複数台のパソコンやゲーム機、ネットワーク対応HDDなどを有線LANで繋ぐ際に持っていると便利なのが「スイッチングハブ」。モデムのポート数を超える複数の機器が繋げられるほか、無線LANよりも安定した転送速度で機器を利用できるのが魅力。

しかし、スイッチングハブにはさまざまな種類があるので、初心者には選びにくいのが難点です。そこで今回は、スイッチングハブの特徴や選び方をふまえた上で、おすすめのモデルをご紹介します。

スイッチングハブとは?

スイッチングハブとは、有線LANで構築したネットワーク内で複数の機器を中継する役割を担う装置のこと。パソコン2台を有線LANで接続した場合、片方のパソコンからもう片方へデータを転送する際に、データの行き先を振り分ける機能を持っています。

この機能はモデムにも搭載されていますが、通常は機器を接続できるLANポートが4つしかないため、5台を超える機器は同時に接続できないのが難点。しかし、スイッチングハブを使うことで、テーブルタップのようにLANケーブルをタコ足配線できるので、5台以上の機器でネットワークの構築ができます。

以前は「リピーターハブ」呼ばれるモノが主流でしたが、接続した機器すべてにデータを転送してしまうため、使い勝手がよくありませんでした。対してスイッチングハブは、電話での個別連絡のようにデータを転送したい機器だけに指定して送れるので、現在では主流となっています。

スイッチングハブの選び方

ポート数をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブに搭載されているポートの数は機種に応じてさまざまですが、使用環境に応じて選ぶのがポイント。一般向けのスイッチングハブは、5ポートと8ポートがメインですが、有線LANで接続する機器の数が少ない場合は5ポートの機種で十分です。

接続する機器が多い場合や今後増やしていく可能性がある場合は、余裕を持って8ポートのモデルを選ぶのがおすすめ。また、企業向けのスイッチングハブには16ポートや24ポートのモノもラインナップされています。オフィスの規模やスタッフの人数に応じてモデルを選びましょう。

ケースの素材をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブのケースに使われている素材は、おもにプラスチックと金属の2種類があります。それぞれに特性があるので、目的に応じて選びましょう。

プラスチック製のモデルは、金属製に比べて安価に入手できます。しかし、放熱性能が高くないため、風通しが良くない場所にスイッチングハブを設置すると、熱がこもって機器のパフォーマンスが低下する場合があります。

一方、金属製の機種はプラスチック製のものと比べてやや割高ですが、効率的に内部の熱を放出してくれるのが特徴。通気性があまりよくない場所に設置しても熱暴走が起こりにくいため、設置場所の自由度が高いのが魅力です。

通信速度をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブが対応する通信速度には、おもに100BASE-TXと1000BASE-T(Gigabit)の2種類があります。100BASE-TXは最高100Mbs、1000BASE-Tはその10倍となる最高1000Mbpsでの通信が可能です。

以前はコストパフォーマンスの高い、100BASE-TX対応機を選ぶ傾向にありました。しかし、1000BASE-T対応機の価格が安くなったこともあり、最近は扱うファイルサイズの大きさに関わらず1000BASE-T対応機が主流になっています。

ちなみに、通信速度の面でさらにワンランク上の快適さを求めるのであれば、ジャンボフレームに対応するスイッチングハブがおすすめ。データの送信単位(フレーム)が標準よりも拡張されており、転送効率が向上しているため、データ転送にかかる時間をさらに短縮できます。

電源タイプをチェック

スイッチングハブの電源タイプは、電源内蔵型と外部電源型の2種類。設置スペースの広さに応じて選べるのがポイントです。

コンセントの交流電流を家電製品で使われる直流電流に変換するには、ACアダプタが必要ですが、電源内蔵型の機種はスイッチングハブの本体内にACアダプタを搭載しています。本体はやや大きく重くなるものの、コンセント周りがスッキリするので、ほかの機器をコンセントに繋ぐ際の邪魔になりません。

一方、外部電源型はACアダプタをコンセントに挿すプラグ側に配置されています。スイッチングハブ本体は小さく軽くなるものの、コンセント周りのスペースを広く占有してしまうため、ほかの機器を接続しにくくなるのがデメリットです。

スイッチングハブのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムはパソコンやスマホ用の周辺機器を広く取り扱っているメーカーです。スイッチングハブの分野でも人気で、2018年度の市場シェアで業界第1位の販売数量を誇っています。

