プレゼンなどで、モニターとプロジェクターに資料を表示したい場合に便利な「HDMI分配器」。自宅で、ホームシアター環境の構築やノートパソコンの映像を複数画面に出力したい場合などに欠かせません。

そこで今回は、HDMI分配器のおすすめアイテムをご紹介します。分かりづらいHDMI切替器との違いや選び方も解説するので、自分に合ったモノを選んでみてください。

HDMI分配器とは?用途などを解説

By: amazon.co.jp

HDMI分配器とは、映像や音声信号を複数機器に同時出力する際に使用する機器です。HDMIスプリッターとも呼ばれ、複数ディスプレイに同じ映像や画像を表示できます。

仕事の会議やプレゼンの際に便利。資料映像をプロジェクターと自分のパソコンの両方に表示したり、会議室に設置されている複数ディスプレイに画像を同時出力したりできます。

このほか、ホームシアターを楽しみたい場合や、ゲームや動画を複数ディスプレイで楽しみたい場合に利用可能です。

HDMI分配器と切替器の違いに注意

By: amazon.co.jp

HDMI分配器によく似た製品に、HDMI切替器があります。HDMIセレクターとも呼ばれており、複数デバイスの映像・音声を1台のディスプレイで表示したい場合に便利です。

たとえば、2台のゲーム機をディスプレイに接続したいけれど、ディスプレイ側にHDMI端子が1つしかないという場合に活用可能。切替器を使用すれば、2つのゲーム機の映像出力をボタンひとつで切り替えられます。

また、HDMIマトリックスセレクターという製品を使用すれば、複数の画面に同時出力をしたり、1つの画面で2つの入力映像を切り替えて出力したりできます。両方の機能を利用したい場合は、本製品も検討してみてください。

HDMI分配器の選び方

入出力端子の数で選ぶ

出力端子の数によって、ディスプレイなどに同時出力できる数は異なります。HDMI分配器を購入する際は、あらかじめ出力端子がいくつ必要なのか確認しておくのがおすすめ。入出力端子の数が増えるほど、価格も高額になります。

自宅や社内プレゼンで使用する場合などは、1入力2出力程度のモデルがおすすめ。ブルーレイレコーダーの映像を出力したり、プレゼン資料をプロジェクターに投影したりする用であれば、出力端子は2つ程度で十分です。

一方、ホームシアターで映画を楽しみたい場合などには、1入力4出力程度のモデルが便利。ホームシアターの場合、プロジェクターやスピーカー、AVアンプなどの機器を接続する必要があります。そのため、出力端子が多いモデルのほうが安心です。

カスケード接続の有無をチェック

By: amazon.co.jp

カスケード接続とは、HDMI分配器同士を接続して、出力先の数を増やせる機能のこと。たとえば、出力端子を4つ搭載したHDMI分配器にそれぞれ分配器を接続すると、最大で16台のディスプレイに映像を出力できます。

会議などで複数のディスプレイに映像を表示する場合や、1台のHDMI分配器では出力端子が足りない場合に便利。製品によって何段階まで接続できるかが決まっており、最大64台ものディスプレイに接続可能のモデルもあります。

ただし、接続数が増えるほど映像・音声信号のロスも増えやすく、出力が不安定になる可能性が高まるので注意が必要。ロスの少ないHDMIケーブルを使用したり、HDMIケーブルを統一したりする工夫が大切です。

HDR対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略称。標準的なスタンダードダイナミックレンジの映像より明るさの幅を広く表現できる技術で、黒つぶれや明るい場所の白飛びなどを軽減できます。

HDRはリアルで自然な映像表現が可能ですが、HDRで制作されたコンテンツを複数の画面に表示するには、HDR対応のHDMI分配器が必要。また、出力するディスプレイ等もHDRに対応している必要があります。

対応していないHDMI分配器でHDR映像を出力すると、映像信号が反映されず、何も映らないというトラブルにつながる恐れもあります。映像品質にこだわりがある方は、HDRに対応しているかあらかじめ確認しておくのが大切です。

4K対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

4Kで録画した映像を複数ディスプレイに表示したい場合や、4K画質の映画をホームシアターで楽しみたい場合には、HDMI分配器と出力デバイスのチェックも大切。4K対応製品以外で4K映像を出力すると、映像が劣化して見えてしまいます。

