防水性や耐久性に加え、スポーティなイメージもある「ダイバーズウォッチ」。最近は洗練されたデザインのアイテムも増え、高性能かつスタイリッシュなフォルムを兼ね備えた製品が注目されています。

そこで今回は、ダイバーズウォッチのおすすめモデルをランキング形式でご紹介。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

ダイバーズウォッチとは?

By: rakuten.co.jp

「ダイバーズウォッチ」とは、その名の通りダイビングにも耐え得る防水性能を備えている腕時計。海中での使用を想定しているため、耐腐食性はもちろん、深海での高水圧にも対応できるのが特徴です。

各製品は日本工業規格の「JIS」または国際標準化機構の「ISO」に準拠しており、タフな仕様となっているのも魅力。暗部での視認性に配慮していることや、ベゼルを反時計回りの一方向にしか回転させない「逆回転防止ベゼル」、バックルの長さを延長できる「エクステンションバックル」、時計内部の破損の原因となるヘリウムを逃がす「ヘリウムガスエスケープバルブ」などが採用されていモデルも展開されています。

ダイバーズウォッチの選び方

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

防水性能は少なくとも水深100mの潜水に対応し、その1.25倍の水圧に耐える耐圧性、例えば水深100mの場合は水深125m相当があることが定義付けされています。表記としては「〇〇m防水」や「〇〇気圧」などがあり、製品によって数値が異なるので、ダイバーズウォッチの防水性能を知る際には確認しておきましょう。

回転ベゼルをチェック

By: rakuten.co.jp

ダイバーズウォッチの役割として挙げられるのが潜水時間の管理。一般的なダイバーズウォッチは、回転ベゼルによって酸素ボンベの使用時間を計測し、12時位置のマークを回して分針に合わせます。

ほとんどのモデルの回転ベゼルには「逆回転防止機能」が付いているのが特徴。これはベゼルを反時計回りの一方向にしか回転させないことを意味しており、潜水時間が誤って短くなるような事態を避けるための仕様となっています。ただ、本格的なダイビングで使用するシーンは限られ、見た目に関わってくる部分なので、デザインにこだわりたい方はチェックしておきましょう。

ベルトの素材をチェック

By: amazon.co.jp

腕時計のベルト部分はストラップと呼ばれることも多く、使い心地を左右する部分です。ダイバーズウィッチに関しては、汗や海水、さらに紫外線による劣化にも対応できる「シリコン」や、ビジネスシーンで映える「ステンレス」、経年変化が楽しめる「レザー」などが代表的。

なお、製品によってはタイプの異なる素材が別パーツとして付属している場合があります。シーンに合わせて使い分けたい方は購入する際に確認しておきましょう。

視認性をチェック

By: rakuten.co.jp

ダイバーズウォッチは「暗所において25cmの距離から時刻や時計の作動が目視できること」が定義付けされており、深海でも視認性を確保できることが条件となっています。ダイバーズウォッチではインデックスと針、そして回転ベゼルの12時位置に夜光塗料または蓄光塗料のことを意味している「ルミノバ」を使用。一般的な使用シーンでは夜道での時間確認をする際に便利です。

駆動方式をチェック

By: rakuten.co.jp

機械式

「機械式」とは時計の歯車の仕組みで動く電池不要の駆動方式のこと。使う度にぜんまいを巻く「手巻き」と腕の動きで自動的にぜんまいが巻き上がる「自動巻き」の2種類があります。

機械式は耐久性が高く、タフなのが特徴。しっかりメンテナンスすれば長く愛用できるので、身に付ける際はこまめにお手入れするようにしましょう。

クォーツ式

「クォーツ式」とは電池で動く駆動方式のこと。低コストで量産できるので、リーズナブルな価格帯の腕時計の多くにはクォーツ式が採用されています。

電池が切れるまでしっかりと時を刻めるほか、時間のズレが少ないのもポイント。なお、一般的に電池交換は3年程度が目安となっていますが、製品によっては10年程度電池が保つモデルもあるので、購入する際はチェックしておきましょう。

ダイバーズウォッチのおすすめメーカー

セイコー(SEIKO)

By: amazon.co.jp

「セイコー」は1881年に創業の老舗時計メーカー。精度の高い時計を数多くラインナップしているほか、国内外ブランドの腕時計のムーブメントに採用されているほど、技術力に定評があります。

ダイバーズウォッチに関しては、機能性が高いほか、アウトドアシーンで安心して使えるモデルからビジネスシーンで映えるアイテムまで取り揃っているのもポイント。信頼の高いおすすめメーカーです。

