ハードな環境でも気兼ねなく装着できる「ダイバーズウォッチ」。最近ではスポーティーなモノだけでなく、スーツにも違和感なくマッチするスタイリッシュなダイバーズウォッチも人気を集めています。

そこで今回は、おすすめのダイバーズウォッチブランドをランキング形式でご紹介。選び方のポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ダイバーズウォッチとは?

By: amazon.co.jp

ダイバーズウォッチとは、ダイビングにも耐えられる高い防水性能を備えた腕時計の総称です。深海での高い水圧に耐えられるのはもちろん、塩水による腐食にも高い耐性を持っています。

文字盤を囲うように回転ベゼルがついているのも特徴。本来、回転ベゼルは自分が何分潜っているのかを正確に把握するためのモノですが、メカニカルなデザインが装飾としての役割も果たしており、ダイバーズウォッチの人気を高める要因になっています。

ダイバーズウォッチを名乗るためには日本工業規格の「JIS」または国際標準化機構の「ISO」の厳しい基準をクリアする必要があるので、高品質の腕時計が欲しい方にもぴったり。機能性・デザイン性を高いバランスで兼ね備えているのがダイバーズウォッチの魅力です。

ダイバーズウォッチの選び方

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

ダイバーズウォッチは最低でも100mの潜水に対応できることと定義されています。しかし、製品によって防水性能には差があるので、本格的なスキューバダイビングで使用する予定の方は事前にしっかり確認しておきましょう。

一般的に、本格的なスキューバダイビングで安全に使用できるのは300m防水以上といわれています。200m防水以下のダイバーズウォッチは、水泳やサーフィンなどのマリンスポーツなどの使用におすすめです。

また、ダイバーズウォッチのなかには500m以上の防水性能を備えた製品もラインナップされています。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

ベルトの素材をチェック

By: amazon.co.jp

腕時計のベルトは素材によって装着感が大きく異なります。高い耐水性を求められるダイバーズウォッチでは、ラバーやステンレス、チタンなどの水に強い素材を使った製品が人気です。

ラバー製のベルトは軽く、腕にやさしくフィットするのが魅力。ただしカジュアルな印象が強くなりやすいので、ビジネスシーンで使うにはやや不向きです。

一方、ステンレスやチタン製のベルトはフォーマルな印象が強いため、ビジネスシーンでも違和感なく使えます。また、耐久性に優れているので、本格的なスキューバダイビングなどハードな環境で使いたい場合にもおすすめです。

本革製のベルトは水に弱いため、ダイバーズウォッチで使われることは少なめ。ただし、ちょっとした外出やビジネスシーンでは問題なく使えるので、事前にどんなシーンで使いたいのかしっかりイメージしてから購入しましょう。

インデックスの視認性をチェック

By: rakuten.co.jp

暗い深海でも視認性を確保することが求められるダイバーズウォッチ。多くのダイバーズウォッチは、インデックス・針・回転ベゼルの12時位置に夜光塗料が塗られており、街灯のない夜道でも時間をしっかりと把握できます。

また、インデックスの数字や文字盤のデザインも見やすさを追求して作られているため、シンプルで落ち着いた雰囲気の腕時計が豊富にラインナップされているのもポイント。ダイバーズウォッチならではの機能美をぜひチェックしてみてください。

ムーブメントをチェック

クォーツ

By: rakuten.co.jp

クォーツ式とは、電池で動く仕組みの腕時計のこと。電池が切れるまでは特にメンテナンスをしなくても時間のズレが少ないのが特徴で、比較的リーズナブルな価格で購入できる製品が多めです。

一般的に電池交換のタイミングは3年程度が目安。製品によってはソーラー充電式で電池交換の必要がないモデルもあるので、購入する際はチェックしておきましょう。

機械式

By: rakuten.co.jp

機械式とは、巻いたゼンマイが解ける力を使って駆動する腕時計のこと。耐久性に優れており、歯車で駆動するメカニカルな雰囲気を楽しめるのが大きな魅力です。

また、機械式腕時計には使う度にゼンマイを巻く必要のある「手巻き式」と、着用して腕を動かすと自動的にゼンマイが巻き上がる「自動巻き」の2種類があります。機械式腕時計はしっかりとメンテナンスをすれば長く愛用できるので、一生モノの腕時計を探している方にもおすすめです。

