さまざまなシーンで大活躍してくれる身近な文房具「ハサミ」。紙を切るのはもちろん、ヒモやタグを切ったり郵便物の封をきれいに開けるために使用したりと、日常的に欠かせないアイテムです。

ハサミとひと口に言っても、その用途は幅広く大きさや使い勝手もさまざまです。今回は家庭やオフィスで使用する、一般的な文房具のハサミをご紹介。刃やハンドルの形状の違いなど、おすすめの選び方もあわせて解説するので、ハサミ選びの参考にしてみてください。

ハサミの選び方

用途にあった種類を選ぶ

By: amazon.co.jp

さまざまな用途に使える万能ハサミ、工作用のクラフトハサミ、料理用のキッチンバサミ、散髪用のカットシザー、手芸用の断ちバサミ、枝などを切る園芸用ハサミ、糸だけを切る糸切りバサミなど、ハサミは使用シーンや切る素材によって実にさまざまなタイプが存在します。

なかでも家庭やオフィスで使う場合は、紙や郵便物の封を切る際に使うクラフトハサミや、ヒモやタグ、食材の袋など異素材のモノを切れる万能ハサミが適しています。専門的に使用する場合は、用途や切る素材に合わせ適切なハサミを選ぶようにしましょう。

刃の形状で選ぶ

ベルヌーイカーブ刃

By: amazon.co.jp

一般的なハサミは、刃を閉じるほど角度が狭まるため、刃先に向かうほど切れづらく大きな力を要します。しかし「ベルヌーイカーブ刃」は、刃を閉じても常に一定の角度を保てるよう、刃の内側をゆるやかにカーブさせているのが特徴。

これにより、刃の根元から先までどの部分で切っても、大きな力を必要とせずスムーズな切れ味が実現します。通常では切りづらさを感じるダンボールや厚紙も、少ない力で切ることが可能です。

ハイブリッドアーチ刃

By: amazon.co.jp

「ハイブリッドアーチ刃」は刃先にかけて徐々に角度を広げたアーチ構造。ベルヌーイカーブ刃は刃全体がゆるやかなカーブなのに対し、ハイブリッドアーチ刃は刃の中間からカーブしているのが特徴です。

刃を閉じても刃の角度は変わらないため、従来のハサミでは切りづらい刃先部分でも、軽い力で切り進められます。また幅広に設計されているので薄いビニールなどはもちろん、厚みのある段ボールや硬い飲料パックを切る際も安定感がありスムーズです。

ストレート刃

By: amazon.co.jp

ハサミとして一般的に流通しているのが「ストレート刃」です。切り進める方向が認識しやすいため、線上にまっすぐに切りたい場合におすすめ。刃が小さいモノなら、鋭い刃先を利用して切り絵やクラフト製作など細かな作業にも適しています。

プルーナーアール刃

By: amazon.co.jp

「プルーナーアール刃」の最大の特徴は長さの違う2枚の刃。長さの異なる2枚の刃を組み合わせることで、爽快な切れ味を実現しています。片側だけを大きくカーブさせたユニークな刃の形状もポイント。

一般的なハサミは、素材を押し切る仕組みなのに対し、プルーナーアール刃はサクッと切れ味のよい「引き切り」という仕組みを採用。これにより従来品の約1/4という軽さで、素材を選ばず快適な切り心地が実感できます。

ハンドルの形状や素材をチェック

By: amazon.co.jp

ハンドルの形状や素材もハサミを選ぶ上で重要なポイント。例えば、広く大きなハンドルならしっかりとハサミを握りやすいため、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。基準としては、ハンドルの中に指が2本もしくは3本入る大きさなら力が分散され安定した使い方ができます。

また、ハンドル部分に樹脂などの柔らかい素材を使用しているモノなら、長時間使っても指が痛くなりづらくおすすめ。多少力が入ってもゴツゴツとした感触がないので握力の弱い子どもや年配の方にも最適です。

