複数台のパソコンやゲーム機、ネットワーク対応HDDなどを有線LANで繋ぐ際に持っていると便利な「スイッチングハブ」。モデムのポート数を超える複数の機器が繋げられるほか、無線LANよりも安定した転送速度で機器を利用できるのが魅力。

しかし、スイッチングハブにはさまざまな種類があるので、初心者には選びにくいのが難点です。そこで今回は、スイッチングハブの特徴や選び方をふまえた上で、おすすめのモデルをご紹介します。

スイッチングハブとは?

スイッチングハブとは、有線LANで構築したネットワーク内で複数の機器を中継する役割を担う装置のこと。パソコン2台を有線LANで接続した場合、片方のパソコンからもう片方へデータを転送する際に、データの行き先を振り分ける機能を持っています。

モデムにも搭載されている機能ですが、通常は機器を接続できるLANポートが4つしかないため、5台を超える機器は同時に接続できないのが難点。しかし、スイッチングハブを使うことで、テーブルタップのようにLANケーブルをタコ足配線できるので、5台以上の機器でネットワークの構築ができます。

以前は「リピーターハブ」と呼ばれるモノが主流でしたが、接続した機器全てにデータを転送してしまうため、使い勝手がよくありませんでした。対してスイッチングハブは、電話での個別連絡のようにデータを転送したい機器だけに指定して送れるので、現在では主流となっています。

スイッチングハブの選び方

ポート数をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブに搭載されているポートの数は機種に応じてさまざまですが、使用環境に応じて選ぶのがポイント。一般向けのスイッチングハブは、5ポートと8ポートがメインですが、有線LANで接続する機器の数が少ない場合は5ポートの機種で十分です。

接続する機器が多い場合や今後増やしていく可能性がある場合は、余裕を持って8ポートのモデルを選ぶのがおすすめ。また、企業向けのスイッチングハブには16ポートや24ポートのモノもラインナップされています。オフィスの規模やスタッフの人数に応じてモデルを選びましょう。

ケースの素材をチェック

スイッチングハブのケースに使われている素材は、おもにプラスチックと金属の2種類があります。それぞれに特性があるので、目的に応じて選びましょう。

プラスチック製のモデルは、金属製に比べて安価に入手できます。しかし、放熱性能が高くないため、風通しがよくない場所にスイッチングハブを設置すると、熱がこもって機器のパフォーマンスが低下する場合があります。

一方、金属製の機種はプラスチック製のモノと比べてやや割高ですが、効率的に内部の熱を放出するのが特徴。通気性があまりよくない場所に設置しても熱暴走が起こりにくいため、設置場所の自由度が高いのが魅力です。

通信速度をチェック

スイッチングハブが対応する通信速度には、おもに100BASE-TXと1000BASE-T(Gigabit)の2種類があります。100BASE-TXは最高100Mbs、1000BASE-Tはその10倍となる最高1000Mbpsでの通信が可能です。

以前はコストパフォーマンスの高い、100BASE-TX対応機を選ぶ傾向にありました。しかし、1000BASE-T対応機の価格が安くなったこともあり、最近は扱うファイルサイズの大きさに関わらず1000BASE-T対応機が主流になっています。

ちなみに、通信速度の面でさらにワンランク上の快適さを求めるのであれば、ジャンボフレームに対応するスイッチングハブがおすすめ。データの送信単位(フレーム)が標準よりも拡張されており、転送効率が向上しているため、データ転送にかかる時間をさらに短縮できます。

電源タイプをチェック

スイッチングハブの電源タイプは、電源内蔵型と外部電源型の2種類。設置スペースの広さに応じて選べるのがポイントです。

コンセントの交流電流を家電製品で使われる直流電流に変換するには、ACアダプタが必要ですが、電源内蔵型の機種はスイッチングハブの本体内にACアダプタを搭載しています。本体はやや大きく重くなるものの、コンセント周りがスッキリするので、ほかの機器をコンセントに繋ぐ際、邪魔になりにくいデザイン。

一方、外部電源型はACアダプタをコンセントに挿すプラグ側に配置されています。スイッチングハブ本体は小さく軽くなるものの、コンセント周りのスペースを広く占有してしまうため、ほかの機器を接続しにくくなるのがデメリットです。

スイッチングハブのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

エレコムはパソコンやスマホ用の周辺機器を広く取り扱っているメーカーです。スイッチングハブの分野でも人気で、2018年度の市場シェアで業界第1位の販売数量を誇っています。

家庭向けに3〜24ポートのモデルをラインナップしているほか、企業向けにはセキュリティ機能を強化したモデルも発売しています。また、ケースの素材は金属製とプラスチック製の両方を用意。製品ラインナップがわかりやすいので、目的に適した機種を選びやすいのも魅力です。

サポートが手厚いのもポイント。使い方を画像や動画を交えて解説するガイドサイトや、設定が不安な方向けに有料の訪問サービスも行っています。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

外付けハードディスクやUSBメモリなどのパソコン周辺機器を取り扱っているメーカーです。スイッチングハブのラインナップも豊富で、さまざまなモデルのなかから目的に合ったモノを選べます。

バッファロー独自のモノとして、ネットワークオーディオの構築に適した機種を用意。オーディオ再生に必要な通信だけを切り分けられるので、ハイレゾ音源など大容量の楽曲データもストレスなく楽しめます。

また、家庭向けには3〜24ポートの機種を発売していますが、企業向けには48ポートの機種も用意。加えて、「おまかせ節電」機能で消費電力を大幅に抑えられるのも魅力です。

ネットギア(NETGEAR)

By: amazon.co.jp

ネットギアはおもに企業向けのネットワーク機器を取り扱っているメーカーです。中小以上の規模を持つ企業のニーズに応える高性能なスイッチングハブを提供しているのが特徴。種類は少ないものの、家庭向けのモデルもラインナップされています。

機能性の高さも特徴。スマホアプリやクラウド上からセキュリティ設定および接続の管理ができる機種や、接続した機器へPoEによる給電が可能な機種、1000BASE-Tのさらに10倍の通信速度となる10Gigabitに対応する機種などがあります。

企業向けの機種には、購入した機器の保証期限を定めずに無償で交換できるライフタイム保証を付帯するのもポイント。家庭向けの機種では保証内容が簡素化されており、その分安く購入できるようになっています。

スイッチングハブのおすすめモデル|5ポート未満

エレコム(ELECOM) 1000BASE-T対応 スイッチングハブ EHC-G03PA-SB

1000BASE-Tの転送速度に対応したスイッチングハブです。寿命が短い電解コンデンサをメイン基板に使用していないため、長期間にわたって使用できるモデル。また、接続していないポートを自動で検知することで電力供給を抑える「らくらく節電機能」が搭載されています。

本体サイズの75×52×16mmは、業界最小クラスのコンパクトサイズです。スペースに制限のある場所でも設置できるほか、手のひらサイズであるため持ち運びも簡単。自室用としてだけでなく、展示会や会議などビジネス用途にもおすすめです。

本体内部に冷却ファンが内蔵されていない静音設計が魅力。さらに、接続されているポートにLEDランプが点灯することで、接続状況を把握できるのもポイントです。

ロジテック(Logitec) スイッチングハブ 3ポート

3ポートタイプの超小型スイッチングハブ。52×97×17mmとコンパクトなので、場所を選ばずに設置できるのがポイントです。また、重さもわずか29gと外出先へ持ち出す方におすすめ。

miniUSBポート、またはmicroUSBポートから給電を行うタイプです。ACアダプタが不要なため、家庭用コンセントがない場所でも使用できるほか、ケーブル周りをスッキリできます。

転送速度は100Mbpsに対応しており、パソコンだけでなくデジタル家電・ゲーム機などの用途にも使用可能。本体は冷却ファンではなく、自然冷却式を採用しているため、動作中の騒音を軽減できるモデルです。

エレコム(ELECOM) 10Gスイッチ4ポート EHB-UT2A04F

全4ポートが10GBASE-Tの高速転送速度に対応したスイッチングハブです。さらに、9キロバイトのジャンボフレームにより、データ量が増え続けるビジネス環境でも安定した業務を行えます。

接続先のLANポートの仕様に対して、自動的に識別を行う「Auto MDI/MDI-X機能」を採用。機器やケーブルを区別する必要なく、適切な方法で接続されます。また、接続されていないポートやリンクを判別し、電力を抑えるらくらく節電機能も魅力。

くわえて、50℃までの耐熱設計を施されているので、熱が溜まりやすい過酷な環境でも、安定した動作が可能です。本体は、放熱性に優れたメタルケースが採用されており、発熱を最小限に抑えることで故障を軽減できます。

