今や生活するうえでの必需品となりつつある「スマホ」。最近では大画面化と高機能化が進む一方で、格安SIMが台頭したことでユーザーの選択肢も大幅に増えてきました。

しかし、iPhoneやAndroidに限らず、スマホには多種多様な機種が発売されているため、どれを買えばいいのか迷ってしまいがち。そこで今回は、スマホの選び方を踏まえたうえで大手キャリアやSIMフリーモデルのおすすめ機種をご紹介します。

スマホの選び方

OSで選ぶ

iOS

By: apple.com

Apple社が開発した、携帯端末用のOS(オペレーティングシステム)です。マルチタッチスクリーンを利用した、アイコンのタップやドラッグなど、洗練された操作性が魅力。無償または有償で提供される好みのアプリを、「App Store」からダウンロードして使用します。

Andoroid端末も含め、現在市販されているスマホが備えるユーザーインターフェイスの、見本になったOSといっても過言ではありません。iPhoneやiPadなど、同社が販売するハードウェアのみに搭載されており、同じくApple社が取り扱うMacノートに採用されている「macOS」との親和性が高いのも特徴。

写真・メモ・連絡先情報などを自動で同期させたり、iPhoneにかかってきた電話を近くのMacノートで受けたりと、いろいろ便利な使い方ができます。シンプルな操作性を求めている方や、Macbookユーザーの方はチェックしておきましょう。

Android

By: amazon.co.jp

Google社が開発した、携帯端末用のOSです。無償で提供されるオープンソースのため、Apple社を除く世界中のさまざまなスマホメーカーが「Android OS」を採用し、数多くのモデルを販売しています。国内大手キャリアでも、さまざまなモデルを取り扱っており、性能や価格など自分の要望にあったモデルを選びやすいのが魅力。

アプリは基本的に「Google Play」からダウンロードして使用します。ただし、iOSのApp Storeとは異なり、Google Playを経由しないアプリ配信も認められています。なかには悪質なアプリも存在するので注意が必要です。

キャリアで選ぶ

docomo・au・Softbank

莫大な初期投資を行い、自社の通信回線を保有している「docomo・au・Softbank」を、大手3大キャリアと呼ばれています。設備投資にコストをかけている分、利用料金の高いのが難点ですが、キャリアならではのメリットも。例えば、「●●@docomo.ne.jp」などのアドレスが付与される、いわゆるキャリアメールを使用することが可能です。

ネット上のサービスを利用する際、フリーメールが使用できないような場合に重宝します。また、全国に実店舗を展開しているのもポイント。操作のやり方がわからない時でも、直接教えてもらえるため、スマホに詳しくない方でも安心です。

SIMフリー

SIMロックのかかっていないスマホを、「SIMフリースマホ」「SIMロックフリースマホ」などと呼びます。通話・通信サービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)といった、さまざまな会社のSIMを挿して使えるのが特徴。MVNOは大手キャリアの通信インフラを借用することで、いわゆる「格安SIM」の提供を行っています。

設備投資のコストがかかっていない分、安い料金体系が魅力。月々のスマホにかかる費用を、できるだけ抑えたい方におすすめです。月に消費するデータ容量や、音声通話の有無などにより、自分の使い方にあった最適なプランが選べます。

SNSやメッセージなど、データ通信がメインの方であれば、大手キャリアのスマホから乗り換えるだけで大幅に通信費を節約できることも。毎月の支払い額が気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。

SIMフリースマホについてもっと詳しく知りたい方はこちら

基本スペックで選ぶ

スマホのスペックとしてはCPU・メモリ・ストレージの3つが主に重要。CPUはスマホ全般における処理性能の速さに関わる部品です。CPU型番の数値が高いほど最新かつ高性能なモノになります。また、コア数が多いほど処理を分担できるので、複数の作業を同時に行っても快適に使えるのもポイント。

