複数台のパソコンやゲーム機、ネットワーク対応HDDなどを有線LANで繋ぐ際に便利な「スイッチングハブ」。モデムのポート数を超える複数の機器が繋げられるほか、無線LANよりも安定した転送速度で機器を利用できるのが魅力です。

しかし、スイッチングハブにはさまざまな種類があるので、初心者には選びにくいのが難点。そこで今回は、スイッチングハブの特徴や選び方をふまえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

スイッチングハブとは?

By: amazon.co.jp

スイッチングハブとは、有線LANで構築したネットワーク内で複数の機器を中継する役割を担う装置のこと。パソコン2台を有線LANで接続した場合、片方のパソコンからもう片方へデータを転送する際に、データの行き先を振り分ける機能を持っています。

モデムにも搭載されている機能ですが、通常は機器を接続できるLANポートが4つしかないため、5台を超える機器は同時に接続できないのが難点。しかし、スイッチングハブを使えば、テーブルタップのようにLANケーブルをタコ足配線できるので、5台以上の機器でネットワークの構築が可能です。

以前は「リピーターハブ」と呼ばれるモノが主流でしたが、接続した機器全てにデータを転送してしまうため、使い勝手がよくありませんでした。対してスイッチングハブは、電話での個別連絡のようにデータを転送したい機器だけに指定して送れるので、現在では主流とされています。

スイッチングハブの選び方

ポート数をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブに搭載されているポートの数は、機種によってさまざま。使用環境に応じて選ぶのがポイントです。一般向けのスイッチングハブは、5ポートと8ポートがメイン。有線LANで接続する機器の数が少ない場合は5ポートの機種で十分です。

接続する機器が多い場合や今後増やしていく可能性がある場合は、余裕を持って8ポートのモデルを選ぶのがおすすめ。また、企業向けのスイッチングハブには、16ポートや24ポートのモノもラインナップされています。オフィスの規模やスタッフの人数に応じてモデルを選びましょう。

ケースの素材をチェック

スイッチングハブのケースに使われている素材は、主にプラスチックと金属の2種類です。それぞれに特性があるので、目的に応じて選びましょう。

プラスチック製のモデルは、金属製に比べて安価に入手可能。しかし、放熱性能が高くないため、風通しがよくない場所にスイッチングハブを設置すると、熱がこもって機器のパフォーマンスが低下する場合があります。

一方、金属製の機種はプラスチック製のモノと比べてやや割高ですが、効率的に内部の熱を放出するのが特徴。熱暴走が起こりにくく、設置場所の自由度が高いのが魅力です。

通信速度をチェック

By: amazon.co.jp

スイッチングハブが対応する通信速度には、主に100BASE-TXと1000BASE-T(Gigabit)の2種類があります。100BASE-TXは最高100Mbps、1000BASE-Tはその10倍となる最高1000Mbpsでの通信が可能です。

以前はコストパフォーマンスの高い、100BASE-TX対応機を選ぶ傾向にありました。しかし、1000BASE-T対応機の価格が安くなったこともあり、最近は扱うファイルサイズの大きさに関わらず1000BASE-T対応機が主流とされています。

ちなみに、通信速度の面でさらにワンランク上の快適さを求めるのであれば、ジャンボフレームに対応するスイッチングハブがおすすめ。データの送信単位(フレーム)が標準よりも拡張されており、転送効率が向上しているため、データ転送にかかる時間をさらに短縮できます。

電源タイプをチェック

スイッチングハブの電源タイプは、電源内蔵型と外部電源型の2種類。設置スペースの広さに応じて選べるのがポイントです。

コンセントの交流電流を家電製品で使われる直流電流に変換するには、ACアダプタが必要ですが、電源内蔵型の機種はスイッチングハブの本体内にACアダプタを搭載しています。本体はやや大きく重くなるものの、コンセント周りがスッキリするので、ほかの機器をコンセントに繋ぐ際、邪魔になりにくいのがポイントです。

一方、外部電源型はACアダプタをコンセントに挿すプラグ側に配置されています。スイッチングハブ本体は小さく軽くなるものの、コンセント周りのスペースを広く占有してしまうため、ほかの機器を接続しにくくなるのがデメリットです。