近年では、4K対応のテレビやブルーレイレコーダーも増えてきているため、自宅用にHDMI分配器を購入する場合は、4Kに対応しているモノがおすすめ。一方、ビジネス用途などで画質にそこまでこだわらない場合は、非対応製品にすればコストを抑えられます。

また、4K放送や映画を楽しむためには、併せて「HDCP」対応の有無もチェックが重要。HDCPに対応していないと、著作権保護のかかっている映像は出力できなくなってしまいます。製品によって対応バージョンも異なるため、確認してみてください。

給電方法で選ぶ

バスパワー

By: amazon.co.jp

バスパワーとは、USBポートを通じて給電する方式のことです。ノートパソコンなどに備わっているUSBポートに接続すれば簡単に給電ができるため、場所を選ばずに使用できるのがメリット。コンセントがない場所でも使用可能です。

ただし、HDMI分配器は接続数が増えたり、出力する解像度が高くなったりすると、消費電力も大きくなり、動作が不安定になる傾向にあります。そのため、HD画質の映像を1~3台に出力する場合におすすめです。

4K画質や多くのディスプレイに出力するという場合には、バスパワー給電ではやや力不足。そのため、そもそもバスパワー給電に対応していないモデルも多いのが現状です。

セルフパワー

By: amazon.co.jp

セルフパワーとは、ACアダプターを使用して、コンセントから給電する方式です。安定した電源供給により、動作も安定しているのがメリット。4出力や8出力など、出力数が多い場合におすすめです。

ただし、利用の際はACアダプターの長さやコンセントの位置に注意しながら設置する必要があります。場合によっては、入力機器・出力機器から伸びるHDMIケーブルの長さを変更する必要もあるため、事前確認が大切です。

オーディオフォーマットもチェック

By: amazon.co.jp

出力音質にこだわりたい場合は、対応しているオーディオフォーマットの確認も大切です。特に、AVアンプ、スピーカーを接続する場合は、機器とHDMI分配器の両方がフォーマットに対応している必要があります。

高音質のオーディオフォーマットとして有名なのは、「Dolby True HD」や「DTS-HD Master Audio」など。機器によっては、3.5mmジャックや光デジタル端子を搭載しているモノもあります。高音質・高画質のホームシアター環境を作りたい場合は、意識してみてください。

価格をチェック

HDMI分配器の価格は、入出力端子の数やカスケード接続の有無、対応している解像度、音声フォーマットの種類などによって変動します。たとえば、2出力と8出力のモノでは大きく価格が異なるため、必要な出力端子の数の見極めが大切です。

また、安くて4Kに対応している製品であっても、著作権保護規格のHDCPに対応していないというケースもあります。HDCPに対応していないと4K放送や映画の出力が行えないため、注意が必要です。

入出力端子数と機能性、価格のバランスを考えて、使用用途に合った製品を購入してみてください。

使用するHDMIケーブルは短いモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

HDMI分配器を使用する場合は、HDMIケーブルの長さにも注目してみてください。おすすめは2m以内の短めのモノ。HDMIケーブルのなかには10mを超えるロングケーブルもありますが、安定性を重視する場合は短いケーブルがおすすめです。

長いHDMIケーブルを使用すると、映像・音声に遅延が発生したり、出力した映像に滲みなどの劣化が出たりする可能性があります。製品によっては、対応しているHDMIケーブルの長さが記載されているモノもあるため、映像品質にこだわりたい場合はチェックしてみてください。

HDMI分配器のおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 4K/60Hz対応HDMI分配器 1入力2出力 400-VGA013

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 4K/60Hz対応HDMI分配器 1入力2出力 400-VGA013

2つの画面に同時出力できる1入力2出力タイプのHDMI分配器です。4K出力に対応しているため、ディスプレイが対応していれば高画質な映像を表示可能。著作権保護規格HDCP2.2にも対応しているので、4K放送なども出力できるのが魅力です。

また、高音質フォーマットの「Dolby True HD」と「DTS HD Master Audio」にも対応可能。ビジネス用途だけでなく、自宅でプロジェクターを使用する場合でも高音質・高画質の映像を楽しめます。

充電方法はACアダプターによるセルフパワー式。手のひらに収まる116×54×19mのため、持ち運びが必要な場合でも簡単に動かせるのがメリットです。机の上に置いていても気になりにくいのがポイント。標準的な機能を備えた使い勝手のよい製品です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 4K2K対応HDMI分配器 4分配 VGA-UHDSP4