ダイバーズウォッチのおすすめブランドランキング

第1位 オメガ(OMEGA)

「オメガ」は1848年にスイスで誕生した老舗の時計ブランド。オリンピックの公式時計に20回以上選ばれたほか、1969年のアポロ11号による月面着陸の際にもオメガの時計が使用されるなど、世界的な知名度を誇ります。

ダイバーズウォッチでは「シーマスター」シリーズが人気。本格的なダイバーズウォッチを探すなら、まずチェックしておきたいブランドです。

オメガ(OMEGA) シーマスター プラネットオーシャン コーアクシャル自動巻 232.90.38.20.03.001

オメガ(OMEGA) シーマスター プラネットオーシャン コーアクシャル自動巻 232.90.38.20.03.001

イギリス軍の依頼によって誕生した「シーマスター」シリーズのダイバーズウォッチ。プロのダイバーも安心して使える600m防水を備えているのが特徴です。

ケースの直径は約38mmとやや小さめ。ムーブメントは自動巻きで裏蓋がスケルトン仕様になっているため、機械式ムーブメントならではの精巧な動きを楽しめます。

ケースやベルトの素材には、軽量で耐久性に優れたチタンを採用。高級感のあるデザインは服装を選ばないので、本格的なダイビングからビジネスシーンまで幅広く活躍する腕時計を探している方におすすめです。

オメガ(OMEGA) シーマスター 300M マスター コーアクシャル 233.30.41.21.01.001

オメガ(OMEGA) シーマスター 300M マスター コーアクシャル 233.30.41.21.01.001

1957年に発売された人気ウォッチ「シーマスター300」の復刻版モデルです。ケースやベルトは耐久性に優れたステンレス製。ケースの直径は約41mmで、風防には無反射コーティングを施した強化サファイアガラスを採用しています。

本格的なスキューバダイビングも楽しめる300m防水。ムーブメントには高い耐磁性能を持つ自動巻きを採用しており、テレビやパソコン、スマートフォンなどの機械が多い室内でも正確に稼動します。

シンプルなブラックの文字盤で、スーツにも違和感なくマッチするのが嬉しいポイント。普段使いはもちろん、ビジネスシーンでも気兼ねなく使えるおすすめの逸品です。

第2位 カシオ(CASIO)

「カシオ」は日本を代表する電機メーカーです。1983年に登場したG-SHOCKシリーズは、その優れた耐衝撃性とデザイン性から世界的なヒットを記録。今日でも幅広い世代から人気を集めています。

カシオのダイバーズウォッチは高性能ながらも比較的安い価格で購入できる製品が多いので、ぜひチェックしてみてください。

カシオ(CASIO) ダイバーズウォッチ MDV-106-1AV

カシオ(CASIO) ダイバーズウォッチ MDV-106-1AV

ブラックの文字盤とシルバーのインデックスのコントラストが印象的な海外モデルのダイバーズウォッチです。ケースの直径は約44mmとやや大きめ。ベルトの素材にはラバーを採用しており、フィット感は良好です。

200mの防水性能を備えているのもポイント。重量は82gと、ダイバーズウォッチとしては軽量なのも魅力です。比較的安い価格で購入できるので、気軽に普段使いできるダイバーズウォッチを探している方はチェックしてみてください。

カシオ(CASIO) G-SHOCK FROGMAN GWF-1000-1JF

カシオ(CASIO) G-SHOCK FROGMAN GWF-1000-1JF

世界的な人気を誇る「G-SHOCK」のダイバーズウォッチ仕様モデルです。防水性能は200m。さらに、暗い場所で腕を傾けると自動で文字盤が光るフルオートELバックライトを備えています。

電波ソーラー機能つきで、 世界6局の標準時間に対応できるのも魅力。また、潜水時間を1秒単位で表示できる円形ディスプレイも搭載しています。

カジュアルなデザインは普段使いはもちろん、川や海辺のレジャーシーンにもぴったり。電池交換の必要もないので、メンテナンスフリーで長く使えるダイバーズウォッチを求めている方におすすめです。

第3位 ロレックス(ROLEX)

「ロレックス」は1905年に誕生した高級時計ブランド。エレガントなデザインと高い耐久性を兼ね備えた腕時計は世界中の人々から支持されており、今日では高級腕時計の代名詞的な存在としての地位を築いています。

