回転ベゼルや見やすい文字盤などを装備していて、メンズ向け腕時計として人気の「ダイバーズウォッチ」。タフでスポーティな印象ですが、機能を重視して華美な装飾性を排しているのでビジネスシーンでも利用しやすい腕時計です。ダイバーズウォッチといっても、製品によって防水性能は大きく異なります。

そこで今回は、ダイバーズウォッチのおすすめブランドとモデルをランキング形式でご紹介。特にスキューバダイビングなど本格的なマリンスポーツをされる方は、チェックしてみてください。

ダイバーズウォッチとは?

「ダイバーズウォッチ」とは、その名の通り潜水に耐え得る防水性能を備えた腕時計。ダイビングあるいは海中での作業という厳しい環境下で使用されるため、JIS(日本工業規格)あるいはISO(国際標準化機構)によって基準が設けられています。

JISで規格化されているのは、飽和潜水用300mの防水性能を有する「2種潜水時計」、空気潜水用200m防水の「1種潜水時計」です。具体的にダイバーズウォッチに要求される要件は、時計内部に浸水しない高い防水性能や海水の中でも正常に動作する耐塩水性などです。

また、潜水時間を管理する機能が必須。ダイバーズウォッチの大きな特徴である逆回転防止ベゼルはこの時間管理のために装備されています。そして、光が届かない深い水中でも時間をしっかり確認できる視認性も重要なポイントです。

ダイバーズウォッチの選び方

防水性能

By: seiko-watch.co.jp

スキューバダイビングをする場合は高い防水性能を備えた、JIS規格「2種潜水時計」、「1種潜水時計」の記載があるモデルを選ぶと安心です。

水泳や素潜り、シュノーケリングで使用する場合は「2種防水時計」、いわゆる”日常生活強化防水”時計でも対応できることがあります。その場合でも、5気圧あるいは10気圧防水ではなく、より高い防水性能を備えた「20気圧防水」の日常生活強化防水腕時計をおすすめです。

駆動方式

By: amazon.co.jp

ダイバーズウォッチの駆動方式は「機械式」「クオーツ式」が一般的。ブランパンなどの海外ブランドでは「機械式」が主流です。クオーツ式の電源として用いられているのは、ソーラー充電池や乾電池。日本のブランドではクオーツ式、とりわけソーラー時計のラインナップが充実しています。

注意しておきたいのが、乾電池式のダイバーズウォッチの電池交換です。防水性を維持するために「Oリング」と言われるゴムパッキンを使用しているため、専門店ではないところで電池交換をするとOリングを交換しないうえ、防水検査が行われないこともあります。そのため、本来の防水性能を維持するために、電池交換は時計専門店で行うようにしましょう。

バンドの素材

By: amazon.co.jp

バンドの素材はステンレスやチタンなどの金属製が主流です。金属製バンドは水中で長さを調整するのが難しいため、バンドを簡単に長くできる「エクステンション機能」を備えたモデルを選ぶと安心。ウェットスーツの上からも装着できて便利です。

金属製以外では、ウレタンなどのラバー素材をラインナップしています。柔らかい装着感と軽量なのがポイント。ラバー素材のバンドの場合、水抜き用の穴が設けられていることが多いのも特徴です。

サイズとデザイン

By: amazon.co.jp

ダイバーズウォッチのケース直径は40mm前後が主流です。水中では大きな方が見やすいですが、あまり大きいと日常使いで不便になることもあります。

また、ビジネスシーンなどで日常的にダイバーズウォッチを使用する場合は、デザインもチェックしておきましょう。本記事で紹介しているモデルはデザイン性が高く、ビジネスやフォーマルシーンで使用しても安心です。

ダイバーズウォッチのおすすめランキング

第1位 ロレックス(ROLEX)

ロレックスは1905年、ハンス・ウイルスドルフによって創立されたスイスの時計メーカーです。当時、腕時計と言えばあまり精度が高くなかったのですが、ロレックスは質の高いムーブメントを開発することに成功。現在に至るまで”精度の高い時計メーカー”のひとつとして知られています。

また、ロレックスといえば防水性の高いダイバーズウォッチをリリースしていることでも有名。プロモデルの「シードゥエラー」は約3tの水圧にも耐えることができます。ファッション性に優れているので日常使いはもちろん、ビジネスシーンでも選ばれているおすすめのブランドです。

ロレックス(ROLEX) サブマリーナー デイト 116610LN

ダイバーズウォッチのスタンダードを作り上げたといっても過言ではない、ロレックスの「サブマリーナー」。1953年に100m防水性能を備えた初の腕時計として発表されて以来、今もなお世界中で愛されているコレクションです。