利き手に合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

右利き用と左利き用のハサミでは、刃の合わせ方やハンドルの構造が逆です。左手で右利き用のハサミを使うと上手く切れません。

一般的に、パッケージに「左手用」と記載されていないハサミは「右手用」として販売されています。左利きの方は、右・左どちらでも使える「両手用」または「左手用」であることを確認した上で購入しましょう。

携帯用にはコンパクトサイズのハサミがおすすめ

By: amazon.co.jp

外出先でもハサミがあると、洋服の糸のほつれを切ったり、ちょっとした紙を切り分けたりするのに大変重宝します。いつでも携帯してハサミを持ち歩きたい場合は、コンパクトサイズのハサミがおすすめ。

最近では、ペンケースやバッグのポケットにすっぽり入るスティック型のハサミなどもリリースされています。見た目はペンのような形で、刃先にキャップが付いているため刃が露出せずに安全。ただし、切りやすさは一般的なハサミに劣るため、その点も留意しておきましょう。

子どもが使用する場合は安全性もチェック

By: plus.co.jp

子どもは手の大きさや操作能力が大人とは異なるため、ハサミを使用する場合はより安全性の高い「子ども専用」のハサミがおすすめ。手の大きさや安全性を考慮して作られているのでハサミの使い方に不慣れな子どもにも安心して使用させられます。

刃先が丸くなったモノや刃先にカバーがついたハサミなら、鋭利な部分が露出せずに安全です。また、学校の授業ではのりやテープなども頻繁に使用するため、接着剤がつきにくいハサミなら、切れ味や汚れを気にせず使用できます。

ハサミのおすすめ|家庭用

プラス(PLUS) フィットカットカーブ プレミアムチタン

「ベルヌーイカーブ刃」を採用したフィットカットカーブシリーズのパワーアップバージョン。刃が接する面積を極限まで抑えた「3D設計刃」なので粘着テープやのりのついた紙を繰り返し切ってもべたつかず、切れ味が長続きするのが特徴です。

刃の開く角度が常に30°を保ち、刃先まで軽い力で切れるのもポイント。チタンコーティングを施してあるため、サビや汚れにも強く水周りでも使用できます。弾力性のある低反発ハンドルも魅力。ダンボールや牛乳パック、草花まで切れる汎用性の高いハサミを探している方におすすめです。

スリーエム(3M) スコッチ チタンコートシザーズ

高硬度なチタンコート刃を採用したハサミ。上質紙なら約10万回切れる耐久性を持っています。サビにくく丈夫な上、シャープな切れ味が長持ちするため、屋内はもちろん水周りや野外などさまざまなシーンで使いたい方におすすめです。

また、刃の表面には粘着性のあるのりや接着剤などがくっつきにくい加工が施されているのでガムテープを切る際もスムーズ。家庭ではもちろん、梱包作業の多いオフィスでも重宝します。

刃渡り85mmと長く、ラバー仕上げのハンドルには指が4本すっぽりと入るため、厚いダンボールや硬い素材でも安定した切り心地が得られる1本です。

コクヨ(KOKUYO) エアロフィット サクサ

刃先の角度が広いハイブリットアーチ刃を採用しており、同メーカーの従来品に比べ約4倍もの切れ味を実現したサクサシリーズ。なかでも「チタングルーレス刃」を採用した本製品は、表面硬度が高いのに加え、上質紙を切った場合およそ100万回シャープな切れ味が続くのが特徴です。

さらにはフッ素コート加工も施されているため、粘着力のあるテープやのり類などが付きにくいのもポイント。用途によって使い分けする必要がなく、ダンボールから梱包用のPPバンド、さらには革のベルトまで軽い力で切れます。

