複数台のパソコンやゲーム機、ネットワーク対応HDDなどを有線LANで繋ぐ際に持っていると便利なのが「スイッチングハブ」。モデムのポート数を超える複数の機器が繋げられるほか、無線LANよりも安定した転送速度で機器を利用できるのが魅力。

しかし、スイッチングハブにはさまざまな種類があるので、初心者には選びにくいのが難点です。そこで今回は、スイッチングハブの特徴や選び方をふまえた上で、おすすめのモデルをご紹介します。

スイッチングハブとは?

スイッチングハブとは、有線LANで構築したネットワーク内で複数の機器を中継する役割を担う装置のこと。パソコン2台を有線LANで接続した場合、片方のパソコンからもう片方へデータを転送する際に、データの行き先を振り分ける機能を持っています。

モデムにも搭載されている機能ですが、通常は機器を接続できるLANポートが4つしかないため、5台を超える機器は同時に接続できないのが難点。しかし、スイッチングハブを使うことで、テーブルタップのようにLANケーブルをタコ足配線できるので、5台以上の機器でネットワークの構築ができます。

以前は「リピーターハブ」と呼ばれるモノが主流でしたが、接続した機器全てにデータを転送してしまうため、使い勝手がよくありませんでした。対してスイッチングハブは、電話での個別連絡のようにデータを転送したい機器だけに指定して送れるので、現在では主流となっています。

スイッチングハブの選び方

ポート数をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブに搭載されているポートの数は機種に応じてさまざまですが、使用環境に応じて選ぶのがポイント。一般向けのスイッチングハブは、5ポートと8ポートがメインですが、有線LANで接続する機器の数が少ない場合は5ポートの機種で十分です。

接続する機器が多い場合や今後増やしていく可能性がある場合は、余裕を持って8ポートのモデルを選ぶのがおすすめ。また、企業向けのスイッチングハブには16ポートや24ポートのモノもラインナップされています。オフィスの規模やスタッフの人数に応じてモデルを選びましょう。

ケースの素材をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブのケースに使われている素材は、おもにプラスチックと金属の2種類があります。それぞれに特性があるので、目的に応じて選びましょう。

プラスチック製のモデルは、金属製に比べて安価に入手できます。しかし、放熱性能が高くないため、風通しがよくない場所にスイッチングハブを設置すると、熱がこもって機器のパフォーマンスが低下する場合があります。

一方、金属製の機種はプラスチック製のモノと比べてやや割高ですが、効率的に内部の熱を放出するのが特徴。通気性があまりよくない場所に設置しても熱暴走が起こりにくいため、設置場所の自由度が高いのが魅力です。

通信速度をチェック

By: rakuten.co.jp

スイッチングハブが対応する通信速度には、おもに100BASE-TXと1000BASE-T(Gigabit)の2種類があります。100BASE-TXは最高100Mbs、1000BASE-Tはその10倍となる最高1000Mbpsでの通信が可能です。

以前はコストパフォーマンスの高い、100BASE-TX対応機を選ぶ傾向にありました。しかし、1000BASE-T対応機の価格が安くなったこともあり、最近は扱うファイルサイズの大きさに関わらず1000BASE-T対応機が主流になっています。

ちなみに、通信速度の面でさらにワンランク上の快適さを求めるのであれば、ジャンボフレームに対応するスイッチングハブがおすすめ。データの送信単位(フレーム)が標準よりも拡張されており、転送効率が向上しているため、データ転送にかかる時間をさらに短縮できます。

電源タイプをチェック

スイッチングハブの電源タイプは、電源内蔵型と外部電源型の2種類。設置スペースの広さに応じて選べるのがポイントです。

コンセントの交流電流を家電製品で使われる直流電流に変換するには、ACアダプタが必要ですが、電源内蔵型の機種はスイッチングハブの本体内にACアダプタを搭載しています。本体はやや大きく重くなるものの、コンセント周りがスッキリするので、ほかの機器をコンセントに繋ぐ際の邪魔になりません。

一方、外部電源型はACアダプタをコンセントに挿すプラグ側に配置されています。スイッチングハブ本体は小さく軽くなるものの、コンセント周りのスペースを広く占有してしまうため、ほかの機器を接続しにくくなるのがデメリットです。

スイッチングハブのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムはパソコンやスマホ用の周辺機器を広く取り扱っているメーカーです。スイッチングハブの分野でも人気で、2018年度の市場シェアで業界第1位の販売数量を誇っています。