ロレックスのダイバーズウォッチは、1000m以上の高い防水性能を備えたモデルが人気。一生モノの腕時計を探している方におすすめのブランドです。

ロレックス(ROLEX) シードゥエラー 126600

ロレックス(ROLEX) シードゥエラー 126600

1220mの防水性能を誇る人気のダイバーズウォッチです。ケースの直径が約43mmと大きいのが特徴。日付表示窓には数字を約2.5倍に拡大するサイクロップレンズがあしらわれています。

ムーブメントには自動巻きを採用。ゼンマイを完全に巻き上げた状態から70時間動き続けるロングパワーリザーブを確保しており、普段使い用の腕時計としても使い勝手は良好です。

ステンレス腕時計独特のずっしりとした着け心地も魅力。シンプルながらも存在感のある腕時計なので、おしゃれに敏感な方におすすめです。

第4位 IWC

「IWC」は1868年にスイスで生まれた高級時計ブランド。開発から製造までを一貫して自社で行っており、現在では全世界に約60の直営店を構えるグローバルブランドへと成長しました。

IWCのダイバーズウォッチは「アクアタイマー」シリーズが有名。流行に左右されないスタイリッシュな腕時計が欲しい方におすすめのブランドです。

アイダブリューシー(IWC) アクアタイマー クロノグラフ クストーダイバーズ IW376805

アイダブリューシー(IWC) アクアタイマー クロノグラフ クストーダイバーズ IW376805

クロノグラフを配置したスタイリッシュなデザインが印象的なダイバーズウォッチです。防水性能は安心してダイビングを楽しめる300m防水。ベルトには腕に心地よくフィットするラバーを採用しています。

ムーブメントは自動巻き。風防にはサファイアガラス、ケースの素材にはステンレスが採用されており、擦り傷にも強いモデルです。

ケースの直径は44mmと大きいので、ファッションのアクセントにもぴったり。いつものコーディネートを華やかにするおすすめのダイバーズウォッチです。

第5位 セイコー(SEIKO)

「セイコー」は日本を代表する腕時計ブランド。1956年に国産としては初めての自動巻き時計「セイコーオートマチック」を発表するなど、日本の時計産業の発展を支えてきました。

セイコーのダイバーズウォッチは、普段使いしやすいスタイリッシュなデザインが魅力。なかでも「プロスペックス」シリーズが人気です。

セイコー(SEIKO) プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル ダイバーズウォッチ SBBN037

セイコー(SEIKO) プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル ダイバーズウォッチ SBBN037

重厚感のあるシルバーステンレスのケースと、ネイビーの文字盤のコントラストが魅力のダイバーズウォッチです。ベルトの素材にはシリコンを採用。通常のシリコンよりも耐久性を向上させているため、本格的なダイビングでも安心して使えます。

防水性能は300m。実店舗では買えない限定モデルで、人と被らないおしゃれなダイバーズウォッチを探している方にもおすすめです。

セイコー(SEIKO) プロスペックス ソーラー ダイバーズ チタンモデル SBDN013

セイコー(SEIKO) プロスペックス ソーラー ダイバーズ チタンモデル SBDN013

ケースやベルトの素材にチタンを採用したダイバーズウォッチです。チタンならではのやや暗めの光沢が魅力。ケースの直径は約40mmとほどよい大きさで、派手すぎず大人っぽい雰囲気を醸し出しています。

防水性能は200m。重厚感のある見た目ながらも重量は約86gと軽いため、長時間快適に着用できます。また、3時位置には日付表示用の窓を備えており、シンプルながらも使い勝手は良好です。

ソーラー充電式なので、電池交換の必要がないのも嬉しいポイント。オンオフを問わず幅広いシーンで取り入れやすいデザインのため、汎用性の高いダイバーズウォッチを探している方におすすめです。

第6位 タグホイヤー(TAG HEUER)

「タグホイヤー」はスイスで生まれた時計ブランド。1916年には100分の1秒単位で計測できる世界初のストップウオッチを開発し、以後、数々のモータースポーツの公式ウォッチとして採用されました。