シチズン(CITIZEN)

By: amazon.co.jp

1918年に創業で、日本を代表する時計メーカーとして知られている「シチズン」。電池交換を不要とした「エコ・ドライブ」などを開発したことでも有名で、革新的な技術に裏打ちされた経験とノウハウを持っているのが特徴です。

ダイバーズウォッチに関しては、ビジネスシーンでも違和感なく身に付けられるモデルや、プロ仕様の本格派までラインナップしているのもポイント。リーズナブルなモデルもリリースされているので、コスパ重視の方にもおすすめです。

カシオ(CASIO)

By: rakuten.co.jp

1947年創業の「カシオ計算機」。時計ブランドの「カシオ」としては1974年から製造しており、セイコー・シチズンと並ぶ国内時計ブランドの御三家として知られています。

ダイバーズウォッチに関しては耐衝撃性に優れた「G-SHOCK」シリーズの「フロッグマン」が有名で、タフな腕時計を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ダイバーズウォッチのおすすめランキング

第1位 ブランパン(BLANCPAIN) フィフティ ファゾムス オートマティック

ブランパン(BLANCPAIN) フィフティ ファゾムス オートマティック

世界最古の腕時計ブランドと言われている「ブランパン」のダイバーズウォッチ。本シリーズはフランス海軍の要請で1953年に誕生し、歴史と情緒を感じられるのが特徴です。

製品名は水深の単位である「Fathom」が由来。1ファゾムは約1.82mなので、50ファゾムスは発売当時としては最高レベルの約91mの防水性能を示しています。ただし、本製品は現代版仕様なので、300m防水に対応。

逆回転防止ベゼルはダイヤモンドに次ぐ高い硬度のサファイヤガラスで覆うことで、視認性と高級感をアップさせています。ハイエンドクラスのダイバーズウォッチを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

第2位 ロレックス(ROLEX) オイスター パーペチュアル シードゥエラー

ロレックス(ROLEX) オイスター パーペチュアル シードゥエラー

ロレックスの「オイスター パーペチュアル シードゥエラー」の誕生から50周年を記念してリニューアルされたモデル。初代モデルと同じく赤文字を採用しつつも、14もの特許を取得している自社ムーブメント「Cal.3235」を搭載しているほか、ケースサイズが3mmアップし、現代仕様となっているのが特徴です。

防水対応は1220mとハイスペックなほか、同ブランドが2015年に定めた「高精度クロノメーター」にも準拠しており、日差±2秒とかなり精密なものポイント。新しさのなかにも歴史が感じられる高級ダイバーズウォッチです。

第3位 ベル&ロス(BELL&ROSS) BR03-92 ダイバーブロンズ

ベル&ロス(BELL&ROSS) BR03-92 ダイバーブロンズ

世界限定999本とプレミア感のあるスクエアタイプのダイバーズウォッチ。かつて潜水夫のヘルメットに使われていたブロンズをケースに採用しており、身に付けるほど経年変化を楽しめるのが特徴です。

300m防水に対応しており、安心して使えるのもポイント。レザー仕様のストラップにはエイジド加工が施されており、ヴィンテージ感があるのも魅力です。クラシックな腕時計を探している方はぜひチェックしておきましょう。

第4位 エドックス(EDOX) クロノオフショア1 クロノグラフ オートマティック

エドックス(EDOX) クロノオフショア1 クロノグラフ オートマティック

マリンスポーツ関連モデルに定評がある「エドックス」のダイバーズウォッチ。カーボン文字盤だけでなく、艶のあるセラミックベゼルも深海を思わせるブルーで統一されているのが特徴です。

500mの優れた防水性能を備えているのもポイント。ラグジュアリーな雰囲気で高級感があるので、手元をしっかりと主張できるのも魅力です。

第5位 ジン(Sinn) 206.ST.AR

ジン(Sinn) 206.ST.AR

独自の除湿機構「Arドライテクノロジー」を採用しているダイバーズウォッチ。特殊な乾燥剤を用いたドライカプセルなどを駆使して、防水性能を高めているのが特徴です。

スクリュー形状のプッシュボタンはねじ込み式ではないものの、二重パッキン仕様で密封性を確保。防水性能は30気圧に対応しており、ベルトはステンレススチールブレスレット、またはレザーストラップから選ぶことができます。