メモリは、作業領域の広さを決める部品です。GBの数値が大きいほど作業スペースが広くなるイメージで、一度に多くの作業を行っても快適にこなせるようになります。通常の用途では2〜3GBあれば十分ですが、高画質なゲームや凝った動画編集をスマホで楽しみたい場合は4GB以上の機種を選ぶのがおすすめ。

ストレージはスマホで撮影した写真や動画、ダウンロードした音楽やアプリなどのデータを保存する場所です。GBの数値が多くなるほど、より多くのデータを保存できるようになります。通常は64GBあれば十分ですが、写真や動画を大量に持ち歩きたい場合は128GB以上の機種がおすすめです。

カメラの性能で選ぶ

最近のスマホはカメラ機能が充実しているのも特徴。条件さえ整えばデジタル一眼カメラに匹敵する高画質な写真や動画が撮影できます。

特にトレンドなのがトリプルカメラ。従来までの機種ではズーム機能を使うと画質が荒れてしまうのが難点でした。しかし、トリプルカメラは、異なる焦点距離に対応する複数のレンズを搭載しているので、広角から望遠にズームしても高画質を維持したまま撮影ができます。

また、AIカメラも人気の機能です。被写体や撮影シーンに応じて最適な撮影設定を自動でガイドしてくれるため、カメラの操作に不慣れな方でも高画質な写真が簡単に撮れます。

防水性能で選ぶ

By: oppo.com

キッチンなど、水回りでスマホを使用する機会が多い方は、しっかりとした防水性能を備えたモデルが安心です。防水性能はIEC(国際電気標準会議)で定められており、スペック上で「IPX5」「IPX6」のように表記されています。末尾の数字が大きい方ほど、高い防水性能を備えたモデルという意味になり、最高の等級は「IPX8」です。

ただし、防水性能が高いとはいえ故障しないとは限らないので、お風呂場や海辺で使用する方は、スマホ用の防水ケースもチェックしておきましょう。

スマホ用防水ケースについてもっと詳しく知りたい方はこちら

おサイフケータイ対応の有無で選ぶ

電子マネーによるタッチ決済を利用したい場合は、おサイフケータイ機能やFeliCaに対応したスマホを選ぶのがおすすめ。モバイルSuicaを始め、楽天EdyやWAON、nanacoなどプリペイド型の電子マネーに広く対応しているので、電子マネーを日常的に多用する場合は財布からカードを減らせて便利に買い物できます。

ただし、iPhoneはプリペイド型電子マネーに一部対応していないため、購入前に使用する電子マネーが使えるか確認しておくことが重要です。また、iPhone 7より前のモデルはFelicaが搭載されていないので注意しておきましょう。

iPhoneのおすすめモデル

アップル(Apple) iPhone 11 Pro/Pro Max

アップル(Apple) iPhone 11 Pro/Pro Max

By: apple.com

2019年に発売された、アップルの最新スマホです。「Pro」と「Pro Max」の主な違いは、画面サイズと駆動時間。Proは、5.8インチのディスプレイを採用しており、最大18時間のビデオ再生が可能です。Pro Maxは6.5インチのディスプレイで、最大20時間のビデオ再生ができます。

両者最新の「A13 Bionic」チップを採用しており、ストレージ容量やカメラ性能に違いはありません。求める画面サイズや、連続で使用できる時間を考慮して選びましょう。ただし、携帯性を重視する方には「Pro Max」より小型で軽量な「Pro」がおすすめです。

歴代iPhoneで初めてトリプルカメラを採用しているのもポイント。広角・超広角・望遠と3つのカメラから構成されており、今までにない広い視野で風景を捉えたり、遠くにいる動物の表情を撮影したりできます。

アップル(Apple) iPhone 11

アップル(Apple) iPhone 11

By: apple.com

アップルが販売する最新スマホのスタンダードモデル。ディスプレイやカメラ性能などに違いはありますが、上位機種と同じ最新の「A13 Bionic」チップを搭載し、実装されるストレージ容量も変わらないため、手頃な価格で最新機種を手に入れたい方におすすめです。