家庭向けに3〜24ポートのモデルをラインナップしているほか、企業向けにはセキュリティ機能を強化したモデルも発売しています。また、ケースの素材は金属製とプラスチック製の両方を用意。製品のラインナップが整理されており、わかりやすいので、目的に適した機種を選びやすいのも魅力です。

サポートが手厚いのもポイント。使い方を画像や動画を交えて解説するガイドサイトや、設定が不安な方向けに有料の訪問サービスも行っています。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

外付けハードディスクやUSBメモリなどのパソコン周辺機器を取り扱っているメーカーです。スイッチングハブのラインナップも豊富で、さまざまなモデルのなかから目的に合ったモノを選べます。

バッファロー独自のモノとして、ネットワークオーディオの構築に適した機種を用意。オーディオ再生に必要な通信だけを切り分けられるので、ハイレゾ音源など大容量の楽曲データもストレスなく楽しめます。

また、家庭向けには3〜24ポートの機種を発売していますが、企業向けには48ポートの機種も用意。加えて、「おまかせ節電」機能で消費電力を大幅に抑えられるのも魅力です。

ネットギア(NETGEAR)

By: amazon.co.jp

ネットギアはおもに企業向けのネットワーク機器を取り扱っているメーカーです。中小以上の規模を持つ企業のニーズに応える高性能なスイッチングハブを提供しているのが特徴。種類は少ないものの、家庭向けのモデルもラインナップされています。

機能性の高さも特徴。スマホアプリやクラウド上からセキュリティ設定および接続の管理ができる機種や、接続した機器へPoEによる給電が可能な機種、1000BASE-Tのさらに10倍の通信速度となる10Gigabitに対応する機種などがあります。

企業向けの機種には、購入した機器の保証期限を定めずに無償で交換できるライフタイム保証も付帯するのもポイント。家庭向けの機種では保証内容が簡素化されており、その分安く購入できるようになっています。

スイッチングハブのおすすめモデル|5ポート未満

ロジテック(Logitec) スイッチングハブ LAN-SW03PSBE

ロジテック(Logitec) スイッチングハブ LAN-SW03PSBE

3ポートタイプの超小型スイッチングハブです。幅73.3×奥行き42.0×高さ13.5mmは業界最小のサイズで、設置場所を選ばないのが特徴。コンパクトな設計ながらも100Mbpsに対応しており、パソコンやゲームのインターネット利用に最適です。

本体価格が安いだけでなく、省エネ設計により電気代を抑えられます。各ポートの接続状態を自動で認識し、電力供給量をコントロールする機能が内蔵。さらに、LANケーブルの長さによっても電力供給量を抑えられ、省電力を実現したモデルです。

自然空冷型のスイッチングハブであることから、空冷ファンによる騒音も発生しにくく、作業に集中できます。持ち運びも容易であり、家庭での使用だけでなく作業場での使用にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G03PA-SB

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G03PA-SB

3ポート全てが1000BASE-Tに対応したスイッチングハブです。ジャンボフレームにも対応しており、効率的なデータ転送が実現。安定したインターネット接続の環境により、ストレスフリーで使用したい方におすすめです。

高速データ転送が可能ながらも、省エネ設計であることがポイント。らくらく節電機能により、接続されていないポートを判別し電力供給を抑えます。さらに、メイン基板にコンデンサを使用していないため長期にわたって使用できるモデルです。

トラッキング防止の安心機能も魅力。ACアダプタの端子にキャップが採用され、トラッキング現象の発生を防止できます。

プリンストン(PRINCETON) スイッチングハブ PNP-SWGP06E

プリンストン(PRINCETON) スイッチングハブ PNP-SWGP06E

PoE対応で電力供給も可能なスイッチングハブです。4つのポートがPoEに対応しており、ポートあたり最大30Wの電力が供給できます。音声データの通信やビデオ会議もスムーズに行えるのが特徴です。

高速データ通信を実現としたフローコントロール機能が搭載されているのもポイント。フローコントロール機能により、内部バッファメモリの負担を抑え、データ通信の遅延を予防します。

4つのLANポートのほかに、UpLink1ポート・SFP1スロットが採用され柔軟なネットワークの構築を実現。マグネット・壁掛けアンカーが付属し、設置場所にも困らないおすすめのスイッチングハブです。

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHB-UT2A04F

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHB-UT2A04F

超高速通信規格10GBASE-Tに対応した法人向けのモデル。9Kbytesのジャンボフレームが搭載され、ビジネス環境で増え続ける大容量データ通信にも安心できます。