静音性をチェック

By: sanwa.co.jp

静かなオフィスや寝室などでスイッチングハブを使う予定の方は、静音性をチェックしておきましょう。ファンレス設計のモノであれば、動作音がほとんどなく、快適に利用できます。

しかし、ファンが付いていないと内部の熱が逃げにくいため、発熱しやすいのが難点。放熱性に優れた材質のモノを選んだり、放熱用のフィンを別途で取り付けたりすることで対策ができます。

IP電話・監視カメラならPoE対応かチェック

By: amazon.co.jp

PoEは「Power over Ethernet」の略で、Ethernetケーブルから直接電力を供給できる技術のことを指します。コンセントが近くにない機器をつないだり、接続先機器の配線を少なくしたりできるのがメリットです。

特に、監視カメラを利用する際は、玄関や車庫など、コンセントからほど遠い場所へ設置することが多々あります。PoE対応のスイッチングハブを活用すれば、LANケーブル1本でつなぐだけで駆動させられるのがポイントです。

また、IP電話や無線LANアクセスポイントなどは、配線が多くなりがち。PoE対応のスイッチングハブであれば、無駄な配線をなくして機器の周りをすっきりさせられます。利用する際は、接続先の機器も対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

スイッチングハブのおすすめメーカー

エレコム(ELECOM)

By: amazon.co.jp

「エレコム」は、パソコンやスマホ用の周辺機器を広く取り扱っているメーカーです。スイッチングハブの分野でも人気があります。

家庭向けに3〜24ポートのモデルをラインナップしているほか、企業向けにはセキュリティ機能を強化したモデルも発売。また、ケースの素材は金属製とプラスチック製の両方を用意しています。製品ラインナップがわかりやすいので、目的に適した機種を選びやすいのも魅力です。

サポートが手厚いのもポイント。使い方を画像や動画を交えて解説するガイドサイトや、設定が不安な方向けに有料の訪問サービスも行っています。

バッファロー(BUFFALO)

By: amazon.co.jp

「バッファロー」は、外付けHDDやUSBメモリなどのパソコン周辺機器を取り扱っているメーカーです。スイッチングハブのラインナップも豊富で、さまざまなモデルのなかから目的に合ったモノを選べます。

家庭向けには3〜24ポートの機種を発売していますが、企業向けには48ポートの機種も用意。加えて、「おまかせ節電」機能で消費電力を大幅に抑えられるのも魅力です。

ネットギア(NETGEAR)

By: amazon.co.jp

「ネットギア」は、主に企業向けのネットワーク機器を取り扱っているメーカーです。中小以上の規模を持つ企業のニーズに応える高性能なスイッチングハブを提供しているのが特徴。種類は少ないものの、家庭向けのモデルもラインナップされています。

機能性の高さも特徴。スマホアプリやクラウド上からセキュリティ設定および接続の管理ができる機種や、1000BASE-Tのさらに10倍の通信速度となる10Gigabitに対応する機種などがあります。

企業向けの機種は、購入した機器の保証期限を定めずに無償で交換できるライフタイム保証が付帯しているのもポイント。家庭向けの機種では保証内容が簡素化されている分、安価で購入が可能です。

スイッチングハブのおすすめモデル|5ポート未満

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ ギガビット 3ポート EHC-G03PA-SB

トラッキング現象を防げるのがポイント

長期間にわたって使用できるスイッチングハブです。メイン基板に、本体の寿命を短くするといわれている電解コンデンサを使用していないのがポイント。ACアダプターの差し込みプラグの根元を絶縁しており、スパークを引き起こすトラッキング現象を防げる仕様です。

3つすべてのポートが1000BASE-Tに対応しているのも魅力。さらに、ジャンボフレームによって、大容量データの転送時間を短縮できます。 接続先のLANポートの仕様に対し、自動的に識別を行う「Auto MDI/MDI-X機能」を採用しており、機器やケーブルを区別することなく接続可能なモデルです。

ロジテック(Logitec) スイッチングハブ 3ポート LAN-SW03PSWE

電力消費を抑えられる省エネタイプ

使用環境に応じて給電方法を選べるスイッチングハブです。USBケーブルを介して電源供給を行えるほか、ACアダプターを電源として使用できます。また、リンクされていないポートを自動で判別することで、電力消費を抑えられる省エネタイプなのも特徴です。

