書類ファイルの整理や学用品の名前付けなどの際、手書きだと読みにくかったり、雑然とした印象になったりすることがあります。そんなときに活躍するのがラベルライター「テプラ」。

テープに文字をプリントすることで、読みやすく、デザイン性に富んだラベルが完成します。そこで今回は、ラベルライターの代表的メーカーであるキングジムのおすすめテプラをご紹介します。

テプラとは?

By: amazon.co.jp

テプラは株式会社キングジムが製造・販売しているラベルライター。専用のテープに文字を印刷してラベルを作れる機器です。さまざまなデザインのラベルが作れるので、書類ファイルのタイトル付けや、子供の文房具への名前付けなどに使えます。

キングジムのテプラには、エントリーモデルからハイスペックモデルまで、多くのシリーズがラインナップされています。モデルによって機器のサイズ・デザイン・テープ幅・字体が異なるため、用途や好みに合わせて選んでみてください。

テプラの選び方

シリーズで選ぶ

テプラは種類が豊富なので、どのアイテムを選ぶべきか悩んでしまいがち。そのなかでも代表的な「Proシリーズ」と「Liteシリーズ」について解説します。

機能が充実している「テプラ Pro」

By: amazon.co.jp

テプラ Proシリーズは、幅広い種類のテープカートリッジに対応しているのが特徴。パステルやビビッド、パールなどのおしゃれなカラーから、メタリックや蛍光色といった特徴的なカラーまで幅広く揃えています。

また、高速印刷機能や連続印刷機能など、プリント時に便利な機能を搭載したモデルも存在。ビジネス用の製品だけでなく、家庭用の製品も多数ラインナップされています。

小型で手軽に扱える「テプラ Lite」

By: amazon.co.jp

テプラ Liteシリーズは、Proシリーズほどの機能性はありませんが、一方で手軽にプリントできる製品を揃えているのが特徴です。いろいろな場所に貼りたくなるような、おしゃれな専用テープを使ってプリントできます。

また、スマホを使って編集したり印刷したりできるのがポイント。おしゃれな家庭用モデルを検討している方におすすめです。

スマホ・パソコンと接続できるかどうかで選ぶ

ラベルのデザインにこだわりたい方は、パソコン・スマホと接続できるテプラがおすすめ。文字のフォントやサイズ、配置などを自由に設定できるので、オリジナルのデザインが作れます。

スマホであれば専用アプリとの連携、パソコンであればエクセルファイルのインポートなど、さまざまな形式で作れるのが魅力。ラベルの仕上がりイメージも確認しやすく、おすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

名前シールの印刷やオフィスでの使用など、ラベルを大量に作成する場合には、「オートカッター」「高速印刷」「連続印刷」などの機能を搭載したモデルがおすすめ。

オートカッター機能とは、カットしたいサイズにテープの幅を指定しておくだけで、印刷したラベルテープを自動でカットできる機能です。ハサミを使う必要がないので、効率よくキレイな仕上がりのテープを作れます。

高速印刷機能・連続印刷機能は文字通りテープへの高速印刷を可能にしたり、連続で印刷を行ったりする機能のこと。印刷するごとに手を止める必要がないため、テープ作成にかかる時間と手間を軽減できるのが魅力です。

サイズやボタン配置で選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスでテプラを使う場合、文字が見やすく、幅広い年齢の方が使いやすい比較的大型の製品がおすすめ。家庭内で使う場合は、置き場所に困らないコンパクトタイプの製品を選ぶと、収納に便利です。

本体の大きさによってボタンの配置は異なりますが、製品によって、使用頻度の高いボタンは画面の横に配置されていることもあります。文字方向やフォントなど、よく使う機能を素早く操作できるので便利。購入の際はボタンの見やすさや、押しやすさを確認しておきましょう。