スイッチングハブのおすすめモデル|5~8ポート

ティーピーリンク(TP-Link) 5ポート10/100/1000Mbps デスクトップ スイッチングハブ TL-SG105

1000BASE-Tに対応したスイッチングハブです。5つのポートが搭載されているため、複数の通信機器をまとめて整理できます。また、電源がオフになった通信機器への電力供給を抑える省エネ設計です。

本体には、頑丈な金属筐体が採用されています。平置きだけでなくネジを使えば壁掛けも可能なため、スペースが限られた場所でも設置できるのが魅力。最高50℃までの動作環境に耐えられる設計で、夏の暑い時期や空調が取り付けられない場所でも使用できます。

「802.1p・DSCP QoS1」技術によって、データ遅延が起きやすい音声やビデオなどをスムーズに視聴可能。さらに、Plug & Playの自動機能が搭載されており、本体にケーブルを差し込むだけでセットアップされます。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-5NS

5ポート全てが1000BASE-Tに対応したスイッチングハブです。高速での転送が可能なことで、パソコンだけでなくゲーム機やテレビなどにも使用可能。ネットワーク運用における障害の発生を検知する「ループ検知機能」が搭載されており、障害を素早く解決し安定した通信を行えます。

スタイリッシュなデザインが特徴です。143×29×86mmのコンパクトサイズのため、テレビボードなどの狭い隙間にも設置できます。また、ブラック・ホワイトの2色が展開されており、部屋のインテリアや雰囲気に合わせて選択可能。

放熱性に優れている金属筐体が採用されています。さらに、本体内部はファンレス設計により、静かなオフィス環境でも音が気になりにくいモデルです。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL

デザインが優れたスイッチングハブです。104×25×65mmのコンパクトサイズのため、場所を選ばずに設置できます。また、従来モデルよりも底面積が大きいほか、四隅に滑り止めのゴム足が付いており、振動が発生しても位置がズレにくいのが特徴。

本体はブラック・ホワイトの2色展開です。さらに、ネジを用意することで平置きだけでなく壁掛けも可能。重さ約95gと軽量設計なため、外部に持ち出しする方にもおすすめです。

5つの全てのポートが高速通信の1000BASE-Tに対応。大容量のデータ転送を行えるほか、ネットワーク上の転送効率を向上させるジャンボフレームにより、快適にインターネットを楽しめます。

ネットギア(NETGEAR) POE対応 ギガビット5ポート アンマネージスイッチ GS305P-100JPS

5ポート付きのスイッチングハブです。内4ポートにはデータ通信とともに電力の供給を行なうPoEに対応しており、最大15.4Wの電力を通信機器に給電可能。IP電話や有線監視カメラ、無線アクセスポイントなど電源を確保しにくい場所に設置する受信機器でも、コンセント不要で使用できます。

5つ全てのポートで1000BASE-Tの高速転送を行っていても、転送速度が落ちにくいノンブロッキング機能が便利。また、自動で接続先のLANポートを識別するAuto MDI/MDI-X機能が採用されており、機器やケーブルを区別しなくてよいのもメリットです。

金属筐体により本体内部に熱がこもりにくい仕様。さらに、ファンレス設計のため、動作音が気になる病院・商業施設・オフィスなどの静かな環境に最適です。

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G08MN2A-HJB

省電力タイプのスイッチングハブです。通信されていないポートを自動で判別し電力供給を抑えることにより、最大約76%の節電が可能です。

本体内部に電源が内蔵されています。ACコードによる接続のため、コンセントのほかの差し込み口を邪魔しにくい設計です。また、差し込みプラグの端子部分に電流を絶縁するキャップが装着されていることで、トラッキング現象の発生を防ぎます。

本体底面にマグネットが採用されており、スチール製のデスクや家具に安定して取り付けられるのが魅力。さらに、最大50℃までの耐熱仕様であるほか、熱がこもりにくい金属筐体が採用されています。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW4-TX-8EP

スタイリッシュなデザインのスイッチングハブです。146×27×97mmとコンパクトサイズであるため、狭い隙間にも設置可能。また、ブラック・ホワイトの2色展開で、パソコンなどの通信機器やインテリアの雰囲気と合わせられます。

