人気ブランドカシオが展開する「Gショック」は、メンズの腕時計を語るうえで外せない存在。耐衝撃性に優れた実用性と重厚なビジュアルは、まさに男らしさの象徴です。

しかし、Gショックは種類が豊富なので、選ぶのが難しい方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、メンズファッションに合わせやすい人気モデルをランキング形式でご紹介します。

Gショックが人気の理由

Gショックは、日本の電機メーカー「カシオ」が生産する人気腕時計です。非常にタフな構造や素材を採用し、堅牢な腕時計をコンセプトとしています。

最初のモデルが誕生した1983年から30年以上が経過し、時代の変動に合わせてGショックも進化。GPS電波ソーラーやBluetoothを搭載したモデルは、流行に敏感な若者から愛好家まで、大勢の心を掴んでいます。

さらに、最近ではスマホアプリと連携させることで、毎日の歩数や消費カロリーなどを記録できるのもポイント。「いつ」「どこで」「どれくらいの強度で」運動したかを把握することが可能になり、ユーザーのスポーツ意識を高められます。

Gショックの選び方

搭載されている機能をチェック

By: g-shock.jp

Gショックは、耐衝撃構造や20気圧防水機能などを採用し、あらゆる環境下でも使えるように設計された人気腕時計です。モデルによって、太陽光充電が可能な「電波ソーラー」や、Bluetoothでスマホと連携できる「スマートフォンリンク」など、さまざまな機能が搭載されています。

空中や海中での利用に便利な機能もあるので、Gショックを利用するシーンに合わせて機能を確認するのがおすすめです。

表示形式の違いをチェック

By: g-shock.jp

Gショックの表示形式には、「アナログ」「デジタル」に加え、両方の要素を備えた「アナデジ」式があります。ディスプレイの大きさや針の太さで視認性が変わるので、見やすいと感じたモノを選びましょう。

また、LEDライトで文字盤を照らすタイプのモデルなら、夜間の利用でも見えやすく便利です。

厚みやサイズ感をチェック

By: amazon.co.jp

幅広いラインナップのGショックは、色や形だけでなくサイズもさまざまです。多機能なモデルほど全体的に大きな傾向にあり、手首の細い方の場合は着用した際にイメージと異なることがあります。

また、サイズ径50mmほどで厚みが14mm前後より薄いモノは、Gショックのなかではコンパクト。身に着けた際のバランスが気になる方は、小さめのモノがおすすめです。

コンセプト別に人気モデルをチェック

Gショックの伝統的な人気モデル「ORIGIN(オリジン)」

By: g-shock.jp

「ORIGIN」は、もっともGショックらしいスクエア型の人気モデル。無駄のないシンプルなデザインで、どんなファッションにも合わせやすいのが魅力です。

レトロなビジュアルですが機能面は時代に合わせて進化しており、電波ソーラーなどに対応したモデルもあります。デザインと機能性がバランスよくまとまっているので、初めてGショックを購入する方におすすめのシリーズです。

スタンダードな人気モデル「BASIC(ベーシック)」

By: g-shock.jp

「BASIC」は、視認性が高いアナログと機能性に優れたデジタルの双方を豊富にラインナップしたシリーズ。デザインの幅が広いため、ファッションに応じた使い分けもできておすすめ。多彩な機能性と耐久性の高さも魅力です。

あらゆる環境のエキスパートモデル「MASTER OF G(マスターオブジー)」

By: g-shock.jp

「MASTER OF G」は、厳しい環境下での使用を想定したモデル。シリーズのなかでもさらに細分化され、「陸上」「海中」「空中」での使用に特化した機能が特徴です。それぞれのモデルが利用シーンをモチーフにした個性的なデザインで、周囲と違うアイテムを身に着けたい方から人気を集めています。

例えば、陸上での活動に特化したシリーズ「マッドマスター」は、防塵防泥機能を備え、激しい衝撃にも耐えられる設計。方角・高度・温度・気圧を測定できます。

水中での利用に特化したシリーズのひとつである「フロッグマン」は、200mの潜水に耐えられるほか、月の満ち欠けや水深を計測できる機能が付いており、海で活動するユーザーに人気です。

