上下角度調節の豊富な調節機能に対応しています。

エイスース(ASUS) ZenScreen MB16ACV

薄型コンパクトで持ち運びに便利な15.6インチサイズのポータブルモニターです。本体サイズは、幅357.9×奥行き224.8×高さ10.5mm。ノートパソコンやタブレットとカバンに入れて、気軽に持ち運べます。

解像度は1920×1080のフルHD画質で、広視野角のIPSパネルを搭載。映像入力端子にはUSB Type-Cを採用しているので、デバイスとケーブル1本で接続できます。背面には折りたたみ式のキックスタンドと、一般的な三脚を接続できるネジ穴を搭載。

また、モニターの背面とベゼル部分には、銀イオン抗菌加工も施されています。清潔な状態を保ちながら使用可能です。

ASUSモニターのおすすめモデル|映画鑑賞

エイスース(ASUS) ProArt Display PA247CV

より正確で本物に近い色を表示できる23.8インチサイズのモニターです。sRGBとRec.709を100%カバーしており、出荷時にはキャリブレーションされています。発色のよい美しい映像で映画を楽しめるのが魅力です。

解像度は1920×1080のフルHD画質。視野角の広いIPSパネルを搭載しているため、複数人での映画鑑賞にもぴったりです。また、表面はノングレア仕様なので、光の映り込みを気にすることなく設置できます。

ほかにも、直感的に操作を行える5-wayナビゲーションジョイスティックを備えているのが特徴。ASUS Eye Careテクノロジーによるブルーライト軽減機能も搭載しており、4種類のブルーライトフィルターが用意されています。映像入力端子には、HDMI 1.4・DisplayPort 1.2・USB Type-Cを搭載。2W×2出力のステレオスピーカーも内蔵しています。

エイスース(ASUS) ProArt PA34VC

解像度3440×1440の34.1型ディスプレイを搭載しているモニター。画面が湾曲しているのに加え、178°の広視野角で深い没入感を味わいたい方におすすめです。キレイで迫力のある映像が楽しめます。

人間工学に基づいたデザインを採用。高さ・左右・前後の角度の調節が可能です。また、目に優しいEye Care技術に対応しており、ブルーライトを軽減する機能が備わっているのも魅力。また、チラつきをなくすフリッカーフリー技術にも対応しています。

ASUSモニターのAmazon・楽天ランキングをチェック

ASUSモニターのAmazon・楽天の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。