人気ブランドカシオが展開する、メンズ腕時計の定番「Gショック」。メンズの腕時計を語る上で外せない存在です。耐衝撃性に優れた実用性と重厚なビジュアルは、まさに男らしさの象徴。魅力的なラインナップを続々と発表する人気のGショックは、2019年で生誕36周年を迎えます。

しかし、数あるGショックのなかで、種類が多く選べないという方も多いはず。そこで今回は、メンズファッションに合わせやすい人気モデルをランキング形式でご紹介します。

Gショックが人気の理由

Gショックは、日本の電機メーカー「カシオ」が生産する人気腕時計です。非常にタフな構造や素材を採用し、堅牢な腕時計をコンセプトとしています。

最初のモデルが誕生した1983年から30年以上が経過し、時代の変動にあわせてGショックも進化。GPS電波ソーラーやBluetoothを搭載したモデルは、流行に敏感な若者からベテランユーザーまで、大勢の心を掴んで人気を集めています。

さらに、最近ではスマートフォンアプリと連携させることで、毎日の歩数や消費カロリーなどを記録できるようになりました。「いつ」「どこで」「どれくらいの強度で」運動したかを把握することが可能になり、ユーザーのスポーツ意識を高めてくれます。

Gショックの選び方

搭載されている機能をチェック

By: g-shock.jp

Gショックは、耐衝撃構造や20気圧防水機能などを採用し、あらゆる環境下でも使えるように設計された人気腕時計です。モデルによって、太陽光充電が可能な「電波ソーラー」や、Bluetoothでスマートフォンと連携できる「スマートフォンリンク」など、さまざまな機能が搭載されています。

空中や海中での利用に便利な機能もあるので、Gショックを利用するシーンに合わせて機能を確認するのがおすすめです。

表示形式の違いをチェック

By: g-shock.jp

Gショックの表示形式には、「アナログ」「デジタル」に加え、両方の要素を備えた「アナデジ」式があります。ディスプレイの大きさや針の太さで視認性が変わるので、見やすいと感じたモノを選びましょう。

また、LEDライトで文字盤を照らすタイプのモデルなら、夜間の利用でも見えやすく便利です。

厚みやサイズ感をチェック

By: amazon.co.jp

幅広くラインナップするGショックは、色や形だけでなくサイズもさまざまです。機能を多く備えるモデルは全体的に大きな傾向にあり、手首の細い方の場合は着用した際にイメージと異なることがあります。

サイズ径50mmほどで厚みが14mm前後より薄いモノは、Gショックのなかではコンパクト。身につけた際のバランスが気になる方は、小さめのモノがおすすめです。

コンセプト別に人気モデルをチェック

By: g-shock.jp

数多くラインナップされているGショックですが、製品によってコンセプトが異なり、いくつかの人気シリーズに分けられています。特定の利用シーンに特化したシリーズもあるため、コンセプトをチェックするのもおすすめです。

Gショックの伝統的な人気モデル「ORIGIN」

By: g-shock.jp

「ORIGIN」は、もっともGショックらしいスクエア型の人気モデル。無駄のないシンプルなデザインで、どのようなファッションにも合わせやすいのが魅力です。

レトロなビジュアルですが機能面は時代にあわせて進化しており、電波ソーラーなどに対応したモデルもあります。デザインと機能性がバランスよくまとまっており、初めてGショックを購入する方におすすめのシリーズです。

スタンダードな人気モデル「BASIC」

By: g-shock.jp

「BASIC」は、視認性が高いアナログと機能性に優れたデジタルの双方を豊富にラインナップしたシリーズ。デザインの幅が広いため、ファッションに応じた使い分けもできておすすめ。多彩な機能性と耐久性の高さも魅力です。

あらゆる環境のエキスパートモデル「MASTER OF G」

By: g-shock.jp

「MASTER OF G」は、厳しい環境下での使用を想定したモデル。シリーズのなかでもさらに細分化され、「陸上」「海中」「空中」での使用に特化した機能が特徴です。それぞれのモデルが利用シーンをモチーフにした個性的なデザインで、周囲と違うアイテムを身につけたい方から人気を集めています。

