1000円程度のモノから数百万円もする高級ブランド品まで、価格のバラつきが大きい「腕時計」。そのため、腕時計を購入する際の予算はどうしても曖昧になりがちです。

そこで今回は、予算を3万円に区切っておすすめの腕時計をご紹介します。コスパの高い日本メーカーや人気ブランドを中心にピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

腕時計の選び方

ベルトで選ぶ

メタルバンド

By: amazon.co.jp

メタルバンドとはいわゆる金属製のベルトのこと。腕時計の場合はほとんどがステンレス素材を採用しています。ベルトのつけ心地を左右するのは「コマ」と呼ばれる金属板の枚数。この枚数が多ければ多いほど、よりフィット感のあるつけ心地が楽しめます。

メタルバンドは重厚感のあるイメージから、ビジネスシーンなどフォーマルなスタイルにおすすめ。懸念点としては、ほかのベルトに比べてやや重いことが挙げられます。また、金属アレルギーの方も注意が必要。心配な方は「サージカルステンレス」など、アレルギー反応が起こりにくいモノを選ぶようにしましょう。

革ベルト

By: amazon.co.jp

革ベルトは気軽に身につけられ、やわらかい印象を与えられるのが特徴。ビジネスシーンはもちろん、フォーマルな場面でも着用できるので、汎用性が高いのもポイントです。

ベルトの色はブラックかブラウンが無難。より上質な本革のベルトは、使い込むほどに味わい深くなり、経年変化を楽しめます。なお、お手入れを怠ると劣化しやすくなるため、その点は注意しておきましょう。

ラバーベルト

By: amazon.co.jp

ラバーベルトは水に強く、耐久性も高いのが特徴。普段使いはもちろん、スポーツ時などにも適しているので、腕時計にタフさを求める方やアクティブに使いたい方におすすめです。

なお、アイテムにもよりますが、ビジネスやフォーマルなどかしこまったシーンでの着用にはカジュアルすぎるためやや不向き。チョイスする際はTPOに応じて判断するようにしましょう。

駆動方式で選ぶ

機械式

By: seiko.com

機械式の腕時計は、「手巻き」と「自動巻き」の2種類。前者は手動でゼンマイを巻いて時計を動かす仕組みで、後者は腕時計を身につけているときの振動により、自動的にゼンマイが巻かれます。

機械式に共通するメリットは、電池が不要なこと。電池交換の手間がなく、きちんとゼンマイが巻かれていれば電池切れの心配もありません。

しかし、身につけずにいると時計が止まってしまうため注意。モノにもよりますが、ゼンマイを巻かずに放置すると40時間程度で止まってしまうので、その点は留意しておきましょう。

クオーツ式

By: seiko.com

「クオーツ式」とは電池を動力とする腕時計のこと。そもそも「クオーツ」とは水晶の意味で、電池から得られるエネルギー「水晶振動子」を発振させて、時間が刻む仕組みとなっています。

クオーツ式のメリットはより正確な時間がわかることと、身につけず放置していても電池が切れない限り時計が止まらないこと。秒単位での時刻を把握できるのがポイントです。デメリットは、定期的に電池交換が必要な点。電池の種類にもよりますが、2~5年程度で交換が必要です。一応の目安として覚えておきましょう。

ソーラー充電式

By: g-shock.jp

「ソーラー充電式」とは、太陽光で発電した電気により腕時計を駆動させる仕組みのこと。クオーツ式と組み合わされ、ボタン電池の役割をソーラーで担います。

採用されるタイプとしては、ラバーベルト仕様のアウトドア向けの腕時計がメイン。フォーマルシーンに合うメタルバンドの腕時計や、カジュアルに身につけられる革ベルトの腕時計にも搭載されています。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

用途で選ぶ

ビジネス用

By: rakuten.co.jp

ビジネス用の腕時計は、シンプルなデザインや色使いのモノを選ぶように心がけると、失敗が少なく安心。ビジネスシーンの身だしなみの基本である、「清潔感」につながります。

