今や生活するうえでの必需品となりつつあるスマホ。最近では大画面化と高機能化が進む一方で、格安SIMが台頭したことでユーザーの選択肢も大幅に増えてきました。

しかし、iPhoneやAndroidに限らず、スマホには多種多様な機種が発売されているため、どれを買えばいいのか迷ってしまうのが難点。そこで今回は、スマホの選び方を踏まえた上で大手キャリアやSIMフリーモデルのおすすめ機種をご紹介します。

iPhoneとAndroidの違い

搭載OSの違い

iPhoneとAndroidスマホには、それぞれ別々のOSが搭載されているのがポイント。前者にはApple社が開発したiOSが、そして後者にはGoogle社によるAndroid OSが搭載されています。

iPhoneのiOSは、シンプルな操作性とセキュリティの高さが特徴。洗練された操作性により簡単に扱えるので、スマホの操作に不慣れな方でもすぐに使いこなせるようになります。また、Apple社はプライバシーの保護を重視しており、個人情報の漏洩や広告による行動追跡などの心配がなく安心して使えるのもメリットです。

一方、Android OSはカスタマイズ性と汎用性の高さが特徴。ホーム画面のウィジェット配置や表示コンテンツ、画面の解像度などをユーザーの好みに合うよう自由に変更できます。また、GoogleカレンダーやGmailなどのAndroid純正アプリは、MacやWindowsなど異なるOS機器ともデータの同期が可能なので、多種類のOS機器を併用する場合におすすめです。

アプリストアの違い

iPhoneでアプリを購入する場合はApple社が直営するアプリストアであるApp Storeを利用。アプリの総数ではAndroidには及びませんが、App Storeで販売されるアプリは全てAppleによる厳しい審査を通過しているものに限定されています。そのため、ウイルス感染や情報漏洩などの心配がなく安全なのが特徴です。

一方、AndroidスマホではGoogle社直営のPlayストアを主に利用。Google社によるアプリの審査はAppleほど厳しくないこともあり、iOS向けよりも総数・種類ともにアプリがより充実しています。ただし、その分セキュリティ面に若干の不安があるのが難点。また、AndroidスマホではPlayストア以外にもネット上で一般販売されているアプリも使用できます。

セキュリティを優先するならiPhone、アプリの総数や種類を優先するならAndroidを選ぶのがいいでしょう。ちなみに、LINEやInstagramなどのSNSを始めメジャーなアプリに関しては両方のスマホで漏れなく用意されています。

製品ラインナップの違い

By: mydocomo.com

iPhoneはApple社のみが開発を担当しているため、製品ラインナップがAndroidスマホと比べて少ないです。しかし、iPhoneはApple社がハードとソフトの両方を開発しており、全ての機種でOSの機能を最大限発揮できるようにつくられています。

また、OSのアップデートも頻繁に提供されているので、同じiPhoneを長く使い続けられるのもポイント。端末の種類は少ないですが、1台1台が洗練された作りでアフターサポートも充実しているので、スマホを長期に渡って大事に使いたい方におすすめです。

一方、Androidは製品ラインナップの多さが特徴。iOSと違ってAndroid OSは広く展開されており、各メーカーが自社のスマホへ自由にOSを搭載できるため、複数のメーカーがAndroid OSを搭載したスマホを開発しています。

基本的なOSの仕様や操作性は共通。しかし、各メーカーが機種毎に独自の味付けを加えているので、機種によって機能が大きく異なります。膨大なラインアップのなかから自分の好みにあったスマホを選べるのがポイントです。

スマホの選び方

キャリアで選ぶ

By: onlineshop.au.com/

スマホを購入する際は主に3つの選択肢があります。1つ目がdocomo・au・SoftBankなどの大手キャリアです。最新のハイスペックスマホがラインナップされているのが特徴ですが、これらのスマホは高価なのが難点。しかし、大手キャリアでは割引プランやキャンペーンを活用することでお得に購入できます。アフターサポートが充実しているのもメリットです。

2つ目の選択肢が格安スマホ。楽天モバイルやY!mobileなどの格安通信事業者(MVNO)は、コストパフォーマンスの高い機種や型落ちになった機種が安価に購入できます。大手キャリアで購入できる機種ほど高機能ではありませんが、通常使用には必要十分な性能を確保。サポートの充実度は業者によって異なりますが、コストを抑えたい方におすすめです。

最後の選択肢がSIMフリー端末。大手キャリアやMVNOで販売されているスマホと違ってSIMロックが解除されているため、通信サービスを利用する通信会社を1社に限定せず自由に選べるのが特徴です。また、現地で契約したSIMカードを使えるので、海外旅行や出張でも重宝します。