例えば、陸上での活動に特化したシリーズ「マッドマスター」は、防塵・防泥機能を備え、激しい衝撃にも耐えられる設計。方角や高度、温度や気圧を測定可能です。

水中での利用に特化したシリーズのひとつである「フロッグマン」は、200mの潜水に耐えられるほか、月の満ち欠けや水深を計測できる機能がついており、海で活動するユーザーに人気。

空中での使用を想定した「グラビティマスター」は、航空機パイロット向けの人気プロダクトで、高度計を搭載した視認性の高いモデルです。フライトログ機能を利用できるモデルでは、移動履歴をスマートフォンの地図上にグラフィック表示可能。航空機の計器をイメージしたデザインが印象的です。

堅牢で美しいGショック「MT-G」

By: g-shock.jp

「MT-G」は、強さと美しさが合わさった、堅牢かつ洗練された人気プロダクト。衝撃を分散させる「コアガード構造」やカーボン製のインナーケースを採用するなど、耐久性を重視した設計が特徴です。

日常の快適さを追求した「G’MIX」

By: amazon.co.jp

「G’MIX」は、スマートフォンと連携させることで、音楽をリモート再生するなどの機能を搭載したシリーズ。音質やライブ感の設定、曲名サーチ機能など、音楽に特化している点が特徴です。

Gショック最高峰モデル「MR-G」

By: g-shock.jp

「MR-G」は、Gショックのなかで最上級グレードに位置づけられる人気シリーズです。透明度が高い強固なサファイアガラスや、軽量で耐久性に優れるチタンなど、最上級の名にふさわしい高機能な素材を採用。また、バンドの設計や研磨技術にもこだわっており、手にしたユーザーの所有欲を満たす完成度の高さが魅力です。

都会的かつタフなGショック「G-STEEL」

By: g-shock.jp

「G-STEEL」は、樹脂の緩衝パーツを使用した「レイヤーガード構造」を採用することで、スリムなデザインと優れた耐衝撃性を両立しています。また、「タフソーラー機能」が光を動力に変換し、負荷のかかる各種機能を安定させることが可能。都会的なビジュアルで、オフィスやプライベートなど、シーンを問わず利用できる人気モデルです。

女性・子ども向けモデル「BABY-G」

By: baby-g.jp

「BABY-G」は、Gショックの基本性能はそのままに、女性向けにデザインされたシリーズ。ポップでかわいらしいだけでなく、耐衝撃構造や10気圧以上の防水性能をもつタフな人気プロダクトです。

Gショックのおすすめ人気モデルランキング

第1位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-M5610-1BJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-M5610-1BJF

現在でもGショックファンから人気を集め続けるファーストモデル「DW-5000」を継承したモデル。ケース形状、文字板などのクラシックスタイルはDW-5000をそのまま受け継ぎ、機能面をアップグレードしています。

世界6局の標準電波を受信して時刻を自動修正してくれる「マルチバンド6」はどこにいても正確な時刻の表示が可能です。また、わずかな光を動力に変えてくれる、カシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」を採用。電池交換も不要です。

いつの時代にもマッチするデザインと、Gショックの進化した機能を堪能できます。リーズナブルな価格で、プレゼントとしもおすすめのモデルです。

第2位 カシオ(CASIO) G-SHOCK AWG-M100B-1A

カシオ(CASIO) G-SHOCK AWG-M100B-1A

Gショックの基本性能を備えたシンプルなモデル。表示形式は、アナログとデジタルのアナデジ表示です。

電池交換の心配がないカシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」搭載で、わずかな光でも動力に変えることができます。また、「マルチバンド6」採用で、世界6局の標準電波を受信して時刻を自動修正することが可能。文字板はLEDライトつきで、夜間や暗い場所でもはっきりと時刻の確認ができます。

針以外すべて黒という男らしく飽きのこないデザインが特徴で、全体的にマットな質感で高級感漂う雰囲気を演出。デザイン、機能性をしっかり備えていながらリーズナブルなので、初めて購入される方にもおすすめのモデルです。

第3位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GWG-1000-1AJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GWG-1000-1AJF