対応するテープの種類をチェック

テプラで使用できるテープには、さまざまな素材や幅のモノがラインナップされています。ただし、製品によって対応している素材や幅が異なるので、購入前にチェックしておきましょう。

素材は、強粘着をはじめ、マグネット、リボン、アイロンなどさまざまな用途で使えるモノを展開。テープ幅は、テプラ Liteシリーズで使える「テプラ」Lite フィルムテープをはじめ、4・6・9・12・18・24・36mmから選べる「テプラ」Pro用のテープも用意されています。

ノートや文房具など小物用のシールをメインで作りたい方は、4mm以下のテープに対応した製品を選ぶのがおすすめ。また、大きめのテープに印刷したい方は、最大100mmに対応したGrandシリーズが適しています。

ファイルの整理用として使うのか、プレゼント用のラベル作成で使うのかなど、目的を明確にしてから対応する製品を選びましょう。

電源の種類で選ぶ

ACアダプター

AC電源方式のテプラは、アダプターをコンセントに挿して使用します。コンセントに接続するだけで、いつでも機器が使用できる手軽さと、電池交換などの手間がいらないことがメリットです。一方で、コンセントから遠い場所で使う際や、持ち運びには不向き。限定された場所に置く場合におすすめのタイプです。

電池

電池式は電池交換の手間とコストがかかりますが、簡単に持ち運びができるうえに、充電ができない場所でも使用できます。持ち運んで、さまざまな場所で使用したい方や、設置場所が決まっていない方におすすめです。

テプラのおすすめ|オフィス向け

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR370

比較的リーズナブルで使いやすいおすすめのテプラです。本モデルは4~24mmのテープ幅に対応。全98種のデザインフォームが標準搭載されているので、店頭用のPOPやファイル整理用シールなどを簡単に作成できます。

絵文字や外枠も用意されているので、初心者の方でもクオリティの高いラベルデザインに仕上げられます。さらに、連続印刷機能を搭載。同じラベルであれば、最大で連続100枚まで印刷できます。

本体上部には8文字×4行の液晶画面を搭載。ゆとりのあるキーピッチで操作もラクラクです。機器の操作が苦手な方でも、ストレスなく使えるおすすめの製品です。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-R680

便利な機能が揃うスタンダードモデルです。ラベル印刷時の無駄な余白が少ないのが特徴。前後の余白を約4mmと小幅に抑えているため、より経済的にテープを利用できます。

また、セットしたPro用テープカートリッジの種類を自動認識する機能を搭載。忙しいときでも、手間のかかる設定を省いてプリントできます。

さらに、デザイン性の高い案内記号や絵文字が充実。例えば、駐車場マークや乗り継ぎマークを印刷し、日本語がわからない外国人観光客に対してスムーズに案内できます。

ラベル幅は4~24mmに対応。Windows OS用の「PCラベルソフト SPC10」や、Mac OS用の「シンプルラベルソフト SMA3」を使えば、より詳細なデザインを設定したり、簡易的な操作でラベルを作成したりできます。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR970

多彩な機能を採用したハイスペックモデルです。本製品は、高速かつ静かに印刷を行えるのが特徴。周囲を気にせずに作業できます。

ラベルの角を丸くすることではがれにくくし、きれいな仕上がりを実現する「オートトリマー」機能を採用。さらに、印刷面に合わせて自動でカットできる「オートカッター」を有しており、シールの切断・貼り付け作業が簡単に行えます。

また、連続印刷中にテープがなくなっても、途中のラベルから再開可能。対応テープ幅は、4~36mmと幅広いサイズに対応しています。さまざまなビジネスシーンで活躍するおすすめのテプラです。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-R7900P

パソコンやスマホから印刷を行えるおすすめのテプラです。本モデルは、テプラ Proシリーズのなかでも最上位モデルの製品。ビジネス用のラベルライターとして、幅広い範囲をカバーします。