空中での使用を想定した「グラビティマスター」は、航空機パイロット向けの人気プロダクトで、高度計を搭載した視認性の高いモデル。フライトログ機能を利用できるモデルでは、移動履歴をスマホの地図上にグラフィック表示できます。航空機の計器をイメージしたデザインが印象的です。

堅牢で美しいGショック「MT-G(エムティージー)」

By: g-shock.jp

「MT-G」は、強さと美しさが合わさった、堅牢かつ洗練された人気プロダクト。衝撃を分散させる「コアガード構造」やカーボン製のインナーケースを採用するなど、耐久性を重視した設計が特徴です。

日常の快適さを追求した「G’MIX(ジーミックス)」

By: g-shock.jp

「G’MIX」は、スマホと連携させることで、音楽をリモート再生するなどの機能を搭載したシリーズ。音質やライブ感の設定、曲名サーチ機能など、音楽に特化している点が特徴です。

Gショック最高峰モデル「MR-G(エムアールジー)」

By: g-shock.jp

「MR-G」は、Gショックのなかで最上級グレードに位置付けられる人気シリーズです。透明度が高い強固なサファイアガラスや、軽量で耐久性に優れるチタンなど、高機能な素材を採用。また、バンドの設計や研磨技術にもこだわっており、手にしたユーザーの所有欲を満たす完成度の高さが魅力です。

都会的かつタフなGショック「G-STEEL(ジースチール)」

By: g-shock.jp

「G-STEEL」は、樹脂の緩衝パーツを使用した「レイヤーガード構造」を採用することで、スリムなデザインと優れた耐衝撃性を両立しています。

また、「タフソーラー機能」が光を動力に変換し、負荷のかかる各機能を安定させることが可能。都会的なビジュアルで、オフィスやプライベートなど、シーンを問わず利用できる人気モデルです。

エクストリーム系スポーツで活躍するGショック「G-LIDE(ジーライド)」

By: amazon.co.jp

「G-LIDE」とは、サーフィンやスケートボード、スノーボードなど、厳しい環境下で激しい動きを行うエクストリーム系スポーツでの使用を想定したシリーズです。

どんな状況下でも素早く情報を確認できるよう、ケース幅45mm以上のビッグフェイスを採用したアイテムが多め。また、潮の干満をグラフによって示すタイドグラフ、-20℃まで耐える耐低温仕様など、厳しい環境下で役立つ機能も充実しています。

スポーツ時の使用を想定しながらも、タウンユースしやすいおしゃれなアイテムが多いのも魅力。アクティブな趣味を持つ方におすすめの人気モデルです。

ベルト交換で自由に楽しめるGショック「GA-2000(ジーエー2000)」

By: g-shock.jp

「GA-2000」はカーボンケースでムーブメントを保護する「カーボンコアガード構造」を採用したシリーズ。ケースの強度を向上させたことでゴツゴツとしたボタンガードの必要がなくなり、すっきりとしたラウンドフェイスを実現しています。

GA-2000は簡単にベルト交換できるのも大きな魅力。その日の気分やファッションに合わせてコーディネートしたい方におすすめのモデルです。

女性向けモデル「BABY-G(ベイビージー)」

By: amazon.co.jp

「BABY-G」は、Gショックの基本性能はそのままに、女性向けにデザインされたシリーズ。ポップでかわいらしいだけでなく、耐衝撃構造や10気圧以上の防水性能を持つタフな人気プロダクトです。

モノによっては、男性でも着けられるデザインのモデルも存在しています。ただし、全体的にやや小ぶりなので、購入前に自分の腕に合うかどうかをきちんとチェックしましょう。