家庭向けに3〜24ポートのモデルをラインナップしているほか、企業向けにはセキュリティ機能を強化したモデルも発売しています。また、ケースの素材は金属製とプラスチック製の両方を用意。製品のラインナップが整理されており、わかりやすいので、目的に適した機種を選びやすいのも魅力です。

サポートが手厚いのもポイント。使い方を画像や動画を交えて解説してくれるガイドサイトや、設定が不安な方向けに有料の訪問サービスも行っています。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

外付けハードディスクやUSBメモリなどのパソコン周辺機器を取り扱っているメーカーです。スイッチングハブのラインナップも豊富で、さまざまなモデルのなかから目的に合ったモノを選べます。

バッファロー独自のものとして、ネットワークオーディオの構築に適した機種を用意。オーディオ再生に必要な通信だけを切り分けられるので、ハイレゾ音源など大容量の楽曲データもストレスなく楽しめます。

また、家庭向けには3〜24ポートの機種を発売していますが、企業向けには48ポートの機種も用意。加えて、「おまかせ節電」機能で消費電力を大幅に抑えられるのも魅力です。

ネットギア(NETGEAR)

By: amazon.co.jp

ネットギアは主に企業向けのネットワーク機器を取り扱っているメーカーです。中小以上の規模を持つ企業のニーズに応える高性能なスイッチングハブを提供しているのが特徴。種類は少ないものの、家庭向けのモデルもラインナップされています。

機能性の高さも特徴。スマホアプリやクラウド上からセキュリティ設定および接続の管理ができる機種や、接続した機器へPoEによる給電が可能な機種、1000BASE-Tのさらに10倍の通信速度となる10Gigabitに対応する機種などがあります。

企業向けの機種には購入した機器を保証期限を定めずに無償で交換できるライフタイム保証も付帯するのもポイント。家庭向けの機種では保証内容が簡素化されており、その分安く購入できるようになっています。

スイッチングハブのおすすめモデル|5~8ポート

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G05PA-B-K

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G05PA-B-K

1000BASE-Tに対応した、外部電源型のプラスチック筐体5ポートハブです。比較的安価で入手できるので、手軽に有線LANでのネットワーク環境を構築したい方におすすめです。

設置が簡単なのも特徴。モデムにスイッチングハブを取り付ける際、従来はそれぞれに適合するケーブルの端子を接続する必要がありました。しかし、本機は「Auto MDI/MDI-X」に対応しているため、ケーブル端子の種類を気にせず設置できます。

外部電源の採用によりスイッチングハブ本体がコンパクトなのも特徴で、置き場所に困りません。また、本体背面に壁掛け設置用の穴もあるので、壁掛けも可能です。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL/NBK

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL/NBK

1000BASE-Tに対応した、外部電源型の5ポートハブです。本体はプラスチック筐体でブラックとホワイトの2色がラインナップされています。比較的安価なので、有線LANによる安定したインターネット接続環境を低コストで整えたい方におすすめです。

2種類の省電力機能を搭載しているのが特徴。使用中のポートのみに電力供給をする「おまかせ節電機能」と、データ転送していないポートには電力供給を制限する「おまかせ節電NEXT機能」によって、消費電力を最大で約85%カットできると謳っています。

5ポート全てがGigabitイーサネット(1000BASE-T)に対応しているため、高速でインターネット環境を楽しめます。ネットワーク上の転送効率を向上させるジャンボフレームに対応しているのもポイントです。

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G08MN2-HJB

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G08MN2-HJB

通信速度の規格は1000BASE-Tに対応。放熱性と省電力に優れた、電源内蔵型の8ポートハブです。メタル筐体で使用時も効率よく放熱ができるほか、ファンレス設計で高い静音性を実現しています。

本機は省エネ法に準拠したエコ省電力タイプ。データ転送が行われていないポートを自動で判別して、電力供給を効率よく抑えます。最大で約76%の節電ができると謳っているのもポイントです。

ループ検知機能も搭載。3つのスイッチングハブを環状に設置するなど、接続経路にループがあると、通信がループし続けて障害を引き起こします。しかし、本機ではループ発生を検知するとLED点滅で知らせてくれるので、安心して運用できるのが特徴です。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ BS-GS2016/A

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ BS-GS2016/A

ネットワークオーディオ向けに開発された、8ポートのスイッチングハブです。本機を介してモデムにネットワークオーディオプレイヤーやアンプスピーカーを接続することで、オーディオ用の通信と無線LANなどの通信を切り分けられるのがポイント。通信の集中を解消できるので、ハイレゾ音源など大容量の音楽データもストレスなく楽しめます。