動作環境温度は50℃までなので、夏の過酷な環境のなかでも安定して動作。ACアダプタにはトラッキング対策が施されており、ホコリが多い場所でも故障しにくい設計です。

メーカー保証3年とユーザー登録による保証2年の最大5年の保証が受けられるのも魅力。外部からのDDoS攻撃を自動で検知する機能が搭載されており、不審な大容量パケットの受信を防ぎます。

スイッチングハブのおすすめモデル|5~8ポート

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL

5ポート全てが、1000BASE-Tに対応したスイッチングハブ。高速通信を活かして、家庭でゲームやパソコン用にも使えるだけでなく、オフィス用にも適したモデルです。

ホワイトとブラックの2種類が用意されており、部屋のインテリアや壁紙に合わせて選択できます。コンパクト性も優れており、ネジを使用して壁掛けにも対応。重量は約95gと持ち運びにも便利です。

5ポート付きで1000BASE-Tに対応したハイスペックモデルながら、比較的安い価格であるのが特徴。サポートが充実しており、電話はもちろんWebからチャット・LINE・メールでの対応ができます。

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G05PA-JW-K

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G05PA-JW-K

軽さを求める方におすすめのスイッチングハブです。プラスチック素材で作られた機器本体は約125g。磁石が付属し金属面へ取り付けができるほか、背面には壁掛け用の穴もあり、場所を選ばずに設置できます。

デザインだけでなく、機能も充実した仕上がりです。5ポート全てが1000BASE-Tに対応し、快適なネットワーク環境を提供。最大9Kbytesジャンボフレーム機能が搭載され、データ転送にかかる時間が短縮されます。

周辺温度に弱い電解コンデンサを使用せず、機器の長い寿命を実現。故障時のサポート体制も充実しており、初心者でも安心して購入できます。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS305P-100JPS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS305P-100JPS

操作性に優れたスイッチングハブです。装置本体にLANケーブルを挿すだけで、自動で機器が認識されるプラグアンドプレイ仕様。初心者でも安心して使用できます。

放熱性に優れた金属素材が採用されており、熱がこもる場所にも設置できるのが特徴。ファンレス静音設計のモデルで、近くに置いても作業に集中できます。家庭やオフィスだけでなく、病院、店舗での設置もおすすめです。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS105E-200JPS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS105E-200JPS

データ通信の遅延を抑えたい人におすすめのモデルです。5つ全てのポートが1000BASE-Tのデータ通信をしていても速度が落ちない、ノンブロッキング設計を採用しています。

中小規模向けのネットワーク構築で必要なアンマネージスイッチに、QoS・VLAN・ポートミラーリングが追加。機能として充実したモデルながら、安さを追求しています。

Webブラウザか専用ツールを使用した管理画面は使いやすさを意識した作りです。購入から30日以内にユーザー登録を行えば、365日間の日本語サポートを受けられます。

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G05MN2-HJB

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G05MN2-HJB

省エネが特徴のスイッチングハブです。省エネ法に準拠した仕様で、未使用ポートを自動認識することで電力供給を抑えます。最大77%の節電を可能とし、環境に優しいモデルです。

スイッチングハブにはAUTO MDI/MDI-Xが搭載されています。従来は、ネットワーク機器に応じて、ストレートケーブルとクロスケーブルを使い分ける必要がありました。AUTO MDI/MDI-Xにより、機器やケーブルを区別せずに使用できます。

機器本体の背面に壁掛け設置用の穴とマグネットが付属。さらに、電源内蔵タイプであるため、ほかの機器との電源プラグの取り合いが起こりません。5ポート全てが1000BASE-Tに対応しており、家庭での使用におすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LXW-10G2/2G4

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LXW-10G2/2G4

10GBASE-Tの通信速度を誇るスイッチングハブ。従来最速であった1000BASE-Tの10倍の通信速度を実現し、4K動画やネットゲームも快適です。計6ポートのうち、2ポートが10GBASE-Tに対応し、残りの4ポートは最大2.5GBASE-Tに対応しています。

洗練されたデザインが特徴のモデル。黒一色の金属素材の機器本体は、厚さ5mmのアルミパネルが採用され高級感を与えます。無骨なデザインが多いスイッチングハブですが、部屋のインテリアとしてもおすすめです。

ループ検知機能により、事前にネットワーク障害を予防。さらに、優先的に10GBASE-Tポートの通信を行うQoSが搭載されています。機能的にもデザイン的にも完成度の高いスイッチングハブです。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS308E-100JPS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS308E-100JPS