素材については、ビジネス用であればメタルバンドのモデルが無難。3万円以下であっても、重厚感のある腕時計が数多くラインナップされています。

就活用

By: amazon.co.jp

就活の身だしなみの基本は、ビジネスと同様。奇抜すぎるモノだと悪目立ちしてしまうため、腕時計はシンプルなデザインがおすすめです。

文字盤の色は、清潔感あるホワイトやシルバー、シックな印象のブラックやネイビーなどを選んでおくと無難。ベルトはシルバーのメタル製か、ブラックやブラウンなど、落ち着いた色合いの革製腕時計をおすすめします。リクルートスーツに合わせやすく、上品な印象を与える色使いです。

学生用

By: rakuten.co.jp

好みに応じて自由なファッションを楽しめるのが学生のメリット。腕時計も自分の好みとライフスタイルに合わせて選んでみてください。

アクティブで男性的な印象を与えたい場合は、ダイバーズウォッチやクロノグラフモデルがおすすめ。また、フォーマルシーンでも安心な革製ベルトのドレッシーな腕時計をひとつ備えておくと便利です。ちなみに、スポーツやアウトドアで使いたい場合は、各種計測器能を搭載したタフ仕様の腕時計をチェックしてみましょう。

3万円以下で買える腕時計のおすすめブランド

セイコー(SEIKO)

日本を代表する技術力の高い精密機器メーカーです。信頼性の高さと豊富なラインナップが魅力。高級ブランド「グランドセイコー」をはじめ、高機能ダイバーズウォッチの「プロスペックス」など、用途や価格に応じた腕時計ラインが充実しています。

3万円以内では、ビジネス向けのモノや、スポーティな印象を与えるアイテムを展開。また、逆輸入腕時計が多いので、国内では希少なレア腕時計を探す楽しみもあります。

セイコー(SEIKO) SCXP155

セイコー(SEIKO) SCXP155

1995年に登場し、当時を代表するカジュアルウォッチとして人気を博した「SUS(サス)」。本製品はファッションブランドの「ナノ・ユニバース」が監修をして復刻させたモデルで、「時計の本来あるべき姿を追求する」というコンセプトのもと、シンプルな3針をベースモデルとしているのが特徴です。

ベルトはオリジナルモデルになかったシリコン製のラバーを採用。ケース径は35mmで、小ぶりに仕上がっています。ヴィンテージテイストに仕上がっているのもポイント。3万円以下でも映える腕時計が欲しいという方はチェックしておきましょう。

セイコー(SEIKO) SBEP013

セイコー(SEIKO) SBEP013

著名ブランドのコンサルを多く手掛ける「LOWERCASE」の梶原由景氏が監修した腕時計。1975年に誕生したオリジナルモデルを、タウンユース向けにコンパクト化しているのが特徴です。

本格的なダイビングに対応する200m対応の防水性能に加え、電池切れの心配がないソーラー充電機能や、海水や汗によって劣化しないシリコン製のベルトを採用しているのもポイント。スタイリッシュさと機能性を兼ね備えたおすすめのモデルです。

シチズン(CITIZEN)

機械式腕時計で評価の高いシチズン。機械式とクオーツ式腕時計のラインナップが豊富です。腕時計ベゼルに表面硬化技術やチタンを積極的に採用したり、太陽光発電「エコ・ドライブ」を搭載したりと、実用性の高い腕時計で人気。イギリスのメンズファッションブランド「ポール・スミス」の腕時計も生産するなど、デザイン性も高いメーカーです。

シチズン(CITIZEN) プロマスター エコ・ドライブ マリンシリーズ BN0190-82E

シチズン(CITIZEN) プロマスター エコ・ドライブ マリンシリーズ BN0190-82E

200m潜水に対応できるダイバーズウォッチ。防水性能のほか、衝撃や振動による針のズレを防止する「衝撃検地機能」を搭載しており、タフネス仕様となっているのが特徴です。

スタイリッシュに仕上がっており、フォーマルなシーンでも違和感なく身につけられるのも魅力。また、「エコ・ドライブ」を搭載しており、約6ヶ月間駆動し続けるスタミナも注目すべきポイントです。コスパ重視で腕時計を選びたい方はチェックしておきましょう。

カシオ(CASIO)

世界中で人気のタフな腕時計「G-SHOCK」や、高機能なアウトドア用腕時計「プロトレック」シリーズで有名なブランド。ソーラー腕時計や電波腕時計を積極的に展開しているのが特徴です。