Gショックのおすすめ人気モデルランキング

第1位 カシオ(CASIO) G-SHOCK ORIGIN DW-5600E-1

「オリジン」シリーズのGショックです。デジタルタイプのスクエア型を採用した、シンプルなデザイン。ファッションとの合わせやすさからも人気があります。53gと軽量ながら、耐衝撃構造と20気圧防水に対応しており、タフに使用可能です。

また、ELバックライトを搭載しており、夜間や暗い部屋での視認性も良好。タイマーやフルオートカレンダーなど多機能で、実用性にも優れています。

Gショックのなかでは比較的安く、機能性とデザイン性のバランスも良好。初めてのGショックとしてもおすすめのモデルです。

第2位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GW-M5610BC-1JF

スクエアフェイスの人気モデルです。サイズはH46.7×W43.2×D12.7mmと比較的コンパクト。モノトーンで統一したクールなデザインです。軽いメタルコアバンドを使っているため、長時間快適に着けられます。

シンプルな見た目ですが、実用性も良好。世界6局の標準電波を受信する「マルチバンド6」を搭載しています。自動で時刻を修正するため、海外旅行などでも便利です。

さらに、「タフソーラー」を搭載。電池交換の手間が省け、長く愛用できます。20気圧防水に対応しているため水や汗にも強く、アウトドアシーンにもおすすめです。

第3位 カシオ(CASIO) G-SHOCK ミドルサイズ 電波ソーラー GST-W300-7AJ

白をベースに、ゴールドをアクセントとしてあしらったメタルデザインのGショックです。レディースモデルもあり、ペアウォッチとしても着用可能。袖口に干渉しにくいミドルサイズで、ジャケットスタイルでもより快適に着けられます。

優美なデザインですが、タフネスを追求する「G-STEEL」シリーズらしく、耐久性も良好。レイヤーガード構造により、さまざまなアクティビティでタフに使えます。

20気圧防水にも対応しており、水中でも使用可能。世界48都市のワールドタイムもあるので、海外旅行や出張でも使えます。また、「タフソーラー」を搭載。フル充電で最大18ヶ月使えるので、電池交換の手間を省きたい方にもおすすめです。

第4位 カシオ(CASIO) G-SHOCK BASIC GA-100-1A1JF

実用性に優れたGショックです。ストップウォッチや速度計測機能などを備え、トレーニングに便利な機能を搭載。さらに、JIS1種耐磁性能や耐衝撃性能、20気圧防水などを搭載しておりタフに使えます。

また、ダイアルには4つの大型液晶を搭載。ワールドタイムにも対応しているのもポイントです。腕を傾けると自動で点灯するLEDライトも付いており、手袋などをしていても手軽に使えます。

多機能ですが価格は抑えられており、Gショックのなかでは比較的安いベーシックモデル。コストパフォーマンス重視の方にもおすすめです。

第5位 カシオ(CASIO) G-SHOCK MT-G MTG-B1000XBD-1AJF

堅牢なボディと洗練されたデザインが魅力的なMT-Gシリーズのモデルです。衝撃を分散させる「新コアガード」構造を採用。衝撃や水に強く、過酷なシーンでも十分に使えます。

カーボン積層ベゼルを採用しているのもポイント。複数の高耐久性素材を重ねることで、横から見ても隙のないおしゃれなデザインに仕上がっています。透き通ったサファイアガラスや、繊細な加工技術を施したインダイアルにも、高級感があるGショックです。

また、スマホ連携に対応。インターネット上のサーバから現在時刻を取得できるほか、世界6局の標準電波にも対応しています。さらに、「タフソーラー」で半永久的に使用可能。比較的高価ながらも、人気のあるモデルです。

第6位 カシオ(CASIO) G-SHOCK BASIC GA-2100-1AJF

8角形のフォルムが特徴的なモデルです。初代DW-5000Cの後継機。暑さ11.8mmと、コンビネーションモデルのなかでもっとも薄型で軽いため、普段使いとしても人気です。

また、カーボンコアガード構造を採用しているためアウトドアシーンでも便利。ケース素材にカーボン繊維を使っており、衝撃にも強くできています。さらに、20気圧防水や耐衝撃構造を採用。川や海などにもおすすめです。