タグホイヤーのダイバーズウォッチは上品で爽やかな色使いが魅力。機能性とおしゃれさのどちらもこだわりたい方におすすめのブランドです。

タグホイヤー(TAG HEUER) メンズ腕時計 アクアレーサー WAY111C.BA0928

タグホイヤー(TAG HEUER) メンズ腕時計 アクアレーサー WAY111C.BA0928

爽やかなブルーの文字盤と、回転ベゼルが印象的なダイバーズウォッチです。ケース直径は多くの人が着用しやすい41mm。ケースやベルトの素材にステンレスを採用することで、高級感を演出しています。

防水性能は本格的なマリンスポーツも楽しめる300m防水。針やインデックスにはブルーの文字盤に映える白い蛍光塗料が塗られており、視認性は良好です。

12時位置にさり気なくあしらわれたブランドロゴもおしゃれ。春夏の軽いコーデに合う爽やかなダイバーズウォッチを探している方におすすめです。

第7位 ブライトリング(BREITLING)

「ブライトリング」は1884年に誕生したスイスの腕時計ブランド。1930年代にはイギリス空軍にコックピット用の時計を供給するなど、タフで精度の高い時計を生み出し続けています。

1957年に登場したダイバーズウォッチ「スーパーオーシャン」シリーズは特に有名なので、ぜひチェックしてみてください。

ブライトリング(BREITLING) スーパーオーシャン ヘリテージII 46

ブライトリング(BREITLING) スーパーオーシャン ヘリテージII 46

1957年に誕生した「スーパーオーシャン」シリーズの60周年記念モデルです。防水性能は200m。ムーブメントには70時間連続稼働する自動巻きを採用しています。

ケースの直径は46mm。ブルーフェイスの文字盤は光に当たるとより一層キラキラと輝くため、腕元を華やかに演出できます。

きめ細やかに編み込まれたステンレスベルトもおしゃれ。ビジネスシーンはもちろん、パーティーなど華やかなシーンでも違和感なく着用できるおすすめのダイバーズウォッチです。

第8位 シチズン(CITIZEN)

「シチズン」は1918年に誕生した日本の時計ブランド。1966年には国産初の電子ウォッチ、1995年には世界で初めて年差±3秒以内の超高精度クォーツ腕時計を開発するなど、高い技術力を誇ります。

シチズンのダイバーズウォッチは落ち着いたデザインが多いため、スーツに合うダイバーズウォッチを探している方におすすめのブランドです。

シチズン(CITIZEN) プロマスター MARINEシリーズ エコ・ドライブ 200mダイバー BN0156-05E

シチズン(CITIZEN) プロマスター MARINEシリーズ エコ・ドライブ 200mダイバー BN0156-05E

ブラックの文字盤にシルバーのインデックスをあしらったシンプルなダイバーズウォッチです。防水性能は200m。長針だけがオレンジに着色されており、デザインにアクセントを加えています。

ムーブメントはクォーツ式。太陽光や蛍光灯の光で発電できるエコ・ドライブを搭載しているため、電池交換をしなくても長く愛用できます。

第1種耐磁機能を備えているので、パソコンやスマートフォンなど、磁気を発する機械が多い場所でも正確に稼動するのがポイント。毎日気軽に使えるダイバーズウォッチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シチズン(CITIZEN) プロマスター MARINEシリーズ エコ・ドライブ電波時計AS7145-69L

シチズン(CITIZEN) プロマスター MARINEシリーズ エコ・ドライブ電波時計AS7145-69L

時刻を自動で修正する電波受信機能を備えたダイバーズウォッチです。ケースやベルトの素材には耐久性に優れたチタンを採用。チタンの表面にはシチズン独自の硬化処理が施されており、傷がつきにくくなっています。

防水性能は200m。インデックスと針にはグリーンとブルーに色分けされた夜光塗料が塗られているため、夜間の視認性は良好です。

文字盤の周囲にあしらわれた凹凸感のある回転ベゼルも魅力。デザイン性と機能性を兼ね備えた腕時計を求めている方におすすめのモデルです。

第9位 ジャガールクルト(Jaeger Lecoultre)

「ジャガールクルト」は1833年に誕生したスイスの腕時計ブランド。ムーブメントから自社一貫製造するマニファクチュールにこだわり、流行に左右されない普遍的なデザインの腕時計を数多く生み出しています。素朴で大人っぽいダイバーズウォッチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ジャガールクルト(Jaeger Lecoultre) ポラリス デイト Q9068670

