年々普及率が高まっているスマホ。高性能スマホから格安スマホまで、さまざまなモデルがリリースされているため、どれを選べばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はiPhoneとAndroidスマホを比較しながら、スマートフォンの選び方について解説します。おすすめの製品も併せて紹介するので、買い替えの参考にしてみてください。

iPhoneとAndroidの違い

スマートフォンは、iPhoneとAndroidスマホの2種類がほとんどのシェアを占めています。両者の違いは搭載されているOS。iPhoneにはアップル製品専用のiOSが搭載されているのに対して、AndroidスマホにはGoogleが開発したAndroid OSが搭載されています。

iPhoneの魅力はデザインと操作性。また、アップル社の管理による充実したサポート体制も魅力です。アプリは「App Store」でしか入手できないのですが、ウイルスアプリや詐欺アプリなど、有害なコンテンツが少ない傾向があります。

一方、Androidスマホはカスタマイズ性の高さが特長。細かい設定を自分好みにいじりたい方におすすめです。さまざまなメーカーのモデルから、デザインや性能によってスマホを選択できるのもポイント。アプリもオープンな市場で提供されています。

スマホの種類

大手キャリアスマホ

ドコモ・au・ソフトバンクなど、大手キャリアがリリースしているスマホです。上位のCPUやメモリを採用した、アプリやゲームに強いスマホ、ハイレゾ音源に対応したサウンド面が素晴らしいスマホなど、さまざまな高性能スマホが存在します。

スマホの顔と言えるディスプレイには各社が力を入れており、動画や画像などのコンテンツを高画質で楽しめます。カメラも進化しているポイントで、2つのレンズによるデュアルカメラを搭載したスマホも増加中。カメラ性能にこだわりたい方にもおすすめです。

なお、最近ではやや価格や性能を抑えたミドルスペックのスマホも続々とリリースされています。処理の重いゲームなどをしない場合であれば、ミドルスペックのスマホでも機能的には十分です。

格安スマホやSIMフリースマホ

大手キャリアと比較すると維持費が安く済ませられるのが今話題の格安スマホ。大手キャリアに比べて格安で通信サービスを提供しており、毎月の通信費を抑えることができます。

格安スマホ最大の魅力は価格の安さ。通信費が安いだけではなく、端末の本体価格もリーズナブルなモデルがほとんどです。大手キャリアの高性能スマホと比べるとスペックはやや落ちますが、ブラウジングや動画鑑賞ならば特に問題はありません。

なお、格安スマホの端末はドコモ・au・ソフトバンクといった既存の大手キャリアに縛られることなく好きな通信業者と契約できるSIMフリースマホが主流です。ただし、最近では大手キャリアのハイスペック機に迫る高い性能を備えたSIMフリースマホも続々と登場しています。

SIMフリースマホは、SIMカードを入れ替えるだけで通信会社を気軽に変更できるのもポイント。海外に行った際、現地でプリペイドSIMカードを購入すれば、持参したスマホをそのまま使えるので便利です。

2017年のトレンド

By: apple.com

メインカメラに2つのレンズを採用したデュアルカメラを搭載したスマホが増えています。高い画素で撮影できるメインレンズに加えて望遠レンズが搭載されており、遠景の高画質撮影や背景をぼかした味のあるポートレート撮影が可能です。セカンドレンズに広角モデルを採用し、迫力のあるワイド撮影を実現しているスマホも登場しています。

iPhone 8、iPhone Xに搭載されたワイヤレス充電も注目すべきトレンドです。充電パッドの上にスマホを乗せるだけで充電可能という手軽さが特長。ケーブルを差し込む手間が省けるのはもちろんのこと、見た目がスッキリするのもポイントです。

また、縦長タイプのディスプレイを採用した機種も増加中。大画面スマホは見やすい一方で、持ちにくのが懸念点でした。そこで、縦長にすることで画面サイズを大きくしつつ、持ちやすさにこだわったモデルが登場しています。

スマホのキャリアはどこが良い?

docomo

ドコモは通話エリアが広く、回線の安定感があります。通話がメインの方におすすめです。家族でパケットをシェアできるプランなど、家族割が充実しているのもポイント。60歳以上の方がケータイからスマホに変える場合は月々の料金が格安になるなど、シニア向けのプランも充実しています。

au

通信エリアが広く、速度も優れているのが特長です。スマホでインターネットをスムーズに楽しみたい方におすすめ。また、ドラマや映画などが見放題の「ビデオパス」や、音楽が聴き放題の「うたパス」など、エンタメ系の有料サービスが充実しているのもポイントです。

softbank

ソフトバンクは、通信料の安さが特長。スマホで動画やゲームなどをたくさん楽しみたいという方は、月額7000円で50GBまで使えるプラン「ウルトラギガモンスター」がピッタリ。また、長期利用によってTポイントの倍率が上がるので、Tカードを利用している方にもおすすめです。