また、デジタル時計やアナログデジタル腕時計のラインナップも充実。若々しいデザインのモデルが多いことでも定評があります。さらに、「チープカシオ」の通称で知られる格安腕時計「スタンダードシリーズ」など、高校生でも手軽に購入できるお手頃価格の腕時計が多いのも魅力です。

カシオ(CASIO) G-SHOCK G-5600E-1JF

カシオ(CASIO) G-SHOCK G-5600E-1JF

同シリーズにおけるベーシックモデル「DW-5600E」に、光充電システムのタフソーラー機能が追加された腕時計。従来のアイテムに比べ、より使い勝手に優れているのが特徴です。

標準的なクロノグラフやマルチアラーム、時報、フルオートカレンダー、報音フラッシュ機能のほか、本製品では世界48都市をカバーするワールドタイム、5本の時刻アラーム、フルオートのELライトなどが追加されているのもポイント。価格帯も控えめなので、初めてG-SHOCKの購入を検討している方にもおすすめです。

カルバンクライン(Calvin Klein)

1968年に創業されたニューヨークの総合ファッションメーカー。現在は世界110か国以上で営業展開し、アパレルのほかにアンダーウェアや香水でも人気が高いブランドです。

シンプルで機能的、そしてシャープなデザインが特徴。ビジネスパーソンやキャリアウーマンなどを中心に支持されているおすすめのブランドです。

カルバンクライン(Calvin Klein) シティ エクステンション K2G2G6CZ

カルバンクライン(Calvin Klein) シティ エクステンション K2G2G6CZ

ラグジュアリーブランドながら良心的な価格の腕時計。ゴールドのポリッシュ仕上げステンレスケースと、ブラックのレザーバンドを採用しており、シックなデザインに仕上がっているのが特徴です。

時分秒針はともに長めの仕様。ビジネス向けのクオーツ式で、視認性も良好です。フォーマルなシーンからカジュアルなシーンまで身につけられるのも魅力。おしゃれさと使い勝手を兼ね備えたおすすめの腕時計です。

カルバンクライン(Calvin Klein) エスタブリッシュド K9H211C

カルバンクライン(Calvin Klein) エスタブリッシュド K9H211C

どこか艶っぽさを感じさせる腕時計。カーブガラスでレトロなテイストを、ミニマルな3針を採用することで、スマートかつモダンに仕上げているのが特徴です。

ブラックの革ベルトを採用しているので、フォーマルな装いにもマッチ。重さは約64gと見た目以上に重厚感があります。また、ラグジュアリーブランドをしては比較的リーズナブルな価格帯も魅力。気になる方はチェックしておきましょう。

オリエント(Orient)

オリエントは1950年に日本で創業した腕時計ブランド。1951年に販売を開始した機械式腕時計「オリエントスター」は、現在でもブランドの顔ともいえる定番モデルです。

オリエントの特徴は、機械式腕時計のラインナップが充実している点。1967年にはムーブ厚わずか3.9mmという、世界一薄い機械式ムーブメントを開発しています。リーズナブルな日本製機械式時計を探している方におすすめのブランドです。

オリエント(ORIENT) SPORTS RN-AA0201B

オリエント(ORIENT) SPORTS RN-AA0201B

20気圧の防水性能を備えた腕時計。グレー色のステンレススティールを用いたケースとメタルバンドを採用することによって、クールに仕上がっているのが特徴です。

ムーブメントは自動巻きの機械式。秒針停止装置も搭載しており、40時間以上駆動できます。また、針とインデックスにはルミナスライトを施してあり、暗い所での視認性も良好な腕時計。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

オリエント(ORIENT) CLASSIC RN-AG0018N

オリエント(ORIENT) CLASSIC RN-AG0018N

グラデーション仕様の文字盤が印象的な、自動巻き機械式の腕時計。駆動期間は約40時間以上で、秒針停止装置も搭載しています。

また、文字盤左側にスケルトン部分を備えたシースルーバックを採用しているのもポイント。ファッショナブルなデザインながら、価格が控えめなのも魅力です。

オリエント(ORIENT) Mako SAA02009D3

オリエント(ORIENT) Mako SAA02009D3

同ブランドで人気のダイバーズウォッチ。本製品はブルーの文字盤にシルバーの長短針など、マリンカラーを意識した配色を採用しているのが特徴です。

12時位置から3時位置までの、レッドのベゼルがスタイリッシュなアクセントになっているのもポイント。駆動方式は自動巻きで、200mの防水機能のほか、秒針停止機能や日付・曜日表示なども備わっています。ビジネスシーンはもちろん、普段使いにもおすすめの腕時計です。