ダブルLEDライトを搭載しており、暗い所でも便利。ほかにも時刻アラームやストップウォッチ、ワールドタイムなど普段から便利に使える機能を多数搭載しています。

第7位 カシオ(CASIO) G-SHOCK BASIC GA-2000-1A9JF

「GA-2000」シリーズの人気モデルです。ケース素材にカーボンの繊維を使用した「カーボンコアガード構造」を採用したタフなモデル。さらに、裏蓋を2重構造にしており、耐衝撃性能に優れています。

タフさを象徴するような力強いデザインは、アウトドアシーンなどにもおすすめ。一方でケースサイズは14.1mmと薄型に設計されています。Gショックのなかでは比較的コンパクトサイズなのもポイントです。

また、立体文字盤や大型のフロントボタンなど、操作性も良好。秒針を退避させる「針退避機能」やダブルLEDライト機能なども搭載しており、暗所でも見やすいモデルです。

第8位 カシオ(CASIO) G-SHOCK BASIC GA-110-1BJF

ケース径55mmのビッグフェイスを採用した、「BASIC」シリーズのモデルです。バランス感に優れたデザインが特徴。ブラックをメインカラーに、シルバーのミニダイアルを採用するなど、メカニカルなデザインをアクセントとして活かしています。

Gショックらしいビッグフェイスですが72gと軽量なので普段使いにもしやすく、価格も比較的安いので、初めてのGショックとしてもおすすめです。

また、実用性も良好。耐衝撃構造や20気圧防水に対応しており、普段からなどタフに使えます。ストップウォッチやタイマーなども搭載しているので、トレーニングにも便利です。

第9位 カシオ(CASIO) G-SHOCK 6900 SERIES GW-6900-1JF

ミニダイアルを搭載したメカニックなデザインが特徴的なGショックです。カラーリングに統一感があるため、さまざまなファッションとマッチ。クールなデザインは、ストリート系ファッションとも好相性です。

また、耐衝撃構造・20気圧防水・ELバックライト・フルオートカレンダーなどに対応。実用性重視の方にも人気です。さらに、世界6局の標準電波を受信する「マルチバンド6」を搭載しているので、海外旅行などでも使えます。

「タフソーラー」に対応。蛍光灯の光でも充電でき、電池持ちも良好です。フル充電をすれば約9ヶ月動き続けるのもおすすめのポイントです。

第10位 カシオ(CASIO) G-SHOCK MUDMASTER GG-B100-1AJF

瓦礫や土砂があるようなタフな環境でも使える「MUDMASTER」シリーズのGショックです。ケースに高剛性素材のカーボンを採用。泥の侵入を防ぐフィルターも搭載しており、過酷な環境下でも役立ちます。

また、方位・気圧・高度・温度など、周囲の状況をより正確に把握できる機能を搭載。スマホとのBluetooth接続にも対応するなど、多機能なモデルです。

さらに、歩数計測機能やストップウォッチ、時刻アラームなどを搭載。トレーニングをする方からも人気があります。ダブルLEDライトも搭載しているため、夜間の移動などでも便利です。

第11位 カシオ(CASIO) G-SHOCK Bluetooth GST-B300-1AJF

多機能な「G-STEEL」シリーズのGショックです。「カーボンコアガード構造」を採用したモデル。さらに、耐衝撃構造を採用しており、さまざまな衝撃を受けてもタフに使えます。

82gと軽量で、長時間の着用も快適。「タフソーラー」に対応しているので、光の少ない場所でも充電でき、電池持ちにも優れています。6時の位置に充電残量などがわかるディスク針を搭載しており、視認性も良好です。

また、スマートフォンリンクやフルオートダブルLEDライト、携帯電話探索など、充実した機能を搭載しています。

第12位 カシオ(CASIO) G-SHOCK GRAVITYMASTER GPW-2000-1A2JF

過酷な環境にも耐えられる「 GRAVITYMASTER」シリーズのモデルです。「トリプルGレジスト」を採用。衝撃力・遠心力・振動の3つの重力加速度に耐久性があり、さまざまな衝撃から保護します。