限られたスペースでも設置しやすい、手のひらサイズも魅力。幅73.3×奥行42×高さ13.5mmのコンパクトサイズは、出張先への持ち運びにも便利です。さらに、冷却ファンを内蔵していない自然空冷設計を採用しており、騒音が発生しにくく作業に集中できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ギガビット対応 スイッチングハブ LAN-GIGAP301BK

駆動音が非常に静かなのが特徴

幅75×奥行56×高さ21.5mmとコンパクトサイズのスイッチングハブです。底面には、強力なマグネットを搭載。スチール製のオフィスデスクの側面へ設置することも可能です。

また、10Mbps・100Mbps・1000Mbpsの3種類を自動で切り替えられる「オートネゴシエーション」機能を搭載。ストレート・クロスどちらのケーブルでも使える「Auto MDI/MDI-X」機能にも対応しています。

ファンが内蔵されていないため、駆動音が非常に静かなのが特徴。省電力機能が搭載されているので、電気代を抑えたい方にも適しています。ループ障害が発生した際は、LEDの自動点灯で通知。小さいながらも高性能なスイッチングハブです。

CableMatters USB 3.1 4ポート スイッチングハブ

USB-Aケーブルと4つのLANポートを搭載した、汎用性の高さが魅力のスイッチングハブです。ノートパソコンやMac Book Airなど、LANポートを備えていない端末の有線接続を実施したい場面に役立ちます。

また、USBバスパワー対応のため、USBポートを備えたPCなどから電源供給できるのもポイント。コンセントなどの電源確保が不要で、外出先などで簡易的な有線ネットワークを構築できるのが魅力です。

プリンター・ゲーム機・スマートTVなど、さまざまな機器の接続を集約できるのもメリット。コンパクトで便利なスイッチングハブを探している方は一度チェックしてみて下さい。

スイッチングハブのおすすめモデル|5~8ポート

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHC-G05PA-JW-K

動作音が気になりにくいのが魅力

本体底面にマグネットを搭載したスイッチングハブです。スチール製のデスクや家具などに固定できるため、設置するスペースに悩んでいる方におすすめ。また、静音性に優れたファンレス設計で、静かなオフィスや部屋で使用していても動作音が気になりにくいのが魅力です。

長寿命設計なのもポイント。メイン基板に、劣化を早めてしまう電解コンデンサを採用していないため、長期間にわたって使用できます。さらに、機器に接続していないポートやリンクしていないポートを自動で判別し、消費電力を抑えられるのも魅力です。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-5EPL

平置きだけでなく壁掛けも可能なモデル

ファンレス設計のスイッチングハブです。自然冷却タイプなので、動作音が抑えられており、作業中も気になりにくいのがポイント。また、5ポートすべてが1000BASE-Tに対応しているため、快適にインターネットを楽しめます。

幅104×奥行65×高さ25mmのコンパクトサイズも本製品の魅力です。丸みのあるデザインを採用しているほか、本体四隅にゴム足が取り付けられているため、安定感があります。さらに、ネジを使用することで、平置きだけでなく壁掛けも可能なモデルです。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LXW-10G2/2G4

インテリアにこだわりのある方にもおすすめのスイッチングハブです。厚さ5mmのアルミ正面パネルを採用しているほか、アルマイト加工が施されており、高級感のあるデザインに仕上げられているのが魅力。また、動作音が発生しにくいファンレス設計を採用しているため、騒音を気にせず作業を行えます。

高速ネットワークの構築が可能なのも本製品のポイントです。全6ポートを搭載し、2ポートが「10GBASE-T」、残りの4ポートが「2.5GBASE-T」に対応しており、大容量データのやりとりを高速で行えます。さらに、未使用ポートを自動で判別することで、消費電力の削減にも効果的です。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW6-GT-8NS