スカーゲン(SKAGEN)

スカーゲンは、1989年に設立されたデンマークの時計ブランド。創業わずか十数年で、2004年開催の時計博「バーゼルフェアー」において、世界第10位の知名度を獲得しています。日本でも注目度の高い人気の時計メーカーです。

スカーゲンの特徴は、ミニマルに徹した北欧流シンプルデザイン、そして軽量でコンパクトな腕時計を数多くラインナップしている点。そのため、フォーマルからカジュアルまで、さまざまなシーンで着用できます。さらに、高いデザイン性にもかかわらず、リーズナブルなモデルが多いのも魅力です。

スカーゲン(SKAGEN) アンカー SKW6104

スカーゲン(SKAGEN) アンカー SKW6104

シンプルかつ洗練されたフォルムのクオーツ式腕時計。ブラックを基調としており、引き締まったデザインに仕上がっているのが特徴です。

普段使いはもちろん、ビジネスシーンにもおすすめ。文字盤の厚みが約8mmと薄いので、ワイシャツの袖に引っかかってしまうこともなく、スマートに身につけられます。

6時位置にカレンダーを搭載しているなど、使い勝手にも配慮。また、3気圧防水に対応しているため、水回りでも安心して使えます。汎用性の高いおすすめのモデルです。

スカーゲン(SKAGEN) KLASSIK 233XXLSLB

スカーゲン(SKAGEN) KLASSIK 233XXLSLB

落ち着きあるデザインを採用した腕時計。12時間と24時間の2種類の時刻が表記されているのが特徴です。革ベルトは傷や汚れが目立ちにくい凹凸が付いたシボレザーを採用。ブラックを基調としたカラーリングですが、随所にほかの色も散りばめられ、飽きのこない仕様です。

カジュアルなシーンはもちろん、ビジネスなシーンでも違和感なく身につけられるのもポイント。幅広い世代にマッチするおすすめのモデルです。

スカーゲン(SKAGEN) KLASSIK SKW6086

スカーゲン(SKAGEN) KLASSIK SKW6086

ブラックの文字盤とシルバーのケースを採用したおしゃれな腕時計。ベルトには経年変化を楽しめるレザーベルトを採用。使い込むほどに味わい深い色合いに変化していくのが特徴です。

シンプルで洗練されたデザインなので、ビジネス・プライベートを問わず使えるのもポイント。ケース素材はステンレスを採用し、直径は40 mm、ケースの厚み9mmとややサイズは大きめですが、重さは約50gと軽量です。存在感がありつつも、軽快に身につけられる腕時計を探している方は候補として検討してみてください。

ルミノックス(Luminox)

ルミノックスは1989年にアメリカで設立された、本格派ミニタリーウォッチブランド。厳格なことで知られるアメリカ軍仕様書「MILスペック」に合格した製品が多く、視認性や防水性、耐久性、軽量性などに優れているのが特徴です。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズやFBI、SWATなど、苛酷な状況で活動する組織に正式採用されています。

ルミノックスの製品は、独自の自己発光システム「ルミノックス・ライト・テクノロジー」を採用しているのが特徴。暗い場所でもバックライトなしで光ります。3万円以下の価格で展開されているモデルも多いので、タフでリーズナブルな腕時計を探している方におすすめのブランドです。

ルミノックス(LUMINOX) NAVY SEAL 3500SERIES Ref.3502

ルミノックス(LUMINOX) NAVY SEAL 3500SERIES Ref.3502

アメリカ海軍の特殊部隊「Navy SEALs」との共同開発により誕生した腕時計。200m防水を備えているほか、卓越した発光技術によって夜でも視認性が高いのが特徴です。