左右対称の大きなハンドルでどんな方向にもスムーズに動かせ、オールマイティーに使えるおすすめの1本です。

ナカバヤシ(Nakabayashi) サクットカットヒキギリチタンコート

岐阜県関市にある創業100年の老舗刃物メーカーと共同開発したハサミ。ハサミの製造工程を熟知した職人が監修した、抜群の切れ味が特徴です。

ブルーナーアール刃を採用しており、長さの違う2枚の刃を組み合わせることで「引き切り」が可能。包丁を手前に引きながら切る、あの鋭い切れ味と同じ原理です。

粘着力のあるテープを切ってもベタつきにくい、特殊な断面の「アンチグルー刃」も搭載。また、長時間使っても疲れにくい2層構造の樹脂ハンドルで、手の負担を軽減します。丸い刃先で安全性も確保。引き切りの切れ味のよさをぜひ味わってみてください。

長谷川刃物 極細デザイン用はさみ

繊細なパーパークラフト制作などにおすすめのデザイン用ハサミ。シャープなストレート刃を採用しているので思い通りのカット作業ができます。また一般的なハサミより刃を薄くすることで、切る抵抗を減らし切断面が美しく仕上がるのが特徴です。

刃の細さに比べハンドルはボリュームがあり、安定したグリップが可能。また、刃裏にはボンドフリー加工が施され、粘着物がくっつきにくいのも魅力です。刃渡りも18mmと短めなので、小回りがききやすく趣味のパッチワークや切り絵の制作などの細かい作業にもおすすめのハサミです。

ツヴィリング(Zwilling) スーパーフェクションクラシック

包丁やナイフで有名なドイツ生まれのツヴィリング。同ブランドがリリースする事務用ハサミも、包丁同様に特殊ステンレス鋼を採用し、サビにくく水周りでも使えるのが特徴です。「ファインカットエッジ」による丁寧な刃付けで、心地よい切れ味を実現しています。

ハンドルにはグラスファイバー強化樹脂を使用。カーブの美しさのみならず、滑りにくく握りやすさにも配慮しています。ネジ部分にはツヴィリングのシンボルである双子マークを刻印。切れ味はもちろん、おしゃれなデザインのハサミを探している方にもおすすめです。

クラフトデザインテクロノジー(CDT) ハサミ

刃物の産地として有名な岐阜県関市で、ひとつずつ丹念に製造されたハサミ。日本刀を彷彿とさせるシャープな切れ味が特徴です。スタイリッシュでスマートなデザインは、利き手を選ばずどちらの手でも使用できます。

また、2枚のストレート刃を採用しており、絶妙な重なり具合が抜群の切れ味を生み出しているのもポイントです。

高品質なステンレス製の刃芯にフッ素加工を施し、粘着性のあるテープやシールを切っても汚れがつきにくいのも魅力。左利き・右利き問わずに自宅やオフィスで使える、デザイン性の高いおすすめのハサミです。

日本利器工業 みんなのはさみ mimi

誰でも使える、その名も「みんなのはさみ」。ぐるりと円を描いたユニークなハンドルは、手の力が弱い年配の方や子どもでもハンドル上部を押すだけで切れるユニバーサルデザインです。ストレート刃を採用しており、右利き・左利き問わず使用できます。

刃にはフッ素コーティング加工が施されているため、ガムテープやシールを切ってもベタつきにくいのもポイント。しっかりとハンドルを握れば、少ない力でも厚紙や牛乳パックもスムーズに切れます。軍手をしたままでも握ることができるので、園芸用としてもおすすめのハサミです。

コクヨ(KOKUYO) 2WAYハサミ ハコアケ

通販で買い物する方が急増するなか、宅配便が届くと面倒なのがダンボールの開梱作業。本製品は、ダンボールの開梱から、タグ切り、ダンボールの処理にいたるまで、1本で完了する便利なハサミです。