陸上での活動に特化した「マッドマスター」シリーズのロングセラーモデル。シリーズ特有の屈強な防塵・防泥構造で、どんな過酷な状況下でもしっかり耐えられます。

方位や気圧、温度といった情報をセンサーで感知してくれる「トリプルセンサーVer.3」機能を搭載。アウトドアで必要なすべての機能を備えており、どんなシーンでも活躍します。

厚さ18mmのサイズ感や極太の針など、いかにもGショックという無骨な見た目とギアとしてのかっこよさが人気。Gショックに手軽さやコンパクトさはいらない、という男らしい方にぴったりです。

第4位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GST-W300-1AJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GST-W300-1AJF

耐久性とデザイン性を兼ね備えた「G-STEEL」シリーズで、従来のモデルから約90%サイズダウンしたモデル。ケースのサイズがダウンしたことと薄型化されたことで、よりスマートな印象を与えてくれます。従来のレイヤーガード構造と機能はそのままのため、耐久性は抜群です。

また、肉厚なソフトウレタンバンドを採用しており、長時間着用しても手首に無駄な負担がかかりません。さらに、文字板の周囲のべゼル部分にはステンレス素材を用いられていて、メタルの硬質感が際立ちます。ミドルサイズで大きさは抑えられながらも、メタルの硬質感による男らしい雰囲気のデザインが魅力です。

時刻の自動修正を行う「マルチバンド6」や自動発光の「フルオートダブルLEDライト」、電池交換、充電の心配無用な「タフソーラー」も搭載。機能性とデザイン性に優れたおすすめのモデルです。

第5位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-8900A-1JF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-8900A-1JF

オールブラックのタフな見た目がいかにもG-ショックらしいデザインで人気のモデル。大型のケースや、シンプルなデジタル表示、大きめのボタンによる操作性の高さも特徴の1つです。また、タフな見た目はそのままの耐久性で、どんな過酷なシーンでも活躍します。腕の太い男性や男らしさを求める方におすすめです。

暗い所ではライトを自動的にON、明るい所では自動的にOFFを行ってくれるフルオートLEDライト搭載。ボタンを押さなくても腕を傾けるだけで発光してくれます。20気圧防水機能もついており、水泳、スキンダイビングなどの水中での使用にも対応。時刻の自動修正を行う「マルチバンド6」機能も搭載されています。

第6位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GA-400-7AJF

第6位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GA-400-7AJF

上下に配置された液晶ディスプレイと、立体的な文字盤がデザインのアクセントとなっているモデル。針退避機能が搭載されており、液晶ディスプレイと重なって見にくい場合は一時的に針を移動できるので、視認性に優れています。操作しやすい大型のスイッチを採用しているのも特徴です。

20気圧防仕様のため水に濡れても安心。さらにJIS1種の耐磁性能も備えているので、磁気の影響で針が進んだり遅れたりする心配を減らして正確な時間を刻んでくれます。

第7位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GPR-B1000-1JR

カシオ(CASIO) G-SHOCK GPR-B1000-1JR

過酷な自然環境に立ち向かう男たちをサポートする「MASTER OF G」シリーズの中でも、究極のサバイバルタフネスを目指したモデル。耐衝撃、防塵・防泥、耐低温、防水仕様の強化ボディで、いかなる環境での使用にも耐えられます。

さらに、GPSナビゲーションや方位計測、気圧計測機能も搭載。GPSと方位計の組み合わせにより目的地までのガイド、通過ルート、通過ポイント情報の表示も行えます。また、ワイヤレス充電とソーラー充電の2方式を採用されているため、どんな状況下でもバッテリーの心配は無用。

そのほか、Bluetoothによってスマートフォンとの連携も可能です。スマートフォンを介することで、アプリ上でのルート表示や3Dマップを作成することもできます。アウトドアシーンはもちろん、ハードなサバイバルシーンで大活躍してくれるモデルです。

全体的に黒のシンプルなボディで、ボタン部分のシルバーや赤がよいアクセントになっています。カジュアルスタイルなら、Gショックの存在感で男らしさをプラスすることも可能です。

第8位 カシオ(CASIO) G-SHOCK MTG-S1000D-1AJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK MTG-S1000D-1AJF