カメラには広角と超広角を組み合わせた、デュラルカメラを採用。広角モードで有効な光学式手ぶれ補正機能が搭載されているため、写真やビデオ撮影で重宝します。防水性能の高さも本モデルの魅力。IP68等級の防水性能を備えているので、キッチンなどの水回りや、プールサイドでの使用時も安心です。全5色のボディーカラーが準備されており、好みの色が選べます。

アップル(Apple) iPhone 8

アップル(Apple) iPhone 8

本製品は、iPhoneは欲しいけど、最新型にはこだわらない方に最適なスマホです。iPhoneとしては2世代前のモデルにあたり、気軽に購入しやすい安い価格が魅力。「A11 Bionic」チップを搭載しており、一般的な使い方であれば動作にもたつきを感じることはありません。

カメラは1200万画素のシングルタイプを採用。光学式手ぶれ補正や「LED True Toneフラッシュ」機能を備えているため、だれでも手軽に綺麗な写真を撮ることが可能です。また、スマホカメラで望遠を頻繁に使うという方は、広角と望遠のデュアルカメラを搭載したモデル「8 Plus」もあるので、チェックしてみてください。

指紋認証システム「Touch ID」に対応しているのもポイント。ロック画面の解除やApp Storeでの買い物が、指1本でできて便利なだけでなく、セキュリティ面でも安心して使用できるスマホです。

Androidのおすすめモデル

グーグル(Google) Pixel 4

Android OSを開発した、グーグルが販売するスマホの最新モデルです。CPUにはQualcomm社の高性能プロセッサー「Snapdragon 855」を搭載。6GBのメモリを実装しており、アプリやゲームが快適に楽しめます。

1600万画素と1220万画素のデュアルカメラを搭載しているのもポイント。2つのレンズを活かすことで、背景を効果的にぼかしたポートレートも簡単に撮れます。また、低光量での撮影が可能なため、夜景や夜空の写真を綺麗に撮りたい方にもおすすめです。

そのほか、ワイヤレス充電規格「Qi」に対応しているのも魅力。ケーブルを接続する手間がなく、対応する充電器に置くだけで充電できるので便利です。

ソニー(SONY) Xperia 1

ソニー(SONY) Xperia 1

4K表示が可能な、有機ELディスプレイを搭載したスマホです。映画とほぼ同じ比率21:9の「シネマワイドディスプレイ」を採用しており、映画再生時でも上下に黒帯の入らないのが特徴。ディスプレイ全面に表示される迫力の映像で、映画を視聴したい方にもおすすめのモデルです。

また、アップスケーリング機能を搭載しているのもポイント。解像度の低い画像でも、高精細の4K画質に変換してくれるため、YouTubeなど一般の動画も鮮明な画像で楽しめます。マルチウィンドウに対応しており、2つのアプリを同時に表示可能。地図アプリで道順を確認しながら、メッセージアプリで仲間と連絡をとる、といった便利な使い方もできるスマホです。

サムスン(Samsung) Galaxy Note10+

サムスン(Samsung) Galaxy Note10+

1台で電子ノート・デジカメ・ゲーム機など、さまざまな使い方が可能なスマホです。ビジネスからプライベートまで、フル活用したい方におすすめのモデル。手書きのイラストやメモが取れるだけでなく、リモコンにもなる「Sペン」を搭載しているのが特徴です。

手書きの文字はタップ操作でテキストに変換できるため、レポートや議事録も簡単に作成できます。ほかにも、プレゼンのスライドショーを操作したり、カメラのシャッターを押したりといった操作がSペンのジェスチャーだけで可能。

ストレージ容量は256GBと容量が大きいので写真や動画を多く保存できます。1TBのmicroSDカードを挿すことも可能なため、容量がいっぱいになっても安心して使用可能です。