スマホの選び方

画面サイズ

画面サイズは視認性だけでなく、持ちやすさにも影響します。スマホで動画視聴を楽しみたい方には大画面ディスプレイを搭載したモデルがおすすめ。通話がメインの方は、携帯性に優れた小さい画面サイズのスマホが便利です。

カメラの性能

スマホで写真を撮る方はカメラの性能をチェックしましょう。画像の精密さを表す「画素数」の確認はもちろん、手ブレ補正などの便利機能の有無も確認してください。セルフィーを撮る機会が多い方はインカメラの性能も見ておく必要があります。

処理能力

アプリやゲームをサクサク楽しみたい方は高性能のCPUやRAMを搭載したスマホを選びましょう。ブラウジングがメインの場合、高い処理能力は求められません。格安スマホでも十分です。

SIMの有無

格安スマホは「スマホ本体+格安SIMカード」のセットが基本です。欲しい本体がなければ、スマホ本体のみを購入して、別途購入した格安SIMカードを挿入する必要があります。

iPhone

アップル(Apple) iPhone8 64GB SIMフリー

4.7インチのディスプレイを採用したiPhone 8。前面と背面の両方が耐久ガラスで作られており、透明感のある美しいデザインに仕上がっているのが特長です。フレームには航空宇宙産業で使用されるものと同じグレードのアルミニウムを用いているので耐久性も十分。カラーバリエーションとして、スペースグレイ・シルバー・ゴールドの3色が用意されています。

注目すべきなのがワイヤレス充電。ケーブルを差し込む必要がなく、パッド状の充電器に乗せるだけで充電が可能な便利機能です。耐水性能と防塵性能が上昇しているのもポイント。

また、ステレオスピーカーの性能も進化しています。最大音量が25%大きくなり、低音の再現度も向上。音楽やビデオはもちろん、スピーカー通話もクリアに聞こえます。12MPの高画質カメラも大きな魅力。光学式手ぶれ補正を採用しているので操作性も良好です。

アップル(Apple) iPhone 8 Plus 256GB SIMフリー

5.5インチのRetina HDディスプレイを採用しているiPhone 8 Plus。画面サイズやバッテリー容量など、さまざまな点でiPhone 8を上回っているハイスペックモデル。こちらもスペースグレイ・シルバー・ゴールドの3色展開です。

人間の目では識別できないほど画素が細かい「Retina」HDディスプレイが採用されているのがポイント。色の再現度が上昇し、かつてないほどの美しさを発揮しているのが魅力です。また、周囲の光に合わせて画面を見やすいようにホワイトバランスを自動調整してくれる「True Toneテクノロジー」も搭載されています。

iPhone 8 PlusとiPhone 8の大きな違いとして挙げられるのがカメラです。iPhone 8は12MPのカメラがひとつなのに対して、iPhone 8 Plusには12MPの広角カメラと望遠カメラが採用されています。この2つのカメラによって、被写界深度エフェクトを生かした「ポートレートモード」が利用可能。顔が明るく映る「スタジオ照明」、背景が黒くなる「ステージ照明」など、便利機能が満載。写真にこだわりたい方にはiPhone 8 Plusがおすすめです。

Androidスマホ

ソニー(SONY) Xperia XZ Premium SO-04J


フルHDの4倍という解像度の「4K」、さらに色彩の鮮やかさと明暗を余すことなく表現する「HDR」に対応したディスプレイが特長のモデルです。動画ストリーミングサービスを鮮明な高画質で楽しめるので、動画鑑賞が好きな方におすすめのスマホです。

重厚感のあるメタリックボディも魅力。鏡面仕上げで、光を受けると美しく輝きます。カラーリングはブラック、シルバーに加えて、インパクトのあるレッドが選択可能。

960fpsでの高速撮影を実現したカメラも魅力です。スーパースローモーション効果によって、何気ない映像を確認するのが楽しくなるでしょう。シャッターを押すと最大4枚の写真を撮影する「先読み撮影」で、シャッターチャンスも逃しません。

音楽CDを超える音質の「ハイレゾ音源」に対応。ハイレゾ対応のヘッドホンやスピーカーと組み合わせれば、まるでその場で演奏されているかのような臨場感のあるサウンドが楽しめます。64GBのROMを搭載しているので、音楽データをたくさん保存できるのもポイント。スマホで音楽を聞きたい方にもおすすめです。

