書類ファイルの整理や学用品の名前付けなどの際、手書きだと読みにくかったり、雑然とした印象になったりしてしまいます。そんなときに活躍するのがラベルプリンター、「テプラ」。

テープに文字をプリントすることで、読みやすく、デザイン性に富んだラベルの作成が可能です。今回はテープライターの代表的メーカーであるキングジムのおすすめテプラをご紹介します。

テプラとは?

By: amazon.co.jp

テプラは株式会社キングジムが製造・販売しているラベルプリンター。専用のテープに文字を印刷してラベルを作るための機器です。読みやすく、さまざまなデザインのラベルが作れるので、書類ファイルのタイトル付けや、子供の文房具への名前付けなどに使えます。

キングジムのテプラには、エントリーモデルからハイスペックモデルまで、多くのシリーズがあります。女性向けにデザインされたモデルもあり、用途や好みに合わせて選択が可能です。製品によって機器そのものの大きさやデザイン、プリントできるテープの幅、字体はバリエーションに富んでいます。

テプラの選び方

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスで使用する方は、パソコンに接続して使える製品がおすすめ。パソコンに繋げた後、直接CSVやExcelのデータをテプラに送信できるので便利です。印刷枚数が多い場合は、「高速印刷」機能が付いていると効率的に作業ができます。

また、家庭で使用する場合はハサミが必要ない「オートカッター」機能を搭載しているモデルが安全なのでおすすめ。フォントを複数選べる製品なら、テープを貼りたいアイテムに合わせて使い分けられます。

サイズやボタン配置で選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスでテプラを使う場合、文字が見やすく、幅広い年齢の方が使いやすい比較的大型の製品を選びましょう。家庭内で使う場合は、置き場所に困らないコンパクトタイプの製品を選ぶと、収納に便利です。

本体の大きさによってボタンの配置は異なりますが、製品によって、使用頻度の高いボタンは画面の横に配置されていることもあります。文字方向やフォントなど、よく使う機能を素早く操作できるので便利。購入の際はボタンの見やすさや、押しやすさを確認しておくことをおすすめします。

電源で選ぶ

ACアダプター

ACアダプターはコンセントに挿して電子機器に電源を供給します。コンセントに接続するだけで、いつでも機器が使用できる手軽さと、電池交換などの手間がいらないことがメリットです。一方で、コンセントから遠い場所で使う際や、持ち運びには不向き。限定された場所に置く場合におすすめのタイプです。

電池

電池式は電池交換の手間がありますが、簡単に持ち運びができる上に、コンセントがない場所で機器を使用したい場合にも便利。持ち運んで、さまざまな場所で使用したい方や、設置場所が決まっていない方におすすめです。

テプラのおすすめ|オフィス向け

キングジム(KingJim) テプラPRO SR530

オフィス向けのスタンダードモデルです。異なる内容のラベルをまとめて作成・印刷できる「複数ラベル」機能を搭載。何度も入力と印刷を繰り返す必要がなく、手間が省けます。また、電源はACアダプターと電池の2種類で使用可能です。

QRコードの作成ができるのもポイント。商品や備品などの管理がより簡単になります。JIS第一水準漢字・JIS第二水準漢字をすべて内蔵しているので難しい苗字や地名などもテープに印字可能。読み方の分からない漢字の部首による漢字検索にも対応しています。

キングジム(KingJim) テプラPRO SR5900P

オフィス内のネットワークに繋いで使えるパソコン接続専用テプラ。パソコンとテプラをUSBもしくは有線・無線LANで繋げられるほか、スマホ・タブレットからの直接印刷にも対応しています。さらに、テープの印刷速度が従来機と比べると最大約1.7倍なので、より作業の効率化が可能です。

使用できるテープカートリッジの長さは4〜36mm。CDケースから大型のファイルまで、さまざまなモノに貼って整理できます。ロゴなどを印刷する際は、あらかじめカットされた丸型や角なしタイプのテープを使い、フチなし印刷ができる「カットラベル」機能で印刷するのがおすすめです。

キングジム(KingJim) テプラPRO SR750

予測変換機能がついた日本語入力システム「ATOK」や、バックライト付き大型液晶画面を採用した高機能モデル。1〜2mm程度のケーブルを整理するときに便利な「フラッグ」や、ゴミの分別・POP作成に役立つデザインなど、オフィスで役立つさまざまなフォームを揃えているのが魅力です。

書体や文字サイズのような使用頻度の高い機能は、画面のすぐ下にあるボタンを押すだけで切り替えが可能。テープは自動でカットされるため便利です。また、「ハーフカット」機能を使えば、ラベルの印刷面にスリットが入るのでシールを剥がしやすくなります。