ジャガールクルト(Jaeger Lecoultre) ポラリス デイト Q9068670

1968年当時に発売された「ポラリス」の流れを引き継いて開発されたダイバーズウォッチです。ケースの素材には耐久性に優れたステンレスを採用。ケースの裏蓋には1968年モデルと同じ酸素マスクを被った潜水士のロゴが刻印されています。

ケースの直径は42mmとやや大きめ。ラバーベルトの表側にはきめ細かい模様があしらわれており、上品な雰囲気をプラスしています。

防水性能は200m。流行に左右されずに長く愛用できるダイバーズウォッチを探している方におすすめです。

ジャガールクルト(Jaeger Lecoultre) マスターコンプレッサー ダイビング クロノグラフ Q1862740

ジャガールクルト(Jaeger Lecoultre) マスターコンプレッサー ダイビング クロノグラフ Q1862740

ケースの素材に18Kピンクゴールドを採用したエレガントなダイバーズウォッチです。ケースの直径は44mmと大きめ。ムーブメントは自動巻きで、残りの稼働時間が分かるパワーリザーブインジケーターも備えています。

高級感のあるデザインながらも、防水性能は300mと本格仕様なのも魅力。着用したままシャワーを浴びられるのはもちろん、スキューバダイビングでも安心して使用できます。

ベルトには、腕にやさしくフィットするラバー素材を採用。結婚式や高級ホテルでのディナーなど、ここぞという場面でも使えるおすすめのモデルです。

第10位 ブランパン(BLANCPAIN)

「ブランパン」は1735年にスイスで誕生した腕時計ブランド。現存する時計ブランドの中でも最古のブランドであり、1953年にはダイバーズウォッチの元祖ともいわれる「フィフティ ファゾムス」を発売しています。

ブランパン(BLANCPAIN) フィフティ ファゾムズ 5015-12B40-O52A

ブランパン(BLANCPAIN) フィフティ ファゾムズ 5015-12B40-O52A

ダイバーズウォッチの元祖ともいわれる「フィフティ ファゾムズ」シリーズの腕時計です。ムーブメントには自動巻きを採用。ゼンマイを完全に巻き上げた状態から120時間連続で稼働するのが特徴です。

防水性能は本格的なマリンスポーツも楽しめる300m防水。ケースはシースルーバック仕様なので、裏側から機械式ムーブメントの精巧な動きを楽しめます。

ブルーを基調としたスタイリッシュな文字盤も魅力。大人っぽいおしゃれな高級ダイバーズウォッチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第11位 ルミノックス(LUMINOX)

「ルミノックス」は1989年にアメリカで誕生した腕時計ブランド。「何時、いかなる状況であっても時刻の確認ができる視認性の確保」をコンセプトに、アメリカ海軍や警察の特殊部隊が使用する腕時計を開発してきました。

ルミノックスのダイバーズウォッチは、タフなだけでなくデザイン性も優れているので、ファッションウォッチとしても活躍します。

ルミノックス(LUMINOX) ネイビーシールズ 日本限定モデル 3001RH

ルミノックス(LUMINOX) ネイビーシールズ 日本限定モデル 3001RH

アメリカ海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」との共同開発で誕生したダイバーズウォッチの日本限定モデルです。ブラックの文字盤に映えるホワイトのインデックスが特徴。秒針やブランドロゴのレッドがデザインにアクセントを加えています。

防水性能は200m。インデックスにはルミノックス独自の夜光塗料が使われており、暗所での視認性は良好です。

重厚感のある外観でありながらも、実際の重さは約50gと軽いのがポイント。普段使いからアウトドアまで、さまざまなシーンでの活躍が期待できるおすすめのダイバーズウォッチです。

第12位 オリエント(ORIENT)

「オリエント」は機械式腕時計を中心に取り扱う日本の老舗時計ブランド。熟練の職人がひとつひとつ手作業で作られる腕時計は、幅広い世代から愛されています。

オリエントのダイバーズウォッチは、比較的リーズナブルな製品も豊富。おしゃれな国産腕時計が欲しい方におすすめのブランドです。

オリエント(ORIENT) Mako ダイバーズウォッチ SAA02009D3

オリエント(ORIENT) Mako ダイバーズウォッチ SAA02009D3

高い性能とコスパの良さから海外でも高い人気を誇るダイバーズウォッチです。光沢のあるブルーの文字盤が特徴。ベゼルの12時から3時位置まではレッドにカラーリングされており、個性的なデザインに仕上がっています。

