メンズの心をつかむ腕時計は数多くありますが、一生愛用できる腕時計を探すのであれば「自動巻き腕時計」が有力です。複雑なパーツ同士が組み合わさったメカニズムは男心をくすぐり、高いステータス性は時計愛好家から多くの支持を集めています。

その人気と魅力は、多くのハイエンドモデルが自動巻き腕時計であることから疑いようがありません。しかし、その仕組みや特徴を知らなければ、一生の相棒にふさわしいのか判断することは困難。そこで今回は、自動巻き腕時計の仕組みやメリット・デメリットを解説し、おすすめモデルをピックアップしました。

自動巻き腕時計とは?

腕時計のムーブメントには、巻き上げたゼンマイを動力とする「機械式腕時計」と、電池を動力とする「クォーツ式腕時計」の2つに分けられます。

さらに機械式腕時計も2つに大別され、腕時計を身につけているだけでゼンマイが巻き上がるものが「自動巻き腕時計」、腕時計のリューズを回すことでゼンマイを巻き上げるものが「手巻き腕時計」です。

自動巻き腕時計の仕組み

By: swatch.com

自動巻き腕時計は、腕を振る動作により「ローター」と呼ばれるパーツが回転し、その力を利用してゼンマイを巻き上げています。つまり腕時計が上下することによる重力の発生が、自動巻き腕時計の動力そのものです。

そのため、腕が振り続けられるあいだはローターと他のパーツが常に回転し、装着者が動いている途中で動作が止まることはありません。

ローターは金属製で半円状になっており、腕時計の角度を少し変えるだけでも回転する設計です。動力の効率化をねらい内部構造は試行錯誤され、ラチェットやマイクロローターといったさまざまな方式の構造パターンが存在します。

自動巻き腕時計のメリット

自動巻き腕時計は利用し続ければゼンマイが巻き上がるため、手動でゼンマイを巻き上げる必要がある手巻き腕時計に比べて快適に利用できます。腕時計は動作に必要なエネルギーが不足してくると精度が落ちるため、安定的にゼンマイを巻き上げる自動巻き腕時計は、手巻き腕時計に比べて時刻ずれが生じにくいことが特徴。

エネルギーの効率がよい腕時計としてソーラーモデルがありますが、使用している限り動作が止まらないという点では自動巻き腕時計が優れているといえます。

また、クォーツ式腕時計よりもステータス性が高いというポイントも忘れてはいけません。継続してメンテナンスすれば、自動巻き腕時計はクォーツ式腕時計よりも長期間利用できます。

そのため、自動巻き腕時計は優れたステータスを備える資産性の高い腕時計だと認識されており、愛着のある腕時計を長年使用したいユーザーにもおすすめです。腕時計に精通している愛好家の支持もあり、時計好きであるほど自動巻き腕時計に価値を感じるケースが多くあります。

自動巻き腕時計のデメリット

自動巻き腕時計は特性上、腕を振ることでローターを動かさなければゼンマイが巻き上げられません。電池で動くクォーツ式腕時計や太陽光を利用するソーラーモデルとは異なり、数日間利用しないだけで動作が止まります。

休日などで数日間使わない場合は、自動的にローターへ振動をくわえるワインディングマシーンを使用したり、定期的に軽く腕時計を振ったりといった対策が必要です。

このとき「軽く振る」というポイントが重要で、過度に勢いをつけて腕時計を振ってはいけません。自動巻き腕時計は強い振動や衝撃に弱いため、スポーツ時の使用も避けることをおすすめします。

また自動巻き腕時計の特徴として、磁気に弱いというデメリットが挙げられます。磁石の近くに置くと故障につながるため、周囲に危険なものがない場所で保管しましょう。

そして、クォーツ式腕時計に比べて時刻がずれやすい点も、自動巻き腕時計のデメリットとして広く知られています。これはクォーツ式腕時計が「水晶振動子」で高精度を実現している一方、自動巻き腕時計は細かいパーツの重なり合いで精度を保っているからです。

自動巻き腕時計を構成するパーツは、水晶振動子よりも温度や装着者の体勢に影響を受けやすく、そういった要素の積み重ねが1日に数秒の時差を生みます。そのため、自動巻き腕時計は1週間に一度程度の時間調整が必要です。

自動巻き腕時計の選び方

ベルトで選ぶ

各ブランドが販売する自動巻き腕時計の多くには、主にステンレス製や革製のベルトが用いられます。それぞれ機能性や着け心地が異なるため、求める使い勝手や利用シーンを想定してモデル選びを進めた方がよいでしょう。

