書類ファイルの整理や学用品の名前付けなどの際、手書きだと読みにくかったり、雑然とした印象になったりすることがあります。そんなときに活躍するのがラベルライター「テプラ」。

テープに文字をプリントすることで、読みやすく、デザイン性に富んだラベルが完成します。そこで今回は、ラベルライターの代表的メーカーであるキングジムのおすすめテプラをご紹介します。

テプラとは?

By: amazon.co.jp

テプラは株式会社キングジムが製造・販売しているラベルライター。専用のテープに文字を印刷してラベルを作れる機器です。さまざまなデザインのラベルが作れるので、書類ファイルのタイトル付けや、子供の文房具への名前付けなどに使えます。

キングジムのテプラには、エントリーモデルからハイスペックモデルまで、多くのシリーズがラインナップされています。モデルによって機器のサイズ・デザイン・テープ幅・字体が異なるため、用途や好みに合わせて選んでみてください。

テプラの選び方

シリーズで選ぶ

テプラは種類が豊富なので、どのアイテムを選ぶべきか悩んでしまいがち。そのなかでも代表的な「Proシリーズ」と「Liteシリーズ」について解説します。

機能が充実している「テプラ Pro」

By: amazon.co.jp

テプラ Proシリーズは、幅広い種類のテープカートリッジに対応しているのが特徴。パステルやビビッド、パールなどのおしゃれなカラーから、メタリックや蛍光色といった特徴的なカラーまで幅広く揃えています。

また、高速印刷機能や連続印刷機能など、プリント時に便利な機能を搭載したモデルも存在。ビジネス用の製品だけでなく、家庭用の製品も多数ラインナップされています。

小型で手軽に扱える「テプラ Lite」

By: amazon.co.jp

テプラ Liteシリーズは、手軽にプリントできる製品を揃えているのが特徴です。いろいろな場所に貼りたくなるような、おしゃれな専用テープを使ってプリントできます。

また、スマホを使って編集したり印刷したりできるのがポイント。おしゃれな家庭用モデルを検討している方におすすめです。

スマホ・パソコンと接続できるかどうかで選ぶ

ラベルのデザインにこだわりたい方は、パソコン・スマホと接続できるテプラがおすすめ。文字のフォントやサイズ、配置などを自由に設定できるので、オリジナルのデザインが作れます。

スマホであれば専用アプリとの連携、パソコンであればエクセルファイルのインポートなど、さまざまな形式で作れるのが魅力。ラベルの仕上がりイメージも確認しやすく、おすすめです。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

名前シールの印刷やオフィスでの使用など、ラベルを大量に作成する場合には、「オートカッター」「高速印刷」「連続印刷」などの機能を搭載したモデルがおすすめ。

オートカッター機能とは、カットしたいサイズにテープの幅を指定しておくだけで、印刷したラベルテープを自動でカットできる機能です。ハサミを使う必要がないので、効率よくキレイな仕上がりのテープを作れます。

高速印刷機能・連続印刷機能は文字通りテープへの高速印刷を可能にしたり、連続で印刷を行ったりする機能のこと。印刷するごとに手を止める必要がないため、テープ作成にかかる時間と手間を軽減できるのが魅力です。

サイズやボタン配置で選ぶ

By: amazon.co.jp

オフィスでテプラを使う場合、文字が見やすく、幅広い年齢の方が使いやすい比較的大型の製品がおすすめ。家庭内で使う場合は、置き場所に困らないコンパクトタイプの製品を選ぶと、収納に便利です。

本体の大きさによってボタンの配置は異なりますが、製品によって、使用頻度の高いボタンは画面の横に配置されていることもあります。文字方向やフォントなど、よく使う機能を素早く操作できるので便利。購入の際はボタンの見やすさや、押しやすさを確認しておきましょう。

対応するテープの種類をチェック

By: amazon.co.jp

テプラで使用できるテープには、さまざまな素材や幅のモノがラインナップされています。ただし、製品によって対応している素材や幅が異なるので、購入前にチェックしておきましょう。

