写真や書類、メニュー表などの紙を保護して耐久性を高められる「ラミネーター」。家庭でも気軽に使えるコンパクトなモデルから、オフィスでも使える本格的なモデルまで、さまざまな種類が販売されています。

そこで今回は、おすすめのラミネーターをご紹介。ラミネーターの選び方やチェックしておきたい機能などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ラミネーターとは?

By: amazon.co.jp

ラミネーターとは、紙の表面をフィルムで覆う加工ができる機械。ラミネートすると水分や汚れから紙を保護しやすいため、飲食店のメニュー表や屋外に掲示する案内などに適しています。

家庭でも、大切な写真を綺麗なまま保存したり学校関係の書類を汚れないように保護したりなど、さまざまな用途に使用可能。オフィスでも家庭でも出番のある便利なアイテムです。

ラミネーターの選び方

対応するサイズをチェック

By: amazon.co.jp

対応する紙のサイズも、ラミネーターを選ぶ際に重要なポイントです。A3サイズまで対応したモデルとA4サイズまで対応したモデルが一般的なタイプ。A3対応のラミネーターであれば、A4の原稿も加工可能なのでおすすめです。

しかし、A3対応モデルは本体サイズが大きいため、使用や収納にスペースを取りやすい点がデメリット。加工したい紙のサイズに合わせて適したモデルを選んでみてください。

フィルムの厚さをチェック

By: amazon.co.jp

ラミネーターによって、使用できるフィルムの厚さが異なります。よく使われるフィルムの厚さは100μ前後であり、柔らかく加工しやすいため多くのラミネーターが対応しています。

高価なラミネーターの場合、150μや200μ、350μなど厚いフィルムも使用可能。一般的に厚いフィルムの方が耐久性に優れているので、用途に合わせたフィルムとラミネーターを選んでみてください。

ローラーの本数をチェック

By: rakuten.co.jp

ほぼ全てのラミネーターには、ローラーが搭載されているのが特徴。ローラーの本数はモデルによって2本・4本・6本と異なり、本数によって仕上がりが異なります。

2本のローラーを搭載したラミネーターは過熱や圧着、フィルム送りなどの作業を全て2本のローラーだけで行うため、反りが発生しやすい傾向があります。

加熱用と圧着用のローラーを搭載した4本または6本のモデルは、大きな原稿にも対応しやすく2本のモデルと比較してきれいに加工可能です。

ラミネート速度をチェック

By: rakuten.co.jp

ラミネートする速度も、ラミネーターを選ぶ際に重要なポイント。製品によってフィルムを加工するスピードは大きく異なり、一般的に高価なモデルはラミネート速度が速く、低価格なモデルはやや遅い傾向にあります。

1枚の原稿を加工するだけであれば速度が遅くても気にならないものの、連続で複数枚を加工したい場合は、ラミネート速度が早いモデルがおすすめです。

温度調節機能をチェック

By: rakuten.co.jp

ラミネーターは、原稿やフィルムの厚さに応じた適切な温度で加工しないと気泡が入ったり波打ったりしてしまい、きれいに仕上がりません。そのため、ラミネーターのなかには温度調節機能を搭載したモデルも多くラインナップされています。

さまざまな種類の原稿やフィルムを使用する可能性がある場合は、柔軟に対応できる温度調節機能搭載モデルを選びましょう。細かいモデルだと、8段階の温度調節に対応したラミネーターもあります。

ウォームアップ時間をチェック

By: rakuten.co.jp

ラミネーターを選ぶ際は、ウォームアップに必要な時間もチェックしておきましょう。ラミネーターは本体を加熱してから使用するため、ウォームアップと呼ばれる準備の時間が必要です。

ラミネーターによってウォームアップに10分近くかかる場合や10秒程度で済む場合もあり、必要な時間はモデルによってさまざま。スムーズに使いたい場合は、できるだけウォームアップ時間が短いモデルがおすすめです。

