きりっとした爽やかで上品な酸味と、香り豊かでフルーティな風味が魅力の「リースリングワイン」。ドイツが原産の白ブドウ品種ですが、現在は世界のさまざまな地域で造られ、愛飲されています。

そこで今回は、おすすめのリースリングワインもご紹介。リースリングワインについての詳しい知識や、おいしいリースリングワインを選ぶポイントを解説するので、興味のある方はチェックしてみてください。

リースリングとは?

By: amazon.co.jp

リースリングは、ドイツ原産のブドウ品種。現在は世界中で栽培されていますが、今でもドイツが栽培面積の半分を占めており、最も多く栽培されている品種です。小粒なのが特徴で、寒さに強いため冷涼な地域での栽培に適しています。

味わいは、きりっとしたシャープな酸味と引き締まった果実味が特徴。そのため、甘口のワインでも軽やかで繊細な味わいが楽しめます。透明感のある味わいなので、クセの少ない白身魚や豚肉料理との相性がぴったり。軽やかな風味と、芳醇な後味が料理の味わいをより引き立ててくれます。

リースリングの選び方

産地で選ぶ

By: amazon.co.jp

リースリングは、ブドウを栽培する土壌や気候のことを指す、テロワールの影響をとても受けやすい品種です。同じリースリングでも、それぞれの国や地域によって味わいが大きく異なります。糖度による格付けがあることもあり、甘口でアルコール度数も低めのものが主流でしたが、最近は辛口のワインも造られるようになりました。

モーゼルとラインガウが2大産地として有名で、モーゼル地方のワインは辛口でクセがなく、クリアな味わいが特徴。また、ラインガウ地方のワインは力強く、華やかな風味が魅力です。ドイツのほか、フランスではアルザス地方で多く栽培されており、力強くきりっとした酸味が際立った辛口の味わいが人気。フルーティな香りが長く楽しめるのも魅力です。

オーストラリアでは、南部にあるクレア・ヴァレーやエデン・ヴァレーで造られているリースリングが最高級とされています。シャープな味わいと、ライムやパッションフルーツにも似たフルーティな香りが楽しめるのが特徴です。

アメリカではカリフォルニアやワシントンなどで造られており、ミネラル感のある香味とすっきりした辛口の味わいが楽しめます。いろいろな銘柄を飲み比べてみて、好みの味わいのワインが見つかったら産地をチェックしておきましょう。

味わいの傾向で選ぶ

甘口

By: amazon.co.jp

リースリングを味わうにあたって、一番おすすめなのが甘口のワイン。リースリングが持つ爽やかな酸味が、甘みと合わさることで絶妙なバランスを作り出すため、軽やかで品のある味わいが楽しめます。

甘口のワインはアルコール度数が6~8%と低めなので、ワイン初心者の方や女性も飲みやすいのも魅力的。食事時だけでなく、ちょっとしたおつまみとともに気軽に楽しめるほか、食前酒にもおすすめのワインです。

ドイツの品質等級では、シュペートレーゼのほか、十分に熟した選りすぐりのブドウを使って造られるアウスレーゼが甘口にあたります。

極甘口

By: amazon.co.jp

まろやかで濃く、非常に甘味が強いのが極甘口のワイン。食事には合わせにくいですが、フルーツやナッツ、ビターチョコレートなどとの相性がよく、デザートワインとして楽しむのがおすすめです。

チーズともよく合いますが、おすすめはチーズケーキとのマリアージュ。チーズケーキのとろけるような甘みと、まろやかなワインの味わいとの組み合わせを楽しんでみてください。

ドイツの品質等級では、超完熟のブドウを一粒一粒摘み取って造られるベーレンアウスレーゼや、冬季までわざと摘み取りを遅らせ、凍ったブドウを使って造られるアイスワイン、ドイツワインの最高峰とも言われる貴腐ワインを指すトロッケンベーレンアウスレーゼが極甘口にあたります。

辛口

By: amazon.co.jp

最近、人気が高まっている辛口のリースリング。キレのある酸味とすっきりとした後味で、食事と合わせるのにぴったりです。ドイツの品質等級では、カビネットと呼ばれる熟したブドウから造られるワインや、シュペートレーゼという遅積みのブドウで造られたワインの一部が辛口にあたります。

リースリングのおすすめ|甘口

ホッホハイマー ケーニギン ヴィクトリアベルグ リースリング カビネット 2017

ドイツ最高レベルともいわれるホッホハイマーのヴィクトリアベルグ。イギリスのヴィクトリア女王がこのワイナリーのワインを好んで飲んだことから、女王の名前を冠するようになりました。単独所有畑で採れたブドウを使って造られるワインは非常に品質がよく、とても貴重なものです。

スラッとスレンダーなボトルと、ヴィクトリア女王の記念碑が描かれている凝ったデザインのラベルも印象的。ほかのワインとはひと味違う佇まいで、手土産にもおすすめのワインです。