素材は、強粘着をはじめ、マグネット、リボン、アイロンなどさまざまな用途で使えるモノを展開。テープ幅は、テプラ Liteシリーズで使える「テプラ」Lite フィルムテープをはじめ、4・6・9・12・18・24・36mmから選べる「テプラ」Pro用のテープも用意されています。

ノートや文房具など小物用のシールをメインで作りたい方は、4mm以下のテープに対応した製品を選ぶのがおすすめ。また、大きめのテープに印刷したい方は、最大100mmに対応したGrandシリーズが適しています。

ファイルの整理用として使うのか、プレゼント用のラベル作成で使うのかなど、目的を明確にしてから対応する製品を選びましょう。

電源の種類で選ぶ

ACアダプター

AC電源方式のテプラは、アダプターをコンセントに挿して使用します。コンセントに接続するだけで、いつでも機器が使用できる手軽さと、電池交換などの手間がかからないことがメリットです。一方で、コンセントから遠い場所で使う際や、持ち運びには不向き。限定された場所に置く場合におすすめのタイプです。

電池

電池式は電池交換の手間とコストがかかりますが、簡単に持ち運びができるうえに、充電ができない場所でも使用できます。持ち運んで、さまざまな場所で使用したい方や、設置場所が決まっていない方におすすめです。

テプラのおすすめ|オフィス向け

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR370

オフィスで初めてテプラを試してみたいと考えている方におすすめのエントリーモデルです。シンプルな操作で使いやすく、大きな液量画面やキーピッチにゆとりのあるデザインが採用されています。

連続印刷やオートカッターを搭載し、テープ作成にかかる時間と手間が軽減できるのもポイントです。さらに、便利な「ピッとコード」印刷機能にも対応。二次元コードが印刷できるので、写真や動画、テキストなどのデータに紐付けることで業務効率のアップが期待できます。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR530

パソコンに接続して使用できる、オフィス使用に適したスタンダードモデルです。「複数ラベル」機能を使うことで、異なる内容のラベルをまとめて作成・印刷可能。連続印刷やオートカッターのほかに、オートトリマー機能も搭載し、カドが丸くはがれにくいラベルも作成できます。

液晶画面が大きく、ラベルのできあがりイメージが表示されるため、試し印刷なしで実際の文字配置を確認可能。ACアダプターと電池の2WAY電源に対応しているのもポイントです。操作性に優れたモデルを探している方は、チェックしてみてください。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR750

オフィスに向けのスタンダードタイプのうち、上位モデルに相当するテプラです。同クラスのモデルのなかでは唯一36mm幅のテープに対応し、大きく見やすいラベルを作成できます。

大型画面にはバックライトを搭載。入力文字がくっきりと見えるため、ラベル作成時のストレスを軽減します。さらに、ラベルの印刷面にスリットを入れることで、裏紙をはがしやすくする「ハーフカット機能」にも対応。

記号や絵文字、外枠など選べるデザインが豊富なので、ラベル製作の幅が広がるおすすめの1台です。

キングジム(King Jim) 「テプラ」 PRO SR5900P

高速印刷に対応したオフィス向けモデルです。USB接続のほか、有線・無線LAN接続が可能。複数のパソコンで共有したり、スマホなどのモバイル端末から直接印刷したり、オフィスのさまざまなネットワーク環境に対応できる柔軟性が魅力。

丸型・楕円・角丸長方形のカットラベルにも対応しているため、備品管理や保守メンテナンスなどのオフィス特有のラベル作りに対応できるのもポイントです。

さらに、大量のラベル印刷がスピーディーに仕上がる高速印刷にも対応。動作音が静かなので、周囲の環境を気にせずテプラを使いたい方にもおすすめです。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR970

オフィス向けテプラのハイスペックモデルです。高速印刷に対応していることに加え、静音設計で使う場所を選びません。英語・中国語・韓国語の定型文を821種類搭載しているため、外国語を併記したラベルも簡単に作れます。