プラグの間に溝が入った安全設計により、ホコリや湿気が原因のトラッキング現象を軽減。さらに、自動でポートの使用状態を判別することで、未使用ポートへの電源供給を制限するモデルです。パソコンがシャットダウンすると本体への給電が止まり、電力を節約できます。

ネットギア(NETGEAR) Nighthawk S8000スイッチ GS808E-100JPS

ゲーミング向けのスイッチングハブです。ゲーム専用ポートにケーブルを差し込むと、接続されたゲーム機やゲーミングPCのデータ転送が優先的に行われます。ネットワークの遅延を軽減できるため、ゲームプレイへの影響を最小限に抑えられるのが魅力。

8ポート全てが1000BASE-Tでの高速転送が可能です。また、最大4ポートを束ねることで、4倍速での通信が可能なリンクアグリゲーション機能に対応。4K解像度のストリーミングなど大容量データも高速で転送されます。

スタイリッシュなデザインが特徴。亜鉛合金製筺体は、通信不良を引き起こすノイズに強いだけでなく、放熱性・耐久性に優れています。スマートフォンによる設定・管理に対応しており、初心者にもおすすめです。

スイッチングハブのおすすめモデル|16ポート

エレコム(ELECOM) 1000BASE-T対応 スイッチングハブ EHC-G08MN2A-HJB

電源が内蔵されたスイッチングハブです。ACケーブルの接続により、コンセント部分がスッキリします。また、差し込みプラグ部分に絶縁加工が施されており、トラッキング現象を防止。

本体底面にマグネットを施しているので、スチール製のデスクや家具に固定できます。さらに、本体背面には穴が開けられており、平置きだけでなく壁掛けも可能です。

動作温度は最大50℃まで対応。夏の暑い時期や熱がこもりやすい場所でも安定して稼働します。接続していないポートを自動的に判別する「らくらく節電機能」によって、電力供給を抑え、節約できるモデルです。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW4-GT-16NSR

16ポートタイプのスイッチングハブです。全てのポートで1000BASE-Tでの高速転送が可能。また、ネットワーク上の転送効率を向上させるジャンボフレームに対応しており、大規模データの転送を行うビジネス用途としておすすめです。

さまざまな場所に設置できるのが便利。デスクへの平置きはもちろん、付属の金具を使用することでサーバーラックや壁面へ取り付けられます。

高い静音性が魅力のファンレス設計です。動作音が気になるオフィス・病院・商業施設などへの導入に最適。トラッキング防止加工が施されており、安全性に優れたモデルです。

ティーピーリンク(TP-Link) 16ポート ギガビット デスクトップ/ラックマウントスイッチ TL-SG1016S

省エネルギー技術が搭載されたスイッチングハブです。ポートに接続された通信機器の電源状態に応じて、消費電力を削減できます。環境に対して優れたモデルで、特定の有害物質の使用を禁止するEUのRoHS指令に準拠。

16ポート全てが1000BASE-Tに対応しているため、大容量のデータでも高速で転送を行えます。さらに、10KBのジャンボフレームをサポートしており、効率的な転送が可能です。

自動で接続先のLANポートを識別するAuto MDI/MDI-X機能が採用されています。また、LANケーブルで本体と通信機器を接続するだけで、すぐに使用できるPlug & Play機能が搭載されており初心者にもおすすめです。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW3-TX-16NSR

ファンレス設計により高い静音性に優れたスイッチングハブです。オフィスや病院など静かな環境に設置しても動作音が気になりにくいのが魅力。また、本体内部に熱がこもりにくい金属筐体が採用されており、空調や温度が上がりやすい場所でも効率的に放熱されます。

ネットワーク上で障害が発生した場合に、素早く知らせてくれるループ検知機能が便利。また、差し込みプラグにはトラッキング防止加工が施されているため、安全に使用できます。

ネットギア(NETGEAR) スイッチングハブ GS116E-200JPS

ビジネス向けのスイッチングハブ。16ポート全てが1000BASE-Tに対応しているほか、全てのポートで同時に送受信を行っても、パフォーマンスが落ちにくいノンブロッキング設計です。

ネットワークケーブルの診断機能が搭載。障害が発生した箇所と原因を素早く特定することで、トラブルシューティングに要する時間を短縮できます。また、インターネットブラウザかWindows用ソフトウェアにより、簡単に設定・運用管理が可能です。

スイッチングハブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スイッチングハブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。