ラミネーターのおすすめモデル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ラミネーター KLM42X

A4サイズまで対応したラミネーター。本体サイズが約幅37.3×奥行き10.7×高さ6.3cmとコンパクトなので、オフィスはもちろん自宅でも邪魔にならずに使えます。収納にも場所を取りにくいため、使用頻度が高くない場合にもおすすめです。

起動後のウォームアップにかかる時間は、約90秒。待ち時間が短いのでスムーズに使用できます。最大でA4サイズに対応しているため、重要な書類やメニュー表などさまざまな紙をラミネート加工可能です。

温度が高い場合と低い場合向けに、2種類のモードも搭載。ボタンを押すだけで素早く任意のモードを適用できます。また、電源を入れてから30分が経過すると自動的にヒーターが切れるので、加熱しすぎを予防できます。

フィルムが詰まった場合に引き抜くための、フリーレバーも搭載。シンプルながら使い勝手に優れた、便利なラミネーターです。

ヒューレット・パッカード(HP) ラミネーター LW0401-J1

自宅でも使いやすいスリムなおすすめのラミネーターです。本体サイズが約36×10.5×7cmとコンパクトなので、自宅のPCデスクやテーブルなどでも無理なく使用可能。重量も約1.05kgと軽く、収納や持ち運びもしやすい仕様です。

名刺からA4用紙まで、幅広いサイズの原稿に対応しているのもポイント。ウォームアップにかかる時間は約180秒。最大で2時間の連続使用が可能なため、大量の書類をまとめて加工したい場合にもおすすめです。

ABS緊急停止ボタンも搭載。フィルムが巻き付いたり斜めに入ったりしても、簡単に抜き出せます。

Bonsaii ラミネーター L311-A

幅広いサイズの原稿に対応した、おすすめのラミネーターです。最大でA3サイズの用紙に加工できるほか、小さな用紙にも対応。A4の書類や名刺、ポスターなど、さまざまな原稿をラミネートできます。

挿入口にはフィルムガイドも搭載。フィルムの位置ズレを抑え、真っ直ぐきれいに仕上げられます。また、温度調節機能にも対応しているので、用紙やフィルムの厚さに適した温度に設定可能です。

コールドラミネート機能の搭載も特徴のひとつ。専用のフィルムを使用すれば、レシートやポラロイドなどの熱を加えると変色してしまう用紙も加工できます。

Ajimuki ラミネーター

シンプルで使いやすい、おすすめのラミネーター。A4までのサイズに対応しているので、一般的な書類はもちろん、名刺やはがき、写真などさまざまな原稿をラミネート可能です。

ウォームアップ時間は最大で約4分。1分間に最大で約250mmラミネートできるほか、30分の連続作業に対応しています。複数の書類を加工したい場合でも、スムーズに作業可能。また、動作音が気になりにくい静音設計も魅力です。

フィルムが歪んでしまった場合でも、ABSボタンを押せば素早く対処可能。低価格でコストパフォーマンスにも優れた、おすすめのラミネーターです。

ナカバヤシ(Nakabayashi) ラミボックスA4 PLB-A4S

高品質なラミネートが可能な、おすすめのラミネーター。4本のローラーが内蔵されており、反りを抑えながらきれいに仕上げられます。ボックス型のフラットな形状も特徴。本体は幅38×奥行き12.3×高さ8.7cmと大き過ぎず、扱いやすいサイズです。

対応している用紙サイズは、A4まで。また、フィルムと原稿を合わせて0.6mmまでの厚みに対応しています。ウォームアップに必要な時間は、約8分です。

8段階の温度調節機能の搭載もポイント。フィルムに気泡が入ったり波打ったりしないように、柔軟に温度を変更可能です。また、ローラー逆転機能も搭載されているので、フィルムが詰まった場合でもスムーズに対処できます。

起動後、60分間操作しない場合に自動でヒーターがオフになる機能も搭載されているため、安心して使用できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 4本ローラーラミネーター LFA34AR