オッポ(OPPO) Reno A

オッポ(OPPO) Reno A

ファーウェイと並ぶ中国のスマホメーカー「オッポ」の最新モデルです。コスパのよさが最大の魅力。エントリーモデル並みの価格で購入できる、ミドルレンジ並みの性能を持った製品を探している方におすすめです。

CPUに「Snapdragon 710」を採用し、6GBのメモリを搭載。一般のアプリであれば、動作に不満を感じることはなく快適に使用できます。64GBのストレージを搭載しており、アプリ・写真・音楽などを、余裕で保存しておくことが可能です。2500万画素の、AI機能付き高解像度インカメラを装備しています。綺麗な画質のセルフィーを撮りたい方にも最適のスマホです。

ファーウェイ(Huawei) P30

ファーウェイ(Huawei) P30

Licaのトリプルカメラシステムを搭載したスマホです。スマホをデジカメ代わりにして、手軽に綺麗な写真を撮りたい方におすすめのモデル。従来モデルより40%も多く光が取り込める、超高感度センサーを搭載しており、夜景や夜空の写真も明るく鮮明に撮影することが可能です。

また、AI手ぶれ補正機能が付いているので、歩きながらの撮影でも綺麗な写真が残せます。自社開発したオクタコア搭載の「Kirin 980」プロセッサーを採用。6GBのメモリを実装しており、一般のアプリはもちろん動きの激しい3Dゲームでも、快適にプレイできるスマホです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 SH-02M by docomo

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 SH-02M by docomo

シャープが販売する、2019年の新型スマホです。「おサイフケータイ」に対応しており、通勤・通学や買い物など、日常生活で便利に使えるのが特徴。約5.5インチの「IGZOディスプレイ」を搭載しており、動画や写真を高画質で見ることが可能です。

バッテリーの駆動時間が長いのも、本製品の魅力。大容量4000mAhのバッテリーを搭載しているため、使用状況にもよりますが、約1週間使い続けられます。頻繁に充電を気にする必要がなく、モバイルバッテリーを持ち歩かなくてもいいので、外出が多い方にも便利です。

エイスース(ASUS) ZenFone 5 ZE620KL

エイスース(ASUS) ZenFone 5 ZE620KL

本製品は、手軽に自分好みの写真を撮りたい方におすすめのスマホです。AI機能付きデュアルカメラを搭載しています。シーンに応じた最適な撮影モードを選択するだけでなく、よく使用するエフェクトを学習し成長するのが特徴。撮影すればするほど、自分好みの設定になります。

CPUには「Snapdragon 636」を採用。パソコンと同等のグラフィック性能を誇るGPU「Adreno509」を搭載しているため、負荷のかかるゲームでも快適に遊べます。スマホゲーム好きの方にも最適のモデルです。

モトローラ(Motorola) moto g7 Plus

モトローラ(Motorola) moto g7 Plus

本製品は、CPUに「Snapdragon 636」を搭載し、4GBのメモリを実装したAndroidスマホです。ストレージには64GBを搭載するなど、一般的な使い方には十分なスペック。光学式手ぶれ補正機能が付いた、1600万画素のカメラを装備しており、手軽に綺麗な写真を撮ることが可能です。

出力27Wのターボパワー充電器が付属。15分で最大12時間分の充電ができるため、朝の忙しい時間などに重宝します。また、ドルビーオーディオに対応しているので、スマホで迫力あるサウンドを楽しみたい方にも最適です。

ファーウェイ(Huawei) P30 Lite

ファーウェイ(Huawei) P30 Lite

最大2400万画素のトリプルカメラを採用した、コスパの高いスマホです。AI機能を搭載しているため、アウト・インどちらのカメラで撮影する際にも、シーンに合わせた最適な設定に自動で調節。写真が綺麗に撮れて購入しやすい価格の、ファーウェイスマホを探している方におすすめのモデルです。