重厚感のある外観とは裏腹に、軽量でつけ心地は快適。アーミー仕様のミリタリーウォッチを求めている方はチェックしてみてください。

ポール・スミス(Paul Smith)

ポール・スミスは、1970年にイギリスで設立されたファッションブランド。堅苦しい印象であったイギリスの伝統的メンズウェアに鮮やかなストライプを取り入れるなど、伝統にモダンを融合させたデザインが特徴です。なお、創業者ポール・スミスは、1994年にエリザベス2世から大英帝国勲章を授与されています。

セレブの顧客も多く、イギリスのブレア首相といった政治家・財界人から、デヴィッド・ボウイやダニエル・デイ=ルイスなどの芸能人まで、幅広い層に人気。なお、腕時計は比較的リーズナブルで、3万円以下で購入できるモデルも数多くラインナップされています。

ポール・スミス(Paul Smith) MA P10052

ポール・スミス(Paul Smith) MA P10052

カジュアルな革ベルト仕様の腕時計。「Classic with a twist(ひねりのあるクラシック)」をコンセプトにデザインされたモデルで、ファッショナブルに身につけられるのが特徴です。

本体サイズは約47×42×9mmと存在感のある大きさながら、重さは約45gと比較的軽め。キレイめ系やコンサバ系などでまとめるのがおすすめです。

タイメックス(TIMEX)

アクティブシーンからカジュアルシーンまで、幅広く使える腕時計を展開している「タイメックス」。「誰でも手に入れられる時計」をコンセプトとしており、リーズナブルな価格帯に設定されているのが特徴です。

アウトドアとミリタリーをミックスしたデザインが多く、古きよきアメリカンな雰囲気を感じられるのもポイント。コスパ重視の方はぜひチェックしておきましょう。

タイメックス(TIMEX) オリジナルキャンパー TW2P88400

タイメックス(TIMEX) オリジナルキャンパー TW2P88400

同ブランドを代表する腕時計。1980年代に発売された腕時計「キャンパー」の復刻モデルとして知られており、文字盤やケースなどの外装デザインは、当時を忠実に再現しているのが特徴です。

なお、ムーブメントに関しては当時の手巻き式ムーブメントを製造できないことから、現代のクオーツムーブメントを採用。米軍仕様のミリタリーウォッチを探している方におすすめの1本です。

タイメックス(TIMEX) モダンイージーリーダー T2N677

タイメックス(TIMEX) モダンイージーリーダー T2N677

黒い文字盤と革ベルトが特徴の腕時計。オイルドレザーはエイジングによって深い色合いに変化するので、使い込むほどに経年変化を楽しめるのもポイントです。

また、内側にはLEDライトが用意されており、暗い場所でもしっかりと時刻を確認することが可能。リーズナブルな価格も魅力です。気軽に毎日使える腕時計を探している方はぜひチェックしておきましょう。

タイメックス(TIMEX) サファリ TW2P88300

タイメックス(TIMEX) サファリ TW2P88300

同ブランドのヒットアイテムとして知られる「サファリ」の復刻版。1980年代に登場したモデルを忠実に再現することで、古きよき時代を思い起こさせる1本に仕上がっています。

クラシックな佇まいで、洗練されたフォルムも特徴。立体感のある形状と革ベルトを採用しているので、カジュアルに身につけられるのも魅力です。

タイメックス(TIMEX) エクスペディション カトマイコンボ TW4B16800

タイメックス(TIMEX) エクスペディション カトマイコンボ TW4B16800

アナログの腕時計にデジタルウォッチの機能を盛り込んだ、アナログデジタル仕様のモデル。回転ベゼルやファブリック仕様のバンドを採用することで、タウンユースはもちろん、アウトドアシーンにおいても気軽に身につけられるのが特徴です。

落ち着いた色合いとデザインで、幅広い年齢層に対応できるのもポイント。価格が比較的リーズナブルなのも魅力です。

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)

トラッドなアメリカンデザインで人気のファッションブランド「トミーヒルフィガー」。1985年にデザイナー自身の名を冠して設立し、現在ではアメリカを代表するブランドして知られています。