刃にあるスイッチをスライドさせると最大1mmほど刃先が飛び出し、ダンボールの中身を傷つけることなく開梱できます。

また、ガムテープを切る際に、ハサミがべたつかない3Dグレース刃構造もポイント。刃内側の接する部分を最小限に抑えることで、接着剤のくっつきや汚れを軽減します。宅配便をよく利用するという方は1本持っておくと便利なハサミです。

ハサミのおすすめ|左利き用

長谷川刃物 事務用はさみ 左手用

ストレート刃のスタンダードな左利き用ハサミ。刃物の町として有名な岐阜県関市生まれの逸品です。刃物を知り尽くした職人の手によって丁寧に作られているため、切れ味は抜群。刃渡りも65mmと程よく、家庭用として紙やヒモ、テープなどを切る際も使い勝手がよいのが特徴です。

刃にはサビにくく優れた耐久性を持つステンレス刃物鋼を使用。左右非対称のハンドルで、左利きの方もしっかりと指を入れることができ、安定したカット作業ができます。価格も1,000円以下とリーズナブルなハサミです。

レイメイ藤井 ソフトリング ステンレスハサミ 左手用

左手専用に作られた、使い勝手のよいステンレス製ハサミ。刃渡り70mmと大きめなので、何度もハサミを開閉する手間を省けます。左右対称のハンドルには、手にやさしい柔らかなエラストマー樹脂を採用。ちょうど指2本が入る大きさでしっかりとハサミをグリップできます。

刃幅も程よい太さがあり、厚紙からタグ、ヒモ、ビニールまで万能に使える汎用性の高い1本。オフィスにも自分専用のハサミを置いておきたいという方にもおすすめです。

プラス(PLUS) フィットカットカーブ スタンダード 左手用

ベルヌーイカーブ刃を採用した、左利き用のハサミ。手に負担がかからず、軽い力で厚みのあるダンボールから薄いビニールまで多様な用途に使えます。ストレート刃では上手く切れなかった曲線も、摩擦抵抗を抑え思い通りの仕上がりが可能です。

左右対称の「イージーグリップ」ハンドルは、どんな方向でも指を入れやすく使い勝手がよいのが特徴。低反発素材で手が痛くなりにくいのも魅力です。

また、「がたつき防止リング」を採用しているのでなめらかな使い心地とシャープな切れ味が長持ちします。高性能な左利き用ハサミを探している方におすすめの製品です。

ハサミのおすすめ|携帯用

プラス(PLUS) フィットカットカーブ ツィッギー

ベルヌーイカーブ刃を採用した、スリムなハサミ。携帯タイプにありがちな切りにくさを、プラス独自のカーブ刃で解消した切れ味のよい1本です。携帯ハサミとしては長めの刃渡りで、お菓子の袋や封筒の開封など、長さのあるモノをまっすぐ切りたい場合にもおすすめです。

キャップを外して親指部分をスライドさせるだけで、片手でロックと解除ができるのもポイント。またロックをかけ忘れてもキャップを閉めるだけで自動的にロックがかかり、安全面も万全です。ペンケースにひとつ入れておくと何かと重宝します。

サンスター文具 スティッキールはさみ ボーテ

まるでリップスティックのようなデザインの携帯ハサミ。スティッキールシリーズ最小のコンパクト設計で、化粧ポーチやペンケースにもすっぽり収納でき邪魔になりません。パールカラーとゴールドリボンが、大人な女性にも似合うエレガントな1本。オフィスでもおしゃれに使えます。

デザインのみならず切れ味も抜群。滑らない直線刃とカーブ刃を組み合わせた「片側カーブ刃」を採用し、スムーズな切り心地が味わえます。手を添えやすい大きめハンドルで安定感も良好。カラー展開は5色と豊富なので好み合わせて選べます。

レイメイ藤井 ペンカット

スタイリッシュなボールペン型の携帯ハサミ。スリムなボディに、柔らかいプラスチック製のハンドルが内蔵されているのが特徴です。コンパクトながらしっかりとハンドルに指を通して握れるため、安定したカット作業ができます。使い終わってスライダーを上げれば、ハンドルは元の位置に収納されるため、持ち運びの際も邪魔になりません。