サムスン(SAMSUNG) Galaxy S8+ SC-03J

6.2インチの大画面ディスプレイを搭載したスマホです。フレームを極限まで減らしたベゼルレスデザインによって画面占有率が高いのが特長。迫力あるゲーム体験や動画視聴ができます。同時にボディ幅のスリム化を図っているので、大画面にもかかわらず持ちやすいのが特長です。

色彩をはっきり表現できる有機ELディスプレイを採用しており、鮮やかな映像を楽しむことができます。動画を見ながらSNSをするなど、6.2インチディスプレイを生かしたマルチウィンドウでの使用も便利です。

バッテリーは3500mAhの大容量。複数のアプリを立ち上げても電池の持ちがよく、思う存分コンテンツを楽しめます。動画・ゲーム・SNSなどを楽しみたい方におすすめです。

京セラ(KYOCERA) TORQUE G03 au

ガジェット感の強いデザインが目を引くスマホ。1.8mの高さからのコンクリートへの落下試験クリアをはじめとした、さまざまな耐久試験をクリアした堅牢性が特長です。

アクションカメラとしての性能が高いのもポイント。1300万画素のメインカメラに加え、200万画素のワイドカメラを搭載しているので135度までの臨場感溢れる映像を撮影することが可能です。走行時の速度や距離、登山の高度、経過時間などのデータを取得し、重ねて撮影できるユニークな機能を備えています。

グローブを装着した状態、手が水に濡れている場合でも反応するタッチパネルディスプレイを採用。防水機能がある上、水中に入れると色味やゆがみを最適化する水中モードに切り替わるのも便利。アウトドアシーンで活躍できるスマホをお探しの方におすすめします。

SIMフリースマホ

ファーウェイ(Huawei) P10 lite SIMフリースマートフォン WAS-LX2J

リーズナブルな価格設定ながら5.2インチのフルHDディスプレイを搭載した、コスパ良好のスマホです。硬度が高く、傷つきにくい曲面ガラスを表面に採用しており、見た目の高級感と手とのフィット感を両立しているのが魅力。カラーリングはブラック・ホワイト・ブルー・ゴールドの4色が展開されています。

ローライトでも鮮明な1200万画素のメインカメラ、美しいセルフィーを撮影できる800万画素のインカメラといった高性能カメラを内蔵しているのもポイント。0.3秒のシャッター間隔で高速連写が可能な上、電子式手ブレ補正に対応しているので操作性も快適です。

また、35分の充電で1日使えるという急速充電に対応。3000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、電池切れを心配せずに使えます。高画質で写真を撮って大画面で楽しみたい方におすすめのスマホです。

エイスース(ASUS) ZenFone4 ZE554KL-BK64S6

デュアルレンズを採用した高性能カメラが特長のスマホです。1200万画素のメインカメラに加えて800万画素のセカンドカメラを搭載。4K解像度での動画撮影が可能で、通常の約2倍のワイド撮影にも対応しているなど、カメラ機能に優れています。被写体をくっきりと映すポートレートモードをはじめとして、細かい設定で本格的な撮影ができるのも魅力。

7.5mmの薄型ボディに5.5インチの大きなディスプレイが搭載。スリムベゼルなので大画面にもかかわらず片手に収まるコンパクトさを実現しています。角度によって光の反射が異なる背面が特徴。ZenFoneシリーズならではの美しいデザインに仕上がっています。

高性能、省電力のプロセッサーと6GBの大容量メモリを内蔵。マルチタスクが快適な上、スペックを要求するゲームもサクサク楽しめます。サウンド面にも秀でており、高音質音源・ハイレゾに対応。ステレオスピーカーで原音に近い臨場感あふれる音楽を奏でます。

Wiko Mobile Tommy 5.0 SIMフリー P4903JP-BLEEN

Wikoは、2011年にフランスで誕生したスマートフォンベンチャー企業。西ヨーロッパではシェアトップ5に入っており、現在最も注目されているスマホメーカーのひとつです。TOMMYはポップなデザインが特徴のスマホで、カラーはブラック・レッド・ブリーン(青緑)から選択可能。

視野角の広いIPS方式の5インチHDディスプレイを採用しているため、動画やゲームなどのコンテンツに最適です。さまざまなモードで撮影できる800万画素のメインカメラ、ディスプレイフラッシュでセルフィーが美しく撮れる500万画素のインカメラも搭載しています。フェイスビューティーなどのエフェクト機能も搭載されているので、カメラ機能の高い低価格スマホを探している方におすすめです。