ケースに耐久性と研磨性に優れた「オイスタースチール」を採用しているのが特徴。航空宇宙機にも使われているほど頑丈な素材で、深海のような過酷な環境でもパフォーマンスと美しさを保ち続けます。ダイアルには変色しづらい18カラットのゴールド製アワーマーカーを採用。高い視認性を実現しています。

駆動部分にはロレックスが独自に開発した「キャリバー 3135」を搭載。スイス公認の”クロノメーター検査協会”のテストに合格した機械式ムーブメントで、高精度であるのはもちろん、メンテナンスしやすいもポイント。一生モノのダイバーズウォッチとしておすすめです。

ロレックス(ROLEX) シードゥエラー ディープシー 116660

深海遠征用としてロレックスが開発したプロ向けダイバーズウォッチ「シードゥエラー」シリーズ。サブマリーナーよりも高い防水性能を備えているのが特徴で、2008年に誕生したディープシーは驚異の3,900m防水を実現しています。

駆動方式は「自動巻き」を採用。パワーリザーブは48時間とやや長めです。約2日間は時計をしないでも動き続けるため、使い勝手に優れています。また、インデックスには大型のドットを配置することで視認性を向上させており、一目で時間を確認できるのも魅力です。

ケースサイズは直径44mm。ダイバーズウォッチならではの男らしさのなかに、上品さを兼ね備えているのがロレックスの魅力です。カジュアルシーンはもちろん、ビジネスシーンにも合わせられます。高性能とデザイン性を追求したおすすめのダイバーズウォッチです。

第2位 オメガ(OMEGA)

オメガは1848年に設立されたスイスを代表する高級腕時計メーカーです。1969年に宇宙飛行士と共に初めて月へ行った腕時計「スピードマスター」で有名。映画『007』で主人公ジェームズ・ボンドがオメガの腕時計を着用するなど、世界的に知名度の高いブランドです。

また、オメガは世界で初めて一般向けダイバーズウォッチ「オメガマリーン」を販売するなど、いち早く防水腕時計の開発に着手してきたメーカーとしても知られています。定番モデルの「シーマスター300」をはじめ、耐水性・耐震性・耐磁性に優れたダイバーズウォッチを数多くリリースしているブランドです。

オメガ(OMEGA) シーマスター 300M マスター コーアクシャル

1957年に発表されたオメガの「シーマスター 300M」。元々は潜水士などのプロ向けにデザインされた時計です。現在はロレックスのサブマリーナーに並ぶ人気モデルで、ダイバーズウォッチの定番として知られています。

ケースの直径は41mmで、素材にはサビに強いステンレススティールを採用。ムーブメントは自動巻きの「キャリバー オメガ 8400」です。スイスクロノメーター検査協会の厳しいテストに合格した高精度のムーブメントで、高い信頼性を備えています。

また、15,000ガウス以上の磁気にも耐えられる高耐磁性能もポイント。スマホやパソコン、バッグのマグネットなど磁気を発するものに近づけてもほとんど影響を受けません。厳しい環境でも正確に時を刻み続けるおすすめのダイバーズウォッチです。

第3位 セイコー(SEIKO)

1881年に創業された日本の時計メーカー「セイコー」。精度の高い時計をリリースしていることが有名で、国内はもちろん、海外の著名ブランドもセイコーのムーブメントを採用しています。

ダイバーズウォッチの防水実験では深度3,000mを超えても稼働していることが確認されるなど、高い防水性能を実現しました。世界中のプロフェッショナルダイバーや冒険家からも信頼の高いメーカーです。

セイコー(SEIKO) プロスペックス SBDB013

ダイビングやトレッキングなど、さまざまなアウトドアシーンに対応した「プロスペックス」。マリーンマスタープロフェッショナルモデルは世界各国のプロダイバーから支持されている高性能ダイバーズウォッチです。

駆動方式は、セイコー独自の「スプリングドライブ」を採用。高級ブランドのグランドセイコーにも用いられている方式で、機械式に用いるぜんまいとクオーツ式の制御システムを組み合わせた機構です。手巻きでありながら高い精度を実現しています。信頼性に優れたおすすめのダイバーズウォッチです。

第4位 IWC

1868年に設立されたスイスの高級腕時計メーカー。熟練の時計職人によって数百ものパーツから組み立てられる腕時計はもはや芸術品の域に達しています。IWCは、アフターサービスが手厚いことでも有名。これまで製造された時計の部品を保管しており、長期にわたって修理やメンテナンスを受けられます。腕時計愛好家からも高く評価されている高級ブランドです。