腕時計に関してはシンプルなデザインのアイテムが多く、ブランドロゴをアクセントとしているのが特徴。フォーマルなスタイルと合わせやすいのも支持されている所以です。

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) ジャームズ 1791462

トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) ジャームズ 1791462

ファッションブランドならではのデザイン性がありながら、価格控えめな腕時計。革ベルトを採用しており、さまざまなシーンで身につけられる汎用性の高いアイテムです。

ケースや文字盤、針、インデックスなどはそれぞれ異なる配色で、スタイリッシュに仕上がっているのもポイント。アクセサリー感覚で腕に馴染むおすすめの1本です。

モンディーン(MONDAINE)

スイスの国鉄の駅時計を模したアイテムを展開している「モンディーン」。いかにもスイスらしいデザインが魅力で、ジュネーブではお土産品として購入する方も多くいます。

同ブランドは太い時分針と赤い秒針を採用し、見やすさに配慮しているのもポイント。薄くて軽いので、ストレスなく身につけられるのも特徴です。

モンディーン(MONDAINE) ニュークラシック デイデイト A667.30314.11SBB

モンディーン(MONDAINE) ニュークラシック デイデイト A667.30314.11SBB

同ブラントのベーシックモデルとして知られる1本。ケースの直径は36mm、厚さ8mmとシャツの袖に引っかかりにくいのが特徴です。

また重さは約37gと軽量なので、ストレスなく身につけられるのも魅力。また、日付と曜日を表示するデイデイト仕様のため、実用性にも配慮されています。スマートに腕元を飾れる腕時計を探している方におすすめです。

スウォッチ(SWATCH)

1983年に時計の本場スイスで誕生したブランド。「スウォッチ」というネーミングは、セカンドウォッチ(Second Watch)の言葉を短縮したのが由来で、決して高価な時計ではなく、身につける人の感性を表現するような魅力に溢れたアイテムをラインナップしています。

デザイン性に重点を置いているほか、リーズナブルな価格帯も魅力。ファッショナブルに腕時計をローテーションしたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

スウォッチ(SWATCH) ONCE AGAIN GB743

スウォッチ(SWATCH) ONCE AGAIN GB743

ブラックのケースやベルトに、ホワイトの文字盤を合わせたシンプルデザインの腕時計。デイデイト仕様で、3時の方向に曜日と日にちが表示されるのが特徴です。

ケースとベルトの素材には、プラスチックフォリオを採用。金属ベルトのように傷が付きにくく、一方で不快なニオイがしないのも魅力です。また、3気圧防水に対応しているのもポイント。ビジネスでもプライベートでも使えるおすすめアイテムです。

スウォッチ(SWATCH) NEW GENT GAET SUOB714

スウォッチ(SWATCH) NEW GENT GAET SUOB714

ブラックを基調に、文字盤に散りばめられた赤色が映えるハイセンスな1本。同ブランドの理念通り、デザインとクオリティを両立した腕時計です。

スタイリッシュなフィルムにまとまっているのもポイント。さまざまなスタイルのコーデにマッチする汎用性の高さも魅力です。また、リーズナブルな価格帯も注目すべき点。コスパ重視で腕時計を選びたい方は、候補として検討してみてください。

スウォッチ(SWATCH) NEW GENT MONO BLACK SUOB720

スウォッチ(SWATCH) NEW GENT MONO BLACK SUOB720

ブラックを基調とした、シックなデザインのカジュアル腕時計。白い目盛りと針がコントラストを生み出しており、おしゃれで洗練された雰囲気に仕上がっています。

腕時計本体が大ぶりなので、オーソドックスなフォルムながら存在感があるのも特徴。コーデとしてはキレイめ系やコンサバ系、モード系に合わせるのがおすすめです。

スウォッチ(SWATCH) BUBBLES SO27M100

スウォッチ(SWATCH) BUBBLES SO27M100

アウトドアファッションや、ミリタリーテイストのコーデにマッチする腕時計。ケースは直径47mmと大きめで、存在感のある1本に仕上がっています。

ダイヤル部分に施された3Dプリントも特徴。バンドはシリコン素材のラバーを採用し、水に強く、耐久性に優れています。普段使いはもちろん、スポーツ時などにも適しているので、腕時計にタフさを求める方やアクティブに使いたい方はチェックしてみてください。