低温発酵させることにより、雑味のないクリーンな味わいが楽しめるのが本製品の大きな特徴。トロピカルフルーツのようなフレッシュで濃厚な香りと、ワイン初心者にも飲みやすい優しい甘さは非常に心地よく、誰でもおいしく飲めるワインです。

ツェラー・シュヴァルツ・カッツ ラインヘッセン・リースリング Q.b.A

スリムな青い猫のボトルが愛らしく、スタイリッシュなワイン。おもてなしの席にはもちろん、お酒好きな方や女性へのプレゼントにしてもおしゃれです。ドイツのモーゼル地方で栽培されたリースリングをふんだんに使って造られています。

ボトルを開けると、柑橘のようなフレッシュな香りや、リンゴや洋ナシのような甘く新鮮な果実の香りが印象的。味わいは甘口で、上品な甘みのあとにリースリングならではのすっきりした酸味が来て、後味をさっぱりさせてくれます。

甘ったるくなく、酸味と甘みのバランスがちょうどいいので食事時にもぴったり。白身魚や豚肉、チーズなどどんな料理とも合わせやすいので、シーンを選ばずいつでも楽しめるワインです。

インテリア ブルー リースリング

下に行くにつれてなだらかに広がった、斬新なデザインのボトルが目を引くワイン。鮮やかなブルーの色合いが美しく、テーブルの上でも映えるのでおもてなしの席にもおすすめしたい1本です。

ドイツ・モーゼル地方のリースリングを使って造られたワインは、グレープフルーツやピーチのようなフレッシュな果実の香りと、上品な甘みのあとに爽やかな酸味が感じられます。

口当たりのよい甘口ですが、すっきりとした後味で食事にも合わせやすく、鶏肉のグリルやクリームソースパスタとの相性がぴったり。いつもの食卓も、ちょっとランクアップしてくれるワインです。

デ ボルトリ ディービー ファミリーセレクション トラミナー リースリング

オーストラリアで高い評価を得ているワイナリー、デ・ボルトリにて造られたワイン。地域の特性を生かしたワイン造りを信条としており、個性の際立ったおいしいワインが人気です。

本製品は、オーストラリアのブドウの名産地であるニュー・サウス・ウェールズ産のブドウをふんだんに使用。グラスに注ぐと、ライチや花の香りにも似た華やかな香りが広がります。

口に含むと、口当たりのよい優しい甘さのあとから雑味のないクリアな酸味が感じられ、すっきりとした後味。甘みと酸味とのバランスがよく、誰でも飲みやすく、料理にも合わせやすいワインです。さらにおいしさがアップするので、よく冷やして飲むのをおすすめします。

リースリングのおすすめ|極甘口

アスコ―二 2016 アイス ワイン リースリング ホワイト スイート ワイン 500ml

エリザベス女王も愛飲しているという、モルドバ産のワイン。モルドバはウクライナとルーマニアの間にある小さな国で、ワイン発祥の地として名高い場所です。ヨーロッパ各国王室で愛され、パリ万博国際ワイン展示会では金メダルを獲得しています。

しっかりとした甘さがありながらもしつこくなく、アイスワインを初めて飲む方にもトライしやすい味わい。デザートワインとして食後に楽しめるほか、ブルーチーズなど塩分のあるおつまみと合わせてゆっくり味わうのもおすすめです。

ロマノスケラーライ ツェラー・シュバルツ・カッツ アウスレーゼ リースリング

気品あふれるブルーのボトルが印象的なワイン。テーブルの上でも映えるので、おもてなしの席や手土産にもおすすめです。愛らしい黒猫のラベルもポイント。

しっかり熟したブドウの房を選りすぐって造られたアウスレーゼワインは、芳醇で豊かな香りと、口の中でふわっと広がる甘さが魅力です。それでいてしつこくなく、後味は爽やかなのでワイン初心者や女性にも喜ばれます。

ワイン単品だけでも十分楽しめる濃厚な味わいですが、パスタやピザ、チーズなどとの相性も抜群。デザートワインにしたり、食事とともに味わったりと、シーンに合わせて楽しめるワインです。

ヴァグナー シュテンペル リースリング ベーレンアウスレーゼ ヘルベルク ハーフ

ヴァグナー・シュテンペルは、何もかも手作業にこだわり、最高のブドウを使って丁寧にワインを造っているドイツの若手生産者。そのクオリティの高さから脚光を浴び、さまざまな分野から称賛を受けている今注目のワイナリーです。

本製品は、完熟したブドウを房ごとではなく、ひと粒ひと粒手作業で丁寧に摘み取って造られるベーレンアウスレーゼ。気の遠くなるような作業を経て作り上げられたワインは、コクのある甘みと、雑味のないクリーンな味わいが特徴です。

ベーレンアウスレーゼは手間がかかる上に生産量が少なく、希少価値が高いワインとされています。濃厚なうまみをひと口ずつじっくりと味わって飲める、おすすめのワインです。