IWC アクアタイマー・オートマティック IW329005

IWCのダイバーズウォッチ「アクアタイマー」コレクションのなかでも、最小クラスの「アクアタイマー・オートマティック」。本モデルは著名な海洋学者のジャック=イヴ・クストーの名を冠しており、深海のようなディープブルーカラーを採用しているのが特徴です。

ケースの直径は42mm、厚さは14.2mmとコンパクトサイズ。30気圧防水なので本格的なダイビングにも対応できます。ブレスレットクイック交換システムによって、ラバーストラップとステンレスブレスレットを素早く付け替えることも可能。ビジネスシーンにもおすすめのダイバーズウォッチです。

第5位 シチズン(CITIZEN)

1918年に創業したシチズン。セイコーとともに日本を代表する老舗メーカーで、世界にも大きなシェアをもっていることで有名です。シチズンという名の通りに「市民に愛され親しまれるモノづくり」を目指しており、高級ブランドラインから安価なセカンドラインまで幅広い製品をリリースしています。コスパのよい腕時計を探している方におすすめのメーカーです。

シチズン(CITIZEN) プロマスター CA0711-98H

プロフェッショナル向けの高い性能をもった腕時計「シチズンプロマスター」。機能性・耐久性・安全性の3つの軸を兼ね備えているのが特徴で、1989年に登場して以来、世界中のファンに支持されている人気コレクションです。

本モデルは、光発電技術「エコ・ドライブ」を搭載したダイバーズウォッチ。光を受けるだけで内蔵されたソーラーセルが発電するため、定期的に電池交換する必要がありません。蛍光灯などの日常的な光でも発電可能。フル充電すれば約7ヵ月も稼働します。電池切れの心配をすることなく、安心して使えるモデルです。

ケースやバンドには、頑丈でサビに強いステンレスを採用。プロダイバーも納得の200m潜水用防水仕様で、逆回転防止ベゼル、バックルにはスライド機構を搭載するなど、ダイバーズウォッチとして必要な機能もしっかりと搭載しています。スポーツシーンはもちろん、ビジネスシーンでも着用できるおすすめのモデルです。

第6位 カシオ(CASIO)

カシオは、1957年に設立された日本の電機メーカー。電卓をはじめ、電子辞書や時計、電子楽器、デジタルカメラなど、さまざまな製品を扱っています。時計分野では、耐衝撃性に優れた「G-SHOCK」ブランドが有名。また、安価ながら機能性とデザイン性の高いデジタル腕時計は”チープカシオ”と呼ばれ、子どもから大人まで幅広い世代に愛されています。

カシオ(CASIO) G-SHOCK FROGMAN GWF-D1000

陸・海・空の厳しい環境下を想定して作られたMASTER OF Gシリーズ。G-SHOCKのなかでも人気の「フロッグマン」が新しくなって登場しました。耐衝撃構造を採用しているほか、水深・方位・温度を計測できるトリプルセンサーを搭載。潜水任務にも耐えられる本格仕様のダイバーズウォッチです。

風防には視認性と耐傷性が高いサファイアガラスを採用。グローブを着用したままでも操作しやすい大型ボタン、暗所でも時刻などを確認しやすいLEDライトなどプロダイバーが求める仕様を実現しています。タフで多機能なダイバーズウォッチを探している方におすすめです。

第7位 オリス(ORIS)

1904年にスイスで創設された時計メーカー「オリス」。”手が届く金額で現実的な機能を備えた高品質な機械式時計”をモットーに、コスパのよい製品をリリースしていることで知られています。大手時計メーカーの傘下に入るブランドが多いなか、オリスは独立を貫いているのもポイント。自由な発想から作られる腕時計は世界中のファンから愛されています。

オリス(ORIS) ダイバーズ65 733 7707 4035M

「ダイバーズ 65」は、1965年に発売されたダイバーズウォッチの復刻モデル。当時のレトロデザインをそのままに、現代の最新技術を取り入れているのが特徴です。ケースはやや小ぶりの40mm。ドーム型の風防には耐傷性に優れたサファイアクリスタルを使用しており、無反射コーティングを施すことで視認性も高めています。

防水性は10気圧。本格的なダイビングには不向きですが、デイリーユースとしては十分な性能です。カジュアルシーンやビジネスシーンでの着用を想定している方はもちろん、ヴィンテージ風なダイバーズウォッチを探している方におすすめのモデルです。