高性能な「A15 Bionicチップ」を搭載したiPhone 13シリーズや、第3世代のiPhone SEを新たに発売したApple。旧機種も含め幅広くラインナップしているので、どのモデルを選べばよいかわからない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、iPhoneのおすすめモデルの違いや特徴をご紹介します。キャリアモデルとSIMフリー版の違いなどもあわせて解説しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

iPhone13+SEシリーズの違いと特徴

iPhone 13

iPhone 13は、iPhone 13シリーズのなかでもスタンダードなスペックのモデルです。ディスプレイサイズは6.1インチ、本体サイズは幅71.5×高さ146.7×厚さ7.65mm。解像度は2532×1170です。ストレージ容量は、128GB・256GB・512GBをラインナップしています。

アウトカメラには、広角レンズと超広角レンズを採用。また、ボケ効果で奥行きを表現した動画を撮影できる「シネマティックモード」や、トーンとあたたかみを調節できる「フォトグラフスタイル」が新たに追加されました。

搭載されたA15 Bionicチップにより、バッテリーの持ちが向上しているのもポイント。最大連続19時間のビデオ再生に対応しています。カラーは6色展開で、iPhone 13 Pro/Pro Maxとはバリエーションが異なるのが特徴です。そのほか、筐体にはガラスとアルミニウムを採用しています。

iPhone 13 mini

iPhone 13 miniは、片手で操作しやすいコンパクトなサイズが特徴。ディスプレイサイズは5.4インチ、本体サイズは幅64.2×高さ131.5×厚さ7.65mmです。重量は約140gと軽量に設計されています。解像度は2340×1080です。

iPhone 13と同じく、ストレージ容量は128GB・256GB・512GB、カラーバリエーションは6色をラインナップしています。また、カメラの性能や、筐体の素材もiPhone 13と差がないのがポイントです。

ただし、バッテリーの持ちはiPhone 13よりも短め。最大連続17時間のビデオ再生に対応しています。

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Proは、iPhone 13よりもカメラの性能などが向上しています。アウトカメラには広角レンズと超広角レンズに加え、望遠レンズを搭載。ナイトモードでのポートレート撮影や、マクロ撮影に対応しています。また、最大4K/30fpsのProResビデオ撮影も可能です。シネマティックモードやフォトグラフスタイルも備わっています。

さらに、ProMotionテクノロジーにより、リフレッシュレートは最大120Hz。コンテンツに応じて段階的にリフレッシュレートが変化するのも特徴です。

ディスプレイサイズや本体サイズ、解像度はiPhone 13と同様。バッテリーの持ちはiPhone 13よりも向上し、最大連続22時間のビデオ再生が可能です。そのほか、ストレージ容量は128GB・256GB・512GB・1TB、カラーは5色をラインナップしています。

iPhone 13 Pro Max

iPhone 13 Pro Maxは、iPhone 13シリーズの最上位モデル。iPhone 13 Proに比べてサイズが大きく、ディスプレイサイズは6.7インチ、本体サイズは幅78.1×高さ160.8×厚さ7.65mmです。解像度は2778×1284を有しています。

筐体の材質には、iPhone 13 Proと同じく、テクスチャードマットガラスやステンレススチールを採用。高級感のある外観が魅力です。カメラの性能もiPhone 13 Proと差がなく、アウトカメラでもフロントカメラでも、最大4K/30fpsのProResビデオ撮影が可能です。

バッテリーは同シリーズのなかで最も持ちがよく、最大連続28時間のビデオ再生に対応しています。そのほか、ストレージ容量とカラーバリエーションはiPhone 13 Proと同様です。

iPhone SE(第3世代)

第3世代のiPhone SEはスペックを抑えた分、価格もリーズナブルです。チップには、iPhone 13シリーズと同様のA15 Bionicを搭載しているのが魅力。ホームボタンが備わっているため、Touch IDに対応しています。解像度は1334×750です。

アウトカメラには広角レンズのみを採用。カメラの性能に特にこだわりがない方にもおすすめです。バッテリーの持ちはやや短く、最大連続15時間のビデオ再生が可能。MagSafeアクセサリには対応していませんが、Qiワイヤレス充電ができます。

ディスプレイサイズは4.7インチ、本体サイズは幅67.3×高さ138.4×厚さ7.3mmとコンパクトです。ストレージ容量は64GB・128GB・256GB、カラーは3色をラインナップしています。

キャリアの違いやSIMフリー版について

docomo・au・SoftBankで違いはある?