基本スペックで選ぶ

スマホのスペックとしてはCPU・メモリ・ストレージの3つが主に重要。CPUはスマホ全般における処理性能の速さに関わる部品です。CPU型番の数値が高いほど最新かつ高性能なものになります。また、コア数が多いほど処理を分担できるので、複数の作業を同時に行っても処理速度を快適に維持できるのもポイント。

メモリは、作業領域の広さを決める部品です。GBの数値が大きいほど作業スペースが広くなるイメージで、一度に多くの作業を行っても快適にこなせるようになります。通常の用途では2〜3GBあれば十分ですが、高画質なゲームや凝った動画編集をスマホで楽しみたい場合は4GB以上の機種を選ぶのがおすすめです。

ストレージはスマホで撮影した写真や動画、ダウンロードした音楽やアプリなどのデータを保存する場所です。GBの数値が多くなるほど保存場所の容量が大きくなるイメージで、より多くのデータ量を保存できるようになります。通常は64GBあれば十分ですが、写真や動画を大量に持ち歩きたい場合は128GB以上の機種がおすすめです。

カメラの性能で選ぶ

最近のスマホはカメラ機能が充実しているのも特徴。条件さえ整えばデジタル一眼カメラに匹敵する高画質な写真や動画が撮影できます。

特にトレンドなのがデュアルカメラ(ダブルレンズ)。従来までの機種ではズーム機能を使うと画質が荒れてしまうのが難点でした。しかし、デュアルカメラは、異なる焦点距離に対応する複数のレンズを搭載しているので、広角から望遠にズームしても高画質を維持したまま撮影ができます。最近では3つの焦点距離に対応するトリプルカメラ機能を搭載する機種も登場。

また、AIカメラも人気の機能です。被写体や撮影シーンに応じて最適な撮影設定を自動でガイドしてくれるので、カメラの操作に不慣れな方でも高画質な写真が簡単に撮れます。加えて、撮影の度にAIがユーザーの好みとする写真の色合いや明るさを学習するので、頻繁に使用する仕上がりや編集効果を自動で適用して提案してくれるのもポイントです。

おサイフケータイへの対応有無で選ぶ

電子マネーによるタッチ決済を利用したい場合はおサイフケータイ機能に対応したAndroidスマホを選ぶのがおすすめ。おサイフケータイはモバイルSuicaを始め、楽天EdyやWAON、nanacoなどプリペイド型の電子マネーに広く対応しているので、電子マネーを日常的に多用する場合は財布からカードを減らせて便利に買い物できます。

ただし、おサイフケータイはAndroidスマホのみの対応でiPhoneには対応しておらず、対応機種も限られるのが難点。加えて、ECサイトでの決済には非対応ですが、最近はそれらの弱点を払拭したGoogle Payが徐々に導入されています。

一方、iPhone 7以降のiPhoneではApple Payによるタッチ決済が利用可能。おサイフケータイと同じ決済サービスですが、こちらは決済時にクレジットカード情報が店舗に伝わらず、生体認証にも対応しているので、旅行先でも安心して買い物ができます。

プリペイド型の電子マネーにはほとんど非対応ですが、モバイルSuicaには対応しており、ECサイトでの決済に広く対応しているのもポイントです。

iPhoneのイチオシ機種

アップル(Apple) iPhone 8

アップル(Apple) iPhone 8

シンプルな操作性とバランスの取れた機能性が魅力の4.7型iPhone。2017年発売の型落ち機種ですが、1年半ほどが経過した現在でも快適に使用できます。

CPUにニューラルエンジンによる高速処理に対応したA11チップを搭載。ウェブ閲覧や動画視聴はもちろん、高負荷を要求するゲームや動画の編集も快適に楽しめます。カメラ機能も高性能で、初心者でも高画質な写真を簡単操作で撮影できるのもポイントです。

AppleストアではSIMフリーモデルが購入できるほか、大手キャリアではキャンペーンを利用することで少ない費用で購入が可能。高性能でバランスの取れたiPhoneを安く入手したい方におすすめです。

アップル(Apple) iPhone XR

先進の機能と大画面のフルビューディスプレイをリーズナブルに楽しみたい方におすすめの6.1型iPhone。2018年に発売された最新機種の1台ですが、最近大幅に値下げされたことで人気が急上昇しました。

CPUにはより高性能化されたA12チップを搭載。さらに、従来までは上位機種にのみ搭載されていたFace IDにも対応し、高いセキュリティの顔認証によるロック解除やApple Pay決済がスムーズに利用できます。

カメラ機能も充実。高画質なシングルレンズとAIによる機械学習によって、夜景を含むあらゆるシーンで高画質な写真を簡単に撮影できます。また、深度コントロールによって撮影後にボケ具合の調整も可能です。