ムーブメントには自動巻きを採用。手巻き機能も備えているので、リューズを自分の手で巻き上げる操作感も楽しめます。おしゃれなダイバーズウォッチを探している方におすすめです。

第13位 オリス(ORIS)

「オリス」は1904年にスイスで誕生した腕時計ブランドです。機械式腕時計の生産に特化しているのが特徴。本格的な機械式ながらも価格を抑えた製品が多く、世界中のファンから愛されています。

オリスのダイバーズウォッチは「ダイバーズ」や「アクイス」シリーズが人気。機械式腕時計を初めて購入する方にもおすすめのブランドです。

オリス(ORIS) アクイス ビッグデイデイト 752 7733 4135R

タウンユースしやすいデザインと、本格的なダイバーズウォッチの機能を兼ね備えた「アクイス」シリーズの腕時計です。プロ仕様並みの500m防水を備えているのが特徴。ケースの素材には耐久性に優れたステンレスを採用しています。

ムーブメントは自動巻き。ラバー製のベルトは11段階のサイズ調節が可能で、着用感は良好です。また、ブルーの文字盤に映えるシルバーのインデックスもおしゃれ。ラバーベルトを使いながらも大人っぽいデザインなので、オン・オフを問わず幅広いシーンで着用できるダイバーズウォッチを求めている方におすすめです。

第14位 ベル&ロス(BELL&ROSS)

「ベル&ロス」は1991年にフランス・パリで誕生した時計ブランド。ミリタリーテイストのデザインや、正方形フォルムの腕時計が注目を集めており、日本でも高い人気を誇ります。

1000m防水を備えたプロ仕様モデルもあるので、機能・デザインの両方にこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

ベル&ロス(BELL&ROSS) ダイバーズウォッチ BR03-92

ベル&ロス(BELL&ROSS) ダイバーズウォッチ BR03-92

ベル&ロスならではの正方形のフォルムが印象的なダイバーズウォッチです。ムーブメントには自動巻きを採用。また、本格的なスキューバダイビングも楽しめる300m防水も備えています。

ケースの素材には、耐久性に優れたステンレスを採用。さらに、風防には傷に強いサファイアガラスを採用しているため、気軽に普段使いできます。

飛行機のコックピットをイメージしたメカニカルなデザインも魅力。個性的なデザインながらも、スーツに違和感なく合わせられるので、ビジネスシーンでもさり気ないおしゃれを楽しみたい方におすすめです。

ベル&ロス(BELL&ROSS) オートマティック BR02-92

ベル&ロス(BELL&ROSS) オートマティック BR02-92

1000m防水と減圧バルブを備えた、プロダイバー仕様の腕時計です。ケースの直径は44mmとやや大きめ。ブラックの文字盤に大きな数字を使ったインデックスを配置しており、視認性は良好です。

ムーブメントは自動巻き。ラバー製のベルトは腕にやさしくフィットするので、長時間着用しても快適です。服装を選ばないスタイリッシュなデザインで、汎用性の高いダイバーズウォッチを探している方におすすめです。 

第15位 エドックス(EDOX)

「エドックス」は1884年にスイスで創業を開始した腕時計ブランド。1998年には1.4mmという世界で最も薄いムーブメントを開発し、注目を集めました。

エドックスのダイバーズウォッチは、エレガントなデザインが魅力。おしゃれながらもしっかりと使えるダイバーズウォッチを探している方におすすめのブランドです。

エドックス(EDOX) クロノオフショア1 自動巻きクロノグラフ 01122-3BU3-BUIN3-L

エドックス(EDOX) クロノオフショア1 自動巻きクロノグラフ 01122-3BU3-BUIN3-L

クロノグラフを配置したエレガントなデザインが魅力のダイバーズウォッチです。風防の周囲のベゼルには、サファイアと同等の硬度を持つハイテクセラミックを採用。不意にどこかにぶつけても、傷がつきにくい仕様です。

防水性能は500m。ムーブメントは自動巻きで、3時位置には日付・曜日表示用の窓も備えています。また、ベルトにはクロコダイルの革ストラップを採用。ケースの直径は45mmと大きめなので、存在感のあるおしゃれなダイバーズウォッチを探している方におすすめです。