省エネ設計のスイッチングハブです。接続先の電源がオフになっているポートや、未使用ポートへの電力供給を抑える「おまかせ節電」を搭載しています。

また、データの転送が行われていない場合に、消費電力を抑えられる「おまかせ節電NEXT」の2つの機能を合わせ、効率的に電力コストをカットできるのが特徴です。

スタイリッシュなデザインも本製品のポイント。幅173×奥行86×高さ29mmの寸法は、テレビの下や狭いスペースの設置に便利です。さらに、本体に電源が内蔵されているため、コンセント周りをすっきりとした状態に保てます。

ネットギア(NETGEAR) 10G/マルチギガビット アンマネージスイッチ XS508M-100AJS

中小企業におすすめのスイッチングハブです。100M・1G・2.5G・5G・10Gの5つの速度で接続できる、イーサネットポートを搭載しているのが特徴。さらに、1Gもしくは10G接続のSFP+ポートも備えているので、さまざまな機器に接続できます。

各ポートが接続されたデバイスに対し、必要な速度を自動検知するのが魅力。自動的に適切な速度でインターネット通信を行えます。リンク状態とケーブル長によって消費電力も調節するため、エコに使いたい方におすすめです。

電源を入れてLANケーブルを挿すだけの簡単接続もポイント。デスクトップやラックマウントに設置可能で、スペースをとらないので狭い空間でも気軽に導入できます。

アイ・オー・データ(I-O DATA) スイッチングハブ ETG-ESH08WC

消費電力を抑えたい方におすすめのスイッチングハブです。データ通信が行われていないポートや、未使用ポートを自動的に検出することで、効果的に節電を行えます。また、本体と機器を接続するケーブルの長さを判別し、適切な電力供給量を調節できるのも魅力です。

安全性に優れているのも本製品のポイント。JIS規格の耐トラッキング性試験にクリアしたACアダプターを採用しており、使用中の機器異常を予防可能です。さらに、「Auto MDI/MDI-X」機能を搭載しているため、ストレートケーブルやクロスケーブルといった種類を使い分けることなく接続できます。

TP-Link 5ポート スイッチングハブ LS105G

機器操作が苦手な方でも使いやすいスイッチングハブです。電源と機器に接続するだけで使用可能なプラグアンドプレイシステムを採用しており、専用ドライバーのインストールなど煩わしい設定が不要。また、デスクなどへ平置きできるだけでなく、壁掛けにも対応しているため、狭いスペースでの設置にも便利です。

安定性の高いインターネット通信を行えるのも魅力的なポイント。5ポートすべてが1000BASE-Tの転送速度に対応しているので、オンラインゲームやストリーミング動画の再生にも便利です。

8ポート・16ポートのモデルもラインナップしており、プライベートだけでなく、ビジネスシーンにも適しています。

TP-Link 5ポート 10G デスクトップスイッチ TL-SX105

全ポート10G対応のスイッチングハブ。最大100Gbpsのスイッチング容量によって処理能力が高く、ゲーミングや8K動画なども高速通信・低遅延で楽しめるのが特徴です。

また、5スピード(100Mbps/1G/2.5G/5G/10G)接続対応のオートネゴシエーション機能が備わっているのもポイント。使用するデバイスに合わせて最適化できるのも魅力です。価格はやや高めですが、ネットワーク環境のアップグレードを図りたい方はぜひチェックしてみてください。

TP-Link 5ポート ギガビット デスクトップ スイッチ TL-SG105

頑丈な金属筐体を採用し、据え置きや壁掛けなど好きなスタイルで設置できるのが魅力のスイッチングハブです。ファンレスモデルのため静音性に優れており、快適に使用できます。

また、利用環境に応じて消費電力を抑制できる「Green Ethernet technology」に対応しているのもポイント。LANケーブルの長さや、ポートのリンク状態に応じて、自動で消費電力をコントロールできるのがメリットです。

そのほか、1Gbpsのイーサネットポートを5つ備えています。NASやゲーム機など、大容量通信を必要とする機器を含めたネットワーク構築におすすめです。

さらに、特定の通信を優先して伝送させたり、帯域幅を確保したりしてサービス品質を確保できる「QoS」も搭載。動画や音声など、伝送速度の影響を受けやすいアプリケーションを安定して利用したい場面にも向いています。

Meraki Go ネットワークスイッチ GS110-8P-HW-US

PoEの技術に対応したスイッチングハブです。接続先の機器もPoEに対応していればコンセントへつなぐ必要がないため、周辺をすっきりとさせられます。監視カメラやIP電話などへ接続したい方におすすめです。

