MagSafe対応スマホリングは、MagSafeを搭載したiPhoneに取り付けて、持ちやすくするためのアイテム。MagSafeの磁力を利用して貼り付ける仕組みで、取り外しも可能です。

しかし、MagSafe対応スマホリングは、さまざまなブランドからラインナップされているため、どれを選べばよいのか分からない方も多いはず。そこで今回は、MagSafe対応スマホリングのおすすめアイテムをご紹介します。

MagSafeとは?

By: ankerjapan.com

MagSafeとは、iPhone 12から採用された、磁石を利用したワイヤレス充電システムのこと。MagSafe対応の充電器は、iPhoneの背面に磁力で貼り付くので、位置がズレにくく、充電しながらでもiPhoneを操作可能です。

今回ご紹介するMagSafe対応スマホリング(バンカーリング)は、MagSafeの磁力を利用して、iPhone本体に貼り付ける仕組み。脱着もスムーズなので、取り外せばMagSafeの充電も利用できます。また、製品によっては装着したまま充電できるモノもあるので、チェックしてみてください。

MagSafe対応スマホリングのおすすめ

アンカー(ANKER) 610 Magnetic Phone Grip

豊富なカラーバリエーションと、強力なマグネット固定が魅力のMagSafe対応スマホリング。対応機種は、iPhone 12/13シリーズです。サイズは、約59×59×5mmとコンパクト。カラーはブラック・ホワイトなど、計4種を取り揃えています。

本製品は約800gまでの荷重に耐えられる強力なマグネットを使用。iPhoneにMagSafe対応ケースを装着していれば、ケースの上からでも貼り付けられます。テープの跡が残らず、簡単に取り外せるので、MagSafeで充電するときもスムーズです。

内側のリングを立てれば、スマホリングとしてだけでなくスタンドとしても使えます。おしゃれなカラーと機能性を両立したい方におすすめです。

ZNX\ZENIX SafeRing2 ZX-safering2

iPhone本体とMagSafe対応ケースに直接取り付けられるMagSafe対応スマホリング。本体が3層のリング構造でできており、接着面にはカバーが施されているので、直接iPhoneへ取り付けられます。

リングのサイズは約直径56×厚み2.2mmとスリムかつコンパクト。リングを取り付けてもiPhoneのデザインに違和感なく馴染みます。重量も19gと軽量です。約800gの重さに耐えられるほどの磁力を有するため、簡単に外れることもありません。

内部のリングは縦と横の回転に対応。用途に応じて見やすい角度に調節でき、さまざまな角度でiPhoneを立てかけられます。

Sinjimoru M-Ringo

角度調節が可能で、さまざまな持ち方に対応するMagSafe対応スマホリング。スタンドとしても利用できるモデルで、縦置きや横置きにして動画などを楽しめます。

高い磁力を有するため、しっかりとスマホの背面に貼り付けが可能。磁力を利用した固定のため、テープ式でありがちな貼り付け跡を避けつつ、しっかり固定したい方におすすめです。

ベアリング部にはスチールブッシング構造を採用。リングと本体の回転が緩くなりにくい設計で、長期的に使えます。

AOOMO 金属プレート スマホリング付き

マグネットプレートにポップソケッツやスマホリングを取り付けられるMagSafe対応スマホリング。用途に応じて使い分けられるので、汎用性が高く使えます。価格の安さも魅力で、コストを抑えて導入したい方におすすめです。

プレートには、MagSafe対応のマグネットを搭載し、取り外しも簡単。プレートの材質はアルミニウム合金製で、洗練された外観が魅力です。プレートの重さは約13gと軽量なのも嬉しいポイント。コスパに優れたアイテムを検討している方も、ぜひチェックしてみてください。

Syncwire マグネット式 ワイヤレス充電器 PD20W 充電器付き SW-WL641

iPhone12/13シリーズに使えるリングスタンド機能付き充電器です。本製品はMagSafeに対応する充電器に、スマホスタンド用のリングが搭載されたモデル。充電しながら動画を見たり、テレビ電話見たりといった作業におすすめです。

最大15Wの急速充電に対応しながらも、充電器とiPhoneの過熱・過電流・過充電を防止。本体がアルミニウム合金製のため、放熱性に優れているのもポイントです。

MagSafe非対応の機種にワイヤレス充電をする場合は、付属のマグネットプレートを携帯ケースに貼り付ければ対応可能。ポジショナーも付属しているので、マグネットプレートをセンターに貼り付けられます。