ステンレス製ベルト

By: amazon.co.jp

金属ベルトと呼ばれるものの多くが、ステンレス素材を使用しています。ベルトを着け心地を左右するのは、コマと呼ばれる金属板の枚数です。ベルトを構成するコマの枚数が多いほど、腕にピタリと沿うフィット感のある着け心地。反対にコマの枚数が少ないほどガッチリと固く、大味な着け心地といえます。

ステンレス製のベルトは清潔なイメージを与え、ビジネスや格式高いフォーマルなシーンに最適です。シンプルなデザインと配色のものはファッションを選ばないため、いつでも着用して外出できる腕時計としておすすめ。

重厚感のある男らしい雰囲気が魅力ですが、重さにより長時間の着用が疲れにつながる点がデメリット。しかし、耐久性が高く長い間愛用できることから、メインの腕時計に選びやすい素材だといえます。

革製ベルト

By: amazon.co.jp

革製のベルトは、ステンレス製に比べてカジュアルな印象があり、着け心地が柔らかいという特徴があります。無機質で冷たさを感じるステンレス製とは異なり、色合いや光沢が華やかなものが多い点もポイントといえるでしょう。

使い心地という部分では、軽量であるため長時間着用した際の疲れが少ないという利点があります。色味や質感バリエーション豊かで個性が表現しやすく、ファッションに合わせて使い分けるような楽しみ方も可能です。

主なデメリットとして、ステンレス製のベルトに比べてカジュアルになりがちなため、ビジネスシーンでの利用が難しいケースも。また水分に接触しないように扱う必要があり、耐久性はステンレス素材に大きく劣ります。

機能で選ぶ

By: omegawatches.jp

自動巻き腕時計には防水・防塵性能を備えたものや、カレンダー・クロノグラフを搭載したものなど、さまざまな機能をもつモデルがあります。近年販売されている市販の腕時計は、一定以上の防水性能を備えたモデルがほとんどですが、水濡れによる故障を避けたい場合は耐水圧の数値が高いモデルがおすすめです。

防塵性能はあらゆるシーンで必要な機能とはいえませんが、屋外での使用が多い場合は防塵性能が備わっているものがベター。また、カレンダーやクロノグラフといった機能は、スマートフォンで代用できることもあり軽視されがちですが、ビジネスシーンでは状況によってスマートフォンを利用できない場合もあります。

そういった機能の有り無しをデザインの好みによって決めるケースもありますが、こだわりがなければ搭載されていたほうが便利です。

カラーリングで選ぶ

By: rolex.com

腕時計のカラーリングは、ファッション全体のイメージを変える重要な要素です。ビジネスシーンでの利用がメインであれば、モノトーンを基調としたベーシックな配色が最適。重要な取引の場面では見た目でも信頼を獲得できるよう、落ち着いたカラーリングの腕時計を選ぶことをおすすめします。

一方で多少の遊び心が許されるシーンであれば、印象的な色使いの腕時計はワンポイントアイテムとして有効です。特にスーツスタイルは単調になりやすく、良くも悪くも個性のない服装といえます。

派手なカラーリングでなくても、腕元に差し色を取り入れれば印象は大きく変わり、手軽におしゃれを演出可能です。

自動巻き腕時計のおすすめ人気モデル

オリエント(ORIENT) オリエントスター クラシック WZ0341EL

「オリエントスター」は1951年の発表以来、長きにわたって愛されているオリエントの代表モデルです。そのなかでも、本モデルはオリエント特有の上品な雰囲気を重視した、曲線状の柔らかなディテールを備えます。

優しげなテイストでありながら伝統的な厳かさが感じられ、無駄のないシンプルな文字盤は視認性とファッション性を両立した実用的な仕様。ローマ数字のインデックスはモデル名の通りクラシカルな印象を強調しており、ブルーの針が心地よいアクセントになっています。

革製のベルトは黒くボディはシルバーというシンプルな配色で、フォーマルなシーンにも使いやすい自動巻き腕時計です。

シチズン(CITIZEN) シチズンコレクション メカニカル NP1010-51E

シルバーのステンレスベルトが男らしい、シチズンの自動巻き腕時計。本モデルは文字盤の一部がくり抜かれており、内部ムーブメントの動きを視認できます。モノトーンをベースとしたカラーリングは世代や流行を問わず利用できるため、長期間の利用を前提として選ぶ際のポイント。

シンプルであるほど飽きもこないので、そういった面でも優秀です。フォルムも質感も伝統的であることから、どのようなシーンにおいても着用できる自動巻き腕時計だといえるでしょう。

セイコー(SEIKO) SEIKO 5 SNK393K1

「セイコー5」は、世界的に有名な国内ブランド「セイコー」が1963年に販売した長寿モデルです。セイコー5の名がもつ数字の意味は、本モデルがもつ5つの特徴を表しています。