多機能で使いやすい、おすすめのラミネーター。ウォームアップ時間が約2分と短いので、電源を入れてからスムーズに使用できます。内蔵されているローラーの数は4本。ズレや歪み、反りなどを抑えてきれいに仕上げられます。

温度調節機能の搭載もポイント。原稿やフィルムの厚さに合わせて温度を5段階で調節できます。本体にボタンが5つ搭載されているので、簡単に目当ての温度に設定可能です。また、ヒーターは60分で自動的に切れます。

余白が大きい原稿や不定形の原稿も、キャリアシートを使用すればきれいにラミネート加工が可能。オートリバース機能も搭載されており、万が一フィルムがローラーに巻き付いたり斜めに入ったりしても、自動で解消されます。

トレーやケーブルは取り外し可能。コンパクトに収納できます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 高速起動ラミネーター HSL-A34

思い立ったときにすぐ使いやすい、おすすめのラミネーター。ウォームアップにかかる時間が約35秒と非常に短いのが特徴です。また、ウォームアップが完了すると本体右上に搭載されたランプが点灯するので、動作状況も一目で確認できます。

対応している原稿サイズは、A3まで。加熱プレスローラーと冷却プレスローラーが搭載されており、ズレや歪み、空気の侵入などを抑えて加工できます。フィルムの厚みに合わせて、スイッチひとつで温度調節も可能です。

ワイヤートレーの搭載もポイント。フィルムを受け止められるため、ズレや変形を防止できます。また、スイッチを押してローラーを逆回転させるリバース機能も搭載されているので、フィルムが詰まったり斜めに入ったりしても素早く対応可能です。

電源を入れてから30分でヒーターがオフになるため、安心して使用できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ラミネーター 400-LM004

スリムな形状ながら高機能で使いやすい、おすすめのラミネーター。幅46.5×奥行き13.2×高さ7.3cmのスリムなサイズを採用しているため、一般的なデスクの上でも無理なく使用可能です。原稿は、A3サイズまで対応しています。

ウォームアップにかかる時間は、約90秒。ウォームアップが完了するとLEDランプが点灯するほかアラームも鳴るので、動作状況をすぐに把握可能です。

搭載されたローラーの数は4本。加熱用と圧着用のローラーが各2本ずつ用意されているため、反りを抑えてきれいに仕上げられます。付属のトレイを装着すれば、加工後のフィルムを冷ませるので、変形も防止可能です。

リリースレバーの搭載もポイント。万が一フィルムが詰まってしまっても、スムーズにフィルムを取り出せます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ラミネーター 400-LM010

待ち時間が気にならない高性能なおすすめラミネーター。約10秒でウォームアップが完了する高速な起動が特徴です。本体には液晶画面も搭載されており、ウォームアップの状況をカウントダウン表示できます。

幅広い原稿サイズに対応している点も特徴のひとつ。A4サイズの原稿に対応しているのはもちろん、最大でA3サイズまで加工できるため、ポスターや張り紙などのラミネートも可能です。また、はがきや名刺のような小さいサイズにも対応できます。

原稿を挿入する際に位置を合わせやすいトレーも搭載。トレーは折りたためるので、使わないときはコンパクトに収納できます。

30分放置で電源が切れるオートオフにも対応。フィルム詰まりに対応できるリリースボタンも搭載されています。

フェローズ(Fellowes) Poseidon A3 5723901

操作性に優れた、おすすめのラミネーター。電源ボタンやリバースボタンなどを大きめに設計し、本体前面に分かりやすく配置されています。挿入口には原稿サイズの目安となる印も記載されており、初心者でも迷わずに使用可能です。

A3サイズまでの原稿に対応しているのもポイント。一般的な書類はもちろん、ポスターのような大きい紙にも加工が可能です。ローラーは4本搭載されているので、ズレや歪みなどを抑えながらラミネートできます。

リバース機能も搭載されており、フィルムが詰まってしまっても素早く対処可能です。また、4段階の温度調節機能を搭載。フィルムの厚さに合わせて適切な温度を設定できるほか、設定した温度をLEDランプで確認できます。