対応するテープ幅は、最大50mmまでと幅広いのが魅力。製造現場の注意喚起や、公共施設での案内表示といった用途のラベルも作れます。また、通常の5倍以上の長さをもつ、45m巻きEXロングテープに対応。テープの入れ替え頻度が減り、より経済的に使用できるのがメリットです。

印刷文字は、300dpi・566dotと高精細。50mmの大型テープでも、きれいな文字でプリントできます。印刷速度は1秒あたり50mmと高速なので、待ち時間もストレスになりません。高性能なモデルを検討している方におすすめの製品です。

キングジム(King Jim) 「テプラ」Grand WR1000

幅広タイプのテープを印刷できるモデルです。テープサイズは最大100mm幅まで対応。駐車場の案内マークや三角コーンへ貼り付ける駐車禁止マーク、店舗や企業の営業時間表示など、多彩な用途で使えるのが魅力です。

本モデルは、パソコンに接続して使用するタイプ。1675種のデザインから選べる「ラベルカタログ」、最大4倍までの貼り合わせをそのまま行える「フチなし印刷」機能、CSVやExcelのデータを直接取り込み、宛名ラベルとして印刷できる「流し込み印刷」機能などを備えています。パソコン上で自由度の高い操作を行えるのが嬉しいポイントです。

記号は1599種から、外枠は106種のなかから選択可能。価格は高めですが、1台でさまざまなニーズに応えられるおすすめのテプラです。

テプラのおすすめ|家庭向け

キングジム(King Jim) 「テプラ」Lite LR30

インテリアに馴染むシンプルなデザインが魅力のテプラです。本モデルは、App StoreやGoogle Playから専用アプリをダウンロードして、スマホから編集・印刷できるのが特徴。おしゃれなラベルを簡単に作れます。

サイズは約幅71×奥行46×高さ76mmと、収納性に優れているのも特筆すべき点。電池駆動式を採用しているので、場所を問わずどこでも利用できます。また、使用用途に合わせてアプリから縦書き設定に変更可能。より読みやすいラベルを作成できます。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR45

アッシュブルーがおしゃれなテプラです。本モデルは484種類の絵文字、13種類のイラスト、58種類のフレームなど、たくさんのテンプレートが用意されているのが特徴。さらに、10種類のなかから選べる好みのデザインと文字を組み合わせることで、自分だけのオリジナルマークを作成可能です。

また、6文字×2桁の液晶画面を見ながら、ローマ字・かな入力で文字を打ち込めます。キッチンや子供用の文具、小物など、さまざまな用途で使えるのが魅力。テプラのなかでも比較的リーズナブルなモデルです。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-RK2

リラックマの柄がかわいいテプラです。リラックマの絵文字・イラスト・フレームをたくさん利用できるのがポイント。フォントは、ゴシック・てがき・アンティークの3つから選択できます。

また、縦・横書き、文字サイズ、フォントなどをワンタッチで切り替えられるダイレクトボタンを搭載。子供と一緒に使いたい方に適したモデルです。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-GL1

宝石箱のようなデザインが目を引くおすすめのテプラです。かわいらしい絵文字、フレーム、8種類のフォントから選んで、お気に入りのラベルを作成可能。ラベル幅は4~18mmに対応しています。

印刷したラベルを自動で切断できるオートカッターが搭載されているため、よりきれいな仕上がりに。プレゼントにラッピングを施したり、小物にデコレーションしたりなど便利に活用できます。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-GL2

コスメポーチを模したデザインがおしゃれなおすすめのテプラです。本モデルは月・日にち・曜日と、オリジナルの枠を組み合わせて、日付シールを作成できるのが特徴。アルバムや手帳に貼りつけて、かわいくデコレーションできます。

また、ポーチやリュックに付ける名前タグを作れる「お名前タグ」印刷機能、iOSの専用アプリで読み込める二次元コードを作成する「ピッとコード」印刷機能を搭載。ラベル幅は、4~18mmに対応しています。