4つの出力端子を備えたHDMI分配器です。4K/60Hzの解像度と「Dolby True HD」「DTS HD Master Audio」に対応しており、画質・音質を重視したい方におすすめ。映画やゲームを高画質・高音質で楽しめます。

最大で3段階、計64台のカスケード接続にも対応しているのも特徴。ただし、映像はポート1に接続した機器の解像度に従って分配されるため、すべてのディスプレイが同じ解像度をサポートしている必要があります。

電源はACアダプターによるセルフパワー式。付属品として、1.8mのHDMIケーブルも付属しています。HDMI端子全てに金メッキ加工が施されており、サビつきや信号の劣化を軽減できるのもポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 4K/60Hz・HDR対応HDMI分配器 8分配 VGA-HDRSP8

大きな会議室やセミナー、授業などにおすすめのHDMI分配器です。1入力8出力の多出力モデルで、同じ映像・画像を複数人に共有したい場合に便利。ACアダプターによるセルフパワー式のため出力も安定しており仕事でも安心して活用できます。

サーバーラックなどに取り付けるための金具が付属しているのがポイント。重量も2.2kgとやや重めなため、持ち運びをするというよりは、常に同じ環境で使用する場合に向いています。端子部分には金メッキ加工を採用。信号劣化のリスクを軽減できます。

映像出力は、4K・HDRに対応。著作権保護規格のHDCP2.2や高音質フォーマットにも対応しています。さまざまな用途で使用できるハイエンドクラスの製品ですが、価格も高価のため、性能を活かせるか確認してから購入するのがおすすめです。

エレコム(ELECOM) HDMI分配器 1入力 8出力 VSP-HDP18BK

ミラーリング・マルチディスプレイの両方に対応したHDMI分配器です。通常のHDMI分配器のように複数ディスプレイに同時出力を行えるほか、入力元とは異なる画面を表示して、ノートパソコンのサブディスプレイとしても使用できます。

最大で8台同時に映像・画像出力を行えるのも魅力。カスケード接続にも対応しており、最大64台まで分配出力ができます。また、4K・HDRにも対応しているので、ゲームや映画を高画質で複数画面に表示するのも可能です。

スリムかつスタイリッシュなメタルケースを採用しているため、設置場所に困りにくいのもメリット。ノイズの影響を受けにくいメリットもあり、出力の安定性に期待できます。HDMIケーブルは各5mまで対応です。

テック(TEC) 4K60 HDMIマトリクス切替分配機 THD22MSP

分配器と切替器の機能を併せ持つHDMIマトリックスセレクターです。入出力端子を2つずつ備えており、1つの映像や画像を2つの画面に表示したり、1つの画面で2つのHDMI入力を切り替えたりできます。

4K/60HzやHDRに対応している高画質モデルながら、購入しやすい価格も魅力。ブルーレイレコーダーの番組を2画面に高画質出力したい場合や、Nintendo SwitchとPS4を同じディスプレイでプレイしたいという場合にもおすすめです。

リモコンが付属しており、遠隔で切り替えが行えるのもメリット。画面切り替えのたびに本体を操作しに行く手間が省けます。光デジタル出力端子、3.5mmステレオミニジャックを搭載しており、出力音質の向上も期待できます。

テック(TEC) 4K60S 4K60Hz対応 HDMI4分配器 THDSP14D

最大4つの画面に同時出力できるコスパに優れたHDMI分配器です。4K/60Hz・HDRに対応していながら、比較的購入しやすい価格が魅力のひとつ。モニター側が4K・HDRに対応していない場合は、手動で1080pなどにダウンスケールして出力も可能です。

HDCP2.0にも対応しており、4K放送などの出力も可能です。ただし、4K・HDR規格の映像を出力するには、HDMI 2.0のケーブルも必要のため留意しておきましょう。電源はセルフパワー式を採用。対応HDMIケーブルの長さは10m以下です。

また、95×61.7×20mmのコンパクトサイズのため、持ち運びにも優れています。会議室での利用や自宅用など、幅広い用途でおすすめの1台です。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) HDMI分配器 4K 1入力4出力 AC給電 GH-HSPH4

PS5やPS4、Nintendo Switchなどのゲーム映像をはじめ、さまざまな機器に対応したHDMI分配器です。Chromecast、Fire TV Stickにも対応しており、ホームシアター用としてもおすすめ。4K出力にも対応しています。