刃はステンレス製でサビにくいうえ、両刃仕上げなので右利き・左利き問わず使えるのもポイントです。また、ハンドルの奥深くまで刃が入ったロングブレードを採用しており、刃先までしっかり力が伝わるため切れ味もスムーズ。コンパクトサイズの左利き用を探している方におすすめです。

ハサミのおすすめ|子ども用

クツワ(KUTSUWA) 安全はさみ きっちょん

刃を樹脂でカバーした子ども用ハサミ。徹底した安全設計で、子どもが初めて使うハサミにもおすすめです。小さい子どもの手に合わせたサイズなのはもちろん、切る部分以外は刃先も含めすべて樹脂でガード。刃はフラットに仕上げてあるため、誤って刃に指を挟んでしまっても怪我をしにくい仕様です。

また、初めてハサミを扱う子どもにとってハサミの開閉は意外と難しいもの。ハサミの扱いに不慣れな子どもでも楽にハサミの開け閉めができるよう、ハンドル中央にスプリング機能がついているのもポイントです。慣れてきたらスプリングをしまって練習することもできます。

プラス(PLUS) フィットカットカーブ Jr フッ素コート

刃先を丸く仕上げ、尖った部分をなくした子ども用ハサミ。フィットカットカーブシリーズのジュニア用で、通常サイズと変わらない切れ味と使いやすさが特徴です。ある程度ハサミの扱いに慣れてくると、安全性はもちろん切れ味も重視したいもの。思い通りに切れる感触を味わえるおすすめの1本です。

ハンドルには柔らかな樹脂を採用。親指を入れる部分は小さい穴で、その他の指を入れる部分は大きい穴と、視覚的にもわかりやすいのもポイント。またテープやのりがベタつきにくいフッ素コート仕様なので学校で使うハサミとしても最適です。左利き用もリリースされているため、子どもの利き手に合わせて選べます。

コクヨ(KOKUYO) エアロフィットサクサ キッズ

軽い力でもサクサク切れるハイブリッドアーチ刃を採用した子ども用ハサミ。切れ味の悪いハサミはかえって危険になることもあります。同製品は握力や操作能力が未熟な子どもでもスムーズに切れるので紙以外の工作に挑戦したい小学生にもおすすめ。

刃先は丸く仕上げてあるため、万が一刃先が当たっても安心です。手にやさしいエアークッションハンドルは、指が3本入る広さで安定力も抜群。またハンドルの根元にはグリップが付いているので人差し指でしっかりとハサミを支えられます。

粘着テープなどを切ってもベタつきにくいフッ素コート仕上げのため工作用におすすめの1本です。右手用・左手用揃っているので、利き手に合わせて選べます。

番外編|ハサミの簡単な研ぎ方

By: amazon.co.jp

ハサミも使い続けていると、刃こぼれをしたり汚れがついたりすると切れ味が落ちてきます。しかし、ハサミは包丁と同じく研ぐことによって切れ味がよみがえるので、ぜひ挑戦してみましょう。

まずは研ぐ前に、ハサミ表面にのりや接着剤の汚れが付着している場合は、除光液やアルコールを使って表面の汚れを溶かしながら落とします。ハサミ表面がきれいになったら、さっそく研いでみましょう。

砥石は普段包丁に使っているモノでも構いません。刃のある面を包丁を研ぐように水で濡らしながら滑らせます。この時均一に力を入れることがポイントです。

ひとつ注意しなければならないのは、両面研ぎ用のシャープナーは使用しないこと。これを使用すると両側の刃が削れてしまいます。ハサミは「片刃」仕様のものが一般的なので、砥石で片側のみ研ぐようにしましょう。切れ味が悪くなったからといって使い捨てずに、ぜひチャレンジしてみてください。