また、過酷な環境でも、常に正確な時間を測れるのが魅力。GPS衛星電波・標準電波受信・モバイルリンクの3機能を搭載しており、時刻修正を自動で行います。

さらに、「タフソーラー」に対応。わずかな光でも充電でき、吹雪や水中など、光が採りにくい場所でもおすすめです。電子式リューズスイッチとマルチモーターを組み合わせたことでスムーズに表示を切り替えでき、さまざまな機能を感覚的に使えます。

第13位 カシオ(CASIO) G-SHOCK BGA-150PG

ダークカラーの落ち着いたデザインが特徴の「BABY-G」シリーズのモデルです。インデックスや文字盤などにアクセントを加えることで、シンプルなスタイルにも合わせやすい、おしゃれなデザインに仕上がっています。

幅42.8mmとベイビージーのなかでは比較的ワイドフェイスですが、12.8mmと薄型なのでバランスよく着けられます。世界27都市のワールドタイムに対応しており、海外旅行や出張にも便利です。

また、耐衝撃構造や10気圧防水にも対応。タイマーやストップウォッチなど、トレーニングに便利な機能も搭載しています。アクティブな趣味のある方や水仕事が多い方におすすめです。

第14位 カシオ(CASIO) G-SHOCK FROGMAN GWF-D1000B-1JF

水中での使用に適した「FROGMAN」シリーズのモデルです。200mの潜水用防水に対応。比較的高価ですが、本格的にダイビングをする方におすすめです。

水深計を搭載しており、最大80mまでの測定が可能。また、水圧や方位、水温など、潜水時に必要な情報が確認できます。専用のトリプルセンサーを搭載しており、月の形や潮の満ち引きも表示。潜水のタイミングを測るのにも便利です。

耐衝撃性能も優れており、風防には耐久性も透明度も優れているサファイアガラスを採用しています。高輝度LEDライトも搭載しているため、暗い水中でも便利。潜水時と通常時でモードを切り替えられるので、普段使いとしても人気です。

第15位 カシオ(CASIO) G-SHOCK Bluetooth搭載 G-LIDE GBX-100-1JF

サーフィンなどマリンスポーツをする方におすすめのGショックです。スマホと連携し、専用アプリを使うことで世界3300箇所の潮汐情報などを表示できます。ほかにも、タイドグラフやムーンデータなども表示可能です。

視認性に優れた高精細な液晶を採用。さらに、距離・速度・ペースなどを計測できるトレーニング計測機能を搭載。日常使いにもおすすめです。

スリットが入ったソフトウレタンバンドは、汗をかいても長時間快適に着けられます。ケースには上下左右からの衝撃に耐えられる樹脂のガード構造を採用しており、耐衝撃性能も良好です。

第16位 カシオ(CASIO) G-SHOCK G-LIDE GWX-5700SS

タイドグラフやムーンデータを搭載し、潮汐情報や月齢をすぐに確認できるサーファー向けのGショックです。ケースは厚さ14.2mmの薄型。55gと軽く、長時間快適に着けられます。

「タフソーラー」も搭載しており、充電の手間を省きたい方にもおすすめ。フル充電で最長約10ヶ月駆動し、バッテリー持ちにも優れているのもポイントです。

サーフアイテムでは定番のウミヘビ柄をモチーフにしたデザインで、ファッションアイテムとしても活躍します。

第17位 カシオ(CASIO) BABY-G G-LIDE BAX-100-7AJF

BABY-Gの「G-LIDE」シリーズのモデルです。潮汐情報を表示するタイドグラフやムーンデータを搭載しており、4時位置のボタンを押すだけで、1時間ごとの潮汐情報を確認できます。

また、LEDライトも搭載しているので、朝方など薄暗い中でも視認性良好。10気圧防水や耐衝撃構造など耐久性も良好。ストップウォッチやタイマーなど、普段のトレーニングに便利な機能も搭載しています。