ハーフカット、オートトリマーなど下位モデルで使える機能はすべて搭載。「テプラ」Pro用に展開されている豊富なラインナップのテープから自由に選んで、ぴったりのラベルが作成できます。

あらゆるビジネスシーンに対応する高性能なテプラを探している方は、本モデルをチェックしてみてください。

キングジム(King Jim) 「テプラ」Grand WR1000

最大100mmの幅広テープに対応したテプラです。パソコン専用で、50・100mm幅と宛名ラベルの3タイプのラベルが作成できます。パソコンでデザインできるので初心者でも操作性が高く、案内表示や注意表示などの大きなラベルを、事務所や店舗などで使用したい方にぴったり。

テープはもちろん、黒・白・赤・青・緑の5色のラインナップのなかからインクの色を自由に選んで組み合わせられるのもポイント。別売りの吊り下げボードやマグネットシートを使用することで、シーンに合わせたアレンジが簡単に楽しめます。大きなラベルを作る機会が多い方はチェックしてみてください。

テプラのおすすめ|家庭向け

キングジム(King Jim) 「テプラ」Lite LR30

スマホで簡単に操作できる人気の家庭用テプラです。バリエーションが豊富な専用テープのなかから好みのモノを選び、多彩なラベル作りが楽しめます。購入しやすい安い価格帯もポイント。省スペースで収納できるコンパクトさも魅力です。乾電池式なので、どこでも手軽に持ち運べます。

スマホにダウンロードしたアプリでラベルを編集できますが、直感的に使いやすく、似顔絵作成や写真挿入など楽しく使える機能が満載。学用品の名前付けをはじめ、雑貨のパーツやギフトのデコレーションなど、日常のさまざまなシーンで活躍するおすすめのモデルです。

キングジム(King Jim)「テプラ」PRO SR170

テプラ初心者におすすめのモデルです。シンプルな操作性とリーズナブルな価格が人気の理由。ACアダプターと乾電池の2WAY電源で、外出先でもコンセントを気にせず使用できます。

便利な「ピッとコード」印刷機能に対応。専用アプリをスマホにダウンロードすることで、テプラで作成した二次元コードと旅行の地図や動画、料理のレシピサイトなどを紐付けできます。オートカッターを搭載し、ラベル作りに必要な基本的内容を網羅したおすすめのモデルです。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-GL2

ファスナー付きのカバーと本体が一体化した、ガーリーなデザインのテプラです。コスメポーチのようなおしゃれなデザインなので、持ち運んで使いたい方にもおすすめ。かわいらしいフォントや絵文字を多数搭載し、日付シール印刷機能も付いています。

フレームを組み合わせることで、デザインの幅は自由自在。手帳やアルバムのデコレーションや手作りスイーツのラッピングなど、ラベルを使って毎日を楽しみたい方にぴったりです。カラーはクリームとコーラルピンクの2色をラインナップしているため、好みに合わせて選んでみてください。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-GL1

大きなリボンやレースがあしらわれた、宝石箱のようなデザインのテプラです。デスクなどに置いておくだけでインテリアに映えるおしゃれなデザインが人気の理由。

フォントや絵文字、フレームもおしゃれなデザインが満載。文字とデザインを組み合わせてオリジナルのイニシャルマークを作成したり、専用のリボンにメッセージを入れてプレゼントのラッピングに使用したりと、ワンランク上のこだわりのラベル作りにトライできます。カラーはピンクとペールブルーの2色展開です。

キングジム(King Jim) 「テプラ」PRO SR-RK2

リラックマ好きの方や子供がいる家庭におすすめのキャラクターデザインのテプラです。リラックマデザインの絵文字やフレームが多数搭載されているので、子供の持ち物の名前付けにぴったり。リラックマ柄のテープを使用すると、リラックマづくしのかわいいラベルが完成します。

横書きだけでなく縦書きにも対応しているので、貼る場所に合わせたラベル作成が可能です。カッターは手動、電源は乾電池のみの対応。お子さんと一緒にラベル作りを楽しみたい方はチェックしてみてください。