接続した機器情報は、専用のアプリで管理できるのが魅力。インターネットの使用状況を確認したり、接続スピードを変更したり、ポートの有効・無効を切り替えたりできます。

テレワークやサテライトオフィス、個人店舗など、さまざまなシーンで活用できるのがポイントです。

スイッチングハブのおすすめモデル|16ポート以上

エレコム(ELECOM) スイッチングハブ EHB-SG2B16

Web会議ツールなどを使用する際に便利なスイッチングハブです。音声や動画データの遅延を防ぐ「QoS機能」を搭載しており、快適にコミュニケーションを取れます。また、ネットワーク運用に障害をもたらすループを自動的に検知するため、安定性の高いインターネット接続が可能です。

多様な設置方法に対応しているのも魅力のひとつ。平置きはもちろん、付属のネジを使用することで壁掛けが可能です。さらに、別売りのマグネットによって金属製のデスクなどにも取り付けられます。

動作時環境温度が50℃に設定されているため、熱がこもりやすい場所や冷房が届かない場所での設置にも便利です。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングハブ LSW3-TX-16NSR

本体内部の温度上昇を防げるスイッチングハブです。放熱性に優れた金属筐体を採用しており、夏場や温度が上がりやすい環境でも効率的に熱を排出できます。また、ポートの使用状況や接続先の電源状態を自動で判別し、電源供給を抑えることで節電効果が期待できるのも魅力です。

さまざまな場所に設置できるのも特徴。マグネットが付属しており、金属製のデスクや家具に取り付けることでスペースが限られている場所でも設置可能です。ACアダプターを不要とした電源内蔵式のモデル。コンセント周りがスッキリしやすいのもポイントです。

TP-Link スイッチングハブ TL-SG1016D

利便性に優れたスイッチングハブです。機器に接続するだけで使用できるプラグアンドプレイタイプで、機器操作が苦手な方におすすめ。また、16ポートすべてで1000BASE-Tに対応しているのに加え、10KBのジャンボフレームをサポートしているため、効率的な転送が可能です。

快適にインターネットを楽しめるのも本製品の特徴。トラフィックの監視やループ防止機能を搭載しており、接続している際のトラブルを防げます。

使用していないポートの自動電源オフ機能を搭載。さらに、ケーブルの長さに合わせて消費電力を抑えられるなど、省エネ機能を重視する方におすすめのモデルです。

TP-Link ギガビットイージースマートスイッチ TL-SG1024DE

ポート監視・ループ防止・ケーブル診断機能などを備え、効率のよいトラフィック監視を実現している24ポートスイッチングハブです。ノイズの少ない環境を構築しやすく、音声や動画などのコンテンツも鮮明かつスムーズに利用できます。

また、アイドル状態のポートを検知したり、ケーブルの長さに応じて自動で消費電力を調節したりできるのもポイント。堅牢で放熱性能のよい金属筺体を採用しており、ファンレスで静かに運用できます。

そのほか、各ポートは最大1Gbpsまでのデバイスリンク速度に対応。10M・100M・1Gbpsなど端末側の通信速度を自動で検知できる「オートネゴシエーション」機能も備えている、操作性のよさも魅力のひとつです。

複数の端末を一括で管轄し、コンパクトな配線で充実したネットワーク環境を構築したい方は要チェック。拡張性にも優れた、おすすめの多機能スイッチングハブです。

アイ・オー・データ(I-O DATA) スイッチングハブ ETX-ESH16NC

安全面を重視する方におすすめのスイッチングハブです。トラッキング対策を施したプラグを採用しており、ホコリが溜まってしまうことによる発煙や発火のリスクを軽減できます。効率的に熱を逃がすメタルボディにより、冷房が効きにくい高温環境への設置も可能です。

節電効果を得られるのも魅力的なポイント。各ポートのリンク速度に応じて消費電力を抑える「リンク速度検知」や、未使用ポートの電力をカットする「リンクダウン検知」を搭載しており、電気代が気になる方におすすめです。カラーは、ブラック・ホワイトの2カラーをラインナップしています。

スイッチングハブのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スイッチングハブのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。