ミントグリーンを差し色に使った爽やかなデザインはカジュアルファッションとも好相性。インデックスにはマリンデザインを採用しており、デザイン性の高さからも人気があります。

第18位 カシオ(CASIO) G-SHOCK MR-G MRG-7700B-1BJF

最上位ライン「MR-G」シリーズのGショック。デジタル・アナログ両方の表示を採用したコンビネーションモデルです。ホームタイム・ワールドタイム・デュアルタイムの3種類を表示でき、海外との取引や出張が多い方におすすめです。

ケースやベゼル、バンドには深層硬化処理やDLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)加工を施したチタン素材を使用。見た目の美しさとともに、耐久性にもこだわって作られています。

ほかにも、世界6局の標準電波で時刻を自動修正する「マルチバンド6」や、針位置自動補正機能なども搭載。機能性はもちろん、スーツスタイルにもマッチする高級感のあるモデルを探している方におすすめです。

第19位 カシオ(CASIO) G-SHOCK G-LIDE GLS-6900-2AJF

-20℃の耐寒性能を搭載した、耐低温仕様のGショックです。スノーボードやスキーをする方から人気。プロテクターも搭載しており、転んだ際の衝撃にも耐えられるよう設計されています。

さらに、腕を傾けるだけでELバックライトが点灯するオートライト機能を搭載。スキー用グローブや手袋を着けたままでも簡単に操作できます。雪山など、天候が変わりやすい場所でも便利です。

また、ストリート系のファッションにも合わせやすい、オールドスクールアイテムをモチーフにしたデザインもポイント。カラフルなツートンカラーは、ウィンタースポーツのほか、カジュアルファッションと合わせて普段使いするのもおすすめです。

第20位 カシオ(CASIO) G-SHOCK G’MIX GBA-400-1AJF

音楽好きな方から人気がある、「G’MIX」シリーズのモデルです。スマホとの連携に対応しており、曲名の検索や音質操作などを手元で行えます。

さらに、ワールドタイム・アラーム・タイマーなど、普段から便利な機能を多数搭載。20気圧防水や耐衝撃性能など耐久性にも優れており、水中や海外でもタフに使えます。

また、文字盤へ大胆にデジタル窓を付けたメカニックなデザインも魅力。カジュアルファッションのアクセントとしてもおすすめです。多機能ですが針退避機能も付いており、視認性も良好。LEDライトがあるので、暗所でも便利に使えます。

GショックのAmazonランキングをチェック

GショックのAmazon売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

Gショックを使ったメンズコーデ

定番の黒はコーデを引き締める

By: wear.jp

上半身がぼやけてしまいがちなベージュ系のシャツを、黒いキャップとGショックで引き締めています。足元にも黒を用いることで縦の統一感を出し、都会的なコーデにアップデート。カジュアルなファッションでも、黒のGショックを合わせることで、「大人の男」を演出できます。

遊んだコーディネートの調和役

By: wear.jp

ブルーとオレンジを合わせたポップなコーディネートも、黒いGショックを使用することでまとまります。肌の露出部分が多くカジュアルすぎる印象がある時は、簡単に調和が取れる黒を合わせるのがおすすめです。黒いGショックは汎用性が高く、さまざまな服装に合わせられます。

ピンクのGショックで個性をアピール

By: wear.jp

落ち着いた色味のコーディネートも、ピンクのGショックを合わせることで個性を出せます。ディテールがゴツゴツしているため、男性らしさは残したまま。ピンクはほかのアイテムが同系色、または補色でも合わせやすいカラーなのでおすすめです。

シンプルなファッションのワンポイントに

By: wear.jp

白シャツとネイビーのハーフパンツを組み合わせた、非常にシンプルなファッション。黄色いGショックを合わせることで、個性を感じさせるコーディネートに昇華させています。

主役として腕時計を主張させながらも、シャツやパンツと調和させたセンスの高いコーデです。