高速印刷機能も搭載されており、一度にプリントする枚数が多い方や、使用頻度が高い方におすすめのモデルです。

キングジム(KingJim) テプラGrand WR1000

視認性の高い幅広タイプのラベルが印刷できるテプラです。テープの幅は50mmと100m、宛名ラベルサイズ(90×45mm)の3種類。貼り合わせ印刷ができるので、最大で幅400mmのラベルを作れます。来客用の案内表示や注意表示など、大きな文字で情報を伝えたい場合に便利です。

本製品はパソコンに接続して使うタイプなので、文字やデザインの編集がより簡単に行えます。付属のCD-ROMでパソコンにインストールできるラベルカタログを使えば、文字を書き換えるだけでさまざまなデザインのラベル作成が可能。

CSVやExcelのデータも取り込んで宛名印刷ができる「流し込み印刷」機能も搭載しているので、汎用性の高い製品を探している方におすすめです。

キングジム(KingJim) テプラPRO SR3500P

デスクの上でタテ・ヨコどちらの向きでも使えるモデル。本製品はパソコン接続専用なのでCSVやExcelのデータの流し込み印刷にも対応しています。また、文字情報だけでなく、画像やバーコードもプリント可能。備品管理ラベルからロゴシール作りまで、さまざまな用途で活躍します。

記号や外枠もバリエーション豊富。議事録やレポートなどの整理にも役立つ「日付・時刻印刷機能」も搭載しているので、オフィスの作業を効率化できます。さらに、オートカッター搭載で、ハサミが不要。手軽かつ、コンパクトに設置できるので使用頻度が高く、常にデスクの傍に置いておきたい方におすすめの製品です。

テプラのおすすめ|家庭向け

キングジム(KingJim) テプラPRO SR-GL1

ジュエリーボックスのようなデザインのテプラ。見た目・機能ともに女性をターゲットにデザインされており、可愛らしい手書きのようなフォントや絵文字、フレームが搭載されています。テープ幅は4〜18mmまで対応可能。電池とACアダプター2種類の電源が使えるので持ち歩きにも便利です。

おすすめの使い方はプレゼントのラッピングやアルバムの飾り付けなど。別売りのリボンやマスキングテープにテプラでプリントすれば、オリジナルのデコレーションアイテムができあがります。

キングジム(KingJim) こはる MP20

手のひらサイズのテプラ。リビングやキッチンのインテリアにマッチする家の形をしたデザインが特徴です。文字方向はタテ・ヨコ両方に対応。別売りの”こはる”シリーズ専用テープには、水ハネに強い製品もあるのでキッチンや洗面台周辺での使用にも便利です。

本体の煙突部分を押せば、出力されたテープをカットできます。タテ・ヨコの切り替えやフォントは画面のすぐ下にあるボタンでワンタッチ操作が可能です。電源やプリントボタンも感覚的に操作できるよう、分かりやすい配置になっている点も魅力。子供と一緒に使いたい方や、幅広い年齢の方におすすめのモデルです。

キングジム(KingJim) テプラPRO SR250

初心者でも使いやすいシンプル機能のエントリーモデルです。幅の広いテープを使えば、最大6行に分けて文字をプリント可能。印刷したテープは文字の長さに合わせてカットされた状態で出てくるので便利です。

また、漢字・かな・英数で入力ができ、それぞれ複数の書体を選択できる上に、記号や絵文字も豊富に選択できます。イラストで書いてある情報がわかるので、まだ字の読めない子どものいる家庭にもおすすめです。

キングジム(KingJim) テプラPRO SR170 ベージュ

同シリーズの従来モデルに比べて最大印刷可能幅と文字サイズが大きくなり、より見やすい文字がプリントできる製品です。絵文字やフレームを豊富に搭載しているので子供の学用品への名付けはもちろん、作り置き食品のラベル作りなど、さまざまな場面で活躍します。

また、使用頻度の高い文字方向の変更ボタンや、文字サイズの変更ボタンはダイレクトに操作できるので便利です。

新機能「ピッとコード」を搭載している点も魅力。写真や動画に紐付けて作成された二次元コードをテープに印刷し、その後、専用のアプリでコードを読み込むと、写真・動画データをアプリで簡単に確認ができます。アルバムに貼りきれなかった写真などの整理におすすめです。

キングジム(KingJim) テプラPRO SR-GL2

布製のカバー付きテプラ。テープカートリッジは幅4〜18mmのモノに対応しており、フォントは8種類から選んでプリントできます。おしゃれな絵文字やフレームが搭載されているのでアルバムのデコレーションやプレゼントのラッピングなどにおすすめです。

別売りのテープカートリッジや「お名前タグメーカー」「スナップボタン」を購入すれば、ファスナーやストラップにつけられる名前のタグが作れます。旅行の荷物の目印やオリジナルの小物作りにぜひ使ってみてください。