Androidのイチオシ機種|大手キャリアモデル

グーグル(Google) Pixel 3

ハイスペックスマホとしておすすめなのが、Androidの開発元であるGoogle社が発売したPixel 3。満を持して日本上陸したGoogle純正のAndroidスマホで、フルHD+(2160×1080)解像度の5.5型大画面ディスプレイを搭載しています。

最大の特徴はカメラ機能。背面はシングルカメラながらも高度なAIと画像処理技術によって、夜景やポートレートもデュアルカメラに匹敵する高画質で撮影できます。また、カメラを向けるだけで被写体に関する情報検索やテキスト翻訳が可能なGoogleレンズを搭載しているのも魅力です。

CPUにはSnapdragon 845、メモリは4GB、ストレージは128GBを搭載。防塵防水、おサイフケータイにも対応しています。

ソニー(SONY) XPERIA XZ3

ソニー(SONY) XPERIA XZ3

docomoでおすすめなのがソニーXperiaの最新モデル。QHD+(1440×2880)解像度を持つ6.0型の有機ELディスプレイは、液晶テレビBRAVIAの高画質技術が採用されているため、引き込まれるような美しい色彩で動画やゲームが楽しめます。

また、カメラ機能が秀逸なのも特徴。同社のデジタル一眼カメラαの技術が盛り込まれており、静止画が高画質なのはもちろん、動画も4K HDRやスーパースローなどの映像表現が気軽に楽しめます。

CPUにはハイエンドのSnapdragon 845、メモリには4GB、ストレージは64GBを搭載。防塵防水・おサイフケータイ・ハイレゾ再生など、便利な機能が多く搭載されているのも魅力です。

サムスン(Samsung) Galaxy Note9

ムスン(Samsung) Galaxy Note9

auでおすすめなのがサムスンGalaxy Noteの最新モデル。画面サイズは6.4インチで、専用スタイラスのSペンを使って文字や絵を描けるのが特徴です。スマホをメモ帳やスケッチブックのように使えます。

加えて、Sペンはリモコンとしても使用が可能。遠隔操作でカメラのシャッターを切ったり、HDMI接続で外部ディスプレイに投影したPowerPointのスライド送りをしたり、メディアプレイヤーやボイスレコーダーの操作もできます。

CPUにはSnapdragon 845、メモリは6GB、ストレージは128GBを搭載。約120分で急速充電ができる4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、ゲームや動画も時間を気にせず楽しめます。

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact

シャープ(SHARP) AQUOS R2 compact

SoftBankでおすすめなのがシャープAQUOS R Compactの第二世代モデル。前機種同様コンパクトなボディが特徴で、ベゼルを大幅に縮小して5.2インチのフルビューディスプレイを達成したにも関わらず、手のひらに収まるサイズ感を維持しているので快適な片手操作が可能です。

小さいながらもカメラも高性能。2260万画素の背面カメラには22mmの超広角レンズと光学式手ブレ補正機能を搭載しており、暗い室内でもブレのない高精細な写真が撮影可能です。AIによる自動設定機能や、ボケや美肌の効果を付加できるセルフィー機能も搭載されています。

CPUにはSnapdragon 845、メモリは4GB、ストレージは64GBを搭載。防水やおサイフケータイにも対応しています。

Androidのイチオシ機種|SIMフリーモデル

シャープ(SHARP) AQUOS sense2

SIMフリースマホを初めて購入される方におすすめの国産Androidスマホ。約3万円と低価格ながらも性能のバランスがよく、前機種から20%高速化したCPUとシンプルな操作性により不慣れな方でも快適に扱えます。

画面サイズは5.5インチ。高精細かつ明るい表示で長文サイトもSNSも快適に読み進められます。背面カメラにはAIによるシーンの自動選択機能が搭載。オートフォーカスも速いので、子供やペットの写真も素早く撮影できます。

CPUにはSnapdragon 450、メモリは3GB、ストレージは32GBを搭載。2700mAhのバッテリーは省エネ性能に優れているので、外出先で長時間充電できない場合でも余裕を持って使えます。2年間のOSアップデートに対応しているので、長期間に渡って使い続けられるのもポイントです。

オッポ(OPPO) R15Neo

話題の先進機能をリーズナブルに楽しみたい方におすすめのコストパフォーマンスに優れたAndroidスマホ。実売で約2万2000円という低価格ながらも、フルビューディスプレイやデュアルカメラなど最近のトレンド機能が魅力です。

6.2インチの大画面ディスプレイは画面占有率が88.8%もあるので、ゲームや動画が深い没入感を持って楽しめます。バッテリー容量も4230mAhで最大13時間の動画視聴が可能なので時間を気にする必要がありません。

CPUにはスタンダードのSnapdragon 450、メモリは3GBまたは4GB、ストレージは64GB。背面のデュアルカメラでは美しいボケ味のポートレートが撮影できます。