衝撃を分散させる「コアガード構造」を採用し、強さと美しさを兼ね備えたMT-Gシリーズの人気モデル。フレーム部分は4本の強固なボルトを上下から固定することで、圧倒的な頑丈さを実現しています。また、衝撃、遠心重力、振動に耐えられるタフネス構造「TRIPLE G RESIST」を採用するなど、徹底的にタフさにこだわっているのがポイント。

また、時刻の自動修正を行う「マルチバンド6」、カシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」などの機能も充実しています。そのほか、ベゼル部とバンドがシルバーのメタルで、よい意味でGショックっぽくない洗練されたデザインが魅力です。全体的にメタリックな見た目で、スーツやキレイ目のスタイルが多い方におすすめ。

さらに、バンド裏面にはメタルな表面とは対照的に、軽量かつ高い耐久性を備えるファインレジンのパネルを採用しており、装着時にGショック特有の機能性と装着感をしっかりと実感できます。

第9位 カシオ(CASIO) G-SHOCK MRG-7700B-1BJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK MRG-7700B-1BJF

Gショックのなかで最上級グレードに位置づけられる「MR-G」シリーズで、アナログ電波ソーラームーブメント「タフムーブメント」を搭載したモデル。アナデジ表示の特徴を活かし、ホームタイム、ワールドタイム、デュアルタイムの3つの時刻を表示できます。また、世界6局の標準電波を受信して時刻を自動修正してくれるマルチバンド6も搭載。

ケース、ベゼル、バンド、バックなどには深層硬化処理とDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)の二重硬化処理を施したチタン素材を使用しています。質感を高め外装を強化することで耐久性が高まり、長く愛用することが可能です。さらに、バックルにロック機構を装備したタイトロックバックルは、バンド外れの心配もありません。

全体的にマットなブラックを使用したデザインは、かっこよくも落ち着いた雰囲気を醸し出しています。細部に至るまでタフさと美しさを実感できる人気モデルです。

第10位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GST-W110-1AJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GST-W110-1AJF

ケースに樹脂とステンレスを融合させた、軽量かつ強度の高いカーボン素材を使用した「G-STEEL」モデルです。「G-STEEL」モデル特有のレイヤーガードによる耐衝撃構造によって、上部からの衝撃も緩和。

また、二層のレイヤー構造の見た目は男らしいタフな印象で、機能性の高さと同時にデザイン面にも大きく影響しています。程よい大きさと上品で大人っぽいデザインは、スーツと合わせても違和感がありません。

そのほか、世界6局の標準電波を受信して時刻を自動修正してくれる「マルチバンド6」、充電の心配無用な「タフソーラー」も搭載。カジュアルシーンでも使いたい方におすすめのモデルです。

第11位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GBA-400-1AJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GBA-400-1AJF

MUSICシーンをテーマにした「G’MIX」シリーズの人気モデル。Bluetoothでスマートフォンと連携することにより、曲送りやボリューム変更が可能です。ランニングやウォーキング、サイクリングをより快適にしてくれます。

また、お店や音楽会場でかかっている曲をワンタッチ検索できる機能まで搭載されている、音楽好きには嬉しい機能が豊富。さらに、ターンテーブルをイメージしたディスク形状のインジケーターなど、デザイン面でも音楽好きをくすぐります。

「高輝度LEDライト」や20気圧防水機能など、時計としての機能も優秀です。豊富な機能を備えながら、リーズナブルなのも嬉しいポイント。一般的なGショックとはタイプの異なる「G’MIX」シリーズなら、他人と被りにくいというメリットもあります。

第12位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GA-100CF-1A9JF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GA-100CF-1A9JF

ブラックのボディと迷彩の文字板と相性のよい印象的なモデル。派手なカラーは苦手だけど、ブラックはシンプルすぎて物足りないという方におすすめのデザインです。

1/1000秒まで計測できるストップウォッチを搭載しており、スポーツシーンにもおすすめ。「ラップタイム」や「スプリットタイム」を計測出来できることはもちろん、距離を設定して計測をすることで速度を計測する事も可能です。マリンスポーツにも最適な20気圧防水機能、明暗を感知し腕を傾けるだけで発光してくれるフルオートLEDライトも搭載されています。