By: docomo.ne.jp

基本的にはサービスに大きな違いはないものの、キャリアごとに特化したプランをラインナップしています。docomoでは、「5Gギガホ」「5Gギガホ プレミア」のプランを契約すると、テザリングも無制限で使用可能。外出先でパソコンをインターネットに接続する機会が多い方におすすめです。

auは、動画配信サービスが付いたプランが豊富。エンタメ動画などを楽しみたい方に適しています。SoftBankは、PayPayアプリとの親和性が高いのがポイント。PayPayボーナスの付与率が高くなる場合があります。

キャリアモデルとSIMフリー版の違い

By: docomo.ne.jp

キャリアモデルは、キャリアごとに提供しているキャンペーンなどにより、割引価格でiPhoneを購入できる場合があります。また、自社の通信網を所有しているため、通信が安定していることもメリット。ただし、契約期間の縛りがあったり、端末を返却しなければいけなかったりするのがデメリットです。

SIMフリー版は、SIMロックがかかっていないので、自由に通信事業者を選べます。最近では、格安SIMを取り扱う通信事業者や、格安プランを提供する大手キャリアのサブブランドが増えているのが魅力。毎月の利用料金を安く抑えたい方におすすめです。

ただし、格安SIMのサービスによっては、混雑時に通信速度が低下する場合があります。さらに、5G対応のiPhoneで5G通信を利用するには、格安SIMも5Gに対応している必要があるので注意しておきましょう。

iPhoneはどこで買うのがおすすめ?それぞれのメリット

docomo・au・SoftBankの各ショップ

By: docomo.ne.jp

docomo・au・SoftBankの各ショップでは、端末代金が割引になるお得なキャンペーンを提供しているのがメリット。例えば、docomoの「いつでもカエドキプログラム」では、購入したiPhoneの返却タイミングによって、割引額が変動します。

auの「スマホトクするプログラム」は、購入後の13~25ヶ月目までに返却すると、分割支払金のうち最終回分が不要となるサービスです。SoftBankの「新トクするサポート」では、48回の分割払いで購入したiPhoneを返却すると、最大24回分の分割支払いが免除されます。

そのほか、各ショップでは5G機種を購入した際の割引キャンペーンや、他社からの乗り換えキャンペーン、下取りプログラムなどを展開しているのもポイントです。

Apple公式ストア

By: docomo.ne.jp

Apple公式ストアでiPhoneを一括購入する場合は、端末代がキャリアモデルよりも安いのがメリット。また、「ペイディあと払いプランApple専用」を利用すると、最大36回の分割支払いの金利が0%です。

さらに、下取りサービスも行っているため、よりお得に購入できます。はじめからSIMフリー版なので、格安SIMの利用を検討している方にもおすすめです。

格安SIM事業者

By: docomo.ne.jp

格安SIM事業者のなかには、iPhoneをセット販売しているところもあります。新規契約や、他社からの乗り換えで割引が適用される場合があるのがメリット。また、中古品などの取り扱いもあり、端末価格を抑えているのもポイントです。ただし、iPhone 13シリーズなどの新しいモデルの取り扱いが少ないため、留意しておきましょう。

また、格安SIMにより月額料金が安いのも魅力。事業者によって、通信容量は毎月500MBから契約できます。通信料をできるだけ抑えたい方におすすめです。

家電量販店

By: docomo.ne.jp

家電量販店では、独自のキャンペーンを展開している場合があります。なかには、旧機種などが大幅に値下げされていることもあるのが魅力。できるだけ費用を抑えてiPhoneを購入したい方におすすめです。

キャンペーンは期間限定で行われている場合もあるため、気になる方は各店舗の情報をチェックしてみてください。

iPhoneシリーズの選び方

カメラ性能・スペック重視ならiPhone 13 ProかPro Max

By: docomo.ne.jp

カメラの性能を含めスペックの高いモデルを求める方は、iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Maxがおすすめ。2cmの距離でもピントをあわせられるマクロ撮影や、夜間でのポートレート撮影を楽しめます。

また、77mmの焦点距離を採用した望遠カメラを搭載しているので、遠い場所からでも鮮明な写真やビデオを撮影可能です。

ProResビデオ撮影に対応しているのもポイント。色の再現度に優れていながら、圧縮率の低いビデオを撮影したり編集したりできるのがメリットです。

さらに、ゲームを快適にプレイしたい方にも適しています。最大120Hzのリフレッシュレートに対応しており、なめらかな映像を表示可能です。5コアのGPUを搭載しているため、グラフィックパフォーマンスも高いのが魅力。そのほか、バッテリーの持ちがよく、長時間ゲームを楽しめます。

コスパ重視ならiPhone 13

By: au.com

コスパを重視する方は、iPhone 13が適しています。新たなチップを搭載したり、カメラの性能やバッテリーの持ちなどが向上したりしたものの、iPhone 12とそこまで価格が変わらないのがポイントです。

ディスプレイサイズは、上位モデルのiPhone 13 Proと同じ6.1インチ。画面の見やすさと、携帯性とのバランスに優れています。なお、望遠カメラでの撮影やマクロ撮影が不要で、カメラの性能を重視しない方にもおすすめです。

コンパクトな小型モデルはiPhone 13 miniかSE(第3世代)

By: docomo.ne.jp

コンパクトなモデルを探している方は、iPhone 13 miniまたは第3世代のiPhone SEがおすすめ。本体サイズは、iPhone 13 miniが幅64.2×高さ131.5×厚さ7.65mm、iPhone SEが幅67.3×高さ138.4×厚さ7.3mmです。ポケットに収まりやすく、携帯性に優れています。

また、コンパクトな分、軽量でもあるため、片手で操作しやすいのもメリット。電車通勤でつり革につかまりながら操作する場合などに重宝します。

より安いモデルが欲しいならiPhone 12シリーズも

By: docomo.ne.jp

安いモデルが欲しい場合は、iPhone 12シリーズもあわせてチェックしてみてください。iPhone 13シリーズの発表に伴い、値下げされているのがポイント。スペックはやや劣るものの、カメラの性能などにこだわりがない場合は、iPhone 12シリーズで十分です。

また、ストレージ容量は64GBもラインナップされており、価格もあわせて抑えられています。そこまで容量を必要とせず、できるだけ安く購入したい方におすすめです。

なお、公式で取り扱われているモデルは、iPhone 12とiPhone 12 mini。iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、そのほかの携帯ショップなどをチェックしてみてください。

中古品や古すぎるモデルはサポート終了に注意

できるだけ価格を抑えてiPhoneを入手するために、中古品や古いモデルの購入を検討するのも1つの手です。ただし、いくつか注意点があります。

中古品の場合、正常に動作しない恐れがあるため、オークションやフリマアプリなどでの購入は避けるのが無難。携帯電話事業者が販売するモノを選んでみてください。例えば、認定整備が済んだ「docomo Certified」「SoftBank Certified」「au Certified」がおすすめです。

iPhone 6sより前に発売された古いモデルは、修理などのサポートを終了しています。また、iOSを最新のバージョンにアップデートできないので、機能やアプリが使えなかったり、セキュリティに問題が生じたりするのが難点です。快適に長く使用し続けるためにも、できるだけ新しいモデルを選びましょう。