第6位 ユーボート(U-BOAT) CLASSICO SOMMERSO DLC Ref.9015

ユーボート(U-BOAT) CLASSICO SOMMERSO DLC Ref.9015

1940年代の軍用防水時計を再現したダイバーズウォッチ。ケース左の大きなリューズが印象的で、無骨さを感じさせるフォルムに仕上がっているのが特徴です。

300mの防水に対応しているほか、特殊保護器具付きのベゼルを採用しており、耐久性に優れているのもポイント。インテックスは夜光塗料のルミノバが施されており、暗部での視認性が高いのも魅力です。

黒の腕時計はファッション全体の引き締め効果も期待できるので、スタイリッシュなコーデに合うダイバーズウォッチを探している方はぜひ購入を検討してみてください。

第7位 オリス(ORIS) ダイバーズ65

オリス(ORIS) ダイバーズ65

1960年代に登場したダイバーズウォッチを、現代の技術を駆使して再現したモデル。落ち着いたデザインに仕上がっているので、シニア層でも身に付けやすい1本です。

ケースサイズは最近のトレンドを意識した36mm仕様。また、ドーム型のサファイアクリスタルによって、ヴィンテージ感をさらに高めています。主張しすぎない腕時計を探している方はぜひチェックしておきましょう。

第8位 オリス(ORIS) アクイス クリッパートン リミテッドエディション

オリス(ORIS) アクイス クリッパートン リミテッドエディション

ブルーとグラデーションダイヤルが特徴的はダイバーズウォッチ。ネーミングは太平洋のメキシコ沖に浮かぶフランス属領の「クリーパートン島」が由来で、同島の海洋保護のために作られたモデルです。

300m防水に対応した本格的なモデルでありながら、裏蓋をガラス張りにするシースルーバックを採用しているのもポイント。タフさとスタイリッシュさを兼ね備えたおすすめの1本です。

第9位 オリス(ORIS) アクイス デイト レリーフ

オリス(ORIS) アクイス デイト レリーフ

水の感触と色にインスパイアさせたデザインを採用しているダイバーズウォッチ。ベゼルに配した浮き彫りのケースは水の質感を、グレーの文字盤は荒れる海の色を表現しているのが特徴です。

防水性能は30気圧(300m)に対応しているほか、逆回転防止ベゼルや蓄光インデックスなど、性能やディテールも本格派仕様となっているのもポイント。スマートに身に付けられるおすすめモデルです。

第10位ミドー(MIDO) オーシャンスター ダイバー 600

ミドー(MIDO) オーシャンスター ダイバー 600

海底探索のために設計された本格仕様のダイバーズウォッチ。時計内部の破損の原因となるヘリウムを逃がしてくれる「ヘリウムガスエスケープバルブ」が用意されているほか、夜光塗料のルミノバには暗部での視認性の高い「グレードX」を使用するなど、細部にまで使い勝手に配慮しているのが特徴です。

防水対応は60気圧(600m/1968ft)とハイスペックなのもポイント。シンプルな見た目ながら高性能なので、アクティブなシーンにも対応できる腕時計を求めている方におすすめです。

第11位 セイコー(SEIKO) プロスペックス LOWER CASEプロデュースモデル STBR023

セイコー(SEIKO) プロスペックス LOWER CASEプロデュースモデル STBR023

著名ブランドのコンサルタントを務める「LOWERCASE」の梶原由景氏が監修したダイバーズウォッチ。本製品は1975年に登場して以来、人気を博しているモデルをタウンユース向けにアレンジしており、高性能を継承しつつも、ひと回り小さいケースサイズを採用しているのが特徴です。

200mの防水に対応しているほか、ストラップは海水や汗で劣化しない強化シリコンを採用しているのもポイント。また、ソーラー充電機能を備えており、フル充電であれば約10ヶ月駆動するのも魅力です。

第12位 セイコー(SEIKO) プロスペックス SBDC065

セイコー(SEIKO) プロスペックス SBDC065

長年培った技術に裏打ちされた、機能性の高いダイバーズウォッチ。本モデルはリューズの位置を4時側にズラすことで、手首への不快な食い込みを軽減させているのが特徴です。

強化シリコンバンドが付属しているので、アウトドアシーンに対応できるのもポイント。汗や海水はもちろん、紫外線による劣化がなく、タフに使えるのも魅力です。オンオフのいずれにも身に付けられる、汎用性の高いダイバーズウォッチを探している方はぜひチェックしておきましょう。

第13位 カシオ(CASIO) G-SHOCK FROGMAN GWF-D1000

カシオ(CASIO) G-SHOCK FROGMAN GWF-D1000

熱烈なコレクターがいるほど人気のGショック。なかでも「フロッグマン」はMASTER OF Gシリーズにおける最初のモデルで、「海の王者」というキャッチコピーが付けられています。