セイコー5がもつ機能は、切れないゼンマイや耐震装置、自動巻きと防水機能、さらにデイデイト表示の5つ。これらは1963年当時には画期的な機能だったため、セイコー5はそれらを表すよう名付けられました。

上質な仕上がりでありながら価格は抑えられ、コストパフォーマンスに優れたモデルとして知られています。すべての生産工程を自社で行うためクオリティのバラつきもなく、信頼できる1本を探している方におすすめの自動巻き腕時計です。

スウォッチ(SWATCH) システム51 アイロニー SISTEM FLY YIS404

デザインとクオリティの両立をコンセプトに、数々のモデルを発表するスウォッチ。「YIS404」はブラウンの革製ベルトに、シルバーのボディとブルーの文字盤があわさったシックなモデルです。

自動巻き腕時計は利用しなければ動作が止まるデメリットがありますが、本モデルは腕時計を外してから90時間は稼働を続け、1~3日利用しない程度では動作が止まらない点が魅力。

視認しやすいインデックスとさりげなく配されたカレンダー機能で、シーンを問わず実用性を発揮する自動巻き腕時計です。

ハミルトン(HAMILTON) ブロードウェイ オートクロノ H43516731

スウォッチの1ブランドである「ハミルトン」は、都会的で大人っぽさのある腕時計を多く発表しています。本モデルはモノトーンを基調とした硬派なデザインで、フォーマルシーンにも最適です。クラシカルでありながら遊び心のある文字盤は、単調になりやすいスーツスタイルのワンポイントとして活躍します。

どの角度から見ても上品かつ綿密につくり込まれた様子が確認でき、紳士が身につける腕時計のイメージにピッタリ。余裕のある男性を演出する、上質な自動巻き腕時計としておすすめの1本です。

インビクタ(Invicta) Pro Diver 8928OB

インビクタが販売する「Pro Driver」は、シルバーとゴールドに彩られたステンレスベルト、深いブルーの文字盤が華やかな印象を与える1本です。秒針はブランドロゴをかたどった遊び心のあるデザインで、フォーマルな服装のワンポイントとしても活躍します。

見た目の華やかさだけでなく、時分針には蓄光機能を採用し水深200mまで耐えられる本格仕様。ステンレスベルトのモデルには個性的なデザインが少ないなか、確かな存在感で腕元をアピールできる自動巻き腕時計のひとつです。

オメガ(OMEGA) シーマスター300M 212.30.41.20.01.003

世界中から支持を集めるオメガの人気モデル「シーマスター」は、映画007でジェームズ・ボンドが使用していたことで有名です。耐水圧300m相当の性能を備えたダイバーウォッチであり、ビジュアル・スペックともに高水準。

数ある腕時計ブランドのなかでも特に耐久性と精度が評価されており、そのクオリティはオリンピックの公式時計として選出されるほど。また、同ブランドのスピードマスターはアポロ11号とともに月に行ったことが有名で、「オメガ」は時計の愛好家以外にもその名が知られています。

若いビジネスマンが身につけていてもいやらしさがなく、スーツ姿に映えるおすすめの自動巻き腕時計です。

グランドセイコー(GRAND SEIKO) SBGR057

セイコーが展開している高級志向のブランド「グランドセイコー」は、世界有数の高品質な腕時計を作ることで知られています。

「SBGR057」は高級腕時計という位置にありながら、華美な装飾も派手なエピソードもありません。しかし、日本の職人によって丁寧につくり込まれた「精巧な腕時計」というバリューが、本モデルをはじめグランドセイコーの人気を不動のものとしています。

時刻の精度を安定させるため、耐衝撃性と対磁性能を高めたムーブメントを採用。自動巻き腕時計のデメリットといえる、外部から受ける衝撃への弱さを改善しています。

ロレックス(ROLEX) デイトナ 116500LN

スイスの高級腕時計ブランド「ロレックス」は、多くのメンズがあこがれる数多くのモデルを販売しています。

人気モデルのひとつ「デイトナ」は、ロレックスのモデルで唯一クロノグラフを搭載するシリーズです。自動巻き腕時計のデメリットである「パワーリザーブの短さ」をクリアし、72時間対応のパワーリザーブを実現。

一般的に、2日利用しなければゼンマイが解けるものが多いなか、本モデルは2日程度であれば稼働を続けます。シルバーのステンレスベルトと白い文字盤を採用しており、清潔感のあるクリーンな仕上がり。随所にブラックが用いられることで、しっかりと男らしさも確保しています。

設計から生産まですべて自社で行える技術をもち、ステータス性だけでなく実用性も世界トップクラスの自動巻き腕時計です。