ライヒスラート フォン ブール フォルスター ウンゲホイヤー リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ

深いグリーンに凝ったデザインの白いラベルがノーブルな雰囲気のワイン。ライヒスラートは、ドイツのなかでも温暖な地であるファルツ地方で最も有名な醸造所のひとつです。ライヒスラートのワインは、ミュンヘンサミットや天皇皇后両陛下の晩餐会でも用いられるなど、世界的にも認められています。

トロッケンベーレンアウスレーゼは、貴腐ワインともいわれ、貴腐菌が発生する最適な環境が整った年のみに造られる最も貴重なワイン。ほとんど干しブドウのようになった果実から造られるワインは、ハチミツのように濃厚で「天然のリキュール」とも言われます。

本製品もトロッケンベーレンアウスレーゼらしく、ハチミツがぎゅっと詰まったような濃厚で甘い香りと、とろけるような強い甘みが魅力。ひと口でリッチな雰囲気に浸れます。特別な日のおもてなしの最後に、デザートワインとして楽しむのにぴったりのワインです。

リースリングのおすすめ|辛口

シュテッフェン リースリング シュペートレーゼ トロッケン 2016

ドイツ・モーゼル地方のリースリングを100%使用したワイン。200年以上の歴史と伝統を誇るワイナリー・シュテッフェンによって造られました。リンゴやピーチのようなフルーティな果実の香りや、ハチミツにも似た甘い香りが華やかです。

味わいは辛口で、酸味がしっかりあり、口に含むとキリッと爽やかな風味が広がったあと、ドイツワインらしいわずかな甘みが楽しめます。雑味がなくクリーンな口当たりでどんな食事にも合わせやすく、料理のおいしさをより引き出してくれるワインです。

ヴィラ マリア プライヴェート リースリング

ニュージーランドで育ったリースリングを使用して造られたワイン。ワイナリーは、世界中のワインコンクールでニュージーランド最多受賞歴を持つことでも有名なヴィラ・マリアです。

まだ気温が上がり切らない早朝のうちにブドウを丁寧に摘み取り、低温で発酵させているのが特徴。リースリングの持つ繊細な香りや風味を存分に生かすための工夫です。

グラスに注ぐと、完熟したライムや花にも似た、アロマティックな香りがたちこめます。リースリング独特の酸味と、濃厚な果実味が複雑に交じり合い、すっきりと爽やかな味わいが楽しめるのが魅力です。

チャールズ スミス ワインズ カンフー ガール

東洋の女性をモチーフとしたラベルが個性的で目を引くワイン。気の置けない友人とのひとときや、手土産にするのもおすすめです。アメリカ・コロンビアで採れたリースリングを100%使って造られています。

グラスに注ぐと立ちのぼる、アプリコットや金柑、ネクタリンのようなフレッシュでフルーティな香り。食事の席がグッと華やかになります。リースリングらしい、シャープな酸味が口の中をすっきりとさせてくれる辛口の味わいも魅力です。

クリアな味わいで、白身魚などのほか、アジア風の料理や寿司、インドカレーなどスパイシーな料理と合わせるのがおすすめ。料理のおいしさをワンランクアップし、食事の席をさらに楽しませてくれるワインです。

テュルクハイム アルザス リースリング

フランスのワインの産地として有名なアルザス地方のリースリングをたっぷり使用して造られたワイン。500ヘクタールものブドウ畑を持ち、ワインバイヤーズガイドで3つ星を獲得するほどの実力の持ち主・テュルクハイム葡萄栽培者組合によって造られました。

スラッとスレンダーなフォルムと、爽やかで明るいグリーン色のボトルが印象的。ラベルに、使用したブドウ品種の名前が記されているのがアルザス地方のワインの特徴です。

ボトルを開けると、蜜リンゴのようなみずみずしく甘い香りが楽しめます。味わいは辛口で、リースリングの持ち味ともいえる伸びやかな酸味と、フルーティな味わいが魅力。すっきりとした後味で、誰でもおいしく飲めるワインです。

F.E. トリンバック リースリング

フランス・アルザス地方にて、4世紀もの間伝統あるワイン造りを行ってきたトリンバックのワイン。鮮やかなイエローのラベルが印象的です。アルザス地方で栽培された高品質のリースリングを100%使用して造られています。

グラスに注ぐと食卓を華やかにしてくれる、わずかにグリーンがかった美しいイエローの色合いが大人の雰囲気を演出。香りは上品で、ミネラル感も感じられます。味わいは辛口ですが、白桃を思わせる果実の甘みやグレープフルーツのような爽やかさがあり、誰でも飲みやすいワインです。

リースリングの特徴である強い酸のため、長期熟成が可能。熟成するにつれてだんだんと味わいが変わり、より複雑な味わいが楽しめるのも醍醐味です。