アスカ(Asmix) 4ローラーラミネーター L404A3

綺麗に仕上げやすい、おすすめのラミネーターです。ウォームアップ時間は、約6~8分。本体にはランプが搭載されており、ウォームアップが完了すると点灯します。

また、ヒーターローラーとプレスローラーを合わせて4本内蔵。気泡の発生や反りなどを予防し、美しく加工できます。9段階のダイヤル式温度コントローラーも搭載されているので、原稿やフィルムに合わせて調節が可能です。

着脱式のリアトレーを使用すれば、加工後のフィルムの変形も抑えらられるのも魅力。ローラーを逆回転させるスイッチも搭載しており、フィルムが詰まったときにスムーズに引き抜けます。

オーロラジャパン(Aurora Japan) ラミネーター LM34200H

操作性に優れた、おすすめのラミネーター。本体にタッチパネルが搭載されているので、直感的に操作が可能です。ウォームアップにかかる時間は約90秒で、完了後に「挿入可」の文字が点灯するため、スムーズに使用できます。

100μ・150μ・200μの3種類のフィルム厚に対応しているのもポイント。ローラーは4本搭載しており、歪みや反りを抑えた仕上がりが可能です。

対応している用紙のサイズは、最大でA3まで。フィルムの詰まりを解消する逆転機能や、10分間経過すると自動で電源がオフになるオートオフ機能も搭載しています。

フジプラ(FUJiPLA) ラミパッカー LPD3226N

高性能で本格的な、おすすめのラミネーター。本体前面にはわかりやすい操作ボタンと液晶画面が搭載されており、簡単に操作できます。最大A3サイズまで、100〜350μのフィルムに対応しているため、幅広い組み合わせで利用可能です。

温度は80~160℃の間で調節できます。6本のローラーや独自の過熱方式により、1分間に400~1800mmのスピーディーかつ丁寧なラミネートを実現。リバース機能も搭載しており、万が一のフィルム詰まりに対応できるのも魅力です。

また、メモリー機能の搭載も特徴。最後に使用した設定を呼び出して使用できるため、よく使う設定があればスムーズに作業を行えます。大量の書類を加工するオフィスにおすすめのラミネーターです。

ライツ(LEITZ) パウチラミネーター LLMT2A3

高級感のあるおすすめのラミネーター。フラットかつスタイリッシュなデザインの採用が特徴です。前面と背面のトレーはスッキリと折りたたみ可能。インテリアに馴染みやすいため、見える場所に置いても違和感が少なく、収納場所を選びません。

搭載されているローラー本数は、6本。ウォームアップに必要な時間は約60秒と短いのが魅力です。対応している原稿サイズはA3で、最大ラミネート厚は0.6mm。75~250μmのフィルムを使用できます。

簡単に使える点も魅力のひとつ。厚み自動感知機能が搭載されているので、事前の設定をせず電源を入れてフィルムと原稿をセットするだけで簡単に加工可能です。トラブル発生時に便利な、リバースボタンも搭載されています。

30分でヒーターが切れるオートシャットオフ機能にも対応。おしゃれなラミネーターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フェローズ(Fellowes) Venus3 A3 5811301

6本のローラーを内蔵している、おすすめのラミネーター。ウォームアップにかかる時間が、最短で約30秒と短い点が特徴です。また、ラミネート加工の時間も最短で1枚当たり約14秒と高速。スピーディーに使用できます。

フィルムを挿入するだけで自動的に厚みを検知するのもメリット。適した設定でラミネートできます。設定が簡単なので、初心者でも安心して使用可能です。

背面には、加工が完了するまでフィルムを支えて反りや歪みを防止するトレイも搭載されています。対応している原稿サイズは、A3まで。ローラーを逆回転させるリバースボタンが搭載されているほか、詰まりを検知すると自動でフィルムを押し戻せます。

ラミネーターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ラミネーターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。