8ポート付きのスイッチングハブです。8ポート全てが1000BASE-Tに対応しているほか、QoS機能により音声や映像など遅延しやすいデータを優先的に転送します。

全てのポートで同時にデータの送受信をしても速度が落ちないノンブロッキング設計が特徴。ビジネス現場で複数のネットワーク機器を同時に使用しても、高品質のパフォーマンスを維持します。

機器本体は8ポート付きながら、コンパクトサイズを実現したモデル。別売りの壁掛け用マグネットを購入すれば、狭いオフィスでも場所を選ばずに設置ができます。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-8NS

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-8NS

放熱性に優れている金属製のスイッチングハブ。節電性能にも優れており、使用していないポートへの通電を制限する「おまかせ節電」と、データ通信が行われていない時に消費電力を抑える「おまかせ節電NEXT」の2種類の方法により、最大86%節電できます。

装置本体に電源が内蔵されており、ACアダプタを使用しないモデルです。電源コードを挿すだけで電源供給されるため、コンセント周りもスッキリします。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-8NS

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-8NS

コンパクトサイズが魅力のスイッチングハブ。底面の四隅に滑り止め用のゴムが貼られており、どこに置いても安定するのが魅力です。

8ポート全てが1000BASE-Tに対応しており、大容量のデータもストレスなく転送できます。ネットワーク障害を引き起こすループ現象を自動検知し、作業に影響がない仕様です。

カラーバリエーションは黒と白の2種類が用意されており、設置場所に合わせて選択可能。デザイン性や機能が充実していながらも安いのが特徴です。

スイッチングハブのおすすめモデル|16ポート

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW4-GT-16NSR

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW4-GT-16NSR

小規模オフィスや事務所に設置したい方におすすめのモデルです。16ポート全てが1000BASE-Tに対応し、快適にデータ転送を行えます。ファンレス設計により、騒音を最小限に抑えたい仕事場での利用に最適です。

取り付け金具が同梱されており、ラックや壁面への設置が容易。スイッチングハブの設置場所が制限される環境でも、安心して取り付けられます。また、AC電源が内蔵されており、複数の機器がコンセントに繋がれている状態でも邪魔にならないのが特徴です。

L字型の電源ケーブルと機器本体付属のフックにより、ケーブルが抜けてしまうトラブルを防ぎます。そのほか、トラッキング防止のケーブルが採用されており、安全性を求める人にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHB-SG2B16F-PL

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHB-SG2B16F-PL

PoE給電機能が搭載されたスイッチングハブ。従来では、ネットワークカメラの設置に電源ケーブルが必要でしたが、LANケーブル1本でデータと電源の供給が可能です。AC電源を別で設置するコストを削減できます。

16ポート全てが1000BASE-Tに対応しているほか、Auto MDI/MDI-X機能も搭載しており、接続先のネットワーク機器の仕様に応じて自動で接続。さらに、4つのSFPポートからは、光ファイバーケーブルによる長距離高速通信にも対応しています。

設定方法が簡単なのも特徴。設定保存機能により、機器の入れ替えや設定を間違えた際に最初から設定しなおす手間を省けます。機能としては十分なモデルで、ハイスペックを求める方におすすめです。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS116E-200JPS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS116E-200JPS

16ポート全てが1000BASE-Tに対応したビジネス向けのモデルです。VLAN・QoSといった主要機能をアンマネージスイッチに搭載し、過剰な機能を取り除いています。電源に繋げばすぐに使用できるため、初心者にもおすすめです。

ネットワークケーブルの自動診断機能が搭載。ネットワークケーブルにトラブルが発生したときに、素早く原因を特定し接続問題を解決します。さらに、ポートミラーリング機能により、1つのポートのデータを別ポートへ転送することでトラブルを解決可能です。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ XS512EM-100AJS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ XS512EM-100AJS

将来を見据えたネットワークの構築におすすめのスイッチングハブ。16ポート全てにPoE機能が搭載されており、拡張性が確保されています。LANケーブルにより電力供給が行えることで、機器設置のために電源ケーブルが不要です。

外部電源を使用することで最大720Wの電力供給を実現します。将来的に電力を大量消費する機器を使用するときには、PoE出力を増やすことで対応。柔軟性のあるネットワークの構築を行えます。

省電力型イーサネットを搭載し、EEE準拠の機器に対して節電できます。さらに、PoEポートの電力供給をスケジューリング化し、機器を使用していないときに電力供給を抑える機能は高ポイントです。

スイッチングハブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スイッチングハブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。