幅広い用途で使用できる1入力4出力タイプなのも魅力のひとつ。ACアダプター給電のため、4台接続しても安定した出力を期待できます。HDMIポートと電源端子のみのシンプルな構成なので、簡単に使用できるのもメリットです。

本体は重量感のある金属製。机の上などにしっかりと固定できるため、ケーブルが動いた際も落下の心配がほとんどありません。また、HDCPには未対応ですが価格が安いので、HDCPが不要な方にはおすすめです。

グリーンハウス(GREEN HOUSE) 2WAY 2ポートHDMIセレクタ GH-HSWL2

コスパのよいHDMIマトリックスセレクターです。2入力2出力モデルで、ゲーム機やブルーレイレコーダーの映像を1台のディスプレイに出力したり、反対にブルーレイレコーダーの映像をディスプレイとプロジェクターに出力したりできます。

ポート切り替えは手動式です。本体中央にあるボタンを押すと切り替えが行われるため、ゲームプレイ中などに勝手に別画面に切り替わってしまう心配を軽減します。また、解像度は4K/30Hzに対応。高画質の映像を楽しめます。

カシムラ(Kashimura) HDMI分配器 1入力2出力 KD-211

1入力2出力のシンプルなHDMI分配器です。カーナビやテレビ、モニターなどの映像を2つの画面に同時出力できるのが特徴。必要な機能だけを搭載したコスパのよいモデルで、高性能な機能は不要という方におすすめです。

最大対応解像度は4K/30Hz。HDCPに対応しているため、映画や4K放送も出力できます。電源端子はUSB Type-C。付属品として、USB Type-Aの変換ケーブルも付属しています。

ただし、5V 500mA以上のUSBポートに接続する必要があるため、注意が必要です。対応するUSBポートがない場合は、USBタップを使用してコンセントに接続すれば電力供給が安定します。

ラトックシステム HDMI分配器 4K60Hz対応 1入力2出力 RS-HDSP2P-4KZ

4K/60Hz・HDR対応のHDMI分配器です。出力端子が2つの分、コストを抑えられているのがメリット。PS4、PS4 Pro、Nintendo Switchで動作確認がされているため、ゲーム画面を複数機器に出力したい場合におすすめです。

また、著作権保護規格HDCP2.2や高音質フォーマットのDolby True HD、DTS HD Master Audioなどにも対応。規格に対応したディスプレイやスピーカーを使用すれば、高画質・高音質で映像を楽しめます。

別売りのDVI-HDMI変換アダプターを利用すると、DVI端子を搭載したディスプレイとも接続可能。HDMI端子を搭載していないディスプレイでも活用できるのがメリットです。

ラトックシステム 4K60Hz対応 4入力2出力HDMIマトリックススイッチ RS-HDSW42-4K

4入力2出力のHDMIマトリックスセレクターです。入力端子のほうが出力端子よりも多い珍しいモデルで、4つのHDMI入力機器からの映像などを2台のディスプレイに切り替えながら出力できます。

ディスプレイ側のHDMI端子が足りない場合や、ケーブルの抜き差しに煩わしさを感じる場合におすすめ。4K/60Hz・HDRなどの高画質フォーマットに対応しているほか、1080p/120fpsの高フレームレートにも対応しているのが魅力です。

そのため、複数ゲーム機の接続にもおすすめ。切り替え方法は本体上部のボタンを押すだけです。対応しているオーディオフォーマットの種類も豊富のため、音質にこだわりたい方にも向いています。

AstroAI HDMI分配器 1入力2出力

さまざまな解像度の出力に対応したHDMI分配器です。1080p・4K・3Dの出力に対応しているのが魅力。最大で2画面同時に出力できます。PS4やNintendo Switchの動作確認もされており、ゲームの出力用としても利用可能です。

コンパクトで持ち運びに優れているのがポイント。低解像度で利用する場合は、HDMIから給電できるため電源不要です。ACアダプターが付属しているため、電力不足の場合もコンセントに接続すれば安定した電力供給を行えます。

最大15m長距離接続でも信号の劣化や遅延を最小限にとどめるロスレス伝送機能を搭載しているのも魅力。複数のオーディオフォーマットにも対応しており、コスパに優れたおすすめの製品です。