1.5MBの大容量バッファーを搭載しているのもポイント。オーディオ機器へ転送されるデータをスイッチングハブで一時的に保持でき、オーディオ機器の再生速度に合わせてデータを読み出せるので、音飛びの少ない音楽鑑賞を満喫できます。

ケースは金属筐体、通信速度の規格は1000BASE-T、電源タイプは電源内蔵型。電源プラグにはトラッキング現象による障害を防ぐ、3Pインレッド加工が施されています。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS308-100JPS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS308-100JPS

小規模なオフィスや在宅ワーカーにおすすめの外部電源型の8ポートハブです。1000BASE-T対応しており、高速で通信することができます。筐体は頑丈な金属製を採用。作業に必要十分な機能を備えているので、ホームやSOHOネットワークでのLANポート増設用として最適です。

9216バイトのジャンボフレームに対応。また、未使用ポートやケーブルが短いポートの電力をカットする省エネ機能も搭載しています。加えて、ファンレス設計なので作動音が作業の邪魔になりません。

本製品は個人向けのため、3年間の長期保証が付帯。20年以上の実績がある日本語でのサポートが年中無休で受けられるので、業務用途のスイッチングハブとしても安心して運用できます。

スイッチングハブのおすすめモデル|16ポート以上

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G16MN-HJW

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G16MN-HJW

1000BASE-T対応、電源内蔵型でメタル筐体の16ポートハブです。メイン基板に耐久性に優れた高分子アルミ固体電解コンデンサを使用しているため、長期に渡って使用できます。

ループ検知機能を搭載しており、作業環境の障害となるネットワークループの解消に役立ちます。また、本機は省エネ法に準拠しており、省電力機能も搭載。消費電力を最大で69%までカットできると謳っているので、オフィスの電気代節約に貢献します。

本機は前面にLANポートを備えているのが特徴。各ポートの使用状況や接続状態がひとめで分かるので、メンテナンス性に優れています。また、電源プラグにはトラッキング火災を防ぐ加工が施されているのもポイント。小規模オフィスでの使用におすすめのモデルです。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW4-GT-16NSR

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW4-GT-16NSR

オフィスの高速ネットワークの構築に最適な、16ポートのスイッチングハブです。1000BASE-Tに対応しており、金属筐体で電源内蔵型。ジャンボフレームにも対応するので、データを高速で転送できます。

自動電力調節機能の「おまかせ節電」も搭載。接続機器の電源がオフになっているポートや未使用のポートへの電力供給を自動で制限できるので、夜間に多くのパソコンがシャットダウンされるオフィスで大幅な電力の節約を実現します。

ループ検知機能も搭載されているほか、前面パネルのLOOP検知スイッチで機能の切り替えも可能。また、放熱と静音性を考慮したファンレス設計なので、耳障りなノイズで作業が妨害されません。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS316-100JPS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS316-100JPS

コストパフォーマンスに優れた16ポートのスイッチングハブです。1000BASE-Tに対応しており、金属筐体で外部電源型。比較的リーズナブルに購入できるので、コストを抑えつつ小規模オフィスでネットワークを構築したい方におすすめです。

導入が簡単なのも特徴。特別な設定は不要で、電源アダプタとLANケーブルを挿すだけですぐに使用ができます。また、スリムなデザインのため、デスクと壁の隙間などの限られたスペースにも置けるのもポイントです。

PoE給電に対応するのも特徴。対応のIPセキュリティカメラやVoIP電話などの機器では、LANケーブル1本でデータ転送だけではなく給電も同時に行えます。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ JGS524PE-100AJS

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ JGS524PE-100AJS

中規模オフィスでのネットワーク構築におすすめ。1000BASE-T対応した、金属筐体で電源内蔵型の24ポートハブです。トラフィックに優先順位を付けるQoS機能やネットワークを分割するVLAN機能など、オフィス業務で必要とされる設定・管理機能が充実しています。

24ポートの内12個のLANポートがPoE給電に対応。IP電話やPoEに対応した無線LANへの給電に最適です。また、ノンブロッキング設計の採用により、24ポート全てで1000Mbps双方向通信を同時に行っても速度が低下しないので、多人数での運用に向いています。

ウェブブラウザーまたはWindows専用ツールで各種設定の変更も可能です。加えて、他のポートの送受信データを別ポートへ転送するポートミラーリングにも対応。情報漏洩に対するセキュリティ対策やネットワークのトラブルシューティングを手軽に行えます。

スイッチングハブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スイッチングハブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。