Gショックらしいタフな印象のボディと充実の機能で、スポーツやアウトドア、ミリタリ好きにぴったり。価格も安いので、初めてGショックを購入する方にもおすすめです。

第13位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-7900B-1JF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-7900B-1JF

デジタルモデルのなかでも機能性の高いモデル。潮の満ち引きを表した「タイドグラフ」や月齢がわかる「ムーンデータ」計測機能が搭載されています。大型液晶や大きなボタンなど、使いやすいさも魅力のひとつです。手袋を着用しながら操作可能なので、スノーボードなどスノースポーツ時の着用にもぴったり。

さらに、世界48都市時刻表を搭載し、時刻を自動修正する「マルチバンド6」も搭載しています。使いやすさと機能性を兼ね備えたGショックの魅力を堪能できるモデルです。

ブラックとホワイトのモノトーンなデザインと安い価格帯は、価格重視の男性にもぴったり。どんな服装やスタイルも邪魔しないシンプルさは、初めてGショックを購入する方にもおすすめです。

第14位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-B5600BC-1BJF

カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-B5600BC-1BJF

定番のDW-5000/5600シリーズに、より最新の機能を搭載したモデル。Bluetooth通信機能を搭載しており、スマートフォンとリンクすることでインターネット上から常に正確な時刻情報を取得できます。また、携帯電話探索、リマインダー設定など、より生活に密着した機能が使えるため便利。

また、軽量で耐久性の高い最新素材であるナイロン系樹脂「ファインレジン」をバンドに採用しており、バンドの違和感のなさと従来以上の軽さで装着感も快適です。定番のクラシカルなデザインはそのままに、より現代的な機能を搭載したモデルといえます。

その他のDW-5000/5600シリーズと比べると価格は高くなりますが、機能性が優れているため、日常生活をより便利にしたい方におすすめの製品です。

第15位 カシオ(CASIO) G-SHOCK MTG-M900DA-8

カシオ(CASIO) G-SHOCK MTG-M900DA-8

レトロなデザインが特徴的なモデル。最近販売されているGショックにはない、よい意味でチープなデザインが魅力のモデルです。他に比べて機能面は劣るものの、電池交換の心配がないタフソーラー、耐衝撃構造や20気圧防水などの基本的なGショックの機能はしっかりと搭載されています。シンプルなデジタル表示で、時計としての見やすさも魅力のひとつ。

若い男性があえて着用することで、「ハズしアイテム」としてのかっこよさも演出できます。また、デザインが他のモデルに比べて少し変わっているため、Gショック好きならコレクションとして持っておくこともおすすめです。

Gショックを使ったメンズコーデ

定番の黒はコーデを引き締める

By: wear.jp

上半身がぼやけてしまいがちなベージュ系のシャツを、黒いキャップとGショックで引き締めています。足元にも黒を用いることで縦の統一感を出し、都会的なコーデにアップデート。カジュアルなファッションでも、黒のGショックを合わせることで、「大人の男」を演出できます。

遊んだコーディネートの調和役

By: wear.jp

ブルーとオレンジをあわせたポップなコーディネートも、黒いGショックを使用することでまとまります。肌の露出部分が多くて締まりのないファッションになった場合、簡単に調和が取れる黒を合わせるのがおすすめです。黒いGショックは汎用性が高く、どのような服装に合わせられます。

ピンクのGショックで個性をアピール

By: wear.jp

落ち着いた色味のコーディネートも、ピンクのGショックを合わせることで個性を出せます。ディテールがゴツゴツしているので、男性らしさは残したまま。ピンクは他のアイテムが同系色、または補色でも合わせやすいカラーなのでおすすめです。

シンプルなファッションのワンポイントに

By: wear.jp

白シャツとネイビーのハーフパンツを組み合わせた、非常にシンプルなファッション。やや単調で味気ない服装に黄色いGショックを合わせることで、個性を感じさせるコーディネートに昇華させています。

主役として腕時計を主張させながらも、シャツやパンツと調和させたセンスの高いチョイスです。