初代の誕生は1993年で、チタンケースを採用した2代目、コンパクト化を図った3代目、ソーラー仕様となった4代目と進化し続け、本モデルは電波ソーラー化した5代目という位置付けです。

ISO規格の200m防水に対応しているほか、10cm単位で計測できる水深計の「圧力センサー」や、潜水中でも計測できる方位計測の「磁気センサー」、10°C~60°Cの範囲で水温または気温を計測できる「温度センサー」を搭載しているのが特徴。電波ソーラー仕様のダイバーズを探している方におすすめです。

第14位 シチズン(CITIZEN) プロマスター エコ・ドライブ・アクアランド 200m

シチズン(CITIZEN) プロマスター エコ・ドライブ・アクアランド 200m

最大70mまで計測可能な針式水深計を搭載したダイバーズウォッチ。ISO・JIS規格200m防水に対応しているほか、光発電エコ・ドライブムーブメント・充電量計・急浮上警告アラームなど安全性に配慮しているのが特徴です。

立体的なケースに差し色が映えるスポーティなデザインに仕上がっているのもポイント。本格的な仕様ながら、ビジネスシーンでも違和感なく身に付けられるおすすめモデルです。

第15位 シチズン(CITIZEN) プロマスター エコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー 1000m

シチズン(CITIZEN) プロマスター エコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー 1000m

プロダイバーが行う飽和潜水にも対応できる1000m防水対応モデル。強烈な水圧にも耐えられるため、ケースにしっかりと厚みがあるのが特徴です。

また、光発電技術のエコ・ドライブが駆動することによって電池切れの心配がないのもポイント。衝撃による針ズレを防止する衝撃検知機能も搭載されており、安心して身に付けられるのも魅力です。機能性の高いダイバーズウォッチを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第16位 ティソ(TISSOT) シースター 1000 オートマティック

ティソ(TISSOT) シースター 1000 オートマティック

1950年代の名品「シースター」の名を復活させたモデル。80時間パワーリザーブの高性能ムーブメント「パワーマテック80」を搭載しており、裏蓋をガラス張りにするシースルーバックながら300m防水に対応しているのが特徴です。

ベゼルにはセラミック、ストラップには厚手の布のキャンバス素材を採用しているのもポイント。10万円以下の価格帯も魅力です。マリンシーンでもタウンユースでも安心して身に付けられる万能なダイバーズウォッチを探している方はぜひチェックしておきましょう。

第17位 ブローバ(BULOVA) デビルダイバー

ブローバ(BULOVA) デビルダイバー

1970年代に発売されたダイバーズウォッチの復刻モデル。クッションケースや立体的なインデックスなどの外観デザインを忠実に再現しており、存在感があるのが特徴です。

なお、「デビルダイバー」というネーミングは当時画期的だった666f(約200m)の防水に対応していることが由来。新訳聖書ではこの数字が不吉と考えられており「悪魔の数字」として知られています。クラシカルな雰囲気と話題性のあるおすすめのダイバーズウォッチです。

第18位 ビクトリノックス(VICTORINOX) イノックス プロフェッショナル ダイバー タイタニウム

ビクトリノックス(VICTORINOX) イノックス プロフェッショナル ダイバー タイタニウム

パラコード製のストラップが目を引くダイバーズウォッチ。軽量なチタン製ケースにブルーの迷彩柄の文字盤を合わせているのが特徴です。

200m防水対応で、タフに作られているのもポイント。付属しているラバーストラップに交換すれば、タウンユースでも違和感なく身に付けられます。あらゆるシーンで活躍してくれるマルチな腕時計を探している方におすすめの1本です。

第19位 ジャックメイソン(JACK MASON) ブラックアウトモデルダイバー JM-D101-022

ジャックメイソン(JACK MASON) ブラックアウトモデルダイバー JM-D101-022

本格的な仕様ながらミニマルに仕上がっている日本限定のダイバーズウォッチ。クラシカルなスタイルをベースとしつつも、各種パーツをブラックで仕上げているのが特徴です。

防水は300m対応と安心して身に付けられるのもポイント。比較的リーズナブルな価格も魅力です。なお、「ジャックメイソン」は2013年に誕生したアメリカのブランド。本製品はその名の通り、DIVER(ダイバー)シリーズに属していますが、ほかにもスポーツカーをインスパイアしたRACING(レーシング)シリーズやパイロットウォッチを意識したAVIATION(アヴィエーション)シリーズも揃っています。気になる方はぜひチェックしてみてください。