6.15インチのフルHD液晶を搭載しており、撮影した写真やビデオを鮮明な画像で見られます。64GBのストレージを搭載しているので、たくさんの写真・音楽・アプリも余裕で保存可能。万が一スマホの容量が不足するようなことがあっても、最大512GBのmicroSDカードが使えるため安心です。

エイスース(ASUS) ZenFone Max M2

エイスース(ASUS) ZenFone Max M2

4,000mAhの大容量バッテリーが魅力のスマホ。最大で約35時間の連続通話や、約33日間の連続待受が可能なため、頻繁にスマホの充電残量を気にするわずらわしさがありません。

外回りが多い方など、コンセントを探したりモバイルバッテリーを持ち歩いたりする必要が減るので重宝します。デュアルSIMに対応しているのもポイント。SIMカードが2枚挿入可能なスロットを装備しているため、1台のスマホでビジネス・プライベート2つの電話番号を使用できます。

また、同スロットには最大2TBのmicroSDカードも挿入可能。内蔵ストレージが不足しても、撮影した写真やビデオが保存できるので安心です。

モトローラ(Motorola) moto e5

モトローラ(Motorola) moto e5

本製品は、気軽に購入できる安い価格が魅力のスマホです。2GBのメモリに16GBのストレージと、必要最小限のスペックを搭載しています。学生の方や、初めてスマホを購入する方にもおすすめのモデル。1300万画素の高速オートフォーカスカメラを搭載しているため、SNSに投稿する写真も手軽に撮影することが可能です。

また、デュアルSIMに対応しているので、ビジネスとプライベートなど、2つの電話番号を使いわけたい時に重宝します。安い価格ながら、指紋認証センサーを搭載。セキュリティー面で安心なうえ、ロック解除も簡単にできるため便利です。

シャープ(SHARP) AQUOS sense2 SHV43 by au

シャープ(SHARP) AQUOS sense2 SHV43 by au

普段使いで役立つ、さまざまな機能を搭載したスマホです。お風呂場でも使える、IPX8等級の防水性能を搭載。水濡れの危険があるキッチンで、レシピ動画を見ながら料理をする、といった使い方もできて便利です。濡れた手でも、快適にタッチ操作が行えます。また、IP6X等級の防塵性能も備えているなど、埃っぽいアウトドアでも安心して使用できるスマホです。

ほかにも、セキュリティー面で安心の指・顔認証や、電車通勤時の気になる視線を遮る「のぞき見ブロック」など、日常生活のなかで重宝する機能が多数搭載されています。ハイレゾ音源に対応しており、音楽プレーヤーとしても最適のスマホです。

OUKITEL Y4800

OUKITEL Y4800

本製品は、ハイスペックなスマホを、できるだけ安く手に入れたい方におすすめのモデルです。CPUには台湾「MediaTek」社の「Helio P70」を採用。低価格スマホながら、6GBメモリに128GBストレージと大容量を搭載しています。

たくさんの写真やビデオを撮影する方でも、余裕で内蔵ストレージに保存できるので便利です。搭載しているカメラも、4800万画素と超高画質。AI機能が付いているため、だれでも手軽に綺麗な写真を撮影することが可能です。

エルジー(LG) K50 by Softbank

エルジー(LG) K50 by Softbank

本製品は、3500mAhの大容量バッテリーを搭載し、電池残量を気にせず動画や音楽が楽しめるスマホです。頻繁に充電しなくても使用可能な、安い価格のスマホを探している方におすすめのモデル。HD表示ができる6.26インチの大画面液晶で、写真を見たり動画を視聴したりと楽しめます。

低価格モデルながら、AI機能付きのデュアルカメラを採用。背景をぼかしたポートレート撮影も簡単です。搭載するストレージ容量は32GBと少なめなので、写真やビデオをたくさん撮る方は、microSDカードを準備しておきましょう。最大で512GBまでのmicroSDカードが使用可能です。指紋認証機能を搭載しているため、セキュリティー面でも安心して使用できます。