MagSafe対応スマホグリップのおすすめ

MOFT nap-On iPhone12/13シリーズ専用スタンド Magsafe対応

グリップ性の向上だけでなく、カードの収納にも対応したMagSafe対応スマホグリップ。本製品は板状のモデルで、18個のマグネットにより強力にスマホへ固定できます。対応機種はiPhone 12/13です。

本体の厚みはわずか5mmで、最大3枚のカードを収納可能。頻繁に使うカードなどをスマホと一緒に持ち運べます。MagSafe対応スマホケースを装着しながら、本製品を貼り付けられるのも嬉しいポイントです。

スタンドは約60°の角度で縦置き・横置きに対応。ウェブサイトの閲覧や動画視聴など、さまざまシーンで活躍します。高さを調節できる「フローティングモード」は、リモート会議などでの位置調節に便利です。

オプションのマグネットパッドを使えば、さまざまな場所にiPhoneの貼り付けが可能。スタンドでの設置が難しいときにおすすめです。

MOFT O Snap スマホスタンド&グリップ

約直径60×厚み6.4mmとコンパクトかつ、スタンドとしての機能に優れたMagSafe対応スマホグリップ。スマホに付けて捻るだけで、さまざまな向きのスタンドに対応します。垂直90°にも立てかけが可能で、ミーティングなどの用途におすすめです。

スマホ用マグシールをスマホに貼り付けることで、さまざまな機種に対応。機種変更した場合でも、貼り直して再利用できます。MagSafe対応の機種に対しては、マグシールなしでも取り付けが可能です。

材質はヴィーガンレザーを採用し、ソフトな肌触りが得られます。カラーバリエーションはオーソドックスなブラック以外に、オレンジやイエローといったアクセントカラーもラインナップ。スマホにマッチしたカラーを選べます。

ZNX\ZENIX POPGRIP ZX-popplate

約800gの重さにも耐えられる磁力を有した、MagSafe対応のベースプレートとスマホグリップです。MagSafe対応スマホケース、もしくはMagSafe対応のスマホに直接貼り付けが可能。ベースプレートは計8色、スマホグリップは計2色をラインナップしています。

ベースプレートは外部の衝撃では簡単に外れないので安心。MagSafeで充電するときは横にスライドするとプレートを簡単に取り外せます。スマホグリップを立ち上げた状態で机に置けば、スタンドとしても機能。動画視聴や自撮りをするときに活躍します。

Sinjimoru M-BGrip

カード入れ・スマホグリップ・スタンドの機能をひとまとめにしたMagSafe対応スマホグリップです。本製品は磁力での貼り付けに対応するほか、紛失防止タグも備えています。スマホの使用時に本体の落下を防止したい方におすすめです。

また、強力な磁力を有するため、プレートが外れるのを予防。MagSafe充電の際には、横方向にプレートを押し込むことで取り外せます。

ほかにも、カードの収納は最大5枚に対応。現金やレシートを収納するのにも便利で、お出かけの際に荷物を少なく抑えられます。

Sinjimoru MagSafe用 スマホグリップ

スマホの使用中、落下を防止したい方におすすめのスマホグリップ。本製品はMagSafe対応の機種に貼り付けられるスマホグリップです。高い磁力をもち、スマホの背面にしっかりと貼り付くので、両手がふさがった状態でも指に引っかけて持てます。

また、MagSafe用ケースと一緒に使えば、より安定感が向上。外すときは横に押し出すだけなので簡単です。ストラップ部はウール素材のため、長時間スマホを使用する場合の指疲れ軽減が期待できます。

ポップソケッツ ジャパン(PopSockets Japan) MagSafe PopWallet+ 805668

MagSafe対応スマホケースに取り付けられる、カードケース付きMagSafe対応スマホグリップです。サイズは、約高さ87.77×幅57.35×厚み7.32mm。クレジットカード3枚、名刺は6枚まで収納できます。使用頻度の多いカード類や名刺を携帯したいときに便利です。

本体は伸縮性のあるニット素材を採用。トップ部分は取